どのカテゴリーか良くわからなかったのでここで質問します。最近、迷信によって影響されたとか、迷信の通りだと言うことをよく耳にします。私自身ほとんど信じないのですが、皆さんの身近でこの迷信は、本当に当たると言うものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

占いを信じますか?



例えば、
「今日の占いで、最下位だった」日、
出勤途中で、3回連続で信号が赤信号だったとします。
「今日はついてない」と思います。

「今日の占いで、1位だった」日、
出勤途中で、いつも気になっていた人を偶然見かけます。
「今日はついてるな」と思います。

これにはトリックがあって、
「いやなことがあるはず」と思っていると、
自然に自ら「いやなこと」を探してしまう心理がはたらきます。
1位だった日、「ついてるな」と感じてから、信号に4回ひっかかっても、
結構気にならなかったりします。

人間は警告を受けると、自然と、それに付随する出来事を、意識してしまうわけです。

迷信、というのは、そもそも「○○をしないほうがいい」というのを、
子供にもわかるように、怖い話的な理由をつけて、
警告するものです。
そもそもあまり好ましくない行動を避けるためのものです。
なので、それを気にしている人が、迷信どおりの体験をすれば、
「あたっている」と思うでしょう。
その迷信を知らない人にしてみたら、
「あ、これはやらない方がいいな」という経験になるだけです。
昔の人の知恵ですが、結構理にかなっていたりしますので、
迷信、という方法をとった注意事項、としては、
かなり適切なものが多いかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今月の活躍、注目させていただいております。わかりやすい解説ありがとうございました。警告と言う言葉がキーワードですね。迷信も占いも同じ様なものと考えればいいのですね。

お礼日時:2003/09/25 21:54

長いこと言い伝えられてきたことには、なにかしらの意味があると思うので、できるだけ大切にはしています。

でもずっと信じてきた「十一月が三の酉まである年は火事が多い」という巷説が、じつは「酉の日には古い熊手を燃やす習慣があり、ちょうど木枯らしの季節にたき火をするので、それが3回あるとその分だけ火事が多い」=「火の用心」と説明されたときには、事実だ…でも歪んで覚えてた…とがっくりしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんな解釈があり、結びついた事実があるんですね。
一度統計を取ってみると面白そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/25 21:55

何を「迷信」として定義するかによるのでしょう。



陰陽道とか色々な密教系は本物は凄い的中率ですから、迷信とはいえないでしょうし・・・軍学として使われてきましたし・・・・。
表・裏鬼門の丑寅とか未申方向の家相は・・・・と言うのは、昔々は中国から入ってきた、超先進学問でした。 それにより遷都も去れましたし・・・こういうのは支配者階級の学問なのですが、それが漏れ出して迷信の一部を構成している部分も有ります。

夜に爪を切るな・・・・これは今の様に夜は明るい照明装置も無い時代ですし、安全な爪きりが無いですから、それで夜中に切って、怪我したら、そこから破傷風でも起こしたら死んでしまいますからね。これが医学的な見地でしょう。

蜘蛛も同じで、色々な微生物を持っているので、うっかり殺してそれが人間の体に入れば病気になりますから・・・・。
それ以外にも、動物・昆虫にも魂はありますから、それの影響を受けやすい人は何かしらの事が現れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気学は、まじめな学問ですよね。中国には、まだまだ知られていないいろんなものがありますよね。定義まではわかりません。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/25 21:50

迷信というものは、昔の人が人の驕りや悪行を戒める目的のもの、あるいは神仏をたてるように教えたものが多いような気がします。



たとえば、「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」ですが、実際に抜かれた人が(この世の生きている人の中に)いるわけではありませんが、嘘をついてはいけない、という戒めでしょうし…
ちなみに、下の方が書いておられる「夜爪を切ると…」は、先日新聞に民俗学者の話として以下のようなものが載っていました。
「あるところに将棋(碁だったかも?)が大好きな殿様がいて、夜詰(夜勤)の部下を無理やり誘っては相手をさせていたそうです。
その中でも腕のいい、ある武士は毎夜の如く殿様の勝負につき合わされ、お城に出ずっぱりでしたので、親の死に目に会うことができませんでした。
このことから、『夜詰(夜爪)は親の死に目に会えない』という話になった」
ということでした。
実際、夜にしょっちゅう爪を切っていたうちの母はちゃんと両親の死に目に会っていますから、全ての迷信が全ての人に起こるわけではないと思いますが…

でも、迷信を破って何か悪いことが起きた時は、それが大変引っかかるものです。
ですから、私は「霊柩車が通る時は親指を隠しておかないと親が早死にする」と子供の頃に教えられてきましたので、今でも無意識に指を隠してしまいます。
それに、最初に述べましたように迷信と言われるものの多くは何かしら「教訓」があるものですから、全部「迷信」で片付けるのもよくないとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全く同感です。面白いものですね。癖になってしまって大人になっても直らない。私もそうです。ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/25 21:48

【墓地で走り回ると数日以内に死ぬ】


数日以内に死ぬなんてことはまずありません。
しかしこの迷信にも理由があります。
「墓地は走り回る(遊ぶ)ようなところではない」
これは有名な話ですね。
もうひとつ。
昔は今と違い土葬でした。
いたるところに埋まっているわけです。
そして、走り回ると穴に落ちてしまう可能性もあり、たいへん危険です。

私は迷信と言うのはやはり昔の人の知恵だと考えています。
朝TVで見る「今日の運勢」よりははるかに信じる価値はあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんと、そうですね。昔の人の経験談なんですかね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/25 21:46

蜘蛛の話し、ちょっとびっくりです。

私は蜘蛛が大の苦手なので。

私は、昔居た会社の同僚から聞いたのがひとつ。
庭で、鬼門とは知らずに穴を掘って遊んだあと骨折した、というのがありました。確か鬼門に穴を掘ってはいけない、という迷信があったような‥‥。

「夜爪を切ると親の死に目に会えない」→(昔は照明が暗かったので)手元が暗くて危ない
「夜口笛を吹くと蛇が出る」→夜は音が響くから静かにしましょう
と、勝手に想像して解釈をしたりしているのですが、おそらく、怖がらせることによって躾をしたのではないかなぁ、と思っているんですが、どなたか考察された方がいらっしゃるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり地方によって少しづつ違って面白いですね。「夜口笛上を吹くと不吉なことが起きる」と教えられた記憶があります。何か現実とリンクしてるのでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/25 21:36

そりゃ質問自体がナンセンスです。



迷信は当たる、のです。
当たるから現代まで迷信として残っている訳です。
当たらない迷信は風化してしまって現代まで残っているはずがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですよね。あなたは、具体的にどんな迷信が当たりましたか?

お礼日時:2003/09/25 21:33

私も迷信は信じないのですが…


「家の中の蜘蛛は殺してはいけない」って聞いた事ありますか?
これだけは何故か気になって私は家の中の蜘蛛は逃がしていたのです。
しかし、当時1歳の子供が寝付いた横で大蜘蛛が現れて、さすがに殺しました。
すると、次の日に子供が39度近い熱を出し…
ま、偶然だろうと。
そして、月日が流れ、また大蜘蛛が現れ、殺しました。
すると、今度は主人が発熱…

もぅ。どんな状況だろうがコレばかりは逃がす事にしてます(+_+)(+_+)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

蜘蛛にまつわる迷信も多いですよね。朝蜘蛛を殺したことはあまりありません。昼は、適当に、夜は、遠慮なく殺します。う~ん、やっぱり迷信を信じているのかな?ありがとうございました。気をつけましょう。

お礼日時:2003/09/25 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 破傷風のまとめページ

    破傷風とはどんな病気か  傷から破傷風菌が侵入したのち、けいれんを起こす病気で、発症した人のおよそ3人に1人が死に至る恐ろしい病気です。ただし、破傷風のワクチンをきちんと受けた子どもの発症例はほとんどありません。 原因は何か  破傷風菌は土壌に生息しており、転んだり土いじりの時に、傷口から体内に侵入し、そののち菌がつくる毒素によりけいれんを起こします。ヒトからヒトへの感染はありません。 症状の現れ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高級ホテルの玄関先の高級車

先週、名古屋駅にあるとある高級ホテルに一泊させて頂きました。玄関先は、客待ちをするタクシーが数台のみ…。すごくスッキリとした景観。通常”高級ホテル”と言われる玄関先には、高級外車がズラリと並んでいるお馴染みの光景かと思いきやタクシーしか並んでいなかった光景にある意味好感を持てました。チェックアウトの際にホテルの方に聞いてみたところ「当ホテルでは、他のホテルのように玄関先に車を止めることは、原則禁止しています」とのこと。あの玄関先に止めている”高級車”はいったいどのような方々が止めることができるのでしょう?そのホテルの常連とは想像できますがこちらもホテルを利用している以上若干の差別感を感じます。「例えばスィートルームを予約すれば朝になったら玄関先に車が止まっている」ものなのでしょうか?ホテルの関係者の方がいれば具体的に教えてください。

Aベストアンサー

以前、ある会社役員の秘書をしておりました。

上司は、ホテルでの会合、食事が多く、運転手は、ホテルの前で、待機することが多いです。
黒塗りの高級車は、とくに送迎の場合が多いことでしょう。
送迎の場合は、ボスが出てきたときに、すぐにわかる場所でなければなりませんし、携帯もつうじなければなりませんから。
自分の車の場合は、ベンツが多く、黒塗りは社用車が多いですね。

宿泊の場合は、ホテルの玄関先にとめることは少ないでしょう。
宿泊の場合、あまり、人目につきたくないですから。

Qこのカテゴリー内の回答などなど

度々ここでお世話になっているものです。このカテゴリー内でのさまざまな回答、アドバイスを見てきてふと考えました。精神病または神経症の質問での回答内容は専門家から見てよいものなのでしょうか?患者に接する態度、こうしたほうがいいですよなどいろいろありました。精神病などはとても難しいものだと思っています。素人さんの回答などはいかがなものなのでしょう?
そういう回答が悪いと思ってるわけでは決してありません。回答者のみなさまは質問者の気持ち、辛さがわかる、すばらしい方々だと思います。励まされることもあり、楽になることもあり、新しい発見もたくさんあり、本当に感謝しています。ですが、治療の面から見て、患者の為にはよいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家と言えど、薬剤師と変わらないという部分も確かにあると思うのです。
ただ、多少なりとも病気について学んでいる(知識がある)ので素人の発言よりは危険度が少ないとは思いますね。また、こういった病に対して医者に求められるものは熱意や人格的なものだと思っています。
よく知られている「うつには励ますな」といった例にもあるように、素人が陥りやすい誤りというのがはびこっていると思うんです。
また、隣人が私の悪口を言っている、という場合
これは幻聴かな?と大方の人が判断できるかどうか、ということです。これはわかるかもしれませんが、
それに対して全然検討違いの発言をしてしまうこともある。症状のひとつである、ということまで理解しているかと思うのです。単に気が晴れない、というのも
病気として区別されない落ち込み程度から鬱症状まであり、その判断が難しいと思うのです。そういう患者に対し、甘えるなというような厳しい発言も多いと思います。良心的な思いからの発言でも時に誤りがあり、また悪意からもっともらしいご託宣を述べていることもあると思うんです。こういう無防備な媒体での精神にまつわる質問は要注意だと思います。
が、また一般人の素朴な暖かい言葉が患者さんに力を与えたり、癒すという場合もあると思っています。
また、医者よりそういったセンスを持っている場合もあると思うんです。ですが、訓練を受けプロとして活躍しているカウンセラーからみたら、間違いだらけもよいところで、害にもなりえると思い見ています。

