アンケートを実施したときのデータとなる回答数ですが、
一般的に500とか1,000とか必要と聞きました。

そこで、上記を理由つけ(統計学的?)しているサイト、書籍を探しています。
例えば、『アンケートで回収する回答サンプル数は、アンケートにもより、一概に言えないが、一般的には、500(1,000)である。理由とし○○○...である。』というような記述が成されているものを求めています。

どなたか、ご存知でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このあたりの統計を正しく理解するのは非常に難しいところで、このせまいスペースで説明する自信はありませんが、今後の勉強の参考にしてください。



まず、ここで問題になっている「サンプル数がいくつ以上あれば良いか」というのは、サンプリング誤差に関する話だと思います。
統計の理論は、あらゆる事象が正規分布しているという前提に成り立っているわけですが、母集団から正しい方法でサンプリングされたとしても、当然偏ったサンプルになる危険性はあるわけです。
例えば、母集団から正しく抽出された100人にアンケートを取った結果、浜崎あゆみが好きだと答えた人が60%だったとしましょう。問題は、このときに、母集団では60%プラスマイナス何%の誤差があるかということです。これがサンプリング誤差で、誤差表の載ったURLがあるので、これを見てください(数値が正しいかどうかは保証できませんよ、念のため。詳しくは書籍に当たってください)。
サンプル100の場合、60%(逆に見れば40%)のサンプリング誤差は9.8%なので、母集団では60プラスマイナス9.8%の可能性があると、論理的には考えられるわけです。

このあたりの話が載った本がどれだったか自信がないのですが、たぶんこれには載っていたのではないかと。
西平重喜『統計調査法 改訂版』培風館
確認してみてください。

これは、あくまでも正しいサンプリングで100人取っても、必ず母集団とはずれが出るということです。そのずれの問題だということを勘違いしないでください。十分に大きい母集団から100人正しくサンプリングをするということを繰り返した場合、誤差の分布がどうなるか、という理論です。
別の例でいえば、サイコロを60回ふっても、必ず1の目が10回出るわけではないのと同じです。
また、a-kumaさんが指摘されているように、母集団が小さい場合はこれにあてはまりません。上記の誤差表が使えるのは、母集団が「十分に大きい」場合です。この「十分に大きい」がいくつくらいと言えるのかは自信がありませんが、あるラインを越えれば一般化できます。統計学のマジックですねぇ。

現実のアンケートを考えると、正しいサンプリングということ自体が非常に理想論でしかなく(回収率が100%ということはまずありえないですから)、サンプリング誤差よりも大きな誤差がそこであると考えるべきです。ですので、理論としては知っておいて損はないのですが、現実にはあまり意味がないかもしれません。

ちなみに私がマーケティングリサーチの仕事をしていたときには、ひとつのトークとして「サンプリング誤差が5%になるので、400くらいのサンプルは取りましょう」という話をしていました。認知率や購買率を定期的に把握している大手メーカーなどで、逆にそういう指示を受けたこともあります。
気休めにすぎない部分もありますが、そういう例もあるということで。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7166/how/s …
    • good
    • 0

> 一般的に500とか1,000とか必要と聞きました



統計学的には「一般的に」の範囲を決めないで、そんなことは
言えません。

極端なたとえを挙げると、

・暴力的なシーンのあるTV番組は人気があるか
・SRSには藤原紀香が必要だと思うか

のふたつを比べると、対象とする母集団の数が違い過ぎるのだから
1000とったアンケートがどれくらい意味を持つかはおのずと変わっ
てきます。

# 本当なら、母集団の数が100位の例を思いつきたかったのだけど


では、実際にアンケートが有効かどうかを調べるのには
「統計検定」という手法を使います。


いろいろやりかたがあるので、詳しく知りたいのであれば、
書籍に目を通すことを薦めます。

あまり堅苦しくない本も幾つか出ていて、

・推計学のすすめ … 佐藤 信、講談社 ブルーバックス
・統計のはなし … 大村 平、日科技連

なんてところは読みやすいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンケート回答者の集中力の持続って・・・?

今度社内でサーベイを実施することになりました。
そこで私がアンケートを作らなきゃいけないのですが、一体どれくらいの質問数が妥当なのかわからないことに気づきました・・・。
聞きたいことはいっぱいあるけど、それで回答数が減っても困るし・・・。
世の中の基準がわからないと、上司も説得できないし・・・。
質問数と回答率の関係って、あるんでしょうか・・・?
教えてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業の規模にもよりますが、社内調査をするのであればまず回収率ができるだけ100%になるような手段を考えてください。回答を匿名にして、ランダムに対象者を選び、依頼した方からは確実に回収するよう、正式なルートで依頼してください(社長名とか人事部名とか)。社員を代表するようなサンプルを集めることが重要です。

一般の調査では20分くらいに収めないと回収率は下がる傾向にあると思いますが、公開されたデータなどは無いんじゃないでしょうか。ただ、社内調査の場合は、実施する必要性が認められれば、量は関係ないと思います。調査内容が適切であること、調査の意図が正しく社員に伝わることのほうが重要でしょう。
つまり、あれもこれも聞いて調査の焦点がぼけてしまうようでは、結局協力も得られないというわけです。何時間もかかるような調査ならともかく、常識的な範囲におさまるのであれば、調査のボリュームを気にするよりも調査項目の必要性をきっちり考えて取捨選択することのほうが重要だと思います。

Qアンケートを回答してもらうためには?

システム会社でパッケージソフトを売っているのですが、
お客様に対して
□製品の不満足度
□対応の不満足度
のアンケートを取る予定です。
しかし・・・
アンケートって私自身、めんどくさいし、面白くないというイメージがあります。
お客様が進んでアンケートをしてくれるようなアンケートってどんなアンケートなのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

>いくら意見を書き込んでも、それが製品や対応に反映されていなければ
>「この会社のアンケートは形だけである」と感じてしまいます。
というのは、むしろ会社上層部の対応次第かと思います。
またさらに、
>そこで私が考えたのは、「投票形式のアンケート」です。
>最初にチェック式のボタンを取り付け、不満足度を測り、それが
>グラフにリアルタイムで表示される。
>製品での要望は意見を書き込んだ場合、それがアンケート画面に
>反映されて、他のお客様もそれを閲覧でき、もし自分も同じ意見で
>あった場合は、「同じ意見です」ボタンをつけようと思っています。
>アンケートをする段階で、お客様同士が、「他の人も同じように
>感じているんだ」と感じたり、意見を言いやすいのではと考えました
ですが、「テレゴング」と似たような形をイメージしますが、これはある意味バイアスを与えます。
製品での要望や意見は、他人と似ていても微妙なニュアンスが大事です。
ですので、「同じ意見です」ボタンの解釈は回答者に委ねられてしまうため、解釈の幅は質問者が決めることが出来ません。
グラフで示されたら、主な回答に寄ってしまう傾向もあります。
さて、お客が進んでアンケートをしてくれるものは、心理的に「自分の意見が役立つんだ」と思わせる仕掛けが必要です。
例えば「貴方の意見が製品にフィードバックされますので、是非忌憚のないご意見をお書きください」とかのそそる文面が必要です。
実際の構成ですが、まず「パッケージシステム全体の満足度」を5段階評価で聞き、その理由も合わせて聞きます。
次に要素別の評価を聞きます。
例えば「価格」「使い勝手」・・・などについて5段階評価で聞きます。
そして最後に、「パッケージソフト全体についての意見・要望」を聞きます。
「対応の満足度」も同様の流れで聞くといいでしょう。
非常に簡単な流れですが、何よりも、
>アンケートって私自身、めんどくさいし、面白くないというイメージがあ>ります
という考えでいたら、成就しませんことを申し述べておきます。

>いくら意見を書き込んでも、それが製品や対応に反映されていなければ
>「この会社のアンケートは形だけである」と感じてしまいます。
というのは、むしろ会社上層部の対応次第かと思います。
またさらに、
>そこで私が考えたのは、「投票形式のアンケート」です。
>最初にチェック式のボタンを取り付け、不満足度を測り、それが
>グラフにリアルタイムで表示される。
>製品での要望は意見を書き込んだ場合、それがアンケート画面に
>反映されて、他のお客様もそれを閲覧でき、もし自分も同じ意見...続きを読む

Q顧客アンケート回答者へ「抽選でプレゼント」は違法でしょうか。

顧客リストから任意に選んだ消費者へ、郵送によるアンケートを行おうとしております。回答率をあげるため、回答が返ってきた方の中から抽選で数名に商品をプレゼントしようかと思っているのですが、これは景賞法とやらに触れるでしょうか。

Aベストアンサー

 この場合は、景品表示法で規定している内容には該当しないと思われますので、違法とはならないでしょう。商品などの取引に伴っての懸賞の場合は、景品表示法の規制を受けますが、この場合は商取引に伴う物ではなく、懸賞ではなく謝礼という意味合いでしょうから、法の適用は受けないと思います。

参考URL:http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/s_hogo/keihin/keihin3.html

Qアンケートを実施し、ある方の回答をみたら、1.2.3.4と並んでいる中

アンケートを実施し、ある方の回答をみたら、1.2.3.4と並んでいる中で、1と2を大きく〇で囲んでいました。その場合、1.5とカウントしてしまってもよいものか、それとも無効とすべきでしょうか。

Aベストアンサー

「1.5」では1を回答した人と2を回答した人が1名ずついることになってしまいます。
これは統計学上、サンプル数と合計点数で人数の整合性が取れずおかしなことです。

1は無効、2以上は有効とカウントする調査もありますし。

この場合無効とすべきです。

Qアンケートの回答数

マーケティングというほどのものじゃないんですが、社内であるアンケートをWebで取ろうと思っています。
対象は1,500人、実施期間は3日間です。どの位の回答数があれば、データとして有効なんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1、#2の回答で触れられているサンプリング誤差は、十分に大きい母集団からランダムに抽出された調査サンプルがNあった場合の誤差の話であって、今回の質問の趣旨とは合っていません。このあたり、勘違いされる方が多いので注意が必要です。具体的には東京都の住民を調査する場合に、ランダムに1500サンプル設定したとしたら、その結果は母集団(都民全体)からどれくらいの誤差が想定されるかという話です。
今回の例だと、調査の対象となる母集団は会社全体であって、それが全数で1500人なのでしょうか。であれば、抽出率は100%であって、サンプリング誤差はありません。
統計学的には、これ以外の誤差はすべて非サンプリング誤差といっていて、回収率(1500人のうち何人が回答するか)や特定の人が回答しやすかったのではないか(パソコンを使わない人がいる)、調査期間に出張でパソコンに触れない人がいる等も含まれます。
そういった中で何サンプルあれば誤差がどれくらいかということは、統計学の範疇では回答がありません。したがって、有効だという数値を明示することは不能です。

社内調査の場合であれば、100~200サンプル程度であっても、性別や部門、社歴などランダムに設定できるのであれば、回収率100%をめざすことが正解です。仮に半数の750人が回答したとしても、偏り方によっては全社員の実態値とかなりかけ離れた値になることがありえます。

#1、#2の回答で触れられているサンプリング誤差は、十分に大きい母集団からランダムに抽出された調査サンプルがNあった場合の誤差の話であって、今回の質問の趣旨とは合っていません。このあたり、勘違いされる方が多いので注意が必要です。具体的には東京都の住民を調査する場合に、ランダムに1500サンプル設定したとしたら、その結果は母集団(都民全体)からどれくらいの誤差が想定されるかという話です。
今回の例だと、調査の対象となる母集団は会社全体であって、それが全数で1500人なのでしょうか。であ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報