マンガでよめる痔のこと・薬のこと

タイトルの通りです。生クリームとホイップクリームの違いは何なのでしょう(¨;)

A 回答 (4件)

生クリームとは牛乳からのみ造られたもの


ホイップクリーム=生クリームでもあるが、一般的には植物性脂肪分や添加物等を使用したもの 

参考URL:http://www.ecorient.co.jp/cgi-bin/design/2board2 …
    • good
    • 1

タイトルの通りです。


生クリームをホイップしてあるのがホイップクリームです。
    • good
    • 3

 本来生クリームとは、牛乳を遠心分離機で分離して得られる脂肪分の多い部分をこう呼びます。


 そして、この生クリームをさらに脂肪分だけにしたものがバターで、その後の脂肪分をほとんど含んでいないのが脱脂乳で、これを粉末にしたものが脱脂粉乳
俗に言うスキムミルクです。
 ホイップクリームとは、ケーキなどのデコレーション用に使用される泡立てたクリームのことですが、No.2の方の回答のように、最近では乳脂肪ではなくヤシ油などの植物性脂肪を用いたものが多く、こうしたものを食品成分表では「脂肪置換クリーム」と呼んでいます。
 なお、ご家庭でホイップクリームを泡立てられる場合は、脂肪分は45~50%以上のものでなければホイップクリーム状になりません。一般にコーヒー用として売られているものは脂肪分が30%以下ですので
ホイップ用には向きません。
    • good
    • 5

ものは一緒です。


泡立ててあるか無いかの違いだけでは・・・
 ホイップクリームの方は、甘味(砂糖などで)を付けているケースもありますけど
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生クリームとホイップクリームの差

そのままの質問なんですが、生クリームとホイップクリームの差ってなんなのでしょうか??

いつも買うとき悩むので教えてください!!

Aベストアンサー

買う時に悩まれるという事は「動物性」と「植物性」の違いでしょうか。

クリームのパックの成分表示を見比べてみてください。
乳脂肪(動物性脂肪) と 植物性脂肪 の2種類があると思われます。

これによって味や口溶けに大きな違いが出てきます。

乳脂肪は文字通り牛乳の脂肪分ですから、天然のものです。香りや口溶けがよいですがその分高価で日持ちもしません。

ですが植物性脂肪は、サラダ油などの原料で乳脂肪に似せて作られたいわば模造品です。当然味や香りは人工的なものですので乳脂肪とは比べ物になりません。
そして乳脂肪が口の中でサーっと溶けていくのに比べ、植物性油脂は口の中にベッタリ残る感覚です。

有名なものではバターとマーガリンの違いのようなものです。

ちなみに本来「ホイップクリーム」というと英語的な意味からすると「泡立てた生クリーム」ですが、現状としてその意味よりも植物性油脂を用いたものをそう呼ぶことがほとんどのようです。

これは法律で「クリーム」と表記できるものは、「乳脂肪を18%以上含み、添加物や植物性油脂を一切含まないもの」 と定められてるのが原因です。

安価でよく売れる植物性油脂を使った製品を「クリーム」と表記できないので良い表現が無いかと考えられた結果「ホイップクリーム」と言われるようになったようです。

長くなりましたが、高価でもお菓子を作る際にはやはり乳脂肪を使ったものの方が断然美味しく作れますので是非お試しください。

買う時に悩まれるという事は「動物性」と「植物性」の違いでしょうか。

クリームのパックの成分表示を見比べてみてください。
乳脂肪(動物性脂肪) と 植物性脂肪 の2種類があると思われます。

これによって味や口溶けに大きな違いが出てきます。

乳脂肪は文字通り牛乳の脂肪分ですから、天然のものです。香りや口溶けがよいですがその分高価で日持ちもしません。

ですが植物性脂肪は、サラダ油などの原料で乳脂肪に似せて作られたいわば模造品です。当然味や香りは人工的なものですので乳脂肪...続きを読む


人気Q&Aランキング