専門家と言えど、薬剤師と変わらないという部分も確かにあると思うのです。
ただ、多少なりとも病気について学んでいる(知識がある)ので素人の発言よりは危険度が少ないとは思いますね。また、こういった病に対して医者に求められるものは熱意や人格的なものだと思っています。
よく知られている「うつには励ますな」といった例にもあるように、素人が陥りやすい誤りというのがはびこっていると思うんです。
また、隣人が私の悪口を言っている、という場合
これは幻聴かな?と大方の人が判断できるかどうか...続きを読む

Q玄関先にほうき

65歳の父が、我が家の玄関の外側にほうきがぶら下げてあるのを
見て、「ほうきは掃き出すという意味があるから、玄関先に置いてると
人が寄り付かんようになる。直ぐにやめたほうがいい」と言われました。
こんな話きいたことはないのですが、このような迷信みたいなものが
あるのでしょうか?
父だけのオリジナルの迷信なら、無視ですが、実際ある迷信なら
それに習おうとおもいます。皆さんおしえて下さい。

Aベストアンサー

菷を玄関などに逆さに立てかけると、長居の客を帰すことができるとのまじないがあります。おとうさまがおっしゃっているのはこのことでしょうかね、ちょっとちがうような気もしますが。

Q双極性Ⅱ型 障害者年金について 同じ質問でカテゴリー違いだった為、もう一度すみません 16歳の頃に抑

双極性Ⅱ型 障害者年金について

同じ質問でカテゴリー違いだった為、もう一度すみません

16歳の頃に抑うつ病、境界線人格障害、社会不安障害等を発病しており、
日常的に自傷行為やODを繰返し、19歳で飛び降り自殺を経験(一ヶ月間昏睡で3ヶ月間寝たきり入院)した後も暫くはそのまま精神科に通い、23歳で今の主人と出逢ってから精神的に一旦落ち着いたのですが、その間も自傷はたまに行っておりました。精神科は当時親の別居等もあり、生活費を多く入れたり交際費も…となったのと今まで無かった精神的落着きが多かった為行くのを辞めてしまいました。

この間、日雇いのバイトや一年程度の接客バイト、工場での作業等は出来ておりました(それでも長続きはせず…)

結婚を期に一度辞めて、落ちついた頃にパートとして復帰しようも、パワハラとセクハラで2社働くもすぐ辞めてしまいました…この頃から自信も無くなり、人と向き合うのが怖くなり次の仕事を…と、考えるだけで震えて涙が出てきてしまうように。

それに加え目眩がおき、酷いときは体が痺れて動けなくなったので内科で調べて貰ったときに「過呼吸」を無意識におこしてると言われ、また別の精神科に通うことになりました。

そこで診察された結果が「双極性Ⅱ型」だったのですが、半年ほど通っては居たのですが、受付の女性に威圧感と言いますか…
「こんにちは。お願いします」と診察券を出しても無視されたり、
受診料を払うときも
「⚫⚫円です。」…スッ(お金取る)…スッ(お釣りがトレーに)
だけで、一般的な病院である「お大事に」などもなく睨まれてるようで、いつもこの人の態度にビクビクしてしまって、病院に行けなくなってしまいました…一年程空いてます。

ですが、最近週に2日外に出れるかどうかなくらいまで病状が悪化してしまい、家事もままならず、主人にも負担をかけ続ける事になるのがまた更に辛くて…の悪循環で、もう一度先生は嫌では無かったので受付だけ我慢して投薬をしてもらいに行こうと思いました。
そこで、もし年金受給を出来そうなら相談を。状態が落ち着いたら障害に理解ある福祉の場で働かせて貰おうと(b型)思い手帳の申請もさせて貰おうと思っております。

年金申請の場合は初診日が必要となってくるとありましたが、この場合
①16歳の頃から鬱で通ってた病院
②過呼吸が発覚した病院
③双極性Ⅱ型が発覚した病院
どれが初診となるのでしょうか?
また、③の病院は出来れば行きたくは無いので知人の勧めで違う病院も検討してます。
この場合も③にカルテ的な物をもらえるのでしょうか…?何と言って貰えば良いのかも分かりません


長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします

双極性Ⅱ型 障害者年金について

同じ質問でカテゴリー違いだった為、もう一度すみません

16歳の頃に抑うつ病、境界線人格障害、社会不安障害等を発病しており、
日常的に自傷行為やODを繰返し、19歳で飛び降り自殺を経験(一ヶ月間昏睡で3ヶ月間寝たきり入院)した後も暫くはそのまま精神科に通い、23歳で今の主人と出逢ってから精神的に一旦落ち着いたのですが、その間も自傷はたまに行っておりました。精神科は当時親の別居等もあり、生活費を多く入れたり交際費も…となったのと今まで無かった精神的落着きが多...続きを読む

Aベストアンサー

「20歳前初診による障害基礎年金」の受給の可能性を考えることになります。
16歳のときを初診日と考えてゆきます。
なお、https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9607357.html での書き込みも参考にさせていただきます。

このとき、本来はその初診日から1年6か月経ったときが障害認定日ではある(国民年金法第三十条)のですが、20歳前初診の場合には、通常とは異なる取り扱い(国民年金法第三十条の四)が行なわれます。

◯ 国民年金法 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO141.html

障害認定日が20歳到達日(20歳の誕生日の前日のことをいいます)よりも前に来てしまうときには、本来の障害認定日(初診日から1年6か月が経過した日)に障害の重さを見ることはしません。
国民年金法第三十条の四により、20歳到達日に障害の重さを見ます。
つまり、質問者さんの場合もそうですが、障害認定日に相当する日は「20歳到達日」となります。

以上の決まりごとによって、障害年金を請求する際の年金用診断書には、20歳到達日をはさんだ前後3か月間の障害の重さを書いてもらうことになります。
20歳前初診のときに限っては、本来の取り扱いとは違って、障害認定日(ここでは「20歳到達日」)の前3か月も認められています(本来は、障害認定日の後3か月だけ)。

20歳到達日をはさんだ前後3か月間に実際に受診していることが必要で、そのときの障害の内容を、当時に実際に診察した医師から年金用診断書に書いていただきます。
また、併せて、16歳のときの初診医療機関から受診状況等証明書という初診証明(しばしば勘違いされますが、これは診断書ではありません)を書いていただきます。当時のカルテがいまもまだ残されている、ということが大前提です。

以上のような前提のもと、20歳到達日において「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」や「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」で定められている障害の程度(等級)を満たしていれば、「20歳前初診による障害基礎年金」を受けられる可能性が出てきます。
ただし、障害基礎年金は、1級か2級の障害の程度に該当しなければなりません。かなり重い状態です。
3級という最も軽い状態によるものは、障害厚生年金だけにあります。初診日の時点で厚生年金保険に入っていたときにだけ、受けられる可能性があるものです。今回のご質問ではあてはまりません。

◯ 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 ‥‥ http://goo.gl/FlQF58
◯ 国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン ‥‥ http://goo.gl/X6TXEn

ということで、20歳到達日において、2級か1級の状態であれば、障害基礎年金を受けられ得ることになります。
これを「障害認定日による請求に基づく、20歳前初診による障害基礎年金」といいます。
いわゆる「遡及」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それがあてはまるケースでもあります。
というのは、障害認定日のある月の翌月分から(要は過去から)が支給対象となるためです。
ただし、時効という決まりごとがあるため、請求したときから見て5年を超える過去の分については、実際には支給を受けられません。
しかし、遡及が認められれば、それだけでも、1度に数百万円の過去分(過去分の支給は1度かぎりです)を受けられることがあります。

これに対して、20歳到達日において、まだ2級や1級の状態だとは言えない場合は、その後状態が悪化してそのような重さになるときまで、障害基礎年金を受けることはできません。
悪化してそのような重さに至ったときに、初めて障害基礎年金の請求が認められます。
こちらを「事後重症による請求に基づく、20歳前初診による障害基礎年金」といいます。
初診日などの定めについては、「障害認定日による請求に基づく、20歳前初診による障害基礎年金」と全く変わりませんが、障害の重さが違うことがポイントです。
過去へのさかのぼり(遡及)はできず、過去分の支給はありません。請求した月の翌月分からの支給です。

過呼吸も、双極性障害2型の確定も、実は、直接の関係はありません。
これらについては、そもそもの16歳当時の状態が連続している・変化した結果である、ととらえるためで、これを「相当因果関係」といいます。
要は、もともと16歳のときから現在の精神状態に至る素質を持っていた、ととらえるわけです。
また、診断名が確定した日が初診日となるわけではなく、たとえ誤診・異なる病名であっても、初めて医師の診察を受けた日を初診日とするという決まりごとがあります。
そのため、①によって初診日を確定した上で障害年金の請求を進めることになり、②や③については、まず、初診日だとは考えません。
通院の長さや入院歴の有無、定期的に通院しているか否かも直接は関係なく、あくまでも、ある期間における障害の重さを見ます。
つまり、見ているのは「障害」(生活上の困難度をさす)であって、「病気」(病名や服薬内容などをさす)ではないのです。勘違いされることが多い箇所です。

役所の福祉課に相談しても、何にもなりません。
福祉課は障害者施策を管轄する部署ですが、年金に関する専門部署ではありません。
相談すべきなのは、役場の国民年金担当課か、もしくは、日本年金機構の年金事務所です。

最後に。
境界線人格障害、社会不安障害‥‥といった人格障害や過呼吸などの神経症状態が主だった障害となっていた
場合は、現在の診断名にかかわらず、障害年金を受けられないこともあります。
というのは、人格障害や神経症は、障害年金の支給対象とはならないからです。
そのあたりについては、できれば年金事務所できちんとお話しをきいていただくことを強くおすすめします。

いわゆる「同病者」の方からの回答には、実は、かなり間違った内容のものも少なくありません。
メンタルヘルスのカテゴリでは、残念ながら、実際、とんでもない内容のことも多く、たいへんハラハラすることがあります。
回答を鵜呑みにしたりせず、必ず、役所や年金事務所などの専門部署からの説明・指示にしたがって下さい。

「20歳前初診による障害基礎年金」の受給の可能性を考えることになります。
16歳のときを初診日と考えてゆきます。
なお、https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9607357.html での書き込みも参考にさせていただきます。

このとき、本来はその初診日から1年6か月経ったときが障害認定日ではある(国民年金法第三十条)のですが、20歳前初診の場合には、通常とは異なる取り扱い(国民年金法第三十条の四)が行なわれます。

◯ 国民年金法 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO141.html

障害認定日が2...続きを読む

Qセル行をまたぐ}の出し方:エクセル2007です。

エクセル2007の場合オートシェイプの出し方が判らず悩んでいます。
セルをまたぐ}をだしたい。手順を教えてください。
文章作成に必要です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2・#7です。
画像が表示されないので、もう一回です。

Q初めまして。双極性障害のことについて悩みがあるのですが、躁鬱のカテゴリーが無いようです。どのカテゴリ

初めまして。双極性障害のことについて悩みがあるのですが、躁鬱のカテゴリーが無いようです。どのカテゴリーで質問させてもらえますか?一応うつ病のカテゴリーでこのようなことを聞いてますが、間違っていたらすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「双極性障害」は医学用語ですが、ここでは「メンタルヘルス>うつ病」のカテゴリーになると考えられますので、ここで良いと思います。

Q迷信 神 祟り 信じない人

主題の他、占い いたこ など私はまったく信じていません。

私と同じ考えの人はいらっしゃいますか?。



※ あんまり過激なご回答はフォローできないかもしれませんのでお手柔らかにお願いします。

Aベストアンサー

私も全く信じません。
迷信や祟りなんてものはまず信じませんし、占いもどうでもいいです。
それから、宗教というものが大っ嫌いです。
仏教ですらあまり好ましくありません。
唯一神というものが好きではないんですよね。
何で元々ただの人間だった人を信仰するのか。

ただ、神は神でも、唯一神ではなく、日本に古来からある「八百万の神」みたいな考えは好きです。
「山には神様がいるから、自然を大切にしなさい」とか、「川には神様がいるから、汚さないように水は大切に」みたいな。
教訓として、信仰になっていったような。
ですから、お寺はあまり好きではありませんが、神社は好きです。

Q鈍くなった思考力を良くする方法

最近PCのやりすぎや生活が不規則が原因かわかりませんが
思考力が鈍くなっている気がします

どうすれば思考力を良くできるでしょうか?

Aベストアンサー

 思考力=集中力と繋がるように思えますので、私の体験ですが。
私の場合、禁煙(一日20本程度吸ってました)、禁酒(ビール500ml/日)、そして食事制限(腹6分目)で集中力が高まり、頭が冴え出した様に思えます。なお実施期間は約1週間です。
 腹6分目だと、タバコを吸いたい欲求より、食欲が勝り禁煙できましたし、夜もお腹が減ってしかたないので自然と早く寝るようになり、生活リズムも早寝早起きになるように思えました。
 食事は量を制限するので3度の食事を大切にし、テレビを消して食事に集中してシッカリ噛んでよーく味わうように食べると、味覚、嗅覚も敏感になるように思えます。

Q『自分を信じる心』ってどう英語で言えばいいですか?

いつも大変お世話になっております。よろしくお願いします。

『自分を信じる心』

って、どのように英語で表現すればいいでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば「自分を信じる心を持とう。」という、日本でよく使われる表現を英語の文にして言いたい場合は、単に「Believe in yourself.」と言うのが一般的です。

Q長期間の闘病生活医者を信じる事に疲れました

この度、私の質問を閲覧をして下さった方有難うございます。

私は、仕事が原因で最初に抑うつ神経症と診断されてから、3回転院をしてその間抑うつ神経症→鬱病→双極性障害II型と診断名が変わってきました。

そして最初に診断を受けてから20年近くになりますが、全く良くなる気配すらありません。

その間に病気が原因で仕事をなくし、付き合っていた女性との結婚も破談になり、友人も徐々に離れていき、何もかも無くしてしまいました。

正直、もう医師の事を信用するのに疲れました。
このまま医師の事を信用し続けるべきでしょうか?

もう生きる事に疲れたと言うのが本音です。

Aベストアンサー

精神科の薬は対処薬しかありません。

継続して投与されると本来の脳の機能を減退させる可能性があると考えます。
症状が重くなり、薬が増えていく。
これは質問者様の経験と一致するところではありませんか。

>抑うつ神経症と診断されてから
あくまで「症」なので、この段階では社会的適合性はあったんでしょうね。

>全く良くなる気配すらありません。
環境で良くなることはあっても、対処薬で良くなることはないです。
寛解という言葉も詭弁にすぎません。

>このまま医師の事を信用し続けるべきでしょうか?
いいえ。自分で処方薬の作用と副作用を確認して、減薬を考えましょう。
医師に減薬したいと意思を示して、具体的な減薬計画は医師の指示に従って下さい。

早く精神科のトラップから抜け出せるといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報