誕生直後で自転周期が6時間程度であったときの地球の扁平率を知りたいのですが、どうしても計算方法がわかりません。
よろしければ、計算方法と扁平率を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在の地球の重力加速度は、北極&南極で9.83m/s・sです。


同じく赤道上で9.7799m/s・sです。
遠心力は0.05m/s・sです。赤道上で遠心力の割合は0.5%程度
地球の直径は、赤道の付近では、約12,756キロメートル、極付近では、約12,713キロメートル
0.34%の違いがあります。重力の違いほどは差がありません。

自転周期が6時間ということは、ジャイアントインパクト後の月が分離した時期の周期5時間から少し経った頃ですね。
今の4倍の角速度ですから、遠心力は角速度の2乗に比例して16倍です。
重力の8%くらいの遠心力がかかっていたと思われます。
現在の地球の直径と遠心力の割合から単純に膨らみを16倍すると、5.44%。

ただし、地球の形は地軸に対して真横、つまり赤道上空方向から見るとちょっと北半球が凹んだ西洋梨の潰れたような格好になっています。
それは、海より重い陸地が北半球に多いわけで、その当時の地球の重力分布がどうだったかわからないので、本当のところは誰にもわからないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすく詳しい回答ありがとうございます。
よくわかりました。
洋ナシ型をしていたなんて知りませんでした:O

お礼日時:2011/05/10 23:13

有効重力計算。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2766516.html
(ここの#1の24時間を6時間にし、半径Rを同一として比較。)

潮汐計算。
月地球間を変更。

’潮汐力。
重力定数は、0.000000000667259
地球質量は、597420000000000000000000
地球半径は、6378150
月質量は、73600000000000000000000
月地球間は、38344000000
月半径は、17374000
地球半径は、6378100
重力加速度は、9.8

潮汐力1は、(2*重力定数*地球質量*月質量*月地球間)/(月地球間*月地球間*月地球間)
潮汐力1を、表示。

潮汐力2は、(重力定数*月質量*地球半径*地球半径)/(2*9.8*月地球間*月地球間*月地球間)
潮汐力2を、表示。

後は粘度ρでの位置hをあわせるだけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンクや具体的な数字まで出していただいて、ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/10 23:14

現在の地球は赤道方向へ扁平していて、率ではありませんが、片側21キロメートル、膨らんでいます。


これから率をわりだしてみて下さいね。

この扁平は、地球がまだ柔らかかったとき、自転が速くて遠心力が大きかったときに、そのほとんどが
形成されたと仮定した場合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わかりました。やってみますね。

お礼日時:2011/05/10 23:08

その頃の地球の「粘度」が分からないと無理でしょう。


融けていれば平たいし、岩石が厚く覆っていれば今と近いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
粘度ですか;;問題には書いてありませんでした。

お礼日時:2011/05/10 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球深部探査船「ちきゅう」のマントル層到達

 海洋研究開発機構所属の地球深部探査船「ちきゅう」は、海洋底下の上部マントル物質の採取を、重要な目標の一つに掲げて建造されたと記憶しております。
 しかし、建造完成から5年も経過したというのに、私がニュースを見逃したのか、今の処、マントル物質の採取に成功したという話を耳にした事は御座いません。
 果たして、地球深部探査船「ちきゅう」は、2012年8月14日現在までの時点において、上部マントル層までの掘削に成功して、マントル物質のサンプルコアを採取する事が出来ているのでしょうか、それとも未だ、マントル層までには到達していないのでしょうか?
 もし、未だ、マントル層までには到達していない場合には、マントル物質のサンプルコアを採取するのは、いつ頃となる予定なのでしょうか?

【参考URL】
 JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構 > 地球深部探査センター(CDEX) > 地球深部探査船「ちきゅう」
  http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.html

Aベストアンサー

現段階においては、次期統合国際深海掘削計画(IODP)の一環としての予定に留まっているようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu5/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/05/08/1320652_03.pdf

Q地球の自転速度あるいは自転周期の測定方法

3年半ぶりとなる「うるう秒」が2012年7月1日に「午前8時59分60秒」として挿入されると聞きました。現在の1秒はセシウムを元にした原子時計で定義されるということも分かりました。さて、地球の自転周期がだんだん遅くなっているということですが、この地球の自転速度あるいは自転周期のどのようにして計測するのでしょうか?? 詳細ではなくても良いので大体のところをご教示願えれば幸いです。

Aベストアンサー

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年~西暦1200年頃の自転周期の大きな変動の推定カーブが計算されています。http://www.wagoyomi.info/suiko/suiko.html
 
人類の記録が日付や場所、事実かどうか疑問がある時代や、人類が記録を残せない時代については、サンゴなどの成長が縞となって残っている日輪、年輪を調べるのだそうです。地球の公転1回の間に寒暖があると成長記録の縞でそれが残ります。一日の昼夜の成長記録が縞に残ると日がわかります。1年間に何日あったのかを、太古のサンゴやオウムガイの化石の縞で調べるそうです。また、地層を調べると海の潮の干満がパターンで残っているところがあるので、そうした堆積物の状況でも1年の日数を調べることができます。他の観測や事実確認から、公転周期が大きく変わっていないことがわかれば、1年の日数の変化から、1日の時間の変化が推定できるそうです。 http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf114-3/p419-433.pdf (下の図はp11/15にあります)
 
その他にも月の運動を調べる方法で、太古の地球の自転が1日10時間以下だったらしいという推定もあるそうです。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/chishiki/answer06/index.html
「そもそも地球が誕生したころは、自転周期は5時間程度だったと考えられています。6億年前でも約22時間程度で、今よりもずっと早く自転していました。では、どうして地球の自転は遅くなっていくのでしょう。 地球の自転にブレーキをかけているのは、主に「潮汐作用」です。とりわけ月の影響が大きくあります。月は1年に約3cmずつ遠ざかっています。ぐるぐる回る地球の自転のエネルギーを、潮汐作用を通じて月が受けとっているため、月はしだいに遠ざかってしまいます。その結果、エネルギーを吸い取られた地球は、自転が遅くなります。 地球だけに限ってみれば、自転が遅くなるのはわかりやすいといえます。潮の満ち干によって移動する海水と海底との摩擦で、自転のエネルギーが失われます。正確にいえば、地球潮汐(地殻の上下)や、地球の中心の液体核、それに地球の大気と地面との摩擦なども効いています。さらに細かく調べると、地球の自転速度が遅くなっていくペースも一定ではないことがわかってきました。過去の日食の記録による調査からは、地球の気候変動が自転速度に影響を及ぼしていることや、最近の正確な地球の自転運動の研究から、大きな地震の前後で自転速度が変化してしまうことなどがわかりつつあります。」
 
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html
「地球の自転速度は、長期的には、主に「潮汐摩擦」(潮の満ち引きによって起こる海水と海底との摩擦)によってだんだん遅くなっています。 しかし、数年から20年ぐらいの期間で考えると、地球内部にある「核」の運動の変化や、地球規模での水(海水、陸水、氷河)の分布変化などが原因となって変動し、自転速度は、必ずしも一定の割合で遅くなっているわけではありません。 それでは地球の自転はどのぐらいの割合で遅くなっているのでしょう。 19世紀の約100年間の地球の自転による1日の長さの平均が24時間に等しくなるように定められましたが、1990年頃には、地球は24時間より約2ミリ秒(1ミリ秒は1秒の1000分の1)長くかかって1回転しています。1回転にかかる時間が100年間で2ミリ秒長くなっていることになりますので、もしもこの割合がこれからもずっと続くと考えると、5万年で1秒、1億8千万年で1時間長くなることになります。このことはつまり、1億8千万年後には、1日の長さが25時間になってしまうということを意味しています。 しかし、この割合でずっと地球の自転が遅くなり続けるのかどうかはわかりません。現に、2003年現在、地球の自転を観測すると、地球は24時間より約1ミリ秒長くかかって1回転しています。1990年のころと比べると、地球の自転速度は、むしろやや速くなっているのです。」

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年...続きを読む

Q地球と地面はなぜ「ち」と「じ」?

知り合いの外国人に説明を求められています。
「ち」も「し」も濁点を付けた時の読み方(「ぢ」、「じ」)は一緒ですよね。
それで、「地球」は「ちきゅう」と「地」の字を「ち」と書くのに、「地面」は「地」の字を「じ」と書き、「ぢめん」とは書きせんよね。
これがなぜかを説明できる方、いましたらお願いします。

Aベストアンサー

同じ疑問を持った方からの質問をみつけました。

おもしろいですね。

今まで私は気になっていませんでした。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s446.htm

Q地球の自転の周期と公転の周期が違う理由

私なりに自転周期は、自転軸が公転面と垂直でないことがなにかしら関わっていて、公転周期は公転軌道が楕円であることがその理由に関わっているんだろうとおもったのですが、自転周期が半年となって公転周期が1年となるのはなぜですか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀河系辺境星域第3惑星のことですか?にしては自転周期が違い過ぎる。

自転は地球と月の成立ちが関係。
公転は太陽の重さと距離が関係。

QラグランジュL2から地球を見ると・・・

はじめまして。私現在仕事の関係で、SFのイラストを描くことになったのですが、その内容が「ラグランジュL2点にある宇宙建造物と、地球をカメラで撮っている」というものだったのですが、
L2が月の裏側にある以上地球をカメラにおさめた場合必ず月も絵に入る、もしくは地球に月がかぶって見えてくるのではないかと思うのですが実際のところどうなるのでしょうか?イラストの発注者がSFに疎く、私もその点考証するほど詳しくありません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご助力お願いしたいのですが。

Aベストアンサー

ちょうどL2の位置の場合には、月の視直径が3.2度程度、地球の視直径が1.6度程度で隠れてしまうことになります。(月-地球を38.4万kmで計算)
#月-地球間の距離は35万km~40万km程度まで変化します

地球から見る月は0.5度程度ですから、かなり大きな月ですね。

>ラグランジュそのものではなく、その点を中心とする軌道上におくことになります。
本当にL2に基地(住居)を造るとしたら、地球が見えない位置を選ぶはずはないので、上記の仮定で書かれたら良いのではないでしょうか。
#地球が見えない位置の場合は、月を経由しないと通信もできない・・・

ところで、L2って、地球-月のL2だけではなく、太陽-地球のL2も
ありますが、そちらではないですよね。

Q1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球か

1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球から遠ざかってゆく月の潮汐力の影響で、現在の周期より徐々に短くなってゆくと考えられます。

2.ある物体から受ける引力は、物体の質量に比例し、物体からの距離の2乗に反比例します。月の質量は地球の82分の1です。地球と月との中心間距離を1としたとき、等重力点(地球と月の引力が同じ地点)は、月の中心から約0.35、地球の中心から約0.65離れた地点にあります。

丸バツ問題でこの二問が出たのですが答えはどうなるのでしょうか?
わかる方、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1に関してですがヒント、

地球は月の引力の影響を受けて潮の満ちひきがある。

そのせいで、地球の自転速度は落ち続けている。(1年前に比べ今年の方が自転速度が遅い)


問題にある<現在の周期より徐々に短くなっていく>ってのは、地球の自転速度が月が離れるほどに増していくってことですよね。


月が地球から離れるほどに月は地球を減速させなくなるが、車のタイヤのように地球は自力で回転していて、月がブレーキの役割をしているため本来のスピードが出ていないわけじゃあない。
ブレーキが無くなったタイヤが回転速度を取り戻し早くなるのとは話が違う。


地球の自転スピードを減速させないレベルまで月が離れた頃の地球のスピードと今のスピードを比較すればいいわけです。

自転周期が短い=回転速度が速い。
自転周期が長い=回転速度が遅い。


2はどう考えればいいのかわからないのでヒントあげれません。

Q奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

テレビ朝日系で4月25日放送の「奇跡の地球物語」は犬を特集した回でした。この番組中に、DVDからの抜粋映像が流れましたが、画面左下にDVDパッケージとタイトル等が映っていましたが、よく観えませんでした。この映像のDVDのタイトル等を教えてください。「・・・~イヌ 角川書店から発売中」というのはなんとか観えましたが、すべて確認できませんでした。DVDパッケージにはハスキー犬のようなイラストがありました。教えてください。

Aベストアンサー

こちらではないでしょうか?↓

The Ultimate Guide イヌ
http://www.kadokawa-cc.com/product_info.php?products_id=81

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB-Ultimate-Guide-%E3%82%A4%E3%83%8C-DVD/dp/B00007MCID

参考URL:http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=21407/

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q地球の自転公転について

地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています。

1.茶色の机の上にこのイラストを置き、普通に見ると軸は左下から右上です。
机の逆側から見ると軸だけ逆転します。

2.それでは、透明な机の上にこのイラストを置き、公転の向きだけ見ると反時計回りです。
机の下に潜り込み上を見ると、”時計回り”になっていますよね。

ここで、よく問題になるのは 1 ですよね。解答に”軸だけ逆”などとかかれていますよね。
しかし、2だと公転も逆です。

ここまでは間違いはありませんよね?(解答お願いします)

そして、 2 のような問題はでるのでしょうか?
2は真上と真下から見たとして考えています。

よって、軸の向きはただの棒です。

解答お願いします。

Aベストアンサー

回転する向きを時計回り、反時計回りというのは、回転するものをみる方向を決めないと言えません。
台風や環状線、独楽などなら、暗黙の了解事項で上から下にある回転の状況を見て云います。
夜空のようなものなら、下から上にある回転の状況を見て云います。
 
軸の傾きでなくても、電信柱などでも同じですが、暗黙の了解事項で水平面に対する傾斜角度を云うのであれば、見る方向は関係ありません。真上から見ても、真下から見ても、水平面状のどの方向から軸を見ても、見え方の傾きとは関係なく、角度を云います。
 
「地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています」と云うのであれば、それは見る方向を何か前提にしているだけです。

Q地球の自転周期の季節変動について

地球の自転周期には季節変動があり、1月頃には1日の長さが長くなり、
7月頃には短くなるらしいのですがその理由がわかりません。
どなたかわかる方がおられたらぜひ教えて下さい。
(長くなる程度は約1/1000秒程度らしいのですが)

Aベストアンサー

近時差のことかとも思いましたが、1/1000病程度となると
ちょっとちがいそうですね。

回答ではないですが、関連するかもしれない情報として
「地球回転パラメータ」、「チャンドラ周期」などをキーワード
で調べてみると、求められている情報が得られるかも知れません。

参考URL:http://www.gsi.go.jp/REPORT/TECHNICAL/H15kenkyu-nenpo/h15_74.pdf


人気Q&Aランキング