横の開脚はほぼ出来きており、前にも倒れられるので「土の字」になれます。
しかし、この開いている脚を畳んで、足の裏同士を合わせる合蹠のポーズ(バッダコーナアサナ)にすると、何故か膝も床につかないし、身体も前に倒れられません。

この場合どんな柔軟をしてどこを伸ばしていけばいいのでしょうか。
なお、足首は癖で内反しがちで合蹠のポーズをしようと思うと天井に足の裏を向いてしまいますのを、手で押さえて無理やり合わせている感じです。

http://d.hatena.ne.jp/uchikoyoga/20080917
これをするとお尻と踵はつきません。膝裏の少し上あたりがつねられるような痛みがあります

http://pub.ne.jp/adamihs/?entry_id=477869
これだと内反しがちを増長してしまいそうで迷っています

合蹠のポーズができるようになりたいので情報が欲しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

痛み 裏 膝」に関するQ&A: 膝裏の痛み

A 回答 (2件)

こんばんは



足首が固いか腰骨が立っていないかではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「腰骨が立つ」という表現が初耳で検索してまいりました。
別の表現で「尾てい骨をしまう」とも言うらしいとの記事をみかけておや?と思いました。確かに私はしっぽの骨がでています。
下にタオルをひかないと床に骨があたり腹筋もできないくらいです。

良いヒントになりそうです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/06 22:00

ヨガの目的を見失っていませんか?


アクロバットよろしくポーズができることが目的ではなく、ポーズをすることによって体の調整を行おうとするものです。

前屈で例えれば、頭が着かなくても別に構わないのです。
前屈で体の調整をしているうちに頭が着くようになってしまうとお考えください。

もうおわかりですね?
合蹠のポーズもグル(指導者)であれば膝が床についているからといって、弟子は床につけるために訓練するのではないと言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

当方、本やネットを見ながら自己流で試している状態でして、何処かで習っているわけでもなくヨガの深い意図はわかりかねます。単純に真似をしてみたいだけで、精神論ではなく技術的にどうしたらこのポーズになるのかお聞きしたかったのです。

タイトルに「ヨガ」とつけてしまったために、真摯にヨガに取り組まれている方を不快にしてしまったようで申し訳ございませんでした。

お礼日時:2011/03/06 17:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨガのポーズのひとつである牛面(牛皮・鏡)のポーズが出来ません。

ヨガのポーズのひとつである牛面(牛皮もしくは鏡)のポーズの足の型がどうしても出来ません。他のポーズのほとんど(初級レベルですが・・・)は、ほぼ出来ます(出来ていると思っております)。牛面のポーズの足の型にはどうしてもなりません。体のどの部分の柔軟性及びどの部分の筋肉を鍛えれば出来るようになりますでしょうか?お教え下さい。よろしくお願い致します。
ちなみに、ヨガは通いで習っております。(先生はいつか出来るようになると言ってはくれますが・・・)また、クラシックバレエの経験もあります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

股関節と脚、肩が柔らかくなるポーズですので、股関節が硬いのかもしれませんね。

足首を膝にのせるポーズがいいみたいですよ。
左脚を前にして足を交差させて座り、左足を持ち上げ足首を右膝にのせます。
右足首が床と左膝に挟まれスネの骨が腿と三角形になるよう右脚をおきます。
両足首を曲げてふくらはぎの筋肉と内腿に効かせ重力に引かれるまま左膝を下げていきます。
前に上体を傾け床に添って手を前方に動かしていき1分ほど静止します。足を入れ換えて繰り返し・・・
あと半連座の前屈も股関節が開くポーズで参考までにチャレンジしてみてください。

うまく伝わったでしょうか・・・??!

Q股関節のストレッチをしすぎて痛くなりました

学生時代(中・高)と社会人になってから合計12年ほど卓球をしています。子供の頃から股関節が特に硬く、体も全体的に硬い方です。
学生時代も股関節はかなり硬く、平泳ぎが出来ない、ハードルを飛ぶのが苦手、って感じでしす。でも、他のスポーツは特に苦手ではなく、特に問題なくこなせます。

最近、趣味で続けている卓球を本格的に始め週に4.5日練習をがんばっていました。卓球でも股関節が硬いと姿勢を低くして打球するのがきついので、自己流で股関節を柔らかくしようと思い、大股を開いて姿勢を低くしていくストレッチを続けていました。そしたら、股関節がかなり痛くなって今現在練習できないぐらい痛くなってしまい、練習を自粛しています(^.^);
でも、普通の生活・仕事等が出来ないぐらい痛いわけではなく、卓球の練習が出来ないぐらい痛いです。
やはり、ストレッチの仕方が悪かったのでしょうか。
それと、僕の股関節は柔らかくすることは出来ないのでしょうか?有効なストレッチがありましたら教えてください。
まだ、病院等にはいっていませんがこういう場合どこで見てもらうのがいいのでしょうか?
質問ばかりして本当に申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

学生時代(中・高)と社会人になってから合計12年ほど卓球をしています。子供の頃から股関節が特に硬く、体も全体的に硬い方です。
学生時代も股関節はかなり硬く、平泳ぎが出来ない、ハードルを飛ぶのが苦手、って感じでしす。でも、他のスポーツは特に苦手ではなく、特に問題なくこなせます。

最近、趣味で続けている卓球を本格的に始め週に4.5日練習をがんばっていました。卓球でも股関節が硬いと姿勢を低くして打球するのがきついので、自己流で股関節を柔らかくしようと思い、大股を開いて姿勢を低...続きを読む

Aベストアンサー

>自己流で股関節を柔らかくしようと思い、
>大股を開いて姿勢を低くしていくストレッチを続けていました。
>そしたら、股関節がかなり痛くなって今現在練習できないぐらい痛くなってしまい、
>練習を自粛しています(^.^);

ストレッチで体がわ柔らかくなるのは
1)筋肉を伸ばして筋肉の伸張性を良くする
2)関節の可動域限界まで動かして、可動域を広げる
という二つの理由からです。

適度に行えば柔らかくなりますが、過剰なストレッチは捻挫や関節技をかけているのと変わりません。
風呂上りなどの体の筋肉が弛緩しているときに、痛気持ちいい程度で根気良く続けましょう。
焦りは禁物です。

あと、自己流だと効率が悪いです。ストレッチは意識の置き方や呼吸なども含めて
総合的に行いますので、ネットで調べるか、書店で解説本を参考にして行うことをお勧めします。

>まだ、病院等にはいっていませんがこういう場合どこで見てもらうのがいいのでしょうか?

基本的には外科だと思いますが、スポーツ系の治療を謳っているところの方がよいと思います。

>自己流で股関節を柔らかくしようと思い、
>大股を開いて姿勢を低くしていくストレッチを続けていました。
>そしたら、股関節がかなり痛くなって今現在練習できないぐらい痛くなってしまい、
>練習を自粛しています(^.^);

ストレッチで体がわ柔らかくなるのは
1)筋肉を伸ばして筋肉の伸張性を良くする
2)関節の可動域限界まで動かして、可動域を広げる
という二つの理由からです。

適度に行えば柔らかくなりますが、過剰なストレッチは捻挫や関節技をかけているのと変わりません。
風呂上りなど...続きを読む

Q仰向けでブリッジをするコツを教えてください

以前はできたのですが、この前やろうとしたら腕の力が無くなったのか、全然できませんでした。
腕立て伏せから始めた方がいいでしょうか・・・。
体は比較的柔らかい方で、背筋も多少はあるので、やっぱり腕の力???
以前は、これがコツか、と思ってやれていた記憶があります。

Aベストアンサー

私も昔は、ブリッジができませんでしたし、筋力もほとんどありませんでした。
しかし、「腰を真上に上げる感じ」を言われて、それをしたらすることができました。筋力は、あまり関係ないと思います。ブリッジは、持ち上げる時が一番きついので、そこだけ気合いを入れてみては・・・
後、ブリッジをするときに手と肩とを近くしておくと、ブリッジが楽にできると思います。

Q柔軟のストレッチをやり過ぎて…

柔軟のストレッチをやり過ぎて一昨日から筋肉痛で脚がいたいです。
それで、昨日1日休もうと思い柔軟のストレッチをさぼりました。
そしたら今日体が硬くなっていました。(体で実感できるほど…)
今もまだ体が少し痛みます。

しかし、お稽古をやっていて180度開脚が早くできるようにならなくちゃいけません。
硬くなった体を今すぐ元に戻すにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

 基本的に体に「今すぐ、こうなれ」と言ってもがんばっても、そうなるものではありません。人間の体をなめてはいけないのです。
 それはさておき、オーバーストレッチの症状ですね。本当に体が硬くなったわけではないですし、もちろん今までの努力が無駄になったわけでもありません。しかし、すぐに回復することもできません。とりあえず休んだのは正解ですよ。
 冷やさなければいけない炎症的な反応は収まったようですね。今は基本的に体を暖めるように、特に伸ばしすぎたところを重点的に。それで回復が早まります。もう1日程度はしばらく休んでください。これは怪我ですから再開は様子を見ながら恐る恐るです。
 今後は、ストレッチ前に有酸素運動などで体を暖めるようにしましょう。もちろん風呂上りなら、即OKです。伸ばす気持ちよさが消えない程度にとどめることも忘れずに。がんばるほど柔らかくなるわけではありません。ほどほどにして、今回のように体を驚かさないようにしましょう。リラックスした状態でストレッチすることも大事です。変なコツですが「ぐにゃぐにゃ~」と唱えながら伸ばすと、意外に伸びます。がんばりと逆なんですね。

 基本的に体に「今すぐ、こうなれ」と言ってもがんばっても、そうなるものではありません。人間の体をなめてはいけないのです。
 それはさておき、オーバーストレッチの症状ですね。本当に体が硬くなったわけではないですし、もちろん今までの努力が無駄になったわけでもありません。しかし、すぐに回復することもできません。とりあえず休んだのは正解ですよ。
 冷やさなければいけない炎症的な反応は収まったようですね。今は基本的に体を暖めるように、特に伸ばしすぎたところを重点的に。それで回復が早...続きを読む

Qストレッチはどの位の期間続ければ効果が出るか?

幼少期~現在にかけて体がとても硬い20代後半女です。
どの位硬いかというと、
前屈はギリギリ0cm、下手するとマイナスの域。
開脚は45°が精いっぱい(おかげで学生の時開脚前転ができなかった。というかマット運動
                のほとんどが苦手)
というレベルです。

最近、健康の為にもう少し柔らかくなりたいなあと考え始めたのですが、
ダイエットなら3か月で10キロ減!とか一ヶ月で2キロ減!とか、期間と効果の具体例が
あるのでわかりやすいのですが、柔軟については
○カ月で開脚○°アップ!などという話は聞いたことがありません。

もちろん、ストレッチの内容や元々の硬さ、生活状況によって一概に言える事柄
出は無い事は理解しております。が、モチベーション維持の為に、
○カ月で○°広げられるようになろう!とするための指標が欲しいのです。

どなたか詳しい方、経験者(ストレッチでこの位柔らかくなった!という経験のある方)、
ストレッチをどのぐらい続ければ効果が表れるのでしょうか?
5分位のストレッチを毎日続ければいいのか?それとも10分のストレッチを週4~5回やった方が
効果が出やすい?無知ですみませんが、何らかの助言をいただきたいです。

幼少期~現在にかけて体がとても硬い20代後半女です。
どの位硬いかというと、
前屈はギリギリ0cm、下手するとマイナスの域。
開脚は45°が精いっぱい(おかげで学生の時開脚前転ができなかった。というかマット運動
                のほとんどが苦手)
というレベルです。

最近、健康の為にもう少し柔らかくなりたいなあと考え始めたのですが、
ダイエットなら3か月で10キロ減!とか一ヶ月で2キロ減!とか、期間と効果の具体例が
あるのでわかりやすいのですが、柔軟については
○カ月で開脚○°ア...続きを読む

Aベストアンサー

 多少、発想が逆な面があるように思います。「○カ月で○°広げられるようになろう!」というところですね。

 そうではないんです。減量なら「これ以下は甘いが、これ以上は無理が出る」という目安はあります。しかしそれは柔軟性向上にはないものなんですね。

 早かろうが遅かろうが、おおむね大丈夫なやり方でストレッチを続けて、出てきた成果がその人にとって最適だったということでしかないんです。

 風呂上りとか、軽く運動して体が暖まった状態が最もストレッチがやりやすいことはよく知られています。柔軟性を上げたいなら、そういうときに行うのが最も効果的です。やりにくい状態のときに無理をしても効果は上がりません。

 そして強さはよく言われる「痛気持ちいい程度」です。そこまでは伸ばせば伸ばす程、効果的になります。しかし、そこを超えると逆効果になってきます。これは身体の自然な適応です。筋肉はある程度までは伸ばせば、もっと伸びられるように変わってきます。

 しかし、ある程度以上になると、伸ばされることに抵抗するように変わって来てしまうのです。つまり体が硬くなる結果に陥ってしまいます。歯を食いしばってやるストレッチは逆効果で、笑ってやれる程度が効果的なわけです。

 そういう性質のトレーニングなので、強度は上げられません。それが柔軟性が伸びるのを、自然に任せるしかない種々の理由のうちでも大きなものです。強化ではなく変化であるため、そうならざるを得ません。

 次に時間と強度です。何か運動する前、特に無酸素運動前のストレッチはいろいろ議論があったりします。しかし、今はストレッチを単独で行うとして、ゆっくりやるストレッチとしておきましょう。

 ストレッチを行うと一定時間効果が続きます。また、痛気持ちいい状態をある程度以上続けても、その一定時間続く効果は上がりません。

 おおむね、普通の速さの息の吐き・吸いで1回の曲げ・戻しで、10~20回で充分です。トータルの時間は種目数によることになります。効果は数時間程度ですので、熱心にやるとしても1日4回程度でしょう。しかし1日4回の効果が1日1回の4倍とはなりません。

 1日1回、風呂上りにやれば、柔軟性に関しては1日4回の8割程度の効果があると考えて差し支えないでしょう。さらにやるとすれば、その効果は気分転換、血行改善、疲労防止のほうに現われます。ですので、気の向いたときにときどき行うのは無駄ではありません。

 多少、発想が逆な面があるように思います。「○カ月で○°広げられるようになろう!」というところですね。

 そうではないんです。減量なら「これ以下は甘いが、これ以上は無理が出る」という目安はあります。しかしそれは柔軟性向上にはないものなんですね。

 早かろうが遅かろうが、おおむね大丈夫なやり方でストレッチを続けて、出てきた成果がその人にとって最適だったということでしかないんです。

 風呂上りとか、軽く運動して体が暖まった状態が最もストレッチがやりやすいことはよく知られています。...続きを読む

Qストレッチで筋肉痛になりますか?

体が固く、YouTubeなどでストレッチで検索して、真似して、ストレッチをしていますが、筋肉痛みたいな痛みがでます。(翌日などに)

筋トレではなく、ストレッチとして紹介されているメニューだけをしていますが、筋肉痛になります。

これは、やり方が悪いのでしょうか。それともストレッチでも筋肉痛になるのは普通でしょうか?

Aベストアンサー

これまで運動らしきことはほとんどせず、
そのストレッチを始めたばかりならば、筋肉痛の症状はおかしくありません。

しかし、そのストレッチを長く続けているのに、
常に、翌日が筋肉痛の症状ならば、
ご自身のストレッチがどこか紹介動画と異なっているか、
そのストレッチ自体に問題があるのかも知れません。

Qストレッチをしていたら異常が・・・

1ヶ月前位から、開脚前屈ストレッチ(足をできるだけ開いて床に座り、体を前に倒すやつです)を毎日続けていましたが、
1週間ほど前に普段ならできる程度に足を広げ、体を倒したところ左足のモモの付け根の辺りにブチッという感覚(音もしたかも)と共に激痛が走りました。
その時から急に開脚前屈はおろか、左足を伸ばす伸脚をするとき及び腰を左側にひねるときにも、
左ももの付け根に体が硬いのとは違う、何か関節痛のような痛みがするようになりました。
日常生活には何の支障も無いのでそのときはすぐ治るだろうと思い放置していましたが、
1週間たった今でも同じ動作をすると痛みがします。ちなみにまだ病院には行っていません。
この症状をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか。
処置法、完治までにかかる期間など、教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

はじめまして。
No1の回答の方が筋肉について説明されていますが、開脚した状態で体を前傾させたとのことですので、関節の運動方向と筋肉の関係について考えると……
(1)体を前に倒すことによって股関節は外旋していきます。つまり伸ばされて伸張される筋は『股関節の内旋筋』となりますが、股関節の内旋筋は、股関節の外転と同様の筋で、中殿筋、大腿筋膜張筋であり、これらの筋は股関節の外側、つまりズボンの横ポケットに当たる部分にあり、内股の痛みとの関連は少ないと思います。
(2)また、体を前に倒すことにより、股関節は屈曲していき、伸ばされて伸張され損傷する可能性のある筋は股関節伸展筋であり、それらには大殿筋などがあります。これは、ズボンの後ろポケットにあたる部分にあり、質問にある痛みとは異なるのではないかと思います。

筋で単純に損傷される可能性があるのは上記の筋ですが、No1の方が述べられているよう股関節外転筋という6つの筋は股関節のインナーマッスルとして大腿骨骨頭部にへばりついているため、あらゆる方向に動かしたときに損傷(伸ばされたり、関節周辺にはさまれたり)が考えられます。

また、股関節は筋以外でも靭帯による補強も行われています。

以上より、単純に痛みの原因を絞ることは出来ません。病院受診をお勧めします。

また、痛みの悪化の可能性があるので、痛みが出る動きはわかっておられるようなので、その動きは極力しないようにしておく必要があります。

はじめまして。
No1の回答の方が筋肉について説明されていますが、開脚した状態で体を前傾させたとのことですので、関節の運動方向と筋肉の関係について考えると……
(1)体を前に倒すことによって股関節は外旋していきます。つまり伸ばされて伸張される筋は『股関節の内旋筋』となりますが、股関節の内旋筋は、股関節の外転と同様の筋で、中殿筋、大腿筋膜張筋であり、これらの筋は股関節の外側、つまりズボンの横ポケットに当たる部分にあり、内股の痛みとの関連は少ないと思います。
(2)また、体を前に倒すこと...続きを読む

Q180°開脚したいけど・・骨盤が開く?

お風呂上りのストレッチが気持ちよく、半年ほど続けています
時間にして10~15分程度しかしてませんが
座って足を開いて前屈と、足の裏を合わせて足を<>こういう形で前屈
開脚はもう少しで180°行きそうな位できる様になり
<>の形の足は外側にペタンと開くようになりました

体育座りから足を両外側に倒していく<>の形のストレッチを普段でも暇な時にやっているのですが 抵抗無く外側にペタンと倒れる様になってきて ふと・・
これって骨盤が開く体操なんでしょうか?

骨盤が開くと、腰周りに肉が付きやすくなり良くないと聞きました
だったらやめたいんですが・・
2つの体操とも、最初は全然だったものがすごく柔らかくなってきて
開脚も、いつか股割り出来るのかな・・と楽しみにもなってきていて・・

よろしくお願いします・・。

Aベストアンサー

 #2です。

 「骨盤が開く」「恥骨結合部が緩む(弛める)」などが色々ごっちゃになっている様にこのごろ感じます。雑誌やTVも色々言っている様に感じます。

 投稿者様は「骨盤が開く」とはどういう事を意識されますでしょうか?

 文面からすると、恥骨結合部を弛める様に感じますが、その状態ですと、骨盤の上部は閉じるので、腸陽部(骨盤上部、ウエストのすぐ下)は閉じるため、ウエストは細くなり、想像されているのとは反対となります。

 「腰回りに脂が乗る」となると、ウエスト(骨盤上部)が開いて寸胴となり、骨盤は後傾しておしりが垂れて、骨盤下部は狭まります。これは前記とは逆です。


 力学的には、四股やあぐらなどは、大腿骨関節を外側から内へと締めるので、骨盤下部は閉じるので、恥骨接合部などは閉まる方向へと力が働きます。また、骨盤の前傾後傾が正しい位置となる為に、ウエスト回りがすっきりしてくるようです。

 また、四股やあぐらなどの効用は、産婦人科のお医者様が言われるにも何通りか有るようで、「骨盤が緩むから妊娠時にはしない方が良い」「切迫流産を防ぐ為にした方が良い」などいろいろ聞きます。

 妊娠30週を過ぎると、各関節の接合部が緩くなるので、刺激を与えれば緩みやすいので、どのような刺激の方法や方向でも緩むと考えられます。そのため上記のようなそれぞれのお医者様のご意見が異なる様に感じます。


 それと今回の大腿骨関節の可動範囲や、併せて骨盤の後傾前傾、腹筋背筋も絡んできますので、「開脚ができると骨盤が緩んで脂がのる」、「股割は意味が薄い」などは関連しにくいしょう。

 股割のメリットは、「人に自慢できる」「一発芸」というのも有りますが、下半身が安定していないと可動範囲が正しくならないので、健全な姿勢の為に役立ちます。重くて安定と言う意味ではないですよ、「しっかりと地を踏める」という安定です。
 実際にやられてみると分かるのですが、四股で相撲取りの方の様に足を挙げるのは素人では出来ません。あなたの場合は、相当上がると思います。知人の方を誘って試してみてください。


 私の「骨盤が開く」点での見解は、運動や身体力学から見ているので、医学的や整体的には間違っているかもしれません。私としては整形外科や産婦人科、整体、カイロプラクティスの先生方のご意見をお聞きしたいです。
 

 #2です。

 「骨盤が開く」「恥骨結合部が緩む(弛める)」などが色々ごっちゃになっている様にこのごろ感じます。雑誌やTVも色々言っている様に感じます。

 投稿者様は「骨盤が開く」とはどういう事を意識されますでしょうか?

 文面からすると、恥骨結合部を弛める様に感じますが、その状態ですと、骨盤の上部は閉じるので、腸陽部(骨盤上部、ウエストのすぐ下)は閉じるため、ウエストは細くなり、想像されているのとは反対となります。

 「腰回りに脂が乗る」となると、ウエスト(骨盤上部...続きを読む

Q肩の骨のでっぱりは鎖骨?肩甲骨の肩峰?

添付した画像。広末涼子さんですが、今回はこの方についての質問ではなくて、画像の青丸部分(肩の骨のでっぱり)について質問させていただきたいと思います。

私は最近美術解剖学の本を2、3冊購入して勉強しているのですが、画像の青丸部分(肩の骨のでっぱり)を「鎖骨」と記している本と、肩甲骨の「肩峰」と記している本があり困っています。
そこでズバリ質問なのですが、一体このでっぱりの正体は何なのでしょうか?

気になったので、お風呂に入る時に鏡を見ながら触って確認してみました。それで私は鎖骨の先が出っ張っているんだと感じました。理由は、触るときに「胸の上のくぼみ」から「肩のでっぱり」へ向かって指を移動させたのですが、指が「肩のでっぱり」を通り過ぎる時に、ガクンと段差になって、そのあと平らな部分(私はここが肩峰だと思うのですが)があったからです。

もしもこのでっぱりが肩峰だと仮定した場合、「肩峰は鎖骨の端と接している部分ではボコンと膨らんでいて、肩の外側に近い部分は平らになっている」ということになります。しかし、解剖書を見てみると肩峰はボコンと膨らんではおらず、平らに表現されています。
これが、私が肩のでっぱり=鎖骨の先と思った理由です。

皆さんはこの肩のでっぱりをどのように解釈されているのでしょうか?

(1)鎖骨か肩峰どちらだと解釈しているか。
(2)その理由

を教えていただければと思います。

添付した画像。広末涼子さんですが、今回はこの方についての質問ではなくて、画像の青丸部分(肩の骨のでっぱり)について質問させていただきたいと思います。

私は最近美術解剖学の本を2、3冊購入して勉強しているのですが、画像の青丸部分(肩の骨のでっぱり)を「鎖骨」と記している本と、肩甲骨の「肩峰」と記している本があり困っています。
そこでズバリ質問なのですが、一体このでっぱりの正体は何なのでしょうか?

気になったので、お風呂に入る時に鏡を見ながら触って確認してみました。それで私は鎖...続きを読む

Aベストアンサー

人体に詳しいわけではないですが、このでっぱりは「肩峰」だと思います。

肩峰は肩甲骨の一部分のことのようですね。
http://211.86.0.5/yizhuan/new%20jiepou/wlinfo.asp?id=38

峰とついているように、肩のラインの峰(一番高いところ)だからだと思います。

↓の画像の右半身。鎖骨と腕の骨の間にある部分が肩峰で、この部分がでっぱって見えるのだと思います。
http://blog-imgs-56.fc2.com/o/e/k/oekakigakusyuu/120423_74_1.gif

とはいえ、骨の形も千差万別、肉の付き方によっても出っ張る箇所が違うかもしれません。
人によっては、鎖骨の付け根がでっぱってるんだという人がいないとは断言できませんが。
そのでっぱりを、少し強めに押してみてください。
それが鎖骨の付け根だったとしたら、接続部に対して横に力がかかるので、痛みがあるんじゃないかと思います。

Q開脚できるようになりたい!

 押忍!自分は空手をやってる27歳(男)ですが、めちゃくちゃ体が硬くて上段の廻し蹴りができません。一般人100人集めたとしたら、自分はその中でもおそらく95~100番目の硬さだろうと思います。お相撲さんのように開脚して胸が地面にペタ~ンとつくくらいに柔らかくなりたいのですが、何か自分ひとりでも効果的に柔軟体操するいい方法はないでしょうか。かなり効くやり方でもあれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開脚できるできないの是非は別にして、私は30過ぎてからできるようになりましたので、
参考になればと思います。
まず、前後開脚と左右開脚は別物です。そしてそれぞれ2つの項目に別れますので、
1.左右開脚の股関節の柔軟性
2.左右開脚の大腿部内側の柔軟性
3.前後開脚の股関節の柔軟性
4.前後開脚の大腿部裏側の柔軟性
となります。
1は、座って左右の足の裏同士をくっつけて、膝が同時に地につくかということです。
2は、いわゆる左右開脚です。
3は、体育座りをして、大腿部が胸につくかということなので、普通の人はできます。
4は、立位体前屈を思えばわかるでしょう。

左右で言えば、2ができる人は1も必ずできますが、1ができるだけでは2はできません。
よって、まずは1からはじめます。だからといって膝に人に乗ってもらう必要などなく、最初は左右同時ではなく片方ずつ始めます。片方だけならたぶんだれでも地につくでしょう。その分、逆側は上がってしまいますが。これをリズムをとりながら、つける練習をすると、
15分つづけただけで、驚くほど違います。これを毎日すれば、1ヶ月で両方つくというのもめずらしくありません。

問題は2です。これは、1と並行して行ってもかまいませんが、開脚して、体を前に倒す練習です。経験的にベッドの上が、適度にカカトが落ち込んだりして、なかなかいい具合です。
人に押してもらう必要はありません。注意することは、決して背中を丸めないということです。
胸をはり、下腹部(男で言えば○○○)を前に突き出すイメージでします。
やりすぎると、大腿部内側が内出血しますので、注意しましょう!

だいたいこんなとこかな。前後も必要なら書きます。
ではまた

開脚できるできないの是非は別にして、私は30過ぎてからできるようになりましたので、
参考になればと思います。
まず、前後開脚と左右開脚は別物です。そしてそれぞれ2つの項目に別れますので、
1.左右開脚の股関節の柔軟性
2.左右開脚の大腿部内側の柔軟性
3.前後開脚の股関節の柔軟性
4.前後開脚の大腿部裏側の柔軟性
となります。
1は、座って左右の足の裏同士をくっつけて、膝が同時に地につくかということです。
2は、いわゆる左右開脚です。
3は、体育座りをして、大腿部が胸につく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報