実験をしようと調べものをしていると、マイヤーフラスコを使うとありました。
ここまでは、良かったんですが一体マイヤーフラスコってどんなものなんでしょうか? 
化学製品のカタログに載っていませんでした。ますます、わかりません。
マイヤーフラスコは、どういったもので、どのような形で、どのように使用するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

フラスコにはマイヤー、丸底、ナシ型、ナス型など、たくさんの種類があります。


一般に三角フラスコと呼ばれているものがマイヤーフラスコです。
マイヤーフラスコにも30mL、50mL、100mL、200mLなどの色々な容量のものがあり、更に、共栓付きか無しか、透明か褐色か等、いろいろと細かく指定しなければなりません。
単にマイヤーフラスコとかかれている場合は、適当な容量の透明で栓がついていないもののことです。
底が円形で円錐の上部が真っ直ぐな口となっているもので、液体を入れて混ぜたり、液体に固体を入れて溶かしたりするのに便利ですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

私の研究室でも三角フラスコとは言わず、英語名を短縮して「マイヤー」とよんでいます。

他の研究室の呼び方はさほど知っているわけではないのですが、マイヤーとよぶことが多い気がします。
    • good
    • 0

「エルレンマイヤ-フラスコ」,略して「マイヤ-フラスコ」または「マイヤ-」といいますが,エルレンマイヤ-氏が考案した形のフラスコで「三角フラスコ」の事です。



念のため,参考 URL に図の出ているペ-ジをあげておきます。

また,こんなのもありました。こちらは実物の写真です。
http://www.sibata.co.jp/info/991015.htm
(珍酒発見!三角フラスコに入った純米酒 No.991015)

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~friko/index.htm/fl …
    • good
    • 0

フラスコ自体、別名「マイヤー」といいますが、


通常、マイヤーと言うと「三角フラスコ」をさすようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイヤーのフライパン

マイヤーのフライパンを購入しようか迷っているんですが
マイヤーのフライパンの使い心地ってどうですか?

なんか重そうなイメージがあるんですが、実際はどうなんでしょうか??

Aベストアンサー

愛用してます!大きさは厳密にはわかりませんが、かなり大きいものと一般的な大きさのものと2つ持っています。
重さは全く気になりません。
No.1さんが言ってみえる様に火の回りはとてもいいと思います。
餃子なんかもとてもいい感じに焼けますよ!

私は現在外国にて生活しており、たまにセールでマイヤーがお安くなります。そんな時を狙って購入しています。日本へ帰るときはさまざまな大きさのものを新しく揃えていこうと思っているくらいですよ!

Q理科の実験で使いたいのですが、ガスや炎を使わずに、電気でフラスコや試験

理科の実験で使いたいのですが、ガスや炎を使わずに、電気でフラスコや試験管などを加熱できるような器具はないのでしょうか。800度ぐらいまで加熱できれば御の字なのですが。
そんな都合の良いものってないのでしょうか。できれば値段等も教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

まずは、試験管等のガラス器具の耐熱は、200℃程度、パイレックスでも300℃が普通の実験使用範囲。
800度の温度に耐えるガラスは有りますが、一般人が手に入れることは困難。
(超高温耐熱ガラスなら、800℃から水にかけて急冷しても割れないと思う)

普通の場合、耐熱のルツボを使用して、電気炉で焼成するのが、普通の常識です。
陶器を焼く小型電気炉で,数10万円程度です。
800℃で、化学実験するのは、かなり特殊分野です。
800℃で実験するなら、実験対象物が燃えないことが条件です。
空の試験管、800℃のガスバーナーであぶってみてください。 ガラスが溶けないか、お試しあれ。

Q最強フライパンはどれですか?

最強フライパンはどれですか?
最近、料理熱が高く、凝った料理をしていますが、そろそろ調理器具にも投資?しても良いかなと思っています。
気に入れば多少高価であっても問題ありません。十分にもとを取る程に使いますので。

そこで、結局どこのフライパンが良いのかを悩んでいます。
下の私の候補やそれ以外でもおすすめがあればご意見をお待ちしています。
ちなみに、私の好みは、
1 熱ムラがない
2 温度がころころ変わらない
3 フッ素加工があればベター
4 愛着を持って、長く使える
5 IH対応でなくてもいい

検討中の候補は、
t-fal セレクティブ
マイヤー サーキュロン2
シリット シラルガン
です。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

フライパンは、使い方とか調理のスタイルなんかによってそれぞれだと思います。
kanae6588さんがどのような感じで調理されているかがわかりませんが、私の意見を書きたいと思います。
私はごくごく一般的な家庭料理しか出来ませんが、料理は好きな方で、少しは友人等を招いてパーティーなどはやっちゃってます。
私も中華鍋を持っていますが、中華鍋本来の使い方というよりは、あの形が便利で使っている感じです。
やはり主役はフライパンで、小さめと普通サイズの2つを使っています。
私が最も重視しているポイントは、保温性です。
kanae6588さんのいう、温度がころころ変わらないというのは、まったく同感です。
フッ素樹脂加工はやはりあったに越した事はないです。
プロも以外とフッ素樹脂を使いますもんね。
楽をしようとしているよりも、それよりも調理温度や火加減の調節に集中できるという感じです。
挙げられているフライパンはどれも良いものだと思います。
私は、スキャンパンを数年前から使い始めていますが、今のところ素晴らしいとしか言いようがありません。
熱の入り方、蓄え方はずば抜けています。卵料理なら余熱でも出来ちゃうくらいです。
驚くことは、フッ素樹脂なのに10年保証されている事です。
これは、私の知る限りスキャンパンだけです。
今はまだ2年目なので、今までの買い替え時期には到達したことになりますが、今のスキャンパンは購入時とほとんど変わっていません。
変わったといえば、もちろん細かなキズはつきますが、私の手に馴染んだというところだと思います。
あと、1年経っても同じように使えているなら、家のナベたちも全てスキャンパンにします。
なので、少し長くなりましたが、私はスキャンパンが良いと思っています。
まだ私もどれだけ長持ちするのかを試していますが、2年目の今では快調なので、ほぼこちらも心配していません。
万が一、10年前にダメになってしまったとしても、次も同じものを買うと思います。
良いですよー

フライパンは、使い方とか調理のスタイルなんかによってそれぞれだと思います。
kanae6588さんがどのような感じで調理されているかがわかりませんが、私の意見を書きたいと思います。
私はごくごく一般的な家庭料理しか出来ませんが、料理は好きな方で、少しは友人等を招いてパーティーなどはやっちゃってます。
私も中華鍋を持っていますが、中華鍋本来の使い方というよりは、あの形が便利で使っている感じです。
やはり主役はフライパンで、小さめと普通サイズの2つを使っています。
私が最も重視しているポイ...続きを読む

Q【化学実験・人体実験】ボディソープとシャンプーを食器洗剤に変えて体と頭を洗って見た。 その結果だが何

【化学実験・人体実験】ボディソープとシャンプーを食器洗剤に変えて体と頭を洗って見た。

その結果だが何ら体に異常は起こらなかった。

確かに風呂上がりに肌の油脂が恐ろしいほど無くなるので朝シャンに食器洗剤を使うのはオススメできないが、寝る前の夜のお風呂に食器洗剤を使うのはアリだと感じた。

さらに翌朝、起きると寝ている間に上質な油脂が出ているので朝シャンせずに1日1回の風呂だけで済むので経済性も1日2回体を洗うことの方が油脂が取れすぎて皮膚に悪いと思った。

で、ネットで食器洗剤 ボディーソープの変わりに使う。食器洗剤をシャンプーの変わりに使う。と検索すると美容院がパーマをあてるときに油脂が多い人は食器洗剤で洗ってからパーマやカラーをやっていることを知った。

でもお客に食器洗剤で頭を洗ってるというと不快に感じる客がいるので黙っているそうだ。

さらに色々な食器洗剤で頭を洗っている先人の知恵を見ると「界面活性剤は肌に悪いのでオーガニックの界面活性剤が入っていない食器洗剤が最強のボディーソープ&シャンプーだ」と書かれていたが、

ホテルで貰ったノベルティの小ボトルに入ったシャンプーが雑菌だらけでフケだらけになった怖い思い出があるので界面活性剤入りでないオーガニック食器洗剤を使うことに抵抗があるし、界面活性剤入りの食器洗剤で皮膚に影響が出なかったので界面活性剤入りの食器洗剤の方が雑菌の繁殖を防いでいる利点の方がはるかに高いと思う。

もうボディーソープ、シャンプーがアルミやビニールで密封開封しないキャップを回すだけで出るタイプの密封されていないノベルティボディーソープやシャンプーは雑菌が繁殖していると思って使わないことにした。

------

質問:

なぜ界面活性剤入りの食器洗剤が肌や皮膚に有害なのか教えてください。

洗い流せば問題ない気がする。

界面活性剤は洗い流せないという根拠が理解出来ない。

洗い流せないのなら普段使っている食器にも界面活性剤が残っていて界面活性剤を普段から我々は舐めて食べていることになる。

でも食器を舐めても子どもも死なない。

【化学実験・人体実験】ボディソープとシャンプーを食器洗剤に変えて体と頭を洗って見た。

その結果だが何ら体に異常は起こらなかった。

確かに風呂上がりに肌の油脂が恐ろしいほど無くなるので朝シャンに食器洗剤を使うのはオススメできないが、寝る前の夜のお風呂に食器洗剤を使うのはアリだと感じた。

さらに翌朝、起きると寝ている間に上質な油脂が出ているので朝シャンせずに1日1回の風呂だけで済むので経済性も1日2回体を洗うことの方が油脂が取れすぎて皮膚に悪いと思った。

で、ネットで食器...続きを読む

Aベストアンサー

水と油は、もともと、分離します。分離する面の接触面が界面です。
その境界面を融和する材料を「界面活性剤」と言います。
灰も界面活性剤ですし、石鹸も界面活性剤です。

それ自体にフグ毒の様な毒性がある訳では有りません。
界面活性作用が強力だと、体のバリアである皮膚の角質層も壊します。
洗剤やシャンプーの成分表示を見ると解りますが、多種な石油合成成分が含まれていて、壊れた角質層から体内に侵入します。

また、界面活性成分も体内に侵入し、組織や細胞を破壊します。
また血流に乗って肝臓や内臓に到達すると肝臓や内臓細胞も破壊されます。

Qマイヤーフラスコって何ですか?

実験をしようと調べものをしていると、マイヤーフラスコを使うとありました。
ここまでは、良かったんですが一体マイヤーフラスコってどんなものなんでしょうか? 
化学製品のカタログに載っていませんでした。ますます、わかりません。
マイヤーフラスコは、どういったもので、どのような形で、どのように使用するのでしょうか?

Aベストアンサー

フラスコにはマイヤー、丸底、ナシ型、ナス型など、たくさんの種類があります。
一般に三角フラスコと呼ばれているものがマイヤーフラスコです。
マイヤーフラスコにも30mL、50mL、100mL、200mLなどの色々な容量のものがあり、更に、共栓付きか無しか、透明か褐色か等、いろいろと細かく指定しなければなりません。
単にマイヤーフラスコとかかれている場合は、適当な容量の透明で栓がついていないもののことです。
底が円形で円錐の上部が真っ直ぐな口となっているもので、液体を入れて混ぜたり、液体に固体を入れて溶かしたりするのに便利ですネ。
以上kawakawaでした

Q丸底フラスコと平底フラスコ

丸底フラスコと平底フラスコの違いってなんでしょうか??
確かにそこの形は違いますが、用途に合わせて使い分けるべきですか?
よく丸底フラスコを支柱(?)で支えて下から熱しますよね。
その場合は丸底を使うのは何故なのでしょうか。
倒れてしまう丸底をわざわざ支柱まで使って使うわけですから
なんかしら意味があると思うのですが・・・
熱が均等に届くため??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。とても大事な意味がありますよ。
中の圧力が下がるような場合、丸底でないと圧力に耐えきれず破損します。
強熱する場合も、熱応力が、平底だと平らに変形した部分に集中するのでやっぱり破損します。

ですから平底は、あまり圧力がかからない、あまり強く熱しない場合にのみ用いられます。

Qメイヤーロッド・マイヤーロッド

ある論文でメイヤーロッド・マイヤーロッド
という物を用いて、「フィルムを引き伸ばしている」と記述されています。

1.このメイヤーロッド・マイヤーロッドとは、何の目的で使用されているのでしょうか?
2.普通の棒とはちがうのでしょうか?
3.使用方法をおしえてください。
4.購入できるのなら、販売している会社を教えてください。

googleなどで調べましたが、よくわかりませんでした。使用している方がいたら、是非お願いします。

Aベストアンサー

35年程前にメイヤーバーと言うものを使った事が有ります。直径約5mmのステンレスバーに様々の径の
(約0.3~1mm)のスチール線をキッチリ巻きつけたバーがあり これで例えばプラスチックの溶液を
コーティングすることにより均一な皮膜を得る事に
使いました。巻いてある線の太さと液の濃度により
希望の皮膜厚さを得る事ができます。

Qフラスコ燃焼法が載っている本

3章が「有機元素の定量分析法」となっていて、「3.5 ハロゲンおよびいおう定量法」となっている本を探しています。
前任者に渡された本のコピーを見て、フラスコ燃焼法で定量を行ったので、参考文献としてこの本を載せようと思っていたのですが、本が見つかりません。

もし上記の本でなくても、フラスコ燃焼法が詳細に掲載されている本を御存知の方は、タイトルと著者を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

ご質問の本はわかりませんが、
酸素フラスコ燃焼法は日本薬局方に載ってます。
pdfですが↓

参考URL:http://jpdb.nihs.go.jp/jp14/pdf/0033-2.pdf

Qフィスラーかマイヤーのお鍋か、迷っています

新しくお鍋を買い換えたいと思っています。

フィスラーかマイヤーをお使いになられている方が
いらっしゃいましたら、使い心地等、教えて頂けたら
幸いです。

他にもオススメがありましたら、併せてお願い致します。(ル・クルーゼ以外でお願い致します)

Aベストアンサー

補足,お手数をお掛けします.

マイヤーとフィスラーの比較と言うことですが
生憎フィスラーしか使用したこと無いものでして…(汗

フィスラーの感想のみとさせて頂きます.

使用中のフィスラー:プロコレクションシリーズ.
使用場所:家庭,100%電磁調理器にて使用.

用途:味噌汁から和風の煮物,カレーやシチュー.たまに揚げ物も.
パスタも茹でますしトマトソースも作り,野菜の下茹で,
オーブン調理も(これはルール違反かも)したことがあります.
フィスラー以外の鍋はちょっと考えられないです.

使用感など:
熱伝導(熱まわり)がよく,また保温性が高い構造なので
中火からとろ火で調理可能,非常に経済的です.
最後まできっちり火を通さなくても,ある程度で火を止めて
蓋をしてそのままにしておけば荷崩れせずに仕上がります.

鍋の「ふち」が絶妙な角度になっており液体(味噌汁や麺類のつゆ等)を
器に直接注いでも飛び散ったり「液だれ」がしません.

取っ手も熱くなったりしません(電磁調理器だから?).
買う時に聞いてみることをお勧めしますが,
家庭用の鍋ですからたぶん熱くはならないと思いますが….

焦がしたことはないですが,焦がすと大変そうです.

煮物などを作ると大抵は鍋の内部壁面にうっすらとこびり付くことがありますが
これもゴシゴシしなくても取れます.
洗浄は昔使っていたアルミ鍋から比べるとかなり楽,比較になりません.

外装はたしかにステンレスなのですが「くぐもった」と言いますか
「つや消し」のステンレスなので,もし傷が入ったとしても目立ちません.
我が家で一番古いのが15年選手ですが,
今年買い足した鍋と見た目が殆ど変わらないのは驚きです.

そして何よりも飽きのこないシンプルなデザインがいいです.
なんせ,初めて買ったフィスラーは衝動買いでしたので…(笑

ウィークポイントは値段ですが
10年以上使うことを考えれば私は安いかと思います.

ご参考になれば幸いです.

補足,お手数をお掛けします.

マイヤーとフィスラーの比較と言うことですが
生憎フィスラーしか使用したこと無いものでして…(汗

フィスラーの感想のみとさせて頂きます.

使用中のフィスラー:プロコレクションシリーズ.
使用場所:家庭,100%電磁調理器にて使用.

用途:味噌汁から和風の煮物,カレーやシチュー.たまに揚げ物も.
パスタも茹でますしトマトソースも作り,野菜の下茹で,
オーブン調理も(これはルール違反かも)したことがあります.
フィスラー以外の鍋はちょっと考えら...続きを読む

Q身のまわりで入手できるもので化学実験をしたいのですが・・・

●はじめに・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3614317.html
の追記したものですが、ご回答してくだされば嬉しいです。(上記のURLの質問にもご回答いただけたらなおさら嬉しいです。)
●まず、購入したもの(できるもの)又は家にある材料
ホウ砂、エタノール、硫安(硫酸アンモニウム)、尿素、消石灰(水酸化カルシウム)、洗濯のり、重曹(炭酸水素ナトリウム)、食塩、砂糖、酢、希硫酸(バッテリー補充液)くらいです!?(まだあるかもしれません)
●実験器具
アルコールランプ一式、ビーカー、試験管、シャーレ、保存する瓶、駒込めピペット、薬さじ、ロート、ろ紙などは揃っています。

以上の条件で、できる比較的簡易な実験等ありましたらご回答おねがいいたします。(多少難易度が高いとしても、挑戦などもしてみたいなどと考えていますので、どんどんなにかありましたら投稿おねがいいたします。)

Aベストアンサー

化学入門のための実験をまとめた本はかなり出版されています。
図書館にもあると思います。
それを参考にしてみるといいです。

本に書いてある薬品と同じものがなくても持っているもので代用できる場合が多いです。そのためにはある程度反応の仕組みが分かっていないとだめという面もあります。
塩酸と書いてあっても酢酸や硫酸で出来る場合が多いです。水酸化ナトリウムと書いてあっても水酸化カルシウムで代用できる場合が多いです。炭酸ナトリウムがあればたいてい水酸化ナトリウムの代わりになります。
炭酸ナトリウムは炭酸水素ナトリウムを加熱すると出来ます。
指示薬があるといいですね。私はフェノールフタレインが好きですがリトマス試験紙でもいいです。
硼砂と洗濯ノリはスライムを作るのに使ったのですね。(この薬品はこれ以外のところで使うチャンスのない特殊なものです。硼砂は中学・高校ではでてきません。)
スライムはどういう性質に目をつけましたか。
私はこれを固体と液体の中間型の例として地学で利用しました。マントル対流のイメージを取るためです。
ゆっくりと力を加えると流れますが短い時間で力を加えると弾みます。
「石灰水に息を吹き込んで白くにごる、さらに吹き込むと白い濁りが薄くなっていく」というのは既に例として書かれています。これをフェノールフタレイン溶液を加えてやるとどうなるでしょう。
蒸留装置は作れますか。試験管とL字型のガラス管のついたゴム栓で出来ます。ガラス管の代わりにストローを使っても可能でしょう。硫安を蒸留してみてください。蒸留液はどういうものだと思いますか。中性の蒸留水になっているでしょうか。どうやって確めたらいいでしょうか。
元の硫酸アンモニウム水溶液、蒸留液の液性を調べてみてください。(フェノールフタレインがいいですね。)
分物質を得る方法として蒸留と書いてある本があります。私は「蒸留は純物質を得る方法ではない」ということを示すためにこの蒸留をやりました。やったのは塩化アンモニウムでしたが硫酸アンモニウムでも同じ結果になります。下の溶液があふれたのではないということも確めておかなくてはいけません。その方法は? 
希硫酸とオキシドールがあれば銅を溶かして硫酸銅を作ることが出来ます。酢酸でも希硫酸でも銅を溶かすことは出来ません。
銅は電気工事で使う電線クズを使うといいです。ごみになるものを分けてもらえるはずです。電線の銅は結構純度が高いです。
いくつか金属もそろえてみるといいでしょう。
釘にもいくつか種類がありますが分かりますか。

石灰石に含まれている化石を見るときそのままでは見難い場合が多いです。表面を酸に少し溶かして浮き上がらせると見やすくなります。これは酢酸がいいです。どうしてでしょう。フズリナの化石でしたらたいていの石灰岩に入っています。

化学入門のための実験をまとめた本はかなり出版されています。
図書館にもあると思います。
それを参考にしてみるといいです。

本に書いてある薬品と同じものがなくても持っているもので代用できる場合が多いです。そのためにはある程度反応の仕組みが分かっていないとだめという面もあります。
塩酸と書いてあっても酢酸や硫酸で出来る場合が多いです。水酸化ナトリウムと書いてあっても水酸化カルシウムで代用できる場合が多いです。炭酸ナトリウムがあればたいてい水酸化ナトリウムの代わりになります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報