うつ傾向と診断されて現在抗うつ剤と安定剤を服用中の者です。
薬を飲み始めて約一週間くらい経つのですが、ここ二日すごくハイテンションで落ち着かない日々が続いています。
この病気や薬の服用を知っている親しい方からは、振り戻しが来るかもしれないから、元気なように思っても安静にしなさいと言われているのですが、一人でいたり時間に余裕ができると落ち着いていられません。
とにかく誰かと話したい、動き回りたい、万能になった気分になる、などの症状があります。
あと、これは昔からあるのですが、度々頭の中で人が叫んでいるような声がして、止まらないときがあります。
これは薬のせいでしょうか?
何も知らない友人からは、やけにテンションが高いと言われてしまいました。
何もないのに笑ったり、正直もうどうなってもいいと思い、マイナスな意味ではないのですが怖いものが何もないような状態です。
薬の服用をやめた方がいいのか悩んでいます。
本来の私に戻って来ていて、薬の服用が相乗効果を呼んでハイになっているのではないかとも思います。
うつ傾向と診断されてからは、ただゆっくりしていればよかったのですが、今は何をして落ち着かず、気持ちがソワソワして仕方がないです。
薬が合っていないのでしょうか?
ちなみに今服用中の薬は、朝晩にレキソタンとアモキサン、就寝前にドグマチールです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2です。



早速の補足、ありがとうございます。

一般論としては、あまり主治医を変えるのは、好ましくないとされます。
その理由は、うつ病であるとしても、薬を服用していると、それによって期待される効能が出ていたり、あるいは、副作用が出ていたりと、確定診断に影響を与える要因が増えてしまうためです。

しかし、すでに他の先生を受診されたかもしれませんが、もしそうだとしても、とくに責められることではありませんので、ご心配いただきませんように。

他の診療科の医師に対してもあり得ますが、精神科や心療内科においては、やはり医師との相性の問題は、治療の上で重要な要因となりますので。
心理士やカウンセラーにおいても、同様のことがあり得ますから、もしこれからカウンセリングをお受けになるようなことがあった場合にも、あまりにも相性が合わない、しっくり来ないということであれば、他の心理士に交代される方が良いこともあります。

さて、本題に戻ります。
躁うつ病の症状ということですが、最近は、双極性障害I型と、同II型とを区別しますが、ここでは煩雑さを避けるため、あえてその違いは割愛します。
簡単に言えばうつ状態と、躁状態とが、交代して現れる精神疾患ということになります。

躁状態とは、「明らかに異常な気分の高揚、あるいは、ちょっとした刺激によって気分が高揚する状態が、4日間は連続している状態」をいいます。
たとえば、次のような行動が、少なくとも3項目みられ、日常の仕事や生活に多少とも支障がある状態です:
1.活動性が非常に高まっている、落ち着きがない
2.よくしゃべる(多弁)
3.注意のそれやすさや、注意集中が困難
4.睡眠欲求が減る
5.性的な欲求、活力が増す
6.軽度の浪費や、他のタイプの無茶な、あるいは、いい加減な行動
7.社交性が非常に高まっていることや、過度のなれなれしさがみられる

あくまでも参考にお示ししますので、自己診断ではなく、専門医の診断にしたがってください。
ただ、補足でお書きいただいた内容からは、これらのうち、いくつかは、質問者様にも当てはまるように考えられます。

双極性障害にもよく効く薬はありますので、うつ病と診断されるに至った経緯、診断され、抗うつ薬などを服用し始めてからの状態や気分の変化などについて、きちんと主治医にお話になっていただくことが、正しい診断をしていただく上でとても大切です。

ただ、補足にありましたように、「昨日くらいまではかなりテンションも高かったのですが、今日はうつ状態でも、躁状態でもなく、比較的落ち着いた状態です。どちらかと言えば、気が重いかな、くらいで、うつのときのだるさとは少し違います」ということですので、軽々に躁うつ病(双極性障害)であると断言もできないかもしれません。
抗うつ薬を服用開始した初期における、一時的な副作用である可能性も否定できません。

正式な診断は医師にしかできませんし、こういう場所で、文字だけのやりとりでは、お書きいただいた内容から推測する以上のことはできませんので、あくまでも心理士としての参考意見として、ご理解ください。

また、以前から、「頭の中の叫び声」があったというのは、これだけをとらえていえば、統合失調症も考えてしまいますが、これも、このエピソードだけでは、「可能性の1つ」としかいえません。

まとまらない話になってしまい申し訳ありませんが、信頼できると思われた主治医によくよく状況をお話になって、診察を受けられ、薬を処方していただき、指示にしたがっていただくことがベストの選択です。

落ち着いて療養生活を送ることができるようお祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々丁寧なご回答本当にありがとうございました。
本日病院に行ってきました。私の場合少し複雑なようで、躁鬱病、統合失調症、アスペルガーの三つが重なっているようです。初診でしたので、断定ではありませんが。でもやはり躁鬱は一番強く出ているようで、ここ二、三日ハイな状態は抗うつ剤の服用による可能性が高いようです。そのため、薬をドグマチールのみにだけ減らし、一週間様子を診ることになりました。
今回はとても親切で根気よく話を聞いて下さる先生でしたので、これ以降は主治医を変えずに治療して行こうと思っています。
ゆっくり焦らず向き合っていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 21:47

躁病エピソードを4日以上というのは間違いで,正式には1週間以上か,入院が必要なら何日間でもが正しいです。


軽躁病エピソードの場合は,4日以上です。
双極性障害I型ではなく,双極I型障害が正しい用語です。
双極性障害と統合失調症は原則合併しません。
するとしたら精神病性の特徴のある双極性障害(つまりI型)を,統合失調症と見誤ったか,統合失調感情障害の可能性があります。

躁病エピソード Manic Episode
A. 気分が異常かつ持続的に高揚し、開放的または易怒的にいつもと異なる期間が、1週間以上(入院が必要な場合はもっと短期間でも)。
B. 気分障害の期間中、以下の症状のうち3つ以上が持続している(気分が単に易怒的な場合は4つ)。
自尊心の肥大、または誇大。
睡眠欲求の減少(例えば、3時間眠っただけでよく休めたと感じる)。
普段よりも多弁であるか、喋り続けようとする心迫。
観念奔逸、またはいくつもの考えが競い合っているという主観的な体験。
注意散漫(注意があまりにも容易に、重要でない関係のない外的刺激に誘導される)。
目標志向性の活動(社会的、職場または学校内、性的のいずれか)の増加、または精神運動性の焦燥。
まずい結果になる可能性が高い快楽的活動に熱中すること(例えば、制御のきかない買い漁り、性的無分別、馬鹿げた商売への投資などに専念すること)。<これらも逸脱行動で,本人の自覚だけでは防げません。また本人が逸脱・異常と自覚していない事もあります。>
C. 症状は混合性エピソードの基準を満たさない。
D. 気分の障害は、職業的機能や日常の社会活動または他者との人間関係に著しい障害を起こすほど、または自己または他者を傷つけるのを防ぐため入院が必要であるほど重篤であるか、または精神病性の特徴が存在する。

軽躁病エピソード Hypomanic Episode
A. 持続的に高揚した、開放的な、または易怒的な気分が、少なくとも4日間続くはっきりとした期間があり、それは抑うつのない通常の気分とは明らかに異なっている。
C. エピソードには、症状のないときにはその人物に特徴的でない明確な機能変化が随伴する。
D. 気分の障害や機能の変化は、他者から観察可能である。
E. エピソードは、社会的または職業的機能に著しい障害を起こすほど、または入院を必要とするほど重篤でなく、精神病性の特徴は存在しない。

DSM-IVの日本語訳は版権がうるさくて,ネットにあまり出ていない。英語の統合失調症Schizophreniaの診断基準
http://www.behavenet.com/capsules/disorders/schi …
D. Schizoaffective and Mood Disorder exclusion: Schizoaffective Disorder and Mood Disorder With Psychotic Features have been ruled out because either (1) no Major Depressive, Manic, or Mixed Episodes have occurred concurrently with the active-phase symptoms; or (2) if mood episodes have occurred during active-phase symptoms, their total duration has been brief relative to the duration of the active and residual periods.
統合失調感情障害と気分障害(双極性障害をふくむ)は除外される。とくに精神病性の特徴のある統合失調感情障害と気分障害は除外されなければならないけど,訳が面倒なので省略。

主治医はこの診断基準を無視して,統合失調症と双極性障害の合併を言うのだからよほど自信があるのだろうね。
あとドグマチールの統合失調症の用量は300-600mg最大1200mgとうつ病で使う量に比べて多いからそれなりの副作用を覚悟しなければならない。
    • good
    • 0

私も,双極性障害特に軽躁と大うつが主症状の双極II型障害である可能性があるなと思いました。


これは軽躁が伴うだけなので,見過ごしやすいのです。

いわゆる躁うつ病は,今は双極I型と言われ,はっきりした躁があるので,見過ごしにくのです。
原因の可能性がある薬剤はアモキサンでしょう。

他の可能性はアカシジアです。
これは種々の薬剤によってそわそわする,静座不能になる病気です。
原因薬剤の可能性としては,ドグマチール,アモキサンが出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB% …
http://digitalword.seesaa.net/article/16329512.h …
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/file/jfm10030 … 1ページ目がほとんど白紙なのでスクロールして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
本日病院に行ってきまして、やはり躁鬱病があるようです。
薬をドグマチールのみに減らし、一週間様子を診てみることになりました。
統合失調症もあり、ドグマチールだと一石二鳥ということで。。
リンクもありがとうございました。
参考にさせて頂きます!

お礼日時:2011/04/11 21:55

心理士です。



結論から書きますと、次の診察を待たずに、早めに主治医に再度、診ていただくことを強くお薦めします。

なぜかといいますと、ひょっとしたら、単純なうつ病(DSMなどの診断基準でいう、気分障害のうち、大うつ病といわれるもの)ではない可能性も考えられるからです。
そう考えられる理由は、抗うつ剤と安定剤を服用されてすぐに、ハイテンションになっていらっしゃることがあります。

つまり、単純なうつ病ではなく、本来は、躁うつ病(双極性障害)であったものの、受診されたときの状態としては、うつ症状が前面に出ていたため、うつ病と診断されてしまった可能性があります。
うつ症状に対して、抗うつ剤が処方されたわけですが、そのためにむしろ、突然、躁状態に転じてしまったということがあり得ます(「躁転」などといいます)。
ただし、これは、誤診とはいえませんので、現在の主治医を信頼なさってください。

他にも、「これは昔からあるのですが、度々頭の中で人が叫んでいるような声がして、止まらないときがあります」という点は、若干気になりますので、診察の際、主治医にはきちんとお話しください。

なお、自己判断で、薬をいきなり止めてしまったり、服用量を変えてしまうことは、逆に良くありませんので、なさらないでください。

この回答への補足

丁寧なご回答、ありがとうございます。実は本日、別のクリニックに以前もらった薬を持って診察に行こうと思っているのですが、クリニックはあまり変えない方がいいのでしょうか?
最初に診て頂いた病院を信頼していないのではないのですが、先生が男性で(私は女性です)少し高圧的な感じがしてしまい、次の診察も少し憂鬱でした。

躁うつ病というのは、具体的にどのような症状が出るものなのでしょうか?
私がハイテンションになってしまったときは、先に書いたことの他に、とにかくお金を使いたかったりお金の感覚もあまりなくなってしまったりします。
それから、少しアルコール依存気味で、一人でいられないと外に出て泥酔するほど飲んでしまったり、誰でもいいから誘って飲みに行ってしまったりして、それを我慢しようとすると、すごい焦燥感があります。これはうつ病と診断される前からです。

もし、双極性障害でしたら、完全には治らないと聞いたことがあります。
完治は難しいですか?

頭の中の叫び声はもうずっと小さい頃からです。

昨日くらいまではかなりテンションも高かったのですが、今日はうつ状態でも、躁状態でもなく、比較的落ち着いた状態です。どちらかと言えば、気が重いかな、くらいで、うつのときのだるさとは少し違います。
こんなに短期間に色々な状態が出るものなのでしょうか?
今日のように落ち着いた日もあるのでしょうか?
そもそも私はうつでも躁うつ病でもないのではないかとも思ってしまいます。
なんだか自分の状態が色々なので混乱しています。
長くなってしまい、申し訳ありません。
読みづらい箇所もあるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

補足日時:2011/04/11 09:11
    • good
    • 0

早めに再診を受け、医師に今の状態を全て話して相談するのがいいと思います。

(頭の中の声のことも含めて)
勝手な判断で薬を止めたり飲んだりするのは良くないです。
再診まで期間があれば、病院に電話して今の状態を話して、再診を早めてもらうといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
本日病院に行ってきました。
頭の中の声は、統合失調症の症状のようです。
抗うつ剤を減らし、ドグマチールで少し様子を見ることになりました。
焦らず向き合っていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング