グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

グレをフカセ釣りで狙う際、先打ちマキエに向かって仕掛けを投げますが、
ツケエがマキエに入るように仕掛けを置ける確率がとても低いです。
これは練習するしかないかもしれませんが、経験豊富な方からのアドバイス・コツ
または練習の仕方や見本となる動画など、どんなに細かいことでもいいので上達する方法を教えてください。タックルは1.2号のグレ竿に道糸1.5号をメインに使っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

仕掛けの投入は一般的にやや斜め気味のぎみのサイドスローとオーバースローだと思います。




例えば右利きの場合だとロッドは左斜め45度ぐらいから軽く振り込み竿2,3本程度の
近距離の投入に適しています。

それ以上の遠投になるとオーバースローになりますが(竿の角度は私は60度ぐらいかな)
この時に注意しないといけないのがツケエがきれいにカーブを描きながら振りかぶりから
フォロースルーまで絶対に角が付かないことです。

良くあるのが振りかぶって、前にキャスティングに移る際にきれいにロッドが曲がって
仕掛けのウエイトが十分に乗ってないままで前に振るとハリスがピシッとはじかれて
ツケエが取れてしまうことがあります。

私はルアー歴が長いのでキャスティングが得意ですから、パン粉のツケエでも20mは取れずに飛ばせますが
マキエとの一致と言う方向性は練習以外にありません。
9日の日曜日も磯がまだまだ小さいのでパン粉釣法でグレ釣りに行き県南の波止で40cmまで釣りました。

この際も手前は真っ黒になるほどエサ取りがいるので20mほど分離させて、先打ちマキエに
仕掛けを同調させますが、必ずマキエより遠くまでキャスティングします。
これは近距離でも必ず同じで、投入後サミング、その後必ず仕掛けの引き戻しでマキエとうまく
同調する位置まで引いてきて、仕掛けを真っ直ぐにしてから流し始めます。
http://www.youtube.com/watch?v=BMAunVgaRoI

マキエより遠くまで投げることによって多少ずれていてもロッドを左右に倒して引き戻せば
ある程度は修正が効きますから、まずはマキエより先に仕掛けを投入するのが必須項目です。

キャスティングのスムーズさ、方向の正確さはもうこれは練習以外にありません。
フォームとしてはルアーのキャスティングと同じで、ロッドが長い分もっと緩やかに
振り抜く感じですが全体のフォームとしてはシーバスキャスティングなどと基本は同じですね。
http://tv.shimano.co.jp/movie/original/tsurikibu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも的確な回答ありがとうございます。
ルアーは糸の端部がオモリになりますが、フカセはウキがオモリになりますので別だと考えていましたが、基本は同じなんですね。正直ウキからツケエまでの張りは考えていませんでしたので、おっしゃる通りツケエがズレていたことも多くあります。
遠投となるとLCウキに交換するだけでしたが、もっとツケエの軌跡をイメージすることが大事ですね。私が困っているのが、マキエと仕掛けの着水点が横に2m以上ズレることが多く、遠めに投げて引き戻しても修正できなかったことが多かったのですが、やはり練習を重ねることしかないでしょうね。おそらくフォームを見て頂ければ指摘があるとは思いますが、とても良い動画を教えて頂いたので真似しながら練習したいと思います。
ところで県南の波止は梅雨グレで有名になった所だと思いますが、ベテランの方は今でもそんなサイズを釣ることが出来るんですね!たしかに磯より楽しそうです。
私も梅雨行った時に地元の方はパン粉で釣ると聞いていましたので、疑問に思っていましたが、パン粉を何かで固めて混ぜてネリエにするということですか?

お礼日時:2011/10/12 08:57

着水点が横にずれるというのはリリースポイントが悪いんでしょうね。


オーバースローで左にずれるならリリースが遅く、右にずれるなら早いんですね。

キャストはウキが後ろに行ったときに十分に重さを感じて穂先がそれに追従して
曲がったときに徐々にスピードを上げるように緩やかに振り抜くのがコツですね。
こうすればウキがさほど大きくなくてもウキを先端にして道糸とハリスがきれいな
Uの時を横にした状態で飛んでいきます。

この後に重要なのがサミング(フェザーリング)で、それも着水に向けてゆるやかに
スピードを落としてやることによって、ツケエが先端になり真っ直ぐの状態で着水します。
これをしないと強風時などいつの間にかハリスに結び目が出来たり、ハリスがウキより上に
よれて巻き付き仕掛けが落ちていなかったなどのトラブルの原因になります。

パン粉釣法については地元でも御大の超有名な方のお店に通っていた頃よく聞かされていたんですが
当時は邪道と思っていて見向きもしませんでしたが、つい最近うちの近所に越してきて
たまたま私の事務所に来て3時間ぐらい解説を延々と話され、サイン入りのビデオまでくれました(笑)

最近になって磯が思わしくないときに地元の若い方のパン粉でのすごい釣果をブログで見て
取りあえず一度やってみるかで、実は初めて挑戦した次第です。
(この方は波止で40cmオーバーは数知れず、50cmオーバーまで釣っています)
http://ameblo.jp/koppa1091/

私が御大から聞いたりビデオで見たのは、マキエはパン粉(2K入りの普通のやつ)だけで十分ですが
私はパン粉6Kにヒロキューホワイトパワー1袋で、パン粉3kにホワイトパワー半分で1回分
マキエを作り午前午後で2回に分けてちょっと余るぐらいでした。

ツケエはどこのスーパーでも売っている250gから300gの中引きホワイトパン粉一袋を、チューブニンニクを
1,2cm絞り出して水で溶き、そのニンニク水で耳たぶぐらいの柔らかさに十分練っておしまいです。
使っているうちにちょっと固くなりますが、手先でちょっと水を掛けてまた握りればすぐに元通りです。

これをハリが十分隠れるぐらい(小指の爪ぐらいかな)付けて涙型のように上細りの形に付けます。
仕掛けはちょっと重めのOのウキに全遊動のみです。

私も半信半疑でしたが、エサトリを分離してグレが湧き出すと1投ごとにウキが消し込み
(でもこれがなかなか掛からない)40cmは先打ちマキエを2ハイ打って、仕掛けをきれいに合わせて
手前に釘付け用にもう1ハイ打とうとしたときにいきなりロッドを引ったくられました。
仕掛けが着水して10秒も経っていないと思います。
ほんとに釣れるんだ!!と釣った本人が一番びっくりしました。

あとは足の裏から30前後ばかりで大型はそれ1匹だけでしたが、すべてで1000円で済みますし
解凍も何もいらないので超気楽で、エサトリもまったく気にならずハマリそうで恐いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。
他の質問に回答されているのを見て、フカセでもエギングでもサミングすることでトラブル回避に繋がるというのを拝見してからは、サミングのクセが付いてきました。ただ竿を持つ右手ではなく左手の指でしか出来ませんのでまだまだ練習が必要ですね。難しいです。
パン粉釣法は目からウロコでした。
まさかほんとにパン粉だけでダンゴにするんですね。ニンニクエキスが効いてるんでしょうか。結構油っぽいので以外に粘りがあるんでしょうね。
あの波止自体、魚影の濃さ(巨大エイも)に驚きましたが、ぜひパン粉でもあと一驚きしてみたいです。あの場所はある程度上手でなければ釣れないと感じましたのでそこがまた面白かったです。

お礼日時:2011/10/12 17:12

練習方法でいいますと、どんな投げ方でもよいのですが投げる際にウキの重さを竿先で感じながら投げる事です。

重さを感じてる以上は竿のしなりを利用できていますので距離が出てコントロールがしやすいです。後はリリースポイント(指で押さえた道糸をどこで離すか)をしっかりと練習すれば上手く行くと思います。

No.1さんも言っておられますが、マキエサの向こうに投げれば引き戻して合わせれるし仕掛けも同時に張れるのでいいでしょう。

最初は段シズ仕掛けなどは点が2つになり投げ難く仕掛けが絡まりやすいので、ウキだけか、もしくはウキ止めゴムの真下にオモリ一つの仕掛けだと投げやすいのでキッチリとポイントに入れる練習にはやりやすいと思います。

遠投の際の付けエサですが、オキアミだと尻尾の背中側に身のしっかりした部分があります(針を刺すとよく分かります)。この部分に針を通すとエサのすっぽ抜けやズレが少なくなります。普通に通し刺しでもいいですし、背中側を針の内側に向ける刺し方でもOKです。

それと基本的に先打ちのマキエはエサトリ用・グレの反応確認用ですので重たい仕掛けを使わない限りは同調はしません。(させる必要も無いのですけど…)これは「エサの集まる所=釣れる場所」が潮目(早い潮と遅い潮の当ってる所)であったりサラシの切れ目、サラシ同士の当る吸い込みであってそのような場所は「水の吸い込む場所」であるため仕掛けが安定します。しかしマキエの沈むスピードも早いので仕掛けを投入した時にはサシエはマキエを追いかける感じになり同調はほとんどしないのです。ただグレがエサトリの後に浮く場合ばこの釣り方で釣れます。

普通は仕掛けを入れてからの後打ちのマキエが同調用ですのでこのマキエサのコントロールの方が重要です。ケースバイケースで同調しないと釣れないという事も無いのですが、グレが見えるような棚が浅い場合はあまり関係が無いですが、寒の季節など棚が深くなると後打ちマキエの打ち方と同調のさせ方は非常に重要になります。釣法・仕掛けによりますが仕掛けとマキエは必ず違う沈み方をしますので棚が深くなるにつれてズレが生じるからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはりコントロールのブレを考慮して遠めに投げることが重要なんですね。ルアーを始めた時にリリースポイントによって飛距離が大きく変わりましたので重要さはよく分かりました。
仕掛けのバランスやツケエの付け方までよく考えた方が余計なトラブルやツケエのズレなどムダを出さず、釣果に繋がるんですね。まだ自分の見直す部分が見えてきました。
やはり後打ちのマキエも大事ですね。キャストが下手な部分を追い打ちマキエでカバーしていたつもりでいましたが、マキエを一年ずっと練習して若干上達したと感じたところで、今度は仕掛けの投入の下手さが際立ってきました。同調って位置だけではなく上下でも見る必要がありますから非常に難しいですね。

お礼日時:2011/10/12 09:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパン粉釣法

先日、釣具屋に行ったら、パン粉のまとめ売りをしていました。

そこで、色々店員さんと話していまして、
自分は熊本に住んでいますが、
熊本でもパン粉釣法を流行らせようと言う事で、
パン粉を安く売っていたようです。
大分県や北九州では、結構前からある釣法のようです。

そこで、
ちょっと興味があり、パン粉釣法とはどのようにするのか教えて頂けないでしょうか?

・付け餌の作り方
・マキエはどのようなのがいいのか
・仕掛け
・投入方法
・あわせ方
・釣れる魚

などなど。

宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

以前に詳しく解説した回答があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7065068.html

もう一度私なりに要点をまとめて説明しましょう。

まずマキエですが、これは釣具店で売られている2kg入りの安い物でOKです。
私は1日分6kgとまとまりを良くするために一番安い集魚剤、ホワイトパワーを1袋、これだけです。

それと必需品が100円ほどのチューブニンニクです。
まず2kgのパン粉と集魚剤3分の1をそのままバッカン内でよく混ぜます。
水くみバケツに満タンの水をくみ、そこにチューブニンニク3cmほどを絞り出し、よく溶かしてニンニク水を作ります。
あとは遠投が出来るぐらいの固さに注意しながら水を入れて混ぜるだけです。
パン粉が異常に水を吸うので上記ぐらいの量でもバケツ1杯ぐらいは要りますね。
気分によってはお好み焼きに使うような青のり混ぜてもいいでしょうね。

あとはツケエですが、これはスーパーなどで売られている白いホワイトパン粉です。
だいたいどこでも250g~300gで100円ぐらいですね。ダイソーなどでもK&K国分のものなど売っていますね。
1日分としてはこの半分ぐらいでも十分に足ります。
これは量が非常に少ないので、バケツにごく少量の水をくみニンニク1cmぐらいのニンニク水でこねて終わりです。

この固さが微妙なんですが、耳たぶぐらいの柔らかさで十分に練った方がエサ持ちが良くなります。

仕掛けは本来チューブ使用の特殊な仕掛けを使いますが、Lサイズぐらいの普通の円錐ウキの0号ぐらいの単体で十分です。
http://plaza.rakuten.co.jp/zx14se/diary/200807030001/
要するに普通のチヌやグレの仕掛けで十分で、パン粉のツケエの重量に負けないような若干大きめの
ウキを使うだけで良いんです。
別に2本針などしなくて普通に1本針で十分です。

で、仕掛けには普通ガン玉は打ちません。
針とパン粉の重みだけで自然に落とし、全遊動で自然にタナを探っても良いですし、タナがはっきりしなければ
なるほどウキ止めできっちりタナを取って少しずつ喰うタナを探っても良いですね。

投入は近距離ならハリスを持ってサイドやオーバーでやさしくヘラのように打ち込めばいいですね。
私はエサ取りによっては20mぐらい遠投しますが、普通にオーバースローでルアーのキャスティングのように
遠投してもテイクバックを緩やかにして振り抜けばツケエはまったく取れませんね。

釣れる魚はもちろんグレと浮いてきたチヌも釣ったことがあります。
厄介ですがバリも非常に良く釣れます。これはタナを浅くすれば何とかかわせますが。
エサ取りはゼンゴは釣れます。これはかなり厄介です。
しかしスズメダイやネンブツダイは無数にいても不思議と釣れません。

マキエの粉末状態は拾っているようですが、ツケエのダンゴは大きすぎるのかど真ん中でも通過しますね。
水温が高い時期にグレが浮いた時は半ピロぐらいがもっとも喰い込みが良いですね。
こんな時はウキが一気にすーっと消し込みラインも伸びるぐらい良く喰い込みますね。

これからの低温時期はかなり厳しくなってきて、グレは浮きにくく深いタナでエサを喰っている
ケースが多くなってきますからタナをきっちり取って、ウキも少し押さえ込むような僅かな
アタリを確実に合わせるようにしないと難しいでしょうね。

パン粉釣法に関しては、とにかくこの方のブログが非常に参考になりますから読み物としてもオススメです。
http://ameblo.jp/koppa1091/

以前に詳しく解説した回答があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7065068.html

もう一度私なりに要点をまとめて説明しましょう。

まずマキエですが、これは釣具店で売られている2kg入りの安い物でOKです。
私は1日分6kgとまとまりを良くするために一番安い集魚剤、ホワイトパワーを1袋、これだけです。

それと必需品が100円ほどのチューブニンニクです。
まず2kgのパン粉と集魚剤3分の1をそのままバッカン内でよく混ぜます。
水くみバケツに満タンの水をくみ、そこにチューブニンニク3cmほどを絞り...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Qメジナ(グレ)釣り

メジナ釣りで最も有効な餌はオキアミだと思いますがスーパーなどで売っている大型なエビを短冊に切って針に つけても有効なのでしょうか?また キビナゴでは どうでしょうか?ジャムシでやって釣れるのでメジナは虫系が好きなのかとも思ってしまいます。

Aベストアンサー

グレ釣りを磯や波止で20年以上やっています。

大型のエビというのが多分ブラックタイガーなどの大型エビのことだと思います。
生のものなら釣れないこともないかと思いますが、身の固さによっては違和感を感じて
喰わない可能性もありますね。

あまり弾力のあるプリプリの身だと一度口に含んでもすぐに吐き出すかもしれませんね。
生のエビならもっと小型のカキアゲなどに使う芝エビの方がずっとよく釣れます。
と言うか寒グレのほとんど口を使わない活性が低いときには最高の特効エサです。
私の地方ではこれからの時期スーパーで芝エビが出ていたら速攻で買って、すべて綺麗に剥き
味の素(アミノ酸)を振って小分けにタッパーに入れて冷凍保存しておきます。

生のエビに関しては殻が付いていたらほとんど固くて喰いませんからむき身しかダメですよ。

これから冬から春にかけてはグレは植物系のエサを好み(オキアミは別)虫などの
動物性のエサは梅雨から秋ぐらいまでの高水温時に効果があります。

キビナゴは多分まったく釣れないでしょうね。
グレは魚の切り身など魚系の身エサはほとんど口にしません。

あと他にグレに効くのは現場の磯に生えている海苔(アオサなど)、フナムシ、ゴカイ(1匹掛け)
あまり知られていませんが抜群に喰いがいいのがパン粉です。
昨日もパン粉でグレ釣りに行っていましたが、1日中パン粉で湧き上がったグレのほぼ入れ食いで
サイズは32、3cm止まりでしたが、(キープは最大を2匹)3、40匹は釣りました。
(でもなかなかハリ掛かりしない)で、エサ代トータル1000円
安くて良く釣れるので奥さんからもう磯に行くなと言われるのが大変困りものですが・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/zx14se/diary/200807030001/

グレ釣りを磯や波止で20年以上やっています。

大型のエビというのが多分ブラックタイガーなどの大型エビのことだと思います。
生のものなら釣れないこともないかと思いますが、身の固さによっては違和感を感じて
喰わない可能性もありますね。

あまり弾力のあるプリプリの身だと一度口に含んでもすぐに吐き出すかもしれませんね。
生のエビならもっと小型のカキアゲなどに使う芝エビの方がずっとよく釣れます。
と言うか寒グレのほとんど口を使わない活性が低いときには最高の特効エサです。
私の地方ではこれか...続きを読む

Qフカセ釣りで軽い仕掛けの沈めかたについて

ウキ止めなし全遊動でラインや穂先であたりを取る釣り方は感度においても棒ウキを上回るというデータもあるようにうまい釣り人は全遊動使っている人が多いと思ってます

自分はグレじゃなくチヌやタイ狙いで重い仕掛けで確実に底に沈めて釣る釣り方ですが、たまに全遊動を試して見たりします がどうも仕掛けをうまく落とすことが出来ません 特に遠投したとき

例えばゆっくり落ちる程度の錘を打ち0号のウキで穴径も多い物を使用してもウキが沈んでしまいスルスルとラインが落ちていってくれません 
(ラインでアタリを取るのでウキが沈んでも問題ないような気もしますが 潮も受けられるし)

ラインは2号なのですがやはり1.7号くらいに落とさないといけないでしょうか あとは巻き癖でしょうか?

そもそも大地釣方のように沖では仕掛けをあまり底まで沈めず マキエで浮かせて釣るので あまり沈まなくても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

長年フカセ釣りをしていますが、全遊動でまず最初に大切なことは
ウキから竿先までのラインの置き場です。

潮や風によってこの間のラインが引かれるような状況では、ラインが
ウキを引っ張ってしまいラインは入ってきません。

特に風と潮が同じ向きなどだと最悪に入りにくいですよね。

こんな場合はキャストして仕掛けを張ったら、ロッドを風上に大きく倒し
ラインを必ず風上、潮上から送り込むようにすると、風の影響を受けにくくなります。

比重が軽く風にも非常に弱いPEなら尚更のことです。
それ自体が浮力がありますから、通常よりオモリを掛けないと
仕掛けが入ってきません。

フカセにはナイロン以外あり得ません。

太さは当然2号より1.7号の方が潮や風など、悪い影響を2号より排除できますから
仕掛けの入りは良くなります。

遠投の場合はウキ止めなしの完全全遊動はラインの影響を受けやすいので
穴系の大きな(3mm位)円錐に、なるほどウキ止めを1本〜1本半程度に
セットしておいて、仕掛けがウキ止めで馴染んだらマキエと同じ速度で
沈降するぐらいにセットした方が、ポイントずれ、タナぼけを防止できます。

何もかも全遊動が全て有効ではありませんよ。

特に産卵期や厳寒期の極シブのグレは、シブシブの半遊動でないと、全遊動で
仕掛けを入れすぎると、グレのタナを越してそれ以降は絶対にグレはエサを追って
深くは潜らないので、やがて赤い魚や大型のサンノジなどが掛かって
大型の尾長に切られたなどと騒ぐ人が出てくるんです。

長年フカセ釣りをしていますが、全遊動でまず最初に大切なことは
ウキから竿先までのラインの置き場です。

潮や風によってこの間のラインが引かれるような状況では、ラインが
ウキを引っ張ってしまいラインは入ってきません。

特に風と潮が同じ向きなどだと最悪に入りにくいですよね。

こんな場合はキャストして仕掛けを張ったら、ロッドを風上に大きく倒し
ラインを必ず風上、潮上から送り込むようにすると、風の影響を受けにくくなります。

比重が軽く風にも非常に弱いPEなら尚更のことです。
それ自体が浮...続きを読む

Qフカセで磯へ釣りに行くときの荷物

私は、沖磯に釣りに行く際、大きく分けてロッドケース、マキエの入った重いバッカン、ハードクーラーの3つを携えて行きます。
ですが、ハードクーラーが重いのと、荷物を増やしたいため、軽くて荷物が沢山入る、シマノで言う磯クールのようなバッグに替えようかと思っています。
皆さんはどのような荷物で磯に行っていますか?
磯クールの容量など、アドバイスいただけると幸いです。

Aベストアンサー

長崎、五島をはじめ、大分・佐賀方面へよく行く者です。

基本はやはりロッドケース・道具入れ・バッカン・クーラーの4点です。

ただし私は釣る時間によっては(早朝からお昼2時~3時のまで時などは)道具入れを持って行きません。
理由は単に道具を減らすためです。3~4人で行った時の道具の量にはうんざりします。
ですから、ロッドケースを遠征用の大きなものにして、リール等までできる限りそれに詰め込みます。もちろん使用頻度が高いものはライフジャケットへ入れています。
フカセしかせず、磯で一泊しない場合はこれで十分だと思います。

ですので、質問者様の行かれる所と、釣る時間、またフカセやカゴ等の釣法により、道具の量で磯バックの大きさが決定されると思いますが、少し道具が増える程度なら25Lもあれば十分ではないでしょうか。
またもうひとつ道具用のバッカンを購入されるか、『船用の道具入れ』というのも便利ですよ。

それとクーラーが重いので、磯バックに・・・というと、磯バックに魚を?ということでしょうか?
そうだとすれば、私はメーカーの人間ではありませんが、冬の厳寒期でもない限り厳しいと思いますよ。
保冷力もあるようには思えませんし、何より手入れが大変です。

バッカンやクーラーはザブッと洗えばいいですが、磯バックは拭きあげなければ行けません。これが釣行が終わって疲れている体には何より面倒くさい。荷物を減らす理由はここにあります。船用の道具入れはザブッと洗え、軽いから使い勝手もいいですよ。

もうひとつ荷物の軽減としては思い切って大きなクーラーという手もあります。
行きは少し重たいですが(この時点で質問の答えにはなりませんが)、バッカンをクーラーに入れてしまえば、ロッドケースとクーラーの2点で行けますよ。
注意すべき点はあまり魚を釣らないこと。これはあまり魚を釣り切れない私には大変有効です(泣)

いずれにせよ道具を選んでいる時って楽しいですよね。
いい釣りが出来ますよう心よりお祈りします。

長崎、五島をはじめ、大分・佐賀方面へよく行く者です。

基本はやはりロッドケース・道具入れ・バッカン・クーラーの4点です。

ただし私は釣る時間によっては(早朝からお昼2時~3時のまで時などは)道具入れを持って行きません。
理由は単に道具を減らすためです。3~4人で行った時の道具の量にはうんざりします。
ですから、ロッドケースを遠征用の大きなものにして、リール等までできる限りそれに詰め込みます。もちろん使用頻度が高いものはライフジャケットへ入れています。
フカセしかせず、磯で一泊し...続きを読む

Q地磯の口太40クラスに1.5号竿は太過ぎですか

20年位前にグレ釣りにハマり伊豆半島の沖磯渡船で口太メインに釣りを5年程し、その後パッタリご無沙汰してましたが、最近また釣りの虫が騒ぎ始め、近くの地磯を探して、いい場所を見つけましが、水深が2ヒロ程度で、根も結構あり、口太40クラスや尾長30クラスも来る様なので、大島磯クラスの1.5号を買おうかと思いますが、1.5号を使ったことがなく、また最近の竿の性能も知らないので、御意見を頂きたいのですが、1.5号では硬すぎで面白く無いでしょうか? 沖磯釣りをしていた頃はCWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号を使ってました。

Aベストアンサー

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬いから面白くないという表現は恐らく適しません。この僅かな差がタメを作りやすいか、止めやすいかのバランスの違いとなってくるのです。
現在主流になりつつある1.25号(私のはG社の1.2号強度)という竿なのですが、グレ竿の1.25号であれば50cm口太でも大丈夫な竿で私自身60cm尾長、70cmクラスのイスズミすらも取ってはいますが、磯竿となりますと同じ1.25号でもグレ竿ほど強いバネの印象は受けないのです。

大島磯は中間バランスの「磯竿」ですので誰でも使いやすく出来た竿です。私の考えですが、地磯で40cmクラスの口太、30クラス尾長対応ですがこういう潮が入る場所では「釣れるのはグレだけではない」のでそれらを考慮すると1.5号で丁度よいかとは思います。また沖磯へ・・・などもあるかもしませんしね。
魚の引きは昔とそう変わらないですが竿も糸も近年劇的によくなったので同じ魚を釣るのに従来の号数は必要なくなったという見方も出来ますが、あくまで細ハリスを使ったグレのトーナメント式での釣りであり一般釣行用とは少し違うとは思っています。

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬...続きを読む

Qグレ針について

昨日、天草の地磯からグレ釣りに行きました。

今年からグレ釣りを初めたのですが、
初めて、40オーバーのグレが釣れました。
後、間違いなく50オーバーのグレも目の前まできて、
針が外れてしまいました。。。かなり悔しいです・・・

針が折れたとか曲がった形跡はなかったのですが、
かかりが浅かったのかもしれません。。。


がまかつの寒グレ用の針5号でやっていました。

釣具屋で、スレ針(zeek)とかを買っている人がいたので、
気になっているのですが、
スレ針でも魚がかかっても逃げられないのでしょうか?
かえしが無かったように見えたので。

今まで針にこだわりとかあんまり気にしない方だったのですが、
今回のバラシで、針のせいではないとは思いますが、
針の事も知りたいと思いました。

グレ針でオススメとかありましたら、教えて頂けると
今後の参考にしていきたいと思います。


宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

寒グレ用の針というのは活性が低く、高活性時のように奥まで飲み込むほど喰いが良くないときに
違和感なく吸い込みやすく、吸い込んだら吐き出す前に口の内部でしっかり針掛かりするように
短軸でフトコロが広くなっている針がほとんどです(いわゆる飲ませタイプのグレ針ですね)

こういうタイプは刺さりも良く底活性時には威力を発揮しますが、フトコロが広く短軸ということは
ラインの角度によっては針の角度も大きく変わりやすいので、口や唇に掛かっている場合は
魚の走った角度によって針先が外れる角度になってしまい針外れでバラすケースが多くなってきます。

私の友人が安いのでがまの寒グレをよく使用していますが、昨日も良型を水面で玉網入れ寸前にバラしていました。
私も以前までずっと長くがまの短グレを使用していましたが、ごくたまにそのような針外れがあったので
今はがまの掛かりすぎ口太の5、6号を使用していますが、これは掛かりも良く今まで針外れはありません。

スレ針は以前がまのヴィトムをよく使用していましたが、テンションさえきっちり掛けていれば
ほとんどバレることはありません。
ただこれは今ほど種類も多くなく、針先の鋭利さも今ほどでなかった当時で、スレ針の最大の
長所の刺さりの良さというのも最近の針と比べるとあまり抜きんでた長所ではないと思いますので
針ケースには一切スレ針は入っていません。

最近種類も大変多く安いメーカーの物なども使ってみましたが、剛性が弱く固い部分に刺さっているのを
強く外していると折れたり開いたり割と簡単にするので、針はがまかつ以外使いません。

でも確実に50cmオーバーというはすごいですね。20数年本格的に磯釣りをしてきていますが
未だに50cmの壁は突破していません。
前回もとうとう征ったと思ったら49cmで、昨日も超重量級の引きでやっと浮かせて玉網入れしたときには
今度こそ間違いなしと友人に「50オーバーだぁ!」と言ってすぐに計ったら48.5cmでした(-_-;)

48cmまでは数知れず釣っていますが49cmになったのがやっと20数年目の今月のことです。
ここ数年行きつけの磯では50cmオーバーが頻発しているので何とか今シーズンに越えたいものです。
遠征などもしなく近場で数こなした方が好きなのであとほんのちょっとですが大きな壁ですね。

寒グレ用の針というのは活性が低く、高活性時のように奥まで飲み込むほど喰いが良くないときに
違和感なく吸い込みやすく、吸い込んだら吐き出す前に口の内部でしっかり針掛かりするように
短軸でフトコロが広くなっている針がほとんどです(いわゆる飲ませタイプのグレ針ですね)

こういうタイプは刺さりも良く底活性時には威力を発揮しますが、フトコロが広く短軸ということは
ラインの角度によっては針の角度も大きく変わりやすいので、口や唇に掛かっている場合は
魚の走った角度によって針先が外れる角度に...続きを読む

Q正確にポイントにウキを投げる方法

フカセ釣りに限らないのですが、コマセを打ったポイントに正確にウキを投げるコツを教えて下さい。
投げには胸側から腕を回す人と投げ釣りのように振りかぶって投げる人がいますが、使い分けがあるのでしょうか、またどちらがコントロールしやすいでしょうか。さらに胸側から投げる時、ツケ餌を片側の手で持って離すのは必要ですか?

自分では遠投の時はオーバースローの方が遠くに飛びますが、コントロールが雑になってしまい、狙いのポイントより遠くに飛んでしまいす。逆に胸側回し?で投げるとポイントより手前に落ちることが多いです。
全般的に竿のしなりを活かすのが下手で、飛び過ぎたり、飛ばなかったり、左右の着地点も定まりません。10m以内の足元しかコマセと同調できていないと思います。いい練習方法はありますか?

Aベストアンサー

海の近くに住む釣り好きです。

ご参考まで・・・

私は遠いポイントの場合、曰く「オーバースロー」風に投入いたします。(左利きですので参考になりますかどうか・・・?)
左手に竿を持ち、右手に付けエサを持ち、リールを巻いて竿を思い切りしならせ、
右手首のスナップより一瞬遅れ目に付けエサを離し・・・
ポイントよりも少し沖目を狙い、浮を見据えてポイントの近くにまで浮が飛んでいきましたら、スプールのラインに右指を添えて
ラインを止め、浮が着水したら、浮をポイントまで引き戻し(竿を立てて)・・・と云う感じです。

ポイントを真正面に見て、思い切り竿にテンションをかけ、付けエサを放すタイミングをはかるのがコツでしょうか・・・

胸側から腕を回し投げる場合・・・近場狙いです。また付けエサを片手に持ちませんとサオの反動を使えません。

共にサオのしなりを利用して投げます。決して腕の力で投入はしません。サオを持つ手も、付けエサを持つ手も添える
感覚です。

練習方法は・・・海でない所での練習は大変危険ですので、やはり実戦を積むしかないのでは・・・と思います。

お役に立てましたら幸いです。

海の近くに住む釣り好きです。

ご参考まで・・・

私は遠いポイントの場合、曰く「オーバースロー」風に投入いたします。(左利きですので参考になりますかどうか・・・?)
左手に竿を持ち、右手に付けエサを持ち、リールを巻いて竿を思い切りしならせ、
右手首のスナップより一瞬遅れ目に付けエサを離し・・・
ポイントよりも少し沖目を狙い、浮を見据えてポイントの近くにまで浮が飛んでいきましたら、スプールのラインに右指を添えて
ラインを止め、浮が着水したら、浮をポイントまで引き戻し(竿を立てて)...続きを読む

Qコマセでバッカンを汚したくない

コマセを使った釣りをやろうと思います。

バッカンなどがありますが、汚れが残るのがいやです。

直接いれると汚れるので中にナイロンをいれたりしようとしているのですが大丈夫でしょうか?他によい方法はありますか?

また汚れの落ちやすいバッカンなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

20年ほど磯釣りでバッカンを使ってますが、ナイロンなど入れたことはありませんね。
ナイロンなどを入れていたら途中で集魚剤を補充してマゼラーで混ぜたり
遠投するのに柄杓に詰めたマキエを側壁に押しつけるなど常に行う動作で
ナイロンなど簡単に破れてしまいます。
汚れの付きにくいバッカンを使うのと洗い方次第でナイロンなどは全く役に立ちません。
これまで汚れが残ってバッカンが汚くなったことなどただの一度もありません。

私は現在ダイワのスーパーバッカンを使っていますが、内面がツルツルの
鏡面仕上げになっているので終わって洗うときにとても楽ですね。

http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=3364

それと絶対に持っておきたいのがバッカンブラシです。
100均のシューズブラシなどでもいいですが直角のスミが洗えないので
あらゆる物を試してみてダイワのバッカンブラシがコンパクトで汚れも
良く落ちて使いやすいですね。

http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=2872

バッカンはダイワに限らず内面がツルツルの鏡面加工になっている物が
汚れ落ちが良く使いやすいです。
また安いノンブランドなどの方がそんな加工もしてないので汚れ落ちは
数倍悪くなります。良い物はそれなりに使いやすくなっています。

釣りが終わったらタックルより先にバッカンに満タンに水を入れておき
柄杓も漬けて、水汲みバケツにはえさ箱とマゼラーを漬けておいて
それからタックルの片づけをして終わってから餌関係を洗えば簡単に
短時間で全てきれいに落とせますよ。

20年ほど磯釣りでバッカンを使ってますが、ナイロンなど入れたことはありませんね。
ナイロンなどを入れていたら途中で集魚剤を補充してマゼラーで混ぜたり
遠投するのに柄杓に詰めたマキエを側壁に押しつけるなど常に行う動作で
ナイロンなど簡単に破れてしまいます。
汚れの付きにくいバッカンを使うのと洗い方次第でナイロンなどは全く役に立ちません。
これまで汚れが残ってバッカンが汚くなったことなどただの一度もありません。

私は現在ダイワのスーパーバッカンを使っていますが、内面がツルツ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング