最近点滴の自己抜針をインシデント報告を書かない傾向にあると聞きましたがその理由は何ですか。デメリットはないですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今まで3つの病院で勤務してきましたが、抗癌剤以外での点滴の自己抜針でインシデントを書いて報告した経験はなく、他のスタッフが報告したのを見たことも無いです。


抗癌剤の場合は、抜針すると血管外漏出により皮膚障害なども発生するため、患者さんに実害が及ぶため、重要な問題と捉えていますが、そうでない場合は、書いてないです。

認知症がある大腿骨頚部骨折患者さんへの輸液、術後せん妄下での術後の輸液管理等では、頻回に起きる問題ですが、理由について無理矢理見いだすとしたら、
患者さんへの重大な実害が及んでいない、又、重大な実害へと発展するケースが想定しづらいから、認知症や術後せん妄等、患者さんの状態によっては頻回に起きるから....
という事が言えそうですが、インシデントやヒヤリハットを集計して現状を把握し対策を建てるためには、本来は書くべきなんでしょうね。

でもこれだと、最近書かない傾向の理由にはならないですね。
逆に、自己転倒は、最近では、全例レントゲン撮影し、インシデント報告出す決まりになってきました。
その理由として、転倒は患者さんに骨折などの重大な実害があり、訴訟になった際、病院が敗訴することがある。しかし、点滴自己抜針により患者さんに現れる重大な実害は少なく、訴訟に発展する恐れも少ない。その結果、点滴自己抜針に対するインシデントとしての認識が低くなった...のかも知れません。

デメリットとしては、インシデント報告が無いため統計データが出てこず、何件起きてるのか、どういった環境で、どの疾患の、治療・処置後の何時間目・何日目に多いのか、どの時間帯に多いのか、といった抜針の全体像を把握できず、現状に応じた対策が建てられていないという事が言えそうです。少なくとも私が今まで勤務した病院看護部は恥ずかしながら、そうです。

転倒だと統計結果から、病棟ごとの目標(「転倒件数 年間10%減」とか)も立てられていますが、それに比べると全然手が付けられていないですね。
    • good
    • 0

都内で看護師をしているものです。



No.1の回答者さんの答えが的確で私が答えるのはちょっと恥ずかしいですが・・・。

私は100床程度の病院に勤めていて、内科なので入院する患者さんのほとんどが高齢者で認知症、あるいは年相応の気質を持った方です。

点滴=痛い、不快であるイメージばかりで、治療上必要ということはほとんど理解してもらえないので、当然自己抜針も多いです。


うちではどんな小さなこと(ヒヤリハットの段階)でもインシデントレポートを提出するように言われています。
それは提出することによって対策を考えようとするし、みんなの意識付けになるからです。
まぁそれがレポートの意義だと思うのですが・・・。

どんな対策を練っても自己抜針する方はいます。最終形拘束(抑制)になってしまいますが、拘束する前に何か医療者側が工夫できることはないか???という意識を持つためにやっているようなものですね。

工夫することがあれば、それがマニュアルとして新人さんなどの役に立つだろうし、未然に防げるならその方がいいですからね。

ただどんなことにせよ、インシデントレポートを作成する機会が減れば、意識的に取り組むことも少なくなり、今度はアクシデントになるかもしれません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点滴の針を抜くこと

こんばんは。
お尋ねしたいことがあるのですか・・
私の知人に診療所の医療助手をしている方がいるのですが、今メールがきまして「点滴の患者さんの点滴針を抜いてから帰ってきたので遅くなった」と書いてありました。
私はこれは(点滴の針を抜くこと)いけないことなのでは?と思ったので「いいの?」と聞きましたが「抜くのはいいんだよ」との返信がもどってまいりました。
はたして、この友人の行っていることは医療行為にあたらないのでしょうか?
小さな心療所です。
教えてください。

Aベストアンサー

回答致します。
有資格者でなければ、原則は違法です。
事故があった場合には、本人は無論、監督者である医師等も処罰対象になります。
ただ、危険性の低い医療行為等は人手の関係で黙認されている場合が実際には多いようです。
取り急ぎ回答まで。

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Q急変時の対応で同僚から非難されています。

病棟ナースです。急変時の対応に客観的な意見をいただきたく質問させていただきました。状況の説明は出来るだけ客観的に書くようにしたので読みにくいかも知れませんがよろしくお願いいたします。

先日転倒患者を発見しました。
患者は仰臥位で床に倒れておりレベル300・血圧160/・呼吸Spo2 100% 回数20回・脈拍触知OK・共同偏視あり・発汗多量・心疾患の既往がない患者だった為何度か血圧測定をしながら呼名・刺激反応を続けました。他のナースが応援を呼びに行っている間もう一人のナースが血糖値260であることを確認し、いつでも患者をベッドに戻せる様布団を身体の下に敷いて待っていました。

1-2分後誰も来ない為緊急ナースコールを鳴らしました。私はコール後立ったままの状態で他に何か出来ないかと考えていたらナース1名が「どうしたんですか」と歩いて来ました。「マンパワーをください」、と伝えると急変に気がつき他のナースを呼びBSLにのっとった対応が始まったのですが血圧・呼吸が保たれていると伝えても誰からも何の反応はなく、患者の周囲には5-6人ナースがいてAEDが装着され、血圧はどうなっているのかというやり取りが続きました。そのまま血管確保を取ろうとしたのでストレッチャーに移すように伝えたらその時点で移動、その後も血圧値はどうなっているのかというやり取りのみが繰り返されました。
その後、画像診断の為移送することになったのですが移送を一人のスタッフに一任したら他のスタッフは申し送りに、一任された看護師は除細動器を取りに行っていた為付き添って移送しました。

・後にスタッフから側にいたのに立ったまま何もしていなかった、と非難されています。立っていた事は事実なので非難されてもしょうがないことですが、血圧・呼吸が保たれている状況で他に何か出来たことはあったのでしょうか?
・AEDの装着は必須だったのでしょうか?血圧・呼吸が保たれている時にはバイタルの変化に注意して医師の到着を待てばいいと思っていたので、待っている間血圧・呼吸が変化しないところから急変ではあったのですがその場の緊急性が少ない状況だと判断したのですが…。
・個人の反省ですが、情報を伝えても反応がなく個々に対応していた状況に気持ちが引いてしまったのと血圧測定をだったらいくら行っても害はないだろうと思って静観してしまったのですが、騒然とした中状況を落ち着かせる為に何か良い方法はありますか?

どうぞよろしくお願いいたします。

病棟ナースです。急変時の対応に客観的な意見をいただきたく質問させていただきました。状況の説明は出来るだけ客観的に書くようにしたので読みにくいかも知れませんがよろしくお願いいたします。

先日転倒患者を発見しました。
患者は仰臥位で床に倒れておりレベル300・血圧160/・呼吸Spo2 100% 回数20回・脈拍触知OK・共同偏視あり・発汗多量・心疾患の既往がない患者だった為何度か血圧測定をしながら呼名・刺激反応を続けました。他のナースが応援を呼びに行っている間もう一人のナースが血糖値260であるこ...続きを読む

Aベストアンサー

医師です。

BLSとかACLSなんかの指導をしています。
そこそこ設備のある病院と考えて話を進めます。

>後にスタッフから側にいたのに立ったまま何もしていなかった、と非難されています。
やるべき事は沢山あります。最初の段階ですぐに緊急コールはするべきで沢山の人を呼ぶべきだと思います。
後、医師は呼びましたか?カルテは取り寄せましたか?家族は呼びましたか?
一人で、もし離れられなかったのであれば、持続的に呼吸と脈拍を監視できる様にいましたか?具体的には動脈を触れて、胸の上がりをチェックしていましたか?心肺停止でなければ…というシチュエーションはBLSでは伝えないことが多いですが、持続のモニタリングは必要です。
後、出来るナースであれば診察をしましょう。外傷はないか、呼吸の様子は?呼吸の音は?脈拍数は?


>AEDの装着は必須だったのでしょうか?
必須ではありませんが原因がわからなく、除細動器がなければつけておいても良いでしょう。厳密にはAEDの適応は心肺停止です。モニターがあればモニターがいいでしょう。いずれにせよ、近くにおいておきましょう。


>個人の反省ですが、情報を伝えても反応がなく個々に対応していた状況に気持ちが引いてしまったのと血圧測定をだったらいくら行っても害はないだろうと思って静観してしまったのですが、騒然とした中状況を落ち着かせる為に何か良い方法はありますか?
僕は声に出して言います。脈拍ok、血圧okなど。「何か他にする事はないか」とも口にします。
後は経験でしょうから、今回をばねにしっかりがんばってください。

医師です。

BLSとかACLSなんかの指導をしています。
そこそこ設備のある病院と考えて話を進めます。

>後にスタッフから側にいたのに立ったまま何もしていなかった、と非難されています。
やるべき事は沢山あります。最初の段階ですぐに緊急コールはするべきで沢山の人を呼ぶべきだと思います。
後、医師は呼びましたか?カルテは取り寄せましたか?家族は呼びましたか?
一人で、もし離れられなかったのであれば、持続的に呼吸と脈拍を監視できる様にいましたか?具体的には動脈を触れて、胸の上がりをチェック...続きを読む

Q浣腸について教えて下さい。

浣腸(グリセリン浣腸など)をする時に、血圧を測定するのはなぜですか?

Aベストアンサー

直腸の拡張および排便に伴う収縮に際して副交感神経系統の過大な刺激(自律神経過反射、一般に直腸反射という)が起こり急激な血圧低下が引き起こされることがあるためです。

薬剤的にはグリセリンは電解質の変化を引き起こしにくいものであり「真水」などと比べればこういった吸収による弊害は少なくより安全なんですが、便秘を解除するという事柄と上記は同居を避けられないものであるために必ず注意が必要になります。当然、自律神経系統の統制が取れていないもの(脊髄疾患のあるもの)や例えば老人などのほうがリスクが高くなります。

Q瞳孔(反射・幅)を見るライトの種類について

こんばんは。
内科・眼科の看護師をしています。
内科では重症患者さんの瞳孔反射を見たり、
眼科ではOP前の瞳孔の広がりを見たりと、ライトを使うことが多く、100均で自分用の物を買ったのですが
LED(白色)でもいいのでしょうか?
家で使ってみてあまりにも明るすぎるかなあと思いました。
病棟にあるものは普通の豆電球みたいな黄色い光のライトなので、もしかして瞳孔をみるのにはLEDではダメとか決まりがあるのかなあと思い質問させていただきました。

わかる方がおられましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

脳神経外科医師です。
脳外科は瞳孔所見を毎日観察している科ですので、回答させていただきます。

 確かに最近白色の非常に明るいペンライトが出回っているようですね。私が把握している限り、そのようなペンライトが出回り始めたのでは、ここ1~2年の話なのではないかと思います。したがって病棟に置いてあるようなペンライトにはそのようなものは出回っていないのではないのでしょうか。

 また、私の先輩の医師が使っているので見せてもらったところ、従来のものに比べてとてつもなく明るいですね。瞳孔所見は非常にとりやすいと思います。しかし、患者さんの立場に立てば、あれだけ強い光を眼にあてられるのはものすごくストレスだと思います。あの強い光をあてられた後は、しばらくは何も見えないようです。

 先輩の医師は通常のペンライトを使うよりもライトを眼から少し離して、患者さんの苦痛にならないようにして使っているとのことです。

 したがって、そのようなペンライトを使ってはいけないという決まりはないと思いますが、使うときは患者さんの苦痛にならないように工夫して使う必要があると思います。

脳神経外科医師です。
脳外科は瞳孔所見を毎日観察している科ですので、回答させていただきます。

 確かに最近白色の非常に明るいペンライトが出回っているようですね。私が把握している限り、そのようなペンライトが出回り始めたのでは、ここ1~2年の話なのではないかと思います。したがって病棟に置いてあるようなペンライトにはそのようなものは出回っていないのではないのでしょうか。

 また、私の先輩の医師が使っているので見せてもらったところ、従来のものに比べてとてつもなく明るいですね。瞳...続きを読む

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q人工肛門ですが、自然肛門から出始めました。

90才の祖母の件で、相談いたします。10年前に、大腸ガンということで、人工肛門にしました。ところが、2週間前から、自然肛門(10年前迄通常使用していた肛門です)より、便意を感じるようになり、とうとう1週間前から、自然肛門より、小豆大の黄色い汚物が、3ー4個出るようになりました。3ー4回/日です。
また、水も出るようになっています。
手術した病院で、自然肛門を受診してもいましたが、問題ありませんと、本人が聞いてきましたが、非常に不安です。
病院を変えるべきか、何でも結構ですので、アドバイス願います。

Aベストアンサー

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全に塞いでいるのにも拘らず、そこに炎症粘膜が少しだけ残存していたために血便を呈した患者様を経験したことはありますが、今回黄色(=便中の胆汁成分)の固形便が出ているとのことですから、上記のような吻合法をとっている可能性が最も高いのではないでしょうか?
実際に手術を受けた医療機関でご相談なさるのが最も近道ではないかと思います。もし何か新たな病気の発生が疑われるようであれば、経肛門的にでも経人工肛門的にでも、そこから大腸ファイバーを挿入して内部を観察して診断に結びつける方法をとることが可能です。

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全...続きを読む

Qサーフローが上手く出来ません

5年のブランクを経て、最近再び働き出した看護師です。
採血や翼状針による点滴は出来るのですが、どうしてもサーフローが出来ません。
皮膚を引っ張り浅めを意識して刺すのですが、その時は血液の逆流が内筒で確認出来るんです。それで「逆流してきた」と思い、外筒を進め内筒を抜くと、その時点で逆流が無くなってしまい、腫れてきてしまうのです。
いつも最初の逆流までは確認できるのに、その後が何故入らないのか、自分でも困り果てていて、今ではサーフローによる点滴がイヤでイヤで仕方なくて、プレッシャーになってしまっているほどです。
何かコツ等がありましたら、是非教えていただけないでしょうか。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自分では上手い方だと思うのですが、私ももう10年以上前の研修医の頃は、波があり、上手いときもあれば、なかなか入らないことも多かったです。でも、今では、私も失敗しますが、私が入らなければ、周りに入れてくれる人はいません。

私はコツと思っているのは、
(1)血管を穿刺した時の、感覚を感じるようにする。
(2)刺す前に血管の走行、血管の走っている深さをよく確認する。ためらいがある場合は刺さない。
(3)十分に駆血し、ベストな状態で刺すようにする。
穿刺しているところが影にならないようにとか、
(4)右ききの場合は、右手をしっかり固定する。
(5)左手で、皮膚を引っ張っている場合、その手をはなすと、皮膚が戻るので、浅くなるので、皮膚を助手に引っ張ってもらう。これは難しい場合が多いので
(6)針のもち方を練習する。片手で外筒のみ進められるように、練習する。例えば、右手だけで、針崎の無気を変えて、外筒を、0.1mm進める練習とか。
(7)後悔する。

私の今思いついたことは、これくらいです。
最初から上手い人は、一生後悔しないですみますが、私の場合は、失敗→後悔→考えるの連続でした。

私の信念は、悩めば、道は見えると信じてます。
色々悩んで、鍛錬してください。
私のように、私が出来なければ、誰も出来ないというプレッシャーも無いのですから。

自分では上手い方だと思うのですが、私ももう10年以上前の研修医の頃は、波があり、上手いときもあれば、なかなか入らないことも多かったです。でも、今では、私も失敗しますが、私が入らなければ、周りに入れてくれる人はいません。

私はコツと思っているのは、
(1)血管を穿刺した時の、感覚を感じるようにする。
(2)刺す前に血管の走行、血管の走っている深さをよく確認する。ためらいがある場合は刺さない。
(3)十分に駆血し、ベストな状態で刺すようにする。
穿刺しているところが影にならないようにと...続きを読む

Q脱水と頻脈の関係について。

脱水を起こしていると、頻脈になりやすいのでしょうか?
そうならば、どうして頻脈になるのかがわからないので教えて欲しいです。

Aベストアンサー

循環血液量の減少症状として頻脈が出現します。少ない血液を全身に送るためには(1回量が減るので)、拍動を増やして対応する必要がありますので。
 脱水と言ってもいろいろな種類があって、その中でも等張性脱水(細胞外液欠乏症)で著明に出ます。

Qインシデントの書き方を教えてください

看護助手をしています。
先日、クリニックの物品を洗浄する際に、修理する程ではないのですが壊してしまいました。
違う物品ですが、これで二回目です。

インシデントと始末書を書いたのですが書き方が解りません。
今後の対策として、洗浄時に解体する際に気をつける事と「高額な物品であることを意識して扱う」と書いたのですが具体例を挙げるように言われました。

二回目にして書き方が分からず上司に聞いたのですが二回目だからとういう事で
教えていただけませんでした。

お恥ずかしい話ですがこういった文章を書くことがあまりなく本当に分かりません。
仕事をしていて自分が如何に不器用で注意力散漫な性格か自覚しました。
もう少し自分に合った職に変えようと思うのですが退職届けを出す前に、きちんとインシデントと始末書を提出し受け取って欲しいのですが、書き方が分からず困っています。
医療関係のお仕事をしている方でインシデントと始末書について詳しい方、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

医療関係者じゃありませんが、何がいけないのかはわかります。
私の業界では労働安全衛生のテーマ以外のインシデントを記録する習慣はないのですが、問題を起こした場合、「今後気を付ける」というのは対策とは考えません。
少なくとも私が働いていたある会社は、トラブルの対策として「気を付ける」などと書いてあるレポートは社内のものであろうと、サプライヤーからのものであろうと、受け取らないことになっていました。

私の業界の常識で言えば、自分が不器用で注意力が散漫であることを、インシデントやアクシデントの理由にしてはいけないのです。
実際、そのようなことに原因を求めても、絶対にトラブルは解決しません。必ず同じことが起こります(別の人が起こす場合も多い)。
あなたの場合も、"安易に"注意力のせいにしたから、二度目が起きたのではないですか?
不器用で注意力散漫な者が行っても、それでも問題が発生しないように、環境を整え、設備をそろえ、手順をきめます。
「人間とはミスをするものである」という前提ですべてを考えることになっています。

何をどう壊したのかわからないから、何も具体的なことはかけませんが、あなたには「こうすれば壊さない」という手順を考えて、それをインシデントレポートに書き、実施することが期待されているのだと思います。

医療関係者じゃありませんが、何がいけないのかはわかります。
私の業界では労働安全衛生のテーマ以外のインシデントを記録する習慣はないのですが、問題を起こした場合、「今後気を付ける」というのは対策とは考えません。
少なくとも私が働いていたある会社は、トラブルの対策として「気を付ける」などと書いてあるレポートは社内のものであろうと、サプライヤーからのものであろうと、受け取らないことになっていました。

私の業界の常識で言えば、自分が不器用で注意力が散漫であることを、インシデントやア...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報