ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

先日、釣具屋に行ったら、パン粉のまとめ売りをしていました。

そこで、色々店員さんと話していまして、
自分は熊本に住んでいますが、
熊本でもパン粉釣法を流行らせようと言う事で、
パン粉を安く売っていたようです。
大分県や北九州では、結構前からある釣法のようです。

そこで、
ちょっと興味があり、パン粉釣法とはどのようにするのか教えて頂けないでしょうか?

・付け餌の作り方
・マキエはどのようなのがいいのか
・仕掛け
・投入方法
・あわせ方
・釣れる魚

などなど。

宜しくお願い致しますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前に詳しく解説した回答があります。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7065068.html

もう一度私なりに要点をまとめて説明しましょう。

まずマキエですが、これは釣具店で売られている2kg入りの安い物でOKです。
私は1日分6kgとまとまりを良くするために一番安い集魚剤、ホワイトパワーを1袋、これだけです。

それと必需品が100円ほどのチューブニンニクです。
まず2kgのパン粉と集魚剤3分の1をそのままバッカン内でよく混ぜます。
水くみバケツに満タンの水をくみ、そこにチューブニンニク3cmほどを絞り出し、よく溶かしてニンニク水を作ります。
あとは遠投が出来るぐらいの固さに注意しながら水を入れて混ぜるだけです。
パン粉が異常に水を吸うので上記ぐらいの量でもバケツ1杯ぐらいは要りますね。
気分によってはお好み焼きに使うような青のり混ぜてもいいでしょうね。

あとはツケエですが、これはスーパーなどで売られている白いホワイトパン粉です。
だいたいどこでも250g~300gで100円ぐらいですね。ダイソーなどでもK&K国分のものなど売っていますね。
1日分としてはこの半分ぐらいでも十分に足ります。
これは量が非常に少ないので、バケツにごく少量の水をくみニンニク1cmぐらいのニンニク水でこねて終わりです。

この固さが微妙なんですが、耳たぶぐらいの柔らかさで十分に練った方がエサ持ちが良くなります。

仕掛けは本来チューブ使用の特殊な仕掛けを使いますが、Lサイズぐらいの普通の円錐ウキの0号ぐらいの単体で十分です。
http://plaza.rakuten.co.jp/zx14se/diary/20080703 …
要するに普通のチヌやグレの仕掛けで十分で、パン粉のツケエの重量に負けないような若干大きめの
ウキを使うだけで良いんです。
別に2本針などしなくて普通に1本針で十分です。

で、仕掛けには普通ガン玉は打ちません。
針とパン粉の重みだけで自然に落とし、全遊動で自然にタナを探っても良いですし、タナがはっきりしなければ
なるほどウキ止めできっちりタナを取って少しずつ喰うタナを探っても良いですね。

投入は近距離ならハリスを持ってサイドやオーバーでやさしくヘラのように打ち込めばいいですね。
私はエサ取りによっては20mぐらい遠投しますが、普通にオーバースローでルアーのキャスティングのように
遠投してもテイクバックを緩やかにして振り抜けばツケエはまったく取れませんね。

釣れる魚はもちろんグレと浮いてきたチヌも釣ったことがあります。
厄介ですがバリも非常に良く釣れます。これはタナを浅くすれば何とかかわせますが。
エサ取りはゼンゴは釣れます。これはかなり厄介です。
しかしスズメダイやネンブツダイは無数にいても不思議と釣れません。

マキエの粉末状態は拾っているようですが、ツケエのダンゴは大きすぎるのかど真ん中でも通過しますね。
水温が高い時期にグレが浮いた時は半ピロぐらいがもっとも喰い込みが良いですね。
こんな時はウキが一気にすーっと消し込みラインも伸びるぐらい良く喰い込みますね。

これからの低温時期はかなり厳しくなってきて、グレは浮きにくく深いタナでエサを喰っている
ケースが多くなってきますからタナをきっちり取って、ウキも少し押さえ込むような僅かな
アタリを確実に合わせるようにしないと難しいでしょうね。

パン粉釣法に関しては、とにかくこの方のブログが非常に参考になりますから読み物としてもオススメです。
http://ameblo.jp/koppa1091/
    • good
    • 20
この回答へのお礼

いつもご回答ありがとうございます。

昨日、波止からグレが釣れている情報を元に
グレ釣りに行きました。

今回は今年の初釣りなので、
どうしても釣果もあげたいと言う事で、
付け餌は、パン粉とオキアミの両方試してみました。

オキアミも付け餌にするのでオキアミも混ぜたマキエにしてみました。
マキエは、オキアミ1角とパン粉2キロと制覇グレ1袋と小さい麦を少しを
ニンニク海水で遠投できる固さでやってみました。

付け餌もニンニク海水とホワイトパン粉でしました。

少し小さいですが、グレの33センチを筆頭に30センチオーバー8匹+コッパグロ多数釣れました♪
今回は、棚を決めてやってみました。
2ヒロくらいだとコッパグロで3ヒロくらいに30センチオーバーがヒットしました。


パン粉の付け餌の食いもいいですね!
ホントに釣れるんですね!驚きました。
ただ、合わせが難しいです。。。
空振りが何回もありました・・・
でも、安く作れて釣れるからいいですね!
今度の磯釣りでも試してみます。

付け餌のパン粉を針に付ける際、
握り過ぎるとダメなんですか?
合わせのコツとかないですか?

お礼日時:2012/01/09 23:24

ね、釣れるでしょ!



私も半信半疑でしたが、高水温時の活性の高いときは忙しいほど釣れます。
特に梅雨グレの時期、晩秋から初冬にかけての水温がまだ20度ぐらいある時はかなり浮いて
仕掛けを入れたら10秒ほどでウキが見えなくなるほど消し込みます。

これからはコッパが上層にいて、その下で型の良いのがエサを拾っていますから
きっちりタナを取って小さなアタリを取るのが肝心になりますね。

アワセは確かに空振りは多いです。
良く注意してると僅かに入って、また浮いたのがシューッと消し込むアタリも良くあります。
一回口に含んで僅かな違和感を感じて吐き出したツケエが、若干小さくなって口に含んだことによって
表面にバラケが生じ、今度は違和感なく食い込むんではないかと思います。

アワセは私の場合、ロッドを横にすーっと引き、聞くようにして乗っているのを感じてから
更に大きく曲げロッドを立てるようにしています。
こうしないと特に半ピロなどのごく浅いタナの場合はウキが飛んできて破損したり、ハリスが絡んで
トラブルを多発しますから、パン粉に関してはあまり速攻のアワセはしない方がいいでしょうね。

ツケエはハリに付ける際はあえてわざわざまた良く練るようなことはせず、ハリ全体が隠れるように
なみだ型に形を整える程度で、あまり練りすぎると粘りが出過ぎて喰い込みが悪くなると思います。
ツケエは遠投が出来る程度で、なるべく柔らかい方が喰い込みがいいと思います。

マキエはオキアミは入れない方がいいと思います。
余分なエサ取りまで呼んでしまうし、グレがオキアミを喰いだすとパン粉の喰いが落ちてしまいますね。
オキアミのような固形物の方が腹に溜まりますから、せっかく大型が来ていてもマキエのオキアミを
そこそこ喰って沈む可能性もありますね。

パン粉の場合はとにかくパン粉メインで、それしか喰う物がないようにした方が喰いがいいと思います。

圧倒的に安いエサ代と、解凍もなくいつでもどれぐらいの時間でもさっさと対応できるパン粉は
非常にエコな釣り餌だと思いますね。波止も汚れませんし、一切臭くもならないですからね。

じっくりポイントを探せば波止でも40cmオーバーは可能ですから、頑張って探究してみて下さい。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

聞き合わせですね!今度試してみます。

オキアミは逆効果なんですね!
今度は、オキアミ入れずにやってみたいと思います。

頑張ってまずは40オーバーを目標にやってみたいと思います。

お礼日時:2012/01/13 13:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Qフカセ釣りで仕掛けの投入を上達させる方法

グレをフカセ釣りで狙う際、先打ちマキエに向かって仕掛けを投げますが、
ツケエがマキエに入るように仕掛けを置ける確率がとても低いです。
これは練習するしかないかもしれませんが、経験豊富な方からのアドバイス・コツ
または練習の仕方や見本となる動画など、どんなに細かいことでもいいので上達する方法を教えてください。タックルは1.2号のグレ竿に道糸1.5号をメインに使っています。

Aベストアンサー

仕掛けの投入は一般的にやや斜め気味のぎみのサイドスローとオーバースローだと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=2Pjn5PZa6Sg&feature=relmfu

例えば右利きの場合だとロッドは左斜め45度ぐらいから軽く振り込み竿2,3本程度の
近距離の投入に適しています。

それ以上の遠投になるとオーバースローになりますが(竿の角度は私は60度ぐらいかな)
この時に注意しないといけないのがツケエがきれいにカーブを描きながら振りかぶりから
フォロースルーまで絶対に角が付かないことです。

良くあるのが振りかぶって、前にキャスティングに移る際にきれいにロッドが曲がって
仕掛けのウエイトが十分に乗ってないままで前に振るとハリスがピシッとはじかれて
ツケエが取れてしまうことがあります。

私はルアー歴が長いのでキャスティングが得意ですから、パン粉のツケエでも20mは取れずに飛ばせますが
マキエとの一致と言う方向性は練習以外にありません。
9日の日曜日も磯がまだまだ小さいのでパン粉釣法でグレ釣りに行き県南の波止で40cmまで釣りました。

この際も手前は真っ黒になるほどエサ取りがいるので20mほど分離させて、先打ちマキエに
仕掛けを同調させますが、必ずマキエより遠くまでキャスティングします。
これは近距離でも必ず同じで、投入後サミング、その後必ず仕掛けの引き戻しでマキエとうまく
同調する位置まで引いてきて、仕掛けを真っ直ぐにしてから流し始めます。
http://www.youtube.com/watch?v=BMAunVgaRoI

マキエより遠くまで投げることによって多少ずれていてもロッドを左右に倒して引き戻せば
ある程度は修正が効きますから、まずはマキエより先に仕掛けを投入するのが必須項目です。

キャスティングのスムーズさ、方向の正確さはもうこれは練習以外にありません。
フォームとしてはルアーのキャスティングと同じで、ロッドが長い分もっと緩やかに
振り抜く感じですが全体のフォームとしてはシーバスキャスティングなどと基本は同じですね。
http://tv.shimano.co.jp/movie/original/tsurikibun_42/

仕掛けの投入は一般的にやや斜め気味のぎみのサイドスローとオーバースローだと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=2Pjn5PZa6Sg&feature=relmfu

例えば右利きの場合だとロッドは左斜め45度ぐらいから軽く振り込み竿2,3本程度の
近距離の投入に適しています。

それ以上の遠投になるとオーバースローになりますが(竿の角度は私は60度ぐらいかな)
この時に注意しないといけないのがツケエがきれいにカーブを描きながら振りかぶりから
フォロースルーまで絶対に角が付かないことです。

良くあるの...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Q地磯の口太40クラスに1.5号竿は太過ぎですか

20年位前にグレ釣りにハマり伊豆半島の沖磯渡船で口太メインに釣りを5年程し、その後パッタリご無沙汰してましたが、最近また釣りの虫が騒ぎ始め、近くの地磯を探して、いい場所を見つけましが、水深が2ヒロ程度で、根も結構あり、口太40クラスや尾長30クラスも来る様なので、大島磯クラスの1.5号を買おうかと思いますが、1.5号を使ったことがなく、また最近の竿の性能も知らないので、御意見を頂きたいのですが、1.5号では硬すぎで面白く無いでしょうか? 沖磯釣りをしていた頃はCWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号を使ってました。

Aベストアンサー

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬いから面白くないという表現は恐らく適しません。この僅かな差がタメを作りやすいか、止めやすいかのバランスの違いとなってくるのです。
現在主流になりつつある1.25号(私のはG社の1.2号強度)という竿なのですが、グレ竿の1.25号であれば50cm口太でも大丈夫な竿で私自身60cm尾長、70cmクラスのイスズミすらも取ってはいますが、磯竿となりますと同じ1.25号でもグレ竿ほど強いバネの印象は受けないのです。

大島磯は中間バランスの「磯竿」ですので誰でも使いやすく出来た竿です。私の考えですが、地磯で40cmクラスの口太、30クラス尾長対応ですがこういう潮が入る場所では「釣れるのはグレだけではない」のでそれらを考慮すると1.5号で丁度よいかとは思います。また沖磯へ・・・などもあるかもしませんしね。
魚の引きは昔とそう変わらないですが竿も糸も近年劇的によくなったので同じ魚を釣るのに従来の号数は必要なくなったという見方も出来ますが、あくまで細ハリスを使ったグレのトーナメント式での釣りであり一般釣行用とは少し違うとは思っています。

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬...続きを読む

Qマルキュウに匹敵する練り餌は激安自作可能か?

さなぎ子、パン粉、魚粉、蛯粉、麦、味噌、赤土を自分前でそろえて混ぜてまきえさをつくってみましたが、逆にコストが高くなって後悔しました。クロダイを釣りましたが、これってただ単に混ぜたオキアミと付け餌のオキアミのお陰?とも思えむなしくなりました。まき餌は市販品を買った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

釣暦30年です

マルQのエサは同じものを一度に大量に作るため安くなっています。因みに成分的には天然&食品素材100%ですので、海に撒いても微生物により分解されますし、さらに人が食べても大丈夫なものです。多くのテスター、モニター等のプロや名人たちがより釣り易いように集魚力・粘り(遠投性)・拡散の仕方・沈むスピードなどを考えて集めたデータを元に作られ、幾重にもテストが繰り返されて使いやすいもののみ商品化されて世に出てきます。これを安価に自作ですと個人レベルではまず不可能です。

すき屋の牛丼を同じ味で個人で再現して作った場合にすき屋より安価になることはありませんのでこれに同様です。

涙ぐましい?企業努力によりユーザーに使いやすいであろう値段で提供できてるということです。

集魚剤には匂い成分、エサ成分等が含まれているのでより魚を寄せやすくなっています。勿論オキアミにも匂いがあり、魚のエサでもあるので同様の効果はありますが、それをさらに高める為に混ぜるものです。

ただノッコミシーズンのチヌはあまり人が入らず、魚影の濃いような釣り場ですと、マキエサの差はあまり感じられませんので、オキアミだけでも釣ろうと思えば十分に釣れます。安く上げようと考えるなら、パン粉を混ぜるだけでも十分にコントロールしやすくなるので、魚を寄せることは可能です。

ただ、集魚剤の効果は抜群です。チヌは寄せなければ釣れない場合も多いです。少しでも良い釣果に恵まれたいと思うのが釣り人心理ですので大体の人は集魚剤を使うわけです。どんな釣り場にも対応できる柔軟さも持ち合わせたものですので、大した差額でないのなら、これらを使う方が釣果に恵まれやすいことは確かです。

マキエサに余念が無い場合、後は食わせる腕と釣り場次第ですよね。心配事は少ないほうが趣味は楽しみやすいものです。

釣暦30年です

マルQのエサは同じものを一度に大量に作るため安くなっています。因みに成分的には天然&食品素材100%ですので、海に撒いても微生物により分解されますし、さらに人が食べても大丈夫なものです。多くのテスター、モニター等のプロや名人たちがより釣り易いように集魚力・粘り(遠投性)・拡散の仕方・沈むスピードなどを考えて集めたデータを元に作られ、幾重にもテストが繰り返されて使いやすいもののみ商品化されて世に出てきます。これを安価に自作ですと個人レベルではまず不可能です。...続きを読む

Q★餌取りが多くて、付け餌をとられる!★

この前、ウキフカセ釣りでメジナを狙いに行ったのですが
仕掛けを投入してもすぐに
付け餌が無くなっています。
コマセを撒くポイントをずらしたりしても
やはり、とられます。

餌取りの正体は木っ端メジナのようでした。
皆さんはこのようなとき、どうしていますか??


ちなみに撒き餌はオキアミで
付け餌はスーパーハードタイプLのオキアミです

Aベストアンサー

この時期木っ葉グレのエサ取りは厄介ですね。
私も今磯に梅雨グレに通ってますが、磯によっては木っ葉が湧いてなかなか
本命までエサが届かないケースがありますね。

ちなみにマキエはオキアミだけでしょうか。
この時期メジナはかなりの浅ダナまでマキエで浮いてきますので遠投の効く
低比重の集魚剤を混ぜてかなり沖までマキエを撒けないと勝負になりませんよ。
それとマキエ柄杓のカップは出来るだけ小さいモノの方が遠投が効きますし
大きな柄杓でドバッと撒くより小さなカップで少量ずつ撒く方が集魚効果は高くなります。
私はシマノのチタン遠投柄杓のSサイズを使っていますが超遠投も効き
非常にカップが小さいので効率よくこまめにマキエが出来て気に入っています。

木っ葉グレの場合は足下に4~5杯たたきつけるように注目させて撒き
そこにくぎ付けにさせておき、沖20mに2杯ほど撒いて本命ポイントを
作りハリスに一切ガン玉など打たずにマキエと同じぐらいの速度でエサが沈下するようにします。
付け餌もどのように付けているか分かりませんが、私はMサイズのしっぽと
頭を取って出来るだけ小さめにして餌取がいても分かりにくいようにしています。
エサが大きかったり沈下スピードが速かったりするとエサ取りの目に付きやすく
一発で餌食になってしまいますから小さめにエサを付けて出来るだけ遠投して
エサ取りと分離させるのがこの時期の木っ葉をかわす方法です。

その為には遠投が出来ないと勝負になりませんので練習と、道糸の太さを
細くしないと仕掛けも飛んでくれません。
私はもう何年も1.5号で釣っていますが50cm近いグレでも全く問題ありません。
仕掛けのなじみも細いほど良くなって自然に付け餌を流すことが出来ます。

この時期木っ葉グレのエサ取りは厄介ですね。
私も今磯に梅雨グレに通ってますが、磯によっては木っ葉が湧いてなかなか
本命までエサが届かないケースがありますね。

ちなみにマキエはオキアミだけでしょうか。
この時期メジナはかなりの浅ダナまでマキエで浮いてきますので遠投の効く
低比重の集魚剤を混ぜてかなり沖までマキエを撒けないと勝負になりませんよ。
それとマキエ柄杓のカップは出来るだけ小さいモノの方が遠投が効きますし
大きな柄杓でドバッと撒くより小さなカップで少量ずつ撒く方が集...続きを読む

Qパン粉をコマセに使ってみたい

仕事柄パンの耳が大量に余るので、パン粉でもコマセになると聞き使ってみたいと思ってます。

コマセカゴにいれたいと思ってるのですが、パン粉ではちょっと小さすぎて入れにくいのでは、ということでパン粉ほど小さくせずにクルトンぐらいのサイズにしても問題ないでしょうか?

アミエビのように海水と混ぜてカゴですくう形でいけますか?

パンは浮くからサシエより下にカゴをつけたほうがいいですか?

パンに寄ってくる魚の種類も教えていただきたいです。

堤防からの釣りです。
サシエにはシラサエビを使い、胴突仕掛けの下にコマセカゴをつけてみたいと思います。

ウキをつけて浮きサビキみたいなのも試してみたいです。

他にもこうしたほうがいいとかあればお願いします。

Aベストアンサー

私もパンのも耳が余ったのでミキサーで細かくしてから、アミエビにアミノ酸とパン粉と一緒に混ぜて一度使いましたが、基本、お勧めしません。
また、パン粉のみでは効果は低いと思います。

理由は
1)パン粉から油(バターの油だと思う)が浮く。※環境によくない
2)乾燥せずに使用したため、思ったほどこませがまとまらなかった
3)使用するミキサーにもよりますが、かなり細かくしないと、
コマセが海中でうまく拡散せずにパン粉だけが別の動きをしていた。

以上

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qチヌ竿と磯竿の違い

磯釣りを始めてすでに20年以上経ちます。

竿は磯竿を使っています。
チヌ竿は使ったこと無いです。

今は、ダイワのメガディス競技1.5-520・DXRメタルトップ1.5-530で
ほぼ全ての磯釣りテトラなどふかせ釣りを行っています。
渚釣りと夜釣りにはNFTのIG-ハイスピード極翔1.5-530を使っています。(かなり古いです)

そこで質問ですが、
チヌ竿と磯竿はどう言った違いが有りますか?
使ったことが無い(チヌ竿の必要性を感じない)ので、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の竿など(がまかつグレ競技SPECIALなど)の先調子の竿も少数ながらあります。

同じグレ竿でも尾長専用になると、積極的に竿尻を肘に当てて軽やかにロッドワークでなど
無理なので6:4調子の胴調子ながら非常に反発力があり、尾長の突進に両手でタメていると
徐々に魚が浮いてくる調子もありますが、大半は7:3調子がメインになっています。

対象魚のグレとチヌは今さら説明するまでもないと思いますが、グレは岩礁やテトラなどの
くぼみや穴に基本的な住み家をを持っているいわゆる根に着く魚ですが、チヌは海底付近にはいますが
決まった住み家は余り持たず、回遊しながらいろんなエサをあさっている魚なので深い岩礁にもいますが
海岸や河口の極浅い1m以内のシャローにもごく普通にたくさんいます。

グレはこうした住み家からマキエで浮上させて釣るので、針に掛かった魚は一気に自分の住み家に
戻ろうとして下に突っ込みますから、柔らかい竿では瀬切れしたり根に張り付かれたりしますから
ある程度ロッドワークで主導権を取って浮かせないと切られてばかりになりますから上記のような
先調子の竿が多くなっています。

対してチヌはハリ掛かりするとゴンゴンと首を振ってハリを外そうとするような行動を取り
竿が強く硬いとよりゴンゴンと激しく抵抗しますから、先調子の張りのあるグレ竿ですと
手元への負担も大きくなり、魚が暴れるので海藻に巻かれたり、カキに触れてハリス切れなどを
起こしやすくなります。

ですからチヌ竿はこのゴンゴンと言う衝撃を吸収して魚にも優しく暴れさせないように竿全体を
曲げて柔らかいやり取りをして魚を浮かすように6:4調子や5:5調子のように胴調子の竿が多く
チヌは大型でもグレのように根に張り付いたりせずに、根に沿って走ったりしますから、柔らかい
竿を思い切り曲げてゆっくりと泳がせながら徐々に浮かすというやり取りに向くように設計されています。

そのように、対象魚の性質に合ったように専用設計されていますから、#2さんが言われるように
メーカーが勝手に言っている訳ではなく、落とし込みや前打ちロッドは(落とし込みは随分夢中になって
竿も当時のリョービの上級ロッド3本を使い分けていました)目印やラインのほんのちょっとの
変化を鋭く掛け合わせて瞬間的にヘリやテトラから引き離すように9:1調子に近いような
非常に先調子の掛け調子で、魚が突っ込むとそこから徐々に曲がっていくような、やはり
専用設計された竿で、ガイドだけが違って元竿は同じなんてことはありませんね。

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング