プロが教えるわが家の防犯対策術!

デジタル一眼レフを半年前に購入した超初心者です
レンズにカビが生えるなんて知らなくて
つい最近まで
気密性もなにもないただのプラスチックの引き出しにポンと入れ収納してました

1週間前くらいから石灰系の除湿剤を買ってきて
とりあえず今、その引き出しの中に買ってきた除湿剤を入れています

今2千円位のドライボックスの購入を今検討してるのですが
分からないことばかりなので教えて下さい

Q1)
石灰系の乾燥材の中でたった今まで保管していたカメラやレンズを、
ドライボックス(シリカゲル付き)を買ってきたからといって
すぐに移し替えて問題ないでしょうか?
石灰の成分とシリカゲルの成分が反応して化学変化起こしてなにか変な気体が発生したりレンズに悪影響あったりしたらやだなと心配してます。

Q2)
ドライボックスをもし買わなかった場合、このまま石灰系の乾燥剤で行こうと思うのですが、
同じ石灰系であれば、メーカーの異なる乾燥剤を混ぜこぜにしていれても問題ないでしょうか?

Q3)
レンズにカビが生えてしまったかはどこを見ればわかりますか?
生えてしまってる可能性は高いでしょうか?
生えてしまった場合もうどうしようもないのでしょうか?
※ちなみに風とおしのよい新築マンション6階住まいで特に湿気をひどく感じるようなことはありません。が、実際にはそれぞれの部屋の窓を開けることはあっても家の中に風を通過させることはほとんどありません

超初心者なのでどんな小さなことでも教えていただけると嬉しいです!
ムリして買ったカメラがもうダメになってしまったのかもと落ち込んでいます
どんな些細なことでもよいのでアドバイスよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

Q1)


石灰系(酸化カルシウム)及びシリカゲル(二酸化珪素)は化学的に安定していて、
水以外のものにはほとんど反応しません。
そのため食料品などの乾燥や除湿にも用いられているほどです。


Q2)
石灰系であれば、基本的に混在しても化学的には問題ありませんが、消石灰の
性質として、密閉空間では湿度をほぼゼロにまで持っていく能力を有しています。

湿度が極めて低い環境下では特にオイルやグリスに悪影響を与えます。
ヨーロッパなどの乾燥地帯での中古ショップでは、ショーウィンドウに水の入った
コップなどが置かれていることがありますが、これは異常な乾燥を防ぐためです。

石灰系の乾燥剤は吸湿能力が極めて高いので、カメラの保存には適しません。
調湿能力を有するB型シリカゲルがベストでしょう。

また、塩化カルシウム系の乾燥剤はカメラには適しません。
これは特に押し入れやタンス用に普及している除湿剤で、水が溜まったり、ゼリー
状になったりするタイプです。

これは注意書きにもよく書かれているのですが、溜まった水は言わば海水であり、
万一転倒した場合などに影響が大きいばかりか、直接触れなくとも潮風に吹かれる
状態に近く、金属を含む精密機械の保存には適しません。

以下は一例としてエステー化学の塩化カルシウム系除湿剤のFAQです。
カメラの保存には使えないことが書かれています。
# http://www.st-c.co.jp/support/moisture.html

気が付かないうちに、こうした除湿剤を使ってしまう可能性があるため、基本的に
混在しない方がよいでしょう。カメラ用を謳っている品をご使用ください。


Q3)
多くは直接レンズをのぞき込むことで確認できます。
シビアに見て何も確認できなければ、特に問題はないでしょう。
生えてしまった場合、メーカーで清掃またはユニットの交換修理が可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくわかりやすい回答ありがとうございました!
ちなみに
ドライボックスは必ず必要なアイテムと考えられますか?
たとえば、部屋の棚にでもポンといつもカメラを置くようにして、
それを2~3日に1回は作動させるようにしたとしても
やはり使わない時間はドライボックスなどのようなところへ収納しておくべきでしょうか?
特に梅雨時期などは必要..ですか?

お礼日時:2011/06/19 00:58

No.8です。


お礼の方を読ませて頂きました。

> ドライボックスは必ず必要なアイテムと考えられますか?

必ず…とまでは言いませんが、あった方が良いアイテムであることは間違いない
でしょう。ただ、ドライボックスや防湿庫を所有されていない方も多いようです。

> やはり使わない時間はドライボックスなどのようなところへ収納しておくべきでしょうか?

極端に神経質になる必要はありませんが、湿度を管理下における環境が理想です。

防湿庫はカビを防ぐだけではありません。
オイルやグリスの乾燥やゴムやモルトの加水分解、革の硬化やヒビなどを防ぐ効果
もあります。

風通しの良い冷暗所であれば、ドライボックスにこだわる必要はありませんが、
ホコリを防ぐ意味や不用意な落下から守る意味でも、何らかの収納ケースに普段は
しまっておく方が良いかもしれません。

> 特に梅雨時期などは必要..ですか?

梅雨時もそうなのですが、意外に見落としがちなのは冬です。
寒い室内で暖房(特に石油ストーブ系)を点け、急激に室温が上がるとまだ冷たい
カメラ機材などは濡れることがあり、注意が必要です。

こうしたことを避ける意味でもドライボックスや防湿庫は有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!

お礼日時:2011/06/23 03:12

>気密性もなにもないただのプラスチックの引き出しにポンと入れ収納してました



1週間前くらいから石灰系の除湿剤を買ってきて
とりあえず今、その引き出しの中に買ってきた除湿剤を入れています



密閉性の無い引き出しの中ならほとんど意味ありません。
乾燥した空気は外に逃げ出し、替わりに外部から湿気を含んだ空気が入るからです。

中途半端なところに保管するなら、通気性の良いところで保管して時々ピントリングやズームリングを操作して内部の空気を入れ変えてやれば、通常のレンズではそんなに気にする事もありません。

ただし、特殊レンズ(EDレンズやLDレンズ、蛍石など)を使用している物については、密閉できる容器内に乾燥材と共に保管するのが一番ですが、乾燥のしすぎもカメラ・レンズに良くないので調整が難しいところです。

また、プラスチック容器では成形の型から剥がしやすくする薬剤がカメラやレンズに悪影響を与える場合もあるらしいので、そのような物を使用する際は、ふたを開けたまま数日放置したほうが良いようです。

カメラ用の防湿庫も2万少々から販売されているので、今の季節はできれば使用した方が良いでしょう。
数か月程度でカビの生えるようなレンズや不具合を起こすカメラは無いと思いますが、使用後は埃をブロアーで吹き飛ばし、油分や水分、汚れなどはセーム革などで手入れして、コンディションを整えるのが一番だと思います。

カメラ歴30年以上になりますが、過去にカビの生えたレンズは防湿庫未使用時代を含めありません。
とにかく、汚れはできるだけ早く落とす・適当に稼働させるがカビや不具合を防ぐ最も手軽で確実な方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
とてもよくわかりました!

>>カメラ歴30年以上になりますが、過去にカビの生えたレンズは防湿庫未使用時代を含めありません。
とにかく、汚れはできるだけ早く落とす・適当に稼働させるがカビや不具合を防ぐ最も手軽で確実な方法です

・・とのことですがもう少し教えてもらってもいいでしょうか?
いろいろ調べていくうちに、
密閉容器+乾燥剤も
こまめに湿度の調整をしなくちゃいけなかったり
乾燥剤を入れ替えたりしなくちゃいけないみたいだし
それをあやまるとカメラの調子を悪くしてしまったり逆にカビを生えさせてしまったりするとのことで
正直私はマメではないしそれをやりきる自信がありません。
そこで、普通に、風通しのよい部屋の中にポンと常に出しておいて、
それに加えて日常的にカメラを作動させていればそれでカビが生えないんだったら
ドライボックスは買わずに
明日からでもそうしようかと今考えているのですが、
ひとつ心配なことがあります。
梅雨時期でもそれで問題ないでしょうか?
すでに今梅雨まっただなかなので
それなりに普段よりは湿気を感じていますが
そもそも防湿庫は必ず必要なものなのでしょうか?
どう思われますか?
もしよかったらまた教えてください!

※カメラはキャノンのEOS Kiss4 のダブルズームキット・・というのです

お礼日時:2011/06/19 00:50

とにかく保管場所の湿度に気を配ります。


湿度計は必須です。

極端な話、常に皆さんが仰る湿度(30~40)なら何にもしなくてOKです。

あとは乾燥した天気のいい日に、ひなたぼっこをさせましょう。
これで5年位過ごしました。

今は白いレンズもあるので、精神上安心なドライキャビネットをネットで購入しましたが・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます☆
そうですか。。
やはり湿度管理が必要なのですね。。

もし1日1回数分はカメラを作動させるとしても
やはり寝るときはドライボックスへ。。ですかね?

お礼日時:2011/06/19 01:09

Q:


変な気体などは発生しませんが、石灰系の乾燥剤は消耗度合いがわからないので進めません。私は、ドライペットなど水を吸着するとゼリー状になる乾燥剤を進めます。こらなら消耗度合いが目で見てわかるので便利です。ケースの大きさに余裕があれば、水取りぞうさん見たいな乾燥剤の消耗が薬剤の量でわかるものでも良いと思います。ただ、乾燥剤とドライボックスは乾燥しすぎる傾向があり、ナイロン系のプラスチック部品に割れなどの不具合が出ることがあります。私は、1本プラスチックが割れて修理しました。(使ってなかったので乾燥による割れと思っています。)完全を求めるなら、防湿庫の導入を進めます。

Q2:
混ぜこぜは、問題ないですが、気密性の悪い容器では、乾燥剤の消耗が早いです。ドライボックス(湿度計付き)を最低でも用意したほうがいいです。ドライボックス2000円くらいです。

防湿庫の小さいものは23000円くらいであります。後々、修理代を払うことを考えれば、それほど高い投資でもないと思います。

Q3:
レンズをはずして、蛍光灯など明るいところにレンズを向けて見てみればわかります。線状のくもりや、星(結晶)のように白いものが見えればカビです。カビは、コーティングに生えるので、コーティング全面に線上のスジやくもりのように生える場合もあります。

検索すれば、カビの画像はいっぱい見つかりますよ。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カビの画像、見ました!
どうもありがとうございます。
やはりドライボックスは必要みたいですね。。
検討してみます

どうもありがとうございました☆

お礼日時:2011/06/19 01:11

>新築マンション6階


コンクリートが乾くまでしばらく時間は掛かるようです。
湿度計を用意されカメラを保管されているそばに置いてはいかがでしょう。
友人の話ですが新築のマンションに引っ越して、CDやビデオテープにカビが生えてしまった。と聞いたことがあります。

デジカメやレンズの保管に最適な湿度は40~50%ぐらいです。
(30~50%ぐらいと言う人もいます。)
あまり乾燥し過ぎるとレンズのコーティングなどが乾いてしまうそうです。
詳しくは
http://plaza.rakuten.co.jp/mari24/diary/20090713 …

適度に使い手入れをしていればカビは生えにくいようです。
長期間使わない場合は購入した時のようにビニール袋に適当な大きさの乾燥剤と入れておけば
多分大丈夫でしょう。

私はほとんど使わなかったレンズにカビが生えてしまったことがあるので
湿度計付ドライボックスに入れています。そんなに高くはなかったですよ。
(カビ取りの修理代は1万円はします。)

汚れやレンズのコーティングがカビの餌になるようです。
レンズをカメラから外し覗き白い塊や線が見えたらカビと思って良いでしょう。

カメラ店にジャンクコーナーがあるとカビの生えたレンズやカメラを見ることが出来るかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
教えていただいたページすごく参考になりました!
やはりドライボックスは最低限必要なもの..なのでしょうか?
たとえば毎日1回は使用するとしても
使用する以外の時はやはりドライボックスへ。。ですかね?
ドライボックスさえ買えば
あとはただそれにカメラを保管しておけばいいと思ってたけど
そうでもないみたいですね
細々と気を配ってあげないとダメなんですね。。
知りませんでした。。

お礼日時:2011/06/19 01:22

乾燥剤は定期的に交換してください。


ある程度吸湿したら、それ以上吸収しなくなります。
衣装ケース用などの、交換時期になるとゼリー状になって判断できるものなどがいいかもしれません。

うちにカビたレンズがあったのですが、大掃除で捨ててしまいました。
レンズをカメラから外して、光を透かしてみると、クモの巣のようなものが見えることがあります。
それがカビです。
当たり前だけど太陽は見ないように。

適当に使っていれば、中の空気が入れ替わるのでめったなことではカビませんよ。
私がカビさせてしまったのは、パッキンつきのプラスチックケースに除湿剤と一緒に保管していたのですが、
除湿剤の交換を忘れていたために湿度が下がらず、めったに使っていなかったレンズ2本がやられました。
それぞれマウントの違う3種類のカメラがあるので・・・
一年以上、使っていなかったものです。

専用のドライボックスでなくても、パッキン付きの衣装ケースのようなものでも充分ですよ。
カメラ用のものとどっちが安いですかね。


カメラとは関係ないけど、温湿度計を一つかって、部屋の湿度を見ておくといいですよ。
70%以上になると急激にカビが生えだします。
寝室など締め切った部屋は、人の呼吸で朝になるとけっこう湿度が上がっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
太陽を見ちゃイケナイんですね。。
教えてもらっててよかったです
ホントになにも分かってないもので。。

>>私がカビさせてしまったのは、パッキンつきのプラスチックケースに除湿剤と一緒に保管していたのですが、除湿剤の交換を忘れていたために湿度が下がらず、めったに使っていなかったレンズ2本がやられました。

・・私も同じようなことやってしまいそうな気がして今迷ってます
ドライボックスを買うのはいいけど管理する自信がなくて。。
いっそのこと
リビングの風通しのよい棚の上にでも置きっぱなしにしていて
毎日1回はカメラを作動させるようにして
ドライボックスは買わない。。じゃダメですかねぇ?
やっぱり梅雨はそれじゃあ乗り切れないですか?
..といっても、今、迷ってるこの間も、まさにその状況なんですが。。
早くどうするか決めたいけど
どうしたらいいものやら。。
月曜日までには決めてなんらかの対策をとろうと思ってるけど。。
すでに梅雨まっただ中でもう手遅れかな。。

お礼日時:2011/06/19 01:28

押し入れやタンスに何ヶ月も入れっぱなし出ない限りそう神経質になることはないとは思いますが、何年も使わずに置いたままで出すとカビが入っていたことがあります、経験上は高いレンズほどカビになりやすいです、同じように置いておいたレンズでも安い物は綺麗なままでしたがニコンの金線の入ったレンズは見事にクモの巣状のカビにやられたことがあります。



 高いレンズは特に気をつけましょう、安いのはそれなりに気をつけましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
少しほっとしました
よかったです☆

ちなみに
日常的に(2~3日に1回)カメラを起動させていても
梅雨時期などは
やはりドライボックスに収納してないと危険(カビ)でしょうか?

お礼日時:2011/06/19 00:43

(Q1) 問題ありません


石灰系は生石灰 (CaO) が水分を吸って消石灰 (Ca(OH)2) になるだけ、シリカゲル系は珪酸 (SiO2) に水分 (H2O) が吸収されるだけのものですので、どちらも妙な気体など出しません。

(Q2) 問題ありません
メーカーが異なっても中身は同じです

(Q3) 超初心者には見分けられません(汗)・・・見分けられるほど発生していたらもはや、ナントモハヤ(滝汗) です(笑)。
分解修理を依頼しても、よほど高価で大事なレンズでもない限りは、新しく買い直した方が安いかも知れませんね。


レンズは非常に長持ちします・・・世代を超えて長持ちします。

カビは「カビ菌の栄養となる汚れがない限り」簡単に生えるものではありませんので、湿気だけで生えるものではなく、湿気と一緒にカビ菌の栄養となる汚れが入り込むようになって初めて発生するものです。(指紋はカビ菌の大好きな栄養源ですので指紋が付くレンズ外側はカビが生えやすいものですが、レンズ内側には数年から十年単位でなければカビは発生しないものです)

従って、使わない時は清潔にして、密閉できる箱に乾燥剤と共に入れ、猛暑にならない屋内に保管しておけば O.K. です。


>ムリして買ったカメラがもうダメになってしまったのかもと落ち込んでいます

デジタル・カメラはどんな高級品であろうと IC チップの生産が終了したらそれで終わりですので、コンパクト・デジカメなどは 5・6 年で修理不能になったりもします・・・一眼レフでは可能な限り部品を転用してマイナー・チェンジを繰り返すことにより製品寿命を延ばす策を採っているでしょうが、それでも 1 度生産を終了した IC チップを作り直すことは殆ど不可能である (膨大なコストがかかる) ことから何十年と使えるわけではありませんので、私は「レンズは無理して買っても良いが、デジタル一眼レフ・カメラ本体は無理してまで高価なものを買うべきではない」と考えています。

カビが判るのは数十年を経た中古レンズを買った時ぐらいのものですので新しいうちはまず心配ないですよ。

程度の悪い中古品をネット買いしてしまってカビを見た時は、それはそれで感動したものです(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えてくださってとてもわかりやすかったです
どうもありがとうございました!

ちなみに
ドライボックスはやはり必須アイテムでしょうか?

お礼日時:2011/06/19 00:38

1、特に問題はないはずです。


2、問題は無いと思います…ただし、写真用の乾燥剤を使用してください。
タンスなどに入れるタイプは、吸った水を中に貯めてしまうので、無意味です。
3、レンズキャップを前後外し、白熱電球などの光源を、前玉(ボディ側の反対:先端側)から覗き込みます。
眩しい時があるので、真っ直ぐに光を入れないで、少しずらしぎみに光を入れてください。
少しずつレンズの角度を変えたりして見ると、中に「クモの糸状のもの」や「水玉のようなもの」、または「ブツブツとした水泡」などが見えるときがありますが、これが「カビ」です。

ただし、この判別は素人さんには難しいものがあります。
とても薄いカビは、ちょっとめには判断できないのです。
そして、一度生えてしまったカビは消えることはありませんので、分解清掃となりますが、それでも元通りにはならないときもあります。

でも、ガッカリしないで下さいね。
カビが生える「場所」によっては、光学性能にあまり影響が出ない場所と言うのもあるのです。
もちろん、完全性能とはいきませんが「なんとなくだけど影響あるのかな?」くらいで済んでしまうときもありますよ。
もちろん、本当は分解清掃するほうが良いに決まってますけどね。
…大変大雑把な基準ですが、カビがでるレンズ(エレメント)が「ボディ側に近いほど」重症です。
そして、どういうわけか良くカビるのです。

それと「小さなゴミ」というのも、あまり大きな影響は与えません。
ちょっと考えると「ゴミが写るんじゃ?」と思ってしまいますが、実際にはそんなことは無いから大丈夫ですよ。
ただし、カビと同じく、後ろに行くほど影響は大きくなってしまいます。

…何かと初心者には敷居が高いところがありますが、わからない場合はやはり、専門家に見てもらうのが一番です。
電気屋さんの店員は駄目ですよ…カメラ屋さんの店員さんに見てもらってください。
出来れば「中古買取」をやってる店がお勧めですよ。

最後に、私の場合は「ガラス戸付きの50センチほどの普通の小物ケース」に、ボディとレンズを収納保存していました。
これでもカビは出なかったです。
乾燥剤も入れませんでした。
ただし…部屋のやや高い場所で、日陰で、温度の低そうな乾燥した場所に置いておきました。
それと…機材は暇があるときにでもケースから出し、作動させることです。
これが一番大事かもしれませんね。
後は濡れたらすぐに拭くことと、結露に気をつけることですかね?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
とてもよくわかりました!

>>私の場合は「ガラス戸付きの50センチほどの普通の小物ケース」に、ボディとレンズを収納保存していました。
これでもカビは出なかったです。
乾燥剤も入れませんでした。

・・とのことですがもう少し教えてもらってもいいでしょうか?
いろいろ調べていくうちに、
密閉容器+乾燥剤も
こまめに湿度の調整をしなくちゃいけなかったり
乾燥剤を入れ替えたりしなくちゃいけないみたいだし
それをあやまると
カメラの調子を悪くしてしまったり
逆にカビを生えさせてしまったりするとのことで
正直私はマメではないしそれをやりきる自信がありません。
そこで、tombanさんと同じように
普通に、風通しのよい部屋の中にポンと常に出しておいて、
それに加えて日常的にカメラを作動させていればそれでカビが生えないんだったら
ドライボックスは買わずに
明日からでもそうしようかと今考えているのですが、
ひとつ心配なことがあります。
梅雨時期でもそれで問題ないですか?
すでに今梅雨まっただなかなので
それなりに普段よりは湿気を感じていますが
どう思われますか?

お礼日時:2011/06/19 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカメラの保管方法(ドライボックスは不要?必要?)

何の知識もなくデジタル一眼レフを購入して半年の超素人です
すっかり梅雨に入ってしまって今頃遅いんですが
今慌ててドライボックスの購入を検討しています

が、いろんな人にきいたところ、そのうち何人かの人から
「カメラなんて、日常的に使っていれば、部屋の中の風通しのよい所に普通にポンとおいておくのが一番いい(ぶらさげるのがベスト)、日常的に使っているのなら防湿庫などに収納する必要はまったくない」といわれました。

マメに湿度のチェックや乾燥剤の入れ替えをできない人が下手にドライボックスなんかにカメラを収納してしまったらそれが原因で逆にカビを生えさせてしまうともいわれました。

私はマメな性格ではないので
正直マメに湿度をチェックして
乾燥剤の状態をチェックして
新しいものと入れ替えて。。をする自信がありません

部屋の風通しのよいところに置いていて
そして時々使っていればそれでカビが生えないんだったら
それはできそうなので
ドライボックスは購入せずに
明日からでもそのようにしようと思うんですが
梅雨時期でもドライボックスや乾燥剤なしでそのようにしていて
レンズにカビは生えないですか?大丈夫でしょうか?

今まではただのプラスチックの引き出しにポンと入れていて
2週間に1回位持ち出して使っている感じでしたが
日常的に使った方がいいのなら
リビングの棚にでも出しっぱなしにしておいて
2日に1回はカメラを起動させるつもりです

※家は築1年半のマンション6階で
風通しもよく特に湿気を強く感じることもありません
が、実際には個々の部屋の窓をあけることはあっても
家の中に風を通すことはほとんどありません
今は梅雨なのでそれなりに湿気は普段よりは感じています

ほんとになんにも知識がないので
どんな小さなことでも教えていただけると助かります

ドライボックスは必要でしょうか?不要でしょうか?
アドバイスよろしくお願いします

何の知識もなくデジタル一眼レフを購入して半年の超素人です
すっかり梅雨に入ってしまって今頃遅いんですが
今慌ててドライボックスの購入を検討しています

が、いろんな人にきいたところ、そのうち何人かの人から
「カメラなんて、日常的に使っていれば、部屋の中の風通しのよい所に普通にポンとおいておくのが一番いい(ぶらさげるのがベスト)、日常的に使っているのなら防湿庫などに収納する必要はまったくない」といわれました。

マメに湿度のチェックや乾燥剤の入れ替えをできない人が下手にドライボック...続きを読む

Aベストアンサー

「10 年もすれば IC 回路の修理ができなくなって新品に買い換えるしかないデジタル・カメラ・ボディなんてその辺に置いておけば良い」とは思いますが(笑)、マニュアル操作ができるレンズは「一生ものなので」使わない時は外してドライボックスに入れています。・・・実際のところ、絞りリングのないデジタル専用レンズはカメラに装着したままソフト・ケースに入れて吊したままにすることもあります(笑)。

シリコン (鉱物) グリスが高価で植物系のグリスが使われていた大昔のレンズはグリス自体がカビの餌になる可能性があったでしょうが、現在のレンズは指紋や大気中の埃ぐらいしかカビの餌になるようなものがないでしょうから高湿下でもカビが生えるまでには何年或いは何十年もかかるだろうとは思うものの、普段はあまり使わない交換レンズを保管する湿度計付きのドライボックスはレンズ・プロテクタ程度の値段ですので是非持っておいて損はないと思います。(下記参照 URL)

乾燥剤は色付きシリカゲル (乾燥時は青、湿気ると赤くなる) が安くて便利です。・・・赤くなった色付きシリカゲルは電子レンジで数十秒ほど温めると青く戻りますので何度でも再使用できます。 (シリカゲルの量や電子レンジのパワーにもよりますが、要は熱くなって水分が蒸発すればよいのですから、その時間を覚えておくと良いでしょう)

シリカゲルをいれたビニル袋が熱で溶けるのが怖いという向きには Totech MD-1 なんて製品もあります。
(Google 検索すると楽器店がヒットしますが、カメラ店でも販売されています)

まあ、保管よりも「蒸し暑い雨の日に持ち出してレンズを濡らしてしまった」時の方が神経を磨り減らしますが(笑)・・・。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/HappyPrince/20091007

「10 年もすれば IC 回路の修理ができなくなって新品に買い換えるしかないデジタル・カメラ・ボディなんてその辺に置いておけば良い」とは思いますが(笑)、マニュアル操作ができるレンズは「一生ものなので」使わない時は外してドライボックスに入れています。・・・実際のところ、絞りリングのないデジタル専用レンズはカメラに装着したままソフト・ケースに入れて吊したままにすることもあります(笑)。

シリコン (鉱物) グリスが高価で植物系のグリスが使われていた大昔のレンズはグリス自体がカビの餌になる可...続きを読む

Qレンズの保管はキャップをするの?

どっちでもいいよって言われそうですが・・・レンズを保管するときに
両端のキャップは付けておくべきなのか、外すべきなのかどっちですか?
乾燥させるなら外すのが正着ですが、埃がつかないようにというなら
キャップするべきでしょう。

世間の普通はどっちなのでしょうか?

Aベストアンサー

レンズを防湿箱に入れて、大事に大事に保管する「だけ」
なら、当然レンズキャップなんぞ不要です。アレは持ち
運びの時に、傷がつかないようにするものだからです。

ただ、私の場合、レンズは「使ってナンボ」ですから、
保管よりも「フィールでの持ち運び」「使用時の即座の
取り出し」が重要なので、レンズキャップを付けて、
カメラバックの中に整理して保管してます。

そうすれば、「撮影に行くぞ」って時に、即座に持ち出せ
ますからね。防湿箱なんて面倒なものに入れる気はない
です。カビなんぞ生えたらレンズを買い直せばオッケー。

ちなみに、こういう使い方をしていても、ここ40年、
レンズにカビがはえたことは一回も無いです。知人の
プロカメさんも、「レンズは防湿箱に入れてもカビる
時はカビる。カビらせないためにはこまめに使う方が
絶対正解」と言ってますしね。

とは言え、これは「私と周辺の方々&知人のプロカメさん」
の意見でしかないです。防湿箱に入れて大事に保管される
なら、レンズキャップはなしのままで、どうぞ。

Q保管時に湿度が低い場合

湿度が低すぎると逆に良くないそうですが、
30%くらいだとまずいでしょうか?

防湿庫のメーカーのトーリ・ハンの方は
30~40%を推奨していますが、
一般的には40~50%を推奨しています。
どちらが正しいでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも間違いじゃないですよ。
カビの発生し易さから言えば、湿度を下げる方が好ましいのですが、下げ過ぎると、ゴムやオイルが劣化します。
レンズのコーティングにも悪影響を及ぼします。

夏場は湿度低め、冬場は湿度高めで良いと思います。
また、防湿庫を過信せず、カメラ・レンズを使わない時でも、月に1回程度は、天気の良い日を選んで、点検を兼ね稼動させ風通しすると良いと思います。

Qカメラレンズの埃が実際どの位写りに影響するのか

中古カメラ屋さんで、ずーっと(10年位)探していたレンズを先日発見して当然買おうと思っているのですが、ちょっと気になる大きめな、2,3mm位の埃の塊があって、カメラ屋曰く「まぁ、写りには影響ないですよ」との事でしたが、仕事として使おうと思ってるので、実際影響あったら困ります。銀塩のカラーでかなり大きく、B0位に(1mくらい)に伸ばそうと思ってるので、少しは影響出るんじゃないかな、と懸念しております。
そこで、購入の際に店員と「実際に大きく(仮で大全紙60cmくらい)伸ばして影響でたら返品、返金OKという流れで買おうと思ってます。(かなり高額なものなので)そこで実際の埃の影響具合を撮るにあたって一番、それが目立つであろう環境(逆光とか順光とか曇りとか)と被写体(ごちゃごちゃしてるのがいいのか、単色、たとえば18%グレーカードを一面にとか)条件を御存知の方、特に写真のお仕事を実際やっている方からのご回答宜しくお願いします。
ちなみにフィルムは35mm、プリントは銀塩ですのでフォトショップなどで修正などは一切考えておりません。撮ろうとしている被写体は風景から人物まで、外、部屋内など条件は多に渡る予定です。

中古カメラ屋さんで、ずーっと(10年位)探していたレンズを先日発見して当然買おうと思っているのですが、ちょっと気になる大きめな、2,3mm位の埃の塊があって、カメラ屋曰く「まぁ、写りには影響ないですよ」との事でしたが、仕事として使おうと思ってるので、実際影響あったら困ります。銀塩のカラーでかなり大きく、B0位に(1mくらい)に伸ばそうと思ってるので、少しは影響出るんじゃないかな、と懸念しております。
そこで、購入の際に店員と「実際に大きく(仮で大全紙60cmくらい)伸ばし...続きを読む

Aベストアンサー

 一眼ファインダーやガラス板で目視して、異常がなければ、ほとんど
問題はないはずです。
 網目のスクリーン・トーンを接写してみれば、すぐに判定できます。
 
 影響があるとすれば、望遠よりも広角、前玉よりも後玉のほうです。
 傷ではなく、埃ならば、メーカーに分解清掃を依頼できます。
 よほど高価なレンズならば、その費用を売主と折半交渉しましょう。

Qデジイチにおいてブロアー及びドライボックスは必要?

初めてデジイチ買いました。
色々備品を揃えてるところですが、ブロアーって正直必要ですか?
それから、保管するのにドライボックスとかに入れてるって見かけるんですけど、そういうものの中にいつも入れておくべきなのでしょうか?
教えてくださいませ

Aベストアンサー

そうですね、全く同じ回答になりますが、ブロアーはあったほうがいいです。場合によっては風の強い日に使って結構砂をかぶることがあります。砂で傷がつくといけないので拭くわけにはいかないので、ブロアでシュポシュポやってあげます。
あとファインダーの中にホコリが入ることがあります。こんなときもブロアでシュポシュポやってあげるとたいてい取れます。

理想をいえば、ブロアに加えてレンズ拭き用のクロスを持っておくことも薦めますね。ブロアは帰宅してシュポシュポ、クロスは持ち歩いてうっかりレンズに指紋をつけてしまったとき(結構よくあります)なんかにフキフキします。私は最初かなり神経質にクロスは紙の使い捨てのものを使っていたのですが、プロカメラマンがかなり汚れたクロスを平気で使って何十万円する高額なレンズをフキフキするのを見てクロスを持ち歩くようになりました。

ドライボックスは他の回答している通り、ホームセンターで売っている蓋付きボックスに100円ショップの湿度計を放り込んで、あとは除湿剤を放り込んでおけば大丈夫です。ただし、シリカゲルみたいなやつは半年くらいでガチガチの石になるので・笑、こまめな買い替えは必要です。でも、除湿剤は千円くらいで、二回買い替えるとして年間二千円、ボックスは千円くらいですね。

そうですね、全く同じ回答になりますが、ブロアーはあったほうがいいです。場合によっては風の強い日に使って結構砂をかぶることがあります。砂で傷がつくといけないので拭くわけにはいかないので、ブロアでシュポシュポやってあげます。
あとファインダーの中にホコリが入ることがあります。こんなときもブロアでシュポシュポやってあげるとたいてい取れます。

理想をいえば、ブロアに加えてレンズ拭き用のクロスを持っておくことも薦めますね。ブロアは帰宅してシュポシュポ、クロスは持ち歩いてうっかりレンズ...続きを読む

Qカメラのレンズにカビがあるかどうかどうやって見分ければいいのですか?

手持ちのカメラのレンズにカビがあると言われたものがあるのですが、私が見てもよくわかりません。
どうやってみわけてるのでしょう。
また使用に差し支えないカビの量などもどうやって見分ければいいんでしょう?

Aベストアンサー

カメラ屋の店頭で、レンズを蛍光灯のほうに向けて片目で覗いているのはよく見かける風景です。もちろん慣れていればこれでも分ります。しかし、蛍光灯は面光源なので小さなカビや、埃は見落としてしまうことがあります。このようにして覗いてみて、よく分らなければ、写真に写したときにはまっったく問題がないでしょう。
カビ、埃を見つけるのにとっておきの方法があります。それは、レンズを通して懐中電灯の電球を覗き込むことです。特に、電池が少し消耗して少し暗くなった程度のものが一番いいようです。懐中電灯でなくても、フィラメントが見える白熱電灯でも同じです。
こういうことをすると、中古カメラ屋はいやな顔をします。この方法によると、カビ、埃はもちろんのこと角度によってはレンズの拭き傷、バルサムの劣化による曇りなど手に取るように分りますよ。一面にカビが生えてしまったものは写真を撮ったとき影響が出ますが、ぽつぽつと小さなカビが点在する程度なら気にすることはありません。これ以上カビが増えないように、レンズを乾燥したところに保存することです。あなたがよく見ても分らないのなら問題ないと思います。

カメラ屋の店頭で、レンズを蛍光灯のほうに向けて片目で覗いているのはよく見かける風景です。もちろん慣れていればこれでも分ります。しかし、蛍光灯は面光源なので小さなカビや、埃は見落としてしまうことがあります。このようにして覗いてみて、よく分らなければ、写真に写したときにはまっったく問題がないでしょう。
カビ、埃を見つけるのにとっておきの方法があります。それは、レンズを通して懐中電灯の電球を覗き込むことです。特に、電池が少し消耗して少し暗くなった程度のものが一番いいようです。懐...続きを読む

Qレンズのカビ対策について

最近一眼レフをはじめたのですがレンズのカビ対策について質問があります。

よく乾燥した風通しのいいところに保管しなさいといわれるのですが、僕の住んでるところは湿気の多いじめじめしたところでそういうところがありません。

で防湿庫を置く場所がない狭い家なのでこれも使えません。

このような場合どのようにすればいいでしょうか?
何かいい保管方法をご存知でしたら教えてください。

ちなみに引越しはできません。

後オークションでよく見かけるポケクリーンという紫外線を放射する電灯は効果あるでしょうか?
紫外線はカビの繁殖を防ぐと聞いたのですが。

どうかよいアイデアを教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 他の人から回答されているように、頻繁に使うカメラ・レンズにはカビは生えません。しかし、プロでもない限り、使わない期間が生じることもあるでしょうから、「使う」ことを防カビ対策とするにはリスクがあります。

 お勧めは、除湿剤とともにビニール袋に入れることです。100円ショップなどで売っている、口をピッタリ閉められる袋を使うと便利です。中の空気をなるべく少なくします。ただし、頻繁に使うカメラでは、結構面倒ですけど(^^;)。

 拙宅には、カメラ100台以上、レンズ200本以上がありますので、防湿庫は何台あっても足りません。あまり使わない奴はビニール袋に入れますが、良く使う奴はそれも面倒ですので、扉のない棚に置いて、5月から10月頃まで冷房を点けっぱなしにしています。電気代はかかりますが、これでカビは全く生えたことがありません。

 最後に紫外線は、自分では防カビに使ったことはありませんが、殺菌効果はあります(私も熱帯魚飼育で使っていたことがあります)。しかし、紫外線が全ての部分に(レンズの奥の方まで)当たるようにしないと危険だと思いますよ。また、プラスチックなどの部材が劣化しますので(例えば、ゴムはボロボロになり、アクリルは白濁します)、あまりお勧めできません。

 他の人から回答されているように、頻繁に使うカメラ・レンズにはカビは生えません。しかし、プロでもない限り、使わない期間が生じることもあるでしょうから、「使う」ことを防カビ対策とするにはリスクがあります。

 お勧めは、除湿剤とともにビニール袋に入れることです。100円ショップなどで売っている、口をピッタリ閉められる袋を使うと便利です。中の空気をなるべく少なくします。ただし、頻繁に使うカメラでは、結構面倒ですけど(^^;)。

 拙宅には、カメラ100台以上、レンズ200本以上があります...続きを読む

Q乾燥剤ってどこに売ってますか?

ハーブティのハーブを保管するのに乾燥剤を購入したいです。
ネットではなくて実店舗で買いたいのですが、近くのお店やスーパーには売って無いようです。
どういう場所で購入すればいいのでしょう?
何コーナーに置いてあるものですか?

Aベストアンサー

・大手の100円ショップ(○○ソーとか)
・個人でも購入できる食品卸販売店舗(○○○商会のような)
にて販売されています。
また経験上から言いますと100円ショップの場合、天日干しやレンジを利用することにより再度その乾燥剤を使用することが出来る物が多く置いてあります。

Qデジタル一眼を所有する上で、必要最低限のアクセサリって何なんでしょうか

デジタル一眼を所有する上で、必要最低限のアクセサリって何なんでしょうか?

回答、よろしくお願いします。
初めてのデジタル一眼を購入してから1ヶ月が経ちました。
友人の所有する物を使って撮れた写真の綺麗さに惹かれ、「迷っているなら買ってしまえ!」と思い切ってのことです。

正直、コンパクトデジカメは持っていましたが、デジタル一眼に関しては全くの初心者。
店頭で買った際に店員さんから聞いたのは、カメラケースと記録媒体(SD)があれば、最初は十分というようなことでした。
友人にも聞きましたが、彼は特に買った物は無いとのこと…
でも、色々なサイトを見ると、掃除道具?とか必要だということも、段々分かってはきています。

カメラ専門店の店頭に行くと、色々なものが置いてありますが、どういうものを揃えるべきか分からず…
何も知らないで、あれこれと買わされるのではないかと思うと怖くて、店員さんにも相談できません。

今、手元にあるのは、カメラ本体とレンズ、それとバッグです。
掃除道具とか、何か必要なもの、それに対してオススメの商品があれば、是非、教えていただきたいです!

また、今は必要ないかもしれないけれど、いずれ必要になるかもしれないもの、あったら便利だと思われるものがありましたら、それも教えていただけると助かります!

それと保存方法なんですが、バッグに入れたまま、部屋の隅に置いてありますが、問題は無いでしょうか?
長く使っていきたいと思っています。

同じような質問も沢山あるかと思いますが、是非、よろしくお願いします!

デジタル一眼を所有する上で、必要最低限のアクセサリって何なんでしょうか?

回答、よろしくお願いします。
初めてのデジタル一眼を購入してから1ヶ月が経ちました。
友人の所有する物を使って撮れた写真の綺麗さに惹かれ、「迷っているなら買ってしまえ!」と思い切ってのことです。

正直、コンパクトデジカメは持っていましたが、デジタル一眼に関しては全くの初心者。
店頭で買った際に店員さんから聞いたのは、カメラケースと記録媒体(SD)があれば、最初は十分というようなことでした。
友人にも聞き...続きを読む

Aベストアンサー

掃除用具としてはブロアーがあれば当面は十分です。

プロテクトフィルターはなくても別に困りません。
ぶつけてもレンズに傷が付かない…という意見もありますが、ぶつけたらプロテクトフィルター…割れませんか?そうしたらレンズに致命的な傷が付くリスクが高まると思うんですけどね。
ぶつけたときに(ガラス)レンズを守ってくれるのはレンズキャップです。プロテクトフィルターは物理的衝撃から守ってはくれません。

プロテクトフィルターが一番有効に活躍するのは雨の中の撮影など濡れる場合があるときですが、レンズとボディが防塵防滴仕様である必要がありますが、レンズ・ボディが防塵防滴じゃない場合はカメラ用レインカバーを使用すれば凌げます。
レンズ(一部分でも)がむき出しになるレインカバーではPフィルターが無いとレンズ内に水が容易に侵入してしまいます。


レンズやフィルターについた指紋汚れなどの対策にレンズクリーニングキットがあった方がよいでしょう。
クリーニング液とクリーニングペーパー、場合によっては綿棒がセットになっているやつで最初は十分です。
専用ペーパーとは言え力任せに擦ったのではレンズに傷が付くので最初はブロアーででかい埃を吹き飛ばしてからクリーニングしましょう。



>それと保存方法なんですが、バッグに入れたまま、部屋の隅に置いてありますが、問題は無いでしょうか?
バックってどういうモノですか?
金属製のケース…ではないですよね?

保管は湿気が大敵です。そのためカメラ保管用にドライボックスとか防湿庫という物が売られています。本当はそういう物を使用した方が万全なのですが、そういう物を用意するまでのつなぎであればバックの中に除湿剤くらい入れておいた方が良いかもしれませんね。
湿気が大敵ですが乾燥しすぎもよくありません。除湿剤を入れるにしても足りないかな?と思うくらいがちょうど良いでしょう。
あるいは風通しの良い場所で棚においておくという方法でもかまいません。

掃除用具としてはブロアーがあれば当面は十分です。

プロテクトフィルターはなくても別に困りません。
ぶつけてもレンズに傷が付かない…という意見もありますが、ぶつけたらプロテクトフィルター…割れませんか?そうしたらレンズに致命的な傷が付くリスクが高まると思うんですけどね。
ぶつけたときに(ガラス)レンズを守ってくれるのはレンズキャップです。プロテクトフィルターは物理的衝撃から守ってはくれません。

プロテクトフィルターが一番有効に活躍するのは雨の中の撮影など濡れる場合があるときですが...続きを読む

Q買って半年のズームレンズ内にチリ

某レンズメーカーのズームレンズを買ったのですが、先日レンズをクリーニングしていたらマウント側から見て、レンズ内に0.5ミリ角位のチリがあるのを発見しました。早速この事をメーカーにメールしたのですが、ズームレンズはチリの混入は避けられず、修理は無料で行いますが保証期間中でも送料は客の負担になるという回答が返ってきました。
これって普通の対応なのでしょうか?
ズームレンズはチリが混入しやすいという事は、カタログにも載っていません。送料は私が負担するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も経験した事があります。
私の場合は某外国有名ブランド90mm単焦点レンズ(実は日本製)でしたが、港区高輪のカメラ店(今は倒産してしまいましたが)で購入しました。
同じようなチリがマウント側に見えました。

お店の人によると、
「よくあるんですよ。写りに影響はありません。日本人は特にこういったことを気にされるんですよねー。台湾や韓国やアメリカのお客様はあまり気にされませんよー。」
などと言いつつも結局は無償交換してくれました。
言いグサにちょっとムッとしましたが、「交換してくれたんだから、ま、いいか。」と、引き下がりました。
だいたい、私自身もチリに気がつかずに使っていたくらいですから、実際お店の人の言うことも正しいのだと思います。

今回のメーカーの対応も、一応無償修理してくれるとのことですのでまあまあ良心的と言えるのではないでしょうか?(お気持はわかります。あまり愉快ではないですよね。)まあ、電車賃を払って都心のメーカーのサービスセンターに出向いたと思って納得いきませんか?


人気Q&Aランキング