人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

教えてください。

通勤手当が無支給範囲の人間の給与に通勤手当1000円が支給されています。
本人(以下A)同条件を承知して8ヶ月受給していました。

A曰く
「支給ミスだと会社が指摘すれば返します。
そうでなければ私からは確認等はしません。
前の会社では通勤手当が出ない場合補助手当てが出たので
その類だと思ってもらっているし、
給与として振り込まれている限りこちらから要りませんとはいいません。」

Aには、会社側がミスを見つけ返還要請があれば返還する気持ちはあるようですが
自分から「補助金かどうか確認する」意思は無いようです。

こういう状況でのAの立場は「善意」の不当利得なのか、「悪意」の不当利得なのか、
どちらと捉えるのが正しいのでしょうか?

この金額はAのみ支給されており
人事の入力ミスの可能性が高いようです。

A 回答 (1件)

判例では、悪意の受益者とは法律上の原因のないことを知りながら利得した者をいう、とされています(最高裁昭和34年(オ)第478号同37年6月19日第三小法廷判決)。

また、「法律上の原因の有無は法的な評価にかかわる問題であるから、単に法律上の原因のないことを基礎付ける事実を認識しているだけではその者が悪意の受益者に当たるということはできず、そのような事実の下では法律上の原因がないものと評価されることまで認識していることを要すると解される」、とされています。

今回の件はなかなか難しい判断ですが、無支給範囲であると分かっていただけでは足りず、ミスで給付していたことまで認識していないと「悪意」とはいえないのではないでしょうか。会社の判断で本来は資格がないけど支給する、ということが全くないとは言えませんから。


なお、悪意の受益者は、利息をつけて不当利得額を返還しなければならないとされています。善意の受益者は不当利得を現存する限りで返還することになります。善意であれば全く返還しなくていい、という訳ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

法律の文章というのはなかなか理解しにくく質問させていただいたのですが、
今回の場合は本人に特に悪意が無ければ返還さえすれば問題は無い、というところでしょうか。

本人に返還の意思はあるようなので後は会社側の判断ですね。

大変参考になりました。
お忙しいところお時間を割いて頂きありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 13:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法第704条の不当利得の悪意の基準

民法第704条では、「悪意があった不当利得を返還するときは利息を付ける」とありますが、「法律上の原因が無いことを知っている場合」が「悪意」となるようですが、次のようなケースは、利息を付けることになるのでしょうか?

*甲会社は、乙会社に長年、請求金額を間違えて過大に代金を請求していた。
 乙会社も長年、甲会社の請求金額の過大に気付かず、請求どおりに支払っていた。
 最近、甲会社が過大請求に気付き、今までの過大に支払われた分の代金を不当利得として乙会社に返還することとした。

この、甲会社が乙会社に不当利得を返還する際、利息を付さなければならないのでしょうか?

利息を付すとして、悪意とはなんでしょうか?

Aベストアンサー

まず法律用語で言う「悪意」の意味を確認しておきますが一般的に世間で使われているような「相手を害しようと思う悪い意識」のような意味ではありません。「悪意」とは、「ある事柄を知っていること」を言います。反対に「ある事柄を知らないこと」を「善意」と言います。

>この、甲会社が乙会社に不当利得を返還する際、利息を付さなければならないのでしょうか?

今回ご質問のケースですが、乙会社が甲会社に多く払っていた「代金」は不当利得として甲会社の善意・悪意に関わらず返還してもらうことができます。
そして、「利息」については、甲会社が不当利得のことを知った(悪意となった)時からの分を払う必要があります。
反対に甲会社が不当利得と知らずに(善意で)請求していた分は、「利息」は請求できません。
なお、乙会社自身が不当利得と知りながら支払をしていた場合は、「代金」「利息」の返還を請求することはできません。

>利息を付すとして、悪意とはなんでしょうか?

悪意とは上述したとおり「甲会社が乙会社に対して請求する理由がないのに過大に代金を請求していることを甲会社自身が知ったこと」という意味です。

詳しくは専門家(弁護士、司法書士等)へ相談される方が良いと思います。

まず法律用語で言う「悪意」の意味を確認しておきますが一般的に世間で使われているような「相手を害しようと思う悪い意識」のような意味ではありません。「悪意」とは、「ある事柄を知っていること」を言います。反対に「ある事柄を知らないこと」を「善意」と言います。

>この、甲会社が乙会社に不当利得を返還する際、利息を付さなければならないのでしょうか?

今回ご質問のケースですが、乙会社が甲会社に多く払っていた「代金」は不当利得として甲会社の善意・悪意に関わらず返還してもらうことができ...続きを読む

Q民法/ 浪費に現存利益はない??

民法の、制限行為者の法律行為の取り消し効果で、制限行為者は変換の時点で現に手元に残っている利益(現存利益)を返却すればよい、とありますが、浪費の場合は返却の必要がなく、必要費に充てられた場合は返却が必要である意味が分かりません。

浪費に使ってしまったものこそ返さなければならないのではないでしょうか。

どうしても理屈が分かりません。
どうか分かりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 例えば,制限行為能力者が受け取った金銭を家の修理に充てたとすると,その金銭に相当する利益(修理した分だけ家の価値が回復する)が制限行為能力者の手元に残ります。ですから,その利得は返還の対象になります。

 制限行為能力者が,例えば金銭の意味が理解できずに,ゴミとして捨ててしまったのであれば,それに相当する利益は制限行為能力者の手元に残りませんので,返還の必要はなくなります。盗まれた場合も同様です。

 競馬・競輪・パチンコなどですってしまった場合にも,利益は残らないと理解されます。風俗あたりでも同じようなことでしょう。

 返還しなくてよい浪費とは,このような場合を指しています。要するに,盗まれたり,捨ててしまったと同様な場合を考えているのです。

 同じ浪費でも,高価な物品を買い込んだような場合には,その物品の時価に相当する金額は返還の対象になります。

 素朴な正義感からすると,何とも理解できないところですが,制限行為能力者は,取引行為の意味を(十分に)理解できない者ですから,制限行為能力者自身も保護する必要があるとして,原状回復義務を軽減して,善意の不当利得者と同様に扱おうとしたものと考えられます。

 例えば,制限行為能力者が受け取った金銭を家の修理に充てたとすると,その金銭に相当する利益(修理した分だけ家の価値が回復する)が制限行為能力者の手元に残ります。ですから,その利得は返還の対象になります。

 制限行為能力者が,例えば金銭の意味が理解できずに,ゴミとして捨ててしまったのであれば,それに相当する利益は制限行為能力者の手元に残りませんので,返還の必要はなくなります。盗まれた場合も同様です。

 競馬・競輪・パチンコなどですってしまった場合にも,利益は残らないと理...続きを読む

Q不当利得の返還請求時の延滞利息

タイトルどおり不当利得の返還請求を出す予定です。
期日を定め入金の催促をしますが、期日以降については延滞金を徴収したいと考えております。
法的に何%までの延滞金が認められるでしょうか?

Aベストアンサー

何がどのように不当利得かわかりませんが不当利得は原則として延滞金や損害金は請求できません。(民法703条)
特に悪質の場合だけです。(同法704条)
悪質ならば利息として年5分です。(同法404条)

Q現存利益って何ですか?

現存利益について教えて下さい。

現在残っている利益は返さなきゃいけないって書いてあったんですけど、
よくわかりません。

例えば、車を買うからお金を貸してと言われて、貸したとします。
その車は現在も残っているから、車=利益として、貸したお金は返さなきゃいけないってことですか?

Aベストアンサー

基本的な再確認としては、ご理解されていると思いますが 不当利得については 悪意(事情を知っていた)の場合は全額の返還 善意(不当利得とは知らなかった)の場合は現存利益のみの返還です
そこで、現存利益とは まさに現に残っている利益ですが 100万円の不当利得があり 返還しなければならなくなった場合の例ですが
(1)その100万円を生活費に使った場合は、現在1円残らず使ったとしても 100万円が現存利益とされます
(2)一方、その100万円を、ギャンブルや遊興に使い 一円も残っていなかったとしたら 現存利益は無しとされます。
一見 おかしな理屈ですが 法的には そのような解釈です。
質問の場合も、その100万円を自動車の購入に使い その自動車が残って入れば 現存利益とされるのではないでしょうか。ただし、100万円すべてを現存利益としてみなすのか、経年により価値が落ちた分は減らすのかは知りません。

Q不当利得の搾取が、故意か、それとも過失かの判断の分かれ目は

不当利得は、【過失】の場合は不当利得した分「だけ」を
返還すればOKですよね。
【故意】で不当利得した場合は、不法行為にあたり(?)
不当利得した元本プラス返してもらうまでの法定利息
を返還してもらえますよね。

そうすると、相手が果たして故意で不当利得をしたのか、
それとも過失か判断しかねる場合でも、
とられたほうからすれば、もともとその金が相手に取られずに
自分のところにあれば、銀行などに入っていて利息がついたの
だから、とられていた間、損した分も返してほしい、と
相手に求めることはできますか?

不当利得の、故意か過失かは、相手にとっては
過失を主張したほうが有利なので、もちろんそうして
くると思うのですが。

Aベストアンサー

#1さんと同じ意見ですが、私の時は、同様の事件の判決を根拠として、悪意の受益であることを立証しました。
立証出来なくとも、請求すること自体は可能かと思いますが、ご質問の場合、
銀行に預けて付く筈であった利子についてのみ、損害賠償という形で請求するのが妥当ではないかと思います。
不当利得の利息は5%ですから、銀行の利息の分として請求すれば、まず間違い無く、相手は5%ではなく銀行の利息分しか払えないと主張するでしょうし、(それ以前に、銀行に預けるかどうかなど分からないのだから、発生したかどうか分からない利息を支払う義務は無いと主張するでしょうが)判決でも認められないと思います。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q年率○%の遅延損害金の出し方を教えて下さい

検索して似た質問があったのですが、
遅延損害金の計算方法が理解出来ませんでしたので
教えて下さい。宜しくお願いします。


例えば…

所定の期日までに支払わない場合は年率14%の
遅延損害金を取りますよ、という契約で

1,000万円の保証金をを2004年10月末日までに
支払うという約束になっているのに2005年2月末日になっても払わない。

2005年2月末日までの、遅延損害金を計算して請求したい。

どうすれば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 1,000万円の支払期日 2004.10.31

(2) 遅延損害金の計算始期は2004.11.01で遅延日数は

   2005.2.28迄の120日となります。


                     
(3) 計算式1,000万円×遅延日数×365分の0.14遅延損

   害金年率となります

(4) 1,000万円×遅延日数120日=12億円÷365日×0.14


=460,273円となります。               

Q占有権と所有権の違い。

占有権と、所有権の違いがわかりません…。
所有権を持っていれば、必ず占有権も、もっている事になるのでしょうか?

分かりやすい例を出して教えてもらいたいのですが…
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に、
*所有権・・・自分の物と主張でき、処分もできる権利で消滅時効にかからない権利

持ち主/人に貸していてもその持ち主(大家など)

*占有権・・・それを持ったり、使用することを守る権利

使用者/自分の物として使っている人(所有者)、所有者から借りて使っている人(アパート・リース物件・レンタカーなど)
所有者に黙って使用・所持していても、第三者に対しては占有権がある(不法使用(占拠)者、どろぼう)

>所有権を持っていれば、必ず占有権も、もっている事になるのでしょうか?

占有権者(占有者)には所有権を持つ者と持たない者がいて、所有権者にはその物を占有している者と占有していない者がいる。

Q会社がミスして振り込んだお金を返せと言われています

会社から以前、住宅補助をもらっていました。
あるときから対象でなくなったため、必要な所定の手続きを全てきちんとやりました。
しかし、その後も継続して1年以上振り込まれていたことが最近発覚しました。
振り込まれた住宅補助は給与のうちの生活費振込み口座とは別の住宅ローン引き落とし口座に振り込まれており、この口座はインターネットで残高のみを見れるため、1~2ヶ月に一度くらいネットで残高がマイナスでないかを確認するのみで記帳もずっとしていなかったので振込みの事実に全く気付いていませんでした。(気付かなかったのは住宅補助の額と給与からこの口座に月々振り込んでいる額が同額であったことも理由です)
会社は全額返済お願いしますと言って来たのですが、全額となると100万近い額になり、借金しなければ、とても準備できません。その口座に振り込まれたお金もすでに引き落とされてしまってほとんど残っていません。
私が何か故意に申告をせずに黙っていたり、こちらの手続きに間違いがあったならまだしも完全に向こうの怠慢です。
これを返さないことは法的に何か問題となるのでしょうか?

会社から以前、住宅補助をもらっていました。
あるときから対象でなくなったため、必要な所定の手続きを全てきちんとやりました。
しかし、その後も継続して1年以上振り込まれていたことが最近発覚しました。
振り込まれた住宅補助は給与のうちの生活費振込み口座とは別の住宅ローン引き落とし口座に振り込まれており、この口座はインターネットで残高のみを見れるため、1~2ヶ月に一度くらいネットで残高がマイナスでないかを確認するのみで記帳もずっとしていなかったので振込みの事実に全く気付いていま...続きを読む

Aベストアンサー

>これを返さないことは法的に何か問題となるのでしょうか?

似たような事件がありました。
知らない間に口座入金があり、その口座名義人は「内容を確認しないで引き出して個人的に使用」しました。
口座振込の誤りに気づいた担当者は謝罪をし、返金を求めましたが相手が拒否し裁判になったのです。
判決は「全額返済、但し利息なし」だったと記憶しています。

まぁ、双方の過失ですね。
会社側は、家賃補助の事務手続きの誤り。
あなた側は、出所が分からない金銭の無断使用。
(落ちていたお金を届けないで個人的に使ったのと同じですね)

口座残高は「大まかな平均残高」は誰でも理解しています。
私もネットで月一回ほど残高・履歴を確認していますが、一度だけ不明な入金(30万円)がありました。
直ぐに銀行に届けましたし、銀行も振込元に確認したようです。
(後で、振込元から図書券5000円分が届きましたよ)

住宅補助を止めて、1年以上経って補助継続が分かったという事は理解に苦しみます。
給与振込口座と別口座に振り込みとの事ですから、なおさら裁判でも不利です。
第一、給与明細に「住宅補助」の記述がありますよね。
給与明細に乗載っているのに「知らなかった」は残念ながら通用しません。

会社側は、損害賠償などの行為はしないと思いますから、双方で妥協点を見つけて下さい。
分割払いとか返済額減額とか・・・。
最悪、損害賠償と詐欺に問われますよ。

>これを返さないことは法的に何か問題となるのでしょうか?

似たような事件がありました。
知らない間に口座入金があり、その口座名義人は「内容を確認しないで引き出して個人的に使用」しました。
口座振込の誤りに気づいた担当者は謝罪をし、返金を求めましたが相手が拒否し裁判になったのです。
判決は「全額返済、但し利息なし」だったと記憶しています。

まぁ、双方の過失ですね。
会社側は、家賃補助の事務手続きの誤り。
あなた側は、出所が分からない金銭の無断使用。
(落ちていたお金を届...続きを読む

Q[至急]通勤手当の過払いによる返還

現在まで約5年間、会社から通勤手当を支給されていましたが、
今回部署異動により総務で支給対象外および過払いをしていたので返金するようにと言われました。

私は会社の近くに住んでおり、1駅分くらいの距離ですが、新入社員であった申請当初は通勤手当について承認されていました。
しかし最近になってから「会社から2km未満は対象外」であったことが総務でわかり、このような問題が発生しました。
当時の総務担当者・上司含め私もそのことについては知らず、通勤ルートについては会社が提案して下さったままの申請をし、承認され支払われていたものです。

過払いについての返還義務は承知しておりますが、
1.”会社側が提案して下さったルート”であったこと
2.申請当時からその通勤方法(金額)を認めてもらっている。
3.2km未満は支給対象外であった事は当時の関係者は認識していなかった。

上記のような場合も支払わなければならないのでしょうか?

5年間の支払い総額は約90万円にもなり、返還するにも一人暮らしのため相当大変なものです。
毎月の給与だけでは到底返還できそうにありません。
支払い方法(分割にする等)は考慮するとの事でしたが、やはり請求されたものを返還しなければならないのでしょうか。

ご意見よろしくお願いいたします。

現在まで約5年間、会社から通勤手当を支給されていましたが、
今回部署異動により総務で支給対象外および過払いをしていたので返金するようにと言われました。

私は会社の近くに住んでおり、1駅分くらいの距離ですが、新入社員であった申請当初は通勤手当について承認されていました。
しかし最近になってから「会社から2km未満は対象外」であったことが総務でわかり、このような問題が発生しました。
当時の総務担当者・上司含め私もそのことについては知らず、通勤ルートについては会社が提案して下さった...続きを読む

Aベストアンサー

給与等に関する時効が法で決まっていて、2年なので、それ以上昔の分を支払う義務はございません。
でも、通常は会社側のミスなので、会社持ちか、せいぜい今年度か今期分の返済までだと思いますよ。
※会社側も決算の終わった分を返還されると、計算が面倒ですもんね


人気Q&Aランキング