ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ビタミンB群を摂っても体の中でそのままの形で利用されるのではなくて活性化?(B1ならチアミンに)されたものに変わってはじめて利用されるみたいですが体のどこで活性化されるんですか?ビタミンDなんかは肝臓や腎臓でらしいですがビタミンB1、B2、B3、B6、B12、、、などはどこで活性されるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も知りたいところなのですが、調べた範囲から適当にお伝えします。

内容の正確さは保証できません。

「ビタミンB1(チアミン)の食事摂取基準の資料」(柴田克勝己・滋賀県立大学教授)
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-18.I-01.pdf
図4を参照すると各組織でチアミン二リン酸(TDP)になると考えてもいいような文章に感じます。
吸収した小腸の細胞や門脈を得た後の肝臓の細胞でどれくらいTDPになるのかは調べ切れませんでした。おそらく確立したデータがないものと想像します。

TDPはクエン酸回路に必要で、ミトコンドリア内にありますが、TDPをつくる為の酵素チアミンピロホスファターゼは、少なくともゴルジ体のトランス嚢にあるようです。
「ゴルジ体」(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AB% …

チアミンピロホスファターゼは、多くの組織にあるようです。ほとんどの組織という気もします。この酵素がいろいろな研究において代謝の指標になっています。器官としては肝臓や脳など(別のサイトではプラス心臓や腎臓)での活性が高いようです。肝機能障害になると、B1の活性が落ちるので(その因果関係の順序は私には断定できませんが)、肝臓を代表的な臓器と考えても悪くないと思います。

チアミンの血中濃度は、血漿について計ったものではなく、血球を含む全血で値を出しています。おそらく血流中において、(その誘導体であるチアミン二リン酸を含めた?)チアミンのほとんどが赤血球の中に存在しているからだと思います。それは逆に(赤血球に取り込まれていない)血漿中にあるチアミンは微量ということの裏返しになっています。

B2に関しては、小腸や肝臓でリン酸化されて、FMNになると記載されたサイトもありましたので、およそリン酸化されるビタミンB群はそんなところなのかもしれません。FMNがFADになるのは肝臓というようなサイトもありましたし、肝臓と腎臓と説明してあるサイトもありました。http://hobab.fc2web.com/sub4-vitamin.htm

B1は十二指長・空腸、B2は回腸で吸収されるようです。

間違いなどあるかもしれませんのでご確認下さい。
    • good
    • 0

「生物」カテゴリーでお聞きになる方が良いでしょう。


また、ビタミンB群は電子伝達の補酵素が主なので、その意味と「活性化」の違いをお聞かせ下さい。

この回答への補足

いつもありがとうございます。
お返事が遅くなりすいません。
質問内容はビタミンのB群についてですが、B群にもB1、B2、B3、、、といっぱい種類がありますが
例えばB1を摂っても体の中でB1のままの形で利用されるのではなく、B1であればチアミン2リン酸に
B2であればFADに変換されてはじめて体の中で利用されるみたいなのですが、その変換される場所が知りたかったのです。例えば肝臓であるとか、、、ミトコンドリアであるとか、、、
それと活性化とは例)B1がチアミン2リン酸に変換されるのを活性と呼ぶそうです??

補足日時:2011/04/14 08:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラットと人間の臓器の違いについて

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


人気Q&Aランキング