私の知人が今年4月比良山でブナの葉の虫こぶを見つけて写真にとりました。見ますと直径7~8mmのほぼ球形、黄緑色の虫こぶが1枚の葉に4~5個ついています。まるでうすグリーンの真珠のようです。この正体を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ブナカイガラタマバエですね。

画像は、以下のURLに白黒ですがあります。
http://rms2.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/conte …

この回答への補足

早速お返事ありがとうございます。ご教示のURLを見ますと虫えいの大きさが1.2~2.5mm×1.3~2.2mmとありました。私の友人の虫えいの大きさと比べかなり小さいです。一方、同じ岐阜森林研究所の野平照雄氏の資料に「ブナには26種ものタマバエが生活している」とあります。でも「ブナカイガラタマバエ」でいいのでしょうね。

補足日時:2003/10/29 20:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
添付URLで大変参考になりました。

お礼日時:2003/10/30 07:10

ブナの葉でしたら、ブナカイガラタマバエという昆虫だと思います。


岐阜県で大発生して、関係者の間では話題になったそうですが…
画像を探したのですが、見つかりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございました。
岐阜県の大発生の内容もよく分かりました。

お礼日時:2003/10/30 07:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブナ関係の研究がよく行われているのはなぜ?

農学部などの森林関係の研究室では、「ブナの生態」などブナを絡めたテーマが多いのはなぜですか?

Aベストアンサー

ナラやブナなどは、日本を代表する温帯の樹木であり、
気候変化などによる影響を受けやすいからです。
その為、生息北限が上昇していたりすることから、
温暖化の影響を調べたりするのに役立っています。

また、ナラやブナは肥沃な土壌を作る事でも有名です。
その為には豊富な水源が必要であったりすることから、
その山全体の動植物の生息などとも、密接な関係があるそうです。

Q虫こぶは木の癌ですか?

虫こぶは木にとっての癌ですか?
それとも、良性の木のコブもあって、昆虫と共生しあっている例なんか、あったりしますか?
虫こぶが原因で木が枯れることもありますか?

Aベストアンサー

動物でいう癌にはあたらないでしょう。
虫コブは、虫などの分泌物の作用で植物の細胞が肥大したり過剰に増殖したものと、虫などによる加害に反応して植物がコブを生成するものの2種類があります。
いずれにせよ、コブによって水分や栄養分の流れが滞れば、その部分から先が枯れる可能性はあります。

植物が多少なりとも利益を得ている事例については、寡聞ながら知りません。
虫コブでないなら、参考URLのようなものがあります。

参考URL:http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/iihanashi/jinsei_kagaku30/

Qブナを庭木にする場合、大きくしない方法は?

ブナを庭木にする場合、大きくしない方法は?

ある家で3本のブナの木が庭木になっているのを見ました。非常に美しく感動しました。5mほどの木です。

で、うちの庭(60坪くらいの庭)にも植えたいと思ったのですが、ある歯医者であまりに巨大化しているブナの木を見てしまいました。幹の太さは3人で抱きしめてちょうど位の太さです。で周囲のアスファルトは盛り上がり割れていて、木が大きいので枝をばっさり切られていて惨めな姿でした。

ブナを庭木にするとやはり無理があるのでしょうか?
家の基礎まで根っこでやられる心配があるのでしょうか?
綺麗にそこそこの大きさでキープできないのでしょうか?


おそえてください。

Aベストアンサー

ブナは落葉高木で、放任すると15~30m程度の高さになります。
近所で見かけられたようですが、ブナは家庭向きの樹木ではありませ
んから、将来的の事を考えると植えるのは考え直された方が無難だと
思いますよ。高さは剪定により何とかなるでしょうが、それでも幹は
大きく太りますから、将来的に切り倒す事になった時は周囲の樹木を
移動させる事になります。そこそこの大きさにキープ出来ないかと言
われますが、それは無理な事ですよと申しておきます。

一番の問題は根です。一般的には街路樹や公園などに植えられていま
すが、家庭で植えると根で家屋の基礎やブロック塀の基礎を破壊して
しまいます。根が基礎の下に入ると取り除くためには基礎を壊す事に
なります。アスファルトを浮かせている光景を見られたようですが、
アスファルトだけでなくコンクリートさえも浮かせてしまいます。
それほど根の威力は強いんです。
それともう一つ。先程に書いたように落葉樹ですから、風で飛ばされ
た落葉が周辺の住宅の雨トヒを詰まらせる事もあります。落葉で迷惑
がかからないようにする事も必要です。

近所の3本にブナですが、将来的には困られるはずですよ。

ブナは落葉高木で、放任すると15~30m程度の高さになります。
近所で見かけられたようですが、ブナは家庭向きの樹木ではありませ
んから、将来的の事を考えると植えるのは考え直された方が無難だと
思いますよ。高さは剪定により何とかなるでしょうが、それでも幹は
大きく太りますから、将来的に切り倒す事になった時は周囲の樹木を
移動させる事になります。そこそこの大きさにキープ出来ないかと言
われますが、それは無理な事ですよと申しておきます。

一番の問題は根です。一般的には街路樹や公園など...続きを読む

Q虫を食う虫、虫に食われる虫を教えてください

虫を食う虫としては蜘蛛が有名ですが、他にはどんな虫がいるでしょうか?
また、ある虫にだけ食われてしまう特別な虫とかはいるのでしょうか?
マイナーな虫でも結構ですので色々教えていただけるとありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

世界には300万種以上の昆虫がおり、続々と新種も発見されている由ですので、ほんのさわりだけですが・・・

○鱗翅目(チョウ、ガのなかま)
肉食のものは少ないのですが、ゴイシシジミという小さなチョウの幼虫は、アリの巣に居候し、アリの幼虫を食べてしまいます。

○双翅目(カ、ハエのなかま)
サシアブのなかまは他の昆虫を捕らえて体液を吸います。

○膜翅目(ハチ、アリのなかま)
・ジガバチなど「狩人バチ」と呼ばれるハチは他の昆虫(イモムシ、コオロギ、キリギリス、ゾウムシなど)を捕らえて幼虫の餌にします。
・アリは雑食性で生きた他の昆虫を餌にします(夏の終わりには力尽きたセミなどが生きたまま餌食になっています)

○脈翅目(カゲロウのなかま)
・ウスバカゲロウの幼虫はアリジゴクとよばれ、砂にすりばち状の落とし穴を作ってアリなどの小昆虫を捕らえて体液を吸います。
・クサカゲロウは緑色の体をした、成虫としては数時間しか生きない儚い運命の虫ですが、幼虫は親に似ないいかついご面相で、アブラムシ(ゴキブリではなく園芸家の天敵のアリマキの方です)を食べます。

○半翅目(セミ、カメムシのなかま)
タガメ、タイコウチ、ミズカマキリなど水棲の半翅目にはおたまじゃくしや小魚などの小動物を捕らえ体液を吸うものが多くいます。

○鞘翅目(カブトムシのなかま)
・オサムシ(手塚治虫氏のペンネームの由来となった虫)、マイマイカブリ・・・カタツムリなどを食べる。
・ハンミョウ・・・別名「道教え」。成虫、幼虫とも狩をする。
・ゲンゴロウ・・・水中の小動物を食べる。
・ホタル・・・幼虫がカワニナなどの水棲巻貝を食べる。

○直翅目(バッタのなかま)
ヤブキリ、カヤキリなどのなかまはセミなどを捕らえて食べます。また、キリギリスやコオロギのなかまも肉食をすることがあります。

以上、既出のものは除いてあります。

また、昆虫の中には共食いをするものも少なからずあります。カマキリのメスが交尾のあとオスを食べてしまうには有名ですが、コオロギやカブトムシなども共食いをします。

「ある虫にだけ食われてしまう特別な虫」については、寄生バエ、寄生バチの場合寄生の対象は限定されますが、寄生されたほうが他の虫にも食べられることがありますので、厳密に1対1の対応になっているわけではありません(たとえば、アオムシコマユバチという寄生バチはモンシロチョウの幼虫であるアオムシに卵を産み付けますが、アオムシはアリなど他の昆虫の餌にもなりうる、ということです)

以上、ご参考になれば幸いです。

世界には300万種以上の昆虫がおり、続々と新種も発見されている由ですので、ほんのさわりだけですが・・・

○鱗翅目(チョウ、ガのなかま)
肉食のものは少ないのですが、ゴイシシジミという小さなチョウの幼虫は、アリの巣に居候し、アリの幼虫を食べてしまいます。

○双翅目(カ、ハエのなかま)
サシアブのなかまは他の昆虫を捕らえて体液を吸います。

○膜翅目(ハチ、アリのなかま)
・ジガバチなど「狩人バチ」と呼ばれるハチは他の昆虫(イモムシ、コオロギ、キリギリス、ゾウムシなど)を捕らえ...続きを読む

Qブナの木について

ブナの木の構造・特徴などが載っているホーム・ページを教えてください!

Aベストアンサー

南米大陸最南端パタゴニア地方にもブナの自然林があり、南極ブナと呼ばれています。パタゴニア地方は強風地帯なのでぶなの木は斜めに傾いています。秋には美しい紅葉を見せます。インディオは南極ブナの枝で強い
弓を作っていたそうです。
日本では宮崎県綾町のブナの原生林が有名ですね。

ブナの一生
http://www.kurikoma.or.jp/~imamuraa/kinokai/tsubota/buna_2t.html

ブナ林の分布(世界、日本)
http://www.shirakami.or.jp/~fujisatofc/bunarin2.html

その他
http://www.wood.co.jp/wood/m169.htm

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tskt7930/samerica/patagonia/BIOLOGY/BIOLOGY.HTML

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/goostake/GOO/BUNA.HTM

Qジージー虫の正体

春から夏に到る時期に、道路脇の雑草でジージーと泣いている虫の正体を教えてください。
セミ類にしては時期が早く、コオロギ類でもない気がします。

短い時期だけ盛んに鳴いてるのですが、子供の頃から正体不明でした。

Aベストアンサー

今の時期に「ジー」と連続音で鳴く虫はクビキリギスかケラと思います。高音ならクビキリギス、低音ならケラです。

地方によって「ジージー虫」と呼ばれる虫はケラです。昔の人はケラの鳴き声をミミズの鳴き声と言っていましたが当然ミミズは鳴きません。

○ケラ
http://www.youtube.com/watch?v=koOjLqei8Ps

○クビキリギス
http://www.youtube.com/watch?v=nXzw2aiGR_o

Q富士ブナの根に白い物体

富士ブナの盆栽超初心者です。

本日、ブナを見ていると、根(根鉢部分)に、白い物体が
多数付着していました。見た感じは、ぬれたティッシュ
ペーパーが、根に紛れているような感じです。

水切れを恐れて水をたくさん与えています
地表には、ミズゴケも施しています
土やミズゴケには、この白い物体は付着していません

対処方法など、ホームページ等で検索していますが
見つかりませんでした。
富士ブナに関する書籍も少なく、手元の書籍には載ってない
様です。

心当たりの方、原因や対処方法など、ぜひ宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんばんは。
整理しながら進めます。

>土やミズゴケには、この白い物体は付着していません
この段階でブナ属を宿主としている可能性が高いと思います。

>根(根鉢部分)に、白い物体が
>多数付着していました。見た感じは、ぬれたティッシュ
>ペーパーが、根に紛れているような感じです

地上部との境に発生し、上記のような症状を呈する病気は悪性度が高いものばかりです。
症状からは白紋羽病、ならたけ病、白絹病等の病原性のカビの症状の可能性が高いと思います。

※この場合、どのような手段をもちても100%助かると言う保障はありません。

根本的な原因は、あきらかに「加湿」です。
加湿によって、根に空気(酸素)の供給が絶たれているため、植物全体が弱っている状態です。
よって、最低限、ミズゴケは直ちに撤去すべきです。
また、可能であればフジブナを鉢から出して、根を痛めないよう水洗いし、用土を新しいものと交換するのが良いと思います。
古い用土は庭などに捨てると周囲の植物に感染するので、きちんと処分します。

※お薬を使うことが出来れば、ベンレート水和剤、500倍の水溶液をバケツに作って、
それに30分程度鉢ごと付けて消毒すると良いと思います。

>水切れを恐れて水をたくさん与えています
フジブナのみならず多くの広葉樹の盆栽に言えることですが、
鉢土の表面が乾いた程度で水遣りするのが基本です。
ブナ林が地下水を保全する事は有名ですが、多湿を好むと言う事とは次元が違います。
フジブナを含めてブナ科の植物は、普通は水はけの良い峰伝いに多く生息する樹種ですから、
ミズゴケを施すほど水分を与える必要はありません。

※盆栽の水切れを心配する場合は、用土に保水性の良い赤玉土の割合を増やします。
現在の用土に赤玉土が配合されていれば、現在よりも2割程度を多い用土に取り替えるか、
全く配合されてなければ赤玉土を3分の1配合した土にすれば水持ちが改善されます。

土の交換が出来なくても、ミズゴケは必ず撤去し、ベンレートで消毒して木の生命力にかけてみてはいかがでしょうか?
参考になれば幸いです。

こんばんは。
整理しながら進めます。

>土やミズゴケには、この白い物体は付着していません
この段階でブナ属を宿主としている可能性が高いと思います。

>根(根鉢部分)に、白い物体が
>多数付着していました。見た感じは、ぬれたティッシュ
>ペーパーが、根に紛れているような感じです

地上部との境に発生し、上記のような症状を呈する病気は悪性度が高いものばかりです。
症状からは白紋羽病、ならたけ病、白絹病等の病原性のカビの症状の可能性が高いと思います。

※この場合、どのような...続きを読む

Qこの虫の正体わかりますか?

最近、我が家の風呂場によく出没する虫なんですが、この虫の名前をご存知の方はおられますか?
ここ一週間、毎日 1~3匹程度出てきます。

刺されるとか、どこかを汚すとか特に何か害をなしているわけでは無いのですが、裸でいるときに近くに変な虫がいるのも気持ち悪いもので、駆除方法がわかれば助かります。

Aベストアンサー

一部訂正です。


>この虫の幼虫は朽木です。
>夜には、灯火にも飛んできます。(勿論、夜の照明にも・・)

この虫の幼虫は朽木の中で成長します。
成虫は夜になると灯火にも飛んできます。(勿論、夜の照明にも・・)


すみません。

Q盆栽について ブナ、富士ブナ?

私は盆栽をこれからはじめたいと思っている者です。
Webサイトで大きな鉢の富士ブナの写真を見て、これはカッコいい、是非自分でもやってみたいと感じました。
富士ブナは幹肌が白く美しいところが魅力だそうですが
その他のブナ?はだいぶ違ってくるのでしょうか?

種から育てたいので調べてみましたが、例えば
http://www.rakuten.co.jp/nikkoseed/1812606/#1383756
これは香川県が原産らしいので
富士ブナとは違うわけですよね?

Aベストアンサー

調べてみました。 絶対とはいえませんが、地方ごとの変種のようです。
http://tiara0720.blog78.fc2.com/?tag=%C9%D9%BB%CE%A5%D6%A5%CA
http://blog.auone.jp/ikegogo/entry/detail/?EP=15011394

↓に聞けば詳細ともしかして種子の入手法が分かるかもしれません。
成子園芸造園土木:http://www3.tokai.or.jp/naruko/

Q緑色で金属のような光沢のある細長い虫の正体は?

私の住んでいるマンションの裏はすぐ山になっているのですが、先日窓から外を眺めていると緑色で金属のような光沢のある細長い昆虫が飛んでいました。大きさは約5センチほどあり、明らかに見慣れたカナブンより大きい昆虫でした。すぐにベランダに出てみたのですが、見失ってしまいました。とてもきれいに輝いていて、もう一度じっくり見てみたいと思います。
この昆虫の正体と、どのような場所でよく見られるのかお分かりの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これまでの回答にもありますようにタマムシだと思います。
エノキとかケヤキの木の周辺にいることが多いようです。
昼間に活動し、空を飛びますけれども、そんなに上手に飛ぶわけではなさそうです。敏捷な虫ではないので、低いところにいれば手でも捕まえられます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報