在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

「わしゃ」「***じゃ」「のう」など、年寄りの話す言葉として一般的に認識されているようです。

ところで本当に、おじいさんで「わしゃ」「***じゃ」「のう」なんて言葉を使っている人っているのでしょうか。若いときには使ってなくて、方言でもなくて、ですよ。

もし、歳をとってから「***じゃ」などと言うようになったというおじいさんがいらっしゃったら、なぜそう言うようになったか聞いてもらえませんか?

A 回答 (2件)

下記ページ、[29] ヴァーチャル日本語 役割語の謎 の書評として、「老人語」(「博士語」)について書かれています。


「老人語」は上方風の言い方で、江戸時代には既にそれが形成されていて、それが明治以降も「役割語」として残ったものだそうです。私も前から不思議に思っていたので、これを見て納得です。

http://www.hon-pro.com/cgi-bin/pt.cgi?room=subse …

参考URL:http://www.hon-pro.com/cgi-bin/pt.cgi?room=subse …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

面白いですね。ステレオタイプのお約束語、とは。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/08/15 20:36

広島県では、


「ワシ」
なんてよく言いますよ

高校生までは、まだ可愛げのある、やわらかい言葉であり、自分のことを示す言葉は「オレ」と言いますが、
二十歳近くなると、結構な割合で男は「わし」と言うようになります。(←県外の大学に行き、帰ってきたら「わし」という言葉が飛び交ってました)

おそらく、彼らは年をとっていくごとに、話すスピードも遅くなっていき
 「オレ」 → 「ワシ」 → 「わしゃ」
と近づいていくのではないかと、
“わし”は思いますのじゃ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

方言で「わし」「じゃ」「のう」などあることは知っています。
方言でなく、ドラマや漫画などで老人が使う言葉です。
実際に言っている老人がいるかを知りたいのです。

お礼日時:2003/08/15 20:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人が使うとされる、「~じゃ。」

語尾に「~じゃ。」 と言うのを、よく本やドラマの中の、お年寄りが使うセリフとして登場します。

この使い方、元々、どこの方言だったのでしょう?

関東なら「~だ。」 関西なら「~や。」 と言うのが普通では? と思いまして。

ただ、はやりとか、TVの影響で全国的に認知はされたのでしょうが、昔から日常会話で、年齢に関係なく使われてたのはドコなんでしょう?

Gパン刑事が、「なんじゃコリャア!!」…って叫んだのは、思わず口走った「方言の吐露」ではないと思います。

年寄りのセリフの語尾は「~じゃよ。」と言われるようになったいわれ、実際使われてる地方が知りたいです

Aベストアンサー

 アニメ等に出てくる博士は、ほとんどが「~じゃ」という指摘をしていた文章をよんだことがあります。その言い方で話し手がどんな人かが分かる(なおかつ、現実のそういう人たちは、そんな言い方をするとは限らない)言葉を「役割語」と呼んでいたと思います。

 ということで、検索してみたら、さすが「ウィキディア」。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%89%B2%E8%AA%9E

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%89%B2%E8%AA%9E


人気Q&Aランキング