江戸時代(後期)の介錯人の身分はどの位置だったのでしょうか?

場所は米沢藩か佐野藩です。

A 回答 (2件)

布施弥平治著 「日本死刑史」 巌南堂書店 によると


諸藩の刑罰のやり方は、藩独自のものが多く、しかも
資料は処刑記録も含め殆ど残っていないとの事です。

従って各藩の切腹の際の介錯人については、殆ど不明
と思われます。

介錯人については幕府の関与したものだけが、多少残って
いるのでしょう。

その例は5万石の大名の浅野内匠頭の介錯人、磯田武太夫
は徒歩目付(500~1000石)で、大名の介錯人としては
身分が低すぎます。
大石内蔵助の介錯人の安場一平は細川家の徒歩頭(かち
がしら 今の小隊長みたいなもので 300石位かな)で
浪人の大石の介錯人には高過ぎる身分です。

所般の事情を考慮して介錯人を決めるので、罪人の身分に
応じるのは当然ですが、一律ではないと考えた方がよいで
しょう。

足軽、徒歩、徒歩頭から選ばれるのが普通と考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
江戸時代の介錯人の文献はあまり残っていないのですね。

もし介錯を生業としていたとしたら、
あまり身分の高いものではないと言うことは想像できますね。

お礼日時:2012/01/03 16:40

キッチリした回答で無くて、申し訳ありませんが。


ご参考までに。

http://homepage1.nifty.com/SEISYO/sepuku.htm

「介錯人」の場合、
先ず「人の首を、バッサリ斬り落とせる腕が第一」で有る為に、決まった身分の者が勤める類の職種では無かったようです。

「首斬り浅右衛門」として知られている「山田浅右衛門」も代々続いていたとはいえ「世襲制度」では無くて、やはり「剣の腕を要する者」が家を継いでいたようです。
身分も「浪人」というのは意外ですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0% …

予断ですが。
「公儀介錯人」という『子連れ狼』で御馴染みの名称は、これ「架空」の役職だそうです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

syu1958さんのご説明の内容はもうしわけありません、調べ終えていました。
「介錯人を職業としていた武士がいた」という話を聞いたので質問させていただきました。

確かに山田浅右衛門のように腕が悪いものが生まれたときに困る職業だから
世襲制ではないのかもしれませんね。

補足日時:2012/01/01 02:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、左上腕の肩から上腕二頭筋あたりに痛みがあります。

現在、左上腕の肩から上腕二頭筋あたりに痛みがあります。

1年前位前からバック等を左で持ったとき、うでがつるというか、引っ張られる様な違和感がありました。腕は上まで上がったので四十肩ではないと思っていました。
最近、家のドアで左腕を壁に当ててしまい、そのまま腕を戻しながらドアを通ろうとしたところ、激痛が走りました。
たぶん、普通なら当たっても気にならない程度だと思います。
以前からそれ以外に左肩こりはひどく、肥満体型です。
これは腕の筋肉の損傷か何かでしょうか。湿布していますが、じりじりと痛みます。

Aベストアンサー

まずは正しい診断を受けてください。痛みだけでは四十肩(正式には肩関節周囲炎)の他、石灰沈着、インピンジメント、腱炎、腱板損傷など様々あります。また頚椎疾患の可能性も否定できません。レントゲンは病院でしか撮れませんので、まずは整形外科に行かれてください。

Q江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。 要

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのである。

要するに副業で林業をやって木を国を通さずに直接売買して副収入を得ていたのである。

という話を聞いて、昔の藩主も脱税してたのか。

それで金持ちの藩が存在していた理由が分かった気がした。

高い銃を大量に買える財力がなぜか領土が小さい藩に存在していた。

大きい広い土地を持つ藩主は土地も広いが国に納める税金も高かったので不作のときに大きく蓄えを減らし、領土の大きさが逆に財政を悪化させていたのだ。

で、江戸幕府も小さい藩主なのに羽振りが良いので、直接藩主になぜお前の藩は不作が続いているのに人々は餓死もせずにピンピンしているのだと聞いた。

実は米が不作でも林業で現金収入があったので米を買って村人に配っていたので栄養失調にならないのでピンピンしていたのだが、さすがに脱税してるお金があって財力に余力があるからとは言えないので、江戸幕府は結局、どういうカラクリでその藩だけ疫病に掛からないのか知りたくても真実は聞けなかったというお話。

これ以外の脱税話を知ってたら教えてください。

多分、他の藩も脱税していたと思う。

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのであ...続きを読む

Aベストアンサー

密貿易 島津などは当たり前のようにやっていた 隠密が入れないように放言も難しくしたわざと

Q腕の痛み、しびれ

腕の痛み、しびれ

右腕の外側、ひじの少し上あたりに何とも言えない痛み(肉離れ?)があるのですが、そこから手の甲にかけて腕に弱い痛みのような痺れのような感覚があります。外側の肌を伝っている感じです。
数日前は手の甲が痒いような感じだけでひじの上の痛みもなかったのですが、次の日から何となく痒いような痛いような感じになって、今はそれに加えて何となくしびれている感じもします。
腕の内側は何ともありません。力も普通に入ります。
手の甲が痒くなった前日にどこかにぶら下がっていたときに腕に痛みを感じた覚えはありますがそれ以外に特に何もしていません。

この腕を伝って手の甲にもある痒み痛みは、ひじの上の痛みの分散痛(?)と考えても良いのでしょうか?
病院には行きますが、気になるので分かる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

神経の症状かもしれませんね。首から出た神経は肩、腕、肘を通り指先まで伸びています。この走行上で何か異状があれば、痺れや痛み、感覚異常などでます。多くは首、肘、手首の異状ですが、今回は肘の上の症状なので首の異常の可能性が高いです。

もちろん同時に、手首の障害などの合併もありえます。他には神経的な症状以外のもの、例えば肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)の合併も多い症例の一つです。

レントゲンは病院でしか撮れません。ですから、整体、整骨院、接骨院ではなく必ず整形外科でレントゲンを撮ってもらってください。

それまではお風呂で温めず、アルコールも控えましょう。

Q江戸時代後期の薩摩藩における家老について

江戸時代後期の薩摩藩における全ての家老について、その姓名が書かれている文献、あるいは書籍を知っておられる方がおりましたら教えて下さい。
なお、城代家老及び国家老、江戸家老はもとより、家老職を出せる家格の家についても知りたいのですが、無理でしょうか。

知っていらっしゃる方はぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

下記にかなり詳しくでています。いかがでしょうか。ウィキは信頼性の点で問題が残るので、それを承知の上でお使い下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/薩摩藩家臣

Q最近、腕の痛みが取れません。 キャチボールを最近してるのですがその時に痛みが激しく投げることもできな

最近、腕の痛みが取れません。
キャチボールを最近してるのですがその時に痛みが激しく投げることもできないぐらい痛みます。
最初2~3日おいて痛みもひいていたのですが、やっぱりキャチボールとかをすると痛みます。
サロンパスとかは全くしてな状態です。
上腕二頭筋のところに痛みがあるのですが、触ってもあまり痛みとかはないです。

Aベストアンサー

私は医師ではないので詳しい事は分かりませんが、痛みがあっても腕が動くのであれば骨折等ではないと思いますが、原因そして早期治療の為、整形外科等を受診される事をお薦めします。

Q江戸時代、百姓に優しかった藩、厳しかった藩は?

天領は年貢の取り立てなどが厳しくなかったので百姓は助かったという話を聞いたことがあります。
他に百姓が生活しやすかった藩はどうこでしょうか?
逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩がありましたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  * 海産業を主とする三閉伊地方(三陸海岸沿岸部)に、水稲の基準で重課税。
  * 三閉伊地方の産業(海産、材木、製鉄)に御用金制度を用い、無理な課税を行ったこと。
  * 「軒別税」(人頭税)を実施したこと。
  * 藩札の大量発行によるインフレーション。
  * 幕府の手伝い普請(公共工事手伝い命令)による臨時課税。
  * 財政難から藩士の禄を長期にわたって借上したこと。
  * 戦国時代以来のライバルである弘前藩、仙台藩に対抗するために恒常的に高直しや官位の叙任工作を幕府有力者に働きかけていたための出費。

 島原藩は島原の乱を起してしまった過酷な藩政の責任を問われて、藩主の松倉勝家は、改易処分となり、後に斬首となった。
 (藩の藩主が切腹すら許されず斬首された事例は、この1件のみ)

 水戸藩は、御三家の中でも唯一江戸常勤を定められた為、膨大な支出がある上に徳川光圀(水戸黄門)の時より行われた水戸学(大日本史の編纂)の費用で、税は8公2民(4公6民~5公5民ぐらいが一般的)でした。

 御三家である為、一揆が多発してもお取り潰し等の責任をとらされる事も無いうえに、徴税の手違いで村民皆殺しを行った「生瀬一揆」も有ります…。
 後の天狗党の乱の時も、関係者の家族まで処刑し、大勢が変ると報復に相手の家族を皆殺しにするなど、血生臭い行為に走りやすい傾向が有るのかも知れません…。

 ちなみに徳川光圀は、若い頃に辻斬りを行ったり、舶来物の贅沢品を好み、自身の趣味でもある大日本史の編纂に関係する資料の献上を推奨(賄賂)し、水戸学は幕末の倒幕のイデオロギーにも成ります…。
 (水戸黄門漫遊記の悪役を1人で包括出来そうな方だったり…。)

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  ...続きを読む

Q執刀医の腕と術後の痛みの関係

「外科手術の際、腕の良い執刀医が切ると術後の痛みはほとんどないらしい」という話を知人から聞きました。

私は3ヶ月前に手術を受けましたが、今も傷の痛み・傷周辺のしびれ・傷から離れた位置の刺すような痛み(同じ神経が走行しているとか)があり、毎日鎮痛剤を服用しています。主治医のことは信頼していますし、今になって主治医の腕についてとやかく言おうとかそんなつもりはまったくありませんが、冒頭のような話を聞いてちょっと興味を持ちました。単純に好奇心からの質問です(笑)。

術後に長く痛みが残るかどうかにはもちろん患者の治癒力の差とか手術部位による差もあるのでしょうが、執刀医の腕の差も後々の痛みに関係するのでしょうか?

※「術後の痛み」は直後の痛みのことでなく、状態が安定した後に残る痛みの意味です。

Aベストアンサー

専門家と自信をもってお書きになることができるお二方が既に回答をなさった後に、稚拙な手技で満足な手術など出来ず日々悩んでいるような者が書き込むのは相当問題があると承知しつつ、でもそれなりに質問者様に立場的に近いのではないか…と勝手に想像して書き込みます。

まず「適切な手術」とは何か「良い手術」とは何か?というところから考えなければこうした問題は考えられないのではないかと思案いたします。痛みが少ないのは素晴らしいことですが、痛みのない手術=適切な医療ではないんです。#2の方が美容的な事柄を書かれていますが、この美容的な事柄を優先するために皮切部位(表面の傷跡)を本来の患部からは相当遠くにとって皮下を延々掘り進み、すべて遠いところから操作するなんてことがあります。そうしますと当然掘り進んだ距離の分痛みは結果的に強いものとなりますしその分合併症の可能性も増えます。また例えば、いくつかの手術では既にリンパ郭清は意義がないとされているものの、今も尚その操作が診断上必要であり治療上有効とされる手術は多くあります。痛みを嫌う医師の中にはそうした手術では郭清などせずに済ませてしまうものもいるのですが、正直どちらが腕の良い医者か…悩むところです。とにかくリンパ郭清をしますと術後相当期間痛みます。でもこの手術を丁寧にした方が医療としてはまっとうで真面目な治療となります。つまり手術の術式はもちろん、その手術中の操作の範囲を決める判断(同じ郭清でも範囲は術中の判断で変わり得ます)など複雑に絡んだ結果に、患者さんの個人の痛みの感じ方etcの要因が加わり、それぞれは1回こっきりのトライアルのため独立に比較対照をするわけにもいきません。もし単独で痛みのみで手技を判断することとなりますと、どうしても個人的感覚に傾倒しがちで正確なそして病状に即した判断としては誤りを生じかねません。

私もいち外科系医師として痛みのみならず手術の結果を決める大きな要因として手術手技とその差を埋める新しい知識の習得が存在していると思っています。しかしながら手技による差というものはそんなに神がかり的なものではなく、簡単に言えば「(知識の裏づけのある上で)より愛護的に扱う」という範疇のものだと考えています。この愛護的操作、例えば腸管を扱う時は少しでも空気に直接晒さない、こすらない、剥離も同じ…という程度であると思っています。そうすることで術後の癒着を防ぎ(質問者様がいう「状態が安定した後の」痛みが減りますね)術後のトラブルを避け、結果として成績に表れるわけです。その精神は普段の診療にも如実に反映されるものです。

また手術中のみならず術後も痛みのマネジメントを心がけることによって、痛みへの対応はトータルで行うものだと考えています。これも配慮の1つです。

愛護的な操作はもちろん全ての外科医が考えねばならないものですが、手術の過程で必要とされる場合はその部分を犠牲にせねばならない場合も時としてあります。そうなってくると犠牲にすることが必要だと判断した名医は痛みが強くなり、犠牲などいらないと判断した医師の手術はガンで言えば再発したり機能障害が残ったりすることすらありえるわけです。

長々と書きましたが私が思うところは
医者が医者を鍛える、医者が自己鍛錬をする
こういう場合にはその命題は正しいと感じますが、一般人や患者がそれを実感できるあるいは判断して正しいかというとそうではない。かえって弊害の方が多かろうというところです。

元々その分野の知識を十分に持ち、関連する手術を数多くこなしている医師の場合、その分野の手術の『肝(きも)』はほぼ例外なしに体得しています。そしてその知識をより所として慎重な操作の上に行う手術であれば、結果の多くは同じと考えます。現在の医療は手術そのものがかなり専門化していますので、よほどその分野に不慣れな医師がさらに適当な監督の無いところで行わない限りは、誰が見ても明らかな差など生みませんし生れようがないんです。そしてこれらの医師は普段の診療からその知識に基づいて十分な説明と洞察を行っていますから手術を見なくてもある程度は判断できてしまいます。それが「その精神は普段の診療にも如実に反映される」と書きました根拠です。

名医かどうか判断されるなら、普段の医師のトータルの姿をご覧になってください。よく「縫合部(表皮)を見ると名医かどうかわかる」なんてのもありますが、名医の下には小僧がいてその小僧が縫合するからキズが汚い…なんてことも実際にあります(小僧も医者です)。そうした名医は後進も育てますのである意味しかたがない矛盾です。腕の良し悪し、名医かどうかなどというものはそんな単純なものではない・・・・・・・・・・・・と素人ながらに思います。

専門家と自信をもってお書きになることができるお二方が既に回答をなさった後に、稚拙な手技で満足な手術など出来ず日々悩んでいるような者が書き込むのは相当問題があると承知しつつ、でもそれなりに質問者様に立場的に近いのではないか…と勝手に想像して書き込みます。

まず「適切な手術」とは何か「良い手術」とは何か?というところから考えなければこうした問題は考えられないのではないかと思案いたします。痛みが少ないのは素晴らしいことですが、痛みのない手術=適切な医療ではないんです。#2の方が...続きを読む

Q東京は、江戸時代、何藩だったのでしょうか?

江戸時代は、○○藩っていう言い方をしていたと思うのですが、
(例えば、長州藩・・・現在は、山口県付近、薩摩藩・・・現在は、鹿児島県付近)
今の東京って、何藩になるのでしょうか?

それとも、○○藩という呼び方ではなくて、
そのものずばり、「江戸」と呼ばれていたのでしょうか?

最近、話題の東京スカイツリーですが、
東京が元々は?武蔵国だったから、
それにあやかって、634メートルにしたという話を聞いたのですが、
東京は、○○藩でもなくて、江戸でもなくて、武蔵国だったのでしょうか?

もし、ご存知の方いましたら、
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おまけ

東京スカイツリーの西側に 隅田川が流れています。
そして、その隅田川に、両国橋がかかっています。

両国というのは、武蔵国と下総国の両方の国にまたがっているので 両国橋と橋を呼んだことから、両国という地名が生まれました。
つまり、武蔵国の634をあやかって作っている東京スカイツリーは、武蔵国ではなく、下総国に存在しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E5%9B%BD%E6%A9%8B

※ 江戸時代に、江戸が拡張して、隅田川の東側まで拡がったので、下総国から武蔵国に所属変更になっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E5%9B%BD_(%E5%A2%A8%E7%94%B0%E5%8C%BA)

在原業平が
名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと
と読んだのは 隅田川の白鬚橋のあたりとされていますが、ようは、「武蔵国から、また下総国へのうつるのね」というのが背景にある

Q腕の痛み

先日友人と腕相撲した際腕を痛めました。(前腕の肘に近い内側部分)それから痛みがなくなった思うころにもう一度腕相撲をしてみると力を入れただけで痛くなります。休ませても痛みが取れないので、不安になってきました。どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111546136

肩ですが腕相撲で痛めた経験の方の書き込みです。
重症なので、まず、医者に相談するしかありません。

Q四国佐田岬半島は江戸時代何藩の所領だったのですか?

四国佐田岬半島には現在伊方原発がありますが江戸時代は何藩の所領だったのでしょうか?
またお米が獲れない地方だと聞いていますが年貢とかはどうなっていたのでしょうか?
先日仏壇の中を見ていましたら宝暦年間からの現在までの位牌が入っていました。父から代々そこに住んでいたと聞いています。曾祖母の実家には宇和島藩伊達家中から嫁いで来た話も聞いた記憶があるのですが…宇和島と佐田岬半島では離れ過ぎてるように思えて質問させて頂きました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

四国佐田岬半島は江戸時代何藩だったのか?
No1で回答済み
西宇和郡の各村
吉田藩と宇和島藩で 浦々でいろいろということらしい。
http://www.affrc.go.jp/agrolib/RN/0000084436.pdf
伊勢でも 海岸は 浦々で混在なのでよく見られた統治形態かなと

(2)お米の獲れないこの地方の年貢とかはどうなってるのか?

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?file_id=53572
舟年貢というのがあったらしい
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00992/contents/039.htm
川船だけど 舟年貢

http://www.mboso-etoko.jp/dictionary/article.php?flg=2&code=876
こんな感じだったのかも


全国が均質に米作農家で・・・というのは 変だなぁと気づいたのが、時国家の研究を始めた 網野さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%B2%E9%87%8E%E5%96%84%E5%BD%A6

四国佐田岬半島は江戸時代何藩だったのか?
No1で回答済み
西宇和郡の各村
吉田藩と宇和島藩で 浦々でいろいろということらしい。
http://www.affrc.go.jp/agrolib/RN/0000084436.pdf
伊勢でも 海岸は 浦々で混在なのでよく見られた統治形態かなと

(2)お米の獲れないこの地方の年貢とかはどうなってるのか?

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?file_id=53572
舟年貢というのがあったらしい
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00992/contents/039.htm
川船だけど ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報