【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

投資信託で金額買付した場合,内部的には口数に変換して購入することになるそうですが
その際の端数はどのように扱われるのでしょうか.

例えば基準価額5100円の投資信託を金額買付で1万円購入した場合,
10000÷5100×10000=19607.84
ですが,実際に購入できる口数は19608口でしょうか,19607口でしょうか.

ネットで検索すると同じ内容のブログが引っかかりましたが解答はありませんでした.
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1559003. …
なお証券会社はSBI証券を利用しようと考えています.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先ずは手数料を割り算で出して先に引きます。


で基準価格で投資対象額を割り口数を出します。
端数は四捨五入が普通、投信委託会社の指図に従いますから、SBIのような独立型だと不利になる場合もあります(換金も端数切り捨て、投資も端数切り捨ての可能性も)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明,ありがとうございます!

お礼日時:2011/08/10 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング