アントニオ猪木さんに総理になってもらって、
そのリーダーシップを発揮してもらうというのはいかがでしょう。
聞くところによると猪木氏は、
バイオ燃料にずっと以前に目をつけて投資していたとか。
本当は先見の明もあり素晴らしい人物じゃないんですか。
猪木氏が総理になればきっとみんなついて行くと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

40年来の猪木ファンです。


過去、スポーツ平和党に投票したこともあります。

ですが

猪木はカリスマやリーダーシップはかなりあるようですが、実務能力には疑問があります。

山師的な気質が強く、バイオエネルギー(アントンハイセル)なんかも一攫千金を狙って大失敗に終わりました。
その後、バイオエネルギー事業は他人に受け継がれそれなりの成功があるという噂を聞いていますが事実かどうか私にはわかりません。

その後、フリーエネルギー事業(永久運動)に引っ掛かり、当然これも失敗しました。
こういうものに引っかかってしまうのは中学生なみの物理の知識も無いということです。

プロレス興行でもエネルギー事業でも失敗を繰り返していますが、一個人の事業レベルの失敗ですので「さすが猪木、おもしれーなー」と見ていられますが、さすがに自分の命や一国を彼に預ける気にはなれません。
    • good
    • 0

いい考えだと思います。

バイオ燃料等の環境対策もそうですが、私が重要視するのは、猪木が「北朝鮮」と親交があるという事です。拉致された方々を救出すべく、金一族と対等に話し合えるのは彼しかいないのではないでしょうか。一時は「スポーツ平和党」の代表で、国会議員にまでなった人です。予算委員会で時の海部総理に質問もしています。ん~、猪木なら自民党から出馬すれば当選すると思います。当選した暁にはサプライズで「外務大臣」。悪くはないんじゃないでしょうか。

いやはや、でも総理候補にアントニオ猪木は思いつきませんでした。もし本当に総理になったら、バシバシ閣僚を引っ叩くんだろうなぁ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング