質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

サイディングでとても気に入っている物があます。

でも、それが釘打ち工法だからやめた方がいい。
と工務店の方から聞きました。

工務店の方も誰かに聞いたようなのですが
その人が言うには、
釘にはサイディングと同じになるように色は塗るが、色はそのうち剥がれてしまうので釘部分だけおかしくなる。
釘の所から雨の雫のあとが残ったりして
茶色のような汚れが縦にダラーとついてしまう。

と言われたようです。

それなら、釘打ちではない物にしよう!
と探しましたが、私の思う色がありません。

憧れていた色はあるのに
釘打ちだから使えない…。

そんなに釘打ち工法と
金具工法では将来の汚れ等が違うのでしょうか?

実際に釘打ちを使われてる方や、家に詳しい方
どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サイディングトラブルで一番手に負えないのが、サイディングの内部に水が浸透してサイディングが反り最後にはなかからぼろぼろになる症状です。

釘穴がなければその確率は落ちますからね。

そんな理由もあったようで薄く症状のでやすい12ミリサイディングは生産中止になりましたが、金具施工は釘うちより施工費が高いためでしょうか、釘での施工方法は禁止にはなっていないのです。

汚れならまだいいですけど、素材自体がだめになるのは結構ショッキングですし、年数がたつと同じサイディングは手に入りませんからね。釘を嫌がるのはそのあたりだと思いますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほどー!

汚れで悲しんでる場合じゃないですね。
ボロボロになってしまったら、困るどころの話じゃありませんし。

釘打ちは、だから誰もオススメしないわけですね。

色は諦めて、金具工法にした方がいいですね。

色を諦めないといけないとなると…なんだか力が抜けちゃいます。

でも、仕方ないです!
割り切ろう!

お礼日時:2011/08/19 23:54

釘の問題もあるかもしれませんが・・・



目地部分のコーキングが10年で駄目になります。
コーキング部分の取り換えが10年できます。
足場費用やコーキング入れ替え費用。ついでに塗り替えと、費用の嵩む工法です。
塗装まで考えると、100万円以上かかりますよ。
私は、あまりサイディングが好きではありません。
樹脂はなるべく使わないような外壁がメンテナンスに費用がかからずよいのでは?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

予算の都合上サイディングにしかできませんでした。

釘打ちはやはり止める事になり、色は好みの物ではないですが16mmの金具工法を選びました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/22 09:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイディングの釘止めが目立ちます~

新築戸建てを建築中で今は外壁のサイディングをほとんど貼り終わった段階です。そのサイディングの表面は一色の凹凸のある模様で釘止めしてありますが、近くで見ると釘にも塗装をしてあるものの、その釘が非常に目立ち汚らしいのです。サイディングの表面がフラットでないため、釘を奥まで打てないのは仕方ないと思いますが、周りの家を見回してもこんなに釘が目立った外壁を見たことがなく、工務店さんからも工法や仕上がりについても事前に何の説明もありませんでしたし、このような釘の目立つ仕上がりになるとわかっていたなら、こんなサイディングを選ばなかったのに・・・と正直ショックです。こういう場合、まだ釘の上から目立たないように何かの加工や細工をするものなのでしょうか?このままの状態なら、普通より釘の錆びが染み出てきたりしないものかと心配しています。

Aベストアンサー

#4です
カラー釘を使いますが、その上からタッアップするのが、
施工方法です,カラー釘を打ったままだと釘の頭が目立ちます。私は施工後にタッチアップしています、その後は釘を探すのが大変になります,全部の釘を打ち終えた後でないと、釘の打ち忘れが確認しにくくなります、(カラー釘の頭が平らのため施工するとカラーがはがれやすいです、補修液はその為に用意されています、また釘とサイディングの境も埋めてしまいます)

Qサイディングの施工の相場価格について

家の新築にあたって外壁サイディングについて知りたい事があります。

外壁はクボタ松下のエクセレージ12mmが標準となっているのですが
メンテナンス費用の事を考えて
同じくクボタ松下のネオロック光セラ16mmに変更しようと差額の見積りを取りました。

カタログでの定価が
12mmが2590円/m2
16mmが6010円/m2

なので多くとも4000円/m2くらいのUPだろうと考えていたのですが
工務店の見積りは15000円/m2と出てきました。
定価の倍以上の見積りで面食らっています。

施工方法が12mmと16mmでは違うから。という話なのですが
そんなに施工に手間がかかるものなのでしょうか?
そして、この価格が相場なのでしょうか?

家を建てるのは初めてです。
サイディングの施工方法については全く知識がありません。
この値段をがんばって工面するか、光セラをあきらめるか、とても悩んでいます。

ご存知の方がいましたら是非教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです)計算してみるとロス端材が大量発生して処理費の大幅増加(ただし12mm板と割付が同じであれば容積分つまり16/12=1.33倍にしかなりませんが…)

いろいろ考えましたが、どう考えても15,000円アップには繋がりませんでした。

ただ、私の会社で過去にこんな事がありました。

当社の標準サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
施主様の希望サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
ちなみに定価は似たような価格帯です。
住宅規模も普通に40坪くらいの大きさです。
同じメーカーのサイディングにも関わらず、いろいろな理由がありまして納入元建材店兼施工業者が普段は取引のない会社になりました。
その会社は普段サイディング施工を本職としていなかった為、メーカーの紹介で2つ離れた県から職人がこちらの県まで出張して来てホテルに泊まりこみで施工して行きました。当然施工費は跳ね上がりました。
施主様には見積もりの際、差額が200万円くらい上がってしまいまして、「ヤメた方が良いですよ」と説得したんですが、それでも良いとの事でしたので不本意ではありましたが工事をさせていただきました。

上記の様なケースは極めて稀でしょうし、そういう事があれば非常識なコストアップですので黙っていても工務店から納得のいく説明があるハズなんですけどね…。

できれば、一技術者として今後の経過を伺いたいと思いますので締め切らずに結果報告していただけると喜びます。

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです...続きを読む

Qサイディングボードへの穴開け

外壁にセンサーライトを取り付けたいと思い、いくつか品物を見てみたのですが、外壁にねじで取り付ける場合、少し大きめの穴を開けアンカーを打ち、そこにねじ釘を刺すような方法がマニュアルに書かれていました。

この場合サイディングボードに穴を開けるには、やはり電動ドリルのような特殊工具が必要になるのでしょうか。

そうそう使う物でも無いので少々迷っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

窯業系サイディングへの留め付けなら、キリで穴を空けて置けば ネジを直接 少し力が要りますがドライバーでねじ込み可能です。

但し、ボードの木下地の位置を確認して 出来るだけ(最低でも1本は・・・)下地の通っている箇所に留めて下さい。

サイディングの貼り方がフック工法の場合以外は 表面を良く見ると カラー釘が打ってるのが見えますのでこの釘の位置の縦方向(横張りの場合 縦張りなら横方向)に下地木材が入ってます。
くれぐれもサイディングの目地(コーキング位置)には穴を空けないで下さい。

アンカーを打つのは コンクリートやモルタルまた セメント系の中空板やパワーボード壁の場合です。
この場合は別途質問してください。

Q外壁 シーリングの 打ち替えをやりたくない!

家を新築してもうすぐ10年です。10年保障が切れるので、最後の(?)無料点検をしてもらったら、
外壁サイディングのシーリングを打ち直したほうがいいとのこと。
見積もってもらったら、なんと100万円弱・・・。
それだけのお金があれば家族みんなで海外旅行に行けちゃうじゃないですか!

ほぼ同時期に建てている周りの家を見ても全然メンテナンスしてませんし、シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。

というわけでDIYで該当箇所だけ打ち増しし、あと5年はもたせてやろう思うんです。ネットで色々調べたんですが、シーリング自身で完全防水しているわけではないらしいのでこの程度の対策で大丈夫かと・・・。具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。

でも、そんな風に安易に考えるとあとでものすごく痛い思いをしちゃうのかな・・・とも心配なのですが、10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
皆様のご意見おねがいします。

Aベストアンサー

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部でひび割れが見られます。やるとしたら、実家に頼みますがw

>具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。
気持ちはわかりますし、たぶん私もそうですけど。
今回の件で具体的な問題点がでるとすれば、雨漏りとかです。横からなので、内部までしみ込むってことは、そうそうないでしょうけど。しみ込んできてたら、もうアウトですけどね。そこから腐るので・・一カ所とかなら、まだしも、広範囲であれば、問題起きた時はもう立て直すしかないと思いますよw

>シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。
これ、きになったんですけど、どこの部分のこと言ってるんですかね?
サイディングとサイディングの繋ぎ目ではないですよね?繋ぎ目であれば、下にバックアップ材というものがあるはずなので、防水シートが見えるってことはまずないです。サッシとかの周りであれば納得ですけど。

どうしてもお金をかけたくないのであれば、やれる範囲でご自身でやるってのも手ですけどね。
その辺のホームセンターでシーリング・ガン・養生テープ・パテ買ってきて、ひび割れしている箇所だけをやるとか。
やる時は、上から塗る前に一度シーリング材をカッターなりできれいに削ってからなのかな?その辺はまた調べてください。
全部やるとなるとかなりの大仕事になるので、足場等を組まないとやってられないですが・・その時は業者に頼んだ方がいいです。
家は大切なものなので、しっかりとしたメンテナンスした方がいいのは事実ですが、ご自身のお財布と相談して、立て直すのか、リフォームして、長く住むのかをご検討されるのがいいかと思います。

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部で...続きを読む

Q住宅の二階の部屋に付ける室外機は、二階外に設置するのと、一階外までホー

住宅の二階の部屋に付ける室外機は、二階外に設置するのと、一階外までホースを伸ばし設置するのとどちらがいいのですか?
メリットデメリットが有れば教えてください。
「なるべくこうすべき!」・「普通こうする!」があれば教えてください。
私の素人考えだと、二階に設置すると庭の邪魔にならず設置のコストがおさえられるけど、見た目が悪く交換修理時に不便。1階に設置すると設置コストが上がり熱交換率が下がり無駄な電気を消費するがメンテナンスが容易??

Aベストアンサー

1)外壁に吊るす。
2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。

2)次に屋根。
屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。
しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。もちろんそう簡単には問題にはなりませんが、何せ屋根ですから、出来ればそのままにしておきたいものです。
また振動は2階に伝わりますし、場合よっては音も気になるでしょう。

3)ベランダ。
これは一見良さそうですが、ベランダは家から張り出して設置するので、振動はベランダ全体に響いて、家自体に伝わります。
こう書くと、「そんな煩くて振動の酷い室外機は今時無い!」と指摘されるかもしれません。しかし音の伝搬がどういうものなのか、設置場所や方法によって増幅されたりしないのか、などを考慮すると、少なくとも私はお勧めしません。
またベランダの場合は、子供が登るという危険性があります。室外機の上に登り、手すりを越えてと考えると怖い話です。

4)1階に下ろす。
確かに効率は悪くなります。しかし室外機を外壁から離せば振動は地面に伝わるので、振動や音はかなり小さくなります。もちろんメンテナンスも楽ですし、落下事故も無いでしょう。デメリットは邪魔になる事と、ホースが壁を這う事でしょうか。出来れば色を工夫しましょう。室外機が屋根や2階にあるよりは目立たないかも?しれません。

是非1階に下ろしましょう。

1)外壁に吊るす。
2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。

2)次に屋根。
屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。
しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。もちろんそう簡単には問題にはな...続きを読む

Q外壁材のサイディングにフックを取り付けるには?

このカテでの質問は初めてですが、ご存知でしたら回答お願いいたします。DIYに関しては全くのド素人な為、困っています。
 我が家は1年前に住宅メーカーで木造の家を新築いたしました。最近、犬を飼ったので、外玄関の外壁に穴を開けてリードフック(リード掛け)を自分で取り付けたいと思っています。
 取り付けたい部分の外壁は、ニチハ株式会社のモエンエクセラード16mm厚の中の(MGフィーノ調)のサイディングでした。
 http://www5.mediagalaxy.co.jp/nichiha/wall/exce.html
取り付けたいリードフックは、4箇所の穴を開けてネジで留めるタイプのようです。
 http://store.yahoo.co.jp/ink-co/iph-2.html
まず、素人が我が家の外壁に穴をあけたため、ヒビが入って割れてしまったり、うまく取り付けできない可能性はありますか?
また、見映えよく、取り付けるにはどのような方法、工具が必要ですか?
 素人では無理だとしたらどんな業者の方に頼めばよいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

 我が家も質問者様と同じ、外壁がサイディングボードです。 我が家は壁に、エアコンの室外機(20キロ)をつけていますが大丈夫です。
サイディングボードの下地につければ、4本のビスしかもステンレスなので、犬が引っぱた位では外れないと思います。
>DIYに関しては全くのド素人な為、困っています。

電気ドリル、振動ドリルのキリ、インパクトドライバーなど持っていますか 持っていなかったら大工さんか、工務店に頼んで下さい。工具を持っていたらサイディングボードにカラー釘が打ってある所の下が下地です。そこめがけて、振動ドリルのキリを付けたドリルでサイディングボードだけ回転であけてフックをインパクトドライバーでネジをとめます。自信がなかったら業者の方に頼んだ方が無難ですよ。

Q新築のサイディングの欠けについて教えてください

新築中の外壁サイディングボードなのですが、

まだコーキング前で、

1Fと2Fの間くらいに欠損がありました。

写真でみると小さくは見えるのですが、

計ってみますと「横2、5cm縦1.5cm」とあり、

元々は、モルタルの使用だったところを、

後々のメインテナンスを考えて、あえてサイディングボードにしていただいたのですが、

この状態では、補修したところで何年かしたらまた欠けて水はしみてきたりはしないのでしょうか?

新築から補修なんてことはよくある話なのでしょうか?

現在は、デザイナーさんが建築会社に問い合わせ中で回答待ちの状態なのですが、

基本、張替えはしない方向で話が進んでいるようなのですが、

詳しい方がいらっしゃれば、

このような場合は張替えすると手間がかなりかかるものなのでしょうか?

それとも、補修で10年程度の耐久性は確保できるものなのでしょうか?

教えて頂ければ幸いです。


メーカーは ニチハ 「モエンエクセラード16 ロックラインV」 厚さ16mm 金具工法
だったと思います。

宜しくお願い致しますm(__)m

新築中の外壁サイディングボードなのですが、

まだコーキング前で、

1Fと2Fの間くらいに欠損がありました。

写真でみると小さくは見えるのですが、

計ってみますと「横2、5cm縦1.5cm」とあり、

元々は、モルタルの使用だったところを、

後々のメインテナンスを考えて、あえてサイディングボードにしていただいたのですが、

この状態では、補修したところで何年かしたらまた欠けて水はしみてきたりはしないのでしょうか?

新築から補修なんてことはよくある話なのでしょうか?

現在は、デザ...続きを読む

Aベストアンサー

サイディングは 現場で施工中に見られたと思いますが 下から上へ順番に貼ってゆきます。
上下の継ぎ目は 部材の厚さが 約半分ですので 非常に傷みやすい箇所ですので 途中で1枚だけを剥がして入れ替えることは不可能です。
少なくても 上に被ってる板を 充分に持ち上げないと 傷んだ板を剥がしたり 挿入する事が難しく 上の板の止め付けた釘やビスを抜いたり 緩める時に 板を痛める事が多いのです。
1枚を張り替える積りが 上の板を痛め これも交換しないとならない・・・とか緩めた釘やビスも 元状態(補訂力も)に戻せずに 別の箇所へ新たに釘を打たないとならないことも出てきます。

画像を見ると・・・コーナー角度が直角では無い箇所ですね? 本来直角の部材を 斜め加工した板を貼ってる箇所で 非常に傷みやすい箇所です。?金具工法ですか? 金具工法ならここは別途コーナーサイディングを造って対応するのですが・・

金具工法なら 途中の板を緩めたり 抜く事は非常に難しくなってきます。施工用の足場も新たに必要でしょうね。 
このような補修工事で 別の箇所に 今以上の損傷が出る事もありますので 施工業者も悩んでるでしょう。
サイディングの欠損部や傷を補修する専用の パテ状態の補修材が有りますが 補修部分は パターンが同じにならず 補修箇所は目立ちますし 将来は剥がれて しまう事もあります。

金具工法で 確実に補修するなら 傷んだ板まで 上から順次一旦はがして 傷んだ板を交換して 再度上まではめ直すのが一番理想的ですが・・・足場も手間も時間も掛かりますが 一番安心出来るのです。・・・後は施工業者・工務店の誠意の問題だと おもいます。

私の出入りしてる工務店なら 足場を組んで1面貼り直し の指示が出ます。そうならないように常に気を張って仕事をしてます。発注単価は それなりに高いので 当然です。

サイディングは 現場で施工中に見られたと思いますが 下から上へ順番に貼ってゆきます。
上下の継ぎ目は 部材の厚さが 約半分ですので 非常に傷みやすい箇所ですので 途中で1枚だけを剥がして入れ替えることは不可能です。
少なくても 上に被ってる板を 充分に持ち上げないと 傷んだ板を剥がしたり 挿入する事が難しく 上の板の止め付けた釘やビスを抜いたり 緩める時に 板を痛める事が多いのです。
1枚を張り替える積りが 上の板を痛め これも交換しないとならない・・・とか緩めた釘やビスも 元状態(補訂力も...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Qサイディングのシーリング施工した日に雨が・・・大丈夫?

今日、家のサイディングのシーリング(コーキング?)施工されました。現在、こちら雨でして、明日もあさっても雨です。

今、シーリングを触ったら、今日施工したばかりなので非常にやわらかく、手で押すと手に付いてきます。

まだやわらかい状態で長時間雨にされされても問題ないのでしょうか?

詳しい方、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

水の中に浸っているのでは問題がありますが
雨程度では問題ありません
施工中に雨が降り、コーキングを施工する建材などが濡れていれば接着不良の原因になります
施工後にコーキングを凹ますような強い雨粒でなければ問題ないと思います
コーキングは水をはじくので、表面にあめが付く程度は何の問題もありません
どちらかと言えば、雨に当たらないほうがいいのはいいですが
大きな問題が生じるほどとは考えられないです

あまり手で触らないでくださいね
手に付くとなかなか落ちませんし、手についてへこんだ部分などの補修は新規で施工するよりもきれいに仕上がらないのです

追記:お風呂等でもコーキングを施工した数時間後から利用が可能になります

Qあれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の写真を撮っておきました。
しかも窓から、コンセントから、部屋の角からとの距離もすべてわかるようにも撮っておきました。

実際取り付けにあたり、写真を見せて、ここから17cmのここに柱が入っていますから、ここを避けて開けてください。とまでお願いしたのに、壁をトントンたたき「大丈夫ですよ」といい、穴を開け、案の定、柱にぶつけてしまいました。

あきれてものが言えません。

しかも、「傷ついても大丈夫ですよ」と言いつつ穴を貫通させようとしていましたので、慌ててやめさせ、大手家電量販店に連絡したところ、責任者という方と、工務店の社長さんが確認しに来てくれました。不手際は認め、おっしゃるように対応しますとの回答をいただきました。

建築時のハウスメーカーに連絡したところ、(現場は見ていません。電話だけです。)「木に1~2mm程度の傷ならば、構造上大きな問題はないと思う。ただし、2×4は壁が耐力壁になっているので、一枚のボードに二つの穴が開くのはうまくない。当社が修理するならば、ボード一枚の張り替え。壁紙の部分修復はしていないので、部屋すべての壁紙張り替えになる」と言われました。

責任者と社長さんにお話しすると、私がそれを望むならば、そのように対応する。との事でした。

ここまで書くと、それなら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーでは、今は工事が混んでいて、いつ修理できるかわからない。と言うのです。

モタモタしていると夏が終わるかもしれません。

あと、ハウスメーカーに、周囲の1~2mmの傷の他に、先行ドリルの穴がうまく伝わったかも不安なのです。
実際、強度的にどの位、問題となるのでしょうか。
少しでも強度に問題があるのならば、この夏、エアコンがなくても徹底的に修理したいと思います。
強度に問題がないのであれば、業者と何らかの妥協点を探りながら、早めにエアコンをつけてもらおうと思います。
実際強度的には、どんなものなのでしょうか。
私としては今後、どのような対応が出来るのでしょうか。

家を大事にしてきて、今まで、ピン一つ刺したことがなかった(各部屋にピクチャーレールをつけてもらい時計、カレンダー等はこれでぶら下げる。)ので、とても悔しいです。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の...続きを読む

Aベストアンサー

実際問題、2×4なら1本のスタッドにその程度の穴どころか、スタッドを切断しても、家全体の耐震性が著しく損なわれることはないでしょう

マイナスはゼロではありませんが、ほとんど無視できるレベルです

ただ、気分的には著しい損害です
私なら絶対に嫌ですね

それに、ハウスメーカーの保証も、その部分が原因の不具合は、対象にならないでしょう

私なら、今夏はエアコンをあきらめても修理してもらうでしょう

とりあえず、別の部屋には細心の注意を払ってもらって、エアコンを取り付けてもらい、暑い日はその部屋で過ごします

でもしかしスタッドの場所を探る機械がホームセンターとかで2千円くらいで売ってますけどね
それ使えばこんなヘマはしないだろうに

多分そこの業者はいつもこんなことをやっているのでしょうね
2×4ならなんとか大丈夫ですが、在来工法だったら大変なことです


人気Q&Aランキング