父が他界して、母と長男(子供は私だけ)で遺産分割協議書によって不動産をそれぞれ相続しますが、登記申請書に添付する相続関係説明図の「相続人」と「分割」の記入に悩んでいます。

被相続人の父は不動産を仙台市と東京に所有しており、母が仙台市、私が東京の不動産をそれぞれそれぞれ相続して、登記申請を出す場合に、私は東京へ登記申請を出しますが、その場合の説明図は母が「分割」で私が「相続人」と記入して、母の仙台市への申請の場合は逆に記入でよろしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

----------------------------


被相続人□□□□相続関係説明図   作成者 □□◆◆<印>

本  籍
登記住所
最後住所
出  生 何年何月何日
死  亡 何年何月何日
被相続人 □ □ □ □      住 所
       ∥          出 生 何年何月何日
       ∥------長 男 □ □ ◆ ◆(相続)   
       ∥
妻    □ □ ◇ ◇(遺産分割)
住  所 
出  生 何年何月何日

        相続証明書及び住所証明書は還付した
----------------------------

上記内容をA4縦書(又は横書)形式で作成、
その相続財産を取得する相続人氏名の下に(相続)と記載、
取得しない相続人氏名の下に(遺産分割)と記載すれば、
ワザワザ「相続人」の記載までは要しません。

なので、仙台分では御母様氏名(相続)、アナタ様氏名(遺産分割)、
東京分では御母様氏名(遺産分割)、アナタ様氏名(相続)
となりますので、2種類(仙台用・東京用)の相続関係説明図が必要です。

あと、余談ですが
登記住所(登記簿に記載されている御父様住所)と
最後住所(御父様がお亡くなりになられた時点の住所)とが同一の場合には、
両方併記する必要はなく単に「住所」として一つ記載すればOKです。

また、登記住所と最後住所とが相違する場合には、
住民票除票や戸籍附票にて、その間の住所異動の経緯を明らかにする必要があります。

なお、作成者欄の押捺は原則不要ですが、
申請後に相続関係説明図の中で訂正箇所などが生じる事もありますから、
その際には作成者欄に押捺した上で訂正箇所に訂正印押捺の運びとなります。

以上、余計な事もカキコミましたが
少しでもヒントになれば幸いです^^
    • good
    • 0

法務省に案内があります。


「分割」とは、不動産を相続しない方を指します。
現金や通帳をもらうと決めた人です。
「相続人」とは、不動産を登記する方を指します。
登記申請書に「相続人」として記載する人です。

あなたの場合は、お二方とも不動産を相続されるようですので、「相続人」になります。
分割協議書に、この不動産は誰、こっちは誰が相続する、と書いて提出すれば良いと思います。
別の法務局に提出する場合は、「謄本」を添付して提出すれば、原本は帰ってきます。

書類の見本を作って、お近くの法務局に相談すれば確実です。
相談員がおられ、気軽に答えてくれます。
私は2回相談し、3回目に申請書を提出しました。
受け付けた後は、修正箇所は法務局で訂正していただき、届け印を持参し訂正印をおして終わりました。

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税 発生しないときは申告不要?

昨年、預貯金7000万・土地借地権3000万を7人で相続しました。相続人が7人なので1億2000万までは相続税がかからないということですが、相続税の申告そのものもしなくて構わないのでしょうか?
土地借地権売却に関しての譲渡所得税の申告は、今年2月に済ませてあります。
今更ですが、預貯金の相続分600万(私の分)は、所得として譲渡所得税の申告時に申告すべきものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

>相続税の申告そのものもしなくて構わないのでしょうか?

相続財産が基礎控除以下の場合は相続税が発生せず、申告の必要もありません。

>預貯金の相続分600万(私の分)は、所得として譲渡所得税の申告時に申告すべきものだったのでしょうか?

譲渡所得税と相続税は違う種類の税金なので「譲渡所得税の申告時に申告」する必要はありません。譲渡所得税の申告をきちんと行っていらっしゃるのであれば問題ありません。

Q父が他界し6年前に亡くなった弟の家族と断絶状態で遺産分割協議書が作成できず困っています

父が他界し、相続登記の為、遺産分割協議書を作成しようとしていますが、一つだけ問題が起こっています。

私は、5人兄弟の長男ですが、6年前に一つ下の弟が亡くなっています。亡くなった弟の家族は妻(45歳)と子供二人(25歳と23歳)です。
ただこの家族(特に弟の妻)とは以前から色々と確執がありほぼ断絶状態でした。弟が亡くなってからはまったくと言って良い程です。
今回の件で連絡をとってみましたが、文面での返事があり、「そちらとは断絶状態に有りそう言った事案には一切関わりたくないし、印鑑も押すつもりもない」との事でした。
先方の主旨がよくわからない文面ですが、こちらとしてもあまり関わりたくない状況です。

ご質問は、こう言ったケースの場合、亡くなった弟の家族に対して法的手段で相続放棄をさせる事が可能でしょうか?

宜しくアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

相続放棄という制度を強制的に利用することはできませんが、相続手続きは可能です。

相続人の一部が話し合いに応じない場合は、家庭裁判所に遺産分割協議調停の申し立てを行います。そうすると、相続人に調停へ出席するように呼び出しがあります。この呼び出しに応じない者がいる場合、調停不成立ということで、次は、遺産分割の審判(裁判)になります。

裁判になった場合、一部の相続人が出廷しない場合でも、裁判官が法定相続分に基づいて適宜調整し、決定(判決)を出すことになります。

法定相続分については、出廷しないからといって取り上げることはできませんから、最終的には、弟の子に対しては、相当額のお金を払うという形の決定にもっていくことになると思います。

相手が出廷して、不動産をよこせといってくれば、事情は変わりますが・・・

Q相続税で土地、不動産、現金を相続した場合、相続税を支払った後、もらった資産についての確定申告のことを

相続税で土地、不動産、現金を相続した場合、相続税を支払った後、もらった資産についての確定申告のことを教えて下さい。


相続人が配偶者以外2人の場合、話し合いで相続分与を決めてよいのですよね。
相続税が発生しない金額の場合も確定申告は必要ですか?また、相続税ご発生する場合は相続税を支払い、確定申告をして追加でさらに税金を払い、次の年には、市県民税や健康保険も高くなると聞きました。例えば1000万を現金で相続した場合と、土地が1000万の場合とでは、どう違うのですか?

Aベストアンサー

>相続人が配偶者以外2人の場合、話し合い
>で相続分与を決めてよいのですよね。
『配偶者以外2人』に限らず、自由に決めて
よいです。

>相続税が発生しない金額の場合も
>確定申告は必要ですか?
相続税が発生したとしても確定申告は
必要ありません。

>相続税ご発生する場合は相続税を支払い、
>確定申告をして追加でさらに税金を払い、
>次の年には、市県民税や健康保険も高く
>なると聞きました。
いいえ。誤解です。そんなことはありません。

所得税、住民税が発生する、健康保険料が
上がるケースとしては…
①不動産を相続し、それを売ったら、故人が
 買った時より儲かった場合。

②相続した不動産を賃貸等していて、不動産
 収入が相続人に入ってくる場合。

③同様に株や投資信託等を売却して、
 儲かった場合。

④株や投資信託を相続して、配当所得等を
 発生した場合。

つまり、相続したもので、その後儲かれば
別に税金が発生します。
ですから相続とは別の話です。

>例えば1000万を現金で相続した場合
>土地が1000万の場合とでは、
>どう違うのですか?
上述の①や②が土地の場合、発生することが
ありえますね。

また、土地は現金ではないのですから、
相続税をそこから払うことができません。

さらに土地なら固定資産税を払う必要が
出てくるでしょう。

それは相続とは関係ない話です。

被相続人(故人)がやっていたことを
受け継ぐことになるだけだったり、
現金化したら、以前より高く売れて
儲かったりしれば、税金はかかります。

少なくとも相続で、所得税や住民税や
健康保険料がかかるというのは誤解です。

>相続人が配偶者以外2人の場合、話し合い
>で相続分与を決めてよいのですよね。
『配偶者以外2人』に限らず、自由に決めて
よいです。

>相続税が発生しない金額の場合も
>確定申告は必要ですか?
相続税が発生したとしても確定申告は
必要ありません。

>相続税ご発生する場合は相続税を支払い、
>確定申告をして追加でさらに税金を払い、
>次の年には、市県民税や健康保険も高く
>なると聞きました。
いいえ。誤解です。そんなことはありません。

所得税、住民税が発生する、健康保険料が
上がるケース...続きを読む

Q第1次相続が未分割のうちに第2次相続が発生した場合の遺産分割協議の仕方について教えてください。

第1次相続が未分割のうちに第2次相続が発生した場合の遺産分割協議の仕方について教えてください。

Aベストアンサー

死亡した相続人の更なる相続人が死亡した相続人に代わって遺産分割協議に参加すればいいだけです。要するに、「特に何か変わるわけでもない」です。人数が増えると面倒臭いとかその程度の話です。

Qこの場合に相続税の申告は必要でしょうか?

この場合に相続税の申告は必要でしょうか?
死亡生命保険非課税限度額は法定相続人1人に500万円とされています

仮に、被相続人の遺産総額が7000万円、法定相続人が2人、死亡保険金が500万円x2人=合計1000万円とした場合、次の(1)と(2)の何れが正しい税務処理方法なのでしょうか?

(1)相続税控除額は7000万円と計算されるので、相続税の申告は行わない

(2)総額8000万円のうち1000万円の死亡保険金は「みなし相続財産として非課税扱い」の申告を   行う

(1)と(2)何れも相続税は発生しない点では結果は同じことですが、(1)申告しないと(2)申告する とでは処理に掛かる費用(特に税理士など専門家に依頼)や手間は大きな違いが出るように思われます

Aベストアンサー

前のご回答と重複しますが、申告不要です。

申告書の提出義務者は、相続税の課税価格の合計が基礎控除額を超え、かつ納付すべき税額がある者に限られます。(相続税法27条1項)

ただし、相続人の範囲や財産の評価が正しいという前提です。また、配偶者の税額軽減等申告要件がある場合は別ですが、ご質問のケースでは関係ありません。

ちなみに、みなし相続財産の生命保険金の非課税取扱いは申告要件ではありません。

従って、ご質問文を素直に読めば申告不要となります。

Q遺産分割協議書と相続関係説明図について

宜しくお願い致します。
相続の対象者がA、B、C、D、Eの5人いるのですが、このうち、C、D、Eの3人は相続しないということになりました。
Aが宅地とそこに建つ建物、Bが田畑を相続することになりました。この場合、

1.遺産分割協議書に「C、D、Eは取得すべき遺産はない。」と書いておけばよろしいのでしょうか?それとも家庭裁判所に申述しておいた方がよろしいのでしょうか?

2.所有権移転登記の際、相続関係説明図も出す予定なのですが、C、D、Eの箇所は「分割」と書いておけばよろしいのでしょうか?ホームページで調べたところ、相続しない人の横には「分割」と書いておくとあったのですが、分割するわけではないのに、本当に分割でいいのかなあと疑問です。

なお、専門家に頼むのではなく、所有権移転登記までしてしまおうと考えています。

Aベストアンサー

 私も司法書士さんに依頼せずに,相続登記を致しました。ネット上に法務省や司法書士の方のページがありますので,それを参考に申請書類一式を取り揃えました。登録免許税などわからないことは,登記所の登記相談コーナーで教えて貰いました。手間はかかりますが,司法書士さんへ報酬を支払うことに比べれば,グンと安上がりでした。
 
 さて,遺産分割協議書ですが,書き方として,「遺産○○は△△が相続する」という書き方と「△△は遺産○○を相続する」という書き方がありますが,どちらでもいいそうです。遺産を相続しない人については「△△は遺産を相続しない」と書いておけば大丈夫です。もちろん,遺産を相続しない法定相続人も遺産分割協議書には署名押印し,印鑑証明書を添付していただく必要はあります。

 次に相続関係説明図ですが,登記申請の際,必ず添付しなければならない書類ではありません。相続関係説明図を添付しておけば,被相続人の戸籍謄本等を還付してくれるということです。つまり作成しなくても良いのですが,あれば便利という書類です。
 相続しない人の横に「分割」と書くそうです。まあこれは一種の専門用語と捉えましょう。法務省からリンクで繋がっている「登記・供託インフォメーション」にも「(分割)とは,同人が遺産分割協議の結果,財産中の不動産を相続しなかったという意味です。」と書かれていますから,「分割」と書いて問題ないと思います。

参考URL:http://info.moj.go.jp/

 私も司法書士さんに依頼せずに,相続登記を致しました。ネット上に法務省や司法書士の方のページがありますので,それを参考に申請書類一式を取り揃えました。登録免許税などわからないことは,登記所の登記相談コーナーで教えて貰いました。手間はかかりますが,司法書士さんへ報酬を支払うことに比べれば,グンと安上がりでした。
 
 さて,遺産分割協議書ですが,書き方として,「遺産○○は△△が相続する」という書き方と「△△は遺産○○を相続する」という書き方がありますが,どちらでもいいそうです。遺産...続きを読む

Q相続税無申告の摘発について

国税庁のホームページをみていたら、相続税無申告事案が1,050例調査されたとありました。通常、相続が発生すると、相続税がかかりそうな人には「相続についてのお尋ね」なるものを送って、申告を促すと聞いておりますが、税務署はどのようにして相続税の無申告者を探しあてるのでしょうか?

Aベストアンサー

役所に「死亡届」が出されると、役所はその情報を税務署に報告します。
税務署は、亡くなった人の土地・建物の登記内容を調査し、その遺産額を計算します。
なので、相続登記(所有権移転登記)がされた、されないに関係ありません。
そして、相続税がかかりそうな人には「相続についてのお尋ね」を送ります。

なお、土地・建物がない、もしくはその遺産額が少なくて、預貯金や現金を多額に持っている場合は把握できないこともあるでしょうね。

Q遺産分割協議と異なる遺産相続はどうしたらよいか

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と言われました。主人の母親には、今までも生活費を毎月5万円仕送りしていて、他に主人の母の借金の肩代わりもしてきました。主人が亡くなってからも、仕送りは続けようと、兄の口座へ毎月振り込んでいます。仕送りは今後も続けていくつもりです。
主人の退職金や生命保険もあったのに、法定相続分を渡さないと、なんだか私が独り占めしているように思われないかなと悩んでいます。名義が全てだから仕方がないのですが、私の給料を生活費に充てて、主人の給料は利率のいい主人の会社の預金にしていたという実情はありました。
やはり、両親の法定相続分にあたる3分の1を主人の兄へ振り込みした方がいいのでしょうか。また、法定相続分といっても、自宅の価値をどのように算定するのかわからず困っていますので、その算定方法も教えていただければありがたいです。

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と...続きを読む

Aベストアンサー

 「遺産分割協議」によって決められた相続人の意志は,法定相続にも遺言にも優先するものですから,協議の済んだ後に,相続人以外の人がとやかく言う筋合いのことではありません。
 ですので,今さら「法定相続分云々」というのは,全くおかしな話なので,相手にする必要は無いと思います。
 純粋に「お母さんに対して,どのような形で援助していくのか?」ということを検討していけば良いと思います。

Q相続税の申告について

よろしくお願いいたします。

複数の相続人がいる場合の相続税の申告ですが、一般に共同で申告を出されることかと思います。
ただ、相続人それぞれが個別に申告を行うこともある申告かと思います。

そこで疑問なのですが、相続税は相続税の総額を算出し、相続人などの相続した財産の金額に応じて按分する計算が含まれていたと思います。個別に申告をした場合、相続人や遺産の内容については、遺産分割協議書などに基づくことから、限りなく漏れなどはないことでしょう。しかし、不動産をはじめとする財産評価においては、考え方や判断により計算方法が異なることもあろうかと思います。
このようなことから、同一遺産で申告をしたとしても、必ずしも納税額の計算が同じ計算方法で進められないこともあるかと思います。

相続人が個別に申告を行い、その計算方法などで個別の判断が分かれるような申告となってしまった場合には、税務署はどのように取り扱うのでしょうか?
個別にみて計算が合っていれば、問題にしないのでしょうか?

税理士の方、税務に詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非公開株式の評価額、不整形地の評価額、広大地か否かの判断などで、相続財産評価額は「誰がやっても同じ額になる」わけではありませんので、相続人各自が相続税申告書を提出した場合には、当然評価額が異なってる可能性があります。
税務当局としては申告内容を尊重するとともに「誤りは訂正してもらう」態度になるでしょう。

同一不動産を1000万円で評価してる者と800万円で評価してる者がいて、それぞれに相続税申告書を提出してるとします。
すると「相続税総額」が二つ存在することになり「法令の定めに基づいて申告書が作成されてない」ことになりますので、税務署長は職権で更正することになります。

その際に、1,000万円の評価が正しいか800万円の評価が正しいかの判断を税務署長がすることになるのでしょうが、納税者有利の原則から800万円を採用しての更正となる可能性大です。
更正には納付額が増加する「増額更正」と納付額が減少する「減額更正」があります。

更正をする前に、相続人各自から事情を聞くことは必ずするでしょう。
例えばAは税理士作成の申告書で、Bはそうではない申告書でしたら、財産評価額はAの申告書のものが「より信頼できる」でしょう。しかしBの評価にもそれなりの理由があり、法令で認められてる評価であるならBの評価が採用されるべきです。税理士が作成したから、その評価が絶対だということはないからです。
現実には相続税申告書は素人では手に負えないところがありますから、両者ともに税理士に依頼して財産評価と申告書の作成提出を依頼してるケースになろうかと存じます。

国税当局は、両方の税理士に「評価額が異なってるが、税理士同士で話あって同額の評価にしてくれんか」と持ちかけると思います。
結果としては「評価額の小さい方を選択する」はずですので、税理士を通して「更正の請求」がされることのなると思います。
評価額の高い方を選択せよという指導は、税務署では(この段階では)できませんので、修正申告書提出の指導はされないはずです。

以上は遺産内容が同一のケースで、なんらかの事情で相続人各人が相続税申告書を単独で提出した場合に財産評価額が異なっている場合の話です。
 財産評価額については、「税理士が複数人で評価したら、それぞれ違う額が出る」不動産もあります。不整形地だとかがけ地だとか賃借権が付いてるとか、面積に路線価をぶっかけたら価格が出るという単純なものではないからです。
 路線価評価で2千万円の土地が評価で500円(500万円のうち間違いではありません)というケースもあります。
 現実の土地を見て評価額を比べあうという「評価勉強会」をしてる税理士も存在してますので「「人によって異なることはないはず」という意見は、現実を知らないご意見だと感じました。

非公開株式の評価額、不整形地の評価額、広大地か否かの判断などで、相続財産評価額は「誰がやっても同じ額になる」わけではありませんので、相続人各自が相続税申告書を提出した場合には、当然評価額が異なってる可能性があります。
税務当局としては申告内容を尊重するとともに「誤りは訂正してもらう」態度になるでしょう。

同一不動産を1000万円で評価してる者と800万円で評価してる者がいて、それぞれに相続税申告書を提出してるとします。
すると「相続税総額」が二つ存在することになり「法令の定...続きを読む

Q相続関係図と遺産分割協議書

3年前に父を亡くし、昨年母を亡くした二人兄弟です。
父名義の不動産(建物)があり、母名義の不動産(土地)があります。父が死亡時、遺産分割協議書は作成せず、登記未了の状態です。
母が死亡したので、このたびに父、母名義の不動産を私の名義に登記変更しようと思っています。
弟は不動産はいらないということなので、特別受益による相続分なしでいいという了承を得ています。

過去に似たような質問がありましたが、父の遺産については、兄弟二人と母の相続人として兄弟で遺産分割協議書を作成。母分については、兄弟で遺産分割協議書を作成との解答がありました。

遺産分割協議書を二つ作成するということはわかるのですが、特別受益による相続分なしの証明書を作成した場合(父の遺産分と母の遺産分の二つ)でも、遺産分割協議書は作成しなければならないのでしょうか?
また、作成しないでいい場合、相続関係図は被相続人は父でしょうか?
母でしょうか?それとも二ついるのでしょうか?

また、遺産分割協議書を二通作成しなければならない場合の相続関係図はどのようになりますでしょうか?(父の相続関係図には相続人母死亡、相続人私、相続人弟と記入するのでしょうか?)

相続人については戸籍謄本等、役所より取得済みで、あとは相続関係図と必要であれば遺産分割協議書を作成できれば相続登記ができると思うのですが、今回の部分で詰まってしまいました。
文章が長くなり申し訳ありませんが、専門家様からの良きご返答をお待ちしております。

3年前に父を亡くし、昨年母を亡くした二人兄弟です。
父名義の不動産(建物)があり、母名義の不動産(土地)があります。父が死亡時、遺産分割協議書は作成せず、登記未了の状態です。
母が死亡したので、このたびに父、母名義の不動産を私の名義に登記変更しようと思っています。
弟は不動産はいらないということなので、特別受益による相続分なしでいいという了承を得ています。

過去に似たような質問がありましたが、父の遺産については、兄弟二人と母の相続人として兄弟で遺産分割協議書を作成。母分...続きを読む

Aベストアンサー

特別受益証明書を作成すれば、遺産分割協議書は必要ありません。
下記のサイトで分かりやすく説明していましたので、参考にしていただければと思います。
相続関係図の問題ですが、ご質問のケースですと、
(1)まず、お父様の建物につき、法定相続人はお母様、ご自身、弟さんの三名になり、このうち弟さんが特別受益者になる。
登記としては、弟さんの特別受益証明をつけて、お母様とご自身の持ち分二分の一ずつとする所有権移転登記
(2)次に、お母様が相続された建物持ち分と、お母様名義の土地につき、ご自身と弟さんが法定相続人となり、弟さんは特別受益者となる。
登記としては、弟さんの特別受益証明をつけて、ご自身の単独所有とする共有物持分・所有権移転登記
という二つの相続が行われていることになります。
両方をいっぺんにあらわした関係図もつくれますが、相続登記自体も二件にわかれるので、それぞれ別に作る方が分かりやすいかと思います。
その場合、
(1)被相続人 お父様
 相続人  亡お母様
      ご自身
      弟さん(特別受益者)
(2)被相続人 お母様
 相続人  ご自身
      弟さん(特別受益者) 
という形になるかと思います。
私自身、職場を少し離れていますので、不確かな点があるかもしれません。
今は法務局でかなり親切に教えてくれますので、いちど資料を持ち込んで、具体的な書き方等相談されてみてはどうかと思います。
かなりご自身で勉強されてらしゃるので、案外すんなり進むのではと思います。   

参考URL:http://members2.jcom.home.ne.jp/souzoku-hp/page034.html

特別受益証明書を作成すれば、遺産分割協議書は必要ありません。
下記のサイトで分かりやすく説明していましたので、参考にしていただければと思います。
相続関係図の問題ですが、ご質問のケースですと、
(1)まず、お父様の建物につき、法定相続人はお母様、ご自身、弟さんの三名になり、このうち弟さんが特別受益者になる。
登記としては、弟さんの特別受益証明をつけて、お母様とご自身の持ち分二分の一ずつとする所有権移転登記
(2)次に、お母様が相続された建物持ち分と、お母様名義の土地につき、ご自...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報