ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

先日、とてもよくしてくださった弁護士さんへお礼を送りました。お一人の事務所だし、何を送ってよいかわからないので、商品券(図書券)にしました。手書きでお礼状を添えました。

商品券ですのである程度まとまった金額です。弁護士費用を大幅にディスカウントしてくださったことについての感謝の気持ちを示したかったのです。

で、相手が無反応なので少しがっかりしています。忙しいとも思うし、お礼なんだから相手は
もらいっぱなしにしたって全くオーケーなのは重々承知ですが、連絡ツールはメールだたので
メールは問題なく、お互いに使える状態です。

一般的に弁護士さんというのは、もらいものが多くて、いちいち反応しないというものなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

弁護士さんにお礼の品物を数回送ったことがありますが、お礼があつたり、なかったりさまざまでした。



贈った時点でお礼の返事など期待していなかったので逆にお礼があった時はびっくりしたものです。

弁護士としての仕事をきちんとしてもらったならそれはそれでいいと思います。

図書券にしても法律書などの専門書の価格は高額ですから、いただいた弁護士さんもうれしかったと思います。

ただ弁護士は社会性に欠ける人が多いように見受けられます。
独身ならそのへんまで気が回らないこともありがちですね。

しかしね事務員を通してのお礼があってもとは思います。

この回答への補足

すみません、付け足させてください。メールのやり取りは結構頻繁でしたので、受け取ったよ、程度のメールは業務の続きで普通にあると思っていました。でも礼を言わないという人なんだと今理解しました。優秀な方でした。

補足日時:2014/03/15 19:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。事務員さんがいらしたら、先生の手間をとらせずに事務員さんようのお土産をもってうかがえました。問題は先生お一人の事務所だったので受け取る手間もいらないレターパックにした次第です。

確かに、お仕事継続中も、普通に接することは難しいのが弁護士というものかと感じました。依頼を決定したときも、着手金を振り込んだときも、ありがとうございますとも言われませんでしたしね。依頼事項の結果とプロセスはお見事でしたので気にもしていませんでしたが、今思えば礼を言う人ではないですね。

お礼日時:2014/03/15 19:26

私は仕事がらいろいろな専門家とお付き合いさせていただいております。



専門家などは、一定の報酬基準を作成して、それに基づいて契約したり、請求したりするものです。
ただ、この報酬基準を高めに設定し、実際には値引きをして請求するという事務所運営もあるのです。

ですので、自主的な値引きということですので、その弁護士としてはそれで十分な報酬と考えて差し引いてきているのでしょう。

お礼の気持ちを示すことは、とても良いことです。
ただ、図書券などを含む商品券の類は、いわゆる金券であり、事務処理上とても困るものだと思います。また、お金と同等のものをもらい、気分を悪くされる方もいるかもしれません。

専門家でもらう習慣が多いような人の中には、もらってももらわなくても当たり前となっており、お礼などもしないということもあります。

私の前職は税理士事務所でしたが、お中元やお歳暮であれば、まずは担当者が顧客へお礼のお電話を行い、所長名でお礼状を出すという形をとっていました。
季節柄でないお礼の品については、明確なルールも作っていませんでしたので、担当者が気になった時だけ電話などでお礼を伝える程度でしたね。

私自身、現在では弁護士・税理士・公認会計士・社会保険労務士・司法書士・行政書士・土地家屋調査士などの人脈を私の顧客のための紹介等を行います。
本来であれば、斡旋料やお礼をもらう立場です。しかし、私の人脈の方々からそのような物をもらったことはなく、私は逆に考えて、いつも紹介したお客様を丁寧に扱っていただいているお礼として、私の方が季節柄の商品をお送りするようにしていますね。

お礼の気持ちが伝わっていればそれだけで良いのです。相手からのお礼の言葉などを期待するものではありません。言葉は悪いですが、一方的な自己満足のためのお礼の品と割り切るべきです。

弁護士などとかかわることはまずないと思いますが、気持ちの良い取り扱いをしてくれ、自分もお礼をしていると考えれば、自分にもしものことがあった時だけでなく、家族や友人や知人などが困った時にも気持ち良く紹介できればよいのです。

最後に、専門家事務所には、専門家の補助者がいたとしても、総務などを行う事務員などがいない場合も多いものです。ですので、すべてに口頭でのお礼をせずに、月単位でお礼文をお送りする場合もあることでしょう。そうなると、忘れたころにお礼状のようなものが届く可能性もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

細かく説明くださって恐縮です。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/03/14 21:33

> 弁護士費用を大幅にディスカウント


してもらったのに、額面金額が明記されている商品券(図書券)だったのが問題ではと思っています。

例えば、5千円の額面の商品券(図書券)を送る余裕があるなら何故5千円分の弁護士費用を払えなかったのか疑問に思うのかではと思います。

これが調べないと購入金額がはっきりしないような物を送るなら弁護士側は失礼に思わないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ちがいます、ちがいます。ディスカウントは自主的にしてくださって、先にあちらが差し引き送金で
私の口座に振り込んでくれたんです。

払う機会を失ったというのが正しいです。本当は全額商品券にしたいくらいでしたが、
それは失礼だということになり、半額にしたのです。

もう会うこともないだろうと思うから、よくやっていただいたお礼に弁護士料は
最初の契約通りの比率で払いたかったんです。

でも、もういいです。あちらは、とっくにそんなこと忘れてます。

お礼日時:2014/03/14 17:55

最初の質問時に事前にアポを取って面談すべと記載しました。


先日、友人の弁護士と雑談していましたが、いろいろな判例、解釈等はインターネットで検索できる時代です。弁護士会の専用回線もあり図書を買って調べることは少ないため、図書券を送っても重宝とされないようです。御礼は個々の人間性の問題で全く連絡しない人もいるのではないでしょうか。
私には友人の弁護士が5.6人いますがすべて常識ある方々です。相談案件には迅速、適切に対応していただき、報酬も極端に安く対応していただいています。その代わり弁護士の専門分野外で私の持っている専門的知識は助言させていたたいています。

この回答への補足

本当に人それぞれででしょうね。私がお世話になった弁護士さんは
多分何も反応しないんだろう、と思います。どちらにしても今後また
お仕事を依頼する確率は極端に低いということをよくおわかりなので
面倒なことに時間をとらないという考えだと思いますし、正しいと思います。
明らかに、私はもう弁護士さんに依頼する件はもうないですし、今後
あったら困りますもん。

補足日時:2014/03/14 17:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。うかがうのは躊躇してしまい、お礼をお送りすることにいたしました。

お礼日時:2014/03/14 15:30

人によるのだとは思いますが、うちの弁護士は必ず電話


またはハガキにてお礼をしております。

ただし、「忙しい」ためなかなか時間が取れず、連絡自体
が遅くなることもあり事務員として見ていてハラハラする
のは確かです(笑)。

どのくらい期間を空けられたかはわかりませんが、もう少し
待たれてみてはどうでしょう。

もらいものが多いかどうかは依頼者の方によるので何とも
言えませんが、弁護士には大量の書籍も必要ですので図書券
は嬉しい贈り物でしょうね。

この回答への補足

今後お付き合いが無いことが前提であっても、葉書などで返信する貴所の先生は正しいですね。無反応が悪いわけではないけど、無視されたので、何か気に入らないことがあったのかもしれないと思い、リピートや紹介はできません。次はお断りされるかもしれないわけで。そこを恐々お願いする選択はとらないでしょうね。本当に何か気に入らなかったと思うので、もう二度とお願いすることはできません。残念です。

補足日時:2014/03/15 15:50
    • good
    • 1
この回答へのお礼

優しいお言葉ありがとうございます。一週間が経過いたしました。
最初はアマゾンの券にしようかとも思ったのですが、専門書の取り扱いがどうなっているのか
分からなかったので、どうとでもなる図書カードにしました。

ありがとうございました。もう少し待ってみます。でも、求めちゃいけないですね。反省。

お礼日時:2014/03/14 15:40

そんなことは、ありません。



ま、個人事務所ですからそこまでいろいろな制約は
ないはずです。
何か問題なら、受け取らずに返すでしょう。

弁護士は、何かをすることに慣れていても
何かをしてもらうことには、鈍感です。
それでも誠実でひたむきなのが弁護士ですから
過剰に反応しません。

相手が無反応?これがわからないのですが
一度、その弁護士あてにメールをしてみては
いかがでしょう?

商品券がご迷惑ではなかったかな?と、家族と話しています。
先生のその誠実で、なによりひたむきな姿勢に
心をうたれました。
今後の生活の質もそうですが
私の心の電池が充電された思いです。
気がつけば、もう桜が咲き始める季節・・・

心から、感謝しています。

的な内容のメールをもらえば、さすがに何か反応があるはず。
コチラから、それとなく聞くのが良いと思います。

弁護士は ひたむき という言葉に必ず食いついてきます。
食いつく・・・という言葉は不適切ですが
ひたむきでないと、弁護士はできない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
全くそのとおりです。ひたむき、というよりは、私の印象では
「こんな仕事に誠実な人がいるのか?しかも、粛々として」という
驚きでした。そしてベストな結果。相手からいくらお金が戻ってくるかという
ことは、後の方ではどうでもよくなり、そのお手並みをみるのが
私にとっては最重要事項となり、依頼者というよりオーディエンスとなっていました。
圧倒されて見ているだけでした。

>何かをしてもらうことには、鈍感です。
>それでも誠実でひたむきなのが弁護士ですから
>過剰に反応しません。

そうなんですね。きっとこれが正解なのでしょう。やっぱり
そっとしておこうという気持ちになりました。
こちらは気が済んだんだし。

お礼日時:2014/03/14 16:20

そんなことはないですよ。


私の事務所では、歳暮、お中元が数多くありますが、必ず、ハガキですがお礼しています。
なお、商品券は少数です。
お茶は、よく使いますので重宝ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。当初はお茶とかコーヒーにする予定だったのですが、金額が低くてやめました。

お礼のお葉書なんて良いですね。お茶を入れたりお返事を書いてくださるようなスタッフがいれば
良いのですが、そうでもないようですので。

でも、弁護士さんという人種も人にお礼をするものだとわかりました(笑)

ありがとうございました。お仕事がんばってください。

お礼日時:2014/03/14 15:27

人に依りますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ、そうですよね。

お礼日時:2014/03/14 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお礼状の書き方を教えてください。

こんにちは。
先日、兄の取引先の方に弁護士さんを紹介してもらいました。
とても優しい弁護士さんで感謝しているためお礼状とお菓子を送りたいのですがお礼状の書き方がわからず苦戦しております。

とりあえず書いてみたものは・・

●●様(取引先の方)
いつも兄がお世話になっております。
この度は△△先生(弁護士さん)をご紹介頂きありがとうございました。
とても温かい言葉でご指導頂き心が軽くなりました。
こうして頂けたのも●●様のおかげだと感謝しております。
△△先生には前向きに進んで行けるようアドバイスを頂きましたので
それを心に頑張ります。


・最後の締めはどうしたらよいのか
・よかったらお菓子を食べて下さい的な言葉はどう入れればよいか
 また、入れなくてよいのか
・こんな文章でよいのか

に悩んでいます。

訴えようとした内容で取れる慰謝料が少額(100万程度)な事から
調停を起こしても1年近く時間が取られる訳だから
嫌な思いを1年引きずって生活するよりも
全て早く忘れて前向きに進んだ方が良いということを言われ
自分のマイナスな気持ちを変えてもらえたと
その弁護士の先生には感謝しています。


お礼状は本日発送させてもらいたいと思っています。
よろしくお願いします。

こんにちは。
先日、兄の取引先の方に弁護士さんを紹介してもらいました。
とても優しい弁護士さんで感謝しているためお礼状とお菓子を送りたいのですがお礼状の書き方がわからず苦戦しております。

とりあえず書いてみたものは・・

●●様(取引先の方)
いつも兄がお世話になっております。
この度は△△先生(弁護士さん)をご紹介頂きありがとうございました。
とても温かい言葉でご指導頂き心が軽くなりました。
こうして頂けたのも●●様のおかげだと感謝しております。
△△先生には前向きに進んで行...続きを読む

Aベストアンサー

さんこうに

http://www.jusnet.co.jp/business/bunrei/file2_35.shtml

Q弁護士さんへお礼

依頼した事件が片付きました。スムーズに終わりとても良かったし、
その弁護士さんが有能であったからこそスムーズに終わったと理解しています。

最初に一度会って状況説明しただけで、あとはメールとたまに電話をすることで
用が足りていて、一度も会うことなく、途中で相手方から入金があったりして、詐欺のお金を一部取り返せた場合も、終わるまではいいのかと思い、メールで感謝を伝えていました。

でも、今回全額終わったので、一度対面でお礼を言いたいと強く思っています。

しかし、ここで問題なのですが、その弁護士さんは、お一人で事務所を運営されて
いるので、事務員さんなどがおらず、事務所で私と二人きりになってしまいます。

最初の説明の会合は、弁護士会館の相談室を指定されてそちらでしました。

それに、住居用の建物の一室を事務所としているので、きっとそれほど広くは
ないものと思われます。

ですので、私の尊敬する弁護士さんの側から見ると、私の訪問には少々気を
使われるであろうと、想像します。

でも、まさか、女性の私が単独で、どこかに誘いだすわけにもいかず、
対面でご挨拶するには、事務所にお礼にうかがいたい、という選択しか
ありません。

みなさんでしたら、訪問を我慢しますか?それとも、事務所訪問を申し込んで
みますか?事務所訪問と言っても、最長で15分ほどで十分かと思っていますし、
職場がお互いに近いので、私の負担は少なく、イコール相手も気分的に楽だと
思うんです。

メールでお礼だと、私が本当に感謝している気持ちが伝わるかどうかと思い、訪問
したいのですが。会いたいですしね。メールや電話では雑談もはずんでいましたし、
親近感と尊敬の念がわきます。

会いたいというのはわがままでしょうかね?
訪問の場合は手土産は持っていくつもりです。

依頼した事件が片付きました。スムーズに終わりとても良かったし、
その弁護士さんが有能であったからこそスムーズに終わったと理解しています。

最初に一度会って状況説明しただけで、あとはメールとたまに電話をすることで
用が足りていて、一度も会うことなく、途中で相手方から入金があったりして、詐欺のお金を一部取り返せた場合も、終わるまではいいのかと思い、メールで感謝を伝えていました。

でも、今回全額終わったので、一度対面でお礼を言いたいと強く思っています。

しかし、ここで問題なのです...続きを読む

Aベストアンサー

法律事務所勤務です。

そう言っていただけるのは、弁護士にとってもとても喜ばしいですし
何より頑張った甲斐があり嬉しいことだと思います。

お一人の事務所であれば、何かと気を使うこともあるでしょうし、
お気持ちだけでも十分だと思いますよ。

相談や他の依頼などで女性依頼者と2人になることもあるでしょう
から、事務所訪問は特に問題がない限りは大丈夫でしょう。

でもその際は一度ご連絡をしてみてからの方が良いです。
弁護士は外出することも多いですし、他の依頼者の方と鉢合わせ
になったり、面談中だったりすると、お一人では応対も大変でしょうから・・・。

うちの事務所では事務員がいるため、唐突な訪問でも対応はできますが
来客中でしたらやはり弁護士とは直接会えないまま、お帰りいただくこと
になってしまいます。

場合によってはお一人で色々な雑務をこなしておられるのでしょうし
恐らく多忙で時間を作れない可能性もありますね・・・。
とはいえ、依頼終了のその後の報告も兼ねてであれば、都合がつけば
アポも取れるでしょうし、とりあえずご連絡されてみては?

なんだか素敵なお話を聞けました。
法律事務員として、私もがんばらねばと思いました。

法律事務所勤務です。

そう言っていただけるのは、弁護士にとってもとても喜ばしいですし
何より頑張った甲斐があり嬉しいことだと思います。

お一人の事務所であれば、何かと気を使うこともあるでしょうし、
お気持ちだけでも十分だと思いますよ。

相談や他の依頼などで女性依頼者と2人になることもあるでしょう
から、事務所訪問は特に問題がない限りは大丈夫でしょう。

でもその際は一度ご連絡をしてみてからの方が良いです。
弁護士は外出することも多いですし、他の依頼者の方と鉢合わせ
になったり、面...続きを読む

Q弁護士へのお礼はすべき?

 自営業者(非法人)です。10年ほど前に仕事で失敗したときの借金がかさんで返済不能となり、4年前に弁護士に債務整理(民事再生)を依頼しました。裁判所の決定が出た後、弁護士とは会っていません。
 この夏、ようやく債務を完済し、晴れて債務0円となりました。

 もちろん、着手時に既定の料金はお支払いしているのですが、債務も完済したことですし、感謝の気持ちとして、お礼に菓子折でも持って行こうかと思っています。

 そこで質問です。
 判事にこのような贈り物をするのは当然禁止されているわけですが、弁護士に贈り物をするのはかまいませんよね? 贈り物をしてよろしいか、それともだめなのか、教えてください。
 また、贈り物をしてもかまわないという場合、実際、受け取る側(弁護士あるいは弁護士事務所)としては、受け取ってうれしいものでしょうか? それとも困るものでしょうか? 喜んでいただけるなら菓子折をもってお礼に伺いたいと思うのですが、弁護士がかえって負担に思う、あるいは迷惑に感じるようでしたら、何もしないほうがよろしいでしょうし…。

 弁護士、あるいは弁護士事務所で働いている方など、現場の方のご意見をお聞かせいただければ幸いです。
 よろしくお願いします。

 自営業者(非法人)です。10年ほど前に仕事で失敗したときの借金がかさんで返済不能となり、4年前に弁護士に債務整理(民事再生)を依頼しました。裁判所の決定が出た後、弁護士とは会っていません。
 この夏、ようやく債務を完済し、晴れて債務0円となりました。

 もちろん、着手時に既定の料金はお支払いしているのですが、債務も完済したことですし、感謝の気持ちとして、お礼に菓子折でも持って行こうかと思っています。

 そこで質問です。
 判事にこのような贈り物をするのは当然禁止されてい...続きを読む

Aベストアンサー

ありがたく頂戴しております。
私の事務所でも盆暮れにはヤマほどきます。
ok2inabaさんのような方もいらっしゃいます。
勿論お礼状を出しています。
事務所ではそのような方を記録しており年賀状などの名簿にもなっています。

Q弁護士への手紙の書き方は?

弁護士への手紙の書出しや封筒の宛名は、弁護士の後に○○弁護士様とするのか、そのまま○○弁護士とするのか、それとも弁護士という肩書きは書かないのが普通ですか?

Aベストアンサー

弁護士に限らず日本語のルールですが、社会的地位を表す肩書きの後に様、殿などの一般敬称をつけるのは間違いです。

****法律事務所
山田 太郎 弁護士

又は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 様

とします。弁護士の場合は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 先生

とする方法もあります。

弁護士様 とか 課長様 とか 教授様 などとするのは日本語として間違いです。
なお、様と殿ですが、殿は敬意を表す言葉としては十分で無いといわれており、通常は「様」を使います。
「殿」はたとえば社内で他の人に回覧する、あるいは他の人に当てたビジネスレターなどで使用します。
社外などより敬意を表さなければならない場合は使用してはいけません。

Q弁護士へのお礼

法律とは関係ないことですが
弁護士にお願いし結果が出て弁護士報酬も支払った後の事ですが、
事務所に伺って直接お礼を述べた方がいいのでしょうか。
仕事で忙しくされているのにわざわざ時間をとって頂くのも申し訳ない気持ちとこのままでいいのかなという気持ちがあり迷っています。
どなたかご助言をお願いします。

Aベストアンサー

あんまり気にする事はないのでは。
でも、気になるのであれば手紙を書くのもいいかもしれません。
手紙を書くのが苦手なら、そんなに高くないものを差し入れするのもいいかもしれません。

私も以前、同じような立場の方に差し入れしてもらった事があったのですが、栄養ドリンクと感謝の手紙をいただきました。
自分が役立ったんだと実感して嬉しかったですよ。

物を送るなら、事務所の大きさにもよりますが、その事務所のみんなで利用できるようなものがいいですよ。
それも、あまり高くないものです。
コーヒーとか、お茶とかもいいかもしれません。
直接持っていってもいいと思いますが、必ず話が出来るとは限りません。
そういう時には、事務員に渡したらいいと思います。
簡単でいいので、一筆書いたものを渡せば、気持ちは伝わります。

現金は絶対やめてくださいね。

Qお世話になった弁護士さんにお中元を贈っています

離婚の時の子どもの親権などをスムーズに進行してもらうため、
弁護士さんにお世話になりました。
その時裁判所が名古屋で、京都所属の弁護士さんに毎回足を運んでいただき、子どもの親権も無事に取れた感謝の思いから
毎年お中元とお歳暮を贈ってきました。

先生からはいつもお礼のお手紙をいただいてきました。
3年送ってきましたが、
去年のお歳暮のお礼状に
「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙で・・・」
とありました、
これは歳暮・中元の商品は不要ということなのですよね?

しかし、母に聞いてみると、
今後いつまたお世話になるかもしれないので
(元夫が子どもに会いたいと言ってきたりした時)
お歳暮お中元は送っておいた方が良いと思うと言われました。

でも文面を理解していてもお歳暮お中元を贈り続けて相手の弁護士の先生はどう思うのかとも思います。
かと言って、その文面が来たからすぐに
「じゃあ送らずに現状報告を…」として良いものか、
わかりません。

このような時、どうしたら良いでしょう?
また感謝の気持ちとずっとお歳暮などを贈り続けることに相手の先生は負担に思うのでしょうか?
教えてください。

離婚の時の子どもの親権などをスムーズに進行してもらうため、
弁護士さんにお世話になりました。
その時裁判所が名古屋で、京都所属の弁護士さんに毎回足を運んでいただき、子どもの親権も無事に取れた感謝の思いから
毎年お中元とお歳暮を贈ってきました。

先生からはいつもお礼のお手紙をいただいてきました。
3年送ってきましたが、
去年のお歳暮のお礼状に
「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙...続きを読む

Aベストアンサー

以前、法律事務所で弁護士の秘書業務をしていた者です。
個人案件法人案件問わずお中元やお歳暮はよく頂いており、その都度お礼状を出していました。

うちは事務所宛のものは有り難く頂きっぱなしでしたが、事務所にいる弁護士個人宛に届くこともあり、そういった弁護士の中には「いつも貰ってばかりで悪いなあ」と恐縮する先生もいて、aiaiai32000さんに届いたようなお礼状を出すことは度々ありましたよ。

ですので、
>「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どうかその旨お含みおきください。今後は近況報告などのお手紙で・・・」
>これは歳暮・中元の商品は不要ということなのですよね?
はい。文面どおりに受け取って良いと思いますよ。

弁護士からすれば、手紙や品物問わず感謝の気持ちを頂けるのは弁護士冥利に尽きるとのことです。
ですが、毎度毎度のお中元やお歳暮は恐縮する人がいるのも事実です。
わざわざお手紙に書いて下さっているのですから、そのとおりにして問題無いと思いますよ。
お母様のお心がけは丁寧できちんとした昔ながらの日本の礼儀作法だと思いますが、今は虚礼廃止の所も少なくないですし、もしお中元を送ってもまた同じ内容のお礼状が届くと思われます。
お中元やお歳暮をやめるのが心苦しいのであれば、またいつか問題が起こった場合に、解決後にお手紙に添える形で贈り物をなされば良いのではないでしょうか。

また、「近況報告などのお手紙で」もそこまで深く捉える必要は無いです。
気になるなら暑中見舞いや年賀状だけでもじゅうぶんですし、問題が起こったら連絡するだけでも良いと思います。

法律事務所は、規模がどの程度でも常に少なくない案件を抱えています。
それにビジネスですから、解決後に報酬を支払って終わりというのが大半ですよ。
よほど暇な弁護士で無い限り「あの人、最近手紙も贈り物も無いな」なんて考えてる時間は無いですから、どうぞご安心下さい。
aiaiai32000さんのお心遣いはじゅうぶん伝わっていると思います。

以前、法律事務所で弁護士の秘書業務をしていた者です。
個人案件法人案件問わずお中元やお歳暮はよく頂いており、その都度お礼状を出していました。

うちは事務所宛のものは有り難く頂きっぱなしでしたが、事務所にいる弁護士個人宛に届くこともあり、そういった弁護士の中には「いつも貰ってばかりで悪いなあ」と恐縮する先生もいて、aiaiai32000さんに届いたようなお礼状を出すことは度々ありましたよ。

ですので、
>「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、
どう...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q司法書士さんへの御礼

親の残した土地を、売って兄弟で分ける事が調停で決まり、その時の調停委員(司法書士)に頼んで、売り先を探してもらって、このたびやっと売買までこぎつけましたが、その司法書士さんに、20万円を要求されています。(売値は950万で、司法書士さんを通して頼んだ不動産やさんにはちゃんと決められた通りの額を支払っています)

こちらも、御礼としていくらかは考えてはいましたが、明細のないものに20万円も支払うのは、他の兄弟からも文句が出る恐れもあり、私自身も20万円が妥当かどうか悩んでいます。

すでに売買契約は済み、買主さんからお金も頂きましたので、残るはこの20万円なのですが、要求通りに20万支払うべきでしょうか?
普通はどのくらいなのでしょうか?
お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

んーなるほど。
司法書士としての報酬はすでに支払済みで、
その他の売買先紹介などの部分ですね。

通常は不動産屋が仲介に入って手数料(3%+6万)を取るので、
売り先を探したりするのもその手数料に含まれると考えるのが一般的です。
不動産屋から見れば手間なしに手数料を取れるのですから、
司法書士に対しては「不動産屋が支払う」のが本来の筋でしょう。

ただし、買主も解体業者もその人のおかげですぐに見つかったのであれば、
何かしらの報酬を出すのは当然とも言えます。
解体業者の件含め、20万円が高いか安いかは何とも言えません。
相場はあってないようなものですしね。

そのような理由なのでしたら金額を尋ねたのが間違いです。
最初から「ほんの気持ちですが」と数万円包んで終わらせればよかったのに。
ビジネス的な話をするのであれば、作業に入る前に金額を明示していなかったのですから、
請求される覚えはない、と突っぱねる事だって可能です。
しかし、あまり法律家を敵に回すのも得策とは言えませんし、
ここは正直に話して相談した方が良いでしょうね。

お世話になったのでいくらかお礼をお出しするのはやぶさかではないが、
司法書士としての報酬も支払っているし、不動産の仲介手数料もある程度もらえると伺っているので、
この上で20万円というのは高すぎてお支払できかねる、と。

んーなるほど。
司法書士としての報酬はすでに支払済みで、
その他の売買先紹介などの部分ですね。

通常は不動産屋が仲介に入って手数料(3%+6万)を取るので、
売り先を探したりするのもその手数料に含まれると考えるのが一般的です。
不動産屋から見れば手間なしに手数料を取れるのですから、
司法書士に対しては「不動産屋が支払う」のが本来の筋でしょう。

ただし、買主も解体業者もその人のおかげですぐに見つかったのであれば、
何かしらの報酬を出すのは当然とも言えます。
解体業者の件含め、20万円が高...続きを読む

Q贈り物でのしのタイトル(お礼)ってあり?

就職のお世話のお礼でせんべいを贈るつもりなんですが、内のしにお礼と名前を記入していいですが。記入おかしくないですか。例を教えて下さい。

Aベストアンサー

「御礼」が一番適切です!

間違っても「寸志」とだけは書かないようにして下さい。

「世話したのになんで上から目線なんだよ!」ってご立腹されると思いますので。

Q無理な恋愛でしょうか

私は今、離婚裁判中です。
私の担当してくれている弁護士のことが気になっています。
相手は私のことをただの申立人としてしか見ていないと思うのですが、仕事とはいえ私の離婚裁判の処理を一生懸命やってくれています。
私が担当弁護士を頼りにする気持ちと恋愛とを錯覚して思っているのか自分でも分かりません。メールや電話で相談にはのってもらっています。相手からは、ありきたりな返答のときもあれば好印象のときもあります。
裁判が終われば、このまま終わってしまうような気もします。私としては、どうしたらいいのか分かりません。
自分勝手な質問ですが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

細かい立場は明記を控えますが、カウンセラー的なことをやってます。ですので当然、メンタル的に参っている方のお話を沢山聞くし、そういう方の打ち明け話を聞きます。弁護士さんではありますが、例えば離婚沙汰で参っている方がカウンセラーをひときわ素晴らしく頼もしく見えてしまうのとほぼ一緒だと思います。

ご本人ですから、みんな「私のは違う(のではないか)」と思われるでしょうが、このシチュエーション、本当に錯覚が多いんですよ。例えば同性同士であった場合も、恋愛にはなりませんが、恍惚として神様仏様、カリスマ化してのめりこみます。

まともなカウンセラーであれば、困った方を助けたり引き上げていくということを、普通の方以上に冷静にやっていきます。普通の方であればただ優しく励ますだけ、言い方がアレですが「その人を喜ばすようないい人役」をやっててもいいわけですが、本当に優れた職業人であればあるほど、本人の反感を買わない程度に技術的に必要な手を淡々とうっていきます。悲劇のヒロインモードにお付き合いして事態が改善しないのでは意味がないので。でも、中には必要以上に同情を欲しがったりその状態に甘んじることを本能的に求める方もいるので、内心(そういう場合じゃないんだけど、言ってもわからないだろうな)と思いつつ、ご機嫌を取りながら、なるたけ最短で脱出できる方向へ導きます。

私も、そういう特殊な依存心を抱かれやすい立場ですので、何も気付かないフリはしますけれど、敏感に察知してます。ちょっとしたものの言い方や態度で「あー この人、そっちに行っちゃったかー…うーん、ちょっと面倒だな」って風に感じます。「そっちに」というのは、私はこんがらがった糸をほぐすのが得意であるから、その使命として仕事をこなしているのに、自分のすべきことに集中してほしいのに、こちらとの関係に恍惚とされてしまうってことです。

「なんて崇高な人」「純粋~」「私のことを心から思ってくれる」
全く違うってこともないでしょうが、美化しすぎてるんですね。カウンセリングでも裁判でも、本来は渦中の人は、いってみれば火事で焼け出された人のようなもんで、自分が無事に生還することに必死でなければならないのに、消防士のほうをみて(なんてカッコイイ~♪)ってぽわーんとなってる、プロから見ると完璧にズレちゃってます。

もしあなたと彼のご縁がアリならば、そして彼がまともな人ならば、何かはじまるとしたら、あなたがきちっと離婚にけりをつけ、生活の安定と心の健康を取り戻し、一人の足でなんとか歩き始めた先にしかあり得ません。人のピンチに立ち会う人は、健全な精神状態の人と、そうでない人の違いがよくわかっています。あなたが仮にとても美しい素敵な方だとしても、本人が自分を見失っている状態で、健全な彼が自分と対等な相手として求めるということは無いでしょう、あるとしたら私はその方の職業的なセンスを疑います。

厳しいようですが、苦言でもないです。よーくあることです。気持ちはどうしようもないでしょうが、とにかく自分のすべきことと、自分の足場をしっかりさせて下さい。それができれば、何でも好きなようにできますから。

細かい立場は明記を控えますが、カウンセラー的なことをやってます。ですので当然、メンタル的に参っている方のお話を沢山聞くし、そういう方の打ち明け話を聞きます。弁護士さんではありますが、例えば離婚沙汰で参っている方がカウンセラーをひときわ素晴らしく頼もしく見えてしまうのとほぼ一緒だと思います。

ご本人ですから、みんな「私のは違う(のではないか)」と思われるでしょうが、このシチュエーション、本当に錯覚が多いんですよ。例えば同性同士であった場合も、恋愛にはなりませんが、恍惚とし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報