人気雑誌が読み放題♪

硬式テニスのストリング選びとテンションについて悩んでいます。

私は28歳の男で、テニス歴は8年です。
シングルスを中心にやっており、
草トーでは、オープンより1つ下のクラスで優勝&準優勝経験ありで、
関東圏の市民大会では本選にいけるかいけないかというレベルです。

プレースタイルは、
そこまで腕力がないので、スイングスピードは速くないです。
ベースラインからのストロークは中ロブやスライスで深くつないで、
相手の球が少しでも浅くなったら、
厚い当たりのフラットorスライスで前に出て、
ボレーで決めるスタイルです。

ダブルスはほとんど並行陣です。

現在、
ウィルソンのKRUSH FX 100(面100インチ 重さ280グラム)というラケットを使用していて、
縦にバボラアディクション125を53ポンド、
横にバボラエクセル125を50ポンドで張っているのですが、
少し固い気がします。

そこで
ストリング選び・適正テンション探しの参考にしたいのでいくつか質問があります。

回答者様の

(1)年齢・性別

(2)テニス歴・レベル(戦績等ありましたら)

(3)プレースタイル
(スイングスピードは速い遅い、ボレーヤーかストローカーか等なるべく詳しくお願いします)

(4)現在使用しているラケットとその面の大きさ・重量

(5)現在使用しているストリング・テンション、及びその理由

(6)私のプレースタイルやレベルを踏まえての、
オススメストリングやテンションがありましたら教えて下さい。

上記、教えて下さると幸いです。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)年齢・性別


 23歳・男

(2)テニス歴・レベル(戦績等ありましたら)
 12年・県大会、サークルの関東5回戦ぐらい

(3)プレースタイル
 シングルスの方が多く、ストローク9割。
 だいたいフォアに回り込みます。スイングスピードは普通だと思います。
 

(4)現在使用しているラケットとその面の大きさ・重量
 Wilson K-Blade98、98インチ、平均304グラム

(5)現在使用しているストリング・テンション、及びその理由
 バボラ シントロニックブリオ130、52ポンド
 元々同社のファイバーツアー130を使用していたが、ブリオのほうが安価であるため。
 打球感は似ていますが、ファイバーツアーのほうがシャープに感じます。

(6)オススメストリングやテンション
 まず、ソフトな打球感を求めているとのことですから、
 ガットはマルチかナチュラルとなるでしょう。
 
 打球感などは感じ方が人それぞれですから、なんとも言えないと思いますが、
 「固い」というのがフィーリングについてなのか、それとも飛び具合についてなのか、
 それによって対策も異なってくると思います。
 フィーリングのみ問題なのでしたら、幅広の振動止めを使用したり、あるいは
 ナチュラルガットへの変更などが考えられると思います。
 飛ばないということであれば、テンションを落としてみるのもいいかもしれませんね。

 それから、アディクションとエクセルの2本張りとのことですが、
 その2種類のガットは打球感が(バボラ社製品の中では)結構似ていると私は感じます。
 ハイブリッドはポリ×ナチュラルなど、異なる特性を併せるための手段だと思いますので、
 それぞれのガットの一本張りを試してみて、より柔らかいと感じるものの1本張りでもよいのでは?
 また、横ストリングのテンションを落とすと打球感が柔らかくなるという話も聞きますが、
 本来縦横にテンション差をつけるのはフレームの変形を防ぐためということですから、
 こだわりが無いのであれば、1本張りでテンションを下げた方が良いかと思います。
 というのも、2本張りは結び目が増える分だけテンションが落ちやすいからです。

 最後に…
 ストリンギングはショップなどに依頼していますか?
 最近は少ないようですが、ガットを張る際、「しごき」という作業を行う方がいます。
 これを行うとガットが必要以上に伸びてしまい、本来の性能が低下してしまいます。
 私の知人では、GOSENの張人認定を持っていてもしごきを行っている方がいました。
 gohappy様の張りを担当されている方を念のためチェックするのもいいかもしれません。
 個人経営のショップで何らかのストリンガー資格を持っている方なら安心なはずです。
 大手ショップやスクールのコーチは、技術が怪しい人も少なからずいます。



なんだか長々と偉そうな文になってしまいましたが、
少しでも参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 2

 あまり筋肉質に見えないジョン・マッケンローは、非常にゆるゆるに張ったダンロップのラケットで、ボルグ(ガットは一番がちがち)のあのトップ・スピンとストロークで対等に打ち合っていました。


 ゆるゆるでもコントロールが効けば、凄いスピードボールを打てるようです。
 あなたにマッケンロー(華麗なテニス)みたいな微妙なタッチがあれば、ゆるゆるを試してみていいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテンションは下げれるだけ下げた方が良い?

こんばんは。
ガットのテンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良いと聞いたのですがこれは本当なのでしょうか?
それともガットの材質にもよるのでしょうか?
今はV-CON17にアルパワーを53ポンドで張っていてそろそろ切れそうなので、特に理由も無く次張る時は高めで張ってみようと思っていたのですが、この事を聞いて逆に下げてみようかなと悩んでいます。

Aベストアンサー

ストリンガーの仕事をしています。
質問者の方がどのようにラケットを仕上げたいのかわかりませんので、一般的なことを書きます。

結論から言うと、すべてのプレイヤーに対して『テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。 プレイヤーのパワー・プレイスタイル、ラケットの重量・バランス・フェイスの面積、コートのサーフェイス、1ヶ月の間にテニスをする日数、いろいろな要素が絡まりあって一人一人に合ったテンションは決まります。 一概に『下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。

私の場合、一部のどんなストリングを張っても1週間も経たないうちに切れてしまうプレイヤーの方に限って『飛距離と打球感が納得できるのであれば、テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが感じない限り下げれるだけ下げた方が少しはストリングが切れにくくなる』とはアドバイスする事はあります。
ただし、あくまでも飛距離と打球感が納得できるのであればという大前提のもとにであって、張り替えてもすぐにストリングを切ってしまう方に限っての話です。

また、ストリンガーの技量によってもどこまでテンションを下げられるかは変わります。 すべてのストリンガーが上手に張れるわけではありません。 下手なストリンガーが低いテンションで張った場合はただただ緩いだけの張り上がりになりますが、上手なストリンガーが低いテンションで張ったらきちんとそのテンションでのガットの性能を引き出してくれます。

V-CON17にアルパワーを53ポンドで張っていて不満がないのであれば、特に今のテンションから変える必要はないのではないでしょうか? 詳しくは普段張っているお店のストリンガーさんにご相談下さい。 『もっと○○にしたい、もっと△△にならないようにしたい』と言ってもらえれば現在張っているストリングとテンションを加味した上でちゃんとアドバイスをしてくれるはずです。 ストリンガーの方がちゃんとした知識を持っていればの話ですが…

また、前の回答者の方がプロでも少しテンションが下がり気味だと書いていましたが、本当です。 やはり70~80ポンドという高いテンションで張っているプロもいますが、例えばアルパワーを使っててテンションを公表している有名選手ではグスタボ・クエルテンが51ポンドで張っています。 一般のストリンガーとプロのストリンガーでは技量の違いがありますが、プロでもこのくらいのテンションで張っているということも参考にして自分のプレイスタイルにあったテンションを探してみて下さい。

ストリンガーの仕事をしています。
質問者の方がどのようにラケットを仕上げたいのかわかりませんので、一般的なことを書きます。

結論から言うと、すべてのプレイヤーに対して『テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。 プレイヤーのパワー・プレイスタイル、ラケットの重量・バランス・フェイスの面積、コートのサーフェイス、1ヶ月の間にテニスをする日数、いろいろな要素が絡まりあって一人一人に合ったテンションは決まります。 一概...続きを読む

Qガットの事で悩んでいます。長文失礼します。

ガットの事で悩んでいます。長文失礼します。

私は女で硬式テニスをしています。今までバボラのドライブZツアーを使っていたのですが、 強い球に打ち負けないように重いラケットにしようと思って、ピュアドライブGTに買い替えました。
一回試打しただけで買っちゃいました(*_*)

今までと同じテックガット16を同じ55で張ってみたのですけど、ゴムみたいなポワンとした感触が嫌で、相談してパワジー130を57で張りました。
やっぱりゴムみたいな感じがします(ピュアドラってこんな感じのラケットなのかな?)

球出しとかで打つ時は意識して打つから、バンって感じなんですが、試合とかだと焦った時なんかに手打ちになって、あてるだけになるので、よりポワンとした感覚になって気持ち悪いです(>_<)
ドライブZにテックガットの時みたいに手打ちの時もバンッと打てるガットないでしょうか?

57で張ってるせいか、今腕が多少痛いです。コーチにポリ張ったらとの意見も言われたのですが、もっと肘とか痛くなるの嫌だし(>_<)
周りには打ち方はフラットドライブだと言われてますので、スピンをしっかりかけるタイプではないです。
お知恵を貸してくださいー。

ガットの事で悩んでいます。長文失礼します。

私は女で硬式テニスをしています。今までバボラのドライブZツアーを使っていたのですが、 強い球に打ち負けないように重いラケットにしようと思って、ピュアドライブGTに買い替えました。
一回試打しただけで買っちゃいました(*_*)

今までと同じテックガット16を同じ55で張ってみたのですけど、ゴムみたいなポワンとした感触が嫌で、相談してパワジー130を57で張りました。
やっぱりゴムみたいな感じがします(ピュアドラってこんな感じのラケットなのかな?)

球...続きを読む

Aベストアンサー

ストリングスの悩みは解消しましたか?
まず、ベースとして、ラケットのお話から、
バボラのラケットは、発売初期の頃から、基本しっかりと固めに出来ています。自社発売のストリングスの性能を生かす為<先行メーカーとの差別化を図る為>には、ラケットの性能を上げる<剛性を高める>と考えたのかもしれません。しかしながら、固すぎて、肘とかにひびくので、一時、硬度を落としたこともあるみたいですが。ピュアドライブGTは、カーボン繊維にタングステン糸を織り込んだ「グラファイト・タングステン・テクノロジー」により、より優れた面安定性と強靭なフレーム剛性を実現しているそうです。
その衝撃を緩和するために、「コアテックスシステム」を開発し、搭載しています。
また、パワーアップ、スィートスポットの拡大の為、「ウーファー」を搭載しています。
これらのシステムにより、お悩みのようなポワンとした感覚が出るのかもしれません。

また、試合時に焦って、手打ちになって、あてるだけになった場合などは、打点が遅れがちになったり、スィートスポットの手前寄りに当たっている為、ポワンとした感触になる可能性があります。

次に、ストリングスについて考えた場合、今、どちらで、ストリングスを張り上げていますか?
専門のストリンガーに、ちゃんと緩みなく張ってもらっていれば、ポワンとした感触はあまり出ないと思います。
また、腕、肘等に痛みがあるとしたら、ポリファイバーのTCSが良いかと思います。
このストリングスは、素材が、通常ポリ系といわれるポリエステルではなく、ポリエチレン+複合素材となっていて、ベースの素材が柔らかいので打球感がとても柔らかく出来ています。
シャープな感じを残したい場合は、ゲージを1.30mmから、1.25mmに変更すればよいかと思います。
ゲージを細くすると、同じテンションで張った場合、やや硬く張り上がる感じがします。
また、気持ち、トップライトになった感じにもなります。
あと、テンションですが、専門のストリンガーに張ってもらった場合、57ポンドは、とても固いかもしれません。私の場合は、ストリングスの性能とフルショットのコントロールが出来るギリギリまで落とすようにしています。ちなみに41~48ポンドの間です。
では、長くなりましたが、頑張ってください。

ストリングスの悩みは解消しましたか?
まず、ベースとして、ラケットのお話から、
バボラのラケットは、発売初期の頃から、基本しっかりと固めに出来ています。自社発売のストリングスの性能を生かす為<先行メーカーとの差別化を図る為>には、ラケットの性能を上げる<剛性を高める>と考えたのかもしれません。しかしながら、固すぎて、肘とかにひびくので、一時、硬度を落としたこともあるみたいですが。ピュアドライブGTは、カーボン繊維にタングステン糸を織り込んだ「グラファイト・タングステン・テク...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Qテニスラケットのガットのテンションについて

 テニス暦1ヶ月の初心者で、現在家の近くのテニススクールの初心者コースに通っております。
テニスラケット:ダンロップ DIACLUSTER RIM4.0
ガット:バボラエクセルプレミアム135
の購入を検討しております。教えていただきたいのはテンションなのですが、初心者ですので、パワーよりもコントロール重視でやわらかめの方が好きなのですが、どれくらいのテンションがよいでしょうか。一般的には50~60くらいだとテニススクールのコーチに教えていただいたのですが、48くらいでもよいでしょうか。
テニスに詳しい方ご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自分でショップをやってるストリンガーです。
テンションは迷うものですよね。

1ポンドの違いはほとんどわかりません。
2ポンド変わると『あれっ? ちょっと固くなったかな?』『あれっ? ちょっとゆるくなったかな?』って感じです。
3ポンド変わると『飛びが良くなったな』『飛びが悪くなったな』って飛距離の違いを感じます。

一般的にはコーチの言うように50~60ポンドで張る方が多いです。 基本的にはゆるく張ればボールは良く飛びスピンもかかりやすくなります。 固く張れば飛距離&スピードは抑えられコントロールが良くなります。
ただ、ガットの種類や性能、張りの強さや張り方、いろいろと複雑に絡み合ってガットの性能は出てきます。 1度で自分のプレイスタイルや感覚に合うガットが見つかる事はありませんので、お近くのスクールのコーチやテニスショップのストリンガーに相談しながらいろいろと試してみて下さい。

検討されているラケットとストリングで48ポンドは良い組み合わせだと思いますよ。 まずは経験ですから、やってみて損は全く無いと思います。

また、ストリングとグリップテープとグロメットは消耗品です。 定期的に交換して気持ち良いテニスを楽しんで下さいね。

参考になるかと思います。 よかったら覗いてみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1930404
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1835339
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1803048
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1599616
http://www.gosen.co.jp/racket_sports/tennis/gut/feature.html
http://www.gosen.co.jp/racket_sports/tennis/gut/repairing.html

自分でショップをやってるストリンガーです。
テンションは迷うものですよね。

1ポンドの違いはほとんどわかりません。
2ポンド変わると『あれっ? ちょっと固くなったかな?』『あれっ? ちょっとゆるくなったかな?』って感じです。
3ポンド変わると『飛びが良くなったな』『飛びが悪くなったな』って飛距離の違いを感じます。

一般的にはコーチの言うように50~60ポンドで張る方が多いです。 基本的にはゆるく張ればボールは良く飛びスピンもかかりやすくなります。 固く張れば飛距離&ス...続きを読む

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Q縦横違うガットのメリット

今日、縦横違うガットを使っている人を見ました。
アレはどのようなメリットがあるのでしょうか?

また、私はテニスを週二回程度でかなりスピンをかけていつもうっています。こんな私が縦横違うガットを使うとしたらどんな組み合わせがいいでしょうか?

一度に二つの質問すいません。どちらかだけでもいいので教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

一応、職業ストリンガーです。

縦横のストリングを大まかに分けますと縦糸が「飛ばす」仕事をより多くしており、横糸が「感触をつくる」「回転をかける」仕事をより多くしています。
それぞれのストリングにより多くの仕事をさせるために縦糸と横糸に違う種類の糸を張る場合があり、これを「ハイブリッド張り」と呼びます。
例えば質問者の方がより速いスピンボールを打ちたいと考える場合、縦糸により反発力が高い糸を張り、横糸にボールの引っ掛かりが強い糸を張れば望む性能が生み出されるわけですね。
こんな感じで自分の欲しい性能がより引き出せるのがハイブリッド張りの最大のメリットとなります。

ただし、そんなハイブリッド張りにもデメリットはあり、一般的に多くの方がやっている縦糸にポリ系素材・横糸にナイロンorナチュラル素材をの場合、縦横の糸の素材がそのものが違うためにそれぞれの糸の伸び率が変わり一ヶ月ほどでバランスが崩れて打球感触が悪くなってきます。
また、縦糸・横糸どちらかにポリ系の素材を使用すると交差するナイロンorナチュラル糸への攻撃性が高まり思ったよりも早く切れてしまうこともあります。

このようにメリットもデメリットもあるハイブリッド張りですが、試してみる価値は十分にあると思います。
まずは、ポリ&ナイロンのハイブリッド張りの糸をひとつのパッケージにしたストリングで一番オーソドックスだと思われるGOSENから発売されている剛戦X3(1,955円)をお試しいただくのが良いと思います。
普段よりも張り上げテンションを3ポンドほど下げて、まずは基本どおり縦糸にポリの糸を縦糸にして、次回の張り替えでは横糸にポリを使って試してみて下さい。
試してみて良い感触を持てれば、いつもストリングを張っているお店のストリンガーさんに相談しながら自分の望む性能を目指していろいろと試してみると楽しいですよ。

より良いストリングに出会えるといいですね。

一応、職業ストリンガーです。

縦横のストリングを大まかに分けますと縦糸が「飛ばす」仕事をより多くしており、横糸が「感触をつくる」「回転をかける」仕事をより多くしています。
それぞれのストリングにより多くの仕事をさせるために縦糸と横糸に違う種類の糸を張る場合があり、これを「ハイブリッド張り」と呼びます。
例えば質問者の方がより速いスピンボールを打ちたいと考える場合、縦糸により反発力が高い糸を張り、横糸にボールの引っ掛かりが強い糸を張れば望む性能が生み出されるわけですね。
...続きを読む

Qよりスピンを強力にするには

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバウンドしてる)
また、ショートラリーでもやや速いスイングでスピンをかけて相手の手前にコントロールできます。
基本的に回転を掛ける行為は出来てると思います。
言葉だけじゃうまく伝わらないかと思いますが、複数受け持たれてるコーチからはフォーム、スイングはほぼ問題ないといわれておりますので、フォアハンドに関してはそれなりのレベルであることはわかっていただけるかと思います。

しかし最近、スピンをもっと強力にしたいと思うようになりました。
現在は面が95inで重さ300g以上、ストリングパターン18*20のどっちかというフラット系のタイプを使っております。(別にフラット系を目指してるわけじゃないですが、レベルがあがるにつれ自然とこうなったという具合)
ご存じ、面が小さくてパターンが細かいと飛びが抑えられます。
パワーのある上級者ってこういうタイプを使ってると思いますが・・・。

そんな中、知り合いからよりスピンをかけるのならストリングパターンを16*18にしたほうがいいといわれました。
確かに粗い面だとガットのずれが大きくなることで掛かりやすいそうですが、その時に面の粗いので試し打ちしたところ、現行ラケットに比べてやや飛ぶなという実感がありました。(バウンドが結構ベースラインぎりぎりだったと思います)
今までと同じようにスイングしてです。面も100だったのでその影響もあったのかもしれませんが。
これはいいことなのでしょうか?
もしより強力なスピンを求めるのなら今人気のナダルモデル、ロディックモデルがありますが、そっちにしようか迷ってるところです。
でもこのモデルは面が一律100inでフレームも結構厚めだから飛ぶほうなんですよね?
なので買い替えたとしても使いこなせるかが不安です。

何かアドバイスあればお願いします。

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバ...続きを読む

Aベストアンサー

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
の感覚の差があります。スピン量に自信のある質問者さんが使ったら、なおさら
効果が出る可能性が強いと思います。

私の場合限定で欠点を書けば、ウソにはならないと思いますが・・・このラケットで
苦労するのはボレー、ブロックショット、セカンドサーブです。いい加減にさばくと
ラケットの力だけでバックアウトしちゃうのがボレーとブロックショット・・・。
セカンドサーブは、私の場合、右上を切るスラピンで打ってるんですが、ちょっと
角度が深く入ると、跳ね方が中途半端に大きくなって打ちこまれちゃうんです。
ツイストでセカンドを打つ方なら、むしろ威力を増すと思いますので私の場合限定
の欠点です。

振り切り用に開発された厚ラケでプロもまったく同じかどうかは別にしてほぼ同じ
スペックのタイプを使っているわけで・・・スイングスピードだけ気にして試さない
のはもったいない・・・でも相性ですから断言できないことを許して下さい。

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
...続きを読む

Qガットを硬く張った方が、飛びが良いという現象について

ハーネットというプリンスのラケットを使用しています。
1本はミクロスーパー1.25を56ポンド、2本目は同ガツトを54ポンドで張っています。
硬く張れば飛ばないと思っていましたが、56ポンドの方が飛びもよく、スピードも有るように感じます。
こういうものなのでしょうか? 54ポンドの方は今日初めて使用したのですが、意外な結果だったので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

一般的に感じることは、インパクトの瞬間にラケット面をぶつける勢いが弱い初心者でも、張りが緩いラケットを使い、ボールをラケット面に長く載せて(時間差)飛ばせばボールは遠くへ飛びます。 ボールと面が当たった瞬間の衝撃が小さく、ラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)する力も小さくなるが、ボールがラケット面に「 長く 」載るために、ラケット自体を振り出したスピードに面がボールを弾くスピードが加わってボールが飛ぶ。 と思います。 つまりボールがラケット面から「 離れる瞬間 」の初速が、ボールの飛びの良さに直結し、ボールがラケット面に「 当たる瞬間 」は間接的な影響になる。 ということになるかと思います。

ところで間接的な影響についてなのですが。
ボールも同じ、ラケットも同じ、その他の条件も同じ(=全く同じ)ものとして考えます。 つまり違いはテンションだけ。
体感として最も違う点は「 ボールが面に載っている時間差 」だと思います。
張りが緩い:ボールが面が当たってから、「 長く 」載るためラケット面を振り出したスピードでボールが飛ぶ
張りが強い:ボールが面が当たってから、「 短く 」載るためラケット面をぶつけた勢いがボールに伝わって飛ぶ
又、「張りが強い」という前提で考えると
1.ボールと面が当たった瞬間の衝撃が大きい
2.ボールのつぶれが大きくなりラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)して、ラケット面を後ろへ弾き、ボール自身は前へ飛ぼうとする力が大きくなる。
3.「張りが強い」ため面がボールを弾く時間差が短い = 短時間でボールを弾く。
ここまでの説明で、「張りが強い」という条件で、ボールがラケット面から「 離れる瞬間 」の初速が大きくなる理由は、「当たった瞬間の衝撃が大きく、ボールの反発も大きく 」なっているにもかかわらず、ボールがラケット面から「 離れる瞬間 」までyqr01666さんの面がボールを前へ飛ばそうとしている事。 ではないかと思います。

ボールにラケット面をいくら強くぶつけても、ボールが面から離れる瞬間にラケット面がボールを加速していないとボールスピードは出ません。 この点ではラケットが重いほうが、衝突の衝撃に面は「負け難く」なると思います。 正しくはラケット面が負け難いというより「グリップ」がボールに負け難い。 ただしラケット面の中央にボールが当たらなかった場合はどうでしょうか。 又、ラケットの重さが大きいと他にどのような影響がでるでしょうか。

試しにyqr01666さんが軽く打った場合の体感として。
「インパクトを弱め、インパクト直後にボールをラケット面で強く引っ張って」ボールを飛ばすと、張りが緩いラケットの方が良く飛ぶのではないでしょうか。 逆に「ラケットをぶつける勢いで飛ばす(=インパクト直後にボールをラケット面で引っ張っらない)」場合は、張りが強いラケットの方が今回のように飛びもよく、スピードも有る(多分、回転も強くかかる)ように感じます。 となるのではないでしょうか。

ここまでのところではyqr01666さんはラケットがハーネットで56ポンドを使う「 打力がある 」ように想います。 しかし56ポンド、と54ポンドでyqr01666さんのラッケト・スイングの軌道・インパクト角度によって「 飛ぶボールの回転とスピード 」が違うわけで、相手コートに良いボールとなるのはどちらでしょうか? 特に、実試合( ボールを待った状態で、勢い良く打てない場合が多い )でどちらが良いかは当然、御本人しか分からない事になると思います。

一般的に感じることは、インパクトの瞬間にラケット面をぶつける勢いが弱い初心者でも、張りが緩いラケットを使い、ボールをラケット面に長く載せて(時間差)飛ばせばボールは遠くへ飛びます。 ボールと面が当たった瞬間の衝撃が小さく、ラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)する力も小さくなるが、ボールがラケット面に「 長く 」載るために、ラケット自体を振り出したスピードに面がボールを弾くスピードが加わってボールが飛ぶ。 と思います。 つまりボールがラケット面から「 離れる瞬間 」...続きを読む

Qガットの張替え時期の見極め方

ガットを張り替えようかどうかで悩んでいます。

一週間後に合宿があり、「ガット変えた方がいいんかな?」と思いました。
ですが、張り替えるタイミングの見極め方がよくわかりません…過去の質問を読んで、なんとなく分かりはしたのですが、自分でラケットをみて「そろそろかな?」って判断することができないのです。例えば『ガットが緩んでいたとき交換する』とあったのですが、緩んでいないのに緩んでるような気になることもありますし、逆にビヨンビヨンの状態なのにまだ使えるような気がすることもあるのです (>_<)実際、前に交換したときも、先輩に「いくらなんでも替えた方がいい」って指摘されてのことなので…

とりあえず今の状況を書くと、
0:テニス経験は中3~高2まで週1・2時間のスクールと、去年4月から入ったテニスサークル(現在1回生)
1:前に交換したのは、去年の夏ごろ。
2:スピンプレイヤー向けのガットを使っていた
3:サークルは週2~3回、一日2時間程度の練習
4:ガットは張り替えたてのときはビクともしなかったのに、最近は指でちょっと力入れたらずれるようになった。
5:普段からそのラケットで慣れているせいか、あまり違和感はない(気がする)
6:今までやっていて、一度もガットを切ったことがない(その程度のパワーでしか打ってない?)

本当なら自分みたいな決断力のない奴は周りの人に相談するのが良いのでしょうが、合宿までもう行ける練習がないため周りに相談できる相手がいません(>_<)そこで、
1:↑の状況で、ガットを変えるべきか
2:1人でガットの張替え時期を見極めるポイントは何か(ガットが『どのくらい』緩んでいたら張り替えるものなのか…など)

について教えてください。現物をみないとわからない問題のような気がするので、特に2とかすごい答えづらい質問だと思いますが、よろしくお願いします!

ガットを張り替えようかどうかで悩んでいます。

一週間後に合宿があり、「ガット変えた方がいいんかな?」と思いました。
ですが、張り替えるタイミングの見極め方がよくわかりません…過去の質問を読んで、なんとなく分かりはしたのですが、自分でラケットをみて「そろそろかな?」って判断することができないのです。例えば『ガットが緩んでいたとき交換する』とあったのですが、緩んでいないのに緩んでるような気になることもありますし、逆にビヨンビヨンの状態なのにまだ使えるような気がすることもあるの...続きを読む

Aベストアンサー

2の質問についてはスイートスポットもしくは自分が球をよく当ててる部分のガットを一回よせてみてください。そしたら、くい込んでガットがでこぼこになってると思います。なってなかったら切れる心配はないと思います。でこぼこになっていても少々のでこぼこなら問題ありません。ただし、ガットによってはでこぼこにならない場合も。でこぼこになっていなくても一番上の端にあたると切れてしまう場合もあります。

1については上記の事を踏まえて考えてください。でも心配なら変えてほうがいいです。私も大会前なら変えることはあります。ガットの種類によって調子が変わることがあるので試してみるのも手です。

Qお勧めのテニスラケットは?ガット(ポンド)は?

テニス歴学生時代に結構本気に7年(高校&大学)、その後社会人になり10年間ラケットを握っていませんでしたが、最近再開してその面白さにまたはまりつつある者です。

実力の自己評価は難しい所ですが、中上級~上級の下という辺りだと思います。

先日テニス仲間に私のラケットを見られ、「今時こんなラケット使ってる人はいないよ!」と言われてしまいました。
私が使っているラケットはプリンスのグラファイト(オーバーサイズ)です。私の学生時代は名器と呼ばれ、初心者は恐れ多くて持てない、というような代物だったと記憶しているのですが、どうやらすでにそんなラケットは存在していないようです。

周りの皆さんのラケットを見せてもらったのですが、どれも全て軽くて振りやすく、曰くサーブやボレー等の打ちやすさが昔のラケットとは格段に違うとの事でした。

学生時代はグラファイトを65~70ポンドで張り、ベースラインからバシバシ強打していたのですが、ダブルスしか実質やれない社会人になると、そんなプレースタイルよりも、確実にサーブ、リターンを返し、ボレーを決めるプレーが求められるようです。(個人的にはシングルをまだまだやりたいのですが・・・)

そこで2点質問です。
(1)今ラケットを買うとすればどういったものを買えばいいのでしょうか?
テニスから離れて久しいので、全く最新情報知りません。よってメーカーへのこだわりも全くありません。周りを見渡した所、私が学生時代には誰も持っていなかったバボラのラケットの評判が良かったようですが、どうなのでしょうか?

(2)ポンド数はどれ位がいいんでしょうか?
周りの方は50ポンド前後で張っているようです。40ポンド代の方もちらほらと。
私の感覚から言うと、40ポンド代なんて沢松菜穂子やエバートみたいな当てて返すプレースタイルの特殊な人が張る緩さ、というイメージだったのですが、ガットとラケットが進化した今、60や70で張るのはバカだ、という風に言われました。これってほんとなんでしょうか??

また、最新のラケットに変えると、テニスエルボー等の負担も減ると聞いています。最近急に始めたので、肘が痛く、これが今のラケットの原因ならすぐに替えたいと思っております。

長文になってしまいましたが、どうか教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

テニス歴学生時代に結構本気に7年(高校&大学)、その後社会人になり10年間ラケットを握っていませんでしたが、最近再開してその面白さにまたはまりつつある者です。

実力の自己評価は難しい所ですが、中上級~上級の下という辺りだと思います。

先日テニス仲間に私のラケットを見られ、「今時こんなラケット使ってる人はいないよ!」と言われてしまいました。
私が使っているラケットはプリンスのグラファイト(オーバーサイズ)です。私の学生時代は名器と呼ばれ、初心者は恐れ多くて持てない、というよ...続きを読む

Aベストアンサー

プリンスから今年の9月にグラファイト系のニューモデルが発売されました。
http://www.daiwaseiko.co.jp/tennis/products/rackets/exo3/iexo3gra100.html
フェースは100インチでダブルスをやるには一番適していると思います。

テンションは50前後が主流だと思います。
また60ポンド以上は多くのラケットでは保証外となり、
ガットを張るショップも、ストリンガー(ガットを張る機械)が
壊れる恐れがあるため、高テンションで張ってくれるところはほとんどないです。

上記のラケットであれば、私なら縦55~56ポンド、横52~53ポンドくらいで張ると思います。

そういえば、あのフェデラーでさえも47ポンドという話です。


人気Q&Aランキング