先日術前検査で血液型の検査をしたところ、「表検査と裏検査の結果が不一致だったので、再検査が必要」と言われました。

1回目の検査で不一致だったが、2回目の検査で一致したということはよくあるのでしょうか?
それとも再検査は原因を調べるためのもので、不一致ということはほぼ確定なのでしょうか?
10年近く前ですが、献血をしたときには特にその件についての連絡はなかったのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 表裏不一致は良くあることなのでしょうか?



あまりあることではありません

〉 2回目で一致することはありますか?

再検査の目的は不一致であることの確認とその原因の調査です
一致することは1回目が何かの手違いだった以外は期待できません

なお、不一致=病気でもありません
多くの場合はその方の個性です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再検査の結果、寒冷凝集素があることが原因とわかりました。
それはそれで不安はあるのですが、また改めて質問させていただきたいと思います。

再度のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/19 20:28

献血の時には、目の前で黄色と青色の溶液に入れて溶血をみますが、あれは表試験のみやっていることになります。

実際に製品化するときは精査します(http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/medical/medical …)が、その結果は教えませんので、献血者は表検査の結果のみを知ることになります。よって、献血の時には表・裏試験の不一致はわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。裏検査の結果は知らされないのですか!初めて知りました。

今日、かかりつけの先生に「今までの血液検査では、血液型って検査してますか?」と聞いたところ、
「もちろんやってません。血液型の検査は保険がききませんから」ときっぱり言われてしまいました。

もともと、不一致だったんですね。

お礼日時:2012/01/26 21:04

A型赤血球の方にはB型に対する抗体が


B型赤血球の方にはA型に対する抗体が自然に存在するのが普通です

この法則を利用して血液型の検査は赤血球の型を見る表試験と
血清中の抗体を見る裏試験を行い、それが法則に一致すれば確定します

こういった法則性に当てはまらない場合を表裏不一致と呼び、その段階では血液型を確定できません

場合としては赤血球側の反応が弱い場合(亜型)と
抗体側が弱い場合があります

再検査では1回目と同じ検査だけではなく、試薬などを追加してさらに細かく分析します

参考URL:http://www.itawari.net/ketsuekigata02.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

表裏不一致は良くあることなのでしょうか?2回目で一致することはありますか?

お礼日時:2012/01/25 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の血液型で生まれる子供の血液型のパターン

よく○型と○型の生殖によって○型の子供は生まれないという、血液型によって生まれる子供の血液型のパターンがありますが、そのパターンがわかりません。
どういうパターンになっているんでしょうか?。

Aベストアンサー

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
BB×BB=BB
BB×BO=BB・BO
BO×BO=BB・BO・OO

B型とAB型
BB×AB=AB・BB
BO×AB=AB・BO・BB・AB

B型とO型
BB×OO=BO
BO×OO=BO・OO

O型同士
OO×OO=OO

AB型同士
AB×AB=AA・BB・AB

書きもれが間違いがあるかも解りませんが、このように理解しています。
逆に考えれば、子どもの血液型と親の血液型で自分がA型B型でもAAかAO、BBかBOが推察する事が出来ます。

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
B...続きを読む

Q術前検査、検査代について

術前検査、検査代について

今度、病院に血液・尿検査、心電図、レントゲンの検査を受けに行く事になりました。

これらの検査を受けると検査代はいくら程になるのでしょうか??
保険は3割負担です。

先日、診察とCT,レントゲンを取った時七千円弱だったのですが、今回もそれくらいと考えていいのでしょうか??

だいたいでいいので、分かる方は回答いただけると助かりますm(__)m

Aベストアンサー

病院によって違う場合もありますが代表的なケースで
手術前医学管理料 1,192点 
検査だけで診察などがなければ3割負担で3580円となります

参考URL:http://sites.google.com/site/shinryoutensuu2010/ikasinryouhousyutensuhyou/igakukanri/b001-4

QAO型とAA型の両親から生まれる血液型は・・・?

AO型とAA型の両親から生まれる血液型は・・・?

AO型とAA型であってますか??><
教えてください★

Aベストアンサー

合ってます。
AA型、AO型、OA型が組み合わせになるのですが、
OA型はAが優勢なのでAO型になります。

Q肋骨の骨折に必要な検査は?CT検査・心電図・血液検査は必要でしょうか?

私の主人の話です。右の肋骨?部分が数日痛むので、病院にいきました。以前も肋骨を骨折した事があったので、またかな?と思って病院にいきました。すると、いろいろ検査しますとのことで、心電図・CT・レントゲン・血液検査をされ、結論は肋骨に大きな骨折はないが、レントゲンに映らない所にあるかも?みたいな回答でシップと肋骨を固定するバンドみたいなのをもらいました。以前いった病院では、レントゲン検査だけでした。病院代が12000円!!!いろいろ検査したので、高いとは思いますが、このような検査が必要だったのでしょうか?

Aベストアンサー

結論
 胸のX-P一枚のみで十分です。
理由
 整形外科医は肋骨損傷 特に肋骨ー肋骨軟骨は見えにくい場合が 
 多々です。運動選手の試合中やスキー場での受傷などで胸部X-P
 が撮れない場合でも問診や痛みの部位や深さ とか  例えば押す、 咳をさせて見るなどの誘発テストで肋骨損傷か
 他疾患かは簡単に診断がつくからです。

 保険請求には検査が妥当で有る病名を記載しないと皆請求は保険で
削除されます。
心電図・CT・血液検査をやったならば 診療報酬明細書に
 なぜ心電図を、なぜCTを、なぜ血液検査を つまり検査用の病名を
 どんどんつけなくてはいけないのです。
 ちょっと考えてみたらわかるのですが、
 内科医なら肋骨損傷がわからないー>諸検査施行は仕方ない。
 逆に整形外科医ではわからない疾患で 心電図・CT・血液検査を要し
 要加療なら、それは整形外科では無くて他科の守備範囲になるからです。

QAB型とO型から生まれる血液型について

分かりにくい文章とは思いますが、
お付き合いいただけると幸いです。


先日、このような話を耳にしました (゜o゜)/

私の祖父の親である
曽祖父(AB型) と 曾祖母(O型) の間に
全種類の血液型 【A,B,O,AB】 の子供が
生まれていた。(計9人)

この話を聞いた際、
「ありえないのでは・・・?」と、思いました。

普通、AB×Oペアからは、
A型,B型,O型が生まれ、AB型は生まれない。
と、授業で習ったからです。

加えて、O型の曾祖母からAB型の子供が生まれるなど、
あり得ないだろう・・・と思いました。


気になってネットで調べたところ、
cisAB型という特殊な型があるらしいと分かりました。

しかし、仮に曽祖父がcisAB型だとしても、O型との間には
「O」と「AB」しか生まれない。とかなんとか・・・

残念ながら、もう私にはよく分かりません。
ちんぷんかんぷんです。
(´;ω;`)グス


どなたかこの謎を分かりやすく説明しては頂けませんでしょうか。。。

≪AB型とO型の両親から【A型,B型,O型,AB型】が生まれるメカニズム≫

よろしくお願いいたします _(._.)_


補足情報として、、、
・祖父の兄弟姉妹間で顔が似ているので赤子の取り違え等もないと思われます。
・この話を聞いた際、祖父の兄弟が多数集まっていたので、
 「みんなの血液型、間違ってるんじゃないの?」 と聞いてみたところ、
 「間違ってない!!」 と自信を持って答えてくれました。。。

分かりにくい文章とは思いますが、
お付き合いいただけると幸いです。


先日、このような話を耳にしました (゜o゜)/

私の祖父の親である
曽祖父(AB型) と 曾祖母(O型) の間に
全種類の血液型 【A,B,O,AB】 の子供が
生まれていた。(計9人)

この話を聞いた際、
「ありえないのでは・・・?」と、思いました。

普通、AB×Oペアからは、
A型,B型,O型が生まれ、AB型は生まれない。
と、授業で習ったからです。

加えて、O型の曾祖母からAB型の子供が生まれるなど、
あり得な...続きを読む

Aベストアンサー

さすがに調べきれていないのですが, ゲノムインプリンティングが起きなければそれで正解です.

H抗原を作る酵素は 19番染色体に, A/B抗原を作る酵素は 9番染色体にコードされています. つまりこれらは独立に遺伝するため,
hhAB×Hh(cis-AB)O
という組み合わせで A/B/AB/O のどれにも見える組み合わせを作ることができます.

理論上は.

なお, cis-AB まで持ってくる必要はなく, 実際には
hhAB×HhAB
で十分です (がそれでも「珍しい」ことに代わりはありません).

Q血液検査の結果の紙(報告書)と明細書について

先日、産婦人科にて血液検査をうけました。数日後結果の紙(報告書)を一枚だけ
頂き、家に帰って先日血液検査を受けた時の明細を見てあれ?っと思いこちらに質問させて頂きました。先日の明細内訳は、・初診料・薬剤情報提供料・投薬・保険外(自費)ココまでは、問題はありません。
その後の検査の項目で、・血液化学検査10項目以上・末梢血液一般,CRP
・生化学的検査(I)判断料・血液学的検査判断料・免疫学的判断料とありますが病院で頂いた結果の紙(報告書)には「血液化学検査10項目以上」の結果しかのっていません。
末梢血液一般,CRPが明細に記載されているなら、この項目の検査も受けているはずなので
この項目の、結果の紙(報告書)もあるはずですよね?
それともこの項目は結果の紙(報告書)がでないのでしょうか?
わかる方が、いらっしゃいましたらご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

検査結果が後日渡しであることから診療所など小規模の施設だと思います

こうした施設では検査は外部の検査センターで行われます
検査結果は電送されるものと印刷して届られることがありますが、印刷の形式は検査センターや医療施設側の都合により様々あります
あらかじめカラー印刷してある用