出産前後の痔にはご注意!

将来体育教師になりたいと思っています。
ですが高校が進学校で部活が茶道か剣道部しかありません。
なので部活には入ってきませんでした。

運動は普通です。
小さい頃からダンスをしてきましたが大会に出た経験もありません。
学校でダンスを教えたのをきっかけに教師に興味をもちました。
またいつも相談に乗ってくれる体育の先生の影響もあります。

大学は体育学部のあるところを受けます。
ダンスのサークルがあるところで、入ろうと思っています。

やはり部活をやっていなくて教師にというのは難しいですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

50代の現役の保険体育の教師に聞きました。


体育教師には、二つのパターンの教師がいるそうです。

その1
自分の得意分野のスポーツをしている方。バスケならバスケに関しては、圧倒的に得意。
だけど、他の競技などは、どうにか生徒に教えられるだけのレベル。

その2
自分の得意分野を全く持たない方。
しかし、どの競技やスポーツもそこそここなす人物。

部活の顧問は、体育教師だけではありません。
まったくやったことのないスポーツの顧問を無理やり押し付けられることは、珍しいことではありません。
体育教師なら、必ず運動系の部活の顧問は、ほぼ100%確実かもしれません。
教師なんだら、部活指導はできるでしょう。
細かいことは、キャプテンを上手に使うことでしょうか。
    • good
    • 1

難しいです。



体育学部で教職を撮れば教員免許は取れると思いますが、
二つの点で難しい。

ひとつは自分自身煮の部活の経験がないと、生徒を指導するときに心許ない。
二つには体育は採用人数が少ないので倍率が高い。

コネはとくになくても大丈夫。
    • good
    • 1

補足してください。


小中学校希望なのか、高校なのか。
部活動は、必要です。
部活顧問にさせられてしまい、要領よく立ち回らないと休暇はお正月だけになってしまいます。
 地域の大会で役員などして、顔を売ることも必要でしょう。
  今は、超人気職業です。
   コネは絶対必要です。
 コネの強い旧師範系の大学を出ておけば間違いはありません。
 柔・剣道部など、特にコネの強い所もあります。
  中学校や小学校の恩師を尋ねて様子を聞いてみるのも一方です。
   受験地でどのような部活動が盛んか調べましょう。
    女子バレーボールとか、陸上とかです。
  全然ない部活動では、採用側であまり興味を示しません。   
 教員免状より、採用されることが要件です。
  プール監視員とか、キャンプの補助員とか、学生時代から教育委員会に連絡を取ってアルバイトでも実績を積みましょう。
 語学研修を海外で受けて、小学校に潜り込んで、中学校へ移動する手もあります。
  直ぐに希望道理にはなりませんが、小・中・高の免状は取りましょう。
   小学校希望が無ければ、登録しないという手もあります。
  採用までに講師採用で人を見る場合もあります。
     音楽や技術家庭・美術の教員が少ないと聞いたことがあります。
 今は人気職業ですので、とにかく行事に参加して、親戚縁者を当たって、コネを探すことです。
  どんな新任を採用するかという情報を得ることが肝要だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体育の先生になるにはどうしたら良いのですか。

僕のお世話になっている方の息子さんが現在高校3年生です。
彼は体育の先生になりたいそうなのですが、今後はどういう道を
たどれば先生になれますか。

単純に日本体育大学が良いと思うのですが、高校時代にスポーツで
好成績を残さないと進学できないのですか。

彼は特にスポーツで優秀な成績はありません。

何か力になりたいと思って質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、大学で教育学科のあるような大学ですが、入学試験を突破
できる学力がなければいけません。普通の4年生大学に進学でき
る程度の学力があれば、もちろんそのような大学に進んで、体育
の先生を目指せばよいのだと思います。特に教員採用試験で実績
の高い国立大学などを目指すと、よいと思います。

上に書いてあることは当たり前のことのようですが、なぜ上記の
ようなことをわざわざ書いたかというと、「体育の先生になりた
い」と言ってくる生徒の少なからずの生徒は、そもそも「4年生
の大学に進学するだけの学力」を、必ずしも備えているとは限ら
ない生徒たちなのですね。
勉強は苦手だが、運動はできる、という場合に、将来の職業を見
通して、「体育の先生になりたい」というケースが、半分以上だ
と思います。

高校時代にインターハイレベルの成績を残している生徒ならば、
推薦で合格する道も模索してよいでしょう。しかし、スポーツで
際立った成績がなければ、一般入試を受けることになります。

ご質問の日本体育大学は、実技と学力試験が半分ずつの配点に
なります。
実技に関しては、飛びぬけた運動能力が求められているわけで
はありません。高校時代のスポーツの成績も、全く関係があり
ません。だから、高校時代にスポーツで活躍した経歴などなく
ても、全く問題なく合格できます。当日の試験で、合格点が取
れるかどうか、というだけの問題です。

ただ、受験する生徒の運動能力レベルは当然高いですから、あ
る程度運動が得意なことは当然の前提です。実技試験で課せら
れるのは「100m走」「球技」「マット運動」の3つだったと思
います。100m走ならば、最低12秒台程度では走らないと、平均点
以上は取れないでしょう。当日試験が雨ならば、幅跳びになった
はずです。球技は確か競技がバスケ、バレー?などから選択がで
きたように記憶しています。難解なことが求められているわけで
はありません。マット運動は、少し独特なので、やり方や採点基
準などを知っていないと、運動が得意でもつまづく可能性があり
ます。(注:入試の詳しい情報は、数年前のものなので、最新の
情報を入手してください。それほど大きくは変わっていないと思
いますが。)
いずれも、運動がある程度得意、と思っている生徒ならば、きち
んとトレーニングを積んでおけば、こなせないものではありませ
ん。ただし、最初にも言ったとおり、集まってくるのは運動が得
意な生徒ばかりですから、レベルは低くはないことは、覚悟して
おきましょう。「井戸の中の蛙」で、たまたま自分のいる高校で
は運動が得意、で通っていても、それが全国から集まってくる生
徒たちの中に混じって、どの程度力があるのかを、客観的に数値
などで測っておいた方がよいでしょうね。

それほど運動が得意でなくても、学力がある程度あるならば、そ
ちらで挽回することはできます。試験の半分は、学力試験ですか
ら。
入試問題は、一般的な入試のレベルからしたら、非常に簡単なも
のです。国語と、数学または英語のどちらかを選択する2教科入
試です。運動が苦手でも、ある程度学力があるならば、しっかり
勉強すれば、2教科それぞれで満点近く取れてしまい、実技が多
少できなくても、合格はできます。
集まってくる生徒は、上記で言ったように、「運動はできるが、
勉強はダメ」という生徒が過半数なので、こちらのレベルは高く
ありません。本当の本当に、「勉強は全くダメ」という生徒が、
たくさんいます。問題も、普通の4年生大学の問題のレベルで考
えれば、とても簡単な部類に入るでしょう。
とはいっても、大学入試ですから、やはり勉強しなければそんな
に容易に点数が取れるわけでもないです。問題自体が簡単なので、
科目によっては満点近く取れないとまずい場合もあります(近年
は少し難化しているようですが)。また、多くの生徒にとっては
「運動ではできるが勉強はダメ」なのだから、この学力試験の方
が、突破するのに障害になるケースも、多くありますね。だから、
受験直前は、運動のトレーニングもしますが、ひたすら勉強漬け
になります(受験生だから当たり前なのですが)。

というわけで、まとめると、

1 高校時代のスポーツの成績などは関係なく当日の試験で入れる
2 実技試験は、ある程度以上の運動能力が必要
3 運動能力が際立っていなくても、勉強ができるならば、学力試
  験で突破することができる

の3点ですかね。体育の教員になる学生は多いですから、日本体育
大学は、悪くない大学だと思います。

ただ、学力にもっと余裕があるならば、他の大学を狙えるでしょう
ね。学力次第で、国立大学の教育学部が狙えるならば、当然そちら
がよいでしょうし、体育大学としてはもう少し難関の、順天堂大学
や、場合によっては早稲田大学のスポーツ科学部といった選択肢も
ありますね。
繰り返しになりますが、受験の情報は最新のものを確認してくださ
い。体育大学には、専門の予備校などがあるので、そちらで確認し
てもよいでしょう。
長くなりましたが、以上です。

まず、大学で教育学科のあるような大学ですが、入学試験を突破
できる学力がなければいけません。普通の4年生大学に進学でき
る程度の学力があれば、もちろんそのような大学に進んで、体育
の先生を目指せばよいのだと思います。特に教員採用試験で実績
の高い国立大学などを目指すと、よいと思います。

上に書いてあることは当たり前のことのようですが、なぜ上記の
ようなことをわざわざ書いたかというと、「体育の先生になりた
い」と言ってくる生徒の少なからずの生徒は、そもそも「4年生
の大学...続きを読む

Q娘が、高校の体育教師になりたいと言いますが、

現在高2の娘が、高校の体育教師になりたいと言います。大学進学を考える上で体育系の大学を検索していますが、しかし、そもそも体育の教師の募集が各県でどのくらいあるのかすらわかりません。

筑波大学や早稲田大学は実力からして無理そうです。狭き門としても、どの大学がどの程度実績を残しているのか、ご存知の方、教えてください。

大学ごとの情報でも、少しの情報でもうれしいです。

高2模試は3教科の偏差値58。バレーボールのレギュラー、県でベスト4止まり。きついお言葉も歓迎です。ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

兵庫教育大80%と島根大鳥取大30%の教員就職率の差に関して述べますが、これは、大学の定員や地域による採用数の違いによります。
現実、島根県や鳥取県は兵庫県より採用数はかなり少ない状況ですし、その大学を出たからと言って、その所属する県に就職するとは限りません。
また、教員就職率は大学卒業用件に教員免許必須とされている人だけですから、実際0免過程の学科や理学部などの他学部も入れると変動は大きいかと思います。

現状の教員採用数ですが、小学校は都市部を中心に増加中です。地方は現状維持や削減、または数年後に増加傾向とされています。
中学校はも小学校と同様です。
ちなみに高等学校ですが、実は全国的に減少気味です。実は、進学率等は上昇していますが、進学する生徒数が年々減少し、統廃合される学校が増加しています。
そのため、教員数が溢れてしまい、採用数が厳しい状況です。

地方にもよりますが、数学・英語は全国的に採用数は多めです。これは、習熟度別学習などの導入などにかかわっています。また、非常勤も増加しています。

体育ですが、実は採用されないわけはないのですが、インターハイ入賞や国体出場・入賞や世界大会出場など、何かしら実績がないと難しいと言われています。
大学の部活等で、頑張ってみることをお勧めします。

大学に関してですが、教育学部なら西は広島、東は筑波です。教育関係は特にそういわれています。
ただ、地方大学も悪くはありません。そこでどれだけ頑張るかが勝負ですから、広島や筑波に行っても頑張らねば、意味がありません。

よく、実績など数値を見て判断する人がいますが、そういう人ほど、大学入学後退学や就職の変化など大きいようです。
中身をよく見ることを強く勧めます。

兵庫教育大80%と島根大鳥取大30%の教員就職率の差に関して述べますが、これは、大学の定員や地域による採用数の違いによります。
現実、島根県や鳥取県は兵庫県より採用数はかなり少ない状況ですし、その大学を出たからと言って、その所属する県に就職するとは限りません。
また、教員就職率は大学卒業用件に教員免許必須とされている人だけですから、実際0免過程の学科や理学部などの他学部も入れると変動は大きいかと思います。

現状の教員採用数ですが、小学校は都市部を中心に増加中です。地方は...続きを読む

Q保健体育の教職について

こんにちは!

大学1年生です。

私が聞きたいことは
部活とサークルについてです。

今大学1年生です(^_^)

保健体育の教師になりたいのですが
自分に合う部活が見つからず
サークルに入りました

しかし、両親(両方高校の保健体育教師)から
「体育の先生になりたいなら
サークルじゃなくて
部活の方がいいんじゃない?」
と言われました。

それで、私はラクロスに
興味があったので
ラクロスに入ると言ったら
「専門性がないのは
あまりよくない」とも
言われました。
(ラクロスは中学高校で部活として
やっているところが少ないから)


それなら
体育教師を目指している人は
必ずしも部活に入り
そしてなおかつ専門性の
あるものに入らなければ
教師になれる確率は
低くなるのでしょうか?

この時点で
なるべく試験に有利な
方向をとりたいと
思っています(>_<)

保健体育教師や
保健体育教職をとっている人
わかる人お願いします!

Aベストアンサー

50代の現役の保健体育の先生に聞いたはなしです。
保健体育には、二つのパターンの教師がいるそうです。

その1
自分の得意分野を持っている教師
(サッカーならサッカーがとてもよくできる。他は教える程度)

その2
これといって得意分野がないけれど、どれもそこそこできる教師


質問者さんの回答にならなかったかもしれません。
要するに教員採用試験は、教養試験、実技試験、面接です。
大学で部活だったか、サークルだったかで合否は決まらないように思います。
何にも所属していないと具合が悪いかと思いますが。

Q学校の常勤講師で数年の生活はできますでしょうか?

24歳のサラリーマン(男)です。現在社会人2年目です。

28歳に会社を辞めて、中学校の数学教師になりたいと思っていますが、26歳には結婚をして、同時期に子供を生みたいと考えています。

28歳で教員採用試験が受かるのがベストなのですが、数年は常勤講師としての生活も考えられます。
中学校常勤講師で、妻と子供一人の生活をまかなっていけるものなのでしょうか?
講師として働く場所は、土地が高くない田舎の地方で働こうと思っています。

特に経験者の方がいたらご教示願います。よろしくお願い致します。


※28歳で辞める理由は、教員採用試験より「民間企業で5年働いた経験がある場合」という特別経験枠(社会人経験枠)がある都道府県がいくつか存在するので、それを活用できたら良いという思いからです。

Aベストアンサー

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


●経験者枠
採用試験に落ちても常勤講師で採用され、それも2~3年勤続したら、経験者枠で受験できる場合が多いです。社会人枠よりも合格しやすいような気がしますが如何。


●常勤講師の採用
ほとんど書類選考です。いかに各学校長の目にとまるかがポイント。指導できそうな部活動はありったけ書きましょう。履歴書の内容にインパクトがなければ、常勤講師の座も遠のきます。なお、勤務地などに条件を付けたら、採用される可能性は当然、下がります。理想は「勤務地不問」。

また、一度、常勤講師で採用され、問題なく?一年を勤め上げられたら、次年度の常勤講師に優先的に?採用されます。正規教諭で埋まらない穴は、まず最初に、前年度の常勤講師で埋められるだけ埋めていきます。それでも埋まらなかった枠に、ほかの登録候補者をあてる、という感じになりますので。

小学校の教諭だと人手不足で、常勤講師に登録したら即?採用らしいです。

ただ、最大の難点は、3月末になってはじめて「四月から勤務してもらえないか」と話が来る場合がほとんどだということ。ほかに仕事を持っていたら、「んな、急に今の仕事を辞めるわけにもいかんし!」と辞退せざるを得ないケースも。


●社会人経験枠
教育現場とどれくらい関連性をアピールできるか、ポイントにはなってくると思います。これって、その道のプロを教育現場に呼び込もう、という発想でできていると思いますので。なので、英語や工業(高校)、商業(高校)などに科目限定している自治体も多いような気がします。実際にこの枠から採用される数は少ないと思われます。


●一芸枠
ほかに、自治体によっては一芸枠?みたいなのもあります(北海道など)。全国大会出場レベルの、何か実績があれば採用されるとか、英検一級とか持っていると、別途考慮してもらえるとか。


●私学
コネがないと難しいと言われる世界ですが、意外と?公募しています。
http://www.shigaku.or.jp/koubo/index.htm

常勤講師か非常勤講師しか募集していませんが、受験者はほとんどいないようで、再募集をかけている学校も見かけます。公立の常勤講師よりも、とりあえず教壇に立てる可能性は高いような気はします。ただし給与は常勤講師で、ボーナス無し、一律で大卒の初任給くらいだと思っていた方が良いかと。勤務状態が良ければ、その学校の正規教諭への昇格が期待できると思います。

残念ながら私学での経験年数は、公立の採用試験の、経験者枠受験のための経験年数にはカウントされない自治体が多いかと思います。それでも、経歴としてはそれなりに評価してもらえるとは思います。

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


...続きを読む

Q志望動機の添削を...........

「私は将来体育教員を目指しています。私の目指す教師像は何かに夢中になることは楽しいことだということを体育を通して教えていくことです。日本体育大学は技術面はもちろんのこと精神面の授業も充実しており、私の目指す教師像に一番近付けると思い志望しました。」
この文についてのアドバイスをお願いします。
出来れば短くしたいのですが

Aベストアンサー

文章添削については素人ですが、気づいた点を少し。あなたの文章でもなかなか良いと思いますので、出来るだけ崩さないように考えてみました。

>私は将来体育教員を目指しています。

正確には「教員になること」を目指しているのだと思います。「私は将来体育教員になることを目指しています。」


>私の目指す教師像は~

「目指す」が前の文章とダブるので、他の言い回しに変えたいですね。それに、主語が「教師像は」に対して述語が「こと」というのはおかしいです。この文は、例えば「夢中になることの喜びを体育の授業を通して生徒に伝えることが私の理想です」のような感じに直してはいかがでしょうか? 「私は」を繰り返すのも無駄なので、適宜省くと良いでしょう。

>日本体育大学は技術面はもちろんのこと精神面の授業も充実しており、

授業というよりは教育というべきかと思います。

>私の目指す教師像に一番近付けると思い志望しました。

意味は分かりますが、「理想の教師像に近づくために日本体育大学が最適と思い、志望しました」とかはどうでしょうか?

今回は口頭で述べることを前提にして文章を考えてみました。書類に記入するとなると、さらに添削が必要になります。

ところで、出来れば短くしたいとのことなので、なるべく短くなるようにしましたが、はっきり言ってこれでは志望動機としては具体性に欠けています。面接などで質問されたときの回答として用意しておくのならば、もっと具体的な回答を用意しておいたほうが良いと思います。「生徒にどのようにして夢中になる楽しさを教えたいのか?」「日本体育大学の授業のどの点が精神面の教育として優れていると思うのか?」など。面接であれば、逆に面接官から質問されるかもしれませんよ。

ま、一番大切なのはあなたが自分の言葉で語ることです。自信を持って、がんばってください。

文章添削については素人ですが、気づいた点を少し。あなたの文章でもなかなか良いと思いますので、出来るだけ崩さないように考えてみました。

>私は将来体育教員を目指しています。

正確には「教員になること」を目指しているのだと思います。「私は将来体育教員になることを目指しています。」


>私の目指す教師像は~

「目指す」が前の文章とダブるので、他の言い回しに変えたいですね。それに、主語が「教師像は」に対して述語が「こと」というのはおかしいです。この文は、例えば「夢中になる...続きを読む

Qなぜ先生になったのですか?

私は公立の中学教師を目指しています。
しかし、現役の先生にそう言うと「今はどこも大変だけど、特に中学校は大変だよ。高校の先生の方がいいよ。」と必ず言われます。
そこで質問なのですが、中学校と高校の教師の違いとは何なのでしょうか?
また、実際に先生をやられている方は、なぜ中学または高校の教師を選んだのですか?
後、非常に根本的な質問になるのですが、なぜ先生になられたのですか?
先生方の意見をお聞きしたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現役の中学校教員です。
中学と高校の違いは、義務教育か、義務教育でないか、です。極端な話「退学」があるかないか、です。もちろん、高校では極力「自主退学」としています。将来を考えてね。
進学校では授業さえやっていれば生徒指導上の問題は考えなくてもよいし、スポーツに力を入れている学校は、規律に厳しいからあまり問題もないし。

一方中学校では、14歳以下だと、ガラスを割っても、暴力をふるっても、お咎めなしですから。子どもたちもそこらへんをよく知っています。やりたい放題です。新聞報道や警察に「逮捕」されるのはまだまだ少数です。

日々生徒指導に追われ、教材研究は自宅でやるのが常識です。その上、中学校では部活動をはじめ、さまざまな雑務に追われ、優秀な人材がなかなか本来の力を発揮できずにやめていくのを見聞きします。最近は、心を病む教員も増えています。それも一生懸命な人ほど・・・・
小学校では、授業を座って聴くことすらできない子どもたちを追い掛け回して座らせることから始まり、授業参観では親のおしゃべりを注意しなければなりません。
義務教育学校では、互いの授業を参観しあって意見を交わす研修が非常に盛んです。どうしたら、わかりやすい、子どもをひきつける授業展開ができるか?どんな教材が開発されるか?という研修を一生懸命していますが、それらは表には表れないことです。
そういうことが高校はまったくないと聞きます。自分の授業は聖域なんですね。僕の友人の高校教師が言ってました。

教職員の福利厚生のための公的イベントが休み中を中心によく企画されていますが、参加しているのは高校か小学校の先生だけです。中学の教員はまずぞんなゆとりはありません。われわれも掛け金は払っているのですが・・・・

では、なぜ教師をしているのか?私の場合、中学時代の恩師の影響が大きい(よい教師との出会いは人生の宝です)のと、1年に1回でも2回でも子どもたちと心のふれあいを感じることができる瞬間があるからですね。
たとえ、毎日が、1年の99%がつらくて、裏切られ続けだとしても、その1,2回の瞬間のために、教師を続けられるんです。一種のカタルシスかな?

ま、高校は高教組がものすごい力を持っているので、授業時数はじめ労働条件としては、義務教育諸学校よりも格段に恵まれている(給与も若干高いし、あえて言えば楽できる)と、やっかみ半分で多くの義務教育諸学校の教員は思っています。日教組の組織率なんて20%ですから、何の力もありません。

あとは、高校で管理職、特に校長になるのはかなり難しい。小・中では、男の場合少なくとも教頭にはなれます。最近は女性の管理職も増えています。小学校で50%くらいかな?

以上あくまでも、公立学校について独断と偏見の回答です。

現役の中学校教員です。
中学と高校の違いは、義務教育か、義務教育でないか、です。極端な話「退学」があるかないか、です。もちろん、高校では極力「自主退学」としています。将来を考えてね。
進学校では授業さえやっていれば生徒指導上の問題は考えなくてもよいし、スポーツに力を入れている学校は、規律に厳しいからあまり問題もないし。

一方中学校では、14歳以下だと、ガラスを割っても、暴力をふるっても、お咎めなしですから。子どもたちもそこらへんをよく知っています。やりたい放題です。新聞報...続きを読む

Q高校3年女子~体育の教師希望です。

東北の高校3年女子 地域3番目の進学高に通ってます。 将来、体育の先生を希望しています。
そこで大学を選ぶにあたり 関東圏まで考えておりますが・・体育教員資格を取得するには 体育大学が有利でしょうか?? 日大とかにも文理(体育学部)が
あるようですが、そうゆう学部でも大丈夫でしょうか??  体育大or体育学部の先輩方教えて下さい

学業成績は評定4.6です(推薦時の目安ですが)
高校時の部活は陸上競技部(県8位)

*大学での部活は入りたくないのですが・・体育大
 or体育学部に進学の場合、必ず入るものでしょう
 か??  地方出なんでバイトしないと・・。
先輩方、親御さん 宜しくお願いします。  

Aベストアンサー

 こんばんは。女性の体育教諭は以外に重宝されますよ。中学以上になると、男子は男性の教諭が、女子は女性の教諭が分けて指導をする場合がある関係でです。

 まず最初に、参考URLは体育科の教員免許が取得できる大学の一覧です。参考にしてください。要するに教員免許さえあれば教員採用試験を受けることができるので、体育の教員免許が取れる大学ならば何処でも変わらないです。

 が、体育の教員を伝統的にたくさん輩出してきた大学というのは存在し、またそういう大学の方が、教員になる環境が整っているともいえるかもしれません。(コネがきく、などということではなくて、体育なら体育の教員採用試験の対策講座をやってくれるなどといったことです)
 
 ではその大学とはどこか?という話になりますが、関東の中学、高校ならば「国士舘大学」「日本体育大学」などが挙げられます。また質問者さんは女性なので、「日本女子体育大学」なども良いかもしれません。ちなみに私は千葉県の者なのですが、千葉ですとこれに「順天堂大学」が加わるようです。

 疑問点あれば補足してください。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/daigaku/06031506/007.htm

 こんばんは。女性の体育教諭は以外に重宝されますよ。中学以上になると、男子は男性の教諭が、女子は女性の教諭が分けて指導をする場合がある関係でです。

 まず最初に、参考URLは体育科の教員免許が取得できる大学の一覧です。参考にしてください。要するに教員免許さえあれば教員採用試験を受けることができるので、体育の教員免許が取れる大学ならば何処でも変わらないです。

 が、体育の教員を伝統的にたくさん輩出してきた大学というのは存在し、またそういう大学の方が、教員になる環境が整ってい...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いたざしてみたのですが、こども大好きだし結構向いているのではないかと思います。逆に自分自身、中高と部活動をやってなかったので、中高教員になって顧問になって指導したい!という気持ちも特にありません。今年で23歳になることもあり、大学編入卒業後、一度で採用試験に合格したとしても25歳。通信制の卒業は通学生よりもはるかに難しいと聞きます。とにかく早く教壇に立ちたい気持ちと、生活を安定させたい気持ちを優先すれば、小学校教員を目指すべきなのかなと思っております。しかし、もしそれでも小学校採用試験に受からなくて、その道を諦めてしまった場合、地歴などの専門科目を持っていれば塾講師などで道が開けますが、小学校の免許(教育学部)では他の道が見つからないんじゃないかと不安です。そんなこんなで、小学校教員、中学校教員、高校教員どれを目指せばいいか迷っています、というか悩んでます。いずれにせよ、人にわかりやすくものを教えることや、面倒を見ることが大好きで、一分一秒でも早く教壇に立ちたいです。アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いた...続きを読む

Aベストアンサー

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
休んだり、忙しいときには仕事をしたりと時間を自由に使えるところが多いかと思います。
また、放課後も部活等がないため、会議さえ終わればあとは教材研究なり
自分の仕事なりに使えることも結構うれしいです。

対してデメリットは、
1、保護者・地域・他の教員との連携が不可欠
→理解のある親御さんばかりならいいのですが、理不尽なことを要求される親御さんも
結構おられます。中学校や高校と比べ、小学校は保護者との関係にも気を使わなくては
学級経営がうまくいかないというのはきつい点だと思います。

2、すべての教科を見る
→先の回答者様もおっしゃっていましたが、小学校だと全教科の教材研究が必要です。
すべての教科が得意です、というのならいいのですが、
音楽など(私の場合)、一部苦手とするような教科の授業準備をするのは
割としんどいですね・・。

中学校のメリットとしては、
1、好きな教科を教えられる
→好きな教科を何年も教えられるのですから、教材研究にも楽しく向かえますし、
授業のモチベーションも高いです。

2、子どもの人生に関われる
→小学校では「躾」という観点から、「指導」するということが多くなってしまいますが、
中学校の場合は、指導に加えて、「相談される」「一緒に考える」といったことが
多くなるかと思います。相手も大人になりかけの人達なので、
一緒に笑ったり泣いたりということはかけがえのない時間となるのではないでしょうか。

中学校のデメリットとしては、
1、時間がない
→若手の教員ならば、ほぼ部活を持たされるかと思います。そうなると、放課後の部活や
土日の部活は顧問として見なくてはなりません。週の休みは1日というのがほぼ1年続きます。
また、夕方から夜にかけて、どこどこで暴力行為があって警察署まで来てほしい、
といった生徒指導に関することがちょくちょく入るようです。
日中、授業が入っていなくて自分の仕事をする時間にも、問題のある生徒を見たり
脱走した生徒を探したりすることがよくあるようです。
そのため、学校ではなくてもできる仕事は、家に持ち帰ってやるはめになることもあるようです。

まだまだメリットデメリットはあるかと思いますが、
採用されてからはこのような感じかと思います。

塾での採用は教員免許の有無とは関係のないところも多くありますし、
採用された後のことをお考えの上でどの免許を取得されるかお決めになったら
いいのではないかなと思います。

質問者様はとっても熱意のあるいい先生だと思います。学校現場でお待ちしております。

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
...続きを読む

Q教職に就かない人の教員免許の必要性について

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめていき、そういう人で取っている人はほとんどいません。
一方、親世代は「取れるものは取っとけ」みたいな感覚があるようで…。
気持ちとしてはやめたい方向に傾いています。
10年経つと失効しますし、今後やりたいことや人生計画(笑)を考えると、10年以内に教職に就くとも思えません。
資格なら他に取りたいものもたくさんあります。
あまり良いことではないと思いますが、建前上でも「教員になる!」という意志を表明すれば実習も免許の取得も許されはするみたいです。ただそこまでして取りたい気もしません。

現代において、教員にならなくても教員免許を持っていた方が有利な場面ってあるのでしょうか。
もしそういう場合があり、必要性を感じられたら続けたいとも思っています。

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめてい...続きを読む

Aベストアンサー

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
るものが全て受けられるわけではありません。受講対象者は下記の通りです。
(以下文科省hpより)

4.1 受講対象者(※新免許状・旧免許状共通)

 更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許
 状を有する者で、以下に該当する者です。
(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育
    又は社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5) 文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6) 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
(7) 教員採用内定者
(8) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リスト
    に登載されている者
(9) 過去に教員として勤務した経験のある者
(10) 認定こども園で勤務する保育士
(11) 認可保育所で勤務する保育士
(12) 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士

です。ですから普通で言えば一般サラリーマンは更新講習すら受講することが
できません。教員になりたいという意思が強ければいいのですが、そうでなけ
れば、時間の無駄です。

教員免許更新制(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
る...続きを読む


人気Q&Aランキング