「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」で謙譲語は「申す」であれば、お客さんなどに「ご希望があれば遠慮なくお申し付けください」という言い方は間違っているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多少複雑ですが、間違いではないようです。


↓を参考にしてみてください。

参考URL:http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097099260.html
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/02 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「させていただく」について

「させていただく」は便利な言葉なので、私は仕事などでついつい多用してしまいます。

Yahoo!辞書によると下記の意味だそうです。
■相手に許しを請うことによって、ある動作を遠慮しながら行う意を表す。「私が司会を―・きます」

私の使い方は、下記のようなものです(カッコ内は内心、これでいいのに・・・と思っている表現です)

・後ほどお電話させていただきます(後ほどお電話申し上げます)。
・FAXを送信させていただきます(FAXを送信いたします)。
・メールを送信させていただきました。(メールを送信いたしました)。
・少し考えさせていただきます(少々考える時間を頂戴します)。
・ご意見、参考にさせていただきます(ご意見ありがとうございました。参考にいたします)。
                                              などなど。

「させていただきます」の用法として間違ってはいない気がしますが、
多用しすぎて「そう言っておけば失礼はなかろう感」が否めません。
( )内の言い方に変換した場合、「偉そう」「失礼」に感じる方はいらっしゃるでしょうか。
「させていただきます」と表現した方が、ビジネス上は無難でしょうか。
日本語として正しいか正しくないかは別として、聞く側の好感度はどちらが高いでしょうか。
どうかご意見をお聞かせください。

「させていただく」は便利な言葉なので、私は仕事などでついつい多用してしまいます。

Yahoo!辞書によると下記の意味だそうです。
■相手に許しを請うことによって、ある動作を遠慮しながら行う意を表す。「私が司会を―・きます」

私の使い方は、下記のようなものです(カッコ内は内心、これでいいのに・・・と思っている表現です)

・後ほどお電話させていただきます(後ほどお電話申し上げます)。
・FAXを送信させていただきます(FAXを送信いたします)。
・メールを送信させていただきました。(メールを送...続きを読む

Aベストアンサー

「~(さ)せていただく」
 ちゃんと書こうとするととんでもないことになります。
 リンクを張る形に〝させていただきます〟。

 詳しくは下記をご参照ください。
【よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」「~させていただきます」「~(さ)せていただく」「~(さ)せていただきます」】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890

 例文で考えます。
1)後ほどお電話させていただきます(後ほどお電話申し上げます)。
2)FAXを送信させていただきます(FAXを送信いたします)。
3)メールを送信させていただきました。(メールを送信いたしました)。
4)少し考えさせていただきます(少々考える時間を頂戴します)。
5)ご意見、参考にさせていただきます(ご意見ありがとうございました。参考にいたします)。
 1)2)3)5)は、「~いたします」にできます。個人的にはそれで十分だと思います。でも、それでは敬度が足りないと考える人は「~(さ)せていただきます」にするのでしょう。それが敬度が高いか否か、冗長になるか否か、慇懃無礼になるか否かはケース・バイ・ケースです。
 どうしても結論を……ということなら、使うほうが無難でしょう。
 過剰に使うと「日本語を知らないヤツ」と思われます。
 不足すると「無礼なヤツ」と思われます。
「日本語を知らないヤツ」と思われるほうがまだマシでしょう。実際にはそんなふうに考えるほうが「日本語を知らないヤツ」なのですが。

 4)は「~いたします」にはできません。リンク先の3つの注意点の1と3で考えてみます。
================引用開始
1「許可」「受益」の2つの要件を満たしているか
2「~いたします」で十分ではないか
3敬語ではない形にして考えてみる
================引用終了

1「少し考えさせていただきます」は「許可」の要件を満たしています。「受益」もたぶん大丈夫でしょう。実際には、考えすぎて悪い結果になることもありますが(笑)。
3敬語でない形にすると、「少し考えさせてもらう」。とくに問題はないと思いますが、厳密に考えるとちょっとヘンです。
 当方なら「少し考えさせてもらえないか」にします。おそらく、ほかの例よりも「許可」のニュアンスが強いからです。それなのに、自分の都合だけで一方的に言い切るから異和感があります。これは敬語にしても同様です。疑問形にするべきでしょう。
4)少し考えさせていただきます→少し考えさせていただけませんか
4)-2 少々考える時間を頂戴します→少々考える時間を頂戴できませんか
 右側の形なら、どちらでもいいと思います。敬度が下がりますが、「少し考えさせてください」あたりも自然な日本語だと思います。

 ちなみに、「参考にさせていただきます」(「参考にいたします」も同様)の使い方には注意が必要です。
【参考にします 参考にいたします 参考にさせていただきます なるほど】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2212.html

「~(さ)せていただく」
 ちゃんと書こうとするととんでもないことになります。
 リンクを張る形に〝させていただきます〟。

 詳しくは下記をご参照ください。
【よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」「~させていただきます」「~(さ)せていただく」「~(さ)せていただきます」】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890

 例文で考えます。
1)後ほどお電話させていただきます(後ほどお電話申し上げます)。
2)FAXを送信させていただきます(FAXを送信いたします)。
3)メールを...続きを読む

Qなぜ謙譲語である「申す」と尊敬語である「おはす」は同時に使えるのでしょうか

 私は中国人で日本語を勉強しています。古典文法についての本を読んでいますが、理解できない例文があるので、質問させてください。

 「がくや姫と申す人ぞおはすらむ。」と言ふ。(『竹取物語』)(「がくや姫と申し上げる人がいらっしゃるのだろう。」と言う。)

 『竹取物語』を読んだことがないので、上記の例文の敬語の使い方が分からなくて困っています。なぜ謙譲語である「申す」と尊敬語である「おはす」は同時に使えるのでしょうか。話し手と、聞き手と、がくや姫との三人の上下関係を説明していただけないでしょうか。

 よろしければ質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。

Aベストアンサー

日本語教師です。質問文が正確な日本語であることや古文にも関心を持っていることから、あなたが相当優秀な学習者であることがうかがえます。
ただ「がくや姫」ではなくて、「かぐや姫」です。「輝く」と関係がある名前だと言われています。
この部分を調べてみると、月からの使いが翁にかぐや姫の隠し場所を尋ねる場面でした。月からの使者にかぐや姫を渡すまいとして、翁は使者の問いにとぼけて、「(あなたは)短期間とおっしゃいましたが、私はかぐや姫を20年以上育てています。よそにも同じ名前のかぐや姫という人がいらっしゃるんじゃないですか?」と答えた場面です。本文の使い方からみると、
かぐや>翁
使者>翁
という上下関係です。
(翁答へて申す、「かぐや姫を養ひたてまつること廿余年に成りぬ。かた時とのたまふにあやしくなり侍りぬ。また、異所に、かぐや姫と申す人ぞおはすらむ」と言ふ。)
この場面で話している相手が月からの使者という目上の人なので、「申す」という謙譲語を使っているんだと思います。3の方と同意見です。
謙譲語には2種類あって、
A対者尊敬(「お伝えする・参る」のように相手へ向かう行為)
B丁重語(「寒くなって参りました」のように自分がへりくだるだけの表現)
ここはBの謙譲語だと思います。Aは相手への尊敬と自分のへりくだりを表現しますが、Bは相手に関係ない動詞(ここでは「言う」)で使い、へりくだりのみを表します。Bと丁寧語の違いは、自分がへりくだっているかどうかで、ほとんど同じです。
ご指摘の通り、現代語なら「という人」または「とおっしゃる人」が適当ですね。
「竹取」は大人が読んでも面白いので、挑戦してみて下さい。

日本語教師です。質問文が正確な日本語であることや古文にも関心を持っていることから、あなたが相当優秀な学習者であることがうかがえます。
ただ「がくや姫」ではなくて、「かぐや姫」です。「輝く」と関係がある名前だと言われています。
この部分を調べてみると、月からの使いが翁にかぐや姫の隠し場所を尋ねる場面でした。月からの使者にかぐや姫を渡すまいとして、翁は使者の問いにとぼけて、「(あなたは)短期間とおっしゃいましたが、私はかぐや姫を20年以上育てています。よそにも同じ名前のかぐや姫...続きを読む

Q電子レンジの選択について書き込みをさせていただきます。

電子レンジの選択について書き込みをさせていただきます。

現在使用中の電子レンジなのですが、調理中に庫内を照らす庫内灯が切れてしまいました。このままでは不便なので、自分で交換しようとメーカーに部品取り寄せを依頼したところ断られました。

ユーザー自ら庫内灯を簡単に交換できる事を前提にした設計で、電球の入手も簡単である製品はないでしょうか。または庫内灯の耐久性が非常に高く、切れる心配がほとんどない製品はないでしょうか。

できれば「電子レンジ」を紹介していただきたいですが、もしオーブン機能がある製品の中に、そのようなものがあればご紹介いただければ幸いです。

「メーカーに修理を出せばよい」「自分での修理は危険だからご法度」「庫内灯が切れた時は本体ごと買い替え時」といった類の書き込みは、ご遠慮いただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

業務用電子レンジの高級機には庫内灯を簡単に交換できる機種があるみたいです。

参考URL:http://products.jp.sanyo.com/biz/cooker/detail/em.php?q=1&id=EM-1103

Q「おる」と「ございます」と尊敬語と謙譲語

「おる」と「ございます」の言葉遣いがあっているか教えてください。

・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは

・「ございます」…(例)Bさんは、△△はお持ちでございますか?

「おる」も「ございます」も謙譲語でよく使うので、
間違っているように思うのですが、
聞いた感じですと、悪い印象は受けないんですよねぇ。。。

恐れ入りますが、どなたか教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

>・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは
「おる」は一応、謙譲語に分類されますが、そもそもこの言葉は敬語ではない普通の言葉だと考える方が、扱いが楽になります。
「おる」が敬語でないと考えれば「されておる」は「されている」と全く同じ表現ということになります。
ところが「~ている」には敬語がありません。
したがって「されておる」にも敬語がないことになります。
ちなみに「ます」は丁寧語なので、そもそもこの位置で使うべき言葉ではなく、基本的には文章の最後にだけ使います。

■好ましい言い方
・ご契約のプロバイダは
→もっとも単純な言い方です

・契約されていらっしゃるプロバイダは
→「~ている」を敬語に直せば「~ていらっしゃる」になります。

・契約していらっしゃるプロバイダは
→敬語がない文章である「契約しているプロバイダ」を敬語にすれば、「している」の部分だけを「いらっしゃる」とすることで、十分な敬語表現になります。
「契約」に「ご」をつける必要もありませんし、つけてはいけません。

■好ましくない言い方
・ご契約しているプロバイダは
これは一見、正しいように見えますが、上記で説明した通り「~ている」に敬語がありません。
したがって、これは好ましくありません。
それでは「~ている」を「~ていらっしゃる」に変えたらどうでしょう?
・ご契約していらっしゃるプロバイダは
実はこれはダメです。
「ご契約して」は「ご~する」という謙譲語です。
したがって、これは使えません。
この場合、「ご」を取れば完璧です(「■好ましい言い方」の3番目と同じになります)。


>・「ございます」…(例)Bさんは、△△はお持ちでございますか?
この文章は「Bは、△△は持っているか?」というのが基になっています。
これを敬語に直せば、こういう表現になります。
「Bさんは、△△はお持ちになっていらっしゃいますか?」
これがもっとも素直な敬語表現かと思います。
次になぜ「お持ちでございますか」に至ったのかを推測してみました。

お持ちになっていらっしゃいますか?
↓(なんか長い気がするので短くしたい)
お持ちでいらっしゃいますか?
↓(できればもっと短くしたい)
お持ちですか?
↓(「です」では失礼かなと思い、「ございます」に変えてみた)
お持ちでございますか?

おそらく、こんな変化があったのかと思います。
しかし、文法上は間違いということはなさそうです。

>・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは
「おる」は一応、謙譲語に分類されますが、そもそもこの言葉は敬語ではない普通の言葉だと考える方が、扱いが楽になります。
「おる」が敬語でないと考えれば「されておる」は「されている」と全く同じ表現ということになります。
ところが「~ている」には敬語がありません。
したがって「されておる」にも敬語がないことになります。
ちなみに「ます」は丁寧語なので、そもそもこの位置で使うべき言葉ではなく、基本的には文章の最後にだけ...続きを読む

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。

Q枕草子「中納言参り給ひて」の中で、「申す」は謙譲語か丁寧語かどちらですか。

中納言が、扇の骨を、中宮に差し上げようとするときの言葉の中です。
 「いかやうにかある。」と問ひ聞こえさせ給へば、「すべて、いみじう侍り。『さらにまだ見ぬ、骨のさまなり。』となむ人々申す。まことにかばかりのは見えざりつ。」と言高くのたまへば、…
「となむ人々申す。」の「申す」は丁寧語と解釈して、いいのでしょうか。

Aベストアンサー

「申す」は、現代では謙譲語2に分類されます。
謙譲語2は丁重語とも呼ばれるもので、敬語の指針28ページに記されていますように、【自分側の行為・ものごとなどを,話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。】という用法の敬語です。
人々ではなく聞き手である中納言に対する敬語。
行為者ではなく聞き手に対する敬語である点が通常の謙譲語とは異なる点で、(丁重語ではありますが)その性質上、丁寧語に近いとされています。(敬語の指針20ページ)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf

Q「扱う」の"させていただきます"表現

「扱う」を"させていただく"という表現にした場合、正しいのはどれでしょか?

 ・扱わせていただく  (33,600)
 ・扱いさせていただく (831)
 ・扱わさせていただく (674)
 ・扱させていただく  (9)
 ・扱せていただく   (1)
            括弧内はWEB(google)検索数

私は、"扱させて"を使用していたのですが、WEBで検索したところ"扱わせて"が圧倒的に多かったことに驚きました。

そもそも、謙譲語で"~させていただく"という表現は正しくないという意見もありますので、どれも正しくないが正解かもしれません。

Aベストアンサー

・扱わせていただく  (33,600) 一般的に使用されます。
・扱いさせていただく (831)「取扱い」させていただくなら正しい。
・扱わさせていただく (674)「さ入れ言葉」の誤り
・扱させていただく  (9)明確な誤り
・扱せていただく   (1)明確な誤り

わたしは「扱わせていただく」もへりくだりすぎて好きではありません。
「お取扱いいたします。」くらいでしょうか。

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Qどっちの読み方がいいですか、「出(で)させて」と「出(だ)させて」

どっちの読み方がいいですか、「出(で)させて」と「出(だ)させて」

A.先生のご厚意で懇親会に出(で)させていただきました。
B.先生のご厚意で懇親会に出(だ)させていただきました。

(で)か(だ)かです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#12です。

使役の助動詞「させる」の働きを考えましょう。
「(私が)懇親会に出る」・・・これを先生が「させる」のです。
だから「出(で)させる」がよろしい(*^^*)。

Q「頂く」の謙譲語、尊敬語の使い分け方。

「先生からご説明していただきました」は間違いで、
「先生からご説明いただきました」が正しいと、使っている日本語入力ソフトに指摘されて解説を見たのですが、いまいちよく分かりません;
どなたかご教示いただけると幸いです。
(これはあってるかな。。)

Aベストアンサー

#4ですが、訂正いたします。

「ご説明いただきました」は「ご(お)・・・いただく」という
尊敬表現ですから正しいことになります。
↑これも謙譲表現です。
失礼いたしました。

なお、謙譲表現だからダメということではなく、その動作の
主体を敬う場合は尊敬語を用い、自分(側)の動作をへりくだる
場合は謙譲語を用います。

「ご説明していただきました」は先生の動作に謙譲語を用いて
いるので間違いとなります。

言葉足らずでしたので、補足いたします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報