ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

国際連合によって採択された世界人権宣言は、アメリカも中心国として活動していた筈なのに、なぜアメリカは未だに戦争をしているのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アメリカは人権に対して厳しい国で、自国民の人権を軽んじる国々に対しも警告を発し、その改善を求めて続けています。



だから、例えば北朝鮮の様な自国民を人として扱っていない独裁国家にとっては、アメリカは口うるさいだけのお節介に映り、何かと反発を強めています。

それが為にアメリカは独裁国家との対立に巻き込まれやすく、各地で戦争を引き起こしているのも、結局は独裁国家の人権を回復する為の戦争と言えなくもありません。

因みに、日本で飼われているペット犬の平均的な餌代は、北朝鮮の下層階級の収入よりも高く、また法律で保障されている犬の権利は、北朝鮮人民が受けている扱いよりまだ手厚く保護されていると言うのが現状です。

もし質問者さんが戦争を行う事が人権擁護に反していると思っているなら、実際はそうでは無く、人権も戦いによって勝ち取らなければ手に入らないと言う事を認識して下さい。
    • good
    • 0

もともと、宣言ですからなんの法的拘束力も持たないものです。



それに、No.1の方のおっしゃる様にこれは不戦宣言でもなんでもなく、人間が人間らしく暮らせる世の中(人権が絶対的に保証される世の中)を目指すと共に、人権とは何かを表した宣言です。

このあと、国際人権規約が採択された訳ですが、これも同様に不戦条約ではなくあくまでも批准国に人権の擁護と推進を義務付けるものです。

なので、これらを理由に不戦を叫ぶ事は出来ません。
    • good
    • 0

別に世界人権宣言は、戦争の放棄や自衛権の否定を唱ったものではものではないですよ。


何より”宣言”ですので法的な拘束力や義務はありませんし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング