こんばんは!

毎月友人とテーマを決めて手料理を持ち寄って飲みながら品評会をやってるのですが、今回テーマが「スイーツ」になったので何にしようかと考えていました。実は「スイーツ」のテーマは2回目で、1回目はフォンダンショコラを作り大成功でした。インパクトも重要な為、今回アイスクリームを作り、ブランデーかけて火を付けようかと思ってます。(今仕事が忙しく作る時間があまり取れないので簡単なアイスクリームにして、火を付けてインパクトを狙う作戦です。)よく結婚式でやっているあのイメージです。

お家でやったことがある方、何かコツや量,使うブランデーの種類や度数等何でも良いので情報ありましたら教えて下さい!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ベイクドアラスカですね。

スポンジの上にアイスをのせて、アイスの周りにメレンゲをつけてオーブンで焼き目をつけた後、ブランデーをかけて火をつけます。結婚式では炎のアイスクリームなんて名前で出てたりします。

メレンゲを使わない場合、質問者さんのイメージの「アイスにブランデーをかけて火をつける」ではなく、「大きめのスプーンに取ったブランデーに火をつけてアイスにかける」の方が良いかと思います。

私自身が自分でやったことはないのですが、ベイクドアラスカの作り方のページなどをご紹介します。ご参考になれば幸いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/happy_rose_colored/2201 …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://umanga.blog8.fc2.com/blog-category-3.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ベイクドアラスカって言うんですか、知りませんでした。

>「アイスにブランデーをかけて火をつける」ではなく、「大きめのスプーンに取ったブランデーに火をつけてアイスにかける」

これを聞いといて良かったです。
実は最初アイスにブランデーかけてしまってうまく火も着かず、アイスも水(?)浸しになって失敗しましたが、これを思い出してスプーンでやると綺麗に火が付いて成功しました!
普段から普通に買ってきたアイスクリームでもこれをするだけでちょっとゴージャスになってブランデーの大人な香りが楽しめて、これは良い技を覚えました。

最後にお礼遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/04/28 01:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンチョビとは何ですか?

イタリアン料理で
よくアンチョンビを使われますが
これは何でしょうか?
どんな味がするのですか?
スーパーで売っているのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちなみにこんな感じです。

http://www.kenko.com/product/item/itm_6511879072.html

参考URL:http://www.kenko.com/product/item/itm_6511879072.html

Qフランベをしたいのですが、火がつきません・・・

フランベをしたいのですが、火がつきません・・・

おそらく温度が低いからですよね?
分厚い牛肉を焼いてるんですけど、肉汁を逃がさないために最初は強火で表面に焦げ目をつけ、その後弱火で中に火を通すというやり方をしています。
これが一般的なやり方だと思うんですけど、この弱火の段階で温度は下がってしまいますよね?
フランベをする時は、もう一度強火にして温度を上げるんでしょうか?
そうすると必要以上に火が通ってしまうんですけど・・・。
どういう状況になったら、火がつくほどの温度になるのかの目安も分かりません。

厚さ3cmほどの肉ですけど、フランベで仕上げる正しい焼き方を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 火を弱火におとせば火の通りが柔らかくなる、という考えがそもそも間違っている、という場合があります。火を弱くしてそれでも火を通そうとしてじくじく長時間火にかけている内に(弱火だと一見外側が焦げないから気づきにくいので)内側まで必要以上に火が通ってしまう場合です。長く加熱しているうちに食材から水分が出てきて、その水分をとばさなくちゃとさらに火にかけ続け、そしたらなおさら水分が出てきて・・・・炒めすぎてしなしなしゃばしゃばになってしまった失敗野菜炒めと同じです。中華のプロのひとなんかは手元が燃え上がりそうになる程の大火力で、食材の水分が出る間もないほどの短時間で仕上げていると思います。ステーキの場合も終始強火で、が理想です。焦げ付きそうでこわいですけどね。で、煙も出てきて焦げ付きそうなほど温度が上がっているときにアルコールを豪快にまきます。(家庭用の火力ではあまり大量にかけてしまうと一気に温度が下がってしまってフランベしなくなってしまうのですけれど)そこでフランベの火に包み込まれることによって強火で短時間で仕上げたために中がちょっとレアだった肉の内側にほどよく火が通るはずです。

 火を弱火におとせば火の通りが柔らかくなる、という考えがそもそも間違っている、という場合があります。火を弱くしてそれでも火を通そうとしてじくじく長時間火にかけている内に(弱火だと一見外側が焦げないから気づきにくいので)内側まで必要以上に火が通ってしまう場合です。長く加熱しているうちに食材から水分が出てきて、その水分をとばさなくちゃとさらに火にかけ続け、そしたらなおさら水分が出てきて・・・・炒めすぎてしなしなしゃばしゃばになってしまった失敗野菜炒めと同じです。中華のプロのひと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報