小売業の店舗のものです。少し目と脚の不自由なお客(自分で車を運転してきます)が 店舗の階段を踏み外して転倒されました。大きな怪我はなく、救急車も呼ぶのを断られました。しかし、数日してから治療費という名目で見舞金を要求してきました。店舗の施設賠償の損害保険会社に相談しましたが 店舗の施設の過失は無く、お客自身の過失による転倒なので賠償の責任は無いとの事でお客様に伝えたところ、「自分のいないところで現場検証しても正確に伝わるわけ無いだろう。」と店舗の店頭や店内で長時間、居座り、スタッフを罵倒します。警察に相談しましたが、見舞金を請求する事自体は 恐喝などにはならないという事で 本人への注意程度の対応しかしてくれません。そのお客様自身も店舗経営などしているようで 法律的な事をよく知っているようです。営業妨害などの理由で入店を断るいい方法はありませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一見、民事上の問題に見えますが、ここで「帰れ」と要求してください。


(住居侵入等)
第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
上記に該当してきますから、刑事事件になります。

警察は、面倒なので「民事上」として逃げているのが現実でしょう。
都道府県警察本部には「監察室」という部署がありますから、そこに対応した警察署の苦情を言ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直なご意見ありがとうございました。法律的な事がよく知りませんでしたので勉強になりました。

お礼日時:2011/05/16 11:04

店舗の階段のどこがどのように過失があったのかは聞きましたか?それを聞いて一つずつ過失がないことを説明してあげてはどうでしょう。



請求すること自体は違法ではありませんが、店に長時間居座って店員の業務を妨害しているのであれば威力業務妨害でいほうです。そこを警察に相談してみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な対策を教えていただき、ありがとうございました。後日、お客様とゆっくり話しをする機会があり 真摯な態度で誠意を見せたところ 嫌がらせ的な行動は収まりました。

お礼日時:2011/05/16 11:09

立派な営業妨害です。


ビデオ録画しておくとよいでしょう。
また罵倒ということで名誉毀損や傷害罪も考えられます。

警察に告訴してください。
被害届では警察は動きません。
告訴です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

被害届け程度では 警察は本気にならないという事が今回よくわかりました。ありがとうございます。
今回のケースは 何度かお客様と話し合いの場を持ち、真摯な態度でこちらから謝罪の意を
伝えたところ、少し収まった感があります。しかし、また同様のケースが起こりえると
想像できますので 店側の対応として準備をしておく必要性を感じました。

お礼日時:2011/05/16 11:13

見舞金の請求はおかしいでしょうね。


治療費や慰謝料の請求は自由でしょうが、支払う義務があるかは別問題です。

居座りや罵倒の記録をとって、警察へ被害届を出されてはいかがですかね。
あなたの周りに、行政書士・司法書士・弁護士などがいるようであれば、相談の上で被害届の提出を手伝ってもらった方が確実です。警察は、被害届などの書類を受理すると捜査の義務が発生してしまうので、出来るだけ受け取らないような対応をすることがあります。しかし、被害届などを受け取らないなどということが認められるわけではありません。素人相手だと警察もいい加減な対応をする場合もあるので、専門家の名前があると良いと思います。

罵倒の内容次第では、侮辱罪などにもなるかもしれませんからね。ボイスレコーダーを用意されると良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な対応策を頂き、ありがとうございました。
接客業を長く、勤めておりますがいろいろなお客様が
いますので改めて今回の件で 対応の難しさを勉強させていただきました。

お礼日時:2011/05/16 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこうゆう店舗の構造で保健所の許可出ますか?

http://www.athome.co.jp/jr_03/dtl_5678597501/?DOWN=1&BKLISTID=001MPC&SEARCHDIV=1

飲食店店舗の場合、確か客席と厨房はカウンターや
板などで仕切らなければいけないはずですが、
↑こちらのテナントのように飲食店可能の表示は
有るものの、構造上お客様がトイレを利用する
場合は厨房というかカウンター内に一度入って
頂かないといけないように見える物件をよく目に
しますが、こうゆう物件の場合は流しやトイレの
構造を作り変えないと保健所の許可は出ない
ような気がしますけど、詳しい方いらっしゃい
ましたら教えてください。

Aベストアンサー

これは事務所だよね。ってまず思いますよ。
このままで飲食店をされるつもりですか?
飲食店はそれ相当の店舗費をイメージや戦略上かけるのでいくらなんでもこのまま飲食店に使ってよいというわけではなく、改造して使ってもいいという意味にすぎません。

奥の設備位置じゃ使えないです。トイレ位置はあげるだけの方がお金はかからない。
それこそ飲食店の設備じゃないのでまず水周り設備をはずして床あげ200。ミニキッチンははずして配管は床下をとおして左側手前へ。手洗いもつけ直して奥は更衣室とか物入れスペースですね。
左側が厨房、カウンターはさんで客室でしょう。
板で仕切るっていうか、扉で仕切ります。
そうすれば店の奥に階段をとんと登ればトイレがありますっていう状態になります。

心配なら希望を手書きで書いて保健所に事前相談が必要です。

Q7年前から店舗をかり、小売業をしています。家賃は525000のところ、

7年前から店舗をかり、小売業をしています。家賃は525000のところ、1年前より472500に下げていただいています。
 本年2月ぐらいに今後の見通しが厳しい中、仲介業者を通して大家さんに、なんとか策は講じているが、利益を生み出すには時間がかかるので、万一のときには保証金から家賃にあてていただくことはできないか?というお願いをしました。保証金は二〇〇万。
結果、しぶしぶだと思うのですが、万一のときはそうします。という返事をいただきました。
 その後も厳しい中、なんとか家賃を支払い、5月、やむを得ず、延滞しました。その時も、事前連絡で、頑張ってみましたが、やはり難しいので保証金からあててください、とお願いしました。
 私のほうとしては、前にお願いしてあったことなので、理解してくださるかと思ったのですが、その後は、いつ払えるのですか?とか、いついつまでに払ってください、という連絡が仲介業者からはいってきました。”とにかく、今は厳しい、策も講じているが、結果がでるのは今年12月ぐらいまで。何かのときは保証金からあててください、というお願いも了解していただいているのだから、待ってほしい。今は何と言われても2カ月分の家賃は払えない”とお伝えしました。
 ”では、今後の家賃は一日も遅れないでください”とのこと、私も”できるかぎり努力します”とお答えしましたが、今月の家賃、万策つきて支払えません。
 立地、商売柄、8月はもっとも厳しい時期。今のビジネスのシーズンスタートは10月。
新しいビジネスはなんとか明るい兆しがみえているものの、利益を生み出すのは、11月以降。
仲介業者に、その旨話ても、こちらの力になってくれる感触はなし。
このまま今月家賃滞納をすると、契約解除、または退去勧告がでるのか、と思うと不安でなりません。
 私としては、移転するにしろ、後、3か月は結論をさけたい、と思っています。
このような状況で今月家賃滞納した場合、また、その後、家賃が支払えなかった場合、どんなことがおこるのでしょうか?
 11月もしくは12月から新ビジネスが利益を生み出すのは、わかっています。
お詫びと状況説明ヲ兼ねて、大家さんと直接話させてください、とお願いしても断られています。


 
 

7年前から店舗をかり、小売業をしています。家賃は525000のところ、1年前より472500に下げていただいています。
 本年2月ぐらいに今後の見通しが厳しい中、仲介業者を通して大家さんに、なんとか策は講じているが、利益を生み出すには時間がかかるので、万一のときには保証金から家賃にあてていただくことはできないか?というお願いをしました。保証金は二〇〇万。
結果、しぶしぶだと思うのですが、万一のときはそうします。という返事をいただきました。
 その後も厳しい中、なんとか家賃を支...続きを読む

Aベストアンサー

契約書に書いてあると思います。何ヶ月滞納すれば退去を命じれるのか。
もうこれは大家次第なので何ともいえない

少なくとも原状回復費用がいくらなのかを出して
そして結果がでるのは今年12月ぐらいまで
この根拠をきちんと書類に書き示す事そして大家さんにきちんと報告したのかな

それぐらいして初めて納得するんだと思う。
たぶん次回遅れたら契約書の通りしますからね。と言う意味で今後の家賃は一日も遅れないでください
と言われたと思う。商工会議所は無理かな・・

http://www.amacci.or.jp/shikin/というのもあるみたいだね

Q調理場の保健所への申請

車での移動販売を始めるにあたり調理場が必要なので、家賃を抑えるため、以前会社の事務所として使っていた6畳ほどのプレハブを改造しようと思ってます。
保健所には見取り図と写真をもっていこうと思っていますが、保健所の人は厨房を見にきてチェックするのでしょうか?それとも見取り図と写真で説明すれば許可は下りるのでしょうか?

Aベストアンサー

現地検査は知る限りでは確実に行われていると思います。ただし、地区毎の保健所、担当官によっての厳しさのレベル差はかなりあります。
私の場合、設計段階で保健所に設計図を元に相談に赴き、いつ頃完成かだいたいの日程を報告しておき、完成間際にお互いの日程を調整して現場のチェックをしてもらいました。検査は当日合否が解りその二週間後に営業許可書をもらえました。
保健所の担当が地域を回る日程の都合もあり、今日行って明日という検査はむずかしいと思いますし、完成後に不具合があり再検査ということになると余分な時間がかかってしまいます。事前に保健所に相談して仲良くなっていた方が何かといいと思います。どんな業者さんが施工されるかわかりませんが。業者さんにもかなり詳しく、保健所とも仲の良い所もあります。
また、車の移動販売とのことですが、場合によってはこちらの検査の方が大変になることもあります。

Q大規模小売店舗立地法

1)平成10年実施の大規模小売店舗実施法の英語名は何と言いますか?
2)上記法律の英語訳はありますか?
3)上記法律の関連英語資料がほしいのですが?

Aベストアンサー

今現在、法律の公式な英訳というものは存在しません。

これでは、国際的に対応できないということで、統一英訳を作ろうと、昨年の夏ごろから司法制度改革審議会や、各学会が作業を始めています。ただ、現在は、まだ民法の統一英語訳を検討している段階なので、大店法などの特別法については、公式な英語訳は当然ありません。

もっとも、私的に翻訳したものは存在すると思いますが、一般に公開されているものが存在するかどうかは、私は知りません。

ご期待に添えず申し訳ありませんが、一応、情報として回答しておきます。

Q移動販売の保健所等の抜き打ち見回り

移動販売の保健所等の抜き打ち見回り

移動販売の保健所等の抜き打ち見回りはありますか?
(いきなり来てチェックするとか、保健所ということがバレないように私服で客を装ってチェックとか)

Aベストアンサー

保健所に許可を取らなければならない関係の業界にもう20年以上関わっていますが
抜き打ちは一度も経験がありません。
某かのトラブルがあれば別かもしれませんが私の知っている限りの廻りでも無いです。

Q『商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』って…ナニ??

自宅から少し離れたところにあるスーパーマーケットの名義でチラシがポストに投函されていました。
チラシのタイトルは『(店舗名)スーパーにおける商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』でした。

チラシには
『この度、当店では下記の通り施設の計画を変更させていただくにあたり、大規模小売店舗立地法の定めに基づき、平成○年○月○日に○○県に対して変更計画の届出を致しました。
つきましては、同法第7条に基づき、地元の皆様に変更計画の概要並びに届出内容を御説明させていただく為、下記の日程にて地元説明会を開催させていただきます』
と書かれていました。
この後、チラシには地元説明会の開催場所と日時、店舗名称、店舗所在地、小売業者(スーパーを経営する会社)の名称とその所在地、変更内容と変更をする年月日が書かれていました。
変更内容を見て分かったのですが、どうやら営業時間を変更するようです。
変更前と変更後の違いは、開店時間が1時間繰り上がり、閉店時間を1時間遅くすることでした。
また、それに伴って店舗の駐車場の利用時間も変更すると書かれていました。
店舗(スーパー)は団地に隣接して建てられています。
やっと本題に入りますが、自分は法律に疎いので、なぜ説明会を行うのかが分かりません。
営業時間を変えるのに、何故『地元説明会』を行うのでしょうか?
お暇な時で結構ですので、教えてください。
(店舗そのものを改築するわけでは無いようです)

自宅から少し離れたところにあるスーパーマーケットの名義でチラシがポストに投函されていました。
チラシのタイトルは『(店舗名)スーパーにおける商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』でした。

チラシには
『この度、当店では下記の通り施設の計画を変更させていただくにあたり、大規模小売店舗立地法の定めに基づき、平成○年○月○日に○○県に対して変更計画の届出を致しました。
つきましては、同法第7条に基づき、地元の皆様に変更計画の概要並びに届出内容を御説明させていただく...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。

 大規模店舗の場合,開店時間の変更により,周辺道路の混雑時間帯が変わったり,人の通行量が変わるなど,周辺住民への生活環境に影響を与える可能性があるため開催されるものです。

Qエイズ検査は保健所なら無料でしてくれるそうですが住民票がある市町村の保健所じゃないと無料で検査はして

エイズ検査は保健所なら無料でしてくれるそうですが住民票がある市町村の保健所じゃないと無料で検査はしてくれないのでしょうか?

全国どこの保健所に行ってもエイズ検査はしてくれるのですか?

Aベストアンサー

=です。
どこの保健所でも無料

そもそも、偽名でOKです。

Q販売代理店は、小売業?

以下のようなA社の事業の場合、日本産業分類では、どのカテゴリに当てはまるのでしょうか?

【パソコンやソフトの販売を行っているA社
ただし、A社が自社で仕入れた物を売るのではなく、別B社が所有している物品を
A社の販売員が消費者に売っている。】

いわゆる販売代理店に近いものだと思いますが、あっていますか?
小売業になるのでしょうか?

ちなみに、産業分類を見てみたのですが、
中分類54卸売業 には 5497 代理商,仲立業

がありましたが、

中分類60 その他の小売業
には、しっくりくるようなカテゴリがなかったです。

ケータイの小さいお店とかと考え方は一緒だと思うのですが、
その様な事業は、産業分類で言うとなにになるのでしょう?


ご教示お願いします。
   

Aベストアンサー

 No1です。総務庁、統計局・統計センターが発行している「産業分類」という冊子では、卸売業は小売業や飲食店又は他の卸売業に商品を販売するもの。産業用使用者に商品を大量又は多額に販売するもの。業務用に主として使用される商品を販売するもの。他の事業所のために商品の売買の代理行為を行い、又は仲立ち人として商品の売買の斡旋をするもの。となっています。

 又、小売業は、個人用又は家庭用消費のために商品を販売するもの、及び産業用使用者に少量又は小額に商品を販売するもので、商品を販売し修理を行なう事業所、製造小売業、ガソリンスタンド、行商、露天商、などが該当します。

 業者に対して販売をするのが卸売業、個人に対して販売をするのが小売業、と区分すると良いと思います。

Q保健所と病院の違いについて

ふと、保健所がどいう場所かわからないことに、気づきました。

そこで、概要というか、だいたいの役割の違いが知りたいです。
1番は、保健所がどういう場所かが特に知りたいのですが、軽く調べても、保健所がイメージわきませんでした。
そこで、病院との役割の差からなら、イメージがしやすいのではないかと思いました。

自分なりに考えたのですが、病院と保健所の違いは、後手と先手の違いというか、

病院は「病気になったら」、

保健所は「病気にならないように」
というところが大きな差で、

どちらも「体を守る」ところが共通かと思ったのですが、おかしな点はあるでしょうか?

先にも書きましたが、実際は個人的に馴染みない保健所について知りたいと思っています。その取っ掛かりにしたいので、保健所についてだけでも教えて頂ければ助かります。

(改行は、ぱっと見でわかるようにしたつもりですが、失敗したかもしれないです 笑。
変な記述になったかもしれないので、すみません。)

Aベストアンサー

国民の健康を考える時に、医学的側面と公衆衛生学的側面があります。
病院は医学的側面が強く、保健所は公衆衛生学的側面が強いです。

と言うと何言ってるかチンプンカンプンかもしれませんが、
病院は主に個人の健康を何とかするところです。
保健所は主に社会の健康を何とかするところです。

質問者さんのおっしゃる、病気になったら、 病気になる前に、という考え方は、だいぶ近いです。

Q小売業の夏期休暇

うちは小売業なので年中無休です。
ただ、夏期休暇は一日あって8月15日のみです。

今年は日曜日と重なっているのですが、社長の方から「今年の夏は15日は日曜日なので、それを含めて有給を二日使って3連休取ってください。」と言われました。 

有給って会社から指定されるものなのですか?
夏期休暇が15日って決まっているときはその日が日曜日ならばなくなるのですか? 

調べてみたのですがはっきりと載っている本もなかったのでご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

夏期休暇と決められている日か日曜日と重なっても夏期休暇です。

会社は、その夏期休暇の他に有給休暇を2日使って、連続3日間の休日にするということでしょう。

基本的には、有給休暇は労働者が任意の時期に取得出るものです。
ただし、計画的付与と言う制度が有り、労使が協定を結ぶなど、一定の要件を満たした場合には、事業場で一斉に有給休暇を取ることができ、夏期休暇や年末年始等に利用されます。

この計画的付与は、有給休暇のうち5日間は個人が自由に取得できる分として残す必要が有り、労使協定などで計画的付与の対象となるのは、年次有給休暇の日数のうち5日を超えた分です。
詳細は、参考urlをご覧ください。

この制度は、労使の合意の上で決定するものですから、会社が勝手に決めることは出来ません。
納得がいかない場合は労働基準監督署に相談しましょう。

参考URL:http://www.kana-rou.go.jp/users/kijyun/nenkyu02.htm


人気Q&Aランキング