ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

特許翻訳で実公平○-○○○○○号公報と実開○○○○-○○号の訳しかたがわからず困っています。

以前このサイトで特開平などは次のように訳すと教わりました。

特開平1-2345号公報
Patent Application Publication No. H1-2345

特開昭1-2345号公報
Patent Application Publication No. S1-2345

実開平12-34567号
Utility Model Application Publication No. H12-34567

実開昭12-34567号
Utility Model Application Publication No. S12-34567

実願昭12-34567号
Utility Model Application No. S12-34567

実願平12-34567号
Utility Model Application No. H12-34567

このような形式で実公平○-○○○○○号公報を訳すにはどうすればよいでしょうか?

また、実開○○○○-○○号の場合はどう訳せばよいでしょうか?

どなたかご存知のかた、ご教示願えないでしょうか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

平成5年までは日本では公告という制度が公開制度とは別に設けられていました。

そういう事情を踏まえ、「公開」はunexamined、「公告」はexaminedと明確に区別して訳すことも多いです。

つまり、

実公は、
Japanese examined utility model application publication No.

実開は、
Japanese unexamined utility model application publication No.

として、公告公報なのか公開公報なのかを明確に区別します。でないと、単にapplication publicationとすると、公告公報なのか公開公報なのか分からないですから。勿論、平成6年以降のものなら公告制度がなくなりましたから、examinedかunexaminedかを区別する必要は無くなりましたが。

○○○○-○○か、平12-34567かは、番号部分の表記ですから、西暦表示ならそのまま記載すれば良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。とてもわかりやすい説明でよくわかりました。心より感謝いたします。

お礼日時:2011/02/16 15:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特開平○-○○○○号公報を英訳したい

特開平○-○○○○号公報を英訳したい

特許関連の英訳をしていますと

特開平1-2345号公報
特開昭1-2345号公報
実願平12-34567号
実開平12-34567号
実願昭12-34567号
実開昭12-34567号

といった記述にしばしば遭遇します。これらを英訳するとして、標準的/常套的な形式/表記法はございますでしょうか?

どなたかご存知のかたいらっしゃればご教示いただけますと幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

英訳は以下の通りです。

特開平1-2345号公報
Patent Application Publication NO. H1-2345

特開昭1-2345号公報
Patent Application Publication NO. S1-2345

実願平12-34567号
Utility Model Application No. H12-34567

実開平12-34567号
Utility Model Application Publication No. H12-34567

実願昭12-34567号
Utility Model Application No. S12-34567

実開昭12-34567号
Utility Model Application Publication No. S12-34567

お役に立てば幸いです。

Qa plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻

a plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻訳など)
特許翻訳などで、「複数の~」と言う言い回しの訳としてa plurality ofがよく使用されますが、これは単数扱いでしょうか?複数扱いでしょうか?
私の解釈としては、一群と言う意味合いだと思っていたので、”複数の”でも、
後に来る動詞は単数形を使用するのかと思っていたのですが、調べたところどちらも存在するようです。
例えば、
a plurality of bags is produced.
a plurality of bags are produced.
pluralities of bags are produced.

どちらが正しいのでしょうか?どちらも正しい場合、使い分け方法はありますか?
またpluralityとpluralitiesの違いは?複数形と言うのはわかるのですが、
どちらの意味も「複数の」である場合、解釈がわからず混乱しています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurality of * is - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+is&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

a plurality of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

pluralities of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=pluralities+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurali...続きを読む

Q国内優先出願について

 素人なので特許について詳しい方にお伺いします。
 ある出願を基にして1年以内に国内優先出願ができると思いますが、この場合、「発明者を加えて」国内優先出願することはできるのでしょうか?
企業などでは、1つの製品をグループで開発している場合もあると思いますが、新たにグループに加わった人が改良発明をして発明者となった場合に、
国内優先出願したいときもあると思うのですが、、。
この種の詳しい本があればご教示ください。以上、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

ちょっと誤解させてしまったようですね。失礼しました。

>発明者を加えても削除しても問題ないし、
>さらに、変更してもかまわないということになりますね。

これらについては、特許を受ける権利に関わってきますから、特許庁(方式課)はそういうことにはすごくうるさいですよ。

通常の出願でも、うっかり発明者の記入漏れがあると、あとから追加するのはけっこう厄介だと聞いています。本当に発明者であることを証明することが必要になってきます。削除や変更も同様です。(と言うか、変更は認められないかも知れません。)

また、名前を間違えたりすると、修正にするのにめんどくさい手続が必要になってきます。

具体的なことについては、特許庁の方式課に電話してお聞きになって下さい。

国内優先権主張の場合には、発明者が増えることはごく普通にあり得ることなので構いませんけど、発明者が減るってことは(最初の出願の時のミスでなければ)あり得ないことです。

優先権主張の基礎とされた出願に係る発明をした人は、優先権主張を伴う出願においてその発明が除外されない限り、発明者の欄に記入しなければなりません。

そういうものを発見すると、ちょっと言葉は悪いですけど、目くじらを立てて文句をつけてきます。これは特許法第29条の2との絡みがあるので、当然のことですよね。(その発明者が別会社などからクレームの範囲外の発明を出願するというケースも、絶対に考えられないわけではありません。)

(directhiroさんは素人と仰ってますけどそれは謙遜で、ある程度の知識がおありだと推察しましたので、ちょっと突っ込んだ話をさせていただいてます。)

まあ、社長さんが駄々をこねて自分の名前も発明者欄に加えろって言い出すことはあり得る話ですし、社内では反発できないってこともあるかも知れませんから、発明者であることを形の上で証明することができれば、可能かも知れませんけど、それってやってはいけないことだってことはおわかりですよね。(笑)

ちょっと誤解させてしまったようですね。失礼しました。

>発明者を加えても削除しても問題ないし、
>さらに、変更してもかまわないということになりますね。

これらについては、特許を受ける権利に関わってきますから、特許庁(方式課)はそういうことにはすごくうるさいですよ。

通常の出願でも、うっかり発明者の記入漏れがあると、あとから追加するのはけっこう厄介だと聞いています。本当に発明者であることを証明することが必要になってきます。削除や変更も同様です。(と言うか、変更は認めら...続きを読む

Qapparatusとdeviceの使い分け

技術文献の翻訳をしています。
溶液からある物質を分離するための装置の話なのですが、apparatusとdeviceとが異なるシーンで使い分けられています。
前者は"apparatus suitable for separating ..."というように使われ、後者は"centrifugal filtration devicefor separating ..."(centrifugal filtration=遠心濾過。具体的な分離方法の1つです。)というように具体的なものについて使われています。
辞書を引くと共に装置になってしまいますが、うまく区別が付くような訳語がありませんか?

Aベストアンサー

両者には次のようなニュアンスの違いがあります。

apparatusは具体的な機械・装置といった物体を意味します。

ところが、deviceは、apparatusの意味に加えて、方法・仕組み(ご質問の例で言えば、遠心濾過の方法)といった意味も含みます。

ですから、あえて訳し別ける必要があるのでしたら、例えばapparatusなら「分離装置」と訳し、deviceなら「遠心濾過方式」のように訳せばいかがですか。

Q国際公開公報番号での検索?

以前も似たような質問をしたのですが、国際公開公報第96/17929号をHitさせたいのです。
http://ep.espacenet.com/search97cgi/s97_cgi.exe?Action=FormGen&Template=/ep/en/home.hts
(EPO)
この中で「Advanced Search」で「Priority number:WO19960017929」等いくつかトライしたのですが、上手くHitしません・・・?

ご教示ください。

Aベストアンサー

EPOサイトでは、「Number Search」などで「WO9617929」と入力すればでてきます。

http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=WO9617929

参考URL:http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=WO9617929

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q「少なくともいずれか一つ」という英訳

お世話になります。
英訳で、「少なくともいずれか一つを選ぶ」という表現が出てきました。either, any one of等の使い方にいつも迷うので、教えてください。
上記の場合
(1)choose at least either one of A and B (2つから選ぶ場合)
(2)choose at least any one of A, B and C(3つ以上から選ぶ場合)

(1)は、eitherをつけましたが、助長表現でしょうか?(なくても良い?)また、文法書にはeither A or Bとorを用いた表現が例文として出ていますが、andをよく見かけるのでandを使っています。andでもorでも問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

「少なくともいずれか一つを選ぶ」という表現に「A、B、C」という具体的な選択肢を盛り込んで英訳したい場合、私なら「You have a choice between A, B and C. Choose at least one.」と言いますね。

ちなみに、「少なくとも」と言うからには「(選びたくなくても)必ず(一つは選らば)ないとダメよ」というニュアンスを含んでいることになります。一方で、「either」や「any」には「どれでもいいから」というニュアンスを含みます。なので、どうしても「either」か「any」を使いたいなら「You have a choice between A, B and C. You can choose either of these, but you have to choose at least one.」などと言います。そして「either」は「any」に置き換えられます。

「choose at least either one of A and B」は不自然な表現です。それを言うなら「Choose at least one. A or B?(少なくとも一つは選んでね。A?それともB?)」もしくは「Either A or B. Choose at least one.(Aにするか、Bにするか。少なくとも一つは選んでね)」
ですね。

「choose at least any one of A, B and C」も不自然です。それを言うなら「Choose at least one from A, B and C.」とか、前述のような表現で。

「少なくともいずれか一つを選ぶ」という表現に「A、B、C」という具体的な選択肢を盛り込んで英訳したい場合、私なら「You have a choice between A, B and C. Choose at least one.」と言いますね。

ちなみに、「少なくとも」と言うからには「(選びたくなくても)必ず(一つは選らば)ないとダメよ」というニュアンスを含んでいることになります。一方で、「either」や「any」には「どれでもいいから」というニュアンスを含みます。なので、どうしても「either」か「any」を使いたいなら「You have a choice ...続きを読む

Qロードロックとはなんですか?

論文を読んでいたら、装置の名前の一部に「ロードロック」というのがでてきました。
インターネットで調べたのですが、どうも装置の名前の一部として当たり前のように使われており、ロードロック自体が何なのかよく分かりません。

エッチング装置などに使われているロードロックとは何ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

 その論文の詳細が分かりませんので、間違っていたら
ごめんなさいね。

 ロード(道)をロック(閉める)装置の一般
名称です。具体的にどうゆうものかは装置に
よると思ますが。

 例えば真空蒸着をするとき、サンプルを入れ替えるのにいちいちチャンバー(ケース)を開けて真空を
破っていたのでは効率が悪いので、サンプルを
出し入れするためのチャンバーをもう1つ用意しておき、
これと蒸着用チャンバーを太いパイプで
繋げておきます。

 このパイプの中には外部から操作できる
小さな気密開閉扉(ロードロック)があります。

 サンプル交換用チャンバーにサンプルを入れ、
前のサンプル蒸着中に真空度を上げておきます。

 真空度がある程度上がってから、ロード
ロックを開き、サンプル移動用のアームで、
交換用チャンバーからサンプルを蒸着用
チャンバーに移すといった具合です。
 

QSuite

アメリカからの郵便住所に Suite+数字 がありました
大体、どういうところの表示に使われるのですか?

Aベストアンサー

スイート番号は部屋番号のようなものです。
例えば、オフィスビルでしたら15階の12号室は「Suite#1512」のようになります。
厳密に部屋に区切られていない場合でもユニット番号の意味合いで使用されますが、書かれた住所の建物内の部屋番号と思って良いと思います。

Q「~など」、「~等」の訳

「~など」、「~等」を英語に訳すと様々な訳が可能だと思うのですが、どのように違うでしょうか。

a,b,and others.
a,b,etc.
a,b,and so on.
a,b,and the like.
a,b,or the like.

これ以外にもあると思いますが、これらをどのように使い分ければいいかお分かりになる方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

ニュアンスが少しづつ違うように思います。

(1)a, b, and the like
なんとなく否定的なニュアンスが含まれているような気がします。
日本語でいう「~だの」のような感じです
(例:漫画だのテレビだの)
若しくは「aやb やそんなもの」、と訳せばいいかとおもいます。
日本語でも「そんなもの」というと「そういったタイプのもの」とニュートラルに言っている場合と、「そんな(よくない)もの」というネガティブな意味合いの場合がありますよね?それと同じで、必ずしもネガティブではないんですがそういうニュアンスがある時があります。
(2)a, b, or the like
上記と似ていますが、「aか b、若しくはa, bに似たようなもの」です。
(3)a, b, and others.
これはニュートラルな感じがします。
どちらかというとother xxxs, と言う風に何か名詞をいれて使う方が良いとおもいます。(例:fruits, vegetables, and other foods)
(4)a, b, etc.
これはわりとニュートラルです。
大きなリストを指しそうな感じ、あと事務的な堅い感じがします。
例えば会社のメモにpencils, paper, pens, etc.
とあってもいいんですが口頭やプライベートな手紙などでI like pasta, steak, etc. といったらヘンです。

(5)a, b, and so on
a, b, and so forth
これはa, b と例をあげたらあとは聞き手が似たようなものを想像できるだろう、と思われるような表現に使われる事が多いと思います。
例えば"beer, wine, juice, and so on" といわれればあとに続くのもなにかの飲み物の事だろうな、と思えるといったそういう感じです。
a, b, and so forthはあと物事の進展を指すのにも使われます。
例えば"as you get married, have children, and so forth" といえばその後の出来事を指すんだろうな、というわけです。

あと、(1)(2)(3)(4)(5)のように訳していると「~など」、「~等」を直訳したな、と感じられる時があるので(例えばa, b, and other xxxsではなくa, b, and othersと使われているとxxxに何が入るのかわからなかったんだな、という感じがします。Etc.も文章が途中でピリオドが切れてしまうので変な感じがする時があります。)もしその他が何かわかればsuch asやlikeを使うのもよいとおもいます。
例:
fruits, vegetables, etc.
ではなく
foods such as fruits and vegetables

ニュアンスが少しづつ違うように思います。

(1)a, b, and the like
なんとなく否定的なニュアンスが含まれているような気がします。
日本語でいう「~だの」のような感じです
(例:漫画だのテレビだの)
若しくは「aやb やそんなもの」、と訳せばいいかとおもいます。
日本語でも「そんなもの」というと「そういったタイプのもの」とニュートラルに言っている場合と、「そんな(よくない)もの」というネガティブな意味合いの場合がありますよね?それと同じで、必ずしもネガティブではないんですがそう...続きを読む


人気Q&Aランキング