「マンモス校」など、巨大なものの表現をするとき、
マンモスという比喩を使うことがありますが、それは何故でしょうか?
しかも、実際にはアニメーションで観るように大きくは無いそうです。
私が幼い頃には、そのような表現はなかったように思います。
まさか・・・例のタレントさんの「マンモスうれP」などから発生した言葉なのでしょうか?
今ではアナウンサーも使用する表現ですよね。
とても気になるので、ご存知の方はご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

1955年にタテ3m×ヨコ4mの巨大な画面を持つ「マンモステレビ」が出現しました。

野球場の「マンモススタンド」もこの年でした。6万トン超えの「マンモスタンカー」がスエズ運河を通れないと話題になったのは翌56年でした。


1959年2月12日付け「毎日新聞」では「マンモスタワー、マンモスひこうき、マンモス船舶、、マンモス アパートと、とかくマンモスばやりのきょうこのごろ」という記事が載っています。

実際の大きさについてはたとえば、「1962年、ソ連のグルジャ共和国のゴサホリンという山で、高さ4m、長さ5mの、300万年前の、完全なマンモスの化石が掘り出された」(1962年4月15日付け「毎日新聞」)とあります。

「マーモンタ」という言葉で「ヲロシアの地中より大獣の牙を掘り出すこと時々あり」との記載は近藤正斎の書は、実に1804年とされています。

ちなみに13ブームの「巨大ジャンボー(掘削機)」が日本で初めて、岐阜の東上田発電所の建設で使われたのもこのころ(1954年)で、こちらもその後、巨大漢や巨獣の意味からジャンボサイズなどと多用されるようになったものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

とても具体的で分かりやすい解説をありがとうございます。
私は40代なのですが、まだ私が生まれる前によく使われた言葉だったのですね。
私の幼い頃には、既にジャンボが主流になっていたという事ですね。
う~~ん、とっても勉強になりました!
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/08 14:53

あなたが幼い時とは、いつごろかわかりませんが、44の僕が幼いころはその表現がありましたね。

ちょうど第2次ベビーブームのさなかで、児童数二千人のマンモス校とか言いましたもの。
実際にはそれほど大きくなかったにせよ、陸上の哺乳類の中では、大きい。哺乳類ならクジラのほうが大きいかもしれないが、それは海中。やはり、他と比べて大きいもの、となったら、象の類を持ってきたのでしょうね。マンモス、といえば、実際にどれぐらい大きいか、想像もつかないので、エレファント校よりはインパクトがあったと思います。
「マンモスうれP」なんて、もっと後。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

回答者様とほぼ同年代です。
そうですか、私が聞いたことがなかっただけなのですね。
確かに、大きいという意味では「エレファント」「ホエール」でもよさそうです。
皆様のご意見をお聞きすると、マンモスの牙が大きいからという意味と、
イメージとして大きいと感じるからという二つの要因が合わさって、
頻繁に使われるようになったというのが正解?のような気がしました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/08 15:12

 アメリカ英語でも、下記のウエブスターでは something immense of its kind (mammoth company)「その種類で非常に大きいもの(マンモス会社)」という定義が出ています。


http://www.merriam-webster.com/dictionary/mammoth
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

「その種類で」というのがポイントですね。
象の仲間の中で、牙がとても大きかった。
だから「マンモス」と名付けた・・・そういう事だと理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 15:05

mammoth は、下記のイギリス英語の辞書に extremely large ( = enormous, gigantic)「非常に大きい(膨大な、巨大な)」という形容詞になっています。


http://www.ldoceonline.com/dictionary/mammoth_1

 これをただ輸入しただけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

普通に使われる言葉なのですね。
動物のマンモスに「マンモス」と名付けたのは、
やはり言葉が先にあって、牙が大きかったからという事ですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/08 15:03

いくつか理由は有ると思いますが、一言で言っちゃうと「マンモスが絶滅してるから」だろうなぁ。



その結果、具体性が乏しいんですよ。
マンモスに対するイメ-ジは、概ねの人は
・割とデカい
・何となくデカい
・多分デカい
・恐らくデカい
・結構デカい
・かなりデカい
・とてつもなくデカい
みたいな感じじゃないですか?

いずれにせよ、少なくとも「小さい」とか「平均的」などとイメージしないでしょ?

ソコソコ正確な知識があれば、マンモスが象と比べて著しく大きいワケでは無いとは知っていますけどね。
それでも実際にマンモスが生息・活動してた時期を見たワケでは無く、「では当時の最大のマンモスは、現在の最大の象と比べて、どちらが大きいか?」と問われたら、明確には答えられないでしょう。

総じて言えば「もしマンモスが生きていれば、現在、陸上生物で最大の象より大きいかも知れない」って言う様なイメージじゃないかと思います。

この結果、「マンモス」と言う言葉には、具体性は無い「最大級」と言うイメージが生じてると思います。

またこの「最大級」って言うのは、「とんでもない」とか「世界一〇〇」とか「最高レベル」と同様、現実に存在するモノで比喩するのって、以外と難しいと思いませんか?

例えば「世界一」は、同種で比較するモノが無い故に世界一ですから。
ソレを喩える場合、全く違う分野のトップクラスであらねばならなりませんし、また、具体性が無い方が良いんです。

もしスカイツリーを何かに喩える場合、「まるで富士山みたい!」って言っても構わないけど、「でもスカイツリーは634mしかないよ。富士山は3776mだから、実際には比べ物にならないな。」と論理的に言われちゃうと、返す言葉が無いですからね。

だから比較が難しいモノは、得体が知れないモノに喩えちゃうんですよ。
「モンスターペアレント」と同じ様な感じです。

これをフランケンシュタインペアレントとか、ドラキュラペアレントって言うとダメでしょ?
イメージが具体化しちゃうから。
抽象的・総論的な「モンスター」の方がしっくり来ると思います。

巨大な構造物などは、実際には象やクジラより遥かに大きいので、大きさが簡単に具体的にイメージ出来ちゃうモノではダメなんですよ。

それと何より、マンモスはモンスターなどと同様、もはや比喩の域を超えて、慣用表現化や接頭語化しちゃってますね。
スカイツリーを「マンモスタワー」とか「モンスタータワー」って言っても差し支えとか違和感は無いです。

一般語句として、超〇〇,スーパー〇〇,ハイパー〇〇などと言いますが、マンモス〇〇も、ほぼ同じ様なニュアンスの言語化しちゃっていますから、「どうしてマンモス〇〇と言うのか?」って言うのは、「どうしてスーパー〇〇と言うのか?」と、ほぼ同じ様な意味合いになってしまいます。

質問者様が「マンモスは実際にそれほど大きく無いので、マンモス〇〇と聞いても、それほど大きいとは感じない」と言うのは、質問者様の感性なので仕方が無いし、全く問題は無いですが、一般的,言語学的な知性面では、間違いになってしまいます。

尚、「マンモス〇〇」は、1950年代に登場した大型石油輸送タンカーが「マンモスタンカー」などと言われてましたヨ。
それ以前は、日本は戦時中で、敵性言語だから余り使われてなかったんじゃないでしょうか?

このマンモスタンカーは英語圏では通用しない様ですが、海外でもMammoth〇〇と言う比喩表現は使いますから、マンモス〇〇は、ほぼ万国共通で「巨大な〇〇」をイメージする様です。

「マンモスうれPー」が語源で無いコトは確かですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やっぱり「マンモスうれP」が語源じゃないんですね。
よかったです。ホッとしました(笑)
確かに、他に比べようが無いマンモスというのは、ある意味世界一ですよね。
その様なイメージ的な要素も、きっとあるのだと思いました。
勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/08 15:00

 1983年発行の辞書に『マンモス』が載っています。


接頭語として「巨大なもの」という意味があります。
さて、おっしゃるとおりマンモスは体躯が普通の象に比べ、巨大というほどではありません。
どうも牙が並外れて大きいところから、マンモス = 巨大となったようです。
そういえば、『マンモス団地』という言葉が、高度成長期にはありましたっけ。

 なお『マンモス』はもともとシベリア周辺の言葉で”mamantu”(ママンツ:地中に住むもの)から来ています。
「地中に埋まっている化石・骨」の「牙が大きい」ところから、意味が転じていったものとされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アニメの影響で、マンモスは体が大きいというイメージになっています。
実際には、体ではなくて牙が大きいという意味なのですね。
1983年には辞書に登場しているのですね。
大変勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/08 14:56

質問者様が幼いころ、というのがいつごろかわかりませんが



少なくとも40年以上前に大きいもののたとえとして「マンモス」が使われていましたね。

マンモスタンカーなんて言い方を知ったのは40年以上前の小学生のころの事です。

1970年ころの人気漫画「あしたのジョー」にジョーの仲間として西寛一というボクサーが登場していますが、彼のリングネームは「マンモス西」でした。
階級はたしかライトヘビーから階級下げてミドル級という設定なので80~70キロ強、それほど大きくないように思われるかもしれませんが、当時の日本には中重量級にボクサーは殆どいませんでしたから、それでも立派なマンモスなんです。

また、プロレスラーで馬場や猪木と同じころにデビューした「マンモス鈴木」もいました。
これも日本人に珍しい巨体と魁夷なルックスから付けられたリングネームでしょうね。

個人的な記憶から言えば
1970年ころにボーイング747が就航し、そのニックネーム「ジャンボ」が大きいものの代名詞として使われ始めた時に「ああ、これからはマンモスじゃなくてジャンボか」という感想を持ちました。

マンモスが最大級のゾウってわけでもないのに大きいものの例えにされるのは
もっと大きな球場がある今でも広い敷地や容積をあらわすのに東京ドームが引き合いに出されるのと似たようなものでしょう。
実際の大きさより「大きい!」というイメージがあることが大事なんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

な・・・なるほど。
とても説得力のある解説です。
ジャンボよりもマンモスのほうが、古い(言葉の流行として)言葉なのですね。
ちなみに私は40代です。

お礼日時:2011/04/08 14:49

 


英語でmammoth
形容詞として「巨大な」の意味があります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

NO1さんのお礼にも書かせていただいたのですが、
生き物のマンモスと言葉のマンモスは、どちらが先だったのでしょうか。

お礼日時:2011/04/08 14:46

mammothは「巨大な」という意味の英語です。

外来語の一種と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

マンモス=巨大な
なのですね。ありがとうございました。
「mammoth」が巨大なという意味だったから
あの生き物がマンモスと呼ばれるようになったのでしょうか?
それとも、マンモスが大きかったから、巨大なという言葉がマンモスに
なったのでしょうか?

お礼日時:2011/04/08 14:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q象とマンモス

象とマンモスの違いって何でしょうか??
ネットで検索しても、今一よく判らなくて・・・。
毛深い象がマンモス?
違いが判りましたら是非教えて頂きたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

回答が混乱しているようですね。

マンモスゾウも象の一種といって差し支えないと思います。ゾウ亜目(いわゆるゾウです)はマンモス上科(全種絶滅しました)とゾウ上科に分けられます。分類基準は臼歯がどうたらこうたらと,私にはとても理解できるものではありません。

マンモス上科は現存のゾウの直接の先祖ではないと思われています。ただし,一般の方には大変難しいことですがperorさんの言う,「遺伝子距離」でいったらマンモスもアフリカゾウもそれほど離れているわけではないようです。ですから一層マンモスをゾウの仲間としても良いのではと思います。

マンモスとアフリカゾウは極めて近縁ですから,アフリカゾウの卵にマンモスの核を入れクローン・マンモスを作りまして,マンモス復活計画が進行中です。

毛深さの問題ですが,これは生育環境,特に温度によります。マンモスは北極圏に生息していました。日本にもナウマンゾウ(ゾウ上科で現存のゾウの仲間です)がいましたが,これら氷河期前の寒い気候で,更に寒い地方のゾウは,皆毛が長かったと思われてます。

混乱が回避されますように,参考になりましたなら…

回答が混乱しているようですね。

マンモスゾウも象の一種といって差し支えないと思います。ゾウ亜目(いわゆるゾウです)はマンモス上科(全種絶滅しました)とゾウ上科に分けられます。分類基準は臼歯がどうたらこうたらと,私にはとても理解できるものではありません。

マンモス上科は現存のゾウの直接の先祖ではないと思われています。ただし,一般の方には大変難しいことですがperorさんの言う,「遺伝子距離」でいったらマンモスもアフリカゾウもそれほど離れているわけではないようです。ですから一層マン...続きを読む

Q【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか? 「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」と

【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか?

「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」というタイトルで雑誌の特集を組んだら日本語に敏感な方からクレームが来るのか教えてください。

Aベストアンサー

さんぽ散歩  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E6%AD%A9

与謝蕪村は「門を一歩出れば、そこは旅」みたいなことを言いました。師匠と仰ぐ芭蕉のように旅に強く強く憧れましたが、家業の関係で実行できない境遇でした。
日常を離れるのではなく、日常の中にも旅はある、それが蕪村の到達点であり句作の原点でもありました。

はるかな旅も旅でしょうが、結局旅というものは私たちの心の中にある。旅をすればどんな人間かが出てしまう。つまらない人間はつまらない旅しかできない。

不況とかデフレとかで経済は上手く回っていませんが、それだけに身近な旅、心の旅が見直されているのではないでしょうか? クレームよりも好評の方が多いと思いますよ。

また、日本語に敏感であるならば、その自由度こそ日本語の優れた点だと認めてくれると思います。

Q愛知万博でマンモスを見られた方おられますか?

はじめまして。愛知万博でマンモスラボ(ブルーゾーン)を見られた方に質問です。
建物に入ってから出るまでどれくらいかかりますか?
また冷凍マンモスは何分くらいみられるんですか?

Aベストアンサー

 プレショーのスペースに入ってからマンモスを見終わるまで、30分から40分です。
 早く終わりたい方はメインショーの座る位置を入り口のそば(入り口と出口は同じ扉です)にするといいでしょう。じっくり見たい方はメインショーが終わったら一番最後に出るといいですよ。
 メインショーを出たら一番右に並んでください。すぐ近くで見られます。

Q方言:「...たった」及び「...さる」という表現を使う地域は?

こんにちは。
タイトルにありますように、「...たった」及び「...(動詞未然形)+さる」という表現がどの地域又は地方で使われているのか教えて頂けないでしょうか。現地話者の方でなくても構いません。下記に具体的に例を挙げます。用法は一部ですが、下記のものを外れるものでも構いません。又、関連する表現でも何でも構わないので、書き込みして頂けますでしょうか。宜しくお願いいたします。

1) 「...たった」

例1: 「さっき、和子おばちゃん来たったよ。」
訳 : 「さっき、和子おばちゃん来たよ。」

例2: 「だがら、やめるんだって言ったったで
しょ!」
訳 : 「だから、やめれば(やめたほうがいい)って言
ったでしょ!」

2) 「...(動詞未然形)+さる」

例1: 「このはさみ良ぐ切らさる。」
訳 : 「このはさみ良く切れる。」

例2: 「ゆうべ、良ぐ寝らさった。」
訳 : 「昨夜、良く寝られた。(寝ることができた)」

Aベストアンサー

北海道在住です。
1)は聞いたことがありませんが、2)はしょっちゅうではないですが、使います。
「そのペン書かさる?」なんていう風に。
秋田・岩手と回答している方が多いですね。北海道の言葉は東北の方言と共通するものもあるので、そちらからきているのでしょうか。

Q「マンモス」の比喩について

「マンモス校」など、巨大なものの表現をするとき、
マンモスという比喩を使うことがありますが、それは何故でしょうか?
しかも、実際にはアニメーションで観るように大きくは無いそうです。
私が幼い頃には、そのような表現はなかったように思います。
まさか・・・例のタレントさんの「マンモスうれP」などから発生した言葉なのでしょうか?
今ではアナウンサーも使用する表現ですよね。
とても気になるので、ご存知の方はご教示ください。

Aベストアンサー

1955年にタテ3m×ヨコ4mの巨大な画面を持つ「マンモステレビ」が出現しました。野球場の「マンモススタンド」もこの年でした。6万トン超えの「マンモスタンカー」がスエズ運河を通れないと話題になったのは翌56年でした。


1959年2月12日付け「毎日新聞」では「マンモスタワー、マンモスひこうき、マンモス船舶、、マンモス アパートと、とかくマンモスばやりのきょうこのごろ」という記事が載っています。

実際の大きさについてはたとえば、「1962年、ソ連のグルジャ共和国のゴサホリンという山で、高さ4m、長さ5mの、300万年前の、完全なマンモスの化石が掘り出された」(1962年4月15日付け「毎日新聞」)とあります。

「マーモンタ」という言葉で「ヲロシアの地中より大獣の牙を掘り出すこと時々あり」との記載は近藤正斎の書は、実に1804年とされています。

ちなみに13ブームの「巨大ジャンボー(掘削機)」が日本で初めて、岐阜の東上田発電所の建設で使われたのもこのころ(1954年)で、こちらもその後、巨大漢や巨獣の意味からジャンボサイズなどと多用されるようになったものです。

1955年にタテ3m×ヨコ4mの巨大な画面を持つ「マンモステレビ」が出現しました。野球場の「マンモススタンド」もこの年でした。6万トン超えの「マンモスタンカー」がスエズ運河を通れないと話題になったのは翌56年でした。


1959年2月12日付け「毎日新聞」では「マンモスタワー、マンモスひこうき、マンモス船舶、、マンモス アパートと、とかくマンモスばやりのきょうこのごろ」という記事が載っています。

実際の大きさについてはたとえば、「1962年、ソ連のグルジャ共和国のゴサホリンという山で、高さ...続きを読む

Q「ぐっすり眠っている」の比喩表現が思い出せなくて……

 日本語を勉強中の中国人です。ある表現が思い出せなくていらいらしています。

 うろ覚えですが、「ぐっすり眠っている」には比喩の表現があるような気がします。たとえば、「帰りのバスで、あまりにも疲れたので、ぐっすり眠っている」の「ぐっすり眠っている」という部分なのですが、「眠る」や「寝る」のように直接に表現するのではなく、何か比喩の表現はありませんか。手がかりが少なすぎて、申し訳ありません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> もう少しお伺いしたいのですが・・・
居眠りしている人がまるで船を漕いでいる人みたいに頭を前後している(見ていて微笑ましい)状況ですが、
これを他の人に伝える(面白いから見て欲しくて)のに「~が船を漕いている」と言います
※他に何と言ったら良いか思いつきません

面白いといえば「トイレに行く」を伝えることを
とにかく遠まわしに表現する場合があります。「録音室に行く」とか。

Q日本でマンモスの化石が発掘されたことはこれまでにあるのでしょうか?

日本でマンモスの化石が発掘されたことはこれまでにあるのでしょうか?

野尻湖のナウマン象の化石というのは有名な話ですが、マンモスの化石が日本で発掘されたことは今までにあったのでしょうか?
マンモスという定義については、自分はマンモスとナウマン象は属が違うとの見解です。

日本の歴史の参考書を読んでいて、「氷河期で海面が100メートル以上低くなり、大陸と陸続きになり、北からはヘラジカやマンモスが南下」「南からはナウマン象やオオツノジカが北上」と書いてあるのを見て、マンモスの化石が日本で発掘されたかどうかを、どうしても知りたくなりました。

詳しい方、そうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

http://www.old.rulez.jp/old/mos.htm
http://blog.q-q.jp/200904/article_2.html
http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/print/bul/b_17/bu17_b.html
いたらしい

Q「安いものは良くなく、良いものは安くない」、「いいものは高く、悪いものは安い」、「高値を出せば良いものが買える」

 日本語を勉強中の中国人です。次のような意味で、口語の中で使えそうな諺や慣用句を探しています。

「安いものは良くなく、良いものは安くない」、「いいものは高く、悪いものは安い」、「高値を出せば良いものが買える」のような意味に近く、普段の会話の中で使えそうな諺や慣用句を知りたいのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。よろしければ、その諺や慣用句を使って、短い会話も作っていただけないでしょうか。

 また、質問に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「安物買いの銭失い」などはどうでしょう。
安いものを買うのは、銭(ぜに:お金の古い言い方)を失うのと同じこと、という意味です。

例文
A「このラジカセ、1000円だったんだよ。安いでしょ!」
B「ちょっと安すぎない?本当に動くの?」
3日後
A「このあいだ買ったラジカセ、一日で壊れちゃったよ」
B「そういうのを、安物買いの銭失いって言うんだよ」

Qマンモスを復活できませんか?

シベリアで凍結したマンモスか見つかっていますが、DNAを取り出して現代の象の受精卵のDNAと入れ替える事はできませんか? ジュラシックパークより現実性がありそうにおもいますが。そうしたら現代にマンモスが復活するのではありませんか?

Aベストアンサー

昨年まで、そのラボにいました。
僕の研究はマンモスではなかったのですが、類似性の高い研究です。
実際先生方が、シベリアに行って組織を取ってきていましたが、DNAの保存性は非常に低いです。
また、DNAの入れ替えは核移植というのですが、一番マンモスに近縁といわれているアフリカ象であっても、異種であることには変わりなく、
異種間核移植は非常に発生率が低いです。
さらに、移植する核(DNAのいれもの)は卵子などではなく、体細胞であるため、さらに確立は下がります。
さらに、何千、何万分の一の確立で発生したとして、その胚を象に胚移植する必要があるのですが、どの発生段階で移植するのか、どの位置に移植するのか(子宮、卵管etc)など、移植にも問題が出てきます。
以上のことより、マンモスの復活は非常に困難といえます。
あと、実はもうマンモス復活は現段階では不可能というのがこの狭い世界では常識となってきています。

Q比喩表現の「今度の仕事を通じていい勉強になった」

同じような例文でしつこく追求していますが、新展開がありましたのでさらなるご回答をお願いします。
「今度の仕事は私にとっていい勉強になった」という文について、「今度の仕事」を「いい勉強」と比喩表現することで、「今度の仕事」の性質の一部を「わかり易く説明している文章」と考えるべきだという説明をいただきました。その説明をいただいて、この文の「なった」は変成・変化の意味ではなく「プラスまたはマイナスの効果・機能がある」という意味だと解釈することにしています。
では「通じて」という語を加えた「今度の仕事を通じていい勉強になった」は、やはり比喩表現と考えることができるのでしょうか。その場合は何が何に比喩されているのであって、「通じて」はどんな役割を果たしているのでしょうか。

Aベストアンサー

既にお伝えした通り、文法的には主語に付く格助詞が「には」系統となった構文で、その主格は「私にとって」であり、その述語は「(~に)なった」です。
一種の強調表現であるこの「には」系統の構文なのですが、
「私にとって(主格)、今度の仕事が(対象格) いい勉強に(連用修飾格の副詞用法) なった(動詞述語)。」
これを通常文に戻すと、
「私は(主格)、今度の仕事で(依拠格述語) いい勉強を(対象格) した(動詞述語)。」
となります。 

ここで、「通じて」を加えた場合は、接続節と主文という複文の構文になるだけです。
「今度の仕事を(対象格)通じ(動詞述語)て(接続助詞)、(私にとっては)(主格) いい勉強に(連用修飾格の副詞用法) なった(動詞述語)。」
または普通文では、
「今度の仕事を(対象格)通じ(動詞述語)て(接続助詞)、私は(主格) いい勉強を(対象格) した(動詞述語)。」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報