ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

食器洗いの際、洗剤の濯ぎ残しが気になって仕方ないのですが、身体に害はないのでしょうか。
外国等では濯がない所もあるようですが、食べ物ではない以上、身体に悪影響がないとは思えなくて…

食品添加物とか保存料とかも基準に沿って使われている訳ですが、最近は問題視されることも多いです。

農薬や化学肥料なども、結局は程度問題とか蓄積量とか言われながら、必要性との兼ね合いで使用せざるを得ない部分もあると思いますが、洗剤も同様に除菌や油汚れとの兼ね合いで悩んでしまいます。

また、家庭では家族さえ大丈夫なら洗剤をなるべく使わない選択肢もありますが、仕事での洗い物はそうもいきません。
ちなみに私は高齢者施設で働いており、食後洗い物をする度に毎回疑問に感じながら、自宅ではそんなに使わない洗剤を毎回使用し、他の業務との時間的兼ね合いで、キュキュッとなるまでは濯げない状態です。

洗剤の毒性や害、残留性、必要性について、詳しく教えていただきたいのですが…どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

食器洗浄機の種類によっては塩(食塩)で洗浄するものもあります。


こちらの食洗機を選択されれば、洗剤の洗い残しについては気にしなくても良くなると思いますよ。
普通の食洗機でも、洗剤を使用しないコースを使っても結構落ちますよ。
----
現実的に、
現実的に、どれだけの洗剤がの頃か計算してみましょう?
1回洗浄に、水2L使い、洗剤を10g投入するとします。
1回の排水によって食器や食洗機内部に1%程度の水分が残るとして、2回すすぎをするコースで考えます。
計算式は、以下の通りになります。
10g*0.01*0.01*0.01=0.00001g=10マイクログラム。
そのうち、食器の内側に付着する分は1/3程度なのではないでしょうか?
日常使われている手洗い洗浄でもこの程度は残ると思いますし、元々の水道に含まれる塩素の発がん性のほうが大きな要因に見えてきます。
(食洗機は、水道水を一度高温にするので、トリハロメタンなどは揮発するでしょうから気にしなくていいのかもしれません。)
デンマークなどの海外の話を聞くと、通常の手洗い洗浄で、洗剤は安全なものしか使用していないからという理由ですすぎをしない人が多いとかの話も聞きます。
そこまでするのも、味の問題があるでしょうから、通常の食洗機のコースで問題がないのではないかと推測します。

この回答への補足

回答ありがとうございます。ただ職場には食洗機はありません(勤務部署は厨房ではないので)。手洗いで流水も弱めですし、普通の家庭のような流しで、手早く9~10人分の洗い物を済ませなければ次の作業が滞ってしまいます。除菌とかの衛生面を考えると洗剤が必要ですし、洗剤も職場が用意している普通の安い台所用洗剤です。これを変えようとするのは至難の業です。

補足日時:2011/08/14 15:28
    • good
    • 2

道具(洗剤)の問題よりも、一つの作業(皿洗い)を、不完全に終わらせざるを得ない職場環境に問題があるような気がします。


危険性がわかっても、代替案がないのなら、現状はかわらないですし。

まずは、作業を完結できるように環境を調整する、というのがコストを考えても最優先のような気がします。
食器に洗剤の濯ぎ残しがあることを問題提起し、どうしてそうなるかを考え、どうしたら、時間を上手く使えるかを考える。
それが無理であることがわかったなら、そこで初めて洗剤を変えることを考えるのが順番なんじゃないかなと。

「濯ぎ残しがあること」が「当たり前である」というのは、利用者にとっては不利益だとも考えます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。確かにその通りなのかもしれませんが、問題提起するのは新人の私にはまだ難しいですし、環境改善や洗剤を変えたり等はもっと難しく実際的ではないように思います。また、色々検索していたら、普段からこすらずに濯ぐだけの方も多いようです。なので…健康上はどうなのか?多少ヌルヌルしていても大丈夫なのか?と質問した次第です。

補足日時:2011/08/14 15:12
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食洗器の洗剤残り

今年1月から 食器洗い乾燥機を使用しています。
とても便利で 手で洗うよりきれいになると常用していたのですが、ここ1ヶ月ほどで洗剤残りが目立つようになりました。
ナショナル製の食洗器に、ハイウォッシュジョイ(専用洗剤)を使っています。
白いつぶつぶがそのまま溶けてない状態で 多少残ってるんです(´Д`;) 少量とはいえ、残り洗剤があるとそのまま使用する気にならず。

故障なのか
冬だから洗剤が溶けにくいのか
ちゃんと洗えてるのか
液体洗剤はないか
など考えています。

どなたか同じような経験をされた方はいますでしょうか?
対策などありましたら 教えて下さい
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

我が家の食器洗い機も購入半年ほどで、洗剤残りとガラス食器に曇りが残るようになりました。
食器洗い機自身の汚れ(水の噴出し口、排水溝等です)が原因だそうです。
食器洗い機のみの洗浄をすると効果的です。
食器洗い機用洗剤+重曹(なくても大丈夫ですけどがあったほうが格段に綺麗になる)庫内を空にした常態で通常通り動かすと綺麗になります。
我が家では2~3ヶ月に一度の割りでやってますが、荒い残しとか減りますよ

Q食器用洗剤について

とても困っている事があります。
それは、同居している嫁の事です。
とてもいい子なんですが、食器を洗う時凄く手早くて私が丁寧に洗って30分かかるところ彼女は5分で仕上げてしまいます。でも、問題があって食器をきちんとすすいでいない為か、泡がよく付いています。きちんと洗っていても微量の洗剤は口に入ってしまうと聞きますが、それってもろ泡じゃないですか?体に及ぼす影響はどれくらいのものなのでしょう。
その泡を注意する事は出来ないので、口に入っても悪影響のない洗剤があれば教えていただきたいです。多少割高になっても体の事を考えたらそれでも良いと思ってしまうのです。
最後に質問をまとめますが、
(1)食器洗剤の体に及ぼす影響はどうか?
(2)体に入っても大丈夫な洗剤はあるのか?
この2点が知りたいのです。

Aベストアンサー

泡が残っているなんて一言さらっと言ってもいいくらいなことなのに、それも躊躇されるとは、rhcps10さんは思いやりのあるお姑さんですね。

食器洗剤や、ボディーソープ、洗顔料、歯磨き粉、シャンプー、日焼けどめ、洗濯洗剤、一部の化粧品にまで、市販のそういったほとんどのものに合成洗剤(合成界面活性剤)がはいっています。害があるそうです。

(2)の大丈夫な洗剤というと合成界面活性剤を使用していないもの(おおまかにいうと石鹸ですが、すべての石鹸ではありません)になります。

図書館などでそれに関する書籍をよんでみてください。
みつからなければ「買ってはいけない」という数年前にはやった本があるのでそれにものっていたと思います。またはインターネットでもたくさん検索できます。

私は子の病気をきっかけに自分でいろいろ調べて合成界面活性剤がどういうものか知って以来、家庭の全てのものを合成界面活性剤を使用していないものに交換しました。全て石鹸(液体も含め)にしました。
でも固形の石鹸でも合成界面活性剤を使用したものもありますので注意が必要です。

例えば昔、アルミがアルツハイマーに関係しているという話がでて、家庭のアルミなべを全て捨てて、ステンレスなどに変えたという話をよく聞きましたが、それはテレビで特集などをしたから多くに浸透したんだと思います。

合成洗剤についてはそういう報道はしないので皆大丈夫と思っており、知らずに平気で使っているのだと思います。ワイドショーや「あるある」など特集や雑誌、新聞などでは合成洗剤の害は絶対(!)報道されません。されたら多くのスポンサーがからんでいるので番組自体やっていけなくなるというか、マスコミの存在自体危ぶまれるからです。

★★★★★暗黙の了解というかこの話題に触れることはマスコミではタブーとなっているそうです。★★★★★

花○、ライオ○、大手化粧品会社、食品会社をはじめ多くの大企業=スポンサーが絡んでいます。マスコミ全般はこういった企業なしにはやっていけないのです。車のCM以外ほとんど全てじゃないか?という印象を持つくらい多いです。

多くの食品や子供も食べるお菓子に乳化剤って当たり前のようにはいっていますが、あれも合成界面活性剤と同じ働きです。働きについては本やインターネットでご参照ください。

食器洗剤は泡がないとしても関係なく悪影響です。洗剤で洗ったあと、水に当てるだけ(!)でピカッときれいにのいたような気がしますよね。
あれは表面に洗剤成分が残っているということです。
そして味噌汁など熱いものを入れたとき成分が再び溶け出します。(プラスチック食器から溶け出す環境ホルモンのようですね)

ですから口に特によく入る、食器洗剤、歯磨き粉、この2つはすぐにでも石鹸洗剤と石鹸はみがきにかえたほうがいいよと私は友達によく話します。

洗濯洗剤や、シャンプーなど口に入らないから安心かというとそうではなく、合成界面活性剤自体、皮膚から浸透し内臓まで達するといいます。

どんなことをしても分解されず蓄積され、水道水にも含まれているそうです。
逆に石鹸は分解されるし、プランクトンなどのえさにもなるのでいいそうです。
それに石鹸は文明が発達する何千年前から使われているので安心です。(5000年前と言われています)
合成洗剤はたかだか30~40年前にできたものです。はは・・

しかも金儲けのためだけです。
人間、生物、環境のことなど何も考えていません。環境を大切にすること=人間を大切にすること=自分や家族を大事にすることです。
必ずつけは自分たちに回ってきます。

それに石鹸はサラダ油など口に入るものだけで作ることが出来ます。

ゴキブリが出たら、家庭の食器洗剤をピュッとかけると死んでしまいます。そんなものが人間に悪影響ないといえませんよね。人間も虫、細菌もそういう意味では同じです。

私は石鹸洗剤に慣れてしまい、会社などで合成洗剤の食器洗剤を使うと泡が異様にたってしまい、逆にとても不気味に思います。
匂いもきついし使うとき不快です。石鹸では油が取れないでしょ?と聞いてくるかたがいますが、全くそんなことないです。ひけをとりません。たしかに泡立ちは劣りますが、劣るというより、それが(石鹸)が当たり前に思います。
合成洗剤の倍の量スポンジにつければいいことです。それでもほんとにお安いものです。198円で2~3ヶ月は持ちます。
慣れだと思います。

手も荒れないし、私は主婦ですが水仕事のあとにクリームなど冬でも塗ることはないですが、すべすべです。
夏などは洗顔した後も、化粧水、乳液をつけなくて大丈夫です(家に一切ありません)。冬に水と酢とはちみつを混ぜ少し塗るくらいです。

合成洗剤は花粉症、アトピーなどアレルギー、不妊症などいろんな病気に関係しているといいます。
合成洗剤に限らず、(必要以上の)薬、環境ホルモン、化学物質、大気汚染そういった文明とともに発達してきたものが癌などを含めいろんな病気に関係していると読んだことがあります。
もちろん、原因は他にもあり、あくまで原因の一部ではありますが。

まずは合成界面活性剤がどういう働きをするのか検索してみてください。すぐにでもやめたくなると思います。

小さいお子さん、お孫さんがいる方はなおさらです。
どうせ大きくなれば口に入るんだから、という考えではなく、小さいときほどその量を減らしたほうがよいような気がします。

うちは市販のお菓子を一切あげません。ジュースもです。かわいそうではありません。簡単に手作りできるし、果物があれば必要ないですよね。
かわいそうとまず感じた方は、残念なことですがCMに洗脳されている、ということになると思います。

大きくなれば勝手に食べますが、小さいときは大人より影響が大きい気がするので、一年でもその時期を遅らせればよいと思います。

お嫁さんは、ああいう洗剤が手ですすぐことなく水を当てるだけで綺麗になるように見えるので、いいかげんなすすぎになるのだと思います。石鹸洗剤なら手でこすらないととれないので、いいかげんにはできなくなるかもしれませんね。それか石鹸にすること自体はじめは反対されるかもわかりませんが。

ULRはりつけておきます。
http://www.ne.jp/asahi/kikko/living/sekken4-2.htm

http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/mizu/senzai.html

http://www.gosen-tuihou.gr.jp/

「太陽油脂」
http://www.taiyo-yushi.co.jp/

その他、「合成洗剤、界面活性剤、恐ろしい合成~」などで検索するといくらでもでてきます。

最後のは「太陽油脂」という会社ですが、宣伝するつもりではありません。
HPに非常にためになることがたくさんかいてあるからです。

一般の洗顔料で顔を洗うより、こういう会社の洗濯用(!)石鹸で顔を洗ったほうがましだということです。(昔ながらの単純な石鹸です。この単純という言葉が重要です。資○○などの合成界面活性剤をはじめきつい香りの香料、色んな添加物が入った固形石鹸はもはここで言う石鹸とはいえません)

初めは私も含め長年CMに洗脳されていましたので、信じ難いかもしれませんが、真実です。今では当たり前だと思っています。

事実私は、近所のドラックストアで135円くらいの食器用石鹸で顔を洗っています。もう4年になりますが、つっぱりません。何用でも基本的には石鹸なので同じです。

やはり通販だと費用もかかりますので、近所のドラッグストアで「しゃぼんだま石鹸」などの石鹸、歯磨き粉をつかっています。コープなどに行けば、石鹸はみがきでなくても「合成界面活性剤不使用」の歯磨き粉があります。
この「太陽油脂」の通販で買っているのは私は日焼け止めだけです。これだけはそこらでは売ってないからです。本当は色々買いたいですが、いいものは費用もかかります。
それでもこの日焼け止めに関しては市販の有名会社のより随分安いし、優良です。

少し関係ないことまで書きすぎましたが一人でも多くの人がこれを読んでくれることを心から祈りながら、締めくくります。

最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

泡が残っているなんて一言さらっと言ってもいいくらいなことなのに、それも躊躇されるとは、rhcps10さんは思いやりのあるお姑さんですね。

食器洗剤や、ボディーソープ、洗顔料、歯磨き粉、シャンプー、日焼けどめ、洗濯洗剤、一部の化粧品にまで、市販のそういったほとんどのものに合成洗剤(合成界面活性剤)がはいっています。害があるそうです。

(2)の大丈夫な洗剤というと合成界面活性剤を使用していないもの(おおまかにいうと石鹸ですが、すべての石鹸ではありません)になります。

図書館など...続きを読む

Q家庭で食器を洗い、すすぐとき こする?こすらない?

流水すすぎの際、手でこすれるところはなるべくこするようにも母親に教わりました。
家族4人分+調理器具類、体力仕事でヘトヘトになっても、ササッとでも一個一個こすってました。スプーンもです。

そのうち、「もうスプーン・フォーク類くらいはこすらんとこ」となり、おたま・フライ返し類となり、
この前ついに全部こすらずすすいでみたところ、とても楽で驚きました。食器洗いも楽勝です。

もちろん裏表2度ほどは水を通しますし、ためすすぎの変わりというか重ねてすすいだり、広いお皿は少し手でなでてますが、
やはり「手でこする」ったほうがいいんでしょうか?
普通の台所用合成洗剤使用で、濃縮タイプじゃないものです。

ちなみにためすすぎはしません。大鍋でそれらしきことをすることはありますが。母親が絶対しない人で、そう教わりました。
たぶん洗い桶を清潔に保つほうが煩わしいから、ためすすぎで再汚染の心配するなら一切やらないほうがよいと思ってるのでしょう、自分も同意してますが。

Aベストアンサー

はじめまして。
私もかなり念入りに擦ります。
ゆすぐだけじゃ流しきれないです!

人が洗ってるとこをみて、よくなんで皆こんなに洗うの早いの?と自分と比較して疑問でした。
結構皆さんすすぐだけなんですよね…

私も楽だし、そうしようと試みましたが、心理的にやっぱり無理でした。


私は小学生の時、一般家庭用の合成洗剤の実験でどれだけ流しきれていないかの実験以来のトラウマだと思います。
それはそれは、本当に落ちきれないと物語った実験結果でした。
今でも忘れられません。

私は手荒れをしやすく、ジョ〇等では一発です。うちでは弱めの洗剤を使っていて、手荒れは今はありませんが、弱い洗剤でも不安です。
一発で手荒れしてしまうジョ〇なんて強すぎて、相当念入りにしないと本当に恐いです。「なのにみんな…」と言う思いです。


とても面倒だし、よそ様をみて洗い物の早さに羨ましく思いますが、家族の健康を考えればちゃんと洗剤を洗い流すことが正解だと思います!

大変ですが、体に良いことをしているのでお互い頑張りましょう(>_<)

Q食器洗いのすすぎ

食器洗いのすすぎ

食器を洗剤で洗ったあと水ですすぎますが、どの程度すすげば「大丈夫」なのでしょうか?
この「大丈夫」をいう基準はあいまいで、人それぞれ感じ方によって異なると思いますが、人体に悪影響がないレベルを指すかと思います。

私は、流し水ですすいで泡が落ち、食器を指でこすって「きゅっきゅ」となるくらいまですすいでいます。
しかし、先日行ったとある飲食店では、泡のついた食器を流水でカチャカチャ流して、かごにポイッて感じでした。
そんなんで「大丈夫??ちゃんと洗剤落ちてる??」と思ったのですが、実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

食器用洗剤は食品衛生法により食器食品用洗浄剤に関する規制を受けています。
一言で言うと、誤って泡食っても(大量でない限り)大丈夫、
仮に飲んでも(大量でない限り)腹下すくらいで致命的な毒性は無いということです。

食器のすすぎについても以上のとおりでそもそもすすがなくても人体に影響は無く、
原液をべっとりつけて洗うのならともかく(これでは汚れは落ちませんが)、
ふつうは流れやすい泡で汚れを落としていますので、水でさっとすすぐだけで
有害性が無くなるのはもちろん、洗剤の残留も十分無視してよいレベルまで低下します。

Qイギリス人ってどうして食器洗剤を洗い流さないの?

イギリスに留学してるんですが、これまで普通のイギリス人家庭を少なくとも30件以上は訪問して、ディナーパーティとかの後の食器洗い(ディッシュウォッシャーでなく)を垣間見て、不思議でならないのが、どの家庭でも、お湯をためて、洗剤をちょびっと入れて、汚い食器を洗剤の入ったお湯で洗った後、そのまま食器たてに置いて、すすぎをしないことです。洗剤の泡がいっぱいあるのに気にしないのです。どうして?と聞いても、泡は流れ落ちるからいいっていいます。イギリスの洗剤は身体に害がないのでしょうか?何故、イギリス人は洗剤をすすぐ事をしないのでしょうか?他の国でももしかして洗剤をすすがないのが普通で日本人が特別に神経質できれい好きなのでしょうか?ほんと、なぞです。分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

 感覚の相対的違いの一つ、と言ってしまえばそれまでです。
市販されている台所用洗剤の裏側を見ると日本のそれと大きく違っているわけでもないようです。ですから成分が違うから問題がない、のなら日本でもそのように考える人が大勢いても良いはずですが、日本では泡が切れるまで流しますよね。
英国はなんたってストリーキング発祥の地ですから、厳格な階級社会と紳士の国のイメージの一方で、老若男女関係なく「はだか」になる頻度がとても高いお国柄でもあります。留学中であれば「あ、そういえば!」という場面を思い出してみると多々あるのではないでしょうか。太陽光の少なさに影響されているのか何なのか、こればっかりは仮説の域を出るものではないですが、外気温や身の回りのいろいろな温度に対する「皮膚感覚」が日本人とは違っていると思しきケースが随所に見られます。ビールの温度はぬるいのが普通で、小雨程度で滅多に傘はさしませんし、海沿いの街へ行けば5月の未だ冷たい海で海水浴する人が現れるし、、、
このように皮膚感覚が違っていれば、他の感覚も違っていて不思議はありません。
突き詰めれば「洗剤の泡なんて気にしない」感覚の人が多いという、ただそれだけのことなんだと思います。
どこかの砂漠で生活している人たちのように、皿を「砂で洗う」という習慣、感覚に比べれば、イギリスのそれは取るに足りない小さな違いだと、そう考えられるのではないでしょうか。
ボトムラインでの人間性の本質については質問者さん自身が留学先で違和感を持つこともなくイギリス人と大きくは違っていない、ということがかえってこうした日常の小さな違いを際立たせるのでしょう。そう考えれば留学はすこぶる快調、実りあるカルチャーショックをもっと感じて、それでも喜びとか悲しみとか愛だとか人の本質に違いはないのだということを感じ取れたなら、それこそ差異を感じなければ発見できなかった留学の賜物なのでしょうね。

 感覚の相対的違いの一つ、と言ってしまえばそれまでです。
市販されている台所用洗剤の裏側を見ると日本のそれと大きく違っているわけでもないようです。ですから成分が違うから問題がない、のなら日本でもそのように考える人が大勢いても良いはずですが、日本では泡が切れるまで流しますよね。
英国はなんたってストリーキング発祥の地ですから、厳格な階級社会と紳士の国のイメージの一方で、老若男女関係なく「はだか」になる頻度がとても高いお国柄でもあります。留学中であれば「あ、そういえば!」とい...続きを読む

Q食器用洗剤を薄めて使ったら子供の皮膚炎が治った?

汚れた食器や調理器具を洗うとき、
以前は市販の食器用洗剤(キュキュットなんとか)をスポンジに2、3滴垂らし、
泡立てて使っていました。すすぎは、かなりしつこくしていました。

先日、医学系の研究室で働いている友人が
「洗剤を原液のまま使うと、いくらしつこくすすいでも、食器に界面活性剤が残るから気持ち悪い」と話しているのを聞き、
「ふーん、そういうもんか」と思い、
それからは、洗剤をフタ付きプラ容器に2、3滴垂らし、お湯をジャッと入れ、
バーテンダーよろしくグワワと泡立てて使うようにしました。
薄めた洗剤液は、余っても時間がたったものは使わないようにしています。


3週間ほどたって気が付いたのですが、1歳半の娘の皮膚炎(アトピーではないのですが、赤くなって痒がる)が、かなり和らいでいました。
わたし自身も体のだるさがなくなっていることに気が付きました。

そういえば洗剤の使い方を変えたことも思い出し、もしかしたら、洗剤の使い方と
皮膚炎が関係あったのかもと思いました。
もしそうなら、娘にものすごく悪いことをしていたことになります。

たしかに説明書にも薄めて使うように書いてありますが、周りで薄めて使っている人は
いないし、涼しくなってきたからなのだろうと自己弁護していました。

それから更に一ヶ月ほどたったのですが、娘の皮膚炎は、ほぼ完治し、
よく食べ、よく遊び、よく寝ています。
私の体調も相変わらずいいままです。

実のところ、界面活性剤と皮膚炎に関係はあるのでしょうか?

その手の筋の方、似たような経験がおありの方、
よろしくお願いします。<(_ _)>

汚れた食器や調理器具を洗うとき、
以前は市販の食器用洗剤(キュキュットなんとか)をスポンジに2、3滴垂らし、
泡立てて使っていました。すすぎは、かなりしつこくしていました。

先日、医学系の研究室で働いている友人が
「洗剤を原液のまま使うと、いくらしつこくすすいでも、食器に界面活性剤が残るから気持ち悪い」と話しているのを聞き、
「ふーん、そういうもんか」と思い、
それからは、洗剤をフタ付きプラ容器に2、3滴垂らし、お湯をジャッと入れ、
バーテンダーよろしくグワワと泡立てて使うよ...続きを読む

Aベストアンサー

薄めて症状が軽くなるということは、もともとその洗剤が「良くないもの」だからですよね。ならば、量を薄めるよりも使わないほうがいいですね。

私も昔は普通に市販の合成洗剤を使っていました。あるとき、ふと石鹸洗剤(食器洗い用)を使ってみたら、なんと!すごくよく落ちるし、水をさっと一流ししただけできれいになるし、それ以来、合成の洗剤は一切使わないです。もう何年も使っていませんが、会社などで合成洗剤があるので、仕方なく1回でも使うと、指の先がカサカサになってしまいます。

界面活性剤はすごく悪いですよ。

ANo.1の方も書かれていますが、実験結果があります。市販の合成洗剤(食器洗い)を数滴たらした水の中に金魚を入れると、確か数分(1分以内か?)で金魚は死んでしまったそう。
液体石鹸洗剤を入れた水では、金魚はいつまでも生きて元気に泳いでいたそうです。これが数滴どころか、日々大量に家庭で使われているのだから、とても恐ろしいですね。ちょくせつ我が子に触れなくても、排水はいずれ海に流れ着き(浄化してもしきれないのです)、海の生き物を汚したり、雨となって振って大地を汚したり。結局人間の体に入ってきます。

スーパーなどでも「液体石鹸洗剤」売っていますよ。安いものでは\200もしません。手がしっとりして、いくらつかっても全く荒れませんよ。ぜひ使ってみてください。

*参考URLは、「合成界面活性剤の恐怖」
皮膚のバリヤーを破壊するので、すごく肌に悪いです。肌だけじゃなくって、身体にも悪いでしょう。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/dz/dai/gouseikaimen.htm

薄めて症状が軽くなるということは、もともとその洗剤が「良くないもの」だからですよね。ならば、量を薄めるよりも使わないほうがいいですね。

私も昔は普通に市販の合成洗剤を使っていました。あるとき、ふと石鹸洗剤(食器洗い用)を使ってみたら、なんと!すごくよく落ちるし、水をさっと一流ししただけできれいになるし、それ以来、合成の洗剤は一切使わないです。もう何年も使っていませんが、会社などで合成洗剤があるので、仕方なく1回でも使うと、指の先がカサカサになってしまいます。

界面活性剤...続きを読む

Q食洗機と体への影響について

私は自分で買った食洗機を使っていますが
友人たち(数人)は元から食洗機がついているマンションに住んでいながら
食洗機の洗剤は体に悪いし、食洗機は手で洗うより洗剤が落ちずにさらに体に影響が・・・
と言って一度も使っていないそうです。
私の洗い方や変に潔癖のあまり洗剤の使いすぎのせいかもしれませんが
手で洗う方がコップなど気を抜くと、ごく稀にですが
かすかに洗剤が残っているのか味が変わった時がありました。
食洗機を使ってからは当たり前ですがそんなことは一度もなく
手で洗うより仕上がりが綺麗なように思います。
100度を超えていないので殺菌とまでいかなくても80度の高温で
洗っているので42度のぬるま湯で洗うより衛生的かもと思ったりもします。
結局のところ食洗機で食器を洗うと体に悪いのでしょうか?
現在使っているものは3年くらいで有名メーカーのものです。

Aベストアンサー

>食洗機の洗剤は体に悪いし、食洗機は手で洗うより洗剤が落ちずにさらに体に影響が・・・

ご友人が
洗剤のどの成分が体に悪いと仰っているのかは不明ですが、

食洗機用洗剤は、食洗機内で大量の泡が発生すると困るため、家庭用台所洗剤よりも界面活性剤の量は少なくなってます。

従って、洗濯機の洗剤と同じく、界面活性剤を問題にするのであれば、手洗いよりは健康的なはずです。

Qビニール袋を食べてしまうと人体にどのような影響が出るのでしょうか

訳あってビニール袋が溶けてしみこんだ
ハンバーグを食べてしまったのですが、
笑い話として知人にその話をした所、
ビニール袋が有害物質で大変危険だといわれました。
具体的に人体にどのような影響があるのか、
また病院に行ったほうがいいかなど教えて頂けませんでしょうか。

自分の軽率な行動が悪いのですが
早死にすると言われ切実に悩んでいます。
ご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。補足ありがとうございます。
そういうことなら、#2さんもおっしゃるとおり、
ビニールは鍋について焦げているでしょう。
しみ込むことはまずありません。
焦げたビニールを多少摂取している可能性はありますが、
やはり消化されずに出てくるだけだと思います。
ビニールが最も危険なのは毒性云々ではなく、飲み込むときに喉に詰まらせる場合です。

今回の場合、食べたことよりも、ビニールを焦がしたときに出た
煙を吸うほうが、有害性という意味では高そうな気がします。
それでも、そのケース1回限りで「早死に」などと心配するほどではないでしょう。

Q炊いたご飯。冷蔵庫で何日くらい保存できますか?

日曜の朝に炊いたご飯を、水曜の夕飯の時に食べたいと思っています。
冷凍庫に入れないで、冷蔵庫に入れたままにしても大丈夫ですか?
ちなみに冷蔵庫の開け閉めの頻度は少ないです。

Aベストアンサー

3~4日ぐらいなら冷蔵庫でも大丈夫だと思いますよ。
1週間程度なら冷蔵庫で保存していたことがあります。
乾燥してかたくはなりますが、レンジで温めればやわらかくなりました。

Q食器洗い機でプラスティック製品の洗浄時に白いカスみたいなのが

食器洗い機でプラスティック製品の洗浄時に白いカスみたいなのが
こびりつきます。
添付写真を見てもらうとわかりますが、爪など固いものでこすってもなかなか落ちません。
完全に取れないときもあります。
食器洗い機用の粉石けんを使っていたのですが、これが原因かなと思い、液体に変えました。
それでも似たような粉みたいなものが付着します。
乾燥がだめなのかと、乾燥をoffにして洗いとゆすぎだけにしても付着します。

原因が不明なのと、もし対策があれば教えてください。
製品は、食器洗い機可能です。 120℃まだokのようです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追加回答します。

 >使用洗剤を見ると中性洗剤でした。
これは今までの粉石けんに代えて、新たに買われた中性洗剤ですね。

金属石けんの発生は、使用する洗剤が石けんであるから発生する現象であって、中性洗剤を使う限りはどのメーカーのものでも発生しません。石けんと中性洗剤は全くの別の成分です。

しかも成分にポリカルボン酸塩が入っていますが、これは前回回答に書きました金属封鎖剤(キレート剤)です。これが入っていれば、カルシウムなどの金属を封鎖しますので、仮に石けん成分が混じったとしても、金属石けんの発生はありません。
ですからこの洗剤であれば大丈夫だと思います。

 >両方とも、ご飯やカレー・シチューなどを冷凍保存したときの液面?付近に発生しているようです。
これは食器洗浄機ではなくて、別のプラスチック容器ですね。油脂分が多い食材を長期間保存していたとのことですね。油分が液面近くに集まり、以前使っていた石けんも作用してこの部分に金属石けんが集まったことも考えられます。
ポリプロの様なプラスチックス類は、油脂との親和性がありますから、油分が多少なりともポリプロの内部に浸透することも考えられないでもありません。

なお、中性洗剤に代えたからと言って、今までに付着していた白い水垢(金属石けん)が溶ける訳ではありません。
これを落すには酸洗剤が必要です。といって硝酸を使う訳には行きませんので、湯沸かし器の水垢落し用の洗剤を振り掛けて暫く置き、取れるかどうか試してみて下さい。僅かずつでも取れるかも知れません。

追加回答します。

 >使用洗剤を見ると中性洗剤でした。
これは今までの粉石けんに代えて、新たに買われた中性洗剤ですね。

金属石けんの発生は、使用する洗剤が石けんであるから発生する現象であって、中性洗剤を使う限りはどのメーカーのものでも発生しません。石けんと中性洗剤は全くの別の成分です。

しかも成分にポリカルボン酸塩が入っていますが、これは前回回答に書きました金属封鎖剤(キレート剤)です。これが入っていれば、カルシウムなどの金属を封鎖しますので、仮に石けん成分が混じったとしても...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング