アンテナ線の75Ωと300Ωの違いは、何なんでしょうか?
何が75Ωと300Ωなのでしょうか?アマチュア無線では、
50Ωいうのも聞きます。
周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか?
大変初歩的な質問ですが、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

補足ですが。



同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は300Ωベースで設計され、内部にマッチングトランスを内蔵して、使用用途に合わせ変更が出来ます。


UHFアンテナの大半は200Ωで設計され200フィーダーと同軸が接続できます。
その名残が少し古いCTV、VTRに残って背面に300Ωの端子があります。
ケーブルが同軸で接続端子が300の場合はマッチャーを用いインピーダンス変換をします。

今は、アンテナからの信号は混合され、CTV、VTR内部にセパレーターが内蔵され殆どフィーダーは使用されていません。

参考
市販されているFMのアンテナで300Ωのフィーダーを使用している物があります。T字形したアンテナのエレメントとなる-の両端は短絡され折り返しダイポールアンテナで300にマッチングしています。
アンテナ関係はアマチュア無線の本を読まれると良いと思います。
テレビ関係であれば、家庭電子機器を参考にして下さい。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
同軸ケーブルと平行フィーダには、一長一短有るんですね。
使い方考えなくては・・・
機器だけでなくアンテナにもマッチングがあるんですね。

お礼日時:2001/05/07 21:18

以前に書き込んだ者です。


「周波数や配線の距離に関係するか?」というところで誤解を招く説明だったので補足します。
周波数や距離は、特性インピーダンスの概念で捉えるべきか否か、に関わる要素です。
一旦この領域であると分かれば、特性インピーダンス値自体は周波数や距離に関係なくほぼ一定です。(他の方のおっしゃるように、厳密には表皮効果etcが影響します)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
特性インピーダンスは、距離に関係なく、固有のものなのですね。

お礼日時:2001/05/07 21:09

専門的で正確な回答が寄せられているようなので、素人の立場から回答させていただこうかと思います。

75Ωは同軸ケーブル(形状:◎)、300Ωは平行フィーダー線(形状:○-○)と言われています。前者はテレビのVHF若しくはBSで、後者はUHFでよく使われています。特性としては前者の方が優れ、外部からの影響を受けにくい構造と言えます。また、75Ω線を選ぶ際にも、できる限り太い線の方がより良いでしょう。ケーブルの側面に「3C-**」とか「5C-**」と書かれていますが、この数字が大きい程太くなります。太くなれば端子の加工等が難しくなるかもしれません(市販されている各端子は3C対応のものが多く、5Cだと太くて使えないものがあります)。結論としては、太くて抵抗の少ないケーブルを短距離で使うことがベスト、それだけ外部からの影響を受けにくくなるでしょう。参考にしていただけたら幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ケーブルの太さも違うんですね。

お礼日時:2001/05/07 21:06

簡単にいえば「交流電流を流したときの、回路全体の抵抗値:インピーダンス(Z)」です。

厳密には下の皆さんの回答のように違うんですが。
通信機器や測定器はZ=50Ω、映像・音響機器などではZ=75Ωが一般的なようです。
回路全体をこの値で統一しないと、信号レベルが下がるなどの問題が起こってきます。

テレビのアンテナ線ですが、現在の電気機器の環境からいうと、平行フィーダの使用はおすすめできません。外部のノイズの影響をもろに受けます。
「整合器」というインピーダンス変換のための部品が売られていますから、テレビのアンテナ端子までは同軸ケーブルを利用することをおすすめします。
しかし、UHFのほうが特性はシビアなはずなのに、なんでテレビの端子は平行フィーダなんでしょうね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
機器によってインピーダンス違うんですね。
「整合器」でインピーダンスの違う線同士をつなぐことが出来るんですね。

お礼日時:2001/05/07 20:59

「特性インピーダンス」というものの違いです。

(「導線の抵抗」は誤り)
特性インピーダンスはケーブルの構造と絶縁体の材質によって決まる値で、周波数や長さには関係ありません*。
特性インピーダンスが異なるケーブルを接続すると、信号を効率良く伝送できなくなるとお考えください。

一般に売られている75Ωケーブルは通常は同軸ケーブル、一方300Ωは平行フィーダになっています。sapuraisanさんの回答にもありますように、前者は芯線を絶縁体でくるみ、さらに外皮導体でくるんだものです。後者は平行な導体を絶縁体で保持したもので、断面がちょうど眼鏡の形状をしています。
平行フィーダの方が安価で工作も簡単ですが、雑音を拾い易かったり、ケーブル近傍の導体が存在するとその影響を受けて部分的に特性インピーダンスが変化するなどの短所があります。

アマチュア無線で用いる50Ωケーブルも同軸ケーブルです。75Ω同軸ケーブルと基本的な構造は同じなのですが、芯線の径が75Ωより少し太くなっています。
余談ですが、同軸ケーブルの値段がまだ高かった頃は、手に入り易い75Ωケーブルがアマチュア無線でも使われたことがあります。(今はまずほとんど50Ωケーブルになりましたが)

*厳密には、周波数が変わると導線の表皮効果や絶縁体特性の周波数依存によって特性インピーダンスも変わってきます

参考URL:http://www.mogami-wire.co.jp/paper/wire.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
機器に示してあるインピーダンスとケーブルを合わせると
伝送効率が良いのですね。

お礼日時:2001/05/07 20:55

完全には理解していないのですが、理解しているかぎりで。

まちがいがあったらすみません。
>何が75Ωと300Ωなのでしょうか?アマチュア無線では、

それは「特性インピーダンス」です。ケーブルを伝わる電気信号の波長がケーブル長にくらべて無視できない状態に考える必要がでてきます。信号がつたわるのに、ケーブルを通るあいだの遅延が影響してきて、一般の電気回路の常識(瞬時に伝わる)とちがう世界になります。たとえば、75Ωの同軸ケーブルは、直流では2本の導線に等しいですが、高周波信号にとっては75Ωの抵抗に見えます(近似したはなし)。
私は遅延の影響でケーブルの先がどうなっているのか分からない、とイメージしています。

あと、「整合」という概念が出てきます。高周波の世界では、インピーダンスが変化する場所では反射が起こります。ただし、特性インピーダンスと等しい値の集中抵抗(普通の抵抗体)がつながっている場合には、信号は反射せずに負荷で消費されます。これを「整合を取る」といいます。75Ωのケーブルは75Ωの抵抗で終端(整合をとる、の別の言い方)できるので、特性インピーダンスと言うわけです。

なお、特性インピーダンスは導体のインダクタンス成分と2導体間の容量成分から計算されます。

>周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか?
おおいに関係します。上で述べたように、波長(周波数の逆数に比例)がケーブル長に比べ無視できないと、上のような現象が出てきます。逆にそうでなければ(周波数が十分低い場合など)単なる導線とみなせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
回路によって使うケーブルの抵抗値が違うんですね。

お礼日時:2001/05/07 20:50

一般的に75ΩはVHSに300ΩはUHFにつかいます。

50Ωはアマチュア無線に使います。
50Ωと75Ωは同軸ケーブルというタイプです。1つのケーブルの中に1本の芯と網目状の線の2本があります。50オームと75オームは抵抗が違うだけです。
300Ωは2本の線が平行しています。普通のコンセントの電源コードみたいなケーブルです。
周波数による違いはないと思います。僕自身は7MHzと21MHzと50MHzと144MHzと430MHzの周波数しかしたことはないのですが全部50Ωの物を使っていました。
いかんせん記憶が10年前なのでこれ以上は思い出せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
周波数によって変わるわけではないのですね。

お礼日時:2001/05/07 20:46

以前FMのアンテナを立てたときに両方したことがあるのですが、75Ωは同軸ケーブル(中心に太い銅線と絶縁帯を挟んで網目状の細い銅線がある)で、300Ωは細い網目状の銅線を編んで少し太くしたようなものが平行に1ぽんづつ並んでいるケーブルだった思います。

両者の違いは、おそらく銅線の抵抗(単位もΩなので)と思われます。75Ωの方が抵抗が少なく、ノイズが入りにくかったような気がします。
抵抗は長さに比例し断面積に反比例するのでケーブルの長さも重要です。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/07 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBSアンテナへの電通ができません・・・

戸建の家で、屋根に地デジ+BSアンテナが設置してあり、リビングと寝室の壁にアンテナの口が付いています。
リビングのテレビでは、地デジ、BSとも全く問題なく見れます(テレビとレコーダのアンテナ線は直列です)。
ところが、寝室のテレビではBSの受信がリビング側のテレビがオンの時しかできません(地デジは見れます)。

リビング側のテレビ、HDDレコーダともBSアンテナ電源は供給に設定してあり、卓上ブースターの電通ランプもオンになっています。

寝室側のチューナーも、BSアンテナ電源供給に設定してあるのですが、チューナーの先の分波器の電通ランプがオンになりません。当然ですが、その先の卓上ブースターの電通ランプもオンになりません。
寝室のチューナーは、I-OデータのHVT-BT200です。

何がいけないのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

リビングと寝室の分配に分配器を使用しているなら、リビングからだけ電源供給可能な1端子電流通過型分配器を使用している可能性があります。
もしくは、寝室の壁コンセントが電流通過型でない可能性もあります。

リビングのTVがONの時は、寝室のTVでBSが視聴可能なら、アンテナ線の不良は考えにくいです。

Q75Ωの同軸ケーブルのアナログ・ラインケーブルについて

ここでは、ケーブルの話題は禁句のような情勢ですが、75Ωの同軸ケーブルをアナログ(RCA)のラインケーブルとして使用した場合、何か不利なことがありますか。ケーブル長は50センチ程度です。

Aベストアンサー

問題ないんではないでしょうか。どういう音になるかは、別問題として。
モガミ電線の2497という音声用同軸ケーブルを使っていますが、これなんかインピーダンス75Ωです。高品質の画像転送にも使えますとなっています。
http://www.mogami.com/sales/neglex/2803.html

>ここでは、ケーブルの話題は禁句のような情勢ですが、
?そんな事無いと思いますよ。

>ケーブルの話題は、泥沼にはまる類の助言が多く、
確かに。

>ケーブル類では、そんなに音は変化しないという回答が多くでるのです
いえいえ、変わります。いろいろ試して見ましょう。

QBSアンテナに電源供給をするのにU/Vブースターの電源が使えますか?

通常BSアンテナへはチューナー本体から電源を供給すると思いますが、
電源部がセパレート型のU/Vブースターの電源からBSアンテナへ電源供給できますか?

例えば以下の接続時に、BSアンテナとU/Vアンテナブースターに各々に電源供給されますか?また問題はありますか?

(1)U/Vアンテナ→U/Vブースター↓
(2)BSアンテナ→BSブースター(BS、U/V混合器)→U/Vブースター電源→分配器→壁アンテナ端子。

なお分配器は1電流通過型です。

Aベストアンサー

 最近のUVブースターはほとんどが直流の+15V電源となっていますので、BS電源に利用はできます。
最近はブースターにBSアンテナに電源を送ることのできるBS混合型のUVブースター(BS増幅兼用
型もOK)を使用するが一般的です。
 基本的にはdoecoさんの接続で、分配器が電流通過型ならUVブースター電源は最後でもOKです。
ただしブースターの電源が直流の+15Vかどうかは前以て調べておきましょう。
 

Q300Ωフィーダー線、リボンフィーダー

地デジ化に伴い、同軸ケーブルはあちらこちらで手に入りますが、
今でも300Ωのフィーダー線(別名リボンフィーダー、平行フィーダー、テレビフィーダー)
を入手できますか?

ホームセンターやネットで調べても売ってるところにたどり着けません。

どこかで売ってますでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターやネットで調べても売ってるところにたどり着けません。

Amazonその他のネットショップにYAGIのフィーダーが商品登録されてはいるようですが、在庫はないみたいで欠品のようですね。

↓アキバのオヤイデ電気に100m巻ならあるようですが、高価ですね。
http://www.oyaide.com/catalog/products/p-578.html

QBSアンテナの電源をUVブースターの電源部から供給

BS・110度CSアンテナを設置しようと思うのですが、UVブースターの電源部からの電圧が15Vなので、BS・110度CSアンテナにも電源を供給することは可能ですか?

UHFアンテナ━ブースター━混合器━ブースター電源部━分波器━TV
BS・110度CSアンテナ━━━┛

Aベストアンサー

図を見ると混合器の前後にブースターが存在していますがどうしてなのか不明です(UHFアンテナ直後が不明、またブースターからアンテナに向かって電流を流すのはBS対応型のみ)。

BS混合器内蔵型のブースターであればなんの問題もありませんが、U/V混合器だけだと電流容量が不足して時間が経過してくると映らなくなってしまいます(混合器と電源ユニットはペアですからBS対応していないとアンプの分だけでBSアンテナの消費分は備えていない場合が多いと思います)、提示された図だけで判断するとダメという可能性が高いです。

Qアマチュア無線機のアンテナ

こんにちは、アイコムの208Dという機種をモービルで使用しています、
アンテナはマグネットタイプの45センチくらいのショボイものです、
同軸は3.5Dです。
そこで質問なのですが、アンテナは長いもののほうが、良く聞こえ
良く飛ぶのでしょうか?同軸は5Dに変える予定です、また
アマチュア用のアンテナにはいろいろな形のものがあって
どれを選べばよいか良く解りません、途中で2回ほどループしているものや
途中に黒くて太くなったものが2つ付いている物など、、、
どなたか詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ここ数年閉局しているので最新情報はわかりませんが
基本的にはアンテナは長い方が性能がいいと思います。
車につける場合、長いアンテナだとデメリットが多いので短い寸法で性能を上げる工夫がされているアンテナが多いようです(途中でコイルになっているものなど)
モービルでいくら高性能アンテナを付けてもロケーションしだいなので
自分に便利なタイプ、見た目、価格などでいいのではないでしょうか。
車のタイプ(長いアンテナでもしっかり付けられるとか)車庫入れするかどうか、などの条件で、付けられるなら長いアンテナを選ぶとかでいいと思います。
私はも無線初心者のころは車に長いアンテナつけましたが、まりに不便なので(車庫入れ時にたたむとか)わりきって短いアンテナにしていました。
同軸は車の場合短いので3.5でいいと思います、太いと引き込みが面倒ですから。

Qテレビのアンテナ端子の分配とブースターについて

テレビのアンテナ端子の分配とブースターについて

自室でTVを見たいと考えていますが一つ問題があります。
現在、1つしかない自室のアンテナ端子にブースターが繋がっていて
以下のような構成になっています。

屋根裏の分配機⇒自室のアンテナ端子⇒ブースター
         |__他の部屋のアンテナ端子⇒テレビ


これを以下のようにできないかと考えています。

屋根裏の分配機⇒自室のアンテナ端子⇒分配機(新規購入)⇒ブースター
         |                      |__自室テレビ
         |__他の部屋のアンテナ端子⇒テレビ

これで問題なく全ての部屋でTVは見られますでしょうか?

以上です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アンテナケーブル(同軸ケーブル)は次のような接続にすると良いと思います。

屋根裏-->[ブースター(*1)]-->[分配器(*2)]-->アンテナ端子(各部屋)-->
分波器(UHF)--------->テレビ(地デジ入力端子)
(*3)└(BS/110°CS)-->テレビ(BS/110°CS入力端子)

(*1)[ブースター]は[地デジ放送(UHF)]、[BS/110°CS]の電波に対応
した物を用意する必要があります。
(*2)視聴するテレビの台数分の[分配器]を購入します。
(*3)[BS/110°CS放送]を視聴しない場合は[分波器]は不要です。

次のURLをクリックして、必要な機材と接続方法を参考にして下さい。
http://www.yagi-antenna.co.jp/method/pdf/7_3_1.pdf
http://www.yagi-antenna.co.jp/method/pdf/7_3_2.pdf

Qアンテナ配線方法

最近、地上波デジタルアンテナを立てました。電気屋(ヤマダ電機)に工事の見積もりを取ったら8万もかかるので、マスプロの地デジ対応の小型UHFアンテナ(5素子)を購入して、自分で3階の軒下に設置しました。配線は家の外側を這わせて、すきま配線ケーブルを利用して窓から宅内に引き込んでいます。
このような接続なので、既設のアナログVHFとは混合せず、ダイレクトに地デジ対応TVのアンテナ入力端子に接続しています。地デジの映りは良好ですが、UHFアンテナで受信したアナログ放送はノイズが多くとても視聴できる品質からは程遠いです。
今後、デジタルチューナ内臓のDVDレコーダを購入し、デジ・アナW録をするには、UHF/VHFを混合させるしかないと思っていますが、アナログの方は宅内ですでに5部屋に分配されているので、分配した後に混合することによる信号の減衰が心配です。こういう特殊な接続の例はあるでしょうか。
ちなみに、UHFアンテナ導入前も導入後もブースタを使っています(前者は近隣の自衛隊による電波障害対策、後者は地デジのNHK教育の感度が弱かった(50dB以下)ため)。この場合、混合させる前に独立してブースタをかませて増幅させたほうがよいでしょうか。

最近、地上波デジタルアンテナを立てました。電気屋(ヤマダ電機)に工事の見積もりを取ったら8万もかかるので、マスプロの地デジ対応の小型UHFアンテナ(5素子)を購入して、自分で3階の軒下に設置しました。配線は家の外側を這わせて、すきま配線ケーブルを利用して窓から宅内に引き込んでいます。
このような接続なので、既設のアナログVHFとは混合せず、ダイレクトに地デジ対応TVのアンテナ入力端子に接続しています。地デジの映りは良好ですが、UHFアンテナで受信したアナログ放送はノイズが多くとても視聴...続きを読む

Aベストアンサー

 機種にもよるとは思いますが、わたしの使ってる機種だと地デジのアンテナ入力とアナログのアンテナ入力は別に端子が用意されているので、わざわざ分岐してからそれぞれに入力してます。元々独立しているなら混合する必要はないかもしれません。

 画像の左端がアナログ、右端がデジタルの入力です

http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hdd/rd-xd91/images/rear-xd91.html

Qテレビのアンテナブースターについて

TVのアンテナブースターについて教えて下さい。
現在、リビングのメインTVのアンテナ接続にアンテナブースター(電源あり)がついています。 今回、部屋の模様替えをするにあたって、アンテナブースターを別の部屋のTVの接続にかましましたが、家中のTVがうまく映りません。
どうしてでしょうか?どうすればいいですか?
TVはアナログTVです。

Aベストアンサー

補足します。分配器の交換ですが、ある程度手先が器用な人なら図解もしくは作業手順写真をみれば作業できます。
同軸ケーブルの芯線と網線をショートさせない配慮が欲しいのが注意点です。
カッター、ニッパー、ハサミ、ペンチ、場合によってはドライバーがあれば、工作できます。別段特殊な工具は必要ありません。

屋根裏でも天井を踏み抜かない足場に配慮をしながら小さなLEDライトを持って入れば、作業出来ます。
現在屋根裏にあるであろう分配器が、シールド型のF型接栓ねじ込みタイプであれば交換は非常に簡単ですが、一昔前の直接ネジ止めタイプだった場合、同軸ケーブルにF型接栓を組み付ける作業が必要で、作業自体は特殊ではありませんが面倒になります。

添付画像は以前F型接線の組み付け作業の質問の為に作業工程を撮影したものの一部です。その気になればちゃんと出来ます。

なお、前回の回答で大失敗がありました。#2さまの回答のように、片通電の分配器の場合、電源部を引っ越した部屋に繋がっている同軸ケーブルを導通端子に差し替える事で、簡単に解決できます。全通電タイプにすれば、どの部屋のアンテナコンセント(アンテナコンセントも全部屋導通タイプである必要があります。)からでも導通出来るようになり対処は楽になります。

解る範囲内でしたら補足回答可能です。

補足します。分配器の交換ですが、ある程度手先が器用な人なら図解もしくは作業手順写真をみれば作業できます。
同軸ケーブルの芯線と網線をショートさせない配慮が欲しいのが注意点です。
カッター、ニッパー、ハサミ、ペンチ、場合によってはドライバーがあれば、工作できます。別段特殊な工具は必要ありません。

屋根裏でも天井を踏み抜かない足場に配慮をしながら小さなLEDライトを持って入れば、作業出来ます。
現在屋根裏にあるであろう分配器が、シールド型のF型接栓ねじ込みタイプであれば交換は非常に簡...続きを読む

QBSアンテナ線の室内配線

BSアンテナを自分で取り付けたいと考えています。

こちらのサイトや他のHPなどで調べた所、設置やアンテナ調整(これは難しいらしいですが)はなんとかなりそうですが室内の配線がよくわかりません。

ベランダにアンテナを取り付けて
(1)フィルム状の配線を使い、窓から入れる場合、画質は劣りますか?
(2)換気口から入れた場合部屋の天井に線を張っていいのでしょうか?
どちらもベランダのある部屋(8畳)を通過して隣の部屋へ線を引きたい(フィルム状のケーブルか線自体直接となりの部屋へ這わせる)のですが、これも画質は劣りますか?(かなり長い配線になるので)

また、このような場合ほかにいい方法はあれば教えて下さい。
HPでもかまいません。

ちなみにBSを見るのは一部屋のみで線を分配する予定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一戸建ての持ち家としてですが。(賃貸や集合住宅はアンテナ設置や配線に制約がある場合が多いので)
フィルム状の配線というのは「隙間ケーブル」等の名称のサッシの扉の隙間を中継するフラットケーブルのことですよね。(もし平行フィーダー線のことならもう売ってないでしょうしBSには使えません)
だとしてですが、ちゃんとした製品ならこれを使ったからといって、受信可能なレベルがアンテナで確保できてるなら(若干レベルロスはありえますが)画質に影響はありません。
コツは同軸との接続をしっかりとすること(F接栓接続のほうが確実ですが同軸先端の下降が必要になるかもしれません)、普段開け閉めしないほうの扉側につけることです。
目的の受信機器までは天井だろうが、壁だろうが床でもなんらかまいません。
同軸ケーブルは4Cのほうが取り回しはしやすいですが、数十メートルにもなるなら5Cの方がいいでしょう。(一般的に売られてるアンテナセットに入ってるケーブルは4Cが多いですし、二部屋くらいの距離ならこれでいいとはおもいます)
その部屋にもよりますが、床の隅を這わせてモールカバーでも被せればいいんじゃないでしょうか。
もし目的の部屋に窓があるなら外部でその窓まで引っ張って取り込むのがいいんでしょうが、無理なんでしょうね。

ついでに設置調整のやり方についてですが、可能ならですが、その受信機器、例えばテレビをそのベランダの近くに仮設置してベランダからその受信レベルが確認できる状態でやれると一番やりやすいです。
この場合は同軸で直接接続してやればいいですし、済んだら正規の部屋に設置して配線すればいいです。
よく視聴する部屋に元から設置して本配線までして、二人がかりでやらねばならないような固定観念的な解説もみかけますが、調整の時数値が自分で確認できるのがベストですから。

一戸建ての持ち家としてですが。(賃貸や集合住宅はアンテナ設置や配線に制約がある場合が多いので)
フィルム状の配線というのは「隙間ケーブル」等の名称のサッシの扉の隙間を中継するフラットケーブルのことですよね。(もし平行フィーダー線のことならもう売ってないでしょうしBSには使えません)
だとしてですが、ちゃんとした製品ならこれを使ったからといって、受信可能なレベルがアンテナで確保できてるなら(若干レベルロスはありえますが)画質に影響はありません。
コツは同軸との接続をしっかりとす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報