私が過去、中高生の頃に習った英語では、現在分詞、過去分詞は形容詞として使い、一語の場合は、名詞の直前、後ろに文章が続くときは名詞の後ろに置く、とならったと記憶しています。例えば、

I watched a flying bird.
I watched a bird flying in the sky.

I am looking for my lost wallet.
I am looking for my walled lost in the station.

と書く、という感じです。

ところが、大学に入ってから、その書き方は英語の得意な人に直されてしまいました。

I watched a bird flying.
I am looking for my wallet lost.

など、現在分詞、過去分詞単独でも名詞の直後に一単語だけ置いてそこで終わり、という感じです。で、しばらくは「そうなんだ」と思って使っており、とくに他にも指摘されることはありませんでしたが、最近、外国のネイティブの方に、またまた最初の書き方にするよう直されました。

こんがらがっています。
どれが正しい、もしくは一般的な書き方なんでしょうか?
あるいは、ケースバイケースで使い分けたほうがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

chan008さん、こんにちは。



>現在分詞、過去分詞は形容詞として使い、一語の場合は、名詞の直前、後ろに文章が続くときは名詞の後ろに置く、とならったと記憶しています。例えば、

I watched a flying bird.
私は、飛んでいる鳥を見た。
I watched a bird flying in the sky.
私は、鳥が空を飛んでいるのを、見た。

I am looking for my lost wallet.
私は、なくした財布を捜しているんです。
I am looking for my walled lost in the station.
私は、駅でなくなった財布を捜しているんです。

ということで、全く問題はないと思います。
chan008さんの認識でよいと思います。

>I watched a bird flying.
これは、birdとflyingが同格になっていて、
SVOCの構文になっていると思います。
私は、鳥が=とんでいる、のを、見た。

I watched a flying bird.
のほうは、SVOの構文ですよね。

その違いだと思うので、どちらも正しいといえば正しいです。

>I am looking for my wallet lost.

これは、なんだか違和感を感じますが・・
やはり

I am looking for my lost wallet.
とするのが自然じゃないでしょうか。


たとえばですが、

I heard the dog barking.
私は、その犬がほえているのを→聞いた。
これは正しいですが

I heard the barking dog.
これは、なんだかへんですね。
聞くのは、ほえている犬の声なので、無理やり書くとすれば
I heard the barking dog's cry.
(ほえている犬の叫び声を→聞いた)
とかでしょうか・・

I saw the barking dog.
ほえている犬を→見た。
これなら、いいです。

>あるいは、ケースバイケースで使い分けたほうがいいのでしょうか?

意味によって使い分けるのがいいと思います。
一般的にはchan008さんの認識でよいと思うのですが・・
wallet lostのほうは、
a lost walletとするか
a wallet lost in the station・・
のようにするほうがいいですね。
ご参考になればうれしいです。
    • good
    • 0

 この問題はちょっと気になったので、その後もいろいろ調べてみました。


 幾つかの文法書を見たところ、英文法詳解(学研)に、この分詞の前置・後置について解説してありました。
 それによると、どういった場合に前置(後置)するのかについての明確なルールは見つかっていないようです。
 先の回答で挙げた恒常性もそのルールの一つなのですが、それで100%説明しきれるものでもないようです。
 参考に、幾つか書いてあった例の一つとして、a murdered man は可だが、a killed man は不可、とありました。
 ほかにも興味深い例や解説があったのですが、なにぶん立ち読みで記憶が不確かなので、誤解を避けるためにもここには書きません。

 習慣的なものもあるようなので、究極的にはケースバイケースになってしまいそうです。
    • good
    • 0

>一語の場合は、名詞の直前、後ろに文章が続くときは名詞の後ろに置く



結論から言うと、その法則は完全に間違いというわけではないのですが、用法の全てを説明しているものでは決してありません。

現に、以下の2つの例文
The used car was a Toyota. (その中古車はトヨタだった。)…例1
The car used was a Toyota. (使われた車はトヨタだった。)…例1’
から分かるように、前置か後置かで意味がまったく変わってしまう例もあります。

そんなわけで、実際にはもう少し複雑です。

現在分詞も過去分詞も、名詞の前に置かれるのは、ある程度恒常的な性質を表す場合です。
ex.
a working group (作業グループ)…例2
a wanted criminal (指名手配者)…例3

対して、「そこで食事している女性」は、「今」の状態なので(恒常的ではない)以下のようになります。((?)は容認可能性が低い)
The eating woman is a friend of mine. (?)…例4
The woman eating is a friend of mine. …例4’

また、同じ分詞であっても不定冠詞つきの名詞の場合には前置できるのに、定冠詞つきの名詞の場合には前置できない時があります。
ex.
The barking dog is my neighbor's. (?)…例5
I was wakened by a barking dog. …例5’
これは、定冠詞が特定のものと相性がよく、不定冠詞が習慣的、恒常的なものと相性がいいためです。

ただ、例外があって、以下の場合は前置できません。(修飾語をつければ前置可能。)
a sold car (?)…例6
a built house (?)…例7

そこで今回の質問の英文ですが、例5’から分かるように、
I watched a flying bird.
は、これでOKだと思います。

しかし定冠詞を使う場合には
I watched the bird flying.
になると思います。

I am looking for my lost wallet.
についても、このままでいいと思います。辞書を調べても my lost + 名詞 の組み合わせはあります。

知覚動詞が使われているかどうかというのは、今回の質問の本質にはあまり関係ないと思います。

参考文献:TOEIC TEST 860点スーパーマラソン vol.3 (アルク)
    • good
    • 0

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



私なりに書かせてくださいね。

まず、英語は日本語と同じように言葉です. 言葉にはそのことばの表現の仕方と言う物があります. また、単語にしても、使われ方で、意味が違ってきます.

例えば、

I watched TV last nightは昨日の夜テレビを見た. とwatchは見ると言う意味で使われていますね.

しかし、

I watched birds flying in the sky. やI watched flying birdsは飛んでいる鳥を/鳥が飛んでいるのを「見た」ではないのですね. 見たのであれば、I saw birds flying in the skyやI saw flying birds.という表現をしなくては、日本語のこの場合の「鳥を見た」と言う表現は出来ないんですね.

ちなみに、watched a flying birdは見たではなく、見ていた、と言うフィーリングになります.

つまり、両方とも日本語では「見ました」と言って、違う意味を言うわけですね. これを外人さんに説明しようとしても難しいかもしれませんね.

それと同じように、英語には英語の表現の仕方と言う物があります.

分詞と呼ばれる単語は名詞を形容する役目をすることがあります.

そのときに、多くの場合、形容詞として単独で使われる場合は、普通の形容詞と同じように、その名詞の前に来ます. I saw a flying birdのようにですね.

そして、flyingがbirdの後に来るときは、flying in the skyと言うような、flyingを使った文節がくる時なんですね.

よって、飛んでいる鳥を見た、というのであれば、I saw a flying bird. そして、鳥が飛んでいるのを見た、というのであれば、I saw a bird flying.と言う言い方ができるのですね.

でも、I am looking for my wallet lostと言う言い方をしないんですね. なぜかと言うと、このsawと言う動詞と、am looking forと言う動詞が違う質のものなんですね. 日本では、この区別をつけるために、see, hear, feel, watch等を感覚・知覚動詞、と呼んでいて、このような使い方を許しているわけです.

つまり、この知覚動詞を使った場合は分詞一つでも、名詞の後につけることが出来るわけです. もっとも、意味はちがって来ますので、同じ意味でどちらの場所にも使えるということではありません.

この知覚動詞についての説明は、インターネットで検索すればいろいろ説明が出てくると思います. 見てみてください.

と言う事で、seeとwatchの違い、そして、知覚動詞と言う物について、回答の一つとして書かせてもらいました. つまり、chan008さんの初めの5つの文章は全く問題のない文章です. I am looking for my wallet lost葉使いません. 使うとなると、lostを flying in the skyのようにlost at the stationというwalletを形容的にいう場合ですね. (I am looking for my wallet that is lost at the station.のthat isが省略された文章、と考えられます)

なお、I heard a crying baby/I heard a barking dogは使われています。 これが、学校で教える英語ではいけないとされるのかどうかは私にはわかりませんが.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、また、補足質問してください。
    • good
    • 0

I watched a flying bird.


飛んでいる鳥を見た。

I watched a bird flying.
鳥が飛んでいるのを見た。

では、意味が違うと思うのですが。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExact Audio Copy 0.99 Prebeta 3の日本語化

Exact Audio Copy 0.99 Prebeta 3をダウンロードしたのですが、日本語化が出来ません。
Exact Audio Copy 0.99 Prebeta 3用の日本語化パッチをダウンロードできるところはないでしょう?
もしくは別の方法で日本語かできたり出来ないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧バージョンではできます
もし、日本語で使いたいなら、旧バージョンでの使用をお勧めします
自分はeac-0.95b4を使っています

http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/nihonngoka/nihonngoka.html
languageフォルダのjapanese.txtを編集するとできるようです。

ただし、これは外国製のものでよく起こる現象ですが、
文字化けが発生するので、eacで使われているフォントまたはchara_setを変えるとかの作業が必要となります
ここで紹介されているものは、フォントを変えています

ご希望に添えることのできる回答でなくてすいません

Qingの名詞用法が動名詞、形容詞用法が現在分詞、副詞用法が分詞構文?

どなたかご教授ください。1.分詞構文は「分詞に導かれる副詞句」と言えるのでしょうか?形容詞句でもあるのですか。2.前の質問に関連して、ingの名詞用法が動名詞、形容詞用法が現在分詞、副詞用法が分詞構文と聞きましたがこれは正しいのでしょうか。※現在分詞に副詞として使われる場合があることは承知しています。

Aベストアンサー

分詞構文とは分詞が動詞としての役割と接続詞としての役割を兼ねる場合に言うようです。自分も「接続詞として」と言うと語弊がありますので補足します。
分詞構文では聞き手(読み手)にとっての新情報を扱うことができないとされます。分詞構文では接続詞、主語が省略されますが、これは前の文脈からその構文中の意味する内容が推測できる範囲内にあるから可能なのです。分詞は省略の標しと言っても強ち間違いではないはずです。
前に記述したことは、そういった理解を踏まえたうえでのことです。分詞が導く「副詞句である」という考え方で良いと思います。省略が想定される接続詞を見ても、形容詞句と考えたことは無いです。

動名詞と現在分詞は同じく「~ing」の形を取りますが、別のものです。

分詞という名は、「動詞と形容詞の2つの性質を分かち持っている」というというところから来ていると言われます。ですから「動詞的用法」と「形容詞的用法」があります。
進行形や受動態、完了形などに使われている分詞について「動詞的用法」と言います。
一方、 a sleeping childや an unexpected blowに使われているものを「形容詞的用法」と呼びます。特に形容詞として定着している単語は「分詞形容詞」と呼ばれます。上の2つの例は「分詞形容詞」と言った方が良いかもしれません。
最後の副詞的用法については・・・分詞が単独で副詞として用いられないので微妙ですが、それが導く句としては副詞的です。

分詞構文とは分詞が動詞としての役割と接続詞としての役割を兼ねる場合に言うようです。自分も「接続詞として」と言うと語弊がありますので補足します。
分詞構文では聞き手(読み手)にとっての新情報を扱うことができないとされます。分詞構文では接続詞、主語が省略されますが、これは前の文脈からその構文中の意味する内容が推測できる範囲内にあるから可能なのです。分詞は省略の標しと言っても強ち間違いではないはずです。
前に記述したことは、そういった理解を踏まえたうえでのことです。分詞が導く「...続きを読む

Qjet audioの日本語化?

フリーのjetaudio (jetcast?)を使っています。けっこうイコライザ機能が好きで気に入っているのですが日本語化はどうすればいいのですか?日本語化パッチはそこのサイトにあるのですが…

Aベストアンサー

ごめんなさい。ちょっと勘違いしました。
jetaudioをインストール後に先ほどのダウンロードしたファイルをクリックするだけで日本語化になりましたよ。

参考URL:http://www.jetaudio.com/download/

QI like my cheese like I like my womenの意味

このwomenの意味なのですが、その彼女たちを今も好きなのか、その時好きだったのか
分かりません。

分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3&4&5です。

今まで付き合って来た女性とするのも違和感あり。母親、嫁、娘とした方が自然ではないでしょうか。もしmy cheeseを創造物とするなら、男は女性の創造物となり、womenはそれが出来る全女性とした方が自然でしょう。

Def Leppard という英国のハードロックバンドの曲に "Women"というヒット曲が有ります。以下、歌詞です。

In the beginning God made the land
Then He made the water and creatures, then He made man
He was born with a passion, love and hate
A restless spirit with a need for a mate
But there was something that was missing, something lost
So he came with the answer, here's what it cost
One part love, one part wild
One part lady, one part child

I give you
Women, women, lots of pretty women
Men, men, they can't live without them
Women, women, lots of pretty women
Men, men, they can't live without them

And in the garden, lust began
The animal instinct, the wanton man
She fed him with a hunger, an appetite
And fillin' with emotion he took a bite
It was one part love, one part child
One part lover, one part wild

I give you
Women, women,…

大地を作り、水と創造物を作り、男を作った、と成っています。恐らく Adamの事でしょう。EveはAdamの骨から作られたとされますが、何だかこの「I like my cheese like I like my women」はこれに近しい感じも受けます。

話が飛躍しました。面白い問いかけで色々と想像出来て楽しいですね。

No.3&4&5です。

今まで付き合って来た女性とするのも違和感あり。母親、嫁、娘とした方が自然ではないでしょうか。もしmy cheeseを創造物とするなら、男は女性の創造物となり、womenはそれが出来る全女性とした方が自然でしょう。

Def Leppard という英国のハードロックバンドの曲に "Women"というヒット曲が有ります。以下、歌詞です。

In the beginning God made the land
Then He made the water and creatures, then He made man
He was born with a passion, love and hate
A restless spirit with a n...続きを読む

QBonkEnc Audio Encoderの日本語化パッチのDLサイト

BonkEnc Audio Encoderの日本語化パッチを探していますが、DLできるサイトを教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初回起動時に言語を選べるようですが。
または(英語になってる場合)「Options」→「General settings」→「Language」タブ→「Japanese/日本語」を選択してください。

Q分詞構文 or 分詞の形容詞的用法(名詞の後におかれる場合)

以下のmoving toward him.は分詞構文か分詞の形容詞適用法(名詞の後ろに置かれる場合)でfour figuresにかかっているのかよく分かりません。文法的にはもし分詞構文の場合、前の文章の主語がheでmovingの主語がfour figuresなので主語が同じでないことから分詞構文ではなく、形容詞適用法のような気がします。それで正しいのでしょうか?ご教示お願いします。

One day,he saw four figures in the distance, moving toward him.

Aベストアンサー

こんにちは。6/6のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

既に回答は出ていますが、少し補足します。

ご質問1:
<もし分詞構文の場合、前の文章の主語がheでmovingの主語がfour figuresなので主語が同じでないことから分詞構文ではなく>

その理由と結論で結構です。

1.このmovingが分詞構文なら、主語は主文の主語と一致し、heでなくてはなりません。

2.文脈的にはhe moves~は成立しませんので、分詞構文にはなりません。


ご質問2:
<分詞構文ではなく、形容詞適用法のような気がします>

その解釈で結構です。

1.ただし、前の名詞four figuresを後置修飾している形容詞ではありません。

2.従って、「向っている4人の姿」という訳にはなりません。

3.この構文はSVOCの第5文型で、moving toward himのmovingは補語Cにあたる現在分詞です。

4.Oはfour figuresで、このCは目的語を補佐する点で目的格補語と呼ばれます。

5.目的格補語は、目的語の様子・性質を述べる、という点で「形容詞」に分類されます。従って、ご質問にある解釈で正しいことになります。

6.なお、この文は知覚動詞seeを使った第5文型で「OがCするのを見る」という訳し方をします。

7.この知覚動詞の構文では、Cに「原形不定詞」「現在分詞」がくるかで訳が異なります。
例:
I saw it move「それが動くのを見た」
I saw it moving.「それが動いているのを見た」

8.以上のように、原形不定詞は動作の事実、現在分詞は動作の進行、の様子を表します。

9.ご質問文では、movingが使われていることから、動作が「進行」状態であることを明示しています。

10.なお、in the distanceはすぐ前の名詞four figuresにかかる形容詞句で、four figures in the distance「遠くの4人の人影」全体が目的語となる名詞句になっています。

11.また、この句の後に「,コンマ」が置かれているのは、目的語となる名詞句が修飾語を伴い長いため、補語と区別するための便法として置かれているのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。6/6のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

既に回答は出ていますが、少し補足します。

ご質問1:
<もし分詞構文の場合、前の文章の主語がheでmovingの主語がfour figuresなので主語が同じでないことから分詞構文ではなく>

その理由と結論で結構です。

1.このmovingが分詞構文なら、主語は主文の主語と一致し、heでなくてはなりません。

2.文脈的にはhe moves~は成立しませんので、分詞構文にはなりません。


ご質問2:
<分詞構文ではなく、形容詞適用法の...続きを読む

Q英語に詳しい方、英語から日本語に翻訳お願いします。恐らく英文が分りずら

英語に詳しい方、英語から日本語に翻訳お願いします。恐らく英文が分りずらいかと思いますが宜しくお願いします。
Can you please confirm the exact shade of the brown vuitton sac de paule?

Aベストアンサー

shade は色の濃淡や色合いのことを指しますので、ヴィトンのバッグの、茶色は茶色でも正確な色合いの確認をお願いします、ということではないでしょうか。

Qwatchとlookとseeの違い

違いがぜんぜんわかりません。
教えて下さい

Aベストアンサー

>違いがぜんぜんわかりません。

lookは、見ようとして注意を集中することです。その結果見えたかどうかまでは、何ら言い表しません。
seeは、「見える」ことです。
watchは、時間をかけて、注意して、変化していく様子を見ることです。

したがって、次のようになります。
(1)I looked, but (I) saw nothing.(見たんだけど、何にも見えなかったんだ。)
(2)I looked, and (I) found the ring.(見たんだよ、それでその指輪を見つけたんだ。)
(3)I watched the ring.(その指輪(が盗まれないように時間をかけて注意して)を見てたんだ。)
(4)I watched the news on TV.(そのニュースをテレビで(時間をかけて注意して)見たよ。)
(5)I saw the news on TV.(そのニュースをテレビで(チラっと)見(かけ)たよ。)

QMS-DOSで日本語入力するには

WIN-MEのマシンが立ち上がらなくなりました。
取り急ぎ文書ファイルをMS-DOSから取り出そうとして,
起動ディスク(WIN98用)でMS-DOSを立ち上げ,COPYコマンドを使おうとしたのですが,ファイル名が日本語なので,日本語入力できないとどうしようもありません。もちろんALT+半角/全角でもだめです。
大至急教えてください。

Aベストアンサー

FDというファイラーを使えば、COPYコマンドを使わずに日本語のファイルを
フロッピーにコピーできます。
以下のやり取りを参考にしてみて下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=268074

QI belong to no organized party. I am a Democrat.

タイトルの英文の訳を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私はいかなる組織された政党にも属さぬ。私は民主党員だ。

ウィル・ロジャース(19世紀後半から20世紀前半の米国のコメディアンで、ユーモア作家で、俳優で映画監督だった人)の名言として有名な言葉です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報