ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

木の根に近い部分の流木を拾ってきました。何の木かは不明です。これを、ピカピカしたツヤのある表面に仕上げて、玄関に置きたいと思い加工したいのです。
全体を洗い、色は、茶色というよりは、灰色っぽい色をしていました。サンドペーパーでひたすら磨き、茶色っぽくなってきました。ここから、ツヤツヤした仕上げにしたいのですが、何か薬品(ワックスかニス)を塗るのでしょうが、どういう加工方法をしたら良いのかわかりません。
ご教授お願いいたします。あまり、お金をかけられないので、安く、出来る方法と、電動工具もないので、手作業でできる方法があればうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



流木って、何とも言えぬ味わいがありますよネ。自然が生み出す
造形美は、本当に心に沁みます。

材料・道具も含め、なるべく安価にとのご要望ですので、その
線に沿って考えてみました。

見た目のツヤツヤ感を優先でしたら、他の回答者様と同様クリヤー
ラッカーがお勧めです。できれば刷毛塗りを3~4回程度行った後、
最後にスプレーを施すときれいに仕上がります。

だだ刷毛塗りの場合はラッカーシンナー等の溶剤が必要ですので
(刷毛は百円商品で十分です)、お手軽に済ませる場合はスプレー
のみでもよろしいかと思います。

近年、スプレーラッカーのお値段はかなりお安くなっております。
コスト的にも、一応お勧めです。

なお、刷毛塗り・スプレーともに、
薄塗り→よく乾燥→軽くペーパー掛け→削りかすの除去→次の塗装
という形で進めれば、より一層きれいに仕上がります(ペーパーは
240、320、400位の番手です)。

他方、触感におけるツヤツヤ感をお求めでしたら、ウッドオイルと
いう塗料がお勧めです。

こちらは最初に二回ほど刷毛でたっぷり塗りこみ、その後
オイル塗布→半乾きの状態で耐水ペーパー掛け→ウエスでふき取り
を繰り返す形です。これを何度か行いますと、クリヤーラッカーの
光沢とは対照的な、とても落ち着きのある、しっとりとした艶が
得られます。

木材に油を浸み込ませる形ですので、完全乾燥にはかなりの時間が
必要ですが、ほぼ納得のいく仕上がりに達したら、あとは三日に
一度くらい乾拭きを繰り返します。

当方は主に軍手をはめてゴシゴシしておりますが、古くなった綿の
衣類や靴下でも十分です。これをしばらく続けますと、そのうち木肌
表面がツヤツヤ&さらりとした感触に変わります。

ウッドオイル自体は外国製の高い物もありますが、国産品も安価で
優秀です。ホームセンターの塗料コーナーにたいてい置いてあります
ので、一度是非ともご確認下さい。

長くなって申し訳ないのですが最後に一つ、ラッカー塗装の場合は
換気に十分お気を付け下さい。またオイル塗りの場合は、作業に使用
したウエス類は必ず水を含ませて廃棄して下さい。オイルの容器等に
も注意書きがありますので、そちらもご確認お願い致します。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございます。
ウッドオイルというのが、私の求めているツヤツヤのようですので、この方法でやってみます。

お礼日時:2011/04/24 09:51

塗料のようにぴかぴかにはなりませんが、えごま油などを塗ってみるとか。



私は目止めを塗って色つきのウレタンニスがいいと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。目止めということと、ウレタンニスを調べてみました。
目止めということは、参考になりました。

お礼日時:2011/04/24 09:46

ラッカーを塗布するのが一番安価であると思われますが、速乾性もあるので、二度塗り三度塗りが早い段階で可能です。

もし予算がもう少しあるならば「自然塗料」というのもあります。

自然塗料  = http://www.planetjapan.co.jp/natural/planetcolor/

艶出しラッカー = http://www.sanpo-s.com/catalogue/aerosol.htm

ニス = http://shopping.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2& …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的な商品が分かり、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 09:36

磨いてぴかぴかになる木は密度の高いヒノキのような木か


樹齢何百年で一番圧のかかっている根元上の中腹辺りの木材だけですので
それ以外はニスを塗重ねてって固め 目の細かいサンドペーパーで仕上げます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。ニスで表面にニスの層をつくるわけですね。

お礼日時:2011/04/24 09:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトゲトゲした板をきれいに磨く方法を教えてください。

棚を作ろうと思っております。
お店で板を見ていたのですが、何の処理もしていないトゲの多い板が安いので、それを触ってもスベスベしている板に仕上げたいのですが、どのようにするのでしょうか?
ベルトサンダーで削りだすのがよいのか、ベルト式ではないミニサンダーみたいなものがよいか、カンナがよいのか、分かりません。
アドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。
また、お勧め商品があったら教えてください。
色々作ってみたいものがありますので、道具は今後も使って行こうと思っているため、道具を揃えていこうと思っております。

Aベストアンサー

#2です。 再びお邪魔します。

ベルトサンダーについて補足しておきます。

#3さんのおっしゃる通り、ベルトサンダーは、その研磨力の強さのせいで、一か所に何秒か止めると、そこだけ凹んでしまいます。 木を研磨するときは、絶えず動かしながら(というより、スイッチが入っていると勝手に前に進んでいきますから、弾き戻しながら均等に掛けていきます。)使うものです。

実際、ホームセンターなどで売っている木材は、ある程度平面が出ています。 私も普段は、仕上げサンダー(私が推薦したマキタの製品もオービタルサンダーです。)で、荒れた木の面を研磨しています。ベルトサンダーを使う必要性(量にもよりますけど)を感じません。 ただ兼用する場合の使い方ということです。 もっとでこぼこしている丸太とか、ある部分を多めに削りたいときなどは、ベルトサンダーが適していると思います。 

それとオービタルサンダーですが、確かにほこりが出ます。一応、袋が付いていますが、掃除機につないで使うのがベストです。それは、ベルトサンダーにも言えることですし、掃除機が付けられる電動工具はほとんどつけた方がいいですね。掃除も楽になりますし。

ところで、ペーパーに関して誤解されると困るので、追記しておきます。 私が説明したペーパーは、レジンペーパーとよばれる木用のペーパーです。番手は、荒い方から#40、60、80、100、120、150、180、240、320です。メーカーによって抜ける番手があるますが、一応こんな感じです。#40、60が粗仕上 #100~120が中仕上 #150以上が仕上げというような分類になります。塗装するときは、#180または#240を掛けてからになります。そして、綺麗な塗装面と厚い塗膜を得るために一度塗装してから、また#240で研磨、再び塗装という具合です。これの繰り返しをします。 ただこの塗装後の研磨は、耐水ペーパーで行うこともあります。#3さんの言っているペーパーの番手は耐水ペーパーのことだと思います。 耐水ペーパーは、文字通り水につけて使用でき、番手もレジンペーパーより多く#2000まであります。

ただどちらかというと、金属を磨く(さび落とし、鏡面仕上げの前段階)ためのものです。 塗装面の粗をとるのには、使いますよ。

それと以上の研磨をして、さらに鏡面用の研磨剤(クレンザーみたいなもの)を使えば、それこそ顔が写るくらいの面にすることができます。

興味があれば、どうぞ。(笑)

それともうひとつ、鉋について。

>カンナで削る場合、カンナの幅って10cmくらいですよね?

普通に手に入れられる鉋(寸八)の、削れる刃の幅は、70ミリです。

それ以上大きい鉋は、普通の大工さんは持っていないですね。 昔の大工さんは、この鉋で幅の広い板を平にするのが腕自慢でした。本当の平面をだそうとすれば、これはかなり難しい作業になります。

しかし、鉋も面白いですよ。練習すれば、向こうが透けて見えるくらいの薄削りもできます。(素人でも)  それには、ある程度の鉋と良い砥石が必要です。やり方に関しては、多くの木工書に書いてあるので、参考にしてください。

#2です。 再びお邪魔します。

ベルトサンダーについて補足しておきます。

#3さんのおっしゃる通り、ベルトサンダーは、その研磨力の強さのせいで、一か所に何秒か止めると、そこだけ凹んでしまいます。 木を研磨するときは、絶えず動かしながら(というより、スイッチが入っていると勝手に前に進んでいきますから、弾き戻しながら均等に掛けていきます。)使うものです。

実際、ホームセンターなどで売っている木材は、ある程度平面が出ています。 私も普段は、仕上げサンダー(私が推薦したマキタ...続きを読む

Qピカピカになるまで木を磨きたい

山で手のひらサイズの小さな木のコブを拾いました。

地元の人の話では
「金属のヤスリでゴミを落とし
紙やすりでこするとニスをかけたように
ピカピカに光る」
というので2時間ぐらい磨いてみましたが
茶色い木のコブが普通にヤスリで削れただけの
白木になっただけでした。
本当にニスをかけたように
ピカピカに光るのでしょうか?

いったい何時間ぐらい磨けばいいのでしょうか?

毎日からぶきしているお寺の木の床なんかはピカピカに
光っていますがあんな風にしたいのです。

Aベストアンサー

おはようございます。

仕事で、フライパンなどの取っ手を自分で木からやすって作っています。
油でテカリを・・・の前に、ヤスリはどの程度かけられましたか?ヤスリと言っても番数が沢山あって、それぞれ目の粗さが違います。若しもピカピカにしたいのでしたら、先ずは傷をなくす事。
先ずは400番手くらいから始めて、段々と番数をあげて(=目が細かい)いきます。前の番手のヤスリの傷を次の細かいヤスリで均す・・・と言う風に考えていただくと宜しいでしょうか。
だいたい1500番手くらいまでかければ、表面はツルツルしだすので、その後に#1さんのような方法などで表面にツヤを出せば、段々と光沢が出てきますよ。ぬか袋は効果的です。と言っても即効性は無いですが・・・毎日ヒマがあれば手慰みにこすっていれば、独特の蜜色になってくると思います。

根気がいるけど頑張ってくださいね!
ご参考になれば幸いです。

Q流木をきれいにしあげるには?

約1年前、川で20cmほどの流木をとってきました。木の種類は何か分かりません。重くて堅く、色は白、木の径は約5cmです。これをいい感じに仕上げるには、磨き、つや出しなどをどのように行えばいいのか教えてください。よろしくお願いします。

同じ質問を前にもして回答を頂きました(良解答でした。有り難うございました)が、今一度みなさんから広く回答を頂きたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問を再度されるということは、更なる良回答を求めてのことでしょうから、プロの立場からお答えしましょう。

流木磨きの第一は、石、砂の除去ですが、これはすでに終わっていますか。
木目に入り込んだ細かなものは、千枚通しや針を使って取り除いてください。

磨きに入る前に道具は揃っていますか。
粗仕上げようのワイヤーブラシ(鉄)
中仕上げようのワイヤーブラシ(真鍮)
上仕上げようのスチールウール(樹脂製)
その他に、材料の肌合いに合わせて、サンドペーパー#120から#800までを用意してください。

作業のコツは、木目に逆らわないこと。
木目を切る方向で磨くと、最後の塗装のあとにキズが浮き出てきます。

順目で磨くこと。
逆目が起きるとそれだけ削り落とさなくてはならなくなります。

明るいところで作業すること。
暗いところや、夜間に行う作業は作品の質を下げます。特に逆目を見分けにくく苦なりますので。

慌てないこと。
気が向かない時や、気持ちが高ぶっているときには決して触れない。

柔らかいところに、硬いブラシを使わないこと。
ブラシ跡が残ります。逆に硬いところに、柔らかいブラシばかり使うのも作品の彫りが出ません。

最後の仕上げは、塗装ですが。
ウレタン塗装は厳禁です。
せっかく丹精こめて仕上げた肌触りが台無しになります。
木の表面にプラスチックの皮膜を作ることになってしまいますので、安っぽい作品になってしまいます。
ワックスの類も後々、汚れが付着しやすいのでお薦めしません。

最も良いのは「漆」です。それも比較的簡単な「拭きうるし」の技法が良いでしょう。
漆がかぶれていやだとおっしゃる場合には、「カシュー」が似たような仕上がりになります。
でもカシューの皮膜は上品さに欠けます。

自然な仕上がりを求めるならば、オイルフィニッシュはいかがでしょう。
何層にも磨き上げると「アメ色」に仕上がります。
オスモ社のノーマルクリアーかリボス社のカルデットが良いのではないでしょうか。
針葉樹と広葉樹では使うオイルが変わりますが、質問の内容から察するに広葉樹と思われますので、上記のものでよいと思います。

最後に、台座を作りましょう。
このできが、作品の価値を何倍にも引き立てます。
コブのある木の樹皮に近いあたりを使った板があれば、条件としては最高です。

作品の色に合わせて、台座の仕上げも検討してください。

これくらいでいかがでしょうか。
上等な作品に仕上がることを期待しています。

同じ質問を再度されるということは、更なる良回答を求めてのことでしょうから、プロの立場からお答えしましょう。

流木磨きの第一は、石、砂の除去ですが、これはすでに終わっていますか。
木目に入り込んだ細かなものは、千枚通しや針を使って取り除いてください。

磨きに入る前に道具は揃っていますか。
粗仕上げようのワイヤーブラシ(鉄)
中仕上げようのワイヤーブラシ(真鍮)
上仕上げようのスチールウール(樹脂製)
その他に、材料の肌合いに合わせて、サンドペーパー#120から#800ま...続きを読む

Q家庭でする木のテーブルの艶だし方法

以前は木の家具が多く、市販の艶出しを買って使っていたのですが、今は木のダイニングテーブル(普段はテーブルクロスを敷いて使っています)のみなので、家庭にあるもので代用できないか考えています。たとえば、調理用オイルや牛乳などあるようですが、実際に日常使っていらっしゃる方いらっしゃいますか?ほかにお勧めの方法や注意点などありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ないとは思いますが、白木のテーブルではないですよね?
塗料が掛けてある(塗ってある)テーブルなら、つや出しも何も台拭きで拭くだけで十分だと思います。
   
万一ですが白木のテーブル(全く塗料が使ってない)であれば、日本古来の方法ですが米糠を入れた袋で磨くのが一番です。
でも毎日磨き続けて、10年単位でいい色になるから簡単ではないです。
その代わり素晴らしい物になります。
経過した年月がにじみ出るような重厚で素晴らしいテーブルになります。

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Q木工製品の仕上げ方法

木のテーブルを見よう見真似で作ってみたのですが、市販されているもののように完成品として仕上げてみたいのです。ちなみにいまは、サンドペーパーをかけただけです。素人でも簡単にできる漆,ニスなどの塗装の方法を教えてください。

Aベストアンサー

市販されている家具のように仕上げるためには、スプレーで仕上げないと無理ですね。刷毛塗りだと1番重要な天板に刷毛目が立ってしまって如何にも刷毛塗りしましたというような仕上がりになってしまいます。
仕上げの方法として先に答えている方のような方法も一つの手だと思いますが、家具などは艶の有る無しに関わらず、ある程度塗膜でボリュームを持たせてやるほど高級感も出て来ます。
そういう意味で肝心なのは仕上げの塗料ではなく、中塗りの材料が問題です。
塗料店に行くとサンディングシーラーという中塗り材を売ってます。これを数回塗り重ねするとボリュームも出て来ます。各行程間でしっかりサンドペーパーで研磨して塵や埃を完全に取り除いてやります。サンドペーパーは出来るだけ目の小さいものを使用して下さい。
最後の仕上げですが、
床用のウレタンクリヤーなどで大丈夫です。
薄め液を多めに入れて塗装すれば刷毛目も目立ちにくくなります。
着色したい時は、一番最初にオイルステインで着色しておきましょう。
塗装後、塗料が乾燥するまでは出来るだけ埃などをたてないようにしなければなりません。
市販品に近づけるためには
これが一番簡単な方法だと思います。
ガンバってみて下さい。

市販されている家具のように仕上げるためには、スプレーで仕上げないと無理ですね。刷毛塗りだと1番重要な天板に刷毛目が立ってしまって如何にも刷毛塗りしましたというような仕上がりになってしまいます。
仕上げの方法として先に答えている方のような方法も一つの手だと思いますが、家具などは艶の有る無しに関わらず、ある程度塗膜でボリュームを持たせてやるほど高級感も出て来ます。
そういう意味で肝心なのは仕上げの塗料ではなく、中塗りの材料が問題です。
塗料店に行くとサンディングシーラーという...続きを読む

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Q木製品に塗料をきれいに塗るには?

初めて質問させて頂きます。木製品(主に小物、彫刻や小箱等)に塗料を塗ろうとしているのですが、なかなかきれいに塗ることができません。木の材質もいろいろですが、ペーパーも目の粗いものから、1000番台の水ペーパーを順に使い、かなりツルツルになる位まで磨き上げています。しかし、最後に塗料を塗るとどうしても木目がみえたり、ハケ目が目立ったり、ザラついたりしてしまいます。塗料も(主に白色)水性、油性、アクリル系、ラッカー系、プラモデル用、自動車用塗料等いろいろ試してみましたが、うまくいきません。使い方もよく知らないまま、との粉も使ってみました。塗った後、再びペーパーをかけて上塗りもしてみましたが、なんかイマイチです。筆の使い方も私が下手なんですが、きれいに塗るコツはあるんでしょうか?仕上がり目標は、ゴム印の台木上部の白い部分です。これはたぶん機械で塗ってあるんでしょうけど、それに近い位にきれいに塗ることはできないでしょうか?ご存じの方ご回答をお願い致します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなどです。アクリル系の塗料は接着性があります。熱は本当は熱ローラーでかけるのですが、ティッシュを2枚ぐらい介してアイロンを当てても可能です。(コツがいりますけど)

熱が使えない場合は、剥離紙上で完全に乾いた塗料に、木工用ボンドを塗り、素材に貼り付けて、ボンドが乾いてから剥離紙をはがします。要するに、塗料の膜を接着してやるのです。

剥離紙がない場合は、お菓子や食品の袋(ポリプロピレン)でもOKです。塗料が簡単にはがれれば良いのです。

こういった方法は、ピアノなどのようなピカピカの仕上がりにしたい時に使われるものです。箔押しと呼ばれています。

素材の表面が3次元に湾曲していると無理ですが、知っておくと、いろいろ役に立つと思います。

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなど...続きを読む

Qオイル塗装後に蜜蝋ワックス。その後オイルは浸透する

ワトコオイルやリボス等のオイルを塗装した後に蜜蝋ワックスを塗って仕上げたいのですが、その後のメンテナンスについてお聞きします。

メンテナンスで再度ワトコオイルを塗っても蜜蝋ワックスにはじかれてムラになる、もしくは吸収されないのではないかと想像するのですが、こういった仕上げ方をした材のメンテナンスはどのようにするものでしょう?

Aベストアンサー

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、ワックスリムーバーでワックスを除去すれば可能だと思います。(蜜蝋あるいは植物蝋+オイル混合タイプのワックスでしたらそんなに神経質に考える必要はないと思いますが)
うちに板壁をオイル仕上げにしている部屋がありますが、オイルの追加というのは部分的にした事があるだけです。あとひどい汚れを落とした場合、そこだけをレタッチでオイル塗布した事があります。
床の場合は使っている部屋ならまずワックスだけでいいのではないでしょうか。家にも無垢の板張りの部屋がありますが、20年以上メンテナンスワックスのみです。
私は基本的にはオイルの再塗装は必要の無い物と考えています。長年放置して干からびているような場合は別ですが。

ワックスを塗ったからといって取り返しがつかないとか、二度とオイルが塗れないという物ではないので神経質になる必要はありません。ただし水性エマルジョンのリンレイオールみたいなワックス(樹脂タイプ)は完全にはがさないとオイルとの相性は悪いでしょうね、あれは塗料とワックスの中間のような物です。オイル仕上げの上に使うにはそもそも不向きと思います。

私は日頃のメンテ用にはたとえばアウロのようなタイプ(水性の植物蝋)をお奨めします。
http://www.auro-jp.net/item_page/auro431.html
つや消しになるのでピカピカとか濡れたような仕上がりにしたい場合はこの製品は不向きです。
その場合は油性タイプとか乾性油混合ワックスを薄ーく塗るあるいは塗ってからほとんど拭き取るような手順になると思います。

ワックスやオイル仕上げにしたら水拭きしてはいけないような事を書いているのもありますが、びしょびしょにして放置するならともかく、固く絞った濡れぞうきんで拭く程度では特に悪影響も見られません。

http://www.maedamokuzai.com/miturou.html
http://www.mokuzai.com/in_di-61-12

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、...続きを読む

Qケヤキの一枚板を仕上げたいのですが、参考になるサイトありましたら教えて

ケヤキの一枚板を仕上げたいのですが、参考になるサイトありましたら教えていただけますでしょうか?
ちなみに大きさは厚さ75ミリ幅600ミリ長さ3300になります。
ルーターを使い面を出すやり方を見つけたのですが、どうでしょうか?
複数質問になりましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルーター?何かの間違いでは・・・
手持ちのベルトサンダーではちょっと無理そうです。
時間はかかりますがオービタルサンダーでしょうか。

しかし、そのサイズならカウンターか何かですよね。
ちょっとDIYで、というレベルのものではないと思います。
相当な重量で移動させるだけでも大変ですが、それだけの高価な材であれば失敗しましたでは泣くに泣けません。
ぜひ銘木店などに相談するなりして、業者に依頼すべきと思います。
そこで塗装や組み立て用の事前加工までお願いするのが正しいのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング