これからの季節に親子でハイキング! >>

苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液を中和して排水したいのですが、中和剤に何を使うと良いのでしょうか?
なるべく詳しく教えてください。
取り扱いのなるべく安全なものでお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。


工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起こします
大量の水のなかにすこしづつ濃硫酸をいれてください
又たの方も書かれていますがゴム手・ゴーグル等はしたほうがいいでしょう

「排水できる許容数値なるものってどれくらいでしょうか」

pH5.8~8.6以内で調整してください

だいたいでもいいですが100リットルに相当する苛性ソーダの量(重さ)は分かりませんか?だふん相当する濃硫酸の量も計算でだいたいでると思います、計算は私は遠慮しておきます

後中和のさいの攪拌は相当しないといけませんできたら攪拌機など機械でがベストです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度書きこみ頂いて、恐縮です
詳しく教えていただいて感謝しています。
硫酸を使う方向でイイかな
と思い始めてますけど、ひとつ気になることがあります。
過去の苛性ソーダ関連の質問を見たとき、
手についてヌルヌルしたら、酢で洗うと良い
という事がありました。

食酢とか酢酸みたいなもので、応用(?)出来るものでしょうか・・・

お礼日時:2004/01/12 00:35

具体的な操作方法は既に出ていますが,追加で必ず保護メガネをして下さい。



 その水酸化ナトリウムの溶液の濃度にもよりますが,この中和反応はかなりの発熱を伴います。チョットした事で硫酸溶液または水酸化ナトリウム溶液が跳ねると考えて対策をしておく必要があります。

 が,水酸化ナトリウム溶液を後の対策考えずに100Lも溜める時点で,あなたには処理は無理だと考えた方がいいです。化学的知識がある,処理のできる人であれば,そんなに溜まる前に処理するはずです。かなり危険ですから。

 従来は業者に処理を頼んでいたとの事であれば,新たな処理業者を探される方が良いと思いますよ。各県には必ず業者がいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは

素直にアドバイス受けようと思います。
従来どおり業者に頼めるよう
早急に見つけたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/15 14:19

日常的にNaOH水溶液の中和作業をしてる者です.



まず,現在お手元にあるNaOHの濃度とトータルのグラム数を概算するのが大先決ですよ!この計算ができないようなら,ご自身での処理は避けるべきだと思います.

計算せずに大量の硫酸を購入し,わずかな量で中和が完了してしまったら,今度は大量の硫酸を前にして呆然とするだけです.

計算ができるか,あるいは,硫酸を他に使うアテがあるようでしたら,硫酸で中和しましょう.塩酸はダメです.他の方の回答にもあるように,蒸気が出ます(周囲のあらゆる金属が腐食する)ので,非常に扱いづらいです.

実際の中和作業は,No.6さんの回答に賛同しますが,まずは100mlぐらいの量を使って,ビーカー中でためしてみてください.そのとき,ビーカーの中に氷をたくさん入れておくことを強くオススメします.

最初に苛性ソーダと氷を入れておき,フェノールフタレインを数滴加えてピンク色にします(アルカリが非常に濃いとピンクにならないかも).これをかきまぜながら,薄めた硫酸を少しずつ加えます.色が消えたら中和完了と考えていいでしょう.

実際の作業は,プラスチック製(PEかPPなら大丈夫でしょう)のバケツ程度の容器で5~10L以下に小分けにして行った方がいいと思います.やはり,氷を大量に入れて下さい.

それから,手のぬるぬるは,アルカリで皮膚が溶けたために起こる現象なので,すぐに大量の水で洗い流すのがベストだと思います.

いずれにせよ,中和は激しい発熱反応なので,とても危険な作業です.お話の印象からして,専門的な知識のある人間に依頼した方がよさそうな感じがしますよ.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは 実際お仕事をされている方に
アドバイスを受けられ
ありがたく思います。

>いずれにせよ,中和は激しい発熱反応なので,とても危険な作業です.お話の印象からして,専門的な知識のある人間に依頼した方がよさそうな感じがしますよ

ごもっともです。
他の方たちからのアドバイスもたくさん頂き
今ではshota_Tkさんの
おっしゃるとおり
専門の業者に頼んでみることにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/15 14:16

どう聞いてもその量を貴方が処理するのは危険だし、違法だと思います。



薬品処理を請け負う会社もあります。
http://www.miyama.net/activities/seibi/haikagaku …

苛性ソーダを入手した薬品会社に問い合わせば、紹介してくれますよ。

参考URL:http://www.miyama.net/activities/seibi/haikagaku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイスありがとうございました。

薬品の処理については
業者を探してみたいと思います。

サイトは参考になりました。
あとは早く業者を見つけようと考えています。

お礼日時:2004/01/15 14:09

「食酢とか酢酸みたいなもので、応用(?)出来るものでしょうか・・」別にかまいませんがもったいないですね


大量の水で洗えばたいてい取れます。

書き忘れましたが中和は中和液を少しづつ入れてPHを確認しながら行いましょう

濃硫酸が身体についたばあい
少量--大量の水で洗う
大量--付着した衣類はすぐ脱ぎ、可能かぎりふき取り大    量の水で洗う、大量の水でないと反応熱によりや    けどがよりひどくなります。

他の方も書かれていますが分からないようなら処理業者か
化学の知識がある人にやってもらいましょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度も親身になってご回答頂き
まして、本当にありがとうございます。

私の疑問としては 大満足で解決いたしました!
あとは皆様のご指導に
そって、業者に処理してもらう方向が
ベストと思い、探してみることに致します。

たくさんのアドバイス心よりお礼申し上げます。

お礼日時:2004/01/15 14:02

まず第一に中和方法も知らない貴方が、なぜフレーク状の苛性ソーダを大量に持っているかがおかしいです。



大量の中和作業は生成物も発生するので、厳密には処理施設で、資格保持者がしないといけません。

劇物毒物管理責任者は何処かにいるのでしょうか?

もし入手先が薬品会社なら、薬品会社が受けてくれるなら、処理を依頼するのも一手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご指摘ありがとうございます
実のところ、今までの依頼先の廃業が決定し、
何も知らないでは済まされない現実に
直面しています。

お礼日時:2004/01/12 00:10

排水量を考慮しなくていいのであれば、


工業的には、苛性ソーダ水溶液をできるだけ希釈し、
希硫酸と徐々に中和させるのが望ましいと思います。
高濃度の中和ですと、かなりの中和熱を伴います。
塩酸の場合は、中和されてNaCl水溶液となっても、排水貯槽等の設備にステンレスを含有する場合は腐食が懸念されますので、注意が必要です。
ほう酸の使用も一手法かもしれませんが、ほう素は排水基準に該当しますので、使用しないほうがいいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね かなりの熱の発生は・・・
高濃度の中和は、無理ですね。
それに塩酸も、設備の腐食の点から
難しいかも。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/11 23:49

「苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液」はどれくらいあるのでしょうか、又その濃度は(重量%)?


それによって違いますが

危険なフレーク状の苛性ソーダを取り扱っておられるなら、取り扱いが問題ないとして、中和するならそのアルカリの逆の酸ですね、フレーク状苛性ソーダの購入先にはだぶんあるはずです、酸と言っても種類がありますが一般的には濃硫酸ですね、濃硫酸は危険なものですが濃硫酸の中に直接水を入れなければ問題ないです、水の中に少しづつ濃硫酸をいれて10%(重量%)したもので調整してください、中和したか確認するためにはPH試験紙などが必要かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。
排水前にタンク約100リットル貯めて
そこで中和作業をしようと考えています。

>水の中に少しづつ濃硫酸をいれて
濃硫酸、ビン入りですよねたしか。
ビンから直接流し入れれば良いのですか?

すみません こんな細かいことまで・・・
また、PH試験紙はすでに用意しましたが
排水できる許容数値なるものって
どれくらいでしょうか

お礼日時:2004/01/11 21:45

NaOH と HCl が反応すれば



NaOH + HCl → NaCl + H2O

つまり 食塩 と 水 しか出来ません。水素は発生しませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか~。
それなら危険なことではないのですね
ありがとうございます。

苛性ソーダの溶けた液に
塩酸をたらし入れる
という風でOKでしょうか?

お礼日時:2004/01/11 21:15

容易に(注文すれば)入手できて、中和後の取り扱いが安全な物だと、代表的なのは塩酸でしょう。


純粋の水酸化ナトリウムと純粋の塩酸だと、化合物は塩化ナトリウム、つまり食塩の成分です。
もちろん希塩酸の方が取り扱いは比較的安全ですが、酸を取り扱う常識してゴムの前掛けと手袋や保護メガネなどは常識ですけど。
廃液は、純粋な物ならばただの塩水ですから、規制もゆるいです。

濃塩酸の方が廃液の量は少ないのですが、取り扱いが危険なのですすめられません。

なお、反応時に出るガスは水素を含みますからご注意ください。
また、作業者が吸わないようにも注意が必用です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
私の中では、知り合いに聞いたとき
「塩酸との反応ではガスが出る」
と言われたので、即『怖いもの』になっていました。

ご紹介いただいたのは希塩酸を使う方法ですか?
濃塩酸を薄めるのでしょうか。
ガスの危険性はどんなものですか?
火災や爆発? 吸入するとアブナイとかでしょうか・・・


全くわからないのに、やらなくてはならない
必要があって・・・
液体を混ぜる割合なども
あわせて教えていただけるとウレシイです

お礼日時:2004/01/11 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苛性ソーダについて教えて下さい

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

1)皮膚についた時はお酢で中和するように、とありましたが、お酢が手もとにない場合は酸っぱいもの(酸性)ならなんでもいいんでしょうか。レモンやみかんでも効果はありますか?
なんだかわからず、水で洗ったらどうなりますか。洗わないよりマシでしょうか。

2)苛性ソーダって、臭いですか? 近くにあると気が付くでしょうか。園芸用としても使うそうですが、消毒薬の臭いなのでしょうか。座席にこぼれた場合、座席は脱色されたりするものですか?

3)顆粒、結晶の形で売られているようですが、水に溶かして使うんですよね? その際に危ないからゴーグルを使用した方がいいそうです。水溶液の状態で販売しないのは急速に変質するんですか? それとも、園芸用のは液体ですか?


薬品のことなどなにもわからないのに恐縮ですが、どうぞ教えて下さい。

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

...続きを読む

Aベストアンサー

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれるクエン酸でも構いません。

苛性ソーダの溶液自体は無臭です。また、見た目も水と変わりありません。濃厚な溶液では粘度が高いので垂らしてみれば違いが分かるでしょう。水に溶かすと発熱して湯気が出ます。何の湯気かは知りませんが、吸うとむせます。今回の事件のように、ありとあらゆるものが染み付いている電車のシートなんかに付いた場合は怪しいガスが出ても不思議ではないでしょう。

苛性ソーダは日本薬局方に収載されている医薬品でもあります。そのため薬局で買えるのですが、この局方品は固体です。試薬や化成品としては溶液のものもたくさんありますが、一般の方が入手するのは困難でしょう。

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれ...続きを読む

Q苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

大体でいいのですが、計算の仕方を教えてください。

2NaOH+H2SO4→NaSO4+2H2O
の反応でいいですよね。

苛性ソーダを1M3に1kg使用した水溶液に 35%の硫酸水で中和したいのです。

この硫酸水をどれぐらいの量を入れたらいいでしょうか?

昔はこんな計算は簡単にできたようなきがするのですが・・・

全く忘れてしましました。

すいません

Aベストアンサー

化学反応はモルで計算しなければ分量があいません。

NaOHの式量=40なので、
1kgの物質量=1000/40=25〔mol〕

35%の硫酸の密度は1.26〔g/mL〕くらいなので、
1Lでは1260〔g〕になります。
このうち35%がH2SO4なので、
H2SO4〔g〕=1260×0.35=441〔g〕
H2SO4の分子量=98なので、
H2SO4〔mol〕=441/98=4.5
よって、濃度は4.5〔mol/L〕になります。

反応式より、NaOH:H2SO4=2:1 で反応するので、
硫酸の体積をχ〔L〕とすると、
25:4.5χ=2:1
χ=2.78〔L〕

ただし、この中で使った35%硫酸の密度が推定値(有る程度正しいはず)
なので、正確な値は密度を調べて計算してください。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

Q苛性ソーダの中和方法

苛性ソーダの中和方法

25%濃度の苛性ソーダ1Lを35%濃度の塩酸で中和する場合は
塩酸は何L必要としますか?

比重の計算がからむというのでお手上げです。
計算式も含め解る方、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

もったいないなあ……

25%の水酸化ナトリウム水溶液は1Lは、比重データがないので厳密な計算はしないけれど、
だいたい9mol/Lとみると、1L中和するのに塩化水素9molが必要。

35%塩酸は一般に濃塩酸、だいたい12mol/L弱の濃度ですね。

濃塩酸1Lは使わずに済みそうですが、
そんなに大量の濃塩酸を捨てるために使うなんて……
あほらしいとしか……

3価の酸であるクエン酸であれば、3molですむ。
クエン酸無水物だとだいたい600g前後で中和か……


でも廃液の処理なら、試験紙や測定器でpHをモニターしながらというのが良いのですが。

Q強アルカリ性の液体を肌につけるとどうなる?

弱酸性は肌に優しいですが、強アルカリ性のものを、肌に長い時間つけていると肌はどんな状態になるのでしょうか?

教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

仕事柄 強アルカリ(KOH等)を大量に使います。
基本的に完全防衣で作業しますが、液ハネは起こりうる事です。
皮膚に付着して すぐならば 水洗 洗浄でほぼ無傷ですが、
長時間付着した場合 皮膚の蛋白質が冒されて 皮膚の内部まで
アルカリが浸透します。 最悪の場合皮膚移植も有ります。
毛穴に入ると除去しにくく 皮膚が黒変します。
人間の皮膚は、アルカリに弱いのですぐに冒されます。

私も皮膚の表面は アルカリで何度も溶かしてますけどね。
指の指紋が薄くなってます。 
 

Q化学薬品(苛性ソーダ)の捨て方がわからなくってこまっています

家の大掃除をしていたときに相当古い苛性ソーダが出てきました。医薬用外劇物と書いてあって捨て方に困っています。どなたか正しい対処法をご存じの方、ご指導のほどよろしくお願いします!

Aベストアンサー

実験室では大量の水で希釈した後に希塩酸等で中和処理します。

溶かすときに微粒子が気化しますし、発熱します。やり方を1つ間違えると発熱により液が飛び散り危険です。

強アルカリのため、皮膚や家具を腐食、水溶液が眼に入ると最悪失明しますので取扱には十分注意して下さい。

どのくらい残っているのでしょう。
少量なら実験室で処理するのは簡単なんですが、化学実験の専門ではない一般の方では処理にも危険を伴いますし、このまま放置しておくと潮解性で空気中の水分を吸い取ってドロドロの濃液となり危険です。

場合によっては自治体(県の薬務課や保健所、廃棄物処理課など)に専門業者を紹介してもらう事を考えた方が良いかもしれません。

Q苛性ソーダが余ってしまいました

こんばんわ。
2年前に手作り石鹸が流行りました。
そのときに苛性ソーダ500g入りしかなく、それを購入しましたが、結局2/3程度残っています。

いつかは、また石鹸を作ろうと思いつつ、2年の歳月が流れました。
もしも処分する場合はどのようにすればよいでしょうか?

ちなみに苛性ソーダは購入時にプラスティックのボトルに入っておりましたので、そのまま安全に保管しております。

苛性ソーダには賞味期限(?)てあるのでしょうか?

恐れ入りますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 廃油石鹸は食器洗いに使えます。作り方は何種類かありますから、ご自分で検索していただき納得できるつくり方を見つけて下さい。
 洗濯用としては、部分洗い用に適しています。が、洗濯機に使用するものは純度を上げないといけないようです。
 上記何れの用途でも温水を用いると石鹸は合成洗剤を上回る洗浄能力を持っており、特にPE、PP等の食品保存用合成樹脂の容器に付着した油脂は容器に残ることなく非常によく落ちます。皮膚にも穏やかですし。

Q水酸化ナトリウム水溶液の作り方

今度実験で水酸化ナトリウム水溶液を作るみたいなんですが、
作る時の注意点を教えてください。

水と混ぜると発熱するんですよね? 水に対して水酸化ナトリウムを
入れるのですか? それとも逆? 一気に入れていいかなども教えてください。

Aベストアンサー

どれくらいの濃度の溶液を作るのかわかりませんが,

1,ガラス容器(器具)を使わない
2,高濃度の溶液を作る時は,氷で冷やした水に少しずつNaOHを加える

かな?

12 M の溶液を作った時は,かなり熱くなりました.
1 M 程度なら一気に水を加えても大丈夫だと思います.

ま,私は化学専門じゃないんで,参考になりますかどうか・・・?

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q水酸化ナトリウム水溶液の安全な正しい作り方を教えて

水酸化ナトリウム水溶液の作り方は 「NaOHに少しづつ水を加える」のか、「水にNaOH」を加えるのか どちらが正解(安全)でしょうか。

化学実験ではなく、「手作り石鹸」を安全に作るためのNaOH水溶液の作り方です。

「水にNaOH」を加える方が安全とは思うのですが、「NaOHに少しづつ水を加える」方が溶解熱で溶けやすいので正しかったでしょうか。

家庭で化学実験に慣れていない女性などが行う前提で教えてください。

失明防止のゴーグルと、ヒューム防止のマスクは着用します。
(※マスクは市販のディスポーザブルマスクを使用)

Aベストアンサー

一般には粒子状のものを水に加えるのではなく粒子状のものに水を加えることですね。そして撹拌します。
粒子状の水酸化ナトリウムは空気中の水分でべとつくようにもなりますし、空気中の二酸化炭素とも反応しやすいので一気に水に加えようとしますと飛沫が飛ぶといったことにもなります。
粒子状の水酸化ナトリウムに水を加わえますと発熱し一部が溶解するものの比重が局所的に高くなり全体が溶けにくい状態となりますが十分に撹拌しながら溶かすことですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング