【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

弁護士にお歳暮を贈ろうと思っています。

宅急便の票への記入に仕方として、
1)住所 東京都○○区・・・・・・
 弁護士 東京太郎 先生

との書き方が良いでしょうか?


それとも
2)住所 東京都○○区・・・・・・
 東京太郎 先生

との書き方が良いでしょうか?

ご教示を

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在弁護士さんに依頼してます。


そして私は秘書の資格も持っています。

その中での回答です。

NO1の方とは正反対になりますが、

弁護士さんに対しての敬称は「先生」です。

弁護士さん同士でも○○先生の敬称を用いています。

法律事務所でご自宅でも、送付するなら

弁護士 ○○ ○○ 先生 

が、正式な書き方です。


弁護士さんはこういったことに敏感ですから、くれぐれも失礼のないようにしてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

難しい秘書資格をご取得された方のご回答ですと、信頼出来ます

「弁護士 ○○ ○○ 先生」

で配送することにします

お礼日時:2011/12/14 03:53

親族にも仕事上も出身大学運動部の先輩・後輩にも同級生にも弁護士がたくさんいます。


依頼者ならまぁ「先生」もいいですが、あまりしません。
頭に「弁護士」もつけません。
「様」でいいです。
しかし、「殿」はいけません。
なぜなら、刑事の被告人、被疑者あての通知は、検察も警察も裁判所も「殿」のみ使うからです。
日本人はコンサルにお金を払うという意識がありませんが、反対に、弁護士も士業の一部で、依頼者がお客様なのですから、そんなにへりくだる必要もないのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2011/12/14 03:55

事務所に送るのか、自宅に送るのか?


まあ、自宅宛に『弁護士 東京太郎 先生』はあり得ないが。

でも宅配便の宛先に、弁護士とか先生とかそんなの付ける必要ないでしょう。

偉い先生なら荷物の受け取りなんて自分でしないから外箱や荷札なんか目にしない。
偉くない先生なら、「先生」とか付けられたらこそばゆい。

普通に、太郎様で宜し。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2011/12/14 03:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお世話になった弁護士さんにお中元を贈っています

離婚の時の子どもの親権などをスムーズに進行してもらうため、
弁護士さんにお世話になりました。
その時裁判所が名古屋で、京都所属の弁護士さんに毎回足を運んでいただき、子どもの親権も無事に取れた感謝の思いから
毎年お中元とお歳暮を贈ってきました。

先生からはいつもお礼のお手紙をいただいてきました。
3年送ってきましたが、
去年のお歳暮のお礼状に
「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙で・・・」
とありました、
これは歳暮・中元の商品は不要ということなのですよね?

しかし、母に聞いてみると、
今後いつまたお世話になるかもしれないので
(元夫が子どもに会いたいと言ってきたりした時)
お歳暮お中元は送っておいた方が良いと思うと言われました。

でも文面を理解していてもお歳暮お中元を贈り続けて相手の弁護士の先生はどう思うのかとも思います。
かと言って、その文面が来たからすぐに
「じゃあ送らずに現状報告を…」として良いものか、
わかりません。

このような時、どうしたら良いでしょう?
また感謝の気持ちとずっとお歳暮などを贈り続けることに相手の先生は負担に思うのでしょうか?
教えてください。

離婚の時の子どもの親権などをスムーズに進行してもらうため、
弁護士さんにお世話になりました。
その時裁判所が名古屋で、京都所属の弁護士さんに毎回足を運んでいただき、子どもの親権も無事に取れた感謝の思いから
毎年お中元とお歳暮を贈ってきました。

先生からはいつもお礼のお手紙をいただいてきました。
3年送ってきましたが、
去年のお歳暮のお礼状に
「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙...続きを読む

Aベストアンサー

以前、法律事務所で弁護士の秘書業務をしていた者です。
個人案件法人案件問わずお中元やお歳暮はよく頂いており、その都度お礼状を出していました。

うちは事務所宛のものは有り難く頂きっぱなしでしたが、事務所にいる弁護士個人宛に届くこともあり、そういった弁護士の中には「いつも貰ってばかりで悪いなあ」と恐縮する先生もいて、aiaiai32000さんに届いたようなお礼状を出すことは度々ありましたよ。

ですので、
>「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙で・・・」
>これは歳暮・中元の商品は不要ということなのですよね?
はい。文面どおりに受け取って良いと思いますよ。

弁護士からすれば、手紙や品物問わず感謝の気持ちを頂けるのは弁護士冥利に尽きるとのことです。
ですが、毎度毎度のお中元やお歳暮は恐縮する人がいるのも事実です。
わざわざお手紙に書いて下さっているのですから、そのとおりにして問題無いと思いますよ。
お母様のお心がけは丁寧できちんとした昔ながらの日本の礼儀作法だと思いますが、今は虚礼廃止の所も少なくないですし、もしお中元を送ってもまた同じ内容のお礼状が届くと思われます。
お中元やお歳暮をやめるのが心苦しいのであれば、またいつか問題が起こった場合に、解決後にお手紙に添える形で贈り物をなされば良いのではないでしょうか。

また、「近況報告などのお手紙で」もそこまで深く捉える必要は無いです。
気になるなら暑中見舞いや年賀状だけでもじゅうぶんですし、問題が起こったら連絡するだけでも良いと思います。

法律事務所は、規模がどの程度でも常に少なくない案件を抱えています。
それにビジネスですから、解決後に報酬を支払って終わりというのが大半ですよ。
よほど暇な弁護士で無い限り「あの人、最近手紙も贈り物も無いな」なんて考えてる時間は無いですから、どうぞご安心下さい。
aiaiai32000さんのお心遣いはじゅうぶん伝わっていると思います。

以前、法律事務所で弁護士の秘書業務をしていた者です。
個人案件法人案件問わずお中元やお歳暮はよく頂いており、その都度お礼状を出していました。

うちは事務所宛のものは有り難く頂きっぱなしでしたが、事務所にいる弁護士個人宛に届くこともあり、そういった弁護士の中には「いつも貰ってばかりで悪いなあ」と恐縮する先生もいて、aiaiai32000さんに届いたようなお礼状を出すことは度々ありましたよ。

ですので、
>「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どう...続きを読む

Q弁護士さんへのお歳暮

まだ未解決の裁判の最中では、高額な贈り物は避けるべきですか?
大変お世話になっていますが、1年以上前、着手金をお支払いしたきりで、結果が出るのは、まだまだ先です。
心苦しいの、5万円程の商品券を贈ろうかと思うのですが、変でしょうか。

Aベストアンサー

 弁護士さんには、お中元・お歳暮は欠かさずお送りしています。

 一人の弁護士さんは大手の事務所に所属していますので、事務所でちょっと食べられるようなお菓子の詰め合わせなどで5,6千円のものです。
 もう一人は大学の先輩で、休みの時でもちょっとのことでご自宅に電話して相談する仲ですから、奥様に日曜日や夜にまで電話する謝罪?も込めて、ご自宅の方に肉の詰め合わせの1万円から1万5千円のものを送ります。

 今係争中でしたら、決着が出れば報酬はお支払いするわけですから、商品券までは不要と思います。今後も相談するような関係でしたら、やはり“顔つなぎ?”で5千円から1万円位で良いのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング