新築外溝(熊本県)に際し、建物南側に腰壁タイプのガーデンルームを設置し、その腰壁と南面道路の間に狭いながらも庭を作り、昨年5月中旬に外溝業者お任せで植栽して貰いました。

その狭い庭のほぼ中央に株立ちのシマトネリコ1本、西寄りにフェイジョア2本があり、シマトネリコとフェイジョアの間には三角形状にアガパンサス3株があります。アガパンサスとシマトネリコの間にアカンサス・モリス2株が前後(手前と奥)にありましたが、手前側1株のところに水が溜まり易く、根ぐされをおこしそうだったので、昨年11月頃にシマトネリコの奥やや東側に、素人判断で移植しました。
(腰壁に近すぎたと反省していますが)。アガパンサスの奥(最も腰壁寄り)にベニバナトキワマンサク、ベニバナトキワマンサクと奥側のアカンサスの間やや東寄りにクリスマスローズ2株。また、アカンサスとシマトネリコの間の手前(道路)側にスモークツリー1株があります。

ネットで調べてみると、アガパンサスもアカンサスも株が大きくなって横幅をとると記載されているため、今の植え付け状態(アガパンサス同士の間隔25cm、アガパンサスとアカンサスの間隔も25cm、アカンサスのとクリスマスローズの間隔も25cm、アカンサスのとスモークツリーの間隔も25cm、スモークツリーとシマトネリコの間が35cm)で良いのか不安になって来ました。

また、スモークツリーは現在50cmくらいの高さですが、本来2~5mに成長する木のようですので、剪定によって例えば1mくらいに止める方が庭のバランスとして良いのか(実際そのように小型にまとめることができるのか)、判断できません。

そこで質問です。
狭い庭なので無理かもしれませんが、(1)アガパンサスやアカンサスは株間をもっと空けるように移植すべきでしょうか。(2)一度腰壁側に移植したアカンサスは、腰壁から離すようにもう一度移植すべきでしょうか。(3)スモークツリーは小型になるよう剪定すべき、あるいは木本来の魅力を発揮するには2~3mを目処に、奥(腰壁寄り)に移植すべきでしょうか。

詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

「アカンサス、アガパンサスなど移植すべきで」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

画像を拝見しましたが、失礼ですがセンスの無い植え方(樹木の配置の


仕方)をしているなぁと感じました。そもそも植栽に関して技術も知識
も無い外溝業者に任せたのが間違いでしたね。外観重視で将来的な事を
一切考えていませんから、将来的に住民が困る事など考えていない業者
に任せたのが間違いでした。その証拠に何らかの不安を感じて居られま
すよね。家屋の前の花壇(仕切りがある部分)には十分な余裕がありま
すが、それなのに家屋側に樹木を寄せて植えてあるのが不思議ですね。

アガパンサスもアカンサスも草花の種類では大型になり、根の張り方も
強いので、現在考えて居られる間隔では狭過ぎます。また背丈も70~
1m弱になりますから、他の植物や樹木に光線が当たらなくなり、場合
によっては他の植物の生育に影響を及ぼすかも知れません。このように
根張りが大きかったり背丈が高くなる植物は、他の植物と同じ場所に植
えないで、別植えにした方が見栄えも良くなり管理も楽になります。
壁際に植えてあるなら、出来るだけ離さないと窓に光線も入らなくなり
日中も室内が暗くなりますよ。

スモークツリーはウルシ科の落葉小高木で、高さ的には1~3m程度に
なります。乾燥や寒さには比較的に強いのですが、根が荒く根の数が少
ないので強風には注意が必要です。丈夫な支柱を立てないと、台風以外
の強い風でも簡単に倒れてしまいます。また根の数が他の樹木より少な
いので、移植は素人では出来ませんから造園屋さんに依頼するしか方法
がありません。施工した外溝業者に依頼しても、知識が無いため枯らせ
てしまうでしょうね。スモークツリーは開花した時に花がケムリのよう
に見える事から名が付いたようですが、雌雄異種でケムリのような花が
出来るのは雌だけです。高さを1m程度に維持させるため先端を芯止め
させるのは観賞価値を失わす事になります。12~2月までに込み合っ
た枝等の不要枝を切り、極端に細い枝や古くなった枝を切って風通しを
良くする事が必要です。またその時に長過ぎる枝をきるようにすれば、
ある程度の高さは抑えられます。

とにかく近い内に造園業の方を御自宅に呼ばれ、現状を見て貰って何を
すれば良いのか、造園屋さんで出来る事は無いかを聞いて下さい。
僕が一番心配な事は、それぞれが植えてある土壌の事です。水溜りが出
来て根腐れを起こしそうだと書かれていますから、どうも水はけが良く
なるように土壌改良は行われていないような気がします。ただ単に周囲
をレンガで囲い、土を入れて穴を掘り植えただけのような気がします。
見積もりは全て無料ですから、今後の事も考えて一番最善にするために
は何が必要か、その金額は幾ら必要かを相談して見て下さい。
今のままでは将来的に苦労する事は目に見えています。

造園土木の会社に勤務する者の一人として回答させて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cactus48さん いつも懇切丁寧なご教示 ありがとうございます。

>アガパンサスもアカンサスも・・・窓に光線も入らなくなり日中も室内が暗くなりますよ。

画像では分かり辛く、説明文書もまずくて申し訳ありませんでした。
腰壁の高さは120cmで、窓は更にそれより上に設置されていますので、120~130cmくらいまでなら日照に支障は無いように思われます。
また、ガーデンルームの屋根部分は透明なので、真上からの日照もあります。

>スモークツリーは・・・移植は素人では出来ませんから

昨年は少ないながらもスモークを楽しませて貰ったので、その魅力を損なうことは避けたいと思いますので、自分で手を下すことは慎みます。それにしても、樹形を整えつつ花を損なわないように剪定するのは簡単じゃなさそうですね。

>家屋の前の花壇(仕切りがある部分)には十分な余裕がありますが・・・

画像を1枚しか添付できず、その1枚も撮影の仕方が拙かったと思いますが、仕切りに見えるのはピンコロで、そのラインは花壇内の仕切りではなくまさに南面道路との境界なのです。
また、撮影画像で土がむき出しになっている部分は、11月か12月頃まで1年草類、特にアメリカンブルーが道路にまで張り出すほど山の様に茂っていましたし、その他イソトマやトレニア、コリウス、カンパニュラ・ホワイトティアラなどで彩られていました。
それらが枯れて除去された後が添付画像の状態です。

一年草類が華やかな間は見栄えもそれなりに良かったのですが、アメリカンブルーに覆われて良く見ていなかったアガパンサスやアカンサス、スモークツリーなどの性質を調べてみたら、上記の様な疑問・不安を感じて質問させて頂いた次第です。

これまでも、庭が出来上がって直ぐには感じなかった(気付かなかった)疑問・不安要素が生じては外溝業者に尋ねたのですが、残念ながら即答して貰えることが少なく、しびれを切らしてこのサイトで繰り返し相談してきた経緯もあります。
素人にとってセンスの善し悪しを判断するのは難しいのですが、仰る通り知識や技術が拙いのではないかと疑いたくなりますし、知識や技術が根底になければセンスが磨かれるはずもないでしょうから・・・

やはり、外溝業者の「植栽1年保障」をあてにするより、他の造園業者を一所懸命探す方が賢いのかも知れませんね。 

実は2-3か月前、同僚の家も庭の土を大がかりに入れ替えて植栽をやり直したようですし、素人の目に見ないところで手抜きの様な仕事をされるのが少なくないなんて悲しいです。

ついつい愚痴になってしまいましたが、cactus48さん本当にありがとうございます。
また、今後も宜しくお願い致します。

お礼日時:2011/04/24 10:24

(1)アガパンサスは葉が細長いので、25cm空いていれば当面大丈夫ですが、


   3~4年すると株が増えて、すべての株がくっついた状態になると思います。
   どちらにしろ掘り返して株分けすることになると思いますので今はそのままでも
   よいとおもいます。
   アカンサスはもうちょっとアガパンサスから離した方がよいと思います。
(2)腰壁から40cm以上離れているならそのままでよいと思います。
   アカンサスの横張りは約60cm~120cm
(3)スモークツリーは場所を変えて植え直すべきでしょう。
   又はとりあえず鉢植えにして後々良い場所を見つけるか…です。
   
クリスマスローズはプラ鉢植えにして地面に埋めておけばアカンサスの葉に
飲み込まれそうになった時や位置を変えたい時にすぐ移動できます。  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

313245さん ご指導ありがとうございます。

(1)アガパンサスは3-4年を目安に株分けを考えようと思いますが、アカンサスを移植するとしたら、他の植物から最低30cm、できれば50cm以上離せば良いのですね。
(2)一度移植移植したアカンサスと腰壁との距離は、恐らく20cmくらいだと思いますので、大きく成長する前に再度移植した方が良さそうですね。ただ、実際に再移植するとしたら、移植先はシマトネリコの株元近くくらいしかスペースが無さそうで、移植時にシマトネリコの根を傷めてしまうのが心配になります。
(3)やはりスモークツリーを小型にしようとするのは邪道なんですね。それにしても、狭い庭の前面(道路寄り)に大きくなる木を植え付けるのは、何らかの意図があってのことなのでしょうか。外溝業者に聞いても、なかなか回答を貰えないのですが。。。

クリスマスローズをプラ鉢植えにして地面に埋めるなんて裏技、まったく知りませんでした。自分でできるか自信はありませんが、まずは調べてみようと思います。

※ 画像を数枚貼れるような環境なら、もう少し上手に状況説明できるのですが、1枚の画像と文書では難しいですね。すみません。

お礼日時:2011/04/23 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアカンサス、アガパンサスなど移植すべきでしょうか?

新築外溝(熊本県)に際し、建物南側に腰壁タイプのガーデンルームを設置し、その腰壁と南面道路の間に狭いながらも庭を作り、昨年5月中旬に外溝業者お任せで植栽して貰いました。

その狭い庭のほぼ中央に株立ちのシマトネリコ1本、西寄りにフェイジョア2本があり、シマトネリコとフェイジョアの間には三角形状にアガパンサス3株があります。アガパンサスとシマトネリコの間にアカンサス・モリス2株が前後(手前と奥)にありましたが、手前側1株のところに水が溜まり易く、根ぐされをおこしそうだったので、昨年11月頃にシマトネリコの奥やや東側に、素人判断で移植しました。
(腰壁に近すぎたと反省していますが)。アガパンサスの奥(最も腰壁寄り)にベニバナトキワマンサク、ベニバナトキワマンサクと奥側のアカンサスの間やや東寄りにクリスマスローズ2株。また、アカンサスとシマトネリコの間の手前(道路)側にスモークツリー1株があります。

ネットで調べてみると、アガパンサスもアカンサスも株が大きくなって横幅をとると記載されているため、今の植え付け状態(アガパンサス同士の間隔25cm、アガパンサスとアカンサスの間隔も25cm、アカンサスのとクリスマスローズの間隔も25cm、アカンサスのとスモークツリーの間隔も25cm、スモークツリーとシマトネリコの間が35cm)で良いのか不安になって来ました。

また、スモークツリーは現在50cmくらいの高さですが、本来2~5mに成長する木のようですので、剪定によって例えば1mくらいに止める方が庭のバランスとして良いのか(実際そのように小型にまとめることができるのか)、判断できません。

そこで質問です。
狭い庭なので無理かもしれませんが、(1)アガパンサスやアカンサスは株間をもっと空けるように移植すべきでしょうか。(2)一度腰壁側に移植したアカンサスは、腰壁から離すようにもう一度移植すべきでしょうか。(3)スモークツリーは小型になるよう剪定すべき、あるいは木本来の魅力を発揮するには2~3mを目処に、奥(腰壁寄り)に移植すべきでしょうか。

詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

新築外溝(熊本県)に際し、建物南側に腰壁タイプのガーデンルームを設置し、その腰壁と南面道路の間に狭いながらも庭を作り、昨年5月中旬に外溝業者お任せで植栽して貰いました。

その狭い庭のほぼ中央に株立ちのシマトネリコ1本、西寄りにフェイジョア2本があり、シマトネリコとフェイジョアの間には三角形状にアガパンサス3株があります。アガパンサスとシマトネリコの間にアカンサス・モリス2株が前後(手前と奥)にありましたが、手前側1株のところに水が溜まり易く、根ぐされをおこしそうだったので、...続きを読む

Aベストアンサー

画像を拝見しましたが、失礼ですがセンスの無い植え方(樹木の配置の
仕方)をしているなぁと感じました。そもそも植栽に関して技術も知識
も無い外溝業者に任せたのが間違いでしたね。外観重視で将来的な事を
一切考えていませんから、将来的に住民が困る事など考えていない業者
に任せたのが間違いでした。その証拠に何らかの不安を感じて居られま
すよね。家屋の前の花壇(仕切りがある部分)には十分な余裕がありま
すが、それなのに家屋側に樹木を寄せて植えてあるのが不思議ですね。

アガパンサスもアカンサスも草花の種類では大型になり、根の張り方も
強いので、現在考えて居られる間隔では狭過ぎます。また背丈も70~
1m弱になりますから、他の植物や樹木に光線が当たらなくなり、場合
によっては他の植物の生育に影響を及ぼすかも知れません。このように
根張りが大きかったり背丈が高くなる植物は、他の植物と同じ場所に植
えないで、別植えにした方が見栄えも良くなり管理も楽になります。
壁際に植えてあるなら、出来るだけ離さないと窓に光線も入らなくなり
日中も室内が暗くなりますよ。

スモークツリーはウルシ科の落葉小高木で、高さ的には1~3m程度に
なります。乾燥や寒さには比較的に強いのですが、根が荒く根の数が少
ないので強風には注意が必要です。丈夫な支柱を立てないと、台風以外
の強い風でも簡単に倒れてしまいます。また根の数が他の樹木より少な
いので、移植は素人では出来ませんから造園屋さんに依頼するしか方法
がありません。施工した外溝業者に依頼しても、知識が無いため枯らせ
てしまうでしょうね。スモークツリーは開花した時に花がケムリのよう
に見える事から名が付いたようですが、雌雄異種でケムリのような花が
出来るのは雌だけです。高さを1m程度に維持させるため先端を芯止め
させるのは観賞価値を失わす事になります。12~2月までに込み合っ
た枝等の不要枝を切り、極端に細い枝や古くなった枝を切って風通しを
良くする事が必要です。またその時に長過ぎる枝をきるようにすれば、
ある程度の高さは抑えられます。

とにかく近い内に造園業の方を御自宅に呼ばれ、現状を見て貰って何を
すれば良いのか、造園屋さんで出来る事は無いかを聞いて下さい。
僕が一番心配な事は、それぞれが植えてある土壌の事です。水溜りが出
来て根腐れを起こしそうだと書かれていますから、どうも水はけが良く
なるように土壌改良は行われていないような気がします。ただ単に周囲
をレンガで囲い、土を入れて穴を掘り植えただけのような気がします。
見積もりは全て無料ですから、今後の事も考えて一番最善にするために
は何が必要か、その金額は幾ら必要かを相談して見て下さい。
今のままでは将来的に苦労する事は目に見えています。

造園土木の会社に勤務する者の一人として回答させて頂きました。

画像を拝見しましたが、失礼ですがセンスの無い植え方(樹木の配置の
仕方)をしているなぁと感じました。そもそも植栽に関して技術も知識
も無い外溝業者に任せたのが間違いでしたね。外観重視で将来的な事を
一切考えていませんから、将来的に住民が困る事など考えていない業者
に任せたのが間違いでした。その証拠に何らかの不安を感じて居られま
すよね。家屋の前の花壇(仕切りがある部分)には十分な余裕がありま
すが、それなのに家屋側に樹木を寄せて植えてあるのが不思議ですね。

アガパンサスもアカン...続きを読む

QエスティマH19年Gタイプから後期型に顔面移植しましたが!

ヘッドライトlowビームが暗くなりました。何が原因かわかりまん。電圧低下ですか?解る方が居れば教えて下さい。

Aベストアンサー

ハイビームは良かったら電圧低下では無いです

Q花言葉について

植物とか花言葉とかに全く疎い人間なのですが、花言葉について教えてください。

「私の運命は貴方がにぎる」といったニュアンスの花言葉があったと思うのですが、それがいったい何の花の花言葉なのかが知りたいです。

うろ覚えなので細かい部分は若干違うかもしれません。
自分で調べた限りだと椿の花言葉「私の運命はあなたの手に」がニュアンス的に近いとは思っているのですが、花言葉って似通った物が多いですよね?

もしかしたら他にも近いニュアンスの花言葉かあったりするんじゃないかとも思っています。

「私の運命は貴方がにぎる」にあたる花言葉をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

http://blog.livedoor.jp/hana_tubaku/
平安時代には高貴な花とされ、どこか控えめで茶花にも好まれる椿は
「慎み深い」「気取らない魅力」「わが運命は君の掌中にあり」が赤い椿の花言葉

http://www.twin.ne.jp/~saineria/hanakotoba/la-flowers.cgi
「私の運命はあなたの手に・ひかえめな優しさ・慎み深い・大きな魅力」


いずれもサイトの抜粋ですが、赤い椿の花言葉です。

Qタラの木の移植時期・移植方法は…?

実家の敷地内にタラの木の林があり、
毎年春においしいタラの芽を提供してくれています。

去年あたりから、その林の根本から小さな苗木が
たくさん生えてきました。

駐車場や庭にもたくさん出てきて、少々邪魔になってきました。
かといって抜いて捨ててしまうのももったいないと思うのです。

何とか嫁ぎ先へ移植したいのですが、
移植に適した時期、方法などご存じの方、宜しくお願いします。

前にタラの木は丈夫なので、10cm位の根っこだけでも移植できるような話を聞いたことがあるのですが、その時は何げに聞き流してしまいました。

Aベストアンサー

タラの木も他の樹木と同様休眠期、つまり落葉している冬季に移植するのが最適ですので、四月になって移植するのはおすすめできませんが、沢山の本数があるようですのでダメモトでやってみるのも悪くないと思います。
この時期の移植で最も重要なポイントは、タラの木は細根が少なく太い根が地中深く伸びていきますのでなるべく広範囲にスコップを入れることが重要です。

タラの木は、地下根から新しい芽を出してどんどん増えていきます。広がって困るようでしたらその場所は、地際部分から切断すればその幹は枯れてしまいます。

この時期に移植するのに重要なポイントは、
(1)なるべく小さい木を選ぶ。
(2)根はなるべく広範囲につけるようにスコップを入れる。
(3)掘り上げた後、根を乾かすことなく速やかに移植する。
(4)肥料はあまり必要としないので、定植時肥料を与えず追肥で対処する。
(5)根付くまで数日間出来れば日陰を作ってやる。
(6)根付いたと感じるまで水は与え続ける。
以上がポイントと思われます。

根付いた以降は、あまり肥料は与えすぎないことがポイントです。里山のタラの木も肥料はもらっていませんからね。
最初にも書きましたが、本来は冬季が理想ですが、沢山あるみたいですので気楽にやってみたらいかがですか。

タラの木も他の樹木と同様休眠期、つまり落葉している冬季に移植するのが最適ですので、四月になって移植するのはおすすめできませんが、沢山の本数があるようですのでダメモトでやってみるのも悪くないと思います。
この時期の移植で最も重要なポイントは、タラの木は細根が少なく太い根が地中深く伸びていきますのでなるべく広範囲にスコップを入れることが重要です。

タラの木は、地下根から新しい芽を出してどんどん増えていきます。広がって困るようでしたらその場所は、地際部分から切断すればその幹は...続きを読む

Qコスモスの花言葉

ミスチルの『シフクノオト』の中の「花言葉」で、‘コスモスの花言葉は咲かなかった”とありますが、コスモスの花言葉ってここでは何だと思いますか??
コスモスの花言葉って言っても色々あるので悩んでしまいました(^_^;)
暇なときでいいので、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

あぁ~ごめんなさい、ちょっと読み間違えました…。
ここでは何だと…ですね(笑)すみません、
コスモスの花言葉、で『ミスチル!』と思ってパパパと
書いてしまいました(汗)

う~ん、、、2人が幸せになる、ってことかなぁと
自分では思っています。

失礼いたしました(笑)

Q移植を嫌う向日葵、やっぱり移植は駄目でしょうか?

よろしくお願いいたします。
向日葵の種を頂きましたので、とりあえず・・・という感覚で蒔いてみました。
蒔いたのは、65センチの深型プランター(普通の物より1.5倍くらい深いです)です。
あまり深く考えていなかったのですが、すくすくと成長してきましたので
ホームページなどで育て方について見てみました。
色々と見てみました結果、どうやら結構大きくなる種類の物らしいことがわかりました。
深型とは言え、やはり、根詰まりしてしまいますよね?
しかし、向日葵は移植を極端に嫌うともHPに書いてありました・・・
大きめの葉を付けて、10センチから15センチくらいには成長しています。
移植は避けた方がよいでしょうか・・・
移植しなかった場合は根詰まりすると思われますか?

Aベストアンサー

65センチの高さのあるプランターではないですよね?
幅65センチ、高さは35センチほどでしょうか?
ミニでないヒマワリならそのサイズではちょっと…って感じですね。

ヒマワリの根は、細根を沢山出して横に広がるタイプの根ではなく、細根が少なく下へ下へ伸びていくタイプの根です。
よって移植によって傷つく度合いが大きく、移植に向かないと言われるのです。
しかし、幼苗の場合はまだ根の伸びもそれ程ではないでしょうから、根を傷つけないよう、細心の注意を払って移植した方がいいと思います。

移植のポイント…
出来るだけ根についている土を落とさないよう、周りの土に根が包まれている状態で移植しましょう。
その為には、移植する前に十分水遣りをして、土を湿らせておきましょう。乾燥した土の場合、すぐにパラパラ落ちてしまいますからね。

Q花言葉について…

叶わない恋みたいな悲恋の花言葉の花とか、
呪うだとか、憎悪みたいな
あまり良くない花言葉がついた花って、人にはプレゼントしない方が良いんでしょうか…?

それとも、あまり花言葉は気にしない方が良いでしょうか?

教えてもらえると嬉しいです!

Aベストアンサー

なぁ~~んにも気にしなくて良いようです。
花言葉はヨーロッパから出た物のようで、日本ではまるで別の意味が付いていたりしますので。
日本語の花言葉を誰が決めたのか判りませんし、決めた人の思い入れが強すぎても困ったちゃんですので。

雰囲気としての花言葉は花を贈る、花を飾る場合、不要と思います。
それより、贈る相手の好きな花、好きな色のほうが大事だと思います。
ちなみに、私の勝手に決めた花言葉は「竹は破滅、滅亡」です。まさに困ったちゃんです。
当然何らかの本などに出ているのとはまるで違います。でも、竹って花が咲くと竹藪が枯れて無くなるって言いますので。

Qアガパンサスの葉が変です

今春植え替えしたアガパンサスが3鉢ありますが、全部病気のようなんです。
1)葉の中央部分が縦に白っぽくなっていく
2)3)7月頃、黒い小さな小さな虫が葉にたかり、同時に葉が白くマダラ状になっていった。殺虫殺菌剤を数回散布後、虫はほぼいなくなったが、新しい葉が出てきてもすぐマダラ状になる。2)3)は生育も悪く、葉が細く弱弱しいです。

水は毎日(天気が良くない時は2・3日に1回)、液肥は月2回やりました。なお植え替え後半年のせいか、花は皆無です。
それぞれ何が原因でしょうか?サイトで調べても「アガパンサスは丈夫で、虫も病気もほとんど心配ない」としかありません。

Aベストアンサー

水のやり過ぎじゃないでしょうか
それと日照不足
水は土に指を差し込んで湿り気が感じられなくなったら底から水が出るまでたっぷりと
日照は少なくとも午前中は直射日光に当てます
日照が足りないと葉の色が薄くなり葉が長く弱々しい感じです
日当たりがいいと葉は短く斜めにしっかりとします

Q正しい花言葉のサイトを探してます。

正しい花言葉のサイトを探してます。

花言葉はサイトによって違ったりします。
正しい花言葉のサイトがあれば
URLを貼っていただければ嬉しいです(*・∀・*)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何をもって「正しい」というのでしょうか?
花言葉は、数学の問題のように「正しい解答は一つで、あとはニセモノ」という訳ではありません。

国や、民族、言語、地方、時代によって違うのが当たり前です。
各民族が持つ神話や伝説などの伝承や、歴史、風習、書物による故事来歴、宗教などから生まれたため、同じ種類の草花であっても国や民族によって異なる意味を持つことが多いのです。

時代によって違うというのは、例えば青い薔薇は昔は作る事ができなかったために「不可能」という花言葉でしたが、
現代では遺伝子改良により咲かせることができるようになったので「夢かなう」とされています。

サイトによって違うというのも、どこの時代・文化を元にした花言葉を公開しているのか?による違いですので、
あちらが正しく、こちらは間違っているという事はありません。
全て正しいです。

ただ、どうしてもという事でしたら、日本では「財団法人日本花普及センター」という団体が、花の愛好家を増やしたいという意味で、
従来の花言葉からイメージの悪い言葉を除き、親しみやすい新しい花言葉を選んで普及させようとしています。
それが比較的「日本でのスタンダード」となるのかな?とおもいます。
(ただし、世界では通じません。各国ごとに花言葉は違うのです。)

何をもって「正しい」というのでしょうか?
花言葉は、数学の問題のように「正しい解答は一つで、あとはニセモノ」という訳ではありません。

国や、民族、言語、地方、時代によって違うのが当たり前です。
各民族が持つ神話や伝説などの伝承や、歴史、風習、書物による故事来歴、宗教などから生まれたため、同じ種類の草花であっても国や民族によって異なる意味を持つことが多いのです。

時代によって違うというのは、例えば青い薔薇は昔は作る事ができなかったために「不可能」という花言葉でしたが、
現代では...続きを読む

Qアカンサス・モーリスが枯れそうです。

アカンサス・モーリスが枯れそうです。

新築外溝(熊本県)に際し、今年5月中旬にお任せで植栽して貰い、その狭い庭のほぼ中央に、アカンサス・モーリスが2株あるのですが、とても調子が悪いのです。
1株(添付画像)は黄色くなって今にも枯れてしまいそうですし、比較的元気な1株も葉の一部が黒くなって、欠け落ちています(複数画像の添付方法が分かりませんので画像なし)。

引き渡しの際、外溝業者からは、水遣りだけして貰えばよく、下手に手を加えないようにと
言われたので、新たな肥料や消毒などはしていません。

梅雨時は敢えて水遣りしませんでしたが、梅雨明け後は、果樹やヤマボウシに早朝
(4時30分~5時30分)・夜(22時~24時)水遣りして、乾燥し過ぎないないように
してきました-家族が誰もしないので、出勤前と帰宅後で変則的な水遣りです。。。
低木、多年草類へは主に夜だけ水遣りしています(朝は余裕ないことと、多すぎても良くないかと
思って)。

水遣りの方法が間違っているのでしょうか? それとも何らかの病気、あるいは害虫の被害
でしょうか?
原因と対応策が分かれば、どうにか救済したいのです。

詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

※ 実は、別の場所に植えて貰っていたブルンネラ ジャックフロスト2株は、1株が枯れてしまい、外溝業者に質問などしていたのですが、最終的に2株とも枯れてしまった経緯もあり、外溝業者には頼れないと思った次第で。

アカンサス・モーリスが枯れそうです。

新築外溝(熊本県)に際し、今年5月中旬にお任せで植栽して貰い、その狭い庭のほぼ中央に、アカンサス・モーリスが2株あるのですが、とても調子が悪いのです。
1株(添付画像)は黄色くなって今にも枯れてしまいそうですし、比較的元気な1株も葉の一部が黒くなって、欠け落ちています(複数画像の添付方法が分かりませんので画像なし)。

引き渡しの際、外溝業者からは、水遣りだけして貰えばよく、下手に手を加えないようにと
言われたので、新たな肥料や消毒などはし...続きを読む

Aベストアンサー

>水遣りの方法が間違っているのでしょうか?

 →間違っています。完全に与え過ぎです。写真のアカンサスは水の与え過ぎで根腐れしてしまっているのだと思われます。写真をみてもそういう印象が強いです。

まず花壇と、鉢植え・プランターでは、水の与え方は違います。
地植えの場合、定植後、根付くまでの2週間程度は鉢と同じように水を与えますが、根付いてからはある程度は自然に任せるのが普通です。

水を与える時間帯自体は問題ありません。地植えは鉢植えと違い水はけは悪いですから、いくら表面が乾いたからといっても多く与えてはいけません。地植えでは表面は乾いているように見えても中の方では保湿されています。
夏場は何日も雨が降らないような日が続くようであえるなら、朝か、夕刻に水を与えて下さい。日中は強い太陽の日差しで葉が萎れてきますが、夜になり復活するようであれば水不足ということもありません。その他詳細は下記リンクを参考にされて下さい。

(1)<アカンサス・モーリスの育て方>
http://www.yasashi.info/a_00031g.htm

(2)<花壇には水は与えすぎないこと>※「花壇の水やり」の箇所を特に参考に読んでみて下さい。http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/sodatekata/main_sodatekata.htm

>水遣りの方法が間違っているのでしょうか?

 →間違っています。完全に与え過ぎです。写真のアカンサスは水の与え過ぎで根腐れしてしまっているのだと思われます。写真をみてもそういう印象が強いです。

まず花壇と、鉢植え・プランターでは、水の与え方は違います。
地植えの場合、定植後、根付くまでの2週間程度は鉢と同じように水を与えますが、根付いてからはある程度は自然に任せるのが普通です。

水を与える時間帯自体は問題ありません。地植えは鉢植えと違い水はけは悪いですから、いくら表面が乾い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報