ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

質問させていただきます。
先日友人のご家族がおなくなりになり、その友人が山を2-3個?(山を何て数えるかわからないので・・・)相続しました。私が時価でいくらくらいなの?って聞くと分かんないっていっており、大体も本人は分からないようでした。
 場所は新潟で山の多分斜面を2-3面所有していてそれを相続することになったようです。
現在は雑木林のようになっておりなにか手が入っているということはないということです。
友人の相続した山っていくらぐらいの価値があるのでしょうか?

A 回答 (5件)

> 山を何て数えるかわからない



 一筆、二筆と数えるようです。

> 現在は雑木林のようになっておりなにか手が入っているということはないということです。

 まず、所有している山林の境界がわかっておられるかどうかが心配されます。山林の境界は、『境界石』が入っているなんて事は稀?で、なんとも表現しにくいのですが、“変な木”が生えているのです。土地の古老にしか判らないような代物です。自分で所有している山林については判っていますが、実際、義父が亡くなった時に貸したお金の担保に取ったらしい山林が相続物件として“現れ”ましたが、未だにハッキリは判らず義母が相続していますが、困るでしょうね。

 手入れも、昭和の30年代くらいまでは雑木を燃し木として利用していましたので、それを手当てに?手入れしてくれる人もいましたが、今では全て人件費ですからかなりかかるようになってしまいました。

> 友人の相続した山っていくらぐらいの価値があるのでしょうか?

 生えている木やその樹齢や道路付けによっても変わってきますが、今の材木の相場や人件費から考えれば実際の価格は、失礼ながら、大したものではないでしょう。
 一時は『担保山』などと呼ばれて担保物件として山林が持て囃された?時代もありましたが、今はそういう時代でもありません。

 ただ、相続となるとその価値が“半端じゃなく”評価され酷いものです。義父の場合、保安林にもかかわらず800万の評価でした。税務署に相談に行くと「他人に譲ればその評価で贈与税がかかります。一番良いのは国に寄付することでしょう。」ってふざけたアドバイスでした。

 一昔前までは“山持ち”というと田畑を持っている農家とは一線を画した金持ちの別称のようなもので田舎では別格でしたが、今は困っていると田舎の“山持ち”さんが零していました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答いただきましたことありがとうございます。

数え方が一筆ってかぞえるのは初耳で非常に面白かったです。日本語って者によって数える言葉が全然違うから本当にたいへんですよねー。

多分、境界も友人は分からないと思います何せ田舎の山が適当にこのへんの2筆とかっていうくらいですから 笑

多分道どころかけもの道すらないと思いますので、義父様の山よりも多分だいぶ価値が落ちるので多分市場で値段何て付かないのではないかと思います。

 もうこうなったら、あんまり価値がない以上友人とキャンプする小屋でも作って遊ぶための基地にでもしようかと考えています。

固定資産税が高くてやになったら税務署に寄付するように友人にはすすめてみます。汗

お礼日時:2010/12/04 06:43

基本的に、土地も山もただ所有権を持っているというだけで、永遠に自分のものというものではないと思います。

つまり所有権という権利で使わせてもらっているだけだと。かつては建築資材に木材が高値で売れたため、山を持っている=大金持ちとなっていましたが、手入れをしない山は価値がないどころか、税金を払うだけのお荷物でしょう。例えば吉野の山とかだとブランドの銘木があったりして、手入れ(投資)をすれば財産価値があるものはいくらでもありますが、ただの雑木山となると価値のあるうちに処分した方がいいと思います。市街地に近い場合は、造成して宅地として販売できますが、今の日本は人口が減少しているので、住宅需要は徐々に減っているのが実情です。つまりこの先、新たに宅地を造成しても需要がないということです。市会議員ならば、都市計画を作って、そこに道路を通せばかなり儲かりますけど。公共事業費も削られていますしね。高速道路もこれ以上いらないでしょうし。
価値=価格と考えるならば、欲しいという相手が現れてはじめて双方の話し合いで決められるもので、その目安・基準になるのが税務署が決める固定資産税です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

やっぱりほかの皆様方もおっしゃるように手入れのされていない山なんて大したかちもないようですね。私も最初は数億ぐらいするのかとびっくりしましたが、やっぱりそのていどなのですね。今度友人に教えてあげたいと思います。ありがとうございました

お礼日時:2010/12/04 06:47

「山」はかなり安いです。



うちでもちょっと前に知人から「山」を譲り受けましたが、300万で、「ラッキー」と思ったら、、、、杉林の山の斜面の一部分。。。
もちろん、電気も水道もなく、周り中杉林なので隠れ家や小屋を建てて遊ぶムードでもなく。
結局地元の森林組合に管理していただいて、、、木を売っても手間賃で消え、固定資産税は高くはないですが、土地があるってだけでどうと言う事もありません。

ただし、一山二山の山持ちならかなりの資産家と呼べるかもしれませんね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答いただきましたことありがとうございます。

いと昔前の土地バブルなんてころだったらちょっとした資産家だったのでしょうね-。いまじゃあただ固定資産税を払わされるごくつぶしなんて悲しい話です。なにか有効利用の方法がないかこんど友人と相談したいと思います。ありがとうございました

お礼日時:2010/12/04 06:35

そこの木が売れるとか、松茸でも採れるとか、地下鉱脈があるとかでもなく、削って宅地にしたりとかの開発が出来るでもなければ、ほぼ価値はない物と考えても良いです。



役場や税務署で固定資産税から価値を割り出す方法もあります。
相続したのなら固定資産税を納付しなきゃいけないので知る必要はあります。

ただ、手放したら取り戻すことはまず、不可能だと思いますし。

価値というのはその人次第です。

山の中にツリーハウスでも建てて自分の隠れ家にするも良し。
自分の土地なら自由です。

私の持つ山も似たような物で、実家から離れて仕事をしていると中々手入れも出来ません。
価値はほとんど無いものと思っていますが、自分の子孫が、もし何かをやりたいと思ったときに出来るように持っておこうと思っています。
そうでなければ、自分に渡る前に親が手放しているでしょうから。
自分の親がそうなら、自分もその遺志を継いでいこうと思っています。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答いただきましたことありがとうございます。

多分友人は何にも手入れしてないって言っていましたので、松茸なんてたいそうなものは生えてないと思いますね。あれば私もほしいですが。汗
 そうすると多分ほとんど売れる価値なんてないのかもしれないですね。こんど友人に会ったときはやんわりとこのことを教えてあげたいと思います。まあ、なにもない私よりなにかもっている友人の方がうらやましいとは思います。

お礼日時:2010/12/04 06:33

税務所に行って、


固定資産税を調べたらわかりますが、

山林の価値はほとんどが
「木」なので、
手入れしていなければほとんど価値はないと思いますが…。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答いただきましたことありがとうございます。

税務署の固定資産税で大体わかるということを友人に今度教えてあげようと思います。非常に参考になるご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/04 06:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山林の固定資産税と維持費について教えてください

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわか...続きを読む

Aベストアンサー

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法...続きを読む

Q田舎の不要な土地の処分法方

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合いに、
「土地を役所に寄付するから何かに使わないか」と持ちかけましたが
土地はいっぱいあるし管理費がかかるし要らない」と断られました。
マブダチなのに冷たい奴です。

2,3無い知恵で考えましたが、
条件としてこちらからは出費は無し。もちろん対価も要りません。
1.地元に自治会に無償贈与、または貸与。
2.地元お寺に寄付(無償贈与)、または貸与。
3.その他があれば・・・

以上(譲渡される)相手に納得がいく、こちらにも大金の出費無く解決方法はない物でしょうか。

こちらのカテでもくぐって覧ましたがこういう悩みをお持ちの方が沢山いらっしゃいました。
解決も各々条件が違い難しい問題のようですが宜しくご教授頂ければ幸いです。

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合...続きを読む

Aベストアンサー

田舎の畑ですよね。
日当たりがいいでしょうからもっと『土地活用』でお金を生み出すと考えては?
太陽光発電システムを使うのがいいですよ。
いや、ほんとうに羨ましい。
お金は持っている人のところに集まるって、ホントなんですね。

ほっておいても売電による利益を生みますから(何しろ自分で電気を使わないんですから)
10年後に設備償却が終わり、20年後には土地が2倍になっているかもしれません。

Q山林の土地を放棄したいの教えてください。

義母が若いころ(バブル時代)に、将来購入しておくとリゾート開発で良いお金になりますよと言われ、購入した土地が軽井沢にあります。しかし、今現在、ただの山林で買い手もつかない土地になってしまいました。毎年、固定資産税と都市計画税を徴収されています。義母が、毎年税金で出費が重なり返済が厳しくなりどうしてよいか分からないと相談がありましたが、自分もどうしてよいか分かりません。権利放棄でも構わないと話しているのですが。良い知恵を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した土地なのですから、処分価格ではなく、
少しでも高く買い取ってもらえる業者さんに、当たってみるとよいのではないかと思います。
積極的な業者さんは、直ぐ義母様の所有している土地を調べて、返事をしてくれます。

因みに、私が所有している土地もまだ手放してはおりませんが、調べた時
”なぜ買い取り業者さんはこのような誰も買い手が付かないような土地を買い取るのか?”
と素朴な疑問を投げかけましたら
”世の中には森が好きで買う人も居る”との回答でした。

少しでも、参考になればと思います。

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した...続きを読む

Q田舎の土地を手放したい

田舎に土地があり、草刈りなどの手入れが大変です。

何も無い村で過疎化が進んでおり

若い人が家を継ぎ放置状態で草の塊になったり、田んぼや畑を放置して雑草が凄い事になってます。

私の場合も例外では無く

今は両親が手入れをしてますが
私の代になれば、とても面倒などみれません。


周りの親戚に話しをしても
田舎の土地は誰も欲しがらないそうで
売れないとの事

田舎なんで資産税はたいしたことありませんが
雑草などの維持ができません

使ってない田んぼや畑は少額ですが
お金を出して使ってもらっています。
その方が周りに迷惑がかからず
安上がりなんです。


両親が土地を大切にしているのは先祖からの遺産を大事にしてるのも有るみたいですが、自分は生活で手一杯でとても無理です



私の代になり、周囲の人に迷惑を掛けないように手放したいと思ってます。


国は引き取らないという話しを聞いています。


村の人たちも土地が余ってるので
いりません

どうすれば手放せるでしょうか?

Aベストアンサー

>どうすれば手放せるでしょうか?

未だ手に入れていない(=現在はお父様所有の)土地を手放す算段をするのは早とちりですよ。

まず、不要な土地を相続しないことを考えましょう。

遺言書で第三者に相続させる方法や、相続税が発生する方の場合は物納などいろいろな方策があります。

しかし、一番確実な方法は法定相続人として相続放棄の手続きを取ることです。
相続放棄の場合は、土地以外の相続財産も放棄することになりますので、お父様が土地以外の財産も保有している場合は、生前贈与を実施し、お父様の相続財産から消しておくことをお勧めします。

つまり、土地だけを残して死亡していただき、その時点で相続放棄をするという作戦になります。

Q山の持ち主って誰?

日本は67%ぐらい森林面積があるっていうことと、そのうちの3割は国有林だということを知りましたが、それ以外の森(山)は誰かのものだということでしょうか。その人はどうして山を持っているんでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは

戦前の山林はかなりの面積が国有林(大蔵省所有+旧宮内省御用林)でした。
○戦後になって、国の林業経営が赤字に転落したり、各自治体の財政強化のために、大蔵省(現財務省)から各自治体に払い下げになったものが、都道府県有林、そして市町村林です。
○都道府県有林、市町村林から更に集落や各法人に払い下げられた団体所有林もあります。地方自治体からは食料増産の為開拓希望者にも格安に分け与えられる事もありました。
○企業が持っている社有林、民間人が持っている「民有林」は国、公共団体から払い下げられるケースは極めて少なく、民間人同士のトレードが殆どで、戦前戦後共にあまり面積に変化が無いはずです。

>その人はどうして山を持っているんでしょうか。
私の場合は先祖代々の相続です。明治の廃藩置県の際、以前治めていた土地を受け継いぎ林業経営をしたのが始まりのようです。
手放せない理由としては、
1、大口の借入金をする場合は、不動産担保が有ったほうが有利
2、売っても査定が安すぎる
3、本家として先祖代々の山林を手放せない
4、地域の建築材料を供給する義務があると言うか、手放した際、地域の木材商が破綻する
5、水源の保全、薪炭資源(燃料資源)を安定供給できるよう、自治体の要請がある
6、自然環境保護の為

※つまり民有林は個人の財産だけれども、公共性があるていど有るという事になり、素性がしれない人間に勝手に売買できない場合もあります。

確かに木材の切り出しは、木材の売り上げよりも人件費の方が勝るので、今の景気では難しいです。林道沿いは、搬出に費用が掛からないので若干売れる程度。また、広葉樹(ケヤキ、ナラ、クリ等)が家具材として、時々木材商が買いに来ます。また小径木は木炭材、薪、シイタケ原木として地域に小売しています。ですが私の場合も贅沢な生活は出来ません。

税金が安い山林でも、面積が有るとそれなりに「固定資産税」や「相続税」と言うものが今将に私に差し迫っています。私は勤め人なので超節約生活ですよ。

こんばんは

戦前の山林はかなりの面積が国有林(大蔵省所有+旧宮内省御用林)でした。
○戦後になって、国の林業経営が赤字に転落したり、各自治体の財政強化のために、大蔵省(現財務省)から各自治体に払い下げになったものが、都道府県有林、そして市町村林です。
○都道府県有林、市町村林から更に集落や各法人に払い下げられた団体所有林もあります。地方自治体からは食料増産の為開拓希望者にも格安に分け与えられる事もありました。
○企業が持っている社有林、民間人が持っている「民有林」は国、公共...続きを読む

Q杉一本の値段はいくらぐらい

杉一本の値段はいくらぐらいでしょうか?
ニュースで、パラグライダーのために
勝手に他人の山の杉を伐採した人が逮捕されたそうです。
被害は、樹齢20年から50年の杉やヒノキが1100本で、
被害総額が750万円と報道されています。
この計算ですが、何十年もかけて育てても
一本あたり数千円にしかならないことになります。
こんなに安いわけがないとおもうのですが、
どうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

立っている樹木の価格の計算方法にはいくつかの種類がありますが、一般的には
まぁ報道された値段くらいではないでしょうか。ちょっと高いようにも感じますが。

報道された写真で見た限りでは、実際に販売する場合は運搬用の作業道を付けたり
する必要があるので、収入として2~3百万円もあれば御の字で、数十万円くらいがせいぜい
という感じもしますが、いずれにしろ実際の状態を見てみなければ正確にはわかりませんね。

山での木の値段はこんなものですよ。

Q相続税:いらない土地の処分方法

父が山に土地をもっています。
固定資産税もかかっていない土地です。
利用価値は全くなく、父にとって必要の無い土地です。

ところが父が相続時にはこんな土地にも相続の評価額が結構つくと
いうので、父の相続人の私としては今から危惧しているところです。

この場合、いらない土地を国に寄付することなど出来ないのですか?
相続税を払うための土地ならば必要が無いので。
どなたか対応策のご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

固定資産税が非課税なら(保安林に指定されている場合以外)評価額は10万以下、非常に高くても数十万です
相続税に影響するほどの要因にはなりません

寄付したいのならば、寄付の申し出をすれば良いのですが、普通は寄付受入を断られます

Q山林の相続で困ってます

数名で相続する場合、相続した土地を売るのではなく、売ったと仮定してその金額を、私が直接ほかの相続人に支払って、土地はすべて私が相続するということは可能なのでしょうか?
もし可能なのであれば、どうしたらよいのか、教えてください。

突然祖父が亡くなって、山林を相続することになりました。とは言っても、私だけではありません。父方の祖父なのですが、父が4人兄妹だったため、相続には、叔母や叔父も絡んできます。父は祖父が亡くなる半年前に亡くなりました。祖父の意志では、私にという思いがあったようですが、遺言書などの公的なものは残っていません。権利書は私の手元にあります。
私は、この山を売却したくはないのです。しかし、叔父や叔母は売却して現金を等分に・・・と考えているよう。それが当たり前なのかもしれませんが、祖父との唯一の思い出の場所なので、私は残したいと思っています。まったく何もわからないので、どなたか良い知恵をお借りできればと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には

・土地を分筆し、それぞれをそれぞれの相続人に名義変更する。
・全員が相応の相続税を払う。
・質問者さんがすべて買い取り、自分に名義変更し、土地を1つに合筆する。
・売却した全員は、相応の短期譲渡所得の税金を払う。
・買い取った質問者さんは、不動産取得税を払う。

と言う流れになりますが、相続と、名義変更のたびに「評価額相応の税金」を払わねばなりません。

これでは税金が無駄なので
・全員に相応の現金を贈与し、遺産相続協議に納得してもらう(贈与を受けた者は贈与税を払わねばならない)
・質問者さんが一人ですべての土地を相続し、相応の相続税を払う
でも構わないでしょう。

以下、蛇足。

もし「土地の評価額が、土地の実状価格の何倍も高い」という土地だと「土地を相場価格ですべて売却しても、相続税を払い切れない」と言う事が起きる場合があります。

例えば、路線価に基いた評価額が坪20万で1700坪だと、評価額は3億4千万です。ここから基礎控除の「5千万+1千万×相続人数4人=9千万」を引いて「2億5千万」になり、これに40%が課税されます。

すると1億円が税額で、700万の控除を受け、9300万円の相続税を払う事になります。

ここで「9300万円の現金が用意できない」なら「土地を売って、売ったお金で納税する」しかありません。

もし、土地の実状売買価格が坪5万円だと、全部売っても8500万円にしかならず、誰かにもう800万円借りて、9300万円を納税する事になります。

相続税を「土地で物納」しても良いですが、その場合の価格は「実状売買価格」で計算するので、誰かに売るのも物納するのも同じです。

これは極端な例ですが「相続すると、800万円の借金が出来るだけで、土地が残らない」です。なので、こういう場合は「相続放棄をして、借金を作らずに終らせた方が得」です。どうせ「土地は残らない」のですから。

山林の場合、土地の税評価額と実状売買価格に開きがある場合があるので、よ~く調べて「借金だけ残って、あとは何も残らない」なんて事が無いようにして下さい。

基本的には

・土地を分筆し、それぞれをそれぞれの相続人に名義変更する。
・全員が相応の相続税を払う。
・質問者さんがすべて買い取り、自分に名義変更し、土地を1つに合筆する。
・売却した全員は、相応の短期譲渡所得の税金を払う。
・買い取った質問者さんは、不動産取得税を払う。

と言う流れになりますが、相続と、名義変更のたびに「評価額相応の税金」を払わねばなりません。

これでは税金が無駄なので
・全員に相応の現金を贈与し、遺産相続協議に納得してもらう(贈与を受けた者は贈与...続きを読む

Q山の土地(祖父名義)手放したい

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
健在ですが70過ぎになるので、
そろそろ、祖父名義の土地を相続人でなんとかしてもらいたいと思ってます。

売るにも売れそうにない土地です。
名義を父の名義にしてもらい、隣人の人に売るか
国に返すかして欲しいですが、
国に返すのにかかる費用はどれぐらいでしょうか?

どんな手続きが必要となりますか?
また、返すにもお断りされてしまったら、
永遠と、固定資産税をはらいつづけなければならないのでしょうか?

父が亡くなった時、私は祖父の土地の代襲相続人になると思います。
祖父の土地のみ放棄し、父の相続(家と土地)を相続する事は可能ですか?

まず、今しておくべき事がなんなのかわかりません。
教えていただけると助かります。

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
...続きを読む

Aベストアンサー

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人によっては、親の財産を残すのが子供の義務と考える人がいれば、引き取るかもしれません。そして売却を考えるにしても、共同で売却するのか、誰かが相続したうえで売却するのかも重要でしょう。
可能であれば、今まで税負担を長期間してきたお父様が相続して売却し他方が良いようにも思います。しかし、お金が得られることを一人だけにすることを不満を感じる人もいるかもしれません。その場合には、共有名義などにして売却するとか、売却などの一切合財を任せてしまい逃げることができるとしてあきらめるかなどは、お父様次第でしょう。

現在の状況は、登記簿上の名義は祖父であるが、法律上の権利者はお父様を含めた相続人全員の共有状態となるでしょう。このままでの売却は難しいため、名義を確定させるのです。
お父様がすべてをということと反対者がいるというような状態であれば、時効取得などを含めた裁判所の介入が必要でしょうね。

今までの隣地の協力等を考えれば、無償で隣地所有者に渡してしまうことを決めても悪くないかもしれません。だって、隣地所有者からすれば所有や管理する人が変われば、今まで通り自由にできないわけですからね。

売却できなければ、どこかへ寄付するとかを考えなければなりません。しかし、役所も利用用途がない土地の寄付は受けないことでしょう。あなた方と同様にタダでもらっても、維持費用を考えればもらっても困るという判断をすることでしょう。となれば、次の所有者を頑張って見つけるしかないのです。
土地のある場所の近隣の不動産屋などにも相談されることですね。もしかしたら、その土地の周辺の区画整理等が予定されていれば、買い手がつくかもしれませんからね。現状だけで判断もできませんからね。

このまま、お父様が亡くなるようなこととなれば、相続の相続(代襲相続ではない)として、あなたも権利者の一人となり、解決するためには叔父叔母などと交渉する立場になってしまうことでしょう。親族関係の問題で上下関係のある間柄では、交渉もしづらくなることでしょうね。
お父様の相続で土地の権利だけを放棄するようなことは認められません。放棄するのであればすべての財産を放棄するしかありませんからね。

不動産登記・相続の問題でしょう。ですので、司法書士や弁護士が専門家となります。
それぞれの考えなどをまとめ、手続きが必要な話です。さらに売却が絡めば第三者とのやり取りもあります。専門家に相談の上で、みなさんが納得できるように計画を考えるべきでしょう。

持ち続ける限り、固定資産税の負担が必要です。ただ、お父様だけが負担しなければならないものではありませんので、よく相談されるべきでしょう。

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング