現在、KT-88プッシュプル 60Wx2の真空管アンプを使用して、音楽を楽しんでいます。
主に、ジャズ・ボーカル(サイアナ・クラール)や、クラシック・ボーカルといってもアンドレア・ボチェリやサラ・ブライトマン。
この真空管アンプは、自分で部品交換してバージョンアップして、買った時よりも音質もかなり向上しています。

しかし、違う真空管の音も聞いて見たくて、昨年の暮れに少し手ごろ価格の6AS7(300Bの小型の感じ)プッシュプルを買ったけど、構成が良くないせい?(トランスのせい?)か、いくら改造しても、低能率の大型スピーカーを鳴らしきらない。高能率の小型SPならまだ聞ける。
KT-88と比べると、なんと安っぽい音なのである。

そこで、色々とWebで調べていると、送信管の845が良い音がするとか?
次に狙うのは、これかな?なんて思ってます。
ドライブ管が300Bで出力管が845なんて、なんと贅沢。
しかも、モノ構成を狙っています。
値段もそれなりに高いので、慎重に選びたいと思います。
音を聞いたことのある人、お持ちの方はアドバイスを思います。
夏場に向かって買おうとしているので、発熱も心配です。

スピーカーはフロアースタンド型(トールボーイ型)で能率は87dbで悪いほうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

再び iBook-2001 です♪



お礼を書き込んでくださり、ありがとうございます。

845などは、300BーPPでも出力不足の場合にブースターアンプとして利用した時代も有ります。

当時のスピーカーは高能率ですので、御質問者様の87dBと言うスピーカーは存在しなかった時代です。
たとえば、、A-7
http://speaker.kir.jp/altec/a7-500-8.htm

スペック上、87dBと97dBでアンプのパワーは1/10で同じ音量。100dBなら1/20のアンプで同等です。

88で30Wに87dBスピーカーでしたら、300Bで1.5Wに100dBのスピーカーで同じ最大音量が得られるスピーカーですね。

そのような時代でしたので、300Bシングルはそもそも大出力ですし、上記のスピーカーとの組み合わせで、実際に小規模から中規模のホール(シアター)で運用しています。大規模にはPP化が必要で、屋外のコンサート等で更なるブースターアンプに211や845を組み合わせた事例が有るという記事を見た事が有る程度ですよ。


十畳程度の室内で音楽を鑑賞するなら、最大音響パワーが100dBなんてほぼ不要でしょう。 
平均試聴が85dB程度でダイナミックレンジ上から上限+10dB(アンプのパワーで10倍)まで安定した音質が得られれば音楽は十分に楽しめます(人によりますが、、、)

大抵、スピーカーの効率が1mで測定されていますので、スピーカーとの距離が2倍の2mなら音量は1/4に成りますので、(理論的には距離差の二乗に反比例します)アンプのパワーは机上の計算上4倍を確保したい所ですね。

実際には室内の反射音も有るので、それほど音量的に減衰しませんから、まぁ2倍程度、、


それから、これは体験上の何となく思える状況なのですが、NFBが多いアンプには重い振動板のスピーカー、NFBが浅いとか無帰還アンプには振動系が軽量のスピーカーがそれぞれ良い面が聞き取れる可能性が高いと思いますよ。

残念ながら、同じ口径で振動系の質量が軽いユニットは低音再生に大きな箱で工夫が必要に成る事が多いのが多くの経験から傾向的に間違いないようです。

現代的なスピーカーで、本来の300Bアンプがメリットを発揮出来る製品はほとんど無いと言えば大げさでしょうか?

すでにアンプが2種ですから、スピーカーを追加して、組み合わせにより4通りの音質を楽しんでみるのも良いと思います。

同じトランペットでも、演奏者や楽器メーカーなど、それぞれで微妙に違う音が得られ、それぞれの良さが有るので、どれが最高かって、言い切れませんものね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

補足回答ありがとうございました。

よくわかりました。
しばらくはスピーカとアンプの組み合わせを変えて楽しんでみます。

300B PPも検討します。

お礼日時:2011/04/17 13:22

再度、NO-4です。



トランスドライブとは、(正式な名称ではないかも?)出力管のグリッド制御方法です。

普通のアンプは、出力管のグリッド制御はカップリングコンデンサーを入れ信号分のみ入れ、直流分をカットしてカソードの電位(直流)をグリッドより上げる(自己バイアス)又は、グリッドに-電位(直流)を加える(固定バイアス)方法が採用されています。

トランスドライブとは、トランス(インターステージトランス)を採用します。 簡単に言えば、出力管のグリッドをトランスを通じて信号分を入れる方法です。

出力を上げるには、グリッド電圧の信号(交流)電圧が大きくなりますので、グリッド電流が流れやすくなります。 トランス式は少々流れても、変化は少ない為過負荷でもグイグイルと粘る音を出します。
(例えるなら、ディーゼルエンジンです高負荷でもグイグイと粘ります)

普通のカップリングコンデンサー式は、有る程度音量を上げるとグリッド電流が流れた時、直流バイアス電位が変化しますので、腰砕けの様な音になります。

トランスドライブ方式は、トランスを入れる事により、超低域や超高域のフィルターとなりますので、聴き疲れのしない明瞭な音質になります。

欠点は、高コストになる事でしょうか?。

これ以上になりますと、話が堅くなりますので割愛します。


私の考えは、今までの経験から
オーディオの音は、絶対に測定器的な考え(スペック重視)では有りません。 机上の論理です。
人間が聴くのです、心よく聞こえ長時間聴いても疲れなく、そしてダイナミックある音が良い音と思っています。


私は、JBLのスピーカーを使用しています。 

長々書きましたが、何かの参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足説明ありがとうございました。

参考になりました。

お礼日時:2011/04/17 13:23

はじめまして♪



私は主にスピーカー工作が好きな素人です。

スピーカーの条件から、88PPは最適な組み合わせの一つかと想像いたします。(同等の6550PPでも同じように最適な一つと想像いたします。)

845や211等は1000V以上、低く扱っても800V以上を利用しますので、配線材やターミナル、配線手法と測定時の注意がより必要で、触れた瞬間に死亡に至る感電事故は回避してください。

そもそも、300Bと6AS7を比較しても、周辺パーツ等へのコストの掛け方も違ってきますでしょうし、同列に音質評価するのは多少無理があるような気もします。

なにより、低帰還で利用される事が多い3極管は、現代的な重くて動きにくい振動板のスピーカーには向きませんよ。アンプ側の軽快ではつらつとしたサウンドイメージが、スピーカーをコントロールしきれずに鈍重で低音感が得にくい音とかんじてしまいがちです。
(あくまで個人的感想です。)


アンプがストレートに送り出した電力で、あとはスピーカー任せ と言う、高能率で定評のスピーカーとの組み合わせで本当の良さが見えてくるのが、無帰還シングル3極管アンプですし、現代的なスピーカーは低音を出す為に振動系に重りを取り付けて、アンプ側の駆動力を頼りにした物では負帰還が多い多極管PPアンプや半導体アンプを前提に造られてしまっています。

6AS7PPアンプでも、振動系が軽くて高効率のスピーカーでしたら、88PPにも負けない評価が出てくる可能性がありそうです。

300Bはちょいと個性的なサウンドで、ハマッタ人には換えがたい逸品です。 
私も試しに借りてきて、ヴィンテージのアルテックフルレンジを鳴らしたとき、デュークエリントンは良かったですよ~♪
ベルリンフィルは、今のマランツアンプのが好みですけれど、、、
ちなみにユニットは755Eで、アルテックの中ではネクラサウンドと言われてますかねぇ(苦笑)
http://www.e-staff-net.com/used/sp-unit/altec_75 …

とうぜん、多数の自作スピーカーで試しましたが、フォステクスのFE83は良かったけれど、他の同社ユニット物やLCフルレンジ、ビクターのSX-3,SX-7、ボーズもJBLの小型機もSONYやテクニクスも300Bのメリットはあまり強く無かった、デメリットの方が目立ったスピーカーは、ヨーロッパ系の自作機(ディナ、スキャン、等)が顕著でしたでしょうかねぇ。(あくまで、個人的感想です、しつこいようですが、苦笑)

スピーカーを駆動するアンプですから、スピーカーに合ったアンプを組み合わせる事に重点を置いていただけたらと思います。

私は、あくまでスピーカー工作でいろいろ違うサウンドが楽しみたい、素人の一人ですので、なにか参考にでも成りましたら幸いです♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

845は危険な割りに良い結果が得られそうにないので考え直します。

その代わりに次の事を考えようと思います。
 (1)300Bが聴いて見たくなったので、300Bとそれに合うスピーカーを買う。
  300Bはシングルがその特徴が出るらしいので300B A級シングルとスピーカーは高能率品。
  ゆったりと鳴らせるスピーカーが良いと思いますが、メーカーと型番は何がお勧めでしょうか?
 (2)今回は新しいアンプを買うのはやめて、KT-88の改造をもう少し進め、高音質化をはかる。
   球の交換とドライブ回路の変更。

お礼日時:2011/04/12 22:22

私は現在、845シングルと300Bプッシュプル及び300Bシングアンプを使用しています。


全部トランスドライブです。
(直熱管はグリッドに電流が流れやすくなるため、出力を上げると腰砕けの様になります)これを防ぐため、トランスで出力管のグリッドをドライブします。

質問者様、直熱管トランスドライブの音を聴いた事は有りますか?
(普通の真空管アンプはコストの問題でトランスドライブは採用していません。)

> ドライブ管が300Bで出力管が845なんて、なんと贅沢。
この件ですが、贅沢で何でも有りません。ドライブ管の問題ではなく、先ほどのグリッド電流が流れやすく、腰砕けの音を防ぐためと、メーカーですから低コストでイメージの向上を図るためと思っています。

音量を上げると、普通のアンプとトランスドライブのアンプと断然音が変わります。


>  昨年の暮れに少し手ごろ価格の6AS7(300Bの小型の感じ)プッシュプルを買ったけど、構成が良くないせい?(トランスのせい?)か、いくら改造しても、低能率の大型スピーカーを鳴らしきらない。高能率の小型SPならまだ聞ける。

300Bと6AS7の比較は、300B可哀そうです、全く別物です。(せめて2A3位と比較なら?)
出力トランスはコアーの大きい物を使用する事です。(シングルは特に)

私の経験では、普通の真空管アンプとトランスドライブアンプとでは、音質や大出力での音は異なります、欠点はコストがかかる事ですかる。


845アンプですが、1000v近くの電圧を利用しますので、最初は300Bアンプから挑戦した方が安全です。

提案ですが、それなりの技術をお持ちであれば、一度簡単にトランスドライブのアンプを試作してはどうですか?

参考までに ”自作真空管アンプ製作日記 ”をどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

トランスドライブとは、どんな回路でしょうか?
参考になるサイトがあれば教えてください。

845は電圧が高くて危険ですね。

300Bは以前から興味がありますが、今のフロアスタンド、トールボーイタイプ 87dbでは鳴らしきれないのではと心配です。300Bを買うなら、同時にスピーカーの購入も必要ですね。お勧めのスピーカーがあれば教えてください。 たぶん、ゆったりと鳴らせるものが良いのでしょうね。

お礼日時:2011/04/12 22:31

845シングルモノラルアンプということでしょうか?


それとも845PPモノラルアンプということでしょうか?
845シングルの場合は低域が痩せているせいか、300Bと同じように安っぽく聞こえるかもしれません。
それに一般的にトールボーイタイプのスピーカーですと、重低音域に無理強いをしなければならず、安っぽさは増すばかりですね。
でも、PPにするかシングルでも低域の周波数を補正すればたぶんそれは解決されると思います。
211と845を比較すると低域のやせ細りは211のほうが顕著に表れていると思います。
思いこみかもしれませんが、力強さとスケール感では、KT88と比べると845のほうが、上と見ました。
わたしが聞いたのはこのシリーズです。↓

http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_8 …
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_8 …
シングルのほうは前段が300Bではないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

このサンバレーのサイトを見ると良さそうですが、、他の人の意見を読むと悩みますね。

お礼日時:2011/04/11 01:01

送信管はプレート損失が大きいので、パワー管に使用する事は、


昔から有りました。

アマチュア無線では有名な送信管807で試した事有りますが、
パワーは狙い通りに出ましたが音質は当時の新型管6CA7に、
遠く及びませんでした。

送信管を使用するのは、実験的な遊びの範疇ですね。

映画館の音声用に作られたウェスタンの300Bは憧れの、
真空管でした、色々なパワー管のアンプ作りましたが、米国製の
300Bより優れた物無かったですね、音質面では、東芝6GA4が
対抗出来ましたが、パワーで及びません、国産愛好の私には、誠に、
口惜しい思いでした。

ビーム管のKT-88より三極管の300Bの方が確実に良い音が
します、三極管は構造上、偶数の高調波が発生しないからです。
300Bでのアンプの製作を、御奨めします、送信管をオーディオ
アンプなんて、止めたが良いですよ、高電圧を扱うのですから、火災
位で済まなく、命の危険も有ります、音質は300Bに遠く遠く及び
ません、ただの浪費になります。

真空管アンプの最大のネックは出力トランスの存在です、出力トランス
の性能以上には、ならないのです、オーディオの世界で、音質、コスト
でトランジスターに勝てなかったのです。

KT-88の三極管使用を試されたら如何でしょうか、
共産圏製作の真空管は特性にバラツキが大きいので、4本の
KT-88 の特性を測定して、特性の近い物を組み合わせる、
など音質向上には色々な方策が有りますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

送信管845を選ぶのは、危険ですね。
考え直します。

300Bも欲しかったのですが、フロアー型の87db位のスピーカーは鳴らしきれないとメーカーの人に言われて断念しました。
プッシュプルで出力の大きい300Bなら良いと思いますが、なかなか見当たりません。

お礼日時:2011/04/11 00:58

(サイアナ・クラール)=Diana Krall?



自作アンプですか?
回路は何型ですか?
KT88はどこの球?
トランスは?

>自分で部品交換してバージョンアップして、買った時よりも音質もかなり向上しています。
何を交換してバージョンアップしたんですか?
交換部品とか回路変更個所とかを書くべきと思いますが。

>6AS7(300Bの小型の感じ)プッシュプル
300Bと同列には比べられないと思います。

>ドライブ管が300Bで出力管が845なんて、なんと贅沢。
>しかも、モノ構成を狙っています。

佐久間駿氏の影がちらちらしますね。
プレート電圧が1000V以上なので感電には気をつけてください。


845にしろ211にしても送信管としての設計なので、プレート電圧の高さ、バイアスの深さ等作りにくさは一番ですね、なのでドライブに300Bなどという発想が出るんですね。 もったいない話です

確かにPPとシングルでは音の違いはありますが、私ならKT88をチューニングしてスピーカーにお金をかけたいですね.
又は300Bシングルで高能率のスピーカーと組み合わせたいです。

オーディオは奥の深い金の掛かる趣味なので、他人の意見を聞いても音を言葉で表すのは難しいので、いろいろな機種を試聴して選ぶ習慣をつけることを勧めます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ダイアナ・クラールのタイプミスでした。失礼しました。

KT88はプッシュプルの構成です。
前段はカソード結合のムラード型と思います。
購入品です。
トランスはOFCを使って巻いてあります。かなり大きいです。

送信管845の選択は??ですか。

もうちょっと慎重に考えながら、暫くKT-88でチューニングで楽しみます。

お礼日時:2011/04/11 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空管のアンプキット

ヤフオクでラックスの古い球のプリを落札し、パワーアンプを物色していますがサンオーディオのSV-300B(WE300B)を候補に絞りましたが、キットと完成品の価格差が大きくて悩んでおります。
満足にハンダ付けも出来ない自分にも組立は可能なのでしょうか?
そうなるとテスターも必須なのですが、どの程度の物を購入したらいいのか見当も付きません。
適切なアドバイスを頂けたらと思います。
建築の設計をしておりますので手先は器用な方ですが電気には全くの素人です。回路図などチンプンカンプンです。

Aベストアンサー

私も真空管パワーアンプを製作しています。
私もほとんど素人の状態で、真空管アンプを製作いたしました。

元々、オーディオ等は以前から興味があり半田付けの経験はありました。真空管パワーアンプは市販されているものも所有しておりましたが、キット製品を視聴して音質が気に入りぜひ作って見たいと思ったのがきっかけでした。

サンオーディオ等、キットと完成品の場合の価格差は8万円ほどが一般的だと思いますが中には3万円ほどで完成品が購入できるキットメーカーもあります。

SV-300BEはWE球を使用してキット価格20万円ほどで300B2本で約8万円ほどするため安いと思います。また、音質に大きく影響があるトランスもタムラが使用されているため良い製品だと思います。

>満足にハンダ付けも出来ない自分にも組立は可能なのでしょうか
サンオーディオの場合は、内外部品が実装済みで基本的には配線を半田付けをするだけなので、簡単に製作できると思います。
トランスからの配線等ができているため抵抗・コンデンサー等の取り付け配線をするだけです。
製作に当たっては、回路図と実体配線図が付いていますので容易に製作することができると思います。
作っていると徐々に回路図の関連性も解ってくると思います。

注意する点としては、真空管アンプづくりは「もの作りのすばらしさ」を体験する絶好の素材だと思っていますが「安全」が最優先されなければならないと思います。
電解コンデンサー・ダイオードには極性がありますので慎重に確認することや組立て後の電圧チェックの際には密着性の高いゴム手袋で絶縁するなどの基本的なことが必要だと思っています。

>そうなるとテスターも必須なのですが、どの程度の物を購入したらいいのか見当も付きません

テスターには、「デジタル式」「アナログ式」がありますが「デジタル式」の方が電圧チェックに使用する際に読み取りが解り易い為、デジタル式をお勧めします。
私は、直流電圧1000V近くを測定する必要があったのでアンプ製作の際に買い替えしました。
こちらのテスターです。
http://www.rakuten.co.jp/monju/563340/567991/568048/

製作マニュアルを良く見て、急がず「完成させる」という意欲があれば可能だと思います。

私も真空管パワーアンプを製作しています。
私もほとんど素人の状態で、真空管アンプを製作いたしました。

元々、オーディオ等は以前から興味があり半田付けの経験はありました。真空管パワーアンプは市販されているものも所有しておりましたが、キット製品を視聴して音質が気に入りぜひ作って見たいと思ったのがきっかけでした。

サンオーディオ等、キットと完成品の場合の価格差は8万円ほどが一般的だと思いますが中には3万円ほどで完成品が購入できるキットメーカーもあります。

SV-300BEは...続きを読む

Q真空管アンプのKT100とKT88はそのまま差し替えできるのでしょうか

真空管アンプのKT100とKT88はそのまま差し替えできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1です

お礼読みました。オークションページを拝見すると固定バイアスで45W出力のようです。固定バイアスの真空管アンプは出力管を交換するとき、バイアス調整は必須です。たとえ同じメーカーで外観が同じでもです。

出品されているアンプはKT-100が中国製、前段はロシア製の真空管が使われているようです。出力的には余裕をもって使われているようなので、KT-88、6550等、バイアス調整さえできれば差し替え可能です。ですが、最近売られているこれらの真空管は外観が似ているだけで、同じプレート電流を流すのにバイアス電圧が10数ボルトも違う時があって、既存の回路のままでは調整しきれない場合もあります。この時は改造が必要になります。

出品されているアンプはとても丁寧に作成されていて、この価格で落札できたら大変にお得です。真空管アンプは回路も比較的簡単で部品も大きいので改造などは楽です。ですが電圧が高く(出品されているアンプは400Vくらいと思われます)、感電の危険が常につきまといます。自分もしょっちゅうです。(単に不注意なだけですが)

しかし、コレさえ克服できれば、真空管の交換など簡単です。ソケットに嵌っているだけですから電球を取り替えるのと一緒です。真空管は人気のようで、Webにもたくさんの情報があります。組み立てキットもあり、1台作るととても自信がつきます。検討されてはいかがでしょう。

No1です

お礼読みました。オークションページを拝見すると固定バイアスで45W出力のようです。固定バイアスの真空管アンプは出力管を交換するとき、バイアス調整は必須です。たとえ同じメーカーで外観が同じでもです。

出品されているアンプはKT-100が中国製、前段はロシア製の真空管が使われているようです。出力的には余裕をもって使われているようなので、KT-88、6550等、バイアス調整さえできれば差し替え可能です。ですが、最近売られているこれらの真空管は外観が似ているだけで、同じプレート電流を流す...続きを読む

Q真空管アンプにあうスピーカー

真空管アンプキットTU-870を作ったのですが、これにベストマッチするスピーカーキットを作ってみたいと思っています。どなたか作られた方いらっしゃいましたらメーカー、型番など教えてください。

Aベストアンサー

TU-870自体については詳しくないのですが、
スピーカも自作されるのでしょうか。組み立てキットというのはあまり多くないと思います。ユニットを買って、箱は合板などで自作するのも検討されてはいかがでしょうか。簡単な日曜大工程度でできます。

真空管アンプで使用するスピーカ全般についての注意点は、
・インピーダンスが大きく違うと良くない。普通、真空管アンプは8Ω。8Ωのアンプに4Ωのスピーカはダメ。周波数によってインピーダンスが大きく変わるようなスピーカも良くない。
・低域のダンピングが良くない物が多いので、あまり小型の密閉型は不適当。
・もともと出力が小さいので、能率の高いスヒーカが良い。

ある程度容量の大きな密閉箱に16cmぐらいのフルレンジ1本というのが真空管らしくて良いような気がします。

Q真空管アンプKT-88 PPの回路解析

私の持っている真空管アンプKT-88の回路図展開してみましたが、正しいか不安です。

回路図は、添付の画像ファイルです。(前段のみ)

出力段は一般的なプッシュプル回路ですが、前段のこの回路が良くわかりません。
この回路は、どの様な回路が使われているか解説をお願いします。
カソード結合のムラード回路と思いますが、そうでしょうか?
6SL7のプレート電圧はどこから供給されるのでしょうか?

詳しい方は教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>前段のこの回路が良くわかりません。
>6SL7のプレート電圧はどこから供給されるのでしょうか?
・SRPP回路です。
・B電圧に対して6SL7は直列になってます。

>カソード結合のムラード回路と思いますが、そうでしょうか?
・ムラード回路は位相反転の為の回路で2段目がその回路です。

こちらを参考にして下さい。
http://www.mizunaga.jp/tubeamp.html

Q真空管アンプに興味があります。

最近、比較的安価で低出力な真空管アンプをちらほら見かけるようになりました。音源をCDとして音楽(ジャズやアンビアンス・ラウンジ系)を気楽に楽しめたらいいな、と一台欲しいなぁ、と思うようになりました。 
で、このような安価な(10万円以下)の真空管アンプを見分ける場合、ナニを基準にしたらいいのでしょうか? 真空管の種類や球の数などでしょうか?(出力は10W もあれば十分と思っております)
多少、はんだ工作やシャーシ加工もしますので、自作キットでもOKなんです。
よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 オーディオ暦50年の高齢者です。

 真空管アンプも十数台設計/製作しましたが、現在はFETの全段バランス型アンプを使っています。(設計/製作共に自作)
 オーディオの世界は「痘痕も笑窪」の如き世界で、まるで泥沼の中に嵌り込む事になります。
 つまり貴方は今泥沼の前に立っている、其処で細かい薀蓄は述べません。(結果的に自己満足に近い話になりますので)

 其処で少しだけ泥沼に入って見ましょう、つまり比較的安価なキットで、エレキットストアーのTU-879S辺りがお勧めです、以下のURLを御参照下さい。
 http://www.elekit-store.com/shopbrand/009/X/
 此れは一般的な五極管6L6シングルのステレオアンプです、三極管300Bを使ったTU-873LEIIも良さそうですが、真空管の種類を論じるには特性曲線や動作点の選択等色々勉強が必要です。

 尚、このアンプは恐らく負帰還無しの高歪アンプでしょう、真空管アンプの音を論じるマニアは歪の良し悪しを論じています。(浅野勇氏の自論)
 私は負帰還理論に元ずく、エヌエフ回路設計ブロック創始者の1人北野進氏(東工大教授)や武末数馬氏に師事して来ました、参考までに以下のURLを御一読する事を御勧めします。
 http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/ampblind.htm

 オーディオ暦50年の高齢者です。

 真空管アンプも十数台設計/製作しましたが、現在はFETの全段バランス型アンプを使っています。(設計/製作共に自作)
 オーディオの世界は「痘痕も笑窪」の如き世界で、まるで泥沼の中に嵌り込む事になります。
 つまり貴方は今泥沼の前に立っている、其処で細かい薀蓄は述べません。(結果的に自己満足に近い話になりますので)

 其処で少しだけ泥沼に入って見ましょう、つまり比較的安価なキットで、エレキットストアーのTU-879S辺りがお勧めです、以下のURLを御...続きを読む

Q真空管アンプのプッシュプル回路について

6AS7をプッシュプルで使ってます。
前にも、少し質問したのですが、
オリジナルは、単純にパラレル接続したプッシュプルだったのですが、真空管をビンテージ品に交換したところ、どうしても、ユニット間のバイアス電流のバランスが取れず、音も良くなく(歪っぽい)、出力も思ったほど上がらないので、パラレルを止めました。この管は双3極管で左右で4本ありますが、今は、1本1回路だけの贅沢な使い方をしています。
そこで、教えて頂きたいのは、
パラレル接続を止めたときに出力トランスとのインピーダンスマッチング等には影響ないのでしょうか?
また、パラレル接続にした時の利点は、出力が大きく取れる以外に何かあるのでしょうか?欠点は何でしょう?
です。
もし、トランスとの間で問題があり、パラレル接続のメリットが多いのであれば、パラレル接続に戻すことも考えたいと思いますが、その時、パラ接続するユニット間で特性を揃えなければ、なりません。
せめても、バイアス電流(カソード電流)だけでも夫々調整で揃えたいと思いますが、その場合、どの様な回路にすれば良いのでしょうか?前段からカップリングで分けるのでしょうか?前段への負荷は掛から無いでしょうか?不安が尽きません。
よろしくお願いします。
参考にオリジナルの回路図を添付します。

6AS7をプッシュプルで使ってます。
前にも、少し質問したのですが、
オリジナルは、単純にパラレル接続したプッシュプルだったのですが、真空管をビンテージ品に交換したところ、どうしても、ユニット間のバイアス電流のバランスが取れず、音も良くなく(歪っぽい)、出力も思ったほど上がらないので、パラレルを止めました。この管は双3極管で左右で4本ありますが、今は、1本1回路だけの贅沢な使い方をしています。
そこで、教えて頂きたいのは、
パラレル接続を止めたときに出力トランスとのインピーダンスマッチ...続きを読む

Aベストアンサー

6AS7は単管ppでも10wは出ますので、余程の低能率sp、又は大音量でなければ十分と思います。又ヒーター電力も4本で60w以上ですが2本だとその半分なりますので節電?にもなります。
前段の負荷も変わりませんし自己バイアス回路でもdcバランスが取れる回路は有ります。古いLUXのKITにKMR5、KMV6が有りましたがそのバイアス回路が良い例と思います。s56LUXKIT回路図集の最後の方に載ってます。ただ単に単管ppにすると当然パラppの時とバイアス電圧が変わりますのでバイアス抵抗値の変更が必要ですね。
OPTもインピーダンスのミスマッチになりますがspのインピーダンスは低域高域で公称インピーダンスの数倍にもなりますから(特定の周波数で低くなるものも有りますが)そのままでも良いともいえますが気になる場合は交換した方が良いでしょう。
6AS7はμも低く、バイアスも深く古典3極管に通じるものは有るようですが出力管としては使い難い球です。でも電圧が低く済むのが良い所かもしれません。

Q真空管アンプTU-870にipodを接続!

自作キット真空管アンプTU-870にipodやパソコンをつなげてスピーカーから音を出すのには、どうすれば良いのか教えください。入力系はL,Rの2ピンジャックが2系統ですが、ピンジャック以外の接続方法がわかりません。ネットなどで接続例の画像は目にしますが、具体的な方法がみあたりません(多分一般的には常識なのでしょうが、真空管アンプは初心者なので・・)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これでええでないかい
  ↓
http://www2.jvc-victor.co.jp/jvc/avcord/Search2.asp?Set=9&Key=Audio2&Rank=A2&Visual1=MiniSt-PlPr


 

Qプッシュプル真空管アンプの出力トランスのS.G端子

アンプ作成初心者で電気的疑問が解決できず困っております。
ぜひご指南いただければ幸いです。

フロービス様[http://www.furo-visu.com/s_nyuu-pp/6BM8p1.html]の回路図を改良なくそのまま使用し6BM8アンプを製作しており、
出力トランスはノグチ製PMF-18P-8k [http://noguchi-trans.co.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=112_250_347&products_id=4138] を使用しております。

添付回路図にて 出力トランスの一次側P1・B・P2は図面通り接続をいたしますが、このトランスにはSGタップがありこちらをどのようにすればよいか悩んでおります。

グランドに落とすべきか、そのまま放置すべきか、はたまたUL接続なるものを参考にいじるべきかご指南いただければ幸いです。


また、どこかにmA電流計を入れよと又聞きにて聞いたのです、必要とならば追加した方がよいのでしょうか。固定バイアスですので必要ないと思うのですが。

Aベストアンサー

添付された回路で作成するならは出力トランスのSGタップはどこにも接続してはいけません。SGリード線先端がシャーシなどに接触するとショートしてトランス巻き線が焼けてしまうのでリ、ード線先端を熱収縮チューブで保護して適当にまるめておきます。

UL接続は真空管の特性を良く理解してから実施することをおススメします。10Wに満たない真空管アンプでは出力低下だけ目立って、あまりメリットはないと思いますよ。


添付回路のアンプは固定バイアスではありません。セルフバイアス 自己バイアスなどといわれる出力管のカソードに入れた抵抗に現れた電圧をバイアスとしています。調整するにはこの抵抗を変化させます。

Q真空管アンプについての質問です。

真空管アンプについての質問です。
真空管アンプの真空管の数、プリ、パワー、整流の種類ではなく、パワーが数本あるようなやつは多いとどのような利点があるんですか?

またキットを作ってみようと思うのですが、この中ではどれが良いでしょうか?
作り易さとかではなく、完成後の音等。管が多いほうがかっこいいのですが上の質問のように良く分かっておりません。
"AMP-1"、"TU-870"、"TWK-01"、"EAC91・EL91シングルアンプ"
またこの価格ですと中古等を買ったほうがコストパフォーマンスが高いでしょうか?

また一点アースという言葉を良く見ますが、調べてみても良く分かりません。
具体的にどこからどこに線を引くんでしょうか?

最後に真空管は聞いたことがありません。
視聴でも出来ないです。
複数質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、taiki123 さんが、将来どの様に考えているのでしょうか?
製作に興味が有るのか、真空管アンプの音に興味が有るのか?

1.製作に興味が有る場合
 "AMP-1"、"TU-870"、"TWK-01"、"EAC91・EL91シングルアンプ"等どれでも良いと思われます。 まずは、製作して動作原理や工作方法を勉強し、改造等を行いレベルアップを考えて行きます。

2.真空管アンプの音に興味が有る場合
  taiki123さんの提案するアンプの音で判断するのは間違いです。 まずは、それなりの真空管アンプの(値段は張りますが、オーディオショップやオーディオマニアの人)試聴して判断する事です。

真空管アンプは、製作するにしても聞くにしても奥が深く、凝りだすときりが無くなります。
特に、スペックと音質(聞いた感じは)異なります。 一度それなりの真空管アンプの音を聞くと、違いが判ります。


> 真空管アンプの真空管の数、プリ、パワー、整流の種類ではなく、パワーが数本あるようなやつは多いとどのような利点があるんですか?
一般的には、出力を簡単に上げられるためにするのです。 最近のスピーカーは低効率なので、それに対応するためです。 


> また一点アースという言葉を良く見ますが、調べてみても良く分かりません。
具体的にどこからどこに線を引くんでしょうか?
有る程度、知識がある前提で説明します。 一点アースする目的は、ノイズやハムの低減の目的で行います。 各アースを接続し、ケースに接続する時に一か所で接続する事でどこへ接続しても良いのです、試聴や測定器で一番小さな所を探し接続するのです(一般的には、入力近くです)


これ以上の説明は、マニアック的になりますので割愛しますが、興味が有れば再度質問して下さい。

まずは、taiki123 さんが、将来どの様に考えているのでしょうか?
製作に興味が有るのか、真空管アンプの音に興味が有るのか?

1.製作に興味が有る場合
 "AMP-1"、"TU-870"、"TWK-01"、"EAC91・EL91シングルアンプ"等どれでも良いと思われます。 まずは、製作して動作原理や工作方法を勉強し、改造等を行いレベルアップを考えて行きます。

2.真空管アンプの音に興味が有る場合
  taiki123さんの提案するアンプの音で判断するのは間違いです。 まずは、それなりの真空管アンプの(値段は張り...続きを読む

Q双3極真空管使用のパラレルプッシュプルでの問題

出力管に、双3極管(6AS7G)を使っていますが、今、この2回路を並列に繋いでパラレルプッシュプルで使ってあります。具体的にはG1-G2ショート、P1-P2ショート、カソードだけは別々に10Ωが入っています。この10Ωはバイアス調整用と思いますが、バイアスは共通グリッドの電圧で調整する様になっているので、別々には調整できません。

今回、古いビンテージ管を購入したら、双子の特性がそろってないのだと思いますが、カソード電流がそれぞれ60mAと10mAになってしまいました。

質問は、
この様に、1本の中でバイアス電流が違うものをパラで使って、特性、音質面、信頼性面で問題はないのでしょうか。

また、双極管を片方だけ使い、もう片方は完全にオープンでシングルとして使っても問題はないのでしょうか?
当然、ヒーター電極は共通なので、使わないほうは、ヒーターだけとなります。
使用中の回路(エミッション等)が寿命が来たら、もう片方を使うなんて都合の良いことも可能でしょうか?

今、とりあえず、シングルプッシュプルに改造して使ってみましたが、出力の大きさもさほど変わらず、音質はシングルのほうが良いように思えます。バイアス電流は60mAにしています。

パラレルとシングルプッシュプルの音質、特性、信頼性のメリット、デメリットについて、詳しく教えてください。

真空管回路をはじめたばかりの初心者なので、よろしくお願いします。

また、RCA 6AS7の最適バイアス電流もご存知の方は教えてください。今回購入したのは1972年製です。

出力管に、双3極管(6AS7G)を使っていますが、今、この2回路を並列に繋いでパラレルプッシュプルで使ってあります。具体的にはG1-G2ショート、P1-P2ショート、カソードだけは別々に10Ωが入っています。この10Ωはバイアス調整用と思いますが、バイアスは共通グリッドの電圧で調整する様になっているので、別々には調整できません。

今回、古いビンテージ管を購入したら、双子の特性がそろってないのだと思いますが、カソード電流がそれぞれ60mAと10mAになってしまいました。

質問は、
この様に、1本の中でバイ...続きを読む

Aベストアンサー

始めから難しい球を選択しましたね。本来レギュレータ用途の球ですので内臓ユニットのペアはそろっていないのが多いと思います。これをパラにした場合は総電流は合っていてもユニット間ではアンバランスになりますので各ユニット単独でバイアス調整出来るようにするのが良いでしょう。また、片側ユニットを遊ばせてシングルプッシュにしても特に問題は発生しませんし、遊んでるユニットの劣化も少ないものと思われますが出来れば単管でプッシュを組んだ方が良いですね。OPTのインピーダンスは倍のものが必要となりますが4Ω端子に8オームのスピーカーを繋げば良いでしょう。
音質云々はパラでもシングルでもパワーの差以外は無いと思います。デメリットといえるかどうかは解りませんがヒーター電力、プレート電流がかなり多い球ですので出力のわりに電気を大食いするところでしょうか。PT、OPTも大型になり重くなります。非常にバイアスの深い球なのでドライブが難しいですが頑張って自分の物にしてください。最適バイアス電流はプレート電圧、負荷抵抗が不明ですのでこれといった数値は提示出来ません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報