一部上場企業と、二部、店頭、普通の小さな会社の決算のごまかしについての質問です。

単に、法的な問題の疑問をもちました。

一部上場企業 が粉飾決算した場合、大変厳しい処分がありますが、
これは普通の小さな会社と較べて、社会、経済的な影響からこうなっているんでしょうか

そして、二部、店頭など市場が小さくなると、一般に処分もゆるくなるんでしょうか

一般に、上場する市場の基準を満たして上場するので、基準が厳しくなる上の市場ほど処分も厳しいと思えるのですがいかがでしょう。

A 回答 (1件)

> 単に、法的な問題



法的に見て一部上場企業が粉飾決算を行った場合、一つは脱税等の問題があり、もう一つには金商法の問題があります。
前者は全ての企業についての問題ですが、後者は公開株式を発行しているなどの条件を満たした企業の問題になります。

その他に、上場取り消しなどの処分(政府・行政ではなく東証が決める話)が課されます。


> これは普通の小さな会社と較べて、社会、経済的な影響からこうなっているんでしょうか

一般に言ってその通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もう少し詳しくは調べてみますね。

お礼日時:2011/04/14 22:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング