単に「YES」「NO」だけでなく、理由まで細かく教えてください。
もしくはそのような解説のあるサイトを教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4にあるように「アルカリ」と「アルカリ性」とを区別するというところがポイントでしょう。


その意味では質問文に混乱がみられることになります。

「水で薄めると」というのは水溶液の性質について考えていること意味しますので「『アルカリ性』という性質がどのように変わるか」を質問していることになります。
これは「薄めればどんどんアルカリ性は弱くなっていく」というごく普通の結論になります。

水溶液の場面で「アルカリはどうなる?」、とか「酸はどうなる?」に対しては答えようがないのです。
水溶液を考えた段階でアルカリそのものとか、酸そのものとかを考える場面ではなくなっています。

#3
>水酸化ナトリウム濃厚水溶液を薄めれば「弱アルカリ性水溶液」にはなりますが、水酸化ナトリウムの物性は変化しませんので、水酸化ナトリウム自体は「強アルカリ性物質」です。

これはやはり読んで首をかしげる内容になっていると思います。
水に溶かした時にどういう性質を示すかというのも物性の一つです。濃度によってその性質が変わるのです。
ある物質を「強アルカリ」であると呼ぶのは「その物質を水に溶かすと強いアルカリ性を示す」からです。
当然濃度を指定しないと決まりません。目安は0.1mol/LでpOH≒1(pH≒13)です。
こういう条件を満たしている物質を強塩基(強アルカリ)と呼んでいるのです。

水酸化カルシウムは水酸化ナトリウムに比べてかなり溶解度が小さいです。水酸化カルシウムを強塩基であると呼ぶのは溶解度がこの濃度ぎりぎりなのです。
イオン性化合物は水に溶ければイオンに別れますから常に完全電離です。[OH^-]は電離度ではなくて溶解度で決まります。イオン性化合物の弱塩基は溶解度の小さい物質です。

分子性の酸、塩基の場合は2段階です。
「水に溶ける=電離する」ではありません。
溶解度と電離度の両方が酸性の強さ、またはアルカリ性の強さを決めることになります。
よく出てくる酸はたいてい水によく溶けますので酸性の強さが電離度だけで決まるとしていいでしょう。
でもこれを酸、塩基の全てに一般化してしまうとおかしくなります。
    • good
    • 0

No.1です


前回の話からもう少し掘り下げます。

物質の違いによって、まず強アルカリ(塩基)、弱アルカリ(塩基)に分かれます。
強アルカリは水を加えるとPHが大体13~14付近になりますが、弱アルカリはそれほどでもありません

この違いについては水に溶ける事で物質が分解(電離)しますが、
アルカリになる「素」(水酸化物イオン:OH-)がどれだけ水の中に漂っているかによって決まります。
強アルカリは殆ど分解し、この「素」がほぼ全量水の中で漂っています。
弱アルカリは逆に分解しきらず、この「素」の一部が漂っています。
大雑把に説明しますと、「この素がどれだけの割合で存在しているか」が
アルカリ性を示す指標(PH)になっています。
但し煮詰めても上限が変わる事はありません(×弱→強)

薄める場合は、この「素」の割合が少なくなりますので
中性に近づいていくことには変わりません。
洗剤をどんどん希釈すれば『ほぼ』中性にする事は出来ます。(○強→弱→中性)
(※お約束として書いておきますが
 危険ですので間違えても他の洗剤と混ぜたりしないでください)


余談ですが
「アルカリ性食品」と云うジャンル分けは
化学の分野で定義された物ではないので、実際のPHとは異なる場合がありますので
表題のような事は一概には言えません。
    • good
    • 3

> ワインは煮詰めると、非常に強い酸液ができるのでしょうか???



なりません。

ワインに含まれる酸は弱酸ですから、それを煮つめても、弱酸の濃厚液 が出来るだけです。
    • good
    • 1

化学の知識がないと言われると説明しにくいですが・・・というより、そういう人がなぜ理由まで求められるのかわかりませんけど、取りあえず真面目に答えます。



まず、大事なことは「アルカリ」の強弱と「アルカリ性」の強弱を分けて考えることが前提です。
「アルカリ性」というのは水溶液の性質であり、溶けているものの種類や濃度が関係します。pHはそのアルカリ性の強さの尺度になります。その「アルカリ性」は希釈すれば弱くなります。化学的に厳密な話ではありませんけど、たとえばpH14の強アルカリ性水溶液を10000倍に希釈すればpHは10程度になり、そこまでなればさほど強いアルカリ性とは言えないでしょう。

それに対して「アルカリ」の強弱というのは、水に溶けているものの固有の性質です。たとえば水酸化ナトリウム水溶液のアルカリ性の元になっているのは水酸化ナトリウムとい化合物であり、アンモニア水のアルカリ性のもとになっているのはアンモニアという化合物です。水酸化ナトリウムとアンモニアであれば水酸化ナトリウムの方が強いアルカリです。ですから、同じ濃度で比較すれば水酸化ナトリウムの方が強い「アルカリ性」です。
しかし、水酸化ナトリウムの濃度が極めて低く、アンモニア水の濃度が極めて高ければ、アンモニア水の方が強い「アルカリ性」になります。しかし、水に溶けている水酸化ナトリウムとアンモニアという物質を比較すれば水酸化ナトリウムの方が強い「アルカリ」です。

ややこしくなったので再度まとめますと、「アルカリ性」というのは「水溶液の性質」でpHと関係します。「アルカリ」というのは水に溶けてアルカリ性を示す「物質」について語る言葉です。

ということで回答は以下のとおりです。理由は上に述べたとおりです。
>強アルカリは希釈すると、弱アルカリになるのですか?
なりません。
しかし、強アルカリ性の溶液を希釈すれば弱アルカリ性の溶液になります。もちろん希釈の程度によりますけどね。


なお、アルカリとアルカリ性を区別できない人は世の中に大勢いるので、それを分かっていない人であれば、上記の意味ではない使い方をしている可能性はあります。
    • good
    • 0

定義なしで使うと異常な答えになります。


水酸化ナトリウム濃厚水溶液を薄めれば「弱アルカリ性水溶液」にはなりますが、水酸化ナトリウムの物性は変化しませんので、水酸化ナトリウム自体は「強アルカリ性物質」です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

つまり、水酸化ナトリウム濃厚水溶液は(どの程度“濃厚”かにもよりますが)、「強アルカリ」ですが、それを薄めると「弱アルカリ」になるという理解で良いのでしょうか?

となると、ワインは煮詰めると、非常に強い酸液ができるのでしょうか???

補足日時:2011/04/22 15:35
    • good
    • 1

はじめまして。



詳細は↓などをご参照下さい。
http://www.gokkun.com/ph.htm

強アルカリ、弱アルカリとはその性質が強いか弱いかという、
目安の表現ですので、どちらもアルカリです。

pH値が、
0~3が強酸性
4~6が弱酸性
  7 が中性
8~10が弱アルカリ
9~13が強アルカリ
と表現します。

よって、希釈すれば強アルカリでも弱アルカリになります。

しかし、希釈する場合に一度に大量の希釈を行うと、
急激な反応が起こり大変危険ですので、
少量ずつ行うようにして下さい。

参考になれば幸いです。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。
Webサイトわかり易かったです。ありがとうございました。

No.1の方の補足にも書かせていただきましたが、希釈して強→弱となるのであれば、逆に考えるとワインを煮詰めると胃酸のようなphになるのでしょうか?
(アルカリではなく酸のケースですが・・・・・)

補足日時:2011/04/22 14:49
    • good
    • 2

多分塩を生成するプロセスでの話かと思いますが…


薄くはなりますが、性質までは変化しません

○酸と塩基の話
水溶液中で溶質の殆どが電離(イオン化)している物を強酸・強塩基と言います。
逆に電離していない物を弱酸・弱塩基と言います。この性質は濃度では変わりません

○濃度の話
水で薄めればPHは7、つまり中性に近づいていきます。
水自体のPHが7であり、溶媒が多くなり溶質のイオンの濃度が低下する為です。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
せっかく詳しくお教えいただいたのですが、当方化学に関して知識がなく、あまり理解できませんでした・・・・・。

今回質問させていただきたかったのは、単にキッチンハイターのようなアルカリの洗剤を水で薄めると弱アルカリに、更に薄めると中性になるのかなぁと思ってのことです。(塩水濃度のようなイメージで)

水で薄めていくと中性に近づいていくということは、逆に、水分を蒸発してあげる(煮詰める)と、強アルカリになるのでしょうか???

補足日時:2011/04/22 14:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強アルカリ性の液体を肌につけるとどうなる?

弱酸性は肌に優しいですが、強アルカリ性のものを、肌に長い時間つけていると肌はどんな状態になるのでしょうか?

教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

仕事柄 強アルカリ(KOH等)を大量に使います。
基本的に完全防衣で作業しますが、液ハネは起こりうる事です。
皮膚に付着して すぐならば 水洗 洗浄でほぼ無傷ですが、
長時間付着した場合 皮膚の蛋白質が冒されて 皮膚の内部まで
アルカリが浸透します。 最悪の場合皮膚移植も有ります。
毛穴に入ると除去しにくく 皮膚が黒変します。
人間の皮膚は、アルカリに弱いのですぐに冒されます。

私も皮膚の表面は アルカリで何度も溶かしてますけどね。
指の指紋が薄くなってます。 
 

Q【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。 アルカリ

【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。

アルカリ乾電池の原材料は陽極にオキシ水酸化ニッケル、陰極にカドニウムの金属板をミルフィーユ状に重ねて水酸化カリウム水溶液で浸してその周りを鉄で覆ってさらにプラス極側には出っ張りをプレス加工して付けてマイナス極も接点が当たりやすいようにサークル状の切れ目を入れて作られています。

どう考えても原材料代だけで100円オーバーしてますよね?

さらにラッピングして輸送してってどうやって利益が出ているのでしょう?

プラスチックの合成樹脂で乾電池型のプラスチック小物入れと同じ100円ですよ。凄くないですか?

Aベストアンサー

回答No.10への追記です。

プラスチック小物入れと比べて「凄くないですか?」と言っていますが、プラスチック製品は材料費は安くても、それを成形する金型はメチャ高いんです(超簡単な金型でも数百万円はします)。それにプラスチック小物入れが売れる数はアルカリ乾電池よりも桁違いに少ないので、アルカリ乾電池ほどの量産効果は出ません。

仮にプラスチック小物入れが10万個売れるとしても、1個あたりの金型償却費は50円とか60円にもなってしまいます(注:何台の金型で作れるかも原価が大きく違ってきます)。
それとプラスチック小物入れでは、必ず手作業(バリ取りなど)が必要で、アルカリ乾電池のような完全自動化で製造できません。人手がかかるんです。

Q炭酸塩は強アルカリ洗剤ですか?強アルカリとはどのようなものですか?

炭酸塩入りの粉石鹸で調理器具(アルミ以外)、食器、タッパなどをあらっています。

フッ素加工フライパン等、強アルカリ洗剤を使用しないようにとありますが、強アルカリ洗剤とはどのようなものをいうのでしょう?炭酸塩も強アルカリなのですか?

フライパンの洗い方が入れものに記載してあったので、何も気にせず使用していましたが、ふと気になりました。

それと、炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?混乱してしまいました。

Aベストアンサー

こんにちは
飲食店で仕事をしています。

フッ素加工のフライパンですと、水とスポンジの柔らかい方で大抵の汚れは取れます(固い方を使うとフッ素加工を痛めてしまいますので使わないでください)。

>強アルカリ洗剤
業務用ですので、市販されていないと思います。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が含まれている洗剤です。
手についたら水で洗ってもヌルヌルがなかなか落ちないくらいのアルカリ性です(使用時には手袋を使います)

>炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?
多分同じものだと思います。ただ、厳密には分かりません。
・炭酸ソーダ→ 炭酸ナトリウム(Na2CO3)と分かるのですが
・炭酸塩→炭酸カリウム(K2CO3)の場合もあります(炭酸ナトリウムではなくて)。
どちらも、石鹸として使われています。
25℃くらいでと炭酸ナトリウムは固体で、炭酸カリウムは液体です。

>炭酸塩も強アルカリなのですか?
"弱"アルカリです(炭酸ナトリウムも炭酸カリウムも)。
"弱"なので体を洗っても大丈夫です。

色々と書きましたが、「"強"アルカリ」の洗剤は、一般には売られていないので心配しないでください。








余談ですが、
フッ素加工ですと商品名で「テフロン」が広く使われています

こんにちは
飲食店で仕事をしています。

フッ素加工のフライパンですと、水とスポンジの柔らかい方で大抵の汚れは取れます(固い方を使うとフッ素加工を痛めてしまいますので使わないでください)。

>強アルカリ洗剤
業務用ですので、市販されていないと思います。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が含まれている洗剤です。
手についたら水で洗ってもヌルヌルがなかなか落ちないくらいのアルカリ性です(使用時には手袋を使います)

>炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?
多分同じものだと思います。...続きを読む

Q【アルカリイオン生成器、アルカリイオン整水器、アルカリイオン浄水器の違いを教えてください】あとアルカ

【アルカリイオン生成器、アルカリイオン整水器、アルカリイオン浄水器の違いを教えてください】あとアルカリイオン電解水で生成された塩酸はどこに行っているのでしょうか?

要するに、水道水から金属板を通して電解させて水酸化ナトリウムと塩酸を生成して人体に毒の塩酸を取り除いて水道水+水酸化ナトリウムのことをアルカリイオン水と言っているんですよね?

水道水+塩酸のことを酸性水?

酸性水=塩酸水だから飲まずに酸性水は肌に付けると美容効果があると謳っていたのですね?

なぜ塩酸が肌に良いのでしょう?

水道水に水酸化ナトリウムの粉末を入れてマドラーでかき混ぜて飲んでもアルカリイオン水ですよね?

pH調整が難しいから機械を買うべきですが原理上は水酸化ナトリウムを水道水に入れればそれで済む話でしょうか?合ってますか?

Aベストアンサー

アルカリイオン生成器とアルカリイオン整水器は同じかも、アルカリイオン浄水器は浄水機能がプラスされている?

>水道水に水酸化ナトリウムの粉末を入れてマドラーでかき混ぜて飲んでもアルカリイオン水ですよね?

アルカリイオン水ではあるけど?ナトリウムが入っているので同じではない。

Q歯根治療の強アルカリ薬

歯根治療をしています。
本日、強アルカリの薬を歯根に入れました。
効果が行き渡るまで2~3週間と言われました。
かなり強いアルカリ性だという説明がありました。

そこで質問なのですが、
この強アルカリを歯茎に入れた事によって、身体もアルカリ性の傾きますか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

恐らく、根管内に長期間入れておける薬剤は、水酸化カルシウムだと思います。先生の説明不足かな~と思いますが、心配はありません。
歯根の先に炎症があるのだと思いますが、炎症のあるところは酸性になっているため、アルカリ性の薬剤で中和することで炎症を鎮める目的と、化膿させている細菌を強アルカリで殺菌する目的で用いられます。
身体への影響は他の殺菌消毒剤よりも少なく。歯根が完成する前の幼弱な永久歯の治療にもよく使われており、問題ありません。
先生が自信をもってお話されていたのではないでしょうか。いい意味で強アルカリを強調したかったのでしょうが、言葉足りず、不安を強くさせてしまったようですね。

Q弱アルカリ性水溶液で水砥ぎしたら金属は錆びない?

弱アルカリ性水溶液で水砥ぎしたら金属は錆びない?
ふと思ったのですが金属を耐水ペーパーで磨く際、ステンレスは良いのですがそれ以外の鉄系金属の場合時間がたつと表面が黄褐色に色が付き始めてしまいます。
そこで使う水がややアルカリよりだとさびが出にくくなるなんてことはないでしょうか?

Aベストアンサー

ぜんぜんないです.無駄です.

Q強アルカリ電解洗浄水の正しい使用方法を教えてください。

先日、私の職場で強アルカリ電解洗浄水なるものが、洗剤の代わりに使用するようになりました。以前は苛性ソーダ系の洗剤をオッカナビックリ使っていましたが、今回のは水道水が原料との事で安心して使用できるそうです。ただ、いくら安全といっても強アルカリ性ですので、ある程度使用制限等があると思うんですが・・・どなたか教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。私は某スーパーの惣菜課に勤めております。私の店舗でも先月より同じ製品かわかりませんが、強アルカリ電解洗浄水を使用しています。以前は、かなり強烈な苛性ソーダ系薬剤を使っておりましたが、マスクをしたりゴム手をはめたりで色々と気を使いました。また洗剤特有の泡の洗い流しに時間がかかりすごく不便でした。現在私の課では、強アルカリ電解洗浄水を調理場・調理器具の汚れ落し、転倒防止の為の床掃除を主体に使用していますし、精肉課では油脂のこびり付いた汚れ落し等に使用しています。他の課でもそれぞれ汚れ落しに使用しています。最近では清掃業者に分けてあげて、トイレや窓拭きにも使用しています。hiromamadaさんの所ではどうだかわかりませんが、私の職場では導入前メーカーさんのアシスタントさんが店舗に入り、数日間洗浄試験をかねて使用方法を伝授してくれました。私の課は、油汚れを落とすことが目的でしたので、その指導を受けました。導入している他の課でもそれぞれ個別に使用方法に関しては、指導を受けていたようですね。ですから、ミーティング時は、強アルカリ電解洗浄水の話になると、それぞれの課から色々な話を聞き、盛り上がってます。アシスタントさん曰く、強アルカリ電解洗浄水は様々な汚れ落しに効果があるそうで、汚れが付着する素材が強アルカリの力で腐食したり、色が落ちたりするそうなので、ある程度、使用目的を明確にして対象になる汚れ落しの為のみの限定した使用方法を教えているそうです。今までの体験で感じたことは、苛性ソーダ系薬剤と違い、界面活性剤等のような化学物質は使っていないので、手荒れ等は気にしなくてよくなった事、後処理が楽になった事とか、汚れが付きづらくなった事等、メリットは多いですね。ただ強アルカリ性の水なので、基本的に洗浄が禁止されている対象物は苛性ソーダ系薬剤と似通ってる感じかな。うちのパートさんも掃除が捗り楽しくなったのか、色々試しているようですが、ある程度自己責任でやってます。話は長くなりましたが、私もうちのパートさんに説明する時には、アシスタントさんが教えてくれたサイトを見ながら教えたのが実情です。基本的な使用方法が色々出ていますので一度見てみては?でも、お使いの強アルカリ電解水製品の違いもあるので、効果が違うと思いますがご参考にどうぞ。

参考URL:http://www.elbit.jp/aquaflip/bath.html

はじめまして。私は某スーパーの惣菜課に勤めております。私の店舗でも先月より同じ製品かわかりませんが、強アルカリ電解洗浄水を使用しています。以前は、かなり強烈な苛性ソーダ系薬剤を使っておりましたが、マスクをしたりゴム手をはめたりで色々と気を使いました。また洗剤特有の泡の洗い流しに時間がかかりすごく不便でした。現在私の課では、強アルカリ電解洗浄水を調理場・調理器具の汚れ落し、転倒防止の為の床掃除を主体に使用していますし、精肉課では油脂のこびり付いた汚れ落し等に使用しています。...続きを読む

Q至急 希釈について(段階希釈)

50%食塩水を10倍希釈し、10ミリリットル(A)、さらに10倍希釈して10ミリリットル(B)作るのにはどうすればいいんでしょうか

AはBを希釈するのに必要な分は抜いて10ミリリットル作らなければいけません

一応Aが5%食塩水、Bが0.5%食塩水になることは分かります・・・

Aベストアンサー

50%食塩水を1.1ミリリットル作って10倍に希釈し(11ミリリットルの溶液となる)、そのうちの1ミリリットルをとって10倍に希釈すればよいでしょう。

Q強アルカリの薬品

強アルカリの薬品が液はねして気づかずに頭に付着してしまった場合、毛穴から進入してはげてしまうんでしょうか?

それともその程度なら大丈夫なのでしょうか?心配です。

Aベストアンサー

全て、アルカリの濃度、分量、接触時間によりますので、
何とも言えません。
濃度が高く、ある程度の量が長時間付着した場合は、
頭皮が溶け、最終的に毛根も溶けることもあります。
しかし、この段階委鳴門かなりの痛みを生じるので、
普通は気がつきます。

Q硫酸を水で希釈する時に発生する希釈熱の求め方

硫酸を水で希釈する時に発生する希釈熱はどういう方法で求めるのでしょうか。
また実用的な計算式のようなものがあれば教えてください。
学問的に調べるのではなく、実際の作業上発熱量を知っておきたいので数パーセントの誤差があってもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 溶解熱:物質1molを多量の水に溶解するときの発熱量または吸熱量。
 H2SO4+aq=H2SO4aq+19.0kcal
 これは、濃硫酸(98g=1mol)を多量の水に溶かしたとき(希硫酸をつくったとき)発生する熱量が19.0kcal/molであることを示す式です。
 aq=aqua(アクア):多量の水を表す。
 使用する濃硫酸の量および、水の量(溶解した希硫酸量)が分かれば求められます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報