夫婦連帯で旧公庫の住宅ローンを返済中です。
返済は夫の口座から引き落としになっています。

ローン契約時から共働きで返済していたのですが
私(妻)が退職することになりました。
退職後しばらくは働く予定がありません。

共働きで返済といっても、実際には夫の収入が
返済に充てられていて、私の収入から夫の口座に入金したり
などはありませんでした。

私は私で、別に会社から借りていた社内ローンの
返済を給与天引きでしていましたが、そちらの返済は
退職と同時に終わります(退職金で相殺)。

私が退職=無職で収入なしになるに当たって、
現在返済中の公庫ローンに関して、何か届出や
手続きをしておくことはあるのでしょうか?

返済はもちろん、今まで通り問題なくできる状態です。
(世帯収入が減ったことで返済ができそうにない、
 とかではありません)

持ち家はマンションで、持分?は1/2ずつになっています。

※その他足りない情報がありましたら補足しますので
 回答いただけると助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>現在返済中の公庫ローンに関して、何か届出や手続きをしておくことはあるのでしょうか?



表向きの回答。
質問者さまの退職を、住宅ローン借入先に提出する必要があります。
その後、今後のローン返済について借入先から確認があります。
「嫁さんが退職しても、旦那の収入で返済可能」と判断すれば、債務者を旦那一人とした住宅ローンに(書類上)変更します。
返済は、今までの通りです。
但し、公的機関からの融資ですよね。
毎月嫁さんが払っていた住宅ローン額が、今後「旦那から嫁さんへの贈与」となります。
確定申告で「贈与税」が発生します。
マンションの持分も、何も変わりません。

一般的な回答。
既に、実質旦那一人で返済していますよね。
何もする必要はありません。
公的金融機関といっても、融資の焦げ付きが無ければ問題視しません。
なーーーんもしない!
マンションの持分も、何も変わりません。

余談ですが・・・。
クレジットカードでも、転職退職は届けが必要ですよね。
然しながら、現実的には多くの方が届けを出していません。
返済事故を起こさなければ、案外問題視していません。
住宅ローンなんかは、20年30年の長期負債です。
終身雇用制度が崩壊している事は、金融機関が理解しています。
然しながら、返済事故だけは決して起こさない事。
事故を起こすと、何故嫁さんの退職を連絡しなかった?と、重箱の隅まで爪楊枝でほじりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに実際には届出せずそのままの人も
多いのかもしれませんね・・・・
かといって、そのまま放置しておくと、後になって
困ったことになってしまうのでないかというのも不安なので
一度税理士さんに相談してみようかなと思ってます。
(というか既になってるんですかね・・・)
実はこの件以外にも税金のことで不明なことがあるので
この機会にすっきりさせておきたいと思うのです。

どんな場合でも返済事故だけは起こさないように
しないといけませんね。

お礼日時:2011/04/14 18:45

>持ち家はマンションで、持分?は1/2ずつになっています…



頭金はあなたがたっぷり払ったのですか。

>実際には夫の収入が返済に充てられていて、私の収入から夫の口座に入金したりなどはありませんでした…

ローン額に見合う頭金を出したというのなら話は別ですが、特に頭金を多く出したわけではなければ、妻から夫への贈与が成立しています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

>何か届出や手続きをしておくことはあるのでしょうか…

いつ頃からかお書きでありませんが、税務署が気づいていなければ時効は 5年です。
5年前にさかのぼって贈与税の申告と納付をどうぞ。
税務署から指摘される前に申告しておけば、ペナルティは最小限で済みます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

ただ、あなたがたが 20年を経た熟年夫婦ならこの限りではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今登記簿を出してきて見てみたら、私の勘違いだったようで
1/2ずつではなく7/10と3/10になっていました。
最初はなんとなく1/2ずつかなあ?と話していたら
不動産会社の人から「夫婦で一緒に返済するんだったら
収入に合わせた割合にしておくのが良いですよ」というような
ことを聞いて、そうしたような覚えがあります(思い出しました)。

質問前にタックスアンサーは見たのですが、
正直すべて正確には理解できていません。
実は住宅ローンの件以外でも税金のことで不明な点があるので
一度税理士さんに相談してきちんとしようと思います。

お礼日時:2011/04/14 18:38

契約書をお読み頂いた方が理解できると思います。


勤務先変更などは届け出が必要です。

しかし、きちんと返済を続ける自信があるなら、このままにしましょう。
私もそうしています。(-_-;)
何故なら、別の連帯保証人を求められるケースがあるので、私には居ません。

回答になっていないですが、自己責任で決断なさると良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

契約書を出してきてざざっと見たのですが、
まだ隅々まで見てないので後でしっかり見ようと思います。
返済はこの先もきちんとしていきますが、将来にわたって
何が起こるかわからないというのが正直なところなので
(会社が絶対潰れない保証もないので)
必要な手続があるのかないのか、きちんと確認しなければと
思います。

お礼日時:2011/04/14 18:28

とくになにもせず、現状どおり返済していけばよいでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
特に何もする必要はないのですか。

夫の住宅ローン控除は、今までと変わらず申告すれば
よいのでしょうか?

今までは公庫ローンを夫と私で分けて申告していたのですが
全て夫のほうで申告して良いのか、今まで申告していた割合でしか
申告してはいけない(できない)のか、どちらなのでしょう?

もしよろしければ、教えていただけると幸いです。

お礼日時:2011/04/14 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン 繰り上げ返済のタイミングと額について

今年マンションを購入し、35年返済で2360万円の住宅ローンを組みました。
実際には繰り上げ返済をして20年で完済したいと考えています。
繰り上げ返済用として年間100万の貯金を目標にしています。

住宅ローン減税や団体信用生命保険も考慮して、アドバイスをお願いいたします。

【1】「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済すると何年で完済できそうでしょうか?

【2】以下どれが一番お得でしょうか?(総支払額にどのくらい差があるのかも教えていただけると有難いです)

   ●「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済
   ●「5年目に500万、6・7・8・9・10年目に100万ずつ」繰り上げ返済
   ●「10年目に1000万」を繰り上げ返済
   ● ローン残高が1000万になった時点で完済(20年後くらいでしょうか?)

   ※もし、他にもっと良いプランがあればアドバイスいただけると嬉しいです。

【3】繰り上げ返済をするのに良いタイミングというのがありますか?(住宅ローン減税のことを考えると年末に繰上げ返済をしない方がよいと聞いたことがあるのですが、他にも金利の見直し前後なども影響があるのでしょうか?)

【4】繰り上げ返済用とは別に・・・貯金はいくら残しておくべきでしょうか?


<住宅ローン詳細>
------------------------------------------------
借入額:2360万
返済方法:元利均等
借入期間:35年
返済済み期間:6ヵ月
借入金利:0.875%(変動金利)
ボーナス返済:なし

一部繰り上げ返済手数料:1回につき5250円
繰り上げ完済手数料:借り入れ後10年超の場合は無料
------------------------------------------------

※5年ごと10月1日に金利の見直しがあります。その際、毎月の返済額を1万以上増やしたりボーナス返済を組み込む予定はありません。

※もうすぐ第一子が生まれます。繰り上げ返済用に貯金ができるのは、教育費がかかる前の10年間ではないかと思っています。

今年マンションを購入し、35年返済で2360万円の住宅ローンを組みました。
実際には繰り上げ返済をして20年で完済したいと考えています。
繰り上げ返済用として年間100万の貯金を目標にしています。

住宅ローン減税や団体信用生命保険も考慮して、アドバイスをお願いいたします。

【1】「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済すると何年で完済できそうでしょうか?

【2】以下どれが一番お得でしょうか?(総支払額にどのくらい差があるのかも教えていただけると有難いです)

   ●「5年目に500万、10...続きを読む

Aベストアンサー

No1,2です。

実は繰り上げ返済時の戻し保証料の計算はよくわかりません。
ですがそもそも、ローン金利とローン控除はがほぼ同じですので、
金利はゼロに近いです。
その場合、その時点で繰り上げ返済する意味はありません。
ただ、保証料を考えると、
わずかに金利がかかっている状態と思われるので、
10年の間の真ん中で1度繰り上げ返済をする方が、
得ではないかと考えました。
そもそも実際問題、最初の試算でもわかりますように、
その差は大したことなく、重箱の隅をつつくようなものです。

定期預金に回す場合の注意としては特にありません。
ローン控除がある間は金利が実質ゼロに近いので、
0.2%程度あれば、一応利益が出ます。

金利上昇時の目安ですが、とりあえず住宅ローン控除の1%と、
定期預金の金利を足したものとほぼ同じになったあたりが、
一つの境界になると思います。
それ以降、金利が高くなればなるほど、
こまめに繰り上げ返済をした方が得になってきますが、
だんだん変化するものが増えてきますので、
計算が難しくなってきます。

あと住宅ローン控除が満了した際は、
それまでためていた資金はある程度残して、
一気に繰り上げ返済に回しましょう。

No1,2です。

実は繰り上げ返済時の戻し保証料の計算はよくわかりません。
ですがそもそも、ローン金利とローン控除はがほぼ同じですので、
金利はゼロに近いです。
その場合、その時点で繰り上げ返済する意味はありません。
ただ、保証料を考えると、
わずかに金利がかかっている状態と思われるので、
10年の間の真ん中で1度繰り上げ返済をする方が、
得ではないかと考えました。
そもそも実際問題、最初の試算でもわかりますように、
その差は大したことなく、重箱の隅をつつくようなものです。

定期預金に...続きを読む

Q住宅金融公庫ローン返済延滞について

転職し資金の余裕が無く 公庫の返済を2ヶ月間延滞し入金していません。来月には給料が入るので 支払いが 可能なのですが 一度でも延滞すると 一括返済しなければいけないような 規約が あったように思うのですが。BKから何度もこの件でTELがあり どのように対処すれば良いのか解からず 差し押さえと言う最悪の事態にならないか 不安で 良い方法を 教えてください。 

Aベストアンサー

銀行の公庫担当の方と面談とかはされましたか?我が家も同じ経験がありますが、銀行に呼ばれた場合はちゃんと出向き、何度も面談しました。支払いのメドがたっているならば、“何故こうなったのか、いつ払えるのか、今後はどうなのか”という話をされた方がいいですよ。その際、面談した内容について書かされる書類(簡単なものですが、結構突っ込んだ内容まで書く)に記入します。年収とか毎月の他の支払い、給料日etc。済んでしまった事よりも、こちら側に支払う意思、誠意があるか、(当然能力も)を見ておられるのかもしれません。
我が家の場合は、結局延滞2月分を埋める事ができなかったものの、毎月分に関してはきちんと支払っていけるように改善されたので、公庫の措置として延滞分を元金に組戻し、現在に至っています。支払い困難な者に対していろんな措置があるようですが、それもある程度の支払うメドが立つ人を対象にしているように思われました。詳しい事までは分かりませんが、一度、勇気を出して担当者にこちらから電話をしてみて下さい。支払えるからもう無視していいんだという態度は、くれぐれもなさらない方がよろしいですよ。

銀行の公庫担当の方と面談とかはされましたか?我が家も同じ経験がありますが、銀行に呼ばれた場合はちゃんと出向き、何度も面談しました。支払いのメドがたっているならば、“何故こうなったのか、いつ払えるのか、今後はどうなのか”という話をされた方がいいですよ。その際、面談した内容について書かされる書類(簡単なものですが、結構突っ込んだ内容まで書く)に記入します。年収とか毎月の他の支払い、給料日etc。済んでしまった事よりも、こちら側に支払う意思、誠意があるか、(当然能力も)を見ておられるの...続きを読む

Q住宅ローンを繰り上げ返済

住宅ローンを繰り上げ返済

200万円、臨時収入がありました。
現在我が家には1600万円の住宅ローン残があります。
金利2.1%で月67000円、ボーナス払いなしの返済です。
10年固定で、いま4年目に入りました。

繰り上げ返済はいますぐした方がいいのか、10年固定がおわった時にした方がいいのか
教えてください。
繰り上げ返済にも返し方があるといいますが、どう返すのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

今すぐがいいです

10年固定が終わるまであと6年ありますから
6年後だと6年分の利子分損します

200万 X 2.1% X6年分
単純に6倍にはなりませんよ 利子にも金利がかかるので

ざっくり6倍したとして13万くらい損しますよ

200万を2.1%以上の利回りで運用できるように株などに投資するなら別ですが
定期預金でも高くて1%もないはず

どういうローンなのか分かりませんが繰り上げ返済の手数料が掛かるなら200万1括がいいと思います
なかには固定金利期間は繰り上げ返済できないローンもあるのでご注意ください

Q住宅ローンの繰上げ返済について教えてください。3年固定の住宅ローンを組

住宅ローンの繰上げ返済について教えてください。3年固定の住宅ローンを組んでます。ローン残高は3000万ほどです。金利は当初3年は約1%です。数十万円のまとまったお金が出来たんで繰り上げ返済しようかと考えています。繰上げ返済は早め早めにやっていったほうが得ですか?それとももっと百万円ぐらいまで貯めてからまとめてやったほうが得ですか?もしくは、固定期間終了タイミング(3年後)にまとめてやったほうが得なんでしょうか?すいませんが、教えてください。尚、繰上げ返済時に銀行に手数料を払う必要はありません。

Aベストアンサー

ローンの「利息額」は、「債務残高」と「金利」と「残存期間」から計算されます。
ですから、金利が低いうちに「少しでも早く」、「債務残高」を減らし、「残存期間」を短くするのがお得です。

その際の見極めに関して、ご質問文で大切なのは
> 尚、繰上げ返済時に銀行に手数料を払う必要はありません。
この部分になります。

繰上返済手数料が無料ならば、少しでも早く、一部繰上返済をされた方がお得になります。
そして、その繰上返済の方法を「期間短縮型」にされると、さらにお得です。

「期間短縮」をするためには、毎月の返済額以上の額をしなければ、「期間短縮」されないこともあります。

> 数十万円のまとまったお金が出来た
て、それを繰上返済に充てても「余裕」があるようでしたら、繰り上げ返済しちゃいましょう。
ただし、ご質問者さまが住宅ローンを借りている金融機関の一部繰上返済が、「100万円以上」となっていなければ…ですが。

> 固定期間終了タイミング(3年後)にまとめてやったほうが得なんでしょうか?
固定金利期間中は繰上返済手数料が高く、固定金利期間終了時ならば繰上返済手数料が安い…という場合には、繰上返済による「効果」と手数料を秤にかける必要がありますが、ご質問者さまの場合は、
> 尚、繰上げ返済時に銀行に手数料を払う必要はありません。
なので、「繰上げ返済は早め早めにやっていったほうが得」です。

ローンの「利息額」は、「債務残高」と「金利」と「残存期間」から計算されます。
ですから、金利が低いうちに「少しでも早く」、「債務残高」を減らし、「残存期間」を短くするのがお得です。

その際の見極めに関して、ご質問文で大切なのは
> 尚、繰上げ返済時に銀行に手数料を払う必要はありません。
この部分になります。

繰上返済手数料が無料ならば、少しでも早く、一部繰上返済をされた方がお得になります。
そして、その繰上返済の方法を「期間短縮型」にされると、さらにお得です。

「期間短縮」をす...続きを読む

Q住宅ローン控除と繰り上げ返済について

昨年4月に住宅を購入し、住宅ローンを組んでいます。

借入金 1500万円(20年)
金利 0.825%

ローン控除 1.2%(長期優良住宅)

なのですが、金利が0.825%に対してローン控除が1.2%なので、金利が上がらない限り、繰り上げ返済はせずに、ローン控除を最大限利用したほうがいいのか?それとも繰り上げ返済したほうが得なのかがわかりません。

住宅ローンに詳しい方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

・2010年4月から返済が始まった
・毎年の所得税+住民税分97,500円が、毎年の住宅ローン控除額を上回る
・繰上手数料は無料
・金利が0.825で一定

と仮定して計算してみました。

・繰上返済なしの場合

 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
   20年分の利息分の合計: ¥1,276,534
           差分: \ 75,766

・ローン控除対象期間中の2013/1に3年分(\2,144,893)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,166,300
 20年分の利息分の合計  : ¥ 979,943
           差分: \ 186,357

・ローン控除対象期間終了直後の2020/1に3年分(¥2,291,180)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
 20年分の利息分の合計  : ¥1,107,415
           差分: \ 244,885

この結果を見ると、ローン控除対象期間終了直後が一番効果が高いことがわかります。
ローン控除対象期間中の場合、利息の支払は大きく減りますが、その分、ローン控除分も減ってしまうため、トータルでみると、終了直後の方が効果が高くなります。

ただ、今後、ローン金利が上がっていけば、この計算は成り立たなくなりますので、ご注意下さい。

ローン金利がどれくらいになったら、控除対象期間中でも、繰り上げ返済した方が良いかまでは、分かりかねます。

・2010年4月から返済が始まった
・毎年の所得税+住民税分97,500円が、毎年の住宅ローン控除額を上回る
・繰上手数料は無料
・金利が0.825で一定

と仮定して計算してみました。

・繰上返済なしの場合

 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
   20年分の利息分の合計: ¥1,276,534
           差分: \ 75,766

・ローン控除対象期間中の2013/1に3年分(\2,144,893)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,166,300
 20年分の利息分の合計  : ¥ 979,943
           ...続きを読む

Q住宅金融公庫で住宅ローンを組む場合

収入さえあればアルバイトや派遣社員などの正社員でも可能ですか?また家業の手伝いの場合はどうでしょうか?あやふやな答えは迷惑になりますのでご遠慮いたします。詳しい方や専門の方の回答をお願いします。

Aベストアンサー

基本的に住宅ローンは長期貸付・返済ですから「安定的な収入」が見込まれる方を対象にしています。

住宅金融公庫融資の場合の「必要月収」は、毎月返済額の5倍以上の金額が必要です。
「必要月収」とは、借入希望額を借りることができる収入の基準で、具体的には次のとおりです。
○給与所得者の場合は、住民税課税証明書等の支払給与の総額の12分の1
○事業所得者の場合は、納税証明書等の所得金額の12分の1

全国の多数の方を対象にしているため、個々の事情を考慮することは困難ですから上記のような統一基準を採用しています。

したがって、短期のアルバイト収入や家事手伝で親からもらう小遣いは「安定収入」になりません。

詳しい解説が住宅金融公庫のHPにあります。
http://www.jyukou.go.jp/news/news/kinri_index.html

また、多くの銀行の窓口に住宅金融公庫のパンフレットなどがありますのでご参照されると良いです。

以上、前職銀行勤務時に住宅金融公庫融資担当の経験談です。

Q住宅ローン減税と繰り上げ返済について

住宅ローン減税と繰り上げ返済について教えてください。
来年の2月に住宅の完成予定です。

住宅ローンの詳細は、
 借入金額 2,000万円
 元利均等
 毎月 67,814円(ボーナス時0円)
 金利 0.95%(変動)
 期間 28年

繰り上げ返済を、返済額軽減型で5年ごとに200万円を予定しています。

金利0.95%より、住宅ローン減税の控除額1%の方が良いので、10年間は
繰り上げ返済をしない方が得なのではないかと感じました。
所得税は20万円以上あると思います。
実際のところ、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

たしかに金利が減税を下回っていた場合、返さない方が得です。
また、通常の住宅ローンでは団信保険料が含まれていますので、
ローン残高分の生命保険に入っているようなもので
多少の金利負担をしてもいいとも言えます。

変動金利とのことですので、金利動向を見ながら
当面様子見をしてもよいと思います。

Q連帯保証人について質問です。私は夫のもつ住宅ローンの連帯保証人となって

連帯保証人について質問です。私は夫のもつ住宅ローンの連帯保証人となっております。もし、夫が亡くなった場合、ただちにローン一括を支払う事となるのでしょうか? また、ローンの相続を息子がした場合、私は引き続き息子の連帯保証人となるのでしょうか?言葉足らずで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローンの連帯保証人?共同名義ではないですか?うろ覚えで
申し訳ありませんが、現在の住宅ローンでは契約時には必ずライフ
ガード保険に加入するのが義務となっていて、契約者が亡くなった
場合、その債権は保険会社からの支払いで終結される事になるはずです。
(少なくとも20年以上前からです。)1度、銀行に足を運んで
確かめてみてはどうでしょう。後、考えられるのはご主人の収入が
ローン規定に及ばなくて、ローンを組むのにあなたの名義と合算して
契約していた場合はご主人が亡くなっても、あなたの債務は消えません。
大きな買い物をする時には必ず契約書に目を通すべきです。

Q繰り上げ返済か住宅ローン控除の適用をうけるかどちらがいいですか

繰り上げ返済か住宅ローン控除の適用をうけるかどちらがいいですか

平成14年に住宅を建てて5年目になります。

残高12817998 金利3年固定 1.95% 平成20年6月26日から平成20年6月26日 元利均等返済 約33万の繰り上げ返済で約10万利息がうきます。 残存期間14年

期間が10年をきると控除がうけられないと聞きました。

この場合、どちらを優先させたほうがいいでしょう?
繰り上げ返済でしょうか? 金利1.95%と控除1%だから

また繰り上げ返済のために財形年金や個人年金を解約してまわそうと思っていますが、そのほうが得でしょうか?

現在32歳 奥さん32歳妊娠中11月出産 母61歳 老後の為にと給料天引きで積み立てたものですが、目先の住宅ローンの利息減額のほうがいいのではないかと思ったものです  いかがでしょう?

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

> 平成14年に住宅を建てて5年目になります。
既経過期間5年の6年目では?
平成14年12月が初回返済だとしても、毎月返済ならば返済回数は平成20年8月返済分が69回目になりますから、「残存期間14年」ですし、年数を数えるとそうなるんですけれど…。

それとも、
> 平成20年6月26日から平成20年6月26日
(何の自至が同日なので何の日付か分かりませんが)ということは、「平成20年6月26日を始期とする3年固定特約をし、その適用金利が1.95%」ということでしょうか?

当初の契約内容が書かれていないので、推測に過ぎませんが、
当初借入額1,700~1,800万円
当初適用利率:1.20%(3年固定)
返済期間:20年
2回目以降の金利見直しによる適用金利は1.95%
程度ではないかと。
この程度の条件ならば、確かに、約33万円をこの時期に期間短縮型の繰上返済すれば、トータルで約10万利息がうきますね(現段階における試算。この先金利が上がれば、さらに効果は大きくなります)。

> 期間が10年をきると控除がうけられないと聞きました。
確かに「返済期間が10年未満」になりますと、住宅ローン控除の対象からは外れますね。

ですが、33万円では、期間短縮型の繰上返済をしても、返済期間は10年を切りませんよ?
総返済回数240回のところが、236回になるだけですから。

ちなみに、住宅ローン控除の「返済期間10年」は、結果的な総返済回数が10年=120回を切ることになる場合ですから、「この先10年を切ったら」ではありません。
私の推測がほぼ正しければ、この時期ならば850万円以上の繰上返済をしなければ、住宅ローン控除の対象から外れることはありません。 

ですが、繰上返済は早ければ早い方が効果的です。
ただ、ご質問者さまがご利用になっている金融機関では、
「固定期間中」でも繰上返済ができますか?
「固定期間中」の繰上返済手数料は高くないですか?
33万円でも繰上返済はできるのですか?
これらは、金融機関や住宅ローンの契約によって違うものですから。
一度ご確認ください。

> 繰り上げ返済のために財形年金や個人年金を解約してまわそうと思っていますが、そのほうが得でしょうか?
#1さま、#2さまが仰っているとおりです。
住宅ローンだけを考えるのならば、利息分が「お得」にはなりますが、ご質問者さまおよびご家族の「生活」は、住宅ローンだけではありません。
ご質問者さまやご家族に「将来」がないのならば、それもいいかもしれませんが。
財形年金や個人年金は、普通は『余裕資金』とは捉えません。
住宅ローンの繰上返済は、『余裕資金』を以って行うべきです。
それも、想定外の出費に備えて、預貯金として年収の半分くらいは残したうえで考えてください。

住宅ローン審査経験者です。

> 平成14年に住宅を建てて5年目になります。
既経過期間5年の6年目では?
平成14年12月が初回返済だとしても、毎月返済ならば返済回数は平成20年8月返済分が69回目になりますから、「残存期間14年」ですし、年数を数えるとそうなるんですけれど…。

それとも、
> 平成20年6月26日から平成20年6月26日
(何の自至が同日なので何の日付か分かりませんが)ということは、「平成20年6月26日を始期とする3年固定特約をし、その適用金利が1.95%」ということでしょうか?

当...続きを読む

Q住宅ローン借り換え 夫婦別々のローンを夫一人に

住宅ローンの借り換えを考えています。
住宅の権利(?)は夫5分の4、妻5分の1です。現在の住宅ローンは夫2500万円、妻500万円
です。先日、銀行で借り換えの相談をしたのですが、A銀行は「手数料などを抑えるためにも、ロー
ンを一本化(夫3000万円)したほうが良い。」というプランでした。しかし、別のB銀行では、「ローンを一本化すると贈与税が発生する可能性があるのでやめたほうが良い。手数料は2人分かかるが
今までどおり夫と妻、別々でしかローンを組めない」との話でした。(A銀行、B銀行、どちらの場合で
も現在のローンに比べるとローンの負担はかなり減ります。)
調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが、イマイチはっきりしません。
ご存知の方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが…

そのとおりです。
親子や夫婦は相互に扶養義務があり、日常の生活費を出し合うことは税法上の贈与ではありません。
しかし、住宅までは扶養義務の範疇ではなく、夫婦間でも贈与となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

贈与税には年間 110万円の基礎控除があり、元金が 500万では年あたり 110万以下にはなると思いますが、落とし穴があります。
毎年 110万以下の贈与を繰り返すとこれは一度にまとめてもらったという解釈ななるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

夫は、
(500 - 110) × 20% - 25 = 53万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
の贈与税を申告納付することになります。

>現在のローンに比べるとローンの負担はかなり減ります…

返済額が減る分とと贈与税とを天秤にかけて判断しましょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが…

そのとおりです。
親子や夫婦は相互に扶養義務があり、日常の生活費を出し合うことは税法上の贈与ではありません。
しかし、住宅までは扶養義務の範疇ではなく、夫婦間でも贈与となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

贈与税には年間 110万円の基礎控除があり、元金が 500万では年あたり 110万以下にはなると思いますが、落とし穴があります。
毎年 110万以下の贈与を繰り返すとこれは一度にまとめてもらったという...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング