糖度1%の液体から、糖度66%の液体を100ml作りたいとき、糖度1%の液体は何ml必要ですか?
計算式もお願いします。

A 回答 (5件)

あああ… どーしょもないミスを…



66%溶液の密度は1.32g/mLだから、100mLは100mL×1.32g/mL≒132gにあたる。
132gの66%溶液に含まれるショ糖は、132g×0.66≒87.1gである。
87.1gのショ糖を含む1%溶液を用意すればよいのだから、
溶液の質量は、87.1g÷0.01≒8710gとなる。
上掲の資料によれば、1%ショ糖溶液の密度は1.00g/mLであり、
8710g÷1.00g/mL≒8710mLすなわち8.71Lを用意すればよい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!


単純に、66÷1=66
66×100ml=6600ml
6.6L用意し、100mlになるまで煮詰める、ではだめなんですね。

カテ違いなのにご親切にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 21:27

ショ糖水溶液の比重に関する資料を(やっと)みつけた↓


http://www.geocities.jp/kagakulabo/conc2.html
温度によっても違うような気がするが、とりあえずコレを使う。

66%溶液の密度は1.32g/mLだから、100mLは100÷1.32≒75.8gにあたる。
75.8gの66%溶液に含まれるショ糖は、75.6×0.66≒50.0gである。
50.0gのショ糖を含む1%溶液を用意すればよいのだから、
溶液の質量は、50.0÷0.01≒5000gとなる。
上掲の資料によれば、1%ショ糖溶液の密度は1.00g/mLであり、
5000÷1.00≒5000mLすなわち5Lを用意すればよい。

最後に問題となるのが、前述の如く、作る66%溶液の温度だ。
煮詰めて沸騰させている間は問題ないが、室温程度まで冷やしてしまうと、
過飽和になって析出してしまう可能性が高いと思う。その際、濃度が下がる。
(この点に関して正確な資料がみつからない。参考までに↓)
http://www.asahi-net.or.jp/~ye3t-hrby/kagakusiry …

…って、やっぱりカテ違いだってば。
    • good
    • 1

比重も、そうだが、


煮詰めて加熱している間は66%にできても、
室温まで冷えたら、析出して
濃度下がるんじゃないかな?

…て、カテ違いくさい。

この回答への補足

66%にできるまでの計算式を教えてください。

補足日時:2011/04/14 07:12
    • good
    • 0

gならなんとか計算できるかもしれないけど、mlの場合は1%と66%とでは比重が違うだろうし、簡単には計算できないのでは?

    • good
    • 0

煮詰めるの?

この回答への補足

はい。

補足日時:2011/04/14 06:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖度の計算の仕方

335グラムのイチゴを糖度60%のジャムにしたいです。
どうやって計算すればよいですか?

Aベストアンサー

こんにちは

こちらの下に
http://homepage3.nifty.com/marusyu/zJam.html

Q自家製シロップの糖度について

他のサイトでも質問してみたのですが、回答がえられそうになかったので、あらためてこちらで質問させていただいています。

コーヒーシロップとして、上白糖と水でシュガーシロップを作っています。
レシピを参考にして作りやすい1:1で煮溶かしたものです。

参考にしたレシピでは、シロップ100gに対して何gの砂糖が入っているか、という計算で
糖度50としていました。
(水50g+砂糖50g=シロップ100gなので糖度50)

ですが、ある洋菓子専門のサイトでは、この1:1がポーメ30°(糖度)だとしています。
(厳密には1:1.30~1.35らしい)

さらに、果樹園のサイトでは、果汁100mlの中にどれくらいの糖があるかが糖度だと…
(そうなると水60g+砂糖60g=約100mlなので糖度60?)


なんだか混乱しています。
自分の作ったシロップは糖度いくつと思っていたらいいんでしょう?

何か基本的な知識が私に足りてないんだと思います。
ネットで検索して色々読んでみたのですが、頭の中でまとまりません。
あまり科学的な式を出されても理解しきれなくて、というのもあるのですが(汗)

どなたかわかりやすく、ご教授しただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

他のサイトでも質問してみたのですが、回答がえられそうになかったので、あらためてこちらで質問させていただいています。

コーヒーシロップとして、上白糖と水でシュガーシロップを作っています。
レシピを参考にして作りやすい1:1で煮溶かしたものです。

参考にしたレシピでは、シロップ100gに対して何gの砂糖が入っているか、という計算で
糖度50としていました。
(水50g+砂糖50g=シロップ100gなので糖度50)

ですが、ある洋菓子専門のサイトでは、この1:1がポーメ30°(糖度)だとしています...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。パティシィエです。

あんまり糖度に関して詳しくないのですが
知っている範囲でお答えします。

> ですが、ある洋菓子専門のサイトでは、この1:1がポーメ30°(糖度)だとしています。
(厳密には1:1.30~1.35らしい)

製菓での定義ですが 水1リットルに対してグラニュー糖1350グラムを混ぜて沸騰させて冷ましたものが
ボーメ30として作ります。

これがお菓子作りに多用される理由は、まず「常温で腐らない」
1リットルの水の中に限界までグラニュー糖が入っているため雑菌が繁殖できません。
これよりグラニュー糖が多いとシロップの中で氷砂糖のように再結晶してしまいます。
ただ甘みが強いですが その時は、薄めればいいので便利なのです。

あとシロップの約束事としてグラニュー糖や砂糖を混ぜたらいったん沸騰させて冷ましたものを指すと思います。
ただ単に常温の水に溶かしただけでは、正確なボーメ度や糖度が測れないと思います。
砂糖は、水の温度によって かなり溶ける量が劇的に変わるのが理由だと思います。

そしてボーメ度や糖度は、最終的には、レシピなどではなく屈折糖度計やデジタル糖度計で計測した値をさします。
もちろん上記のように水とグラニュー糖の比率でだいたいの糖度は、予測はできますが正確ではありません。

> 自分の作ったシロップは糖度いくつと思っていたらいいんでしょう?

水と砂糖が 1対1を煮溶かしたなら 概ねボーメ22~25前後かと推測されます。

最後にケーキ業界では、あまり糖度と言う単位は、使われずボーメと言う単位が使われます。
ボクは、糖度とボーメの違いがわからないのです。ごめんなさい。

ボーメと言う砂糖濃度の単位については、上記のように水と砂糖を沸騰させ冷ましたものを
糖度計で計測して数値を計り その数値をもってボーメ度を決めるとなります。

かなり曖昧な回答となりましたが もしご参考になれば幸せです。
ジルより

こんばんは。パティシィエです。

あんまり糖度に関して詳しくないのですが
知っている範囲でお答えします。

> ですが、ある洋菓子専門のサイトでは、この1:1がポーメ30°(糖度)だとしています。
(厳密には1:1.30~1.35らしい)

製菓での定義ですが 水1リットルに対してグラニュー糖1350グラムを混ぜて沸騰させて冷ましたものが
ボーメ30として作ります。

これがお菓子作りに多用される理由は、まず「常温で腐らない」
1リットルの水の中に限界までグラニュー糖が入っているため雑菌が繁殖できません。
...続きを読む

Qブドウ糖液の濃度計算問題

問題:低血糖患者に50%ブドウ糖液40mlを静注した。供給されたブドウ糖は約何gか。
a 20g b 30g c 40g d 50g e 60g

解答:算数の問題である。「50%ブドウ糖液40ml」の比重はほぼ1であり、重量は約40gである。その重量の50%がブドウ糖なのであるから、ブドウ糖は約20gである。
答え:a

となっています。
比重がわからなくてcの40gにしてしまいました。
化学ではなく医療の問題なので正確でなくてもいいとは思うのですが、
50%ブドウ糖液の比重は約1なのでしょうか?
ググってもこれしかわかりませんでした。
5%ブドウ糖液 比重 1.019
10%ブドウ糖液 比重 1.033~1.038
頭がこんがらがっています。

ご教示ください。

Aベストアンサー

日本薬局方のブドウ糖注射液のパーセントは、w/w%ではなくてw/v%であるとのこと。
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%96%AC%E5%B1%80%E6%96%B9%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%E7%B3%96%E6%B3%A8%E5%B0%84%E6%B6%B2+50

50w/v%ブドウ糖液ということは、ブドウ糖液100mLの中に50gのブドウ糖が含まれているということです。つまり、1mLの液に0.5gのブドウ糖が含まれている、ということです。

もしブドウ糖液の濃度がw/w%で表されているのであれば、供給されたブドウ糖の重量を計算するのにブドウ糖液の比重が必要になります。しかし、ブドウ糖液の濃度はw/v%で表されていますから、40mLを静注したときに供給されたブドウ糖の重量は
 
 (1mL中に含まれるブドウ糖の重量)×40mL=(50g/100mL)×40mL=20g

と簡単に計算することができます。比重は不要です。


> 50%ブドウ糖液の比重は約1なのでしょうか?

あるメーカーの製品の添付文書によると、20℃で1.188とのこと。
http://www.otsukakj.jp/med_nutrition/dikj/tenpu/gl7bnotk.pdf
ブドウ糖液とは言うものの、ブドウ糖以外の成分も入っているでしょうから、ほかのメーカーの製品では若干ちがう値になるでしょう。いずれにしても、この問題を解くのに比重は不要ですし、「『50%ブドウ糖液40ml』の比重はほぼ1であり」と考えるのも間違っています。

日本薬局方のブドウ糖注射液のパーセントは、w/w%ではなくてw/v%であるとのこと。
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%96%AC%E5%B1%80%E6%96%B9%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%E7%B3%96%E6%B3%A8%E5%B0%84%E6%B6%B2+50

50w/v%ブドウ糖液ということは、ブドウ糖液100mLの中に50gのブドウ糖が含まれているということです。つまり、1mLの液に0.5gのブドウ糖が含まれている、ということです。

もしブドウ糖液の濃度がw/w%で表されているのであれば、供給されたブドウ糖の重量を計算するのにブド...続きを読む

Qbrix 糖度について

brixについて教えていただきたいのですが、糖度を調べるための一般的な目的は何なんでしょう??

Aベストアンサー

>糖度が高くなると品質保持期限が長くなるのはどうしてなのでしょうか?

糖度をあげても風味自体を長持ちさせることはできません。
しかし、細菌の繁殖をある程度まで抑えることができるようになります。
風味の劣化がかなり早い製品の場合は賞味期限を延ばすことはできませんが、通常、風味よりも細菌性がネックとなって賞味期限が短くなっている場合が多いため、結果として「細菌の繁殖を抑えることができれば、その分賞味期限を延ばす事ができる」ケースが多くなります。

糖は製品中の水と結合します。
糖と結合した水を微生物は代謝に利用することができず、結果、糖度が高い製品中では生きていくことは難しくなります。
糖を増やすことによって全体の水分量は減少しますし、更にわずかに存在する水分も糖と結合する形をとるため、細菌にとって非常に過酷な環境になるわけです。

よく、パンなどに使われているホイップクリームがありますが、これも糖度を非常に高くして水分活性を下げています。
そのため、常温で販売が可能となっているわけです。

Q砂糖水 濃度計算について

閲覧頂きありがとうございます。

次の問題について、求め方を教えて頂きたいです。

濃度が5%の砂糖水を600g作る予定で砂糖を水に加えていきましたが、水を入れ過ぎて、砂糖水は695gになってしまいました。
この砂糖水に砂糖を何グラム加えれば、濃度5%の砂糖水にできるでしょうか。

以上です。

このような問題を解くに当たっては、何か公式のようなものがあるのでしょうか?

求め方の式及びそれぞれの値が式のどこに当てはまるか軽く説明を出来れば頂きたいです。

ご面倒をおかけしますが、無知な自分にどうかお力を貸してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公式としては濃度の計算式
質量%濃度=溶質の質量/溶液の質量*100
です。

そして大事なのは、ある溶液について
・水はどれだけ含まれているのか
・砂糖はどれだけ含まれているか
をはっきりさせることです。

例えば5%の砂糖水600gを作ろうとすると、砂糖の量は
600*0.05=30 g
ですね。従って本来水は570g加えるべきだった訳です。

ところが実際には水を95g余分に加えてしまったので、
水の実際の量は665gです。

5%の砂糖水は95%が水で5%が砂糖ですから、665gの
水で5%の砂糖水を作ろうとすると必要な砂糖の量は
665/95*5=35 g
なので、追加すべき砂糖は
35-30=5 g
です。

Q加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)に使われるF値について

微生物の加圧加熱殺菌に指標に使用されるD値、Z値、F値について教えてください。
また、詳しい解説のでているような書籍やWEBサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度幅。単位は(℃)、縦軸にD値の対数、横軸に加熱温度をプロットした耐熱性曲線(TDT曲線と呼び通常直線)の傾きから求める。一般に栄養細胞と芽胞等を比較した場合、前者が熱に対する感受性が高く、Z値は小さい傾向にある。
F値:実際の殺菌は一定温度で行われるわけではなく、加熱、冷却に伴って温度が変化するためトータルの殺菌効率、致死率を表すものが必要。これがF値、各プロセスの致死率Lを積分したもの。通常、基準温度250゜F(=121℃)における殺菌時間に相当する。
   ちなみに L=10^{(T-Tr)/Z} 
   T:殺菌温度  Tr:基準温度
F0値はZ値を10℃に固定して求めたF値。細菌の耐熱性のデーターが含まれなくなるため、殺菌プロセスの評価によく利用されます。
また、缶詰製品のように常温長期保存する食品ではボツリヌス菌芽胞の完全殺菌が要求され、この耐熱性芽胞のD値の12倍の熱処理が要求されています。12Dの概念と呼ばれています。食品衛生法にある「120℃、4分間の加熱」はこれを想定してのことと思われます。

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度...続きを読む

Qグルコース濃度の求め方

公式ってあるのですか?

測定波長505nm
標準液(mg/dl) 吸光度
 200     0,485
でした。濃度は どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

サンプルの吸光度がかかれていないので、
濃度は標準液の200mg/dLになると思いますが‥

(濃度、吸光度)
(0,0)
(200,0.485)
で検量線を引くと、
その間の濃度の吸光度が計算できます。

1点だけだと誤差が大きいかもしれないので、
個人的には3点くらい取りたいです。

Q比重の計算方法

水溶液の比重の計算方法を教えてください。
たとえば、塩水について。
おねがいします。

Aベストアンサー

お困りのようで、お役に立てるかどうか判りませんが 思いつくままに書きます。私は食品系・化学分析系ではありません(熱力・流力系)故、勘違いや的外れなレスあれば ご指摘ください。判る範囲内でお返事します。

1.ボーメ計の最小目盛は、いくらのものを使っておられますか? 私の記憶では 精密ボーメ計の最小目盛は 0.1度 の物があったと思います。

2.測定方法ですが、良く混合した均質な水溶液をメスシリンダ-等に採り、ボーメ計を浮かべて上下動が安定停止するまで暫くの間(5~10分か?)放置した後、目の高さで読みとっていますか。 まさか、混合水槽の中で直接測定していないと思いますけど。

3.No.2 のお礼欄の ボーメ・比重の式(サイトB)は 正しい。 この式は、水より重い液体に適用される式です。

  d = 144.3/(144.3 - Bh)
   d  : 15℃水溶液の 比重(4℃の水を規準として)
   Bh : 15℃水溶液の ボーメ度

この式は元々 実験式ですし、また式の成り立ちから見ても計算結果の有効数字は 3桁か、せいぜい 4桁 と考えるべきです。
従って、15℃水溶液の Bh=13.0 とすると この水溶液の比重d は ;
  d = 144.3/(144.3-13.0) ≒ 1.099 

「サイトA」の比重計算結果で、Bh=12~14 については 計算間違いしているようですね、多分・・・

5.水温の、密度 ρ(kg/m3)に及ぼす影響について
標準大気圧(1atm)における純水の密度は、水温により下記の如く、少しだけですが 変化します。

 水温t(℃)   密度 ρ(kg/m3)
-------------------
    5     1000.0       
   10      999.7
   15      999.2
   20      998.3
   25      997.1
   30      995.7
-------------------
5℃の水と25℃の水では、密度の差は 約0.3% だけですから大勢には余り影響ないような気がします。食塩水のデータは残念ながら判りません。

この程度の差が気になるようでしたら、2項で述べた試料の入ったメスシリンダーを冷蔵庫に入れ、15℃前後に冷えた頃を見計らって ボーメ度を測ればいかがでしょうか。

6.NaCl水溶液の 比重・ボーメ度 と 塩分濃度の関係

  温度15℃の NaCl 水溶液 
  比重(d)  ボーメ度(Bh) 塩分濃度(wt%)
-------------------------
  1.00      0.1      0.1
  1.02      3.0      2.9
  1.04      5.7      5.6
  1.06      8.3      8.3
  1.08     10.8     11.0
  1.10     13.2     13.6
  1.12     15.6     16.2
  1.14     17.8     18.8
  1.16     20.0     21.2
  1.18     22.1     23.7
  1.20     24.2     26.1
------------------------
上表の如く、15℃のボーメ度(Bh)と塩分濃度(wt%)は 非常によく似た数値となるのが特徴です。ボーメ度(Bh)を監理する事により、その値に近い塩分濃度(wt%)を間接的に監理している事になります。
  塩分濃度(wt%) = NaCl/(H2O + NaCl) * 100

参考 : 日本機械学会編集 機械工学便覧-熱力学編-

以上、とりとめのないことを書いてしまいました。ご参考程度にして下さい。

お困りのようで、お役に立てるかどうか判りませんが 思いつくままに書きます。私は食品系・化学分析系ではありません(熱力・流力系)故、勘違いや的外れなレスあれば ご指摘ください。判る範囲内でお返事します。

1.ボーメ計の最小目盛は、いくらのものを使っておられますか? 私の記憶では 精密ボーメ計の最小目盛は 0.1度 の物があったと思います。

2.測定方法ですが、良く混合した均質な水溶液をメスシリンダ-等に採り、ボーメ計を浮かべて上下動が安定停止するまで暫くの間(5~10分か?)...続きを読む

Qペクチンのゲル化について

母親がパン屋になろうとしているのですが・・・
ジャム作りに関する、ペクチンの作用について質問させて下さい。

ペクチンは酸と糖との反応によりゲル化が起こると言いますが、糖が65%程度ある時が最適だとのことです。
ゲル化には、なぜこんなにも大量の糖が必要なのでしょうか?ガラクツロン酸の脱水縮合が起こっていると考えても、こんなに沢山の糖を必要とする理由が分かりません。

Aベストアンサー

ゲル化は脱水縮合ではありません。コロイドだからですよ。

酸性条件下でペクチンが糖と水素結合し、大きな網目構造を形成したことで、流動性がなくなり固まるのです。

ちなみにペクチンの説明をすると、カルボキシル基の一部がメチルエステル化されたポリガラクツロン酸が主体となっている複合多糖類です。
メチル化の量によって低メトキシルペクチン(メトキシル基含量7%以下)と高メトキシルペクチン(メトキシル基含量7%以上)に分けられています。

果実に含まれているペクチンは、一般的に高メトキシルペクチンです。糖濃度が60%以上、pH2.8~3.2のとき最適ゲルが形成されるようです。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q46.html

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報