痔になりやすい生活習慣とは?

1月に、温州みかんにマシン油をかけようと思いますが、樹にはまだ果実がなっています。
果実をすべて収穫してからマシン油をかけるのでしょうか? それとも果実にマシン油をかけてもいいのでしょうか?
みかんは出荷はしていません、自宅で食べるのみです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物


で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべきです。

カイガラムシの駆除で使用されるのは問題ありませんが、今の時期に散布
してもマシン油が無断になるだけです。
マシン油がカイガラムシに付着するとカイガラムシは窒息しますが、今の
時期はカイガラムシは体内に固いロウ状の膜を持っていて、全ての薬剤を
寄せ付けなくなっています。カイガラムシの表面にはマシン油は付着しま
すが、体内に浸透しないため死ぬ事は無いと言う事です。
確実な時期は春先の、少し気温が上がって暖かくなった頃です。今は休眠
していますから、動く事(肉眼では見えませんが、微妙に動いています)
も冬場はしませんので、使用するなら休眠期以外に行う事です。

全ての薬剤は、収穫時期には使わない事が鉄則です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

マシン油は厳寒期にかけるものだと思ってました。
春さきにかけるることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/22 09:31

厳寒期を避けて、果実を収穫してから3月に散布すればいいです。

ヤノネカイガラムシやハダニには極めて有効ですので散布してください。

マシン油乳剤には冬用の95と夏用の97/98(精製マシン油)があります。夏用の方が薬害が軽いので夏用をお勧めします。希釈倍率はそれぞれで違うので薬の説明を読んでください。

果実に散布すると果実にてかりが出て商品価値がなくなるので散布しません。自分の家で食べるにしても明らかに農薬が付いているのがわかるのですから、普通は食べる気なくします。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

3月にかけることにします。
マシン油は樹やムシが休眠している厳寒期にかけると勘違いしてたので、目からウロコです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/22 09:35

ミカンが開花した後実が生長します


花が終わって実にカイガラムシがつき始めたら散布します
梅雨入り後は散布しても効果がありません
梅雨明けから糖度が上がるのでカイガラムシの駆除を行います
秋になるとカイガラムシは繁殖しなくなるので実への散布はしません
葉に付くと煤病の原因になるので適宜散布します
枝も養分を取られるので適宜散布します
煤病は実際には病気ではなくカイガラムシの糞が付いて黒くなり光合成が妨げられるのです
煤病になると糖度が上がりにくくなります
    • good
    • 6
この回答へのお礼

花が終わって梅雨までの間なら、5月下旬頃ですね。
3月と5月下旬に散布することとします。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/22 09:41

マシン油系殺虫剤のことですね


枝に付いたカイガラムシや新芽や若葉に付いたアブラムシを駆除するのに噴霧します
また結実した後果実に付いたカイガラムシの駆除にも使います
開花期や成熟期以後は使用しません

マシン油を灯油で極薄く希釈して虫に噴霧します
虫を油膜で包んで窒息させる無毒の殺虫剤です
    • good
    • 8
この回答へのお礼

はい、debukuroさんのとおりです
みかんの樹の天敵、カイガラムシを駆除するためにマシン油剤をかけたいのですね
みかんの果実は収穫時期が11月~2月くらいまでと長く、寒い時期にかけるマシン油と時期がだぶるので、実にかけていいのか悩みます
果樹栽培の本にも記載がありません
みかんを栽培しておられる方、どうしておられますか? ご教示ください

お礼日時:2011/01/07 23:41

かけるのは自由ですが、目的が不明です。

病害虫の駆除なら農薬だし、肥料でもなさそうですね。
果樹にそのような物をかけることは聞いたことがないので、目的を教えて下さい。
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石灰硫黄合剤かマシン油乳剤か。

松葉ふるい病で弱っている松も含めて、桃、たちばなに
農薬散布したいと思います。

弱っている松にはかけないほうがいいという意見もあり、
また、全部にかけてしまったほうがいいと言う意見もあります。松は冬前にマコをやり、だいぶ枯れもおさまってきたようです。

においと腐食がきつい石灰硫黄合剤をかけるべきなのか、
石灰硫黄合剤を3回かけるところを1回ですむが弱っている木にかけないほうがいいマシン油乳剤にすべきなのか?
悩んでいます。

農薬散布はやったことがないので、注意点も教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>農薬散布したいと思います。
マシン油乳剤を使用する目的は何ですか?病気の防除を目的に松に散布しても効果ありません。
葉に寄生するダニやカイガラムシ、アブラムシのような微弱な昆虫を窒息死させる目的で使用される薬剤で、ダニが間接的な原因で起こるサビ病などをのぞいて病気には直接的な効果がありません。落葉樹に使用すると窒息で落葉を招くため、葉の出ている時期は使用できず、散布時期は冬が最適です。
常緑樹には秋から春にかけて使用可能ですが、植物の活動が活発なときは葉が黄色に変色することもあります。

石灰硫黄合剤は殺虫性も殺菌性もありますが、強いアルカリ性のため他の種類の薬剤と併用すると変質するため、使用する場合は他の薬剤と間隔をあけてください。

臭いが気になるのでしたら幅広い病気に効果がある銅剤やダイセン水和剤などを使用してはどうですか?
木に副作用などが無く毒性も低いため使用法が難しくないのが利点です。ただし銅剤のなかでも無機銅剤ははアルカリ性なので併用できない薬剤もあります。

Q農薬、スミチオンやマラソンについて教えてください。

  庭で毛虫が大発生して困っています。
スミチオンやマラソンが効くと教えてもらったのですが、この薬の違いは何なのでしょうか。
毛虫に直接散布するとすぐに死ぬのでしょうか。
薬の長所や効果を発揮するまでの時間や、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺菌&殺虫剤)及び除草剤にも有効です。
スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。

スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺...続きを読む

Qかんきつ類のハガグレガ(えかきむし)の駆除

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モスピランの水溶剤(粉末剤)を購入して来春に備えているのですが、

そこでお聞きしたいのは
1)スミチオン、マラソン剤はハガグレガには効果がないのか。
 (私の駆除方法に問題があったのか)
2)モスピランを使用するときの注意点は。
3)根元にまく(埋める)オルトラン粒剤は、ハガグレガに有効か。
4)根元にまく(埋める)モスピランの粒剤をホームセンターで見たのですがこれは有効でしょうか。
いろいろな薬剤を同時に使うとどれが有効だったのか分からなくなって困るかなとも思いまして。
ご助言頂ければ幸いです。

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モ...続きを読む

Aベストアンサー

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、良く見ると濃い茶色の糞が見えるかも知れません。

農薬の使い方は、使用説明書をしっかり読んでください。以下の項目の組み合わせで表示されています。

作物名・適用害虫名・使用量・使用時期/総使用回数・使用方法

ここでは作物名「かんきつ」と適用害虫名「エカキムシ」または「ハモグリガ」などの組み合わせが記されている農薬を選びます。

目的の組み合わせが表示されていなければ、適用外ということです。効果や副作用について実績が無いので、使えません。
有効成分が同じでも、メーカー、剤型が違うと別の農薬です。同じように思えても、記載がなければ適用外になります。

その農薬の適用害虫については、個々の製造(販売)者に使用説明書をメールやFAXで送ってもらい、確認してから使ってくださいね。

なお、都市部だと市役所などの緑化関係の部署で、こういう相談に答えるダイヤルや相談会を持っていることが多いです。
郊外で農協があれば、やはり同じような相談窓口があると思いますので、そこに聞くと良いと思います。

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、...続きを読む

Qミカンの葉が縮れてます。どう対処すべきでしょうか。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当にハダニなのかわかりません。対処法を教えていただけないでしょうか?少なくともここ2週間以内に発生したのは確実です。

ミカンの種類は桜島小みかんで、鉢植えで育てています。

今のところは殺虫剤をまいてみました。あと今日は遅いので明日以降やろうと考えていますが中心部分は生い茂っていて空気があまり通らない状態ですので剪定しようかと思っています。剪定もやるべきですよね。


あともう一つ質問ですがすさまじく萎れている部分を切ったのですがそれを近所のホームセンターか花屋に持って行って何の病気か害虫かどうか聞くのはいいのでしょうか?

この状況のみかんへの対処法に関して、情報提供どうかよろしくお願いします。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当...続きを読む

Aベストアンサー

間違いなくミカンハダニの仕業です。要は剪定をしないため通気性が悪く
なったのが主な原因です。ミカンの木を見て、全体的に葉が生い茂ってい
るように見えませんか。そうであるなら、剪定を怠っている証拠です。

アクテリック乳剤に展着剤(ダイン)混ぜ、それを噴霧器で葉の裏表や、
幹や枝に十分に噴霧して下さい。1回だけでは効きません。10日置きに
2~3回繰り返すのがコツです。

冬場に枝抜きを中心に、剪定を行う事も必要です。

肥料不足は病害虫の被害に遭いやすいので、施肥時期が来たら必ず施肥は
行って下さい。

ホームセンターでは分かる人は居ません。ホームセンターは売るだけの所
と認識して下さい。花屋でも同じです。草花に関しては知識があるでしょ
うが、果実に関しては知識は持たれていません。

今回の場合はミカンハダニで間違いありませんから、別に聞きに行かれる
必要は無いと思います。画像の枝を持参しても答えられる人は居ないでし
ょう。害虫被害は害虫が付いていないと答えられません。

Qカイガラムシ対策・薬の散布のコツを教えてください

鉢植えのクチナシに白いふわふわしたカイガラムシが、同じく鉢植えのキンモクセイに茶色くて固いカイガラムシがついてしまいました。
水で飛ばしたり、こそげ落としたり格闘中です。

実家にスピンドロンというマシン油乳剤がありました。
実家でも詳しい使用方法がわからない、と言われたのですが、
マシン油がカイガラムシに効くというので、使用してみようと思いました。

希釈して散布するというのはわかったのですが、ただ全体的にシュッシュッとスプレーしていいのか、どこか狙い目があるのか、具体的な散布方法がよくわからずにいます。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

特に注意書きの無い物は全面散布問題ありません。但し、薬剤に因り薬害が出ますので、ボトル容器等裏面を確認し、濃度、施用間隔等注意してください。他の庭木照葉樹等は展着剤等の添加が必要です。

石灰合剤とマシン油の使い方最後の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/byouki.html
クチナシにカイガラムシ
http://www.pref.nara.jp/nogyos/nousou/QA/51kuchinashi.htm

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Q葉が黄変する

みかんを鉢植えで栽培しています。全部で5,6鉢ありますが、そのうち1,2鉢が木全体に葉が黄変してきました。水が不足しているのかと思ってここ2,3週間頻繁に水遣りをしていますが、改善しません。枯れているわけではないのですが、気になります。何か原因があると思うのですがわかりません。参考に近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

Aベストアンサー

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているようなものです。

全ての農薬が悪いわけではありません
病気になったら素直に薬を飲んで休み、体力の回復をもって病気に打ち勝つしかないのです。

※今回の件は、肥料をやる事
鉢の少ない土に含まれてる栄養を食べてる雑草を取ることです。

地植えならみかんの木は栄養を求めて根をドンドン伸ばしていきますから無肥料でも栄えます。
栄えていれば病気を寄せ付けない体力も備えてるから大事にも至らないのです。
そうなれば無肥料、無農薬でも育てていけますが、毎日観察して早期に病気を見つけ悪い部分の枝を落としたりしないと農薬を使って木を守るか他の木に移らないよう木を処分するかの二者選択をする事になります。

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているよ...続きを読む

Qかいよう病に効果のある農薬

現在、柑橘園でかいよう病が多発しております。
ボルドーやコサイド、アグリマイシン等の農薬がありますが
これよりも効果の高い農薬をどなたかご存知ありませんか。
ボルドーなどの銅剤はクレフノンが雨で流れると
薬害を生じるためあまり使いたくありません。
防除回数も増えると思いますので良い薬を探しています。
ひどい圃場ではすでに実に付き始めています。
落葉も確認できてますので、出来るだけ
はさみで摘み取り焼却処分する予定です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かいよう病に効く農薬はそう多くありませんが、とりあえずカンキツ類に効果のある薬剤をいくつか上げておきます。

カッパーシン水和剤  無機銅+カスガマイシン(抗生菌)
アタッキン水和剤   トップジンM+ストレプトマイシン
アグレプト水和剤   ストレプトマイシン

こんなところですが、いずれにしても多発しているようですので、一剤だけでの防除では難しいと思われますから、最初の防除から10日ほど間隔を空けてから別の薬剤を散布する事をお勧めします。
一度お近くの農協、農薬販売店、普及所に相談されてみてはいかかがですか。

Qみかんの育て方を教えて下さい

2ヶ月ほど前にみかんの苗を植えました。ところが、ちゃんと育ってないみたいのです。新芽が出てきてないのです。いまのところ枯れてはいないのですが。肥料が足りないのでしょうか?隣の畑のは順調そうです(1-3年ほど前に植えられたもの)。鶏糞があるのですが有効でしょうか?また、米ヌカも作物に良いと聞いたのですが、みかんにあげても良いでしょうか?ちなみに、当方滋賀県に住んでおります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

2ヶ月たっても、ミカンの木は変化がないのですね?
新葉が出ないときは、根もあまり出ていないはずです。
ミカンの根本の土をちょっと掘り返してみてください。
たぶん、土が乾燥しすぎているか、または、土が加湿になっているか、どちらかだろうと思います。
もしくは、植えた時が、雨あがりではなかったですか?ぬかるんだ土を掘り起こして、苗を植えるとなかなか根が伸びません。
ミカンの苗木を植えるときは、穴を大きめに掘り、ミカンの苗木をおき、埋め戻す土に、堆肥・リン酸・少しの肥料(多くは必要ありません)を混ぜて、土をかぶせることが多いです。
最初は、根が張っていないので、水を頻繁にやります。
根が出て、新葉が出てから、肥料をやります。肥料は有機肥料、化成肥料などいずれかをやります。
鶏糞は、今はやめておいた方が無難です。鶏糞は完全に発酵していないので、土にやると、その状態で発酵を開始します。発酵するときに、根に有害なものがでます。やるなら、ミカンの苗木から、1メートル以上あけたところに将来の肥料としてやりましょう。また、ミカンの木がおおきくなって、ミカンを成らす時期がきたら鶏糞はやめましょう。酸っぱいミカンになってしまします。
また、米ヌカは、鶏糞と同様、発酵していないので、今はやめておきましょう。
ミカンが大きくなるとやっても問題ないでしょう。米ヌカはリン酸が主体なので、ミカンの味・色をよくしてくれます。

今の状態が続くと、ミカンの葉が落ちてしまうおそれがあります、とにかく根が伸びていない理由を突きとめることです。

こんにちは、

2ヶ月たっても、ミカンの木は変化がないのですね?
新葉が出ないときは、根もあまり出ていないはずです。
ミカンの根本の土をちょっと掘り返してみてください。
たぶん、土が乾燥しすぎているか、または、土が加湿になっているか、どちらかだろうと思います。
もしくは、植えた時が、雨あがりではなかったですか?ぬかるんだ土を掘り起こして、苗を植えるとなかなか根が伸びません。
ミカンの苗木を植えるときは、穴を大きめに掘り、ミカンの苗木をおき、埋め戻す土に、堆肥・リン酸・少し...続きを読む

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング