恥ずかしい話なのですが、銀行の教育ローンに申し込んでもダメで、
よくよく調べたら、CICに延滞情報が1件乗っていたブラックでした。

約5年前に、会社が倒産状態で給与の遅配により、払えなくなって、
延滞。その後、調停で、再度銀行引き落としで支払っていたのですが、
引き落としが止まったので、完済したと勝手に思い込んでしまい、
結局、残金が残った状態のまま、引越してしまったために、ブラックに
なっている事が判明しました。

現在、残金を支払う事で、話をしているのですが、ブラックが解消する
分けではないのですが、息子の進学資金の調達をする必要があり、
現在、公庫の教育ローンに申し込んでいます。

支払いという点では、家賃も、公共料金も、2年以上遅れてませんが、
やはり、ブラックの状態では無理でしょうか。

また、奨学金も申し込む予定ですが、入学金には出来そうにありません。

親がブラックでも、入学金を調達する方法がありましたら、ご教授いただけ
ないでしょうか。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的には民間のブラックを公庫が鵜呑みにはしませんが、かなり厳しいです。


良くて入学金相当額しか借りられないと覚悟を。
授業料等は給費奨学金か徴収猶予を。
後ブラックは完済後5年間残ります。貸し倒れにしない分短縮されています。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
多少でも借りられる可能性があるのであれば、かなり気が楽になりました。

徴収猶予というのがあれば、かなり助かりますので、学校のほうに確認するように致します。
また、給費奨学金についても、自分なりに調べて可能性があるのであれば、利用したと思います。

かなり厳しい状況である事は変わってませんが、このご回答でかなり気が楽になったのも確かです。

もっと、自分でも調べて見たいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/10 02:14

業界人OBです。



大変姑息な考え方なのですが、個人信用情報の抜け道を探してみましたところ、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は指定信用情報機関には加盟していないのではないかと思われます。
つまり、信用情報のブラックにはヒットしないのではないかと思われます。

http://www.cic.co.jp/cic/system01.html

http://www.cic.co.jp/confidence/list/index.html

もしバレたら恥ずかしいのですが、ダメもとでトライしてみてはいかがでしょうか。
ちょっと無責任な回答ですが。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
是非、申請したいと思います。

お礼日時:2011/11/08 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士さんに任意整理をしたが、支払いを遅延すると依頼前の状態に延滞金がつくと言われたが本当でしょうか

弟が借金をしていた為話し合いの結果、任意整理を弁護士さんにお願いしました。
返済は月々5万円を弁護士事務所に支払う方向で契約しました。
その会話の中で、「もし支払いをしなかったり3回以上遅延すると、この契約は無効になって依頼時の金額に延滞料金がプラスされた金額を背負うことになりますよ」と言われました。
本当に、それまでちゃんと支払っていたのに、元に戻るだけでなくそれまでの延滞料金まで加算されるのでしょうか?
弟の気持ちに楔を打つための指導の一環と思っていていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし支払いをしなかったり3回以上遅延すると、この契約は無効になって依頼時の金額に延滞料金がプラスされた金額を背負うことになりますよ
 ・もし支払いをしなかったり3回以上遅延すると、この契約は無効になって・・とあるように、弁護士と金融会社が合意の上で今後の返済の契約書を作りますから、その行為が遂行されないと契約自体が破棄され以前の状態に戻るの意味です
 ・依頼時の金額に延滞料金がプラスされた金額を背負うことになりますよ・・以前の状態に為るので、整理後支払った金額を引いて、普通に延滞金が加算され、一括請求されます
 ・この様な自体になった場合は、弁護士としてはどうしようもありません
>弟の気持ちに楔を打つための指導の一環と思っていていいのでしょうか?
 ・その様な事態になるので、返済計画通りに入金して下さいの意味です

Qブラックの人に教育資金の借入れのいい方法?

国民金融公庫の教育ローンが審査とおりません。過去破産前歴ありで先月全銀連,全情連の開示では白でした。今月クレジット、シティーカード作れましたが、どうしても、教育資金が必要です。何かいい方法は?

Aベストアンサー

破産の前歴があって「白」とは、
かなり前の破産だったのでしょうか?
そこら辺はわかりませんが、現実的なのは以下の方法でしょうね。

(1)一般の銀行・信用金庫の教育ローンを利用する

(2)既に加入している定期保険など生命保険の会社から
貸付(契約貸付、契約者貸付と呼ばれる)を利用する

(3)ご両親、ご兄弟が変わりに
国民生活金融公庫か、(1)、(2)の方法で資金調達する

Qクレジットカードの引き落としで何回か銀行引き落とし時に残高が足りなくて

クレジットカードの引き落としで何回か銀行引き落とし時に残高が足りなくて督促通知をもらってしまっているのですが、これは、金融の事故あつかいになりますか?
また、事故の事実はどれくらいまで残るのでしょうか?

Aベストアンサー

・催促通知が再引落・振込依頼の事で、期日までに支払われているのなら
 信用情報上の事故扱いには成りません・・社内的にはその旨が残りますが・・数回続くと次回のカードの更新がされないとかになったりします
・再引落・振込依頼の連絡が有ってから、期日までに支払が無い事によって、届いた催促通知の事なら
 速やかに処理されないと、信用情報上のその月の支払が無いとの事で情報に載ります・・2年間
 その状態が、2ヶ月~3ヶ月続くと(期間はカード会社による)カードの使用停止になります

Qブラック状態ではマンションの購入は出来ない?

消費者金融・信販系クレジット・車のローンなどを含めて過去に自己破産をしようとして、弁護士に手続きをしてもらい滞納していた請求などは全く届かなくなったのですが、その弁護士手続きも途中で契約解除になった常態でマンションの購入は出来ないんでしょうか?
弁護士の破産手続きがどこまで進んでいる状態だったのかは分かりませんが契約解除となってからも請求などはきません。

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともある者です。
一応、個人信用情報機関の1つである「CIC」の「個人情報取扱主任者」の認定も受けています。

自己破産の流れは、
破産申立 → 裁判官からの破産申立に至る聞き取り → 破産宣告・同時廃止決定 → 官報に公告(記載) → 破産宣告確定・同時廃止決定確定 → 裁判官から免責についての聞き取り → 免責決定
というカンジであることはご存知だと思います。

消費者金融・信販系クレジット・車のローンなどの借り入れがあり、返済が滞った状態で自己破産申立だった訳ですよね?
「滞納していた請求などは全く届かなくなった」というのは、「返済の督促がされなくなった」ということだと思いますが、「破産宣告・同時廃止決定」がされますと、債権者にもその「通知」が届きます(申し立てで記載した債務についての債権者のみに届けられます)。
それ以降は、債務者に対して督促ができませんので、とりあえずここまでは完了していると思われます。
おそらく官報にも記載がされていると思います。

> 途中で契約解除
官報に破産が公告された後の「裁判官から免責についての聞き取り」はあったのでしょうか、なかったのでしょうか?
「免責」が確定していなければ、借金がチャラになった訳ではないので、未だご質問者さまは、消費者金融・信販系クレジット・車のローンなどについて返済の義務を負っている可能性はあるんですけれど…。

> 弁護士の破産手続きがどこまで進んでいる状態だったのかは分かりませんが契約解除となってからも請求などはきません。
督促が来ないからといって、安心していていい状況ではないと思います。
「免責」が確定していればいいですが、「復権」している場合には下手をすれば、日々遅延損害金が発生して「大変な事になっている」可能性もありますので、一刻も早く、その弁護士に状況を確認すべきだと思います。

金融機関の住宅ローンを利用する場合、金融機関やその保証機関は、個人信用情報機関に借入申込者の「個人信用情報」を照会します。
個人信用情報機関には加盟会員から、延滞をしていれば延滞の情報を登録します。
自己破産せずとも「延滞」=一般で言われているブラックです。
自己破産については、官報に公告されればその情報は「官報掲載情報」となります。
加盟会員が登録しなくても、個人信用情報機関が情報を登録します。
例えば私が認定を受けているCIC(金融機関の保証機関やクレジット・信販系企業が加盟会員になっている個人信用情報機関)の場合、「官報掲載情報」は「破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年」までは、その情報が登録されています。
金融機関での融資審査や、保証機関での保証審査の際には、この個人信用情報機関に登録されている情報を審査の「参考」にしますので、延滞や破産といったネガティブな情報が登録されていれば、どうしても悪い方に影響します。

信用事故を起こした方やその履歴が残っている方については、申し込みすらできない訳…というではありません。
申し込みをしても断られる可能性が高いだけです。

また、そのマンションを全額自己資金で購入するとしても、官報に公告がされていれば、購入者について「信用」がない…と判断され、売買契約を結んでもらえない可能性もないとは言えないと思います。
マンション販売業者や不動産業者でも、結構、独自の「ブラックリスト」を作成しているようで、官報の破産公告もキッチリとブラッシュアップしてデータ化している可能性はあると思います(実は、私自身がマンションを購入する際にちょっとした経緯で耳にした話です。信用面でのブラックだけではないとのことでした)。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともある者です。
一応、個人信用情報機関の1つである「CIC」の「個人情報取扱主任者」の認定も受けています。

自己破産の流れは、
破産申立 → 裁判官からの破産申立に至る聞き取り → 破産宣告・同時廃止決定 → 官報に公告(記載) → 破産宣告確定・同時廃止決定確定 → 裁判官から免責についての聞き取り → 免責決定
というカンジであることはご存知だと思います。

消費者金融・信販系クレジット・車のローンなどの借り入れがあり、返...続きを読む

Q今、自分の事業失敗でローンが組めないブラック状態で自己破産するには、400万いると弁護士から言われま

今、自分の事業失敗でローンが組めないブラック状態で自己破産するには、400万いると弁護士から言われました。また嫁は難聴で専業主婦です。娘が中学校3年なので今度高校受験なのでですが、こういう状態でしょうがっきんの申請はできるものでしょうか?また何かしら方法がありますか、ご相談しました❗

Aベストアンサー

再度の連絡ありがとうございます。過ぎた年.月は苦労があったにしても一瞬出来事です。今日の一日の方が長いです。くれぐれも家族と体にご自愛ください。家族だけはどんなことが有っても絆を失わないください。またお目にかかりましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報