俺の親父の弟が3年前に倒産して、その中にその弟が親父の保証人で銀行から1000万円借りてました。弟の所には弁護士が入ているのですが、すべて弁護しか債務の関係をやっているのですが、倒産後から一切連絡がありませんでした。
 そして2年程前に親父が亡くなって仕事の関係や個人の借金及び保証人については、死亡診断書の提出で済んでいました。

 ところが先日銀行から急に電話があり、「保証人になった分について家族で払ってもらうかもしれない。」と言う電話を貰いました。

 質問は、1 こういう状態でも家族が払わなければいけないのでしょうか?
     2 弁護士が入っていても最終的には一緒でしょうか?
     3 死亡診断書を出しても一緒でしょうか?
 

  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたのお父さんが、倒産した叔父さんの保証人になっておられたのですね。


そして、お父さんが亡くなられて2年ほど経ってしまった。

ご質問の1ですが、
こういう状態でも、財産(プラスもマイナスも)は相続されます。
相続財産の放棄という手段があったのですが、マイナス財産のあることを知って3ヶ月以内という制約があるので多分もう遅いでしょう。ついこの間まで保証のあることは知らなかった、知ってからまだ3ヶ月経っていない、ただし、プラスの財産にもまだ一切手をつけていないという場合であれば別ですが。。。

2.弁護士はあくまでも叔父さんの弁護人です。ですからあなたの側にも有利になるようにといった取り計らいはその弁護士に期待できないのが普通です。

3.死亡診断書は、あなたのお父さんが亡くなった、つまりその時点で相続が開始したということを証明するものです。それで支払いが免除されるということにはならないで、相続人に支払責任が移ったということの証明に他なりません。

以上のようなことですので、お気の毒ですが、あなたの方の相続人が何人おられるか知りませんが支払い責任が発生しているようです。銀行に行かれて無理のない分担と支払方法の相談をされることをお勧めします。
なお、弁済された額は叔父さんに対して「求償」といって支払請求することが出来ます。
大変でしょうが、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 よく理解できる回答有難う御座いました。
 
 取り合えず今は、まだ叔父の方が正式に色々と決まってるわけではないし、整理自体がまだ付いていないのではっきりとは言えません。まだ相当掛りそうなのでこの回答を参考にします。

 また分からない事があったら質問したいと思います。

 

お礼日時:2001/04/30 20:48

結論から言いますと、親の借金でも「相続」しなくてはいけません。


しかし、亡くなったお父上の生命保険や財産等を差し引いても
「借金」(ここでは保証債務も含めて)が多く、結果相続する金銭や
財産(お金に換算して)がマイナスになる場合は、「借金の相続」を知った日から
3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続権の放棄」を訴えれば、その借金を相続人が
受け継がない事となっています。詳しくは自治体の法律無料相談を受けてみて
下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被相続人が死亡したのですが相続である弟と姉がおり、姉が死亡してしまったのですが

被相続人が本年なくなりました。親も子も配偶者も無く、姉と弟だけが相続人となったのですが遺産分割前に相続人である姉が亡くなってしまいました。相続人は弟となくなった姉の子が現在おりますが相続の割合はどうなりますか?
又姉の子の相続税は姉が相続した時の相続税と姉から相続した場合の二回分を納税しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 被相続人が本年なくなりました。親も子も配偶者も無く
の部分は、
・Aが死亡した。
・Aの死亡時点で、Aに配偶者はいなかった。
・Aには子がいない。
・Aの死亡時点で、Aの両親は故人だった。
と「断定」させていただきます(細かいことなんですが、それが必要なんです)。

その結果、Aの法定相続人は「Aの姉(B)」と「Aの弟(C)」の2人となった。
ところが、「遺産分割『協議』前」にBが死亡してしまった。
Bには子がいる。
…のですよね?
「遺産分割前」であっても「遺産分割協議」が済んでいれば、その協議に従って分割をするだけです。
「遺産分割『協議』前」ならば、CはBの法定相続人とAの被相続財産について「遺産分割協議」を行います。
どのように「分ける」ことにするかは、「遺産分割協議」によって決めます。

法定相続割合に従うのならば、Aの被相続財産についての分割割合は
・C…2分の1
・Bの「法定相続人」…2分の1
になります。
ご質問文には、「Bに子がいる」ことは書かれていますが、Bの法定相続人が誰であるかは特定されておりませんので(もしかしたら配偶者がいるかもしれませんし…)。

> 又姉の子の相続税は姉が相続した時の相続税と姉から相続した場合の二回分を納税しないといけないのでしょうか?
はい、そうです。
ただし、「10年以内に2回以上相続があった場合」、最初の相続(「第一次相続」といいます)にかかる相続税の一部を、2回目の相続(「第二次相続」といいます)にかかる相続税から控除できます。
我が家は、父が、母と姉を3年の間に亡くしまして、これに該当しました。

> 被相続人が本年なくなりました。親も子も配偶者も無く
の部分は、
・Aが死亡した。
・Aの死亡時点で、Aに配偶者はいなかった。
・Aには子がいない。
・Aの死亡時点で、Aの両親は故人だった。
と「断定」させていただきます(細かいことなんですが、それが必要なんです)。

その結果、Aの法定相続人は「Aの姉(B)」と「Aの弟(C)」の2人となった。
ところが、「遺産分割『協議』前」にBが死亡してしまった。
Bには子がいる。
…のですよね?
「遺産分割前」であっても「遺産分割協議...続きを読む

Q債務者死亡により連帯保証人に要求された追加担保と追加保証人について

私は、親が相続税対策のために建てたアパートの連帯保証人になっていました。親がなくなったので名義変更をしに銀行にいきましたが、そこの銀行より現在のアパートは資産価値が借入金より低くなっているので別途追加の担保を入れてくれということでした。
これに対して私は、名義変更のみなら何時でも受け入れるが追加融資も受けていないのに何故追加担保を入れる必要があるのか、私は親がなくなった後も一切の滞納もなく支払を続けているし、これからも連帯保証人として責任を持って支払っていくから承諾できないと拒否しました。
その後も銀行は同じ事を再三言ってきましたが、私も同じように拒否してきました。
すると今度銀行は追加担保はもういいから、その代わりに連帯保証人をつけてくれといってきました。私はこれについても同じように拒否しています。
何故なら、銀行が当初から追保証人をと言って来ていたのであれば、そのときはしぶしぶでも納得したのですが、当初は担保要求をし、それが駄目だから今度は保証人をという銀行のやり方に怒りを覚えたからです。
私は、銀行に「契約書に借入人が亡くなったときには、そのときの資産価値により新たに追加担保を要求することがある。」または、「そのときには新たに保証人をつけなければならない。」と言うような記載がありますか?もし、そうであれば直ぐにその通り実行しますよといいましたが、それに対して銀行は何も言わずただ保証人を付けてくれの一点張りなのです。
そこでお尋ね致しますが、この場合はどうすればよいのでしょうか。やはり、保証人をつける必要があるのでしょうか。良きアドバイスをお願い致します。

私は、親が相続税対策のために建てたアパートの連帯保証人になっていました。親がなくなったので名義変更をしに銀行にいきましたが、そこの銀行より現在のアパートは資産価値が借入金より低くなっているので別途追加の担保を入れてくれということでした。
これに対して私は、名義変更のみなら何時でも受け入れるが追加融資も受けていないのに何故追加担保を入れる必要があるのか、私は親がなくなった後も一切の滞納もなく支払を続けているし、これからも連帯保証人として責任を持って支払っていくから承諾できな...続きを読む

Aベストアンサー

多少銀行の内部事情を知っている立場からアドバイスさせていただきます。

銀行が要求している理由は、あなたの立場が相続により連帯保証人から本来の債務者の立場に変更になることによって、保証人不在の状態となるため、債権リスクが高まり銀行内部での渉外担当者やその支店長が自分の査定が下がることを懸念して、勝手なことを言っているだけです。
おそらく担当者が支店長などの上司から、リスクが高まったため、要観察先や要管理先となることを恐れてリスク低減を強く迫られて要求しているのでしょう。

貸し出し実行時から要求の内容が契約で定められているわけでもないので、担当者の立場のための要求など突っぱねれば良いと思います。
(ただしその銀行からは今後新規融資を受けにくくはなると思いますが)

そもそもその施策は金融庁の銀行保護行政の勝手な指導によるところでもあります。
そもそも担保割れになったのは銀行の判断が甘かったためなので、あなたがそのリスクを負う必要は全くありません。

法的には、あなたは自分の義務の範囲で、決められた返済をきちんとしていれば、銀行にそれ以上の要求をする根拠はありません。

多少銀行の内部事情を知っている立場からアドバイスさせていただきます。

銀行が要求している理由は、あなたの立場が相続により連帯保証人から本来の債務者の立場に変更になることによって、保証人不在の状態となるため、債権リスクが高まり銀行内部での渉外担当者やその支店長が自分の査定が下がることを懸念して、勝手なことを言っているだけです。
おそらく担当者が支店長などの上司から、リスクが高まったため、要観察先や要管理先となることを恐れてリスク低減を強く迫られて要求しているのでしょう。

...続きを読む

Q親父の死亡による借金の相続について

お世話になります。先日親父が死亡し、色いろ調べているうちに借金があることが判りました。

まだ、債務の全額は判らないのですが家、土地が親父と共有名義になっており、相続放棄は考えておりません。お伺いしたい点は以下のとおりです。

1 通帳でしか債務が確認できないんですが(契約書の類は無し)債権者を特定する方法はあります   か

2 債務残高を債権者に聞く場合親父が死亡したため と聞くと1活返済を言われそうですが、何か良  い言い回しはあるでしょうか?

3 同様に銀行にもカードローンがあり、親父の口座の残高を0円にしたところ自動でカードローンより  補填されてしまいました。車のローンほか決済はこの口座での引き落としになっていますが銀行に  も親父が亡くなった旨説明をしたほうが良いのでしょうか。

4 通常サラ金やカードローンなどは加入者が死亡した場合は借金は無くなるものと認識していました  がこちらも相続になるのでしょうか?

以上分かりにくい点もあろうかと思いますが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在、父親名義の口座で引き落としを確認することでしょう。
カードやサラ金にしても振込み用通帳があると思います。
いずれ請求が来るとは思いますが。

一括返済を迫ることは通常は無いです。
返済計画を引き継ぐもしくは見直し、負の遺産を返済していきます。
金融としても現在価値があるのかないのかわからん担保を
二束三文で売り払うよりも、返済してもらったほうが得です。


「親父が亡くなった旨説明をしたほうが良いのでしょうか」
どの程度の借金と資産があるのか調査するには
金融機関にも動いてもらう必要があります。
固定資産は役場で確認できますが。

死亡時にローン返済を死亡保険金でまかなうこともありますが、
各契約ごと取り決めがなされてます。


一つ一つ借金を確認して、どのように返済するか計画するだけです。

代書屋に頼まれても良いですが、
借金がいくらあるのかわかりませんが、
相続放棄せずに家と土地は残したいと相談すると
かなりの出費になることは予想できます。

Q叔父の会社が倒産し、母が連帯保証人になっています。

現在、住んでいる家と土地は母と叔父(ふたりは兄弟です)の共有名義になっています。この家と土地を担保に、叔父の経営する会社にお金を貸しましたが、先日、その会社が倒産してしまいました。契約書には、叔父と母が連帯保証人となってサインしています。倒産した時点での返済残高は、土地と家に対して、およそ3分の1の額が残っていると考えられます。こうした状況では、母にはどのような負担がかかるのでしょうか。単純に考えれば、土地よりも借金の額面が低いので、処分すれば完済できると考えてしまいますが、そうしたことは話し合いのもと、できるのでしょうか。あるいは、残高にかかわらず、倒産したことで土地が差し押さえられるということも起こりえるのでしょうか。非常に不安です。ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

貴方が叔父さん経営の会社にお金を貸したのですか。
それとも土地家屋を担保に金融会社(銀行)からお金を借りたのですか。

文面でははっきりしません。金融会社からの融資を受けた場合は連帯保証をしている叔父さん、お母さんに債務弁済の義務が生じます。

この場合残債の半分づつではなく、融資をした方は両方に債務の弁済を求める
事が出来ます。叔父さんに支払い能力がなければお母さんに残債全額の弁済を
求めてくると思います。

正規の金融機関で有れば抵当権を実行するよりも債権の回収を優先するはずです。
残債の返済期日を延期し分割返済の交渉が出来ます。

叔父さんが経営者であれば債務の返済能力は無いと思われます。お母さんに収入
はあるのでしょうか。もしお母さんに収入がなく叔父さんも返済が不能となれば

金融機関は抵当権を実行すると思います。これによって残債より高く競売できれば
競売額から残債を差し引いた金額は不動産の所有者に返ってきます。

競売された家屋に住めるかどうかは、落札者により色々です。住めない事が多い
と思います。

お母さんに収入があり分割して返済をする約束が金融機関と出来れば、お母さん
が返済し、その元利合計をお母さんと叔父さんとの間で金銭貸借の契約を交わし

叔父さんの再起が出来た時に返して貰うと、言う方法も有ります。抵当権つきの
不動産の売買も出来ますが、これは買う相手によっては買い叩かれます。

個人経営に近い会社ですと法人の会社と、社長個人との区別をあいまいに考える
事が多いのですが、会社と社長個人とは別々のものです。

もし叔父さんにこの不動産以外の資産があるようでしたらそちらを先に処分して
債務の弁済に当てて貰うなど出来ないのでしょうか。

連帯保証は債務を保証人で等分するのではないことを覚えて下さい。
他人の連帯保証をし丸裸になった例も知っています。

お金を借りた本人は再起してゆうゆう、保証人は居なくなることも多々有ります。

大変非情な回答ですが、これが金銭貸借の実態です。

貴方が叔父さん経営の会社にお金を貸したのですか。
それとも土地家屋を担保に金融会社(銀行)からお金を借りたのですか。

文面でははっきりしません。金融会社からの融資を受けた場合は連帯保証をしている叔父さん、お母さんに債務弁済の義務が生じます。

この場合残債の半分づつではなく、融資をした方は両方に債務の弁済を求める
事が出来ます。叔父さんに支払い能力がなければお母さんに残債全額の弁済を
求めてくると思います。

正規の金融機関で有れば抵当権を実行するよりも債権の回収を優先...続きを読む

Q叔父の会社が倒産。保証人である父の返済責任は?

この度叔父の会社が倒産しました。
叔父の実兄である私の父は保証人となっています。
そこで下記についてお教えください。
(1)数年前に家や土地など大きなものは父の名義から息子である私の弟の名義に変更しました。
 父は「残った自分名義の資産だけでは全ての債務の清算はできない」といっています。
 この場合弟名義のものまで差し押さえされる可能性はありますか?
 (弟は跡取りであり、今現在父と同居中です。また、名義変更についてですが、父も会社経営をしており、景気の悪い昨今、いつ何が起こるか分からないので万が一の時、息子・家族が路頭に迷うことのないようにとの思いと、資産は自分が元気なうちにしっかりと息子と話をして引き継がせたいとの思いから生前贈与としたようです。今回の叔父の会社の倒産とは全く関係ないところでの名義変更でした。5~6年前の事だったと思います。)
(2)母名義の預金も差し押さえられますか?
(3)倒産となった今から母の預金を弟名義の口座へ移した場合『資産隠し』とみなされることはないでしょうか?
(4)少しでも父・母・弟の資産等を確保する為に出来ることは何がありますか?

『倒産』『保証人』と一口にいってもその内容によって状況は変わってくるとは思うのですが詳しいことが分からないため上記内容で分かる範囲、または可能性としてで結構ですのでお教えください。
父はあまりこういったことを話さず、一人で解決しようとしてしまう性格で詳しいことがよく分かりません。
大切なことなのでもちろん父も弁護士などを通して解決すべく動いていると思いますが、一人で抱えてしまう父を少しでも助けたい、少しでもその状況を把握し何か協力したいと思っています。
とは言ってもこういったことに全く無知な私には到底直接的な協力は出来ませんが、まずは少しでもこの状況を把握、理解することから始め、間接的にでも父の支えになれればと思い投稿させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

この度叔父の会社が倒産しました。
叔父の実兄である私の父は保証人となっています。
そこで下記についてお教えください。
(1)数年前に家や土地など大きなものは父の名義から息子である私の弟の名義に変更しました。
 父は「残った自分名義の資産だけでは全ての債務の清算はできない」といっています。
 この場合弟名義のものまで差し押さえされる可能性はありますか?
 (弟は跡取りであり、今現在父と同居中です。また、名義変更についてですが、父も会社経営をしており、景気の悪い昨今、いつ何が起こるか分...続きを読む

Aベストアンサー

(1)(2)(3)債務者や(連帯)保証人以外の財産が差押えの対象にはなりません。ただ、法的にはどうあれ銀行等の債権者は予めそれらを担保にとっている可能性はあります。
また、弟への譲渡も資産隠しととられる恐れはあります。
(4)法テラスや弁護士会、司法書士会等での相談をお勧めします(市役所等でも無料法律相談があります)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報