下向きの垂直尾翼ってあり!?

物理学は物理学ですが、航空力学なのでだいぶマニアックな質問になってしまいますが・・・

RQ-1プレデターにおける尾翼の取り付け方法の意図がまるで理解できません。

飛行機の静安定はロール軸、ヨー軸、ピッチング軸に分解して行われていました。「いました」と書いたのは、YF-23のように水平尾翼と垂直尾翼の機能を斜めの翼一枚で行う機体も出てきているからです。RQ-1も尾翼を斜めに取り付けています。

さて、一般的な機体において、三軸の中でヨー軸、ロール軸周りの静安定を担うのが垂直尾翼です。機体の向きが、進行方向に対して、ヨー軸周りのズレを生じたとします。このとき垂直尾翼の左右で風の当たりが変わります。このためズレと逆の向きの力が垂直尾翼に働き、機体は機体の向きを元の通り進行方向と同じくする。

一方、ロール軸周りにズレを生じると、主翼が生んでいた揚力も向きがズレます。このため重力に抗う力は主翼の揚力のcosin成分だけとなり、これまで揚力は重力と均衡していたのですから、機体は揚力不足で高度を下げてしまいます。この時、揚力のsin成分も機体に働くので、機体は横滑りする形で高度を下げることになります。この横滑りによって機体には横風が当たるようになるのですが、この横風が垂直尾翼に当たることによって、機体のズレが補正される。

ヨー軸周りの静安定を得るためには、垂直尾翼が上向きに付いていようと下向きだろうと特に問題は無いのですが、ロール軸周りの静安定を得るためには、垂直尾翼は上向きに付いていなければなりません。ですから、殆どの機体で垂直尾翼は上向きに取り付けられています。YF-23は垂直尾翼が水平尾翼を兼ねて斜めに取り付けられていますが、それでも上向きという点では同じです。

Do335や震電は尻餅事故を防ぐために下向きの垂直尾翼を持っていますが、これも基本的には上向きの垂直尾翼が主であって、主翼の上反角による安定力と合わせて、下向きの垂直尾翼が持つ不の安定力を相殺しているはずです。

という風に私は飛行機の垂直尾翼の働きを理解しています。

ところがRQ-1の垂直尾翼の取り付けはどうなんでしょう。垂直尾翼は下向き、水平尾翼も斜め下を向いて、ロール軸周りには不の安定力を持ちます。下向きに取り付けた理由は尻餅事故を防ぐためでしょう。RQ-1もDo335や震電と同じく推進式のプロペラ機です。ただ、この両機と違って、RQ-1には上向きの垂直尾翼がありません。

主翼には上反角が取り付けられているのでしょう。あるいは動的制御も行われているでしょう。しかし、それだけでこのマイナスを相殺できるのでしょうか。一体全体、RQ-1のロール軸周りの静安定はどのようにして確保されているのでしょう。

どなたかご教授ください。

A 回答 (4件)

No.1・2です。

以下はNo.3の続きです。
垂直尾翼に関しては、横安定にも寄与することを記述した資料の方が少なく、あくまで方向安定
のためのものと捕えた方が良いでしょう。というのも、横安定と方向安定は互いにバランスしない
とダッチロールかスパイラルに入るかのどちらかになります。主翼で発生するロール復元に対し
て面積・形状・取り付け位置を考えるのが先で、垂直尾翼での横安定を優先しての決定は出来ま
せん。仮に垂直尾翼を高く上げて横安定を重視すると、必然的に垂直尾翼のアスペクトレシオ
が大きくなり、横滑り角が大きい場合垂直尾翼の失速が早く起こるのでそうも出来ない筈です。
機体形状により、主翼々幅が比較的短く、垂直尾翼の高さ(ロール軸からの距離)と差が少ない
場合等ではこの垂直尾翼での横安定を期待する設計もしているかもしれませんが、一般の
後退翼の旅客機では、後退翼の上反角効果もあって横安定は強すぎるくらいで、これに見合う
垂直尾翼をつけると大きくなりすぎて重量も抗力も増えるので操舵制御で補正しているのです。
また飛行機全てを同列で見るもの無理があり、安定重視なのか機動性重視なのか、でもどんな
設計になるかは違ってきます。従って限られた機種を見ただけで理解するのは困難です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%A1%8C% …

垂直尾翼を胴体下に設ける場合で考えられるのは、機体に対しプロペラとその動力が大きい
場合、プロペラ後流の影響で垂直尾翼に当たる気流の向きが異なることです。上に付けた場合
はプロペラトルクの反作用で機体が回される方向と垂直尾翼が受ける力によって機首を振る
方向が一致してしまい、一般には左へ左へ向かおうとします。下に付けるとこれをキャンセル
する方向になります。また回収用デサマライザー装備の場合は水平尾翼より上だと邪魔です。
フリーフライトの模型飛行機では普通大きな上反角(時に二段上反角)を有し、横安定に関して
はこれでほぼ全て担っていて、垂直尾翼が上か下かでの差異は横安定ではなく、スキッドの代用
といった目的も含め、こうした別な理由によるものと思います。特殊な例ではラジコン水上機で、
大きく下に張り出した垂直尾翼のラダーが「水中舵」としても機能するものもあります。
折り紙飛行機で主翼に相当する平面より上に垂直面が無いものは、機体形状として「高翼機」
か「パラソル翼機」に相当しており、それだけで十分な横安定があります。特に飛行性能を犠牲
にしている訳でもなく、上に垂直面を出す必要がもともと無いと考えます。

一般に垂直尾翼が何故上か、ということに断定した答えは出来ませんが、逆にRQ-1プレデターを
見ると比較的長いランディングギアを持ち、明らかに離着陸時にはほぼ水平を保ったままでないと
ならない形状です。一般の飛行機でも速度さえ出せば(無限に滑走路が長ければ)少しの迎え角
で離陸もできますが、現実はそうではありません。通常、下手をすると機体後部を接地する角度
まで引き起こして離着陸しています。またランディングギアは飛行自体には不必要であり、余分な
構造重量ですのでやたらと長くはしたくありません。他に優先すべき理由があれば別であって、
有人実機ではこうした実用上の複合的な理由で「上」に設けるのが普通になっていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『折り紙飛行機で主翼に相当する平面より上に垂直面が無いものは、機体形状として「高翼機」か「パラソル翼機」に相当しており、それだけで十分な横安定があります。』

言われて見ればそうですね。折り紙飛行機の場合、下向きの垂直尾翼というより、平らな胴体に主翼が高翼式に取り付けられていると考える方が正しいですね。

『無尾翼(全翼)機のRQ-3とRQ-170』『B-2』

そう言えばB-2、RQ-170なども垂直尾翼は付いていませんね。三角翼機は水平尾翼が付いていないことをもって無尾翼機と言いますから、なんとなくそれと同じく捉えていましたが、これら両機は垂直尾翼も付いていないのですね。

さらにRQ-3に至っては直線翼。ピッチ軸周りの安定には、平たい胴体形状が何か寄与しているのでしょうが、それにしても・・・

これまで私は動的制御はあくまで従で、機体の安定問題はあくまで静安定が主であると思い込んでいましたが、やろうと思えば、動的制御でここまで可能なのですね。

こういう機体が存在しているときに、RQ-1に不自然を感じるのは、それ自体が私の無知蒙昧を晒しているように思います。

色々とご教授いただき、勉強になりました。

長らく、どうもありがとうございます。

お礼日時:2010/10/27 08:02

No.1・2です。

補足を受けましたので。(長くなってしまったので2つに分割して回答致します。)
RQ-1プレデターに関する疑問から発生したご質問ですが、もともとこのような軍用の無人航空機
の外観から、空力の安定を考え始めるのは若干無理がある気がします。前回も記述したように、
空力上の動安定が収束しない(中立である)または発散する(負である)設計であっても、ここに
アクティブな制御を加えて飛行可能に出来ますし、軍事上の運用目的からこれを前提に機体設計
が行われている可能性も大です。 このRQを冠する無人航空機シリーズには色々あるようで、
常識的なラジコン飛行機として見て普通に飛びそうなRQ-2、入門用ラジコン飛行機みたいな
RQ-11、RQ-1の大型版で垂直尾翼も上になったRQ-4などありますが、しかしながら
無尾翼(全翼)機のRQ-3とRQ-170
http://ja.wikipedia.org/wiki/RQ-3_%E3%83%80%E3%8 …
http://ja.wikipedia.org/wiki/RQ-170_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
この全翼機に至っては、恐らく制御無しの空力的自律安定に頼った飛行は難しいと思われます。
有人の爆撃機B-2も全翼機ですが、これも常時フライバイワイヤ操縦に安定制御が介入して飛行
可能になっているそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%BF%BC% …
アクティブ制御が入っている飛行機の安定に関しては外見からでは判断出来ません。生物の
「鳥」も垂直尾翼らしきものはついておりませんが、これもアクティブ制御の典型です。

ここは軍用無人機は置いといて、ここは模型航空機の、それも一切制御のないフリーフライト機
(FAIスポーティングコード上の「F1」)から理解されていく方がいいと思います。前回、模型飛行機
書籍の例を挙げたのはこのためです。この場合、純粋に空力的な自律安定が求められ、それに
基づいた設計が必要な飛行機です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A1%E5%9E%8B% …
    • good
    • 0

No.1です。

誤記がありました。
誤変換されているのに気づかず、「上反角」をことごとく「上半角」と記してしまっていました。
訂正いたします。
    • good
    • 0

>さて、一般的な機体において、三軸の中でヨー軸、ロール軸周りの静安定を担うのが垂直尾翼です。


この表現は少々疑問です。垂直尾翼の役割として、方向安定(yaw軸回り)を担うのが主目的であって、
横安定(roll軸)に関しては前後の軸から高さがある場合は副次的にロール減衰モーメントを発生
しますが、横安定の大半を担っているのは主翼です。軸回りに考えれば、軸から突き出た距離は
どちらが大きいでしょうか。この主翼の発生するロール減衰モーメントと、主には上半角によりますが、
高翼機で上半角ゼロの場合はその重心からの取り付け位置と胴体との干渉によって、また後退翼
では上半角効果によって発生するロール復元モーメントもこれになります。

>ロール軸周りの静安定を得るためには、垂直尾翼は上向きに付いていなければなりません。
そんなことはありません。ゴム動力機で完全に垂直尾翼が胴体下に付いたものもありました。
また、無尾翼機で垂直面が無いものもあります。折り紙飛行機で一般的なものでは主翼の下
にしか垂直面が無い形が多いと思いますが、ちゃんと飛びます。

>RQ-1には上向きの垂直尾翼がありません。
>主翼には上反角が取り付けられているのでしょう。あるいは動的制御も行われているでしょう。
RQ-1 プレデターに詳しくはありませんが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/RQ-1_%E3%83%97%E3%8 …
見た限りでは上半角は無いに等しいようです。しかし飛行中、柔軟性を持つ主翼が上に反っている
様には見えます。おっしゃる通り、遠隔操縦機ですので自律安定性は十二分に持っていなくては
なりませんが、なにしろ軍用ですので高度な安定制御を備えた上で実現していると思います。
基本的に横安定と方向安定は互いに関係し、個々の主翼形状や尾翼位置だけでその機体の
安定性がどうかを論じることは出来ません。また特殊な尾翼取り付け位置には地上ハンドリング
やレーダー反射の考慮など別な理由があるのかもしれません。

民間ジェット旅客機の大半も常時動作する安定装置を備えています。一般に後退翼の飛行機は
横安定が方向安定に対し強すぎて、そのままだとダッチロールに入ってしまいますのでヨーダンパー
というラダーに介入する制御をします。つまり現行の実機でも、全ての静安定・動安定に対して
自律安定が機体の空力設計そのものだけで「正」ではない例があるのです。

実機と模型の両方の話が混ざってしまいましたが、基本理論は同じです。興味がお有りでしたら、
以下のような書籍を御一読されることをお勧めします。実機の航空力学書よりは平易です。
・模型飛行機(理論と実際) 木村秀政 校閲/森 照茂 著
・ラジコン機の飛行を科学する 長谷川克 著 
どちらも電波実験社発行です。
http://www.rc-tech.co.jp/book_video/book/book.html
トップページはこちら
http://www.rc-tech.co.jp/

この回答への補足

なるほど、確かに折り紙飛行機の垂直尾翼は下向きですね。RQ-1なんてマニアックな機体を持ち出さなくても、とても身近に、下向きの垂直尾翼を持つ機体がありました。

>横安定の大半を担っているのは主翼です。

なるほど。ここに私の勘違いがあったわけですね。垂直尾翼が持つロール軸周りの安定力が主で、主翼のそれは従だと思っていました。

RQ-1の場合、静止状態で上反角は殆ど無いようですが、飛行状態では多分にあるでしょう。そちらの方が垂直尾翼による負の静安定に勝るということなのでしょう。

ところで模型飛行機では下向きの垂直尾翼が散見されるようですが、実用機では殆ど全てといって良いほど垂直尾翼は上向きです。これはどうしてなのでしょう。

私が思うに、従的役目とはいえ、一応垂直尾翼にもロール軸周りの安定力はあります。だから事情が無い限り、垂直尾翼は上向きに取り付けるべきなのに対して、折り紙飛行機などは手で放り出す際の持ちやすいという取り扱いの良さが優先されて、垂直尾翼が下向きになるように持つのが普通になった。一般的な折り紙飛行機の工作は気軽な遊びですから、遊びやすいことが飛行性能に優先するかと。

如何なものでしょう。

補足日時:2010/10/26 02:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高翼機のロール軸安定について質問です。

 航空力学の勉強中で、航空機のロール軸安定をもたらす上反角効果について知りました。
そこで質問なのですが、上反角のない高翼機の場合ではロール軸の安定性はどのようにもたらされているのでしょうか?
様々なサイトや文献を見ましたが、どれも『高翼の場合上反角と似たような効果となる』とか、『高翼の場合復元力が過剰となるため上反角は少なめもしくは下反角がつく』などの説明のみで、高翼の場合は力学的に上反角とどのように似ているのか、違いがあるとすればなどの詳しい説明はありませんでした。
先生に聞いてみたところ、「簡単な力学の問題」と言われましたが、それでもよく分かりませんでした。揚力の作用点と重心位置の関係がかかわってくるのだとは思いますが自分では解決できそうにありません。
高翼で、上反角=0°のとき、重心位置が揚力作用点より下にある場合、航空機が傾いた時復元力はどのように働くのか?初めての質問で長文で少々失礼な物言いになってしまいましたが、力学的な観点からの解答・ヒントなどお願いいたします。
(よろしければ、揚力作用点が翼中央の場合と左右翼の場合とでお願いいたします)

 航空力学の勉強中で、航空機のロール軸安定をもたらす上反角効果について知りました。
そこで質問なのですが、上反角のない高翼機の場合ではロール軸の安定性はどのようにもたらされているのでしょうか?
様々なサイトや文献を見ましたが、どれも『高翼の場合上反角と似たような効果となる』とか、『高翼の場合復元力が過剰となるため上反角は少なめもしくは下反角がつく』などの説明のみで、高翼の場合は力学的に上反角とどのように似ているのか、違いがあるとすればなどの詳しい説明はありませんでした。
先生...続きを読む

Aベストアンサー

>上反角のない高翼機の場合ではロール軸の安定性はどのようにもたらされている
>のでしょうか?
一つは上下方向の重心より高いところに揚力が作用することによって振り子のように
水平に復元されることです。これはパラグライダーを想像すればいいでしょう。
中央の高い弓形に反った布製の翼にはロール安定は望めませんが、無操作でも常に
人間が下になります。
もう一つは胴体との干渉です。横滑りが生じると横風(斜めからの相対風)を受ける
方向の主翼の下の圧力が増し、反対に風の影になる側の圧力は減ります。これがロール
モーメントを発生し、結果として復元します。実機飛行機の様に、重心位置と上下の
揚力作用点が近い場合は、上記のパラグライダーのような振り子安定よりこの効果に
よって安定しています。
このことは、例えば模型の風洞実験では、胴体があって高翼配置で安定する機体の
主翼が上半角ゼロであったとした場合、この胴体をなくすと上反角は5°必要で、
同じ胴体で低翼配置にすると9°つけないと同じ復元モーメントは得られないと
いうこと、また模型ライトプレーン(ゴム動力機)のように胴体側面積が無いに
等しいものでは位置的に高翼配置でも「主翼だけ」でロール回復モーメントを
発生させるだけの上反角が必要ということが解っています。

>どれも『高翼の場合上反角と似たような効果となる』とか、(略)高翼の場合は力学的
>に上反角とどのように似ているのか、
上反角ゼロの高翼の場合のロール復元は上反角と効果は同等で力学的には似ているかも
しれませんが原理は違います。多分勉強されたように、上反角では横滑りで相対風に対
する左右の迎え角が変わることによっています。この意味では「>「簡単な力学の
問題」」と言ってしまってはいけない気がします。

>(よろしければ、揚力作用点が翼中央の場合と左右翼の場合とでお願いいたします)
この意味は解りませんでした。左右で揚力差が出来れば、作用点が左右方向で中央
と考えることはもう出来ないのではありませんか?

>上反角のない高翼機の場合ではロール軸の安定性はどのようにもたらされている
>のでしょうか?
一つは上下方向の重心より高いところに揚力が作用することによって振り子のように
水平に復元されることです。これはパラグライダーを想像すればいいでしょう。
中央の高い弓形に反った布製の翼にはロール安定は望めませんが、無操作でも常に
人間が下になります。
もう一つは胴体との干渉です。横滑りが生じると横風(斜めからの相対風)を受ける
方向の主翼の下の圧力が増し、反対に風の影になる側の圧力は減りま...続きを読む

Q飛行機の揚力は翼だけなのか機体にもかかるのか、教えてください。

他の方も多数質問されていますが、飛行に揚力が発生して安全に飛べる事はわかりましたが、構造的(物理的)な事で質問します。
飛行機に乗るときにいつも不安ですが、
(1)翼だけが浮こうとして機体は重力で引っ張られ、翼の付け根に負担は
 かからないのでしょうか?
(2)溶接で翼と一体型にする事で、飛行機そのものが一つの物になって、
 機体自体も持ち揚げらる様になるという事でしょか?
毎回、揺れたり離陸時に翼が折れたり曲がったりしないかが不安です。
質問の意味わかりますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)翼だけが浮こうとして機体は重力で引っ張られ、翼の付け根に負担はかからないのでしょうか?

構造上 (片持ち梁) 負担は全て翼の付け根にかかります。 
それを承知の上で、綿密な構造計算がなされ、設計製作されています。

>(2)溶接で翼と一体型にする事で…

旅客機は、翼と胴体を溶接で止めるようなことはいたしません。 一見溶接の方が強度があるように感じられるかもしれませんが、胴体の外板は薄くて強度がありませんので、溶接という方法はとれませんし、整備上でも大きな問題が発生することなのです。
両翼は、胴体の中で両翼を繋ぐような丈夫な構造物に固定されます。 その上に胴体が乗っかかっていると考えてください。
また、運航上でも、機体に損傷を受けるかもしれないような空域は決して飛行しません。

>毎回、揺れたり離陸時に翼が折れたり曲がったりしないかが不安です。

その気持ち分からないでもないのですが、杞憂です。
試作機で、翼のねじり、曲がりを折れるところまでテストします。 ジャンボクラスでは数メートル以上も翼は撓 (しな) ります。 計算ずくのことです。 
撓ると折れるのではと云う感じを持たれるとしたら、それは逆発想です。 撓ることによって、機体にかかる負担を和らげているのです。 柳に風と云ったところです。

この瞬間でも、世界中で数知れない航空機が飛んでいます。 心配されるようなことは絶対にないと言えるほどの安全性です。 
飛行機に乗る限り、無用の心配をされずに、例えば、離陸時に翼が上方に撓り、あるいは気流などで翼端が上下するのを見ることがあるでしょうが、その時には、翼が撓んで揺れを弱めてくれてるんだな、などとポジティブに考えられ、フライトを楽しまれた方が、体の力が抜けて飛行機酔いなども防げ、得策だと思います。 心配するだけ損です。

決して心配なさるような航空機は製造されていませんので安心して搭乗してください。

>(1)翼だけが浮こうとして機体は重力で引っ張られ、翼の付け根に負担はかからないのでしょうか?

構造上 (片持ち梁) 負担は全て翼の付け根にかかります。 
それを承知の上で、綿密な構造計算がなされ、設計製作されています。

>(2)溶接で翼と一体型にする事で…

旅客機は、翼と胴体を溶接で止めるようなことはいたしません。 一見溶接の方が強度があるように感じられるかもしれませんが、胴体の外板は薄くて強度がありませんので、溶接という方法はとれませんし、整備上でも大きな問題が発生することな...続きを読む

Q垂直尾翼の無い飛行機を無事着陸させられるのか?

まず、このような質問を投稿する前に、亡くなられた方のご冥福を祈ります。

さて、1985年の日航機の墜落、御巣鷹山の事故では、確か垂直尾翼が無くなってしまったそうですね。

沈まぬ太陽という小説で、ボーイング社のシュミレーターでは、ボ社の操縦士が、このような状態でも完璧に着陸させたというくだりがありました。

これは、日本の操縦士の技術がなかったからだといわんばかりだったのですが、実際に、垂直尾翼の無い飛行機を無事着陸させられることは難しいのでしょうか?こういった場合、自動操縦では乗り切れないのか?

物理学のカテでいいのか迷いましたが、物理の法則で垂直尾翼がないとどのような状態になるのかご存知の方がいらっしゃいましたらお願い致します。

Aベストアンサー

元々垂直尾翼がない機種もありますが、これは別として、

御巣鷹山の事故では、垂直尾翼の一部を失っただけでなく、油圧のすべてを
失っています。機長はエンジンコントロールだけで進路を取ってました。

この状態で着陸させることは不可能でしょう。

要Flash Plyer↓

参考URL:http://mito.cool.ne.jp/detestation/jal123.swf

Q揚力の発生に関してさまざまな議論がありますが、結局揚力は何が主な原因で

揚力の発生に関してさまざまな議論がありますが、結局揚力は何が主な原因で発生するのでしょうか・・・
はっきりとした原因が分かっていないのでしょうか、それとも複雑すぎて言葉では説明できないのでしょうか。
是非ともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。主翼の「迎え角」は揚力を得る手段であって原因では無いです。自動車が何故曲がれ
るか、に対し「前輪タイヤの方向を変えるから」でも答えですが、その先の説明でもありません。
「揚力」は「力」ですので「どうして力を」受けるのか、でないと説明では無い気がします。

迎え角を持たせると結局何が起こるかというと、上面に負圧が、下面に正圧が生じることに
なります。また、この結果として主翼周りを通過した空気は下に進路を曲げられます。
(これを「吹き下ろし (downwash)」と言い、空気を下に「誘導した(induced)」と言います。)
これらは進行方向の斜め後方上に引き上げるような合力となり、この内重量を支える方向の
分力が「揚力」であり、後ろに引っ張る分力が「抗力」で、一定速度の水平飛行であれば、
「揚力=機体重量」・「抗力=(エンジンの)推力」という関係になっています。
(この部分はNo.5の方と同じことを言っています。)

「ベルヌーイの定理」はこの中で上面に負圧が発生する説明のために用いられます。一般に
は飛行機の主翼は上面負圧によって発生する揚力が大部分なので、「失速」という現象では
上面の空気の流れが乱れるために、この負圧部分が失われて急激に揚力が減るということ
になります。(揚力としてはゼロになる訳でもありません。しかし抗力が急増するので前進が
困難になります。) 凧の場合は非常に大きい迎え角で常時この状態です。この場合に上面に
曲率もなく、ベルヌーイの定理上の負圧が無いことになりますが、もともとベルヌーイの定理
は「揚力の説明」ではなく「主翼上面での負圧の発生の説明」なので持ち出す必要がないだけ
です。凧と飛行機の主翼は、同じに比較したくとも置かれた状態が異なっています。

下面が平らな翼型(代表的なもので「クラークY」)でも背面飛行は可能ですが、大きい負の
迎え角が必要です。この場合、下面が曲面でも正圧です。逆に作用している訳ではありません。
ただこれだと抗力も大きいので、背面飛行前提の飛行機では上面と下面の曲率がほぼ等しい
か全く同じ翼型を採用します。この場合は、迎え角がゼロでは揚力もゼロですが、正負での
迎え角での揚力は同等に得られます。(今日の実用飛行機の大部分は別に背面飛行をしない
ものでも両面に曲率を持つ翼型です。)
また下面フラットの翼型では迎え角ゼロでも揚力を発生します。下面では空気は通過するだけ
となります。この場合は上面の負圧によるものと、このために「吸い付けられた」空気が下方に
誘導されることで生じます。従ってこの翼型では揚力を発生しない迎え角(「零揚力角」)が少し
マイナス(負の迎え角)側に存在します。

No.2です。主翼の「迎え角」は揚力を得る手段であって原因では無いです。自動車が何故曲がれ
るか、に対し「前輪タイヤの方向を変えるから」でも答えですが、その先の説明でもありません。
「揚力」は「力」ですので「どうして力を」受けるのか、でないと説明では無い気がします。

迎え角を持たせると結局何が起こるかというと、上面に負圧が、下面に正圧が生じることに
なります。また、この結果として主翼周りを通過した空気は下に進路を曲げられます。
(これを「吹き下ろし (downwash)」と言い、空気を下に「...続きを読む

Q尾翼と風洞実験について

風洞実験装置を使い、ロケットの安定性について調べています。

尾翼の面積を一定にしたまま、形のみを変えることによって起こる、安定性の変化について調べたいのですが、実用的な方法が思いつきません。
このようなことを調べるのに、風洞実験は適しているのでしょうか?また、どのような方法で実験をしたらよいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

素人ですが興味があります。ロケットの安定性というのは重力の向きとは無関係なのでしょうか。風洞というのは、普通横向きですが縦向きの風洞というのはあるのでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報