私は今、PMS、PMDDの症状に悩んでいます。

生理の2週間前から(排卵が終わって高温期になる時期)職場の上司に対して、拒絶反応みたいな
症状が出るのです。話しかけられるのはもちろん、しゃべり方や彼が出す全ての音も嫌で、
業務上やむを得ない会話や質問なども受け入れられず、嫌で嫌で態度にも出てしまうし、口論になる事もあります。ちなみに、私の職場は上司と私、半日のパートさんの3名です。なのでどうしても避けられない状況です。


元々、入社当時から苦手なタイプだと感じていて、暗くて人とコミュニケーションもろくに取れない
頼りなくて無責任な所に不満を感じていたのですが、(ボロクソに言ってすいません・・もちろん良いところもあります)
最近は我慢できず、何度も辞めるしかない、辞めたいと思うようになり、さらに上の上司に打ち明けたのですが、仕事自体嫌いじゃないなら辞めるのはもったいないと言われ、その時は思いとどまり、しばらくすると驚くほど気持ちが落ち着き、あの時辞めなくて本当に良かったと思うくらいでした。


あまりにも心の変化が激しく、鬱のような気がして心療内科にもいきましたが、がんばりすぎたんだね。仕事やめたら?と言われました。

そのうち、こういった心の変化が生理前に起きていることに気づき、婦人科で血液検査をしてホルモンバランスを調べた結果、黄体ホルモンが通常の2倍の数値で、PMSになりやすいと言われました。


治療法はホルモン治療か漢方のどちらかと言われ、ホルモン治療中は妊娠はできないと言われたので、漢方を選びましたが、2か月たった今も効果はありません。しまいには、上司にのみ拒絶反応を起こすのは、適応障害の可能性もあると言われ、ここでもまた、辞めるのも一つの方法と言われました。 


確かに生理2週間前の上司に対する拒絶は普通じゃないと思います。ただ、生理がくると嘘のように拒絶反応もしなくなるし、逆に、おとなしいし怒ったりもしないので楽な上司じゃないか!とすら思うのです。上から目線ですいません(-_-;) 
優しい人だと感じる事もあります。正直自分でも気持ちの変化についていけない状態です。

職場環境は良く、仕事内容も嫌いではないのでできれば続けたいのです。

ですがやはり私は仕事を辞めるべきなのでしょうか・・・ 
 

私のような症状に悩んでいる方はいますか?


何かアドバイスがあればお願いします・・・

あと札幌でおすすめの婦人科もしくは心療内科があれば教えていただけないでしょうか。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分の性格とか人間関係の悩みと思えるものもじつは、体質が原因だったりします。

漢方ではバランスのくずれた体質や、その行き過ぎを病気ととらえますが、所詮はそういう体質が問題で、本人のせいではないと思っています。
私も激しいイライラで、とくに生理前に悪化することに気づいて漢方薬を処方してもらいましたが改善せず、いい専門家を見つけるまで時間はかかりましたが、適合薬を服用するとすぐに気持ちがリラックスして性格も(?)変わりました。だからそんなことで仕事をやめるのはもったいないと思います。
イライラしやすいのは少なくとも上半身に熱分が多いためです。その熱を冷ますとか、上がった気を下げるとか、体を潤すとか、イライラする原因に応じて治療薬の種類や作用は異なりますが、体質のバランスのくずれを元に戻してくれる漢方薬は必ずあるはずです。普通の医師は漢方理論など勉強せずに処方していると、専門家探しをしている途中で知りました。ひと月飲んで効果がなければ服用を中止するよう、たいてい説明書にも書かれているのですが、それを守らない医師もいるので怖いですよ。
日本東洋医学会認定の漢方専門医や、評判のよい専門薬局にかかられてはいかがでしょう。
http://www.jsom.or.jp/html/specialist.htm
http://www.chuiyaku.or.jp/shops/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。上半身に熱分が多いという事は考えもしませんでしたが、とても通じるものがありました。そんな気がする!程度なのですが(^_^;)私も自分に合った治療法を探さなくてはいけないのですね!

今日さっそく、漢方薬局に行ってきました。症状を伝えたところ、私が今飲んでいる漢方はあまり合っている感じがしないとのことでした。私の顔色やその他症状から、まずは体を温めてはとアドバイスされました。体を温める漢方を出してもいいけど、まずは自分でできる事をやってみたら?とのことでした。とても優しいおばあさんで、しょうが湯を手渡してくださいました。今回はあまり時間がなかったのであまり話せなかったのですが、これから時間をかけて自分にあった治療法を探していこうと思います。
これからは漢方の知識を持った専門医を探します。漢方薬局もたくさんあるので探します。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 21:35

私は適応傷害で一時期悩んでいました。


それで仕事を転々としていた時期もあります。

それでお役にたてるかわかりませんが、私の経験からいくつかアドバイスさせて頂きます。

■心療内科より精神科でカウンセリングを
心療内科と精神科は似ているようで全然違います。
心療内科カウンセラーがいないことが多く薬治療が中心です。
精神科はカウンセラーもいて、薬とカウンセリング両方から治療してくれます。カウンセリングで、上司に対する気持ちを静める方法や対処方法を探していけます。


■アロマテラピー
アロマには気持ちを静めたり、ストレスを和らげたり、ホルモンバランスを整えてくれるものがあります。
私も実際にパニックになりそうになった時にアロマを染み込ませたハンカチで落ち着きました。
ぜひ簡単にできるので試して見てください。


アドバイスにならなかったらすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに私の行った心療内科は、ただ私の話しを黙ってうんうん優しく聞いてくれて、無理しないでという言葉をかけてくれましたが、具体的な解決法はわかりませんでした。ただ、話を聞いてもらって少しだけすっきりしたという感じでした(^_^;) 

精神科も考えてみます。lotushanaさんも適応障害に苦しんでおられたようですが、どういった症状だったのか、差支えがなければ教えていただけませんか?私は特に体の不調はなく、ただ拒絶反応というか、彼のする事すべてが嫌という状態なので、これが適応障害という事になるのかよくわかりません・・


アロマですが、さっそく少しだけ調べてみました。女性ホルモンに効くアロマはいくつかあるみたいですね!私も香は好きです。気分が落ち着きますよね!生理前になると気持ちの変化に対応しなきゃと思う事で精一杯で、香を楽しもうとかリラックスしたいなぁとか考える余裕すらなかった気がしますが、こういう時こそ香や音楽などで心を癒すべきですよね(^_^;)

ご親切にアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2011/04/12 21:19

ものすごくわかりますよ。



私は、そこまでは酷くなかったのですが、そのような状態で滅茶苦茶働いたので
3年たった後、自分では次転職したらうまく行くだろうと思っていたのですが、
結果、恐さが付きまとって、数年働けなくなりました。

仕事をしていた頃、薬を大量に飲みながら仕事をしてなんとかなる時期もあるので
大丈夫だと思ってしまっていました。
結果、私が退職した理由は、この結果で周りに迷惑をかけると思ったからです。
たぶんその辛い時期になると周りも困惑しますし、病気だと知ったとしても中々
理解してもらえないところがあるからです。

私が思うに、一旦退職されて治療に専念された方がよいのではないでしょうか。
たぶんどこの会社にもいやな人はいます。ですが自分がきっちりしてないと
マイナスの方向しか向きません。その為にも、自分の体・精神を療養されてはどうでしょうか?
無理されないでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございます。上司と合わないなら、異動するかいと提案してくださったのですが、
異動した先に、また苦手な人がいたら同じ症状が出るのではと不安で、あまり良い解決策とは思えませんでした。自分がPMSではないかと思うまでに結構時間がかかり、それまではどうしてこんなにイライラするのだろう。嫌な事があると態度に出して、すぐにふてくされて、いい大人が恥ずかしい。どうして感情を抑えるという事が出来ないのだろう。精神的に幼すぎる。と悩んでいました。今でも本当はPMSなんかのせいにしているけど、自分の幼さが原因なのではとも思ったりもします。も少し若いころはあまり人間関係に悩んだこともなく、むしろ世渡り上手だと思っていたくらいです。なのでなぜこんなふうに変わってしまったのだろうとすごく考え込みました。脳が衰えて考えが固くなってきているのか・・前頭葉の衰えはイライラの原因だと聞いて脳トレしてみたり・・まだ20代後半ですが(^_^;)
いろんな方向から原因を探ったりもしました

また長々と書いてしまいました(-_-;)すいません・・

kyounaさんのおっしゃる通り、精神的に療養したほうがいいのかもしれませんね・・
このまま薬やピルで症状を抑えていても根本的解決にはなりませんよね・・

親切にアドバイスしてくださって本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2011/04/12 13:21
  • 高温障害(熱けいれん/熱虚脱/熱射病(日射病))<中毒と環境因子による病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高温障害(熱けいれん/熱虚脱/熱射病(日射病))とはどんな病気か  長時間、高温多湿環境にさらされることによって発生する全身性の温熱障害で、熱中症(ねっちゅうしょう)と呼ばれています。熱中症には、体温の上昇を伴わない熱虚脱・熱けいれんと、体温の上昇を伴う熱射病(日射病)があります。いずれも、基本的病態は同一で、熱による皮膚温の上昇が誘因となります(図8)。 原因は何か  長時間、高温多湿環境にさらされることが原因です。乳幼児や高齢者、不眠・疲労・脱水・基礎疾患(高血圧、糖尿病、心疾患、アルコール中毒、貧血、甲状腺(こうじょうせん)疾患、慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)など)がある...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング