昭和48年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート造一部RC造(12階建て地下1階)のビルが、今回の地震で亀裂がたくさん入りました。

1階から8階までの階段の周りの壁が特にひどく横に何本も亀裂が入っています。窓の周りのコンクリートもはがれ落ちているところがあります。

現在はコーティングして補修して周りの壁と同じ色で分からないように塗るようです。

先日の地震で(東京都)このようなビルは沢山あるのでしょうか。
次回に起こった地震で、ニュージーランドのように、この建物が崩壊する危険性はないのでしょうか。

このビルの1室で仕事をしているのですが、よろしくアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

再で恐縮です。

みてないのにあれこれ言うのは良くないでしょうが、昭和48年ごろというと1981新耐震の前の改正の1971年改正よりは後の建物だということです。ここからはみてないので一般的なお話しです。

今の建物に比べて床スラブも薄いし、(12センチのところが多い)
柱も細いだけでなく帯筋の間隔が今の倍くらいもあります。つまりは、柱の持ちこたえ度は悪い。
床スラブが薄いということは水平剛性も今より弱いんです。
建物もよく利用されているようで一番大敵である炭酸ガス発生も多かったかもしれません。
横に入ったクラックは外力によるので地震によることは間違いありませんが、それと同時にそのひびの入り方はコンクリートが健常な状態とはいえない可能性があると考えました。
今の建物より弱いのは確実なので損傷が生じればさらに危険を想定するのは順当な判断だと思っています。

さて、NZは地震国と言っても建築士が設計する義務が発生したのはごく最近だそうです。
古いものをいいものだと言ってDIYして使うのが主流だとか。
また、あの問題のビルも日本の建築士がニュースでざっと見ても性能が全く違うのはわかります。

しかし、同じようには崩れなくても同じころの建物が阪神大震災の際、柱の割れだけで済めばいいですが、短柱破壊して中層階のクラッシュが起きた例もあります。つまり5階建てで2階だけクシャっといったりした事例です。
その事例はまだ部分クラッシュしても柱に荷重を伝え続けたようで数階の床抜けを起こすような事例にはなっていなかったようです。

現代建築で雑壁に入るクラックならそう問題はない可能性が高いですが、その当時の建物は構造壁以外は窓と腰壁のくみあわせで、短柱破壊しやすいデザインが多いです。あくまで多いということで全部ではありません。

賃貸であれば、オーナーが補修を続けても危険と判断されなければ退去命令は出ませんし、検査によって危険であり退去命令がでればオーナーは収入源を失い、入居者には立ち退き料も出ません。検査に合格しても補修代と検査料がオーナーの負担になります。なので、検査が必要でも、建物所有者が果たしてやるかなと。

オーナーが今回補修するということなら、検査を入れる気はないので、オーナーが建物をあきらめないということです。つまりは営業補償や立ち退き料を請求できるチャンスは今後しばらくないと思います。どちらにしろ立ち退き料がでないなら、突然の退去が必要になるよりは今のうちに引越して突然の退去によるアクシデントを回避するほうがビジネスとしては有効であると考える次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の詳しいアドバイス、有難うございます。

とても難しい判断ですね。引っ越しを決意するのは大変です。

皆、まさか震度7のような地震は起こらないだろうと楽観的に考えているのだと思います。

起こってからでは遅いのですが・・・・。
どちらにしても、運命と諦めるしか・・・。

お礼日時:2011/04/15 03:12

地震によって建物にクラックが入れば確実に建物にはダメージがあります。


補修で元の耐力に戻るはずがありません。補修というのは、ダメージを見えなくするだけです。
正直なところ、一度大きなダメージを受けた建物に後どれだけの耐力が残っているかを判断するのは非常に難しいです。まして、新耐震基準前の建物ですから、震度7以上の地震があれば倒壊は免れない可能性大です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
参考にさせていただきます。

当ビルは、建築(長谷工)当時はかなりよいという評判だったと聞きました。(うわさ)
このような建物は、東京中いっぱいありますよね。

この際、国土交通省あたりから検査指導等は入らないのでしょうか。

お礼日時:2011/04/15 03:04

コンクリートのひび割れだけなら、建物の倒壊につながることはまずありえません。

設計においてもコンクリートがひび割れることは許容しています。それよりもコンクリートの中の鉄筋が座屈したり降伏して、コンクリートが割れたり剥がれ落ちると問題があります。

横クラックもそれだけで騒ぐことではありません。本当にひどい状態ならコンクリートが剥がれ落ちて鉄筋が見える状態になります。

ニュージーランドの建物はテレビで見る限り、鉄筋が日本に比べて非常に少なく見えました。同等に考える必要はありません。

ひび割れといっても、コンクリートか、ボードか、モルタルか区別して見なくてはいけませんし、地震前からのひび割れか地震後かも見極めなくてはなりません。だから、一般の方がみて危険かどうかなんて判断できませんし、この回答も一般的な解答なので、心配なら専門家にみてもらってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/04/15 02:58

NO.1 ですが


コンクリートはクラックが入ることを前提として設計しています。
大地震時に横クラックが入ってもそれは設計で織り込み済みで重大なクラックではありません。
補修・補強により元の建物耐力に近くなります。
問題は建物の耐力が震災前程度になっても元々の建物の耐力がどの程度だったかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/04/15 02:55

横クラックですか・・・・。


正直あまりいい状態ではありません。
私は引越しをお勧めします。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~r673/%8FC%91U%8Cv%89 …

これを見るとわかる通り表面を補修すればよいクラックではなく
コンクリートが鉄筋から剥離したりその危険性を帯びています。
そのせいで壁が浮いてはらむなどして水平にクラックがはいるのです。

もちろん検査を行っていただいた方がいいでしょうが、
そのままうめて直してしまうなら危険としか言いようがありません。

賃貸であるならば修繕義務をオーナーにかすことができるわけではありません。
引越ししてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
9階から階段で降りるたびに不安です。地震直後より日数が経つにつれてクラックが増えていくような感じです。
200を超える会社は、不安を口にしながらも、まだほとんど引っ越ししていません。
ただ、さすがに空室募集に応募する会社はありません。一見して逃げていきますね。

検査について管理会社に聞いてみます。

大きな地震がないよう祈るばかりです。

お礼日時:2011/04/09 10:55

無責任に中途半端なことは言えませんが一般論として書きます。


コンクリートの亀裂(クラックと言います)の場所・入り方・幅の程度で変わってきますが、鉄筋の外側のコンクリートの剥離・クラック程度までなら、補修により元の耐力近くになります。鉄筋の内側まで被害があると補強を伴う補修が必要になると思います。

正し、補修だけなら最大でも、地震の前の耐力までしかなりませんので現在の規準は満たしていない可能性はあります。故に、旧規準で設計・施工された建物は耐震診断をしなければ何とも言えません。

あまり知られていませんが、耐震診断の前段階として「震災建物の被災度区分判定」というのもあります。
災害後に建物の耐力がどのくらいになっているかを推定する判定です。

ビルのオーナーに入居者がまとまって調査を依頼してみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
このビルは事務所仕様の分譲賃貸で、ビルのオーナーというのはいないようです。
管理組合か管理会社に貸主を通して聞いてもらえばよいのかもしれませんが、200室超の大規模ビルなので、1賃借人がちょっと口出しできないような雰囲気です。

耐震診断や耐震工事はやっていないということは聞きましたが。
1階に管理会社があるので、もう少し聞いてみます。

お礼日時:2011/04/09 10:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震の前兆?

最近日本海側で、ダイオウイカやリュウグウノツカイなどめったに見られない深海生物が浜に漂着するケースが相次いでいて、これらの深海魚は海底変化の影響を受けやすいため、いま海底で何かが起きていて、漂着は地震の前兆ではないかというニュースを見ました。

☆地震の前兆ではないとすると、ほかにはなにが考えられますか

☆地震の前兆だと仮定した場合、地震がおきるのはそれらの漂着がみつかった浜の近辺ということなのでしょうか

Aベストアンサー

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が溶けて、深海の海流に異変があるのも事実です。
結局のところ生態系も何も謎に包まれているので何ともいえないのですが、
獲れた近くの人は用心をした方がいいという当然の帰結に落ち着くでしょう。

話は変わりますが、オーストラリアの地質学者が今後50年以内に東アジアで
プレートの異変があると警告しています。
主にヒマラヤの造山運動に関することらしいですが、その過程で中国内陸部に
多くの巨大地震がおこると警告しています。

まあ、世界的に活動期に入ったようで、それを象徴するように巨大地震が
立て続けにおきているのは不気味ですね。

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が...続きを読む

Q木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等というのはどの構造部分までが、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなのでしょうか?
主要構造部分のうち、骨組みと言われるものに限定しているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には基礎部分はコンクリート造です。

基礎から上の土台となる部分からが木か鉄骨かによって分類されると思います。

鉄筋コンクリート造については基礎と一体で作られますね

リフォームや加重などの関係で木と鉄骨を組み合わせる場合などがありますが、質問文にあるように主要構造物に何を使うかで分けられると思います。
その場合には木造一部軽量鉄骨住宅などの表現ですね

Q近畿地方に大地震の前兆現象!?

先日、夕方のニュース番組で、近畿各地に地下水の異常現象があり、これは大地震の前兆現象の可能性があるという特集がありました。もし、これが本当に前兆現象だとしたら、もうすぐ近畿地方に大地震があるということでしょうか??

Aベストアンサー

前兆の可能性はありますが、前兆でない単なる地下水の変化という可能性も高いです。

現在地震学では、観測可能な前兆現象として前駆スリップが挙げられています。これはGPS、傾斜計、歪計などで観測されます。(ただし大地震の前に必ず観測されるとは限りません)
地下水とかラドン濃度はこうした前駆スリップから生じる二次的な現象であり、かつ観測精度やノイズの大きさなどもあり、これらから前兆現象と断じるのはかなり難しいと言われています。

プレート型大地震の前には道後温泉などの温泉や井戸の水位が急激に下がる現象は広く知られています。ただしここでも注意すべきは、
大地震が起こった→その前に水位変化がある(ほぼ必ず当てはまる)
水位変化があった→大地震が起こる(必ずしもそうとは限らない)
と言うことです。

Q建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを

建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを打つ場合、配筋があるので、
強度をもたせれるとか、聞きます。S造の場合は床がデッキでコンクリートを流しているだけなので、
アンカーが打てない(強度が弱い)と聞きます。

建築図を見ていると、デッキの図面に配筋がある様に思うのですが、RC造の様に強度を要するアンカー
等を打てないのは何故ですか?

Aベストアンサー

RC造における床はそれ自身で一定の強度を持ち、梁構造のゆがみを束縛する働きさえも担う重要な主要構造です。鉄筋もそれに応じて相当強度に入れられています。
これに対して、S造の床のメイン構造はデッキプレートであり、これはメイン構造にはならないものです。しかもその上に流されているコンクリートは、ただ床として平らな面を作るために入っているものです。そのため、これに入っている鉄筋は単にひび割れ防止の役割であって、それ以上の構造としての強度は一切担っていないものです。

Q最近関東で地震が相次いで起きてますが、 大地震の前兆でしょうか?

最近関東で地震が相次いで起きてますが、
大地震の前兆でしょうか?

Aベストアンサー

前兆とも言えるし前兆では無いとも言えます。
今の地震学では判らないと言う所であって、実際に想定している規模に近い首都直下地震が起きた後に事後検証で
前兆だったとか前兆ではなかったとかと言う事に為るでしょう。
今起きて居る震源と実際に大きな地震が起きた地震の震源などによっても見解が違ってきますからね。
一つ言えるのはいつ起きても不思議では無いと言う事で有り、この回答を読んでいる最中に起きるかも知れませんし
1年後かも10年後かも知れません。
今出来るのはいつ起きても対処出来る様に準備はしっかりと行っておく事です。

QRC造・鉄骨造等について

賃貸マンションを探してるのですが、構造が色々あってどれが良いのか分かりません。そこで、下記のことをご質問いたします。

RC・鉄骨ALC・軽量鉄骨・重量鉄骨・SRC・その他についてそれぞれご質問いたします。

1、地震には強いか。
2、隣りや上下の部屋の足音や声が漏れやすくないか。
3、火事には強いか。
4、アスベストの危険性はないか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

賃貸マンションを探しています。
貴方の質問の疑問を満たす構造順に
SRC>重量鉄骨>RC>鉄骨ALC>軽量鉄骨の順になります。
アスベストの使用に関しての法律が施行されたのが、阪神大震災後の平成13年です。
平成13年以後に建てられた建物には、アスベストは使われていません。
それ以前の建物については、使われている可能性がありますので安全を確かめる意味で調査が必要となります。
公共建築物の大半は、調査済みの建物が多いようです。
建物の所有者に聞くのが一番簡単です。
答えが曖昧だったり、無かった場合は、まだ調査していない建物と判断できます。
ご参考まで

Q地震、津波は、2012年の前兆的現象でしょうか。

地震、津波は、2012年の前兆的現象でしょうか。

Aベストアンサー

 前兆とか予兆とか、自然のサイクルとか周期とか
全て人間の尺度であって、地球規模の災害について人間には
まるっきり関連が無い訳です、結果は別として。
 例えれば、休火山や死火山は人間の幻想、それは人間の
尺度に過ぎない話です。
 地球規模の尺度を測れないのに、なんで2012年なんですか、
現代の人間がなぜそれを気にしなくてはいけないんですか?
 あなたは2012年に何があると思うのですか、
私は確実に2歳年を取るだけです。10歳若返りたい。

Q鉄筋造のマンションと鉄骨造のマンション

引越をしようと考えています。

住宅情報誌を見ると、構造の所に「鉄筋」や
「鉄骨」という記載がありますが、生活する上での
長所、短所等違いはあるのでしょうか?
(例えば、騒音など)

詳しい方、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

1)温度
 鉄筋コンクリートは熱しにくく冷めづらいので、断熱がしっかりされたものでないと夏場夜になっても暑く、冬は寒いことがあります。

2)騒音
 床はコンクリートの厚さでほぼ騒音性状が決まってしまいます。
 界壁はコンクリートまたはALCかそれ以外の工法かで遮音性能が大きく変わります。鉄筋コンクリート造の場合、一般的にはコンクリートかALCによることが多いので、騒音的には優れていることが多いです。

3)スペース
 一般に鉄筋コンクリートの柱梁は大きくなりますので、部屋の隅に出っ張ってきて使用上問題になることがあります。

4)振動
 主要道路や鉄道沿線では振動が問題になることがあります。交通振動に対しては一般的に重量がある方が影響が少ないので、重い鉄筋コンクリートの方が問題が出る可能性は少ないです。

5)カビ・結露
 鉄筋コンクリート構造物は結構結露が生じやすくカビが発生することもあります。もちろん鉄骨でも湿度条件では発生しますが。

6)匂い
 新築の場合鉄筋コンクリートは若干アウトガスが出ていますので、これが気になる人がいます。

7)耐震性
 個別の建物による差はありますが、基本的に建築基準法を満足していますので、構造による優劣はほとんどないと思います。

他にもいろいろあると思いますが、思いついたまま記述しました。

1)温度
 鉄筋コンクリートは熱しにくく冷めづらいので、断熱がしっかりされたものでないと夏場夜になっても暑く、冬は寒いことがあります。

2)騒音
 床はコンクリートの厚さでほぼ騒音性状が決まってしまいます。
 界壁はコンクリートまたはALCかそれ以外の工法かで遮音性能が大きく変わります。鉄筋コンクリート造の場合、一般的にはコンクリートかALCによることが多いので、騒音的には優れていることが多いです。

3)スペース
 一般に鉄筋コンクリートの柱梁は大きくなりますので、部...続きを読む

Q初投稿です。 ホントに怖いです。。 僕は地震の前兆とか予言を信じてしまいます。 先日、メガマウスとい

初投稿です。

ホントに怖いです。。

僕は地震の前兆とか予言を信じてしまいます。

先日、メガマウスというサメが捕獲されました。

メガマウスが捕獲されると大地震が起こるってネットに書いてありました。

それがものすごく怖いです。ホントに起こったらどうしようなど考えてしまいます。

みなさんは、地震の前兆や予言など信じますか?

それと、予言などを信じてしまうせいか分かりませんが、精神疾患を持っています。

この精神疾患がちょっとでも楽になる方法もありましたら、アドバイスよろしくお願い申し上げます。

長文失礼致しました。

Aベストアンサー

メガマウスが捕獲されるとなぜ大地震が起こるのでしょう?
じゃあ捕獲しなかったら絶対地震は起こらないってこと?
海の中を泳いでいる数億の魚の中のたった一種の捕獲が、地震という自然現象とどうつながっているのか教えてほしいです。
メガマウスならどの個体でも地震が起こるの?そうでないなら起こる個体と起こらない個体の差は?
ミツクリザメを捕獲したら何が起こるの?シュモクザメは?

たいていの予言は「必ず起こること」と「日常にあること」をさも関係あるかのように結びつけているだけです。その証拠に、範囲も時期も限定していない。
「ハミガキをすれば火事が起こる」←こんな風にもっともらしく書いても予言になるのです。あなたのように考える前に信じてしまう人がいるから。

>ホントに起こったらどうしようなど考えてしまいます。
みんなそう考えてますよ。逆に、この先日本列島に絶対地震が起きないなんて考えている人はいないでしょう。みな「どうしよう」と考えて、次にそのための「行動」を起こしています。
地震が起こるという予言を信じて、対策を何も練っていないならアタマがどうかしているとしか言いようがありません。
対策を十分にしているならそれ以上心配する必要がありません。
重要なのは、予言→怖い→誰か何とかして!となるのではなく、予言→怖い→安全率を上げ恐怖心をおさえるために行動しよう となることです。

精神疾患を楽にする方法はお医者さんが知っています。だいたい病院というところにいるので落ち着いた気分のときにでも一度行ってみてください。

メガマウスが捕獲されるとなぜ大地震が起こるのでしょう?
じゃあ捕獲しなかったら絶対地震は起こらないってこと?
海の中を泳いでいる数億の魚の中のたった一種の捕獲が、地震という自然現象とどうつながっているのか教えてほしいです。
メガマウスならどの個体でも地震が起こるの?そうでないなら起こる個体と起こらない個体の差は?
ミツクリザメを捕獲したら何が起こるの?シュモクザメは?

たいていの予言は「必ず起こること」と「日常にあること」をさも関係あるかのように結びつけているだけです。その証...続きを読む

QRC造と鉄骨ALC造の違いについて

賃貸マンションやアパートでRCや鉄骨ALCとありますが、どう違うのでしょうか。

特に下記のことが特に気になります。

1.地震が怖いので耐震性や免震の強度。
2.上や隣の部屋の音が気になるので遮音性。
3.火事が怖いので防火や耐熱性等について。
4.アスベストは使われてないか。

鉄骨ALCはRCに比べると劣ると聞いたことがあるのですが、どうなのでしょうか。かなり劣りますか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1、地震については現法規に適合していれば、どちらも耐震上問題ありません。
2、音はRCとALCではやはり違います。RCの方が遮音効果が高い
  ことは間違いないのですが、ALCも工夫すれば大丈夫ですよ。
3、用途地域や建物の床面積に伴い耐火の要求は法的に異なります。
  通常法的な要求が無い限りは法に従い耐火、準耐火にしますが
  施主の要求で耐火にすることも可能です。但し構造体のみ考慮
  すると鉄骨の場合は耐火の要求に比例して、金額も上がる可能性
  があります。
4、アスベストについては国土交通省の通達が出ていますので
  現段階で流通している建築資材では、アスベスト含有資材
  を扱っているメーカーはないものと考えて下さい。

耐久性についてはRCとALCは性格が違いますので優劣は付けにくいのです。性格を熟知しメンテナンスを確実におこなえばどちらも長持ちはします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報