先日術前検査で血液型の検査をしたところ、「表検査と裏検査の結果が不一致だったので、再検査が必要」と言われました。

1回目の検査で不一致だったが、2回目の検査で一致したということはよくあるのでしょうか?
それとも再検査は原因を調べるためのもので、不一致ということはほぼ確定なのでしょうか?
10年近く前ですが、献血をしたときには特にその件についての連絡はなかったのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 表裏不一致は良くあることなのでしょうか?



あまりあることではありません

〉 2回目で一致することはありますか?

再検査の目的は不一致であることの確認とその原因の調査です
一致することは1回目が何かの手違いだった以外は期待できません

なお、不一致=病気でもありません
多くの場合はその方の個性です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再検査の結果、寒冷凝集素があることが原因とわかりました。
それはそれで不安はあるのですが、また改めて質問させていただきたいと思います。

再度のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/19 20:28

献血の時には、目の前で黄色と青色の溶液に入れて溶血をみますが、あれは表試験のみやっていることになります。

実際に製品化するときは精査します(http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/medical/medical …)が、その結果は教えませんので、献血者は表検査の結果のみを知ることになります。よって、献血の時には表・裏試験の不一致はわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。裏検査の結果は知らされないのですか!初めて知りました。

今日、かかりつけの先生に「今までの血液検査では、血液型って検査してますか?」と聞いたところ、
「もちろんやってません。血液型の検査は保険がききませんから」ときっぱり言われてしまいました。

もともと、不一致だったんですね。

お礼日時:2012/01/26 21:04

A型赤血球の方にはB型に対する抗体が


B型赤血球の方にはA型に対する抗体が自然に存在するのが普通です

この法則を利用して血液型の検査は赤血球の型を見る表試験と
血清中の抗体を見る裏試験を行い、それが法則に一致すれば確定します

こういった法則性に当てはまらない場合を表裏不一致と呼び、その段階では血液型を確定できません

場合としては赤血球側の反応が弱い場合(亜型)と
抗体側が弱い場合があります

再検査では1回目と同じ検査だけではなく、試薬などを追加してさらに細かく分析します

参考URL:http://www.itawari.net/ketsuekigata02.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

表裏不一致は良くあることなのでしょうか?2回目で一致することはありますか?

お礼日時:2012/01/25 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q術前検査、検査代について

術前検査、検査代について

今度、病院に血液・尿検査、心電図、レントゲンの検査を受けに行く事になりました。

これらの検査を受けると検査代はいくら程になるのでしょうか??
保険は3割負担です。

先日、診察とCT,レントゲンを取った時七千円弱だったのですが、今回もそれくらいと考えていいのでしょうか??

だいたいでいいので、分かる方は回答いただけると助かりますm(__)m

Aベストアンサー

病院によって違う場合もありますが代表的なケースで
手術前医学管理料 1,192点 
検査だけで診察などがなければ3割負担で3580円となります

参考URL:http://sites.google.com/site/shinryoutensuu2010/ikasinryouhousyutensuhyou/igakukanri/b001-4

Q術前検査のレセ請求について。(HBS、HCV)

レセ請求について、詳しい方に教えていただきたく思います。

内視鏡予定の患者さんに、術前検査としてHBS、HCV検査を施行しているのですが、以前勤務しておりました医院では「内視鏡前検査」とのコメントで対応しておりました。

新しく2月より開院しました医院へ今、勤務しているのですが、ドクターはコメント対応ではなく、感染症の検査にも「ウイルス肝炎の疑い」と病名をつけてくれております。(ドクターへコメント対応でよいと、伝えましたが毎回病名で対応するといわれました)

色々、自分なりに調べた結果、やはりコメント対応の方がよいと個人的には考えているのですが、ドクターの指示に従っても問題ないでしょうか??

どなたか、お力添えいただけましたらと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

結論としてはどちらでも良いものです

ただし、毎回「ウイルス肝炎の疑い」が多発するのも不自然でいかにも保険病名との印象になりますから
「内視鏡前検査」のほうがスマートです

もしかしたら医師は審査情報提供検査事例
http://www.ssk.or.jp/shinsajoho/teikyojirei/kensa.html
の存在を知らないのかもしれませんから
この回答とリンク先の情報を印刷して確認していただくのがいいかもしれません

平成24年9月24日
原則として、内視鏡検査時におけるHBs抗原定性・半定量は認められる。
原則として、内視鏡検査時におけるHCV抗体定性・定量は認められる。

QPMPの再受験(3回目)

PMPを受験して2回不合格になっています。
もうすぐ受験承認後の有効期限(1年)が迫っていますが、3回不合格になるとその後1年間試験を申し込みすることができないため、受験を躊躇しています。
有効期限が切れると1から受験申請が必要になると思っているのですが、前の申請で不合格になった履歴は消去されるのでしょうか?

Aベストアンサー

3回受験をし不合格となると受験資格が1年間停止されます。従ってPMIでは公表しておりませんがデータベースをそのまま保存していることは考えにくいです。詳細はアジアパシフィックサービスセンターまでお問い合わせ下さい。customercare.asiapac@pmi.org なおメールの件名は英文で本文は日本語で可です。
また、3回受験しなかった場合は、有効期限失効後すぐに再申請が可能です。新たに3回まで受験できます。
新規試験の扱いになりますが、同じユーザー名とパスワードでログインが可能です。既に入力している内容はそのまま残っています。実務経験については8年以上前のものは申請できないので訂正が必要です。
概要は以下のURLを参照して下さい。
http://www.officehit.co.jp/

Q献血者の安全性(成分献血)

私は今まで全血献血しかしたことがないので、今度成分献血をしてみようと思います。

しかし、安全性に不安があります。献血の際、絶対に感染の危険はないのでしょうか?

管や注射針などは使い捨てで安全だと知っています。しかし、成分分離機(?)はどうなんでしょうか?

分離機の中の、血液に触れる部分だけを使い捨てにしているのでしょうか?それとも消毒をするだけなのですか?

どなたか教えて、安心させてください!

Aベストアンサー

成分分離機=成分採血装置は、使い捨ての「回路キット」をはめ込んで、それを外側から駆動するだけです。血液が触れる部分は回路キット内部のみで密封されており、すべて使い捨てされるわけです。(この回路キットはかなり高額)
したがって、感染の危険性は全血献血も成分献血もほぼ同じといえます。

安心して成分献血をなさってください。

Q献血の血液検査

39歳男です。

私は、春に実施した健康診断において、血液検査項目の中性脂肪と尿酸値が基準をオーバーしていました。

実際の内容は恥ずかしながら
中性脂肪197(基準値149以下)
尿酸値7.7(基準値6.9以下)
です。

今は禁酒と食事に気をつけ、さらに運動するようにしています。

ですから、最近はその成果が現れているか気になっています。

そこで、献血車が本日近場にくることもあり、血液検査も兼ねて、献血しようかと思いました。

しかし、献血の血液検査は尿酸値を検査対象にしていません。

ですから、尿酸値は献血の血液検査で知ることはできないわけですから、病院に行くしかないわけです。

それで、気になったのが、献血における血液検査の対象成分が今後追加されることはないか?ということです。

赤十字社では検査項目に尿酸値を追加するなどの話しは上がってないものでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お望みの回答でなく、シロウトですが。

輸血用の血液をストックするのが目的ですから、それに見合わない血液を除外する為に
検査するわけでしょう。
血液として質に問題あるとか、病原体を含んでるとかでなければOKなわけで。

たぶん尿酸値は、
現在の食生活や臓器の働きの指標であっても、
「血液の質を左右する」ものでないので検査してなく、従って
必要のない検査はこれからも行われないでしょう。

ただ「提供者の健康管理にも役立つ検査もするので献血して下さいね」という
宣伝文句により提供者を増やす方法もあるわけで、この方向に向かえば
(向かわせれば)検査項目に加えられるかも知れません。
ただ全国規模の変更が必要でしょうから、容易ではないかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報