こんばんは。
いつもお世話になります。

 さて、標記の件ですが、ちょいと迷っています。

 今、ドライバーを2本使っています。

 テーラーメード
 R9(標準モトーレシャフト Flex-X)
 R9 460(House Of Forged Whup-N-Shaft LT ロングドライブ ウッドシャフト Flex-XXX 1インチチップカット 47.99インチ仕様)
 です。

 R9 460(長い方)は、比較的打てるようになってきました。(球筋は、ハイドロー)
 ※まだリシャフトして一月経っていないのと、リシャフトのついでにスイングも変えたので安定感は微妙ですが…。

 しかし、以前は打てていた(それなりに安定していた)R9の方が打てなくなってきました。

 仕様は、
 R9 460 長さ 47.99インチ 重さ 337g バランス F4程度
 R9     長さ 45インチ   重さ 328g バランス D3.5

 打てない内容は、同じ感覚で振っているつもりですが、R9 の方が、ダウンスイングでクラブが降りてこない様な感じです。

 ダウンスイングで、腰のあたりまで降りてきているはずなのに
 はずなのに…はずなのに…はずなのに…
 クラブが降りてきていないのです。

 タイミングが思いっきりズレているので、あわせきれないので振り遅れてしまったり、ドライバーなのにダフリが入ったりと、軽く振っているのに上手く打てません。

 ドライバーの仕様の違いで、ここまでひどくなるのでしょうか?

 スイングを変えているのは打ちに行く癖が強いので、その癖をとるのに変えていますが、まだ打ちに行っている感じは、とりきれていません。

 R9 にDGSLのX100(44インチ 368g F4程度)を刺している時は、あまりそれを感じません。
 ※短いので、距離は落ちますし球筋も低くなります。

 正直、難しい方がそれなりに打てるのが謎です。

 どなたか教えてください。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スペックを見る限りでは、48インチを振った後に45インチを持つと凄く軽く感じるのではと思います。


3インチ違いで総重量が10g軽いのですよね?
3インチといえば、ドライバーと5Wくらいの長さの違いです。
それで総重量が軽くなっていれば軽いのは当然でしょう。
しかもバランスも軽くなっているわけです。

多分、45インチに20~30gくらいヘッドに鉛を貼れば、いいのではないかと思います。

今のままで45インチで打つとすれば、しっかりと捻転した大きなトップでしっかりとためを作って打つようなイメージが必要なのではと思います。

ある程度打てる人がトップやダフりをする原因は大抵がトップでの捻転不足か過剰捻転です。
あとは単純にスイングリズムが早くなって、ためがないままダウンスイングになるかでしょう。


それにしてもそのスペックで振りぬけるとは驚きの体力だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお付き合いありがとうございます。

>48インチを振った後に45インチを持つと凄く軽く感じるのではと思います。

 同じメーカーのよく似たシリーズのヘッドが付いているとは思えませんね。

>今のままで45インチで打つとすれば、捻転した大きなトップでためを作って打つようなイメージが必要なのではと思います。
>トップやダフりをする原因は大抵がトップでの捻転不足か過剰捻転です。

 次の練習では、トップ中心に見てみようと思います。

>スイングリズムが早くなって、タメがないままダウンスイングになる

 これも、トップ周辺ですね。

ゆっくり慣れてみようかな?

>そのスペックで振りぬけるとは驚きの体力

 ゴルファーにとって飛距離って、永遠のテーマというか夢というかロマンというか…。醍醐味ですよね。
 どうせなら、2打目以降が楽になればって感じですね。
 驚きの体力というより、体重かも?
 ※162cmで70Kgです^^;

お付き合い、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:45

現在の2本の関連で気になることが一つあります


シャフトの長さの差が3インチ
一般的なクラブセットから見れば1Wと7Wくらいの差です

一般的なクラブセッテイングでは長いクラブほど
重量が軽くなるのがセオリーですね
現在の重量は逆になっていませんか?

少なくとも、この辺が解決できれば少しは
振りやすくなるかもしれませんね

何かのヒントになればと思います

追記まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追記ありがとうございます。

>長いクラブほど重量が軽くなるのがセオリー
>現在のセッティングは逆になっていませんか?
>解決できれば少しは振りやすくなるかもしれません

そうですね。短い方だけセッティングのラインから外れています。
現状は、解決出来ないというか、シャフトをスチールに戻せば(差し替えれば)問題なくなります。
スチールでも、球筋が低くなるだけで特に問題はないので、そうします。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 21:29

私も48インチと44インチを併用していた時期があります



シャフトの長さとヘッドの重さ(バランス)の差があると
同じタイミングで振ることが難しくなりますね
さらに、シャフトの硬さが異なると更に難しくなります

48インチが上手く振れていた時には
44インチがばらつきました
逆に、44インチが安定している時には
48インチがばらつきました

結果として、48インチのバット側(グリップ側)を
二木ゴルフのショップで2インチカットしてもらいました
グリップは、今は無き、シントミゴルフで合わせて貰いました
現在44インチがC9で、46インチがD3のバランスになっています
これだと、殆ど違和感も無く併用できますね
ただ、長い方が確率がよくないのは仕方ありません

シャフトは同じ硬さでも、長くなると柔らかく感じます
頭の数値で振ろうとすると狂いますので、あくまでも
振ってみた感じで感覚をあわせるしかありません

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお付き合いありがとうございます。

>48インチが上手く振れていた時には44インチがばらつきました
>逆に、44インチが安定している時には48インチがばらつきました
>現在44インチがC9で、46インチがD3のバランスになっています
>これだと、殆ど違和感も無く併用できますね
>ただ、長い方が確率がよくないのは仕方ありません

>振ってみた感じで感覚をあわせるしかありません

そうですよね。

やっぱり、大きく違うと難しいですよね。

辛抱強く慣れるか、諦めてシャフトカットするかの選択ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報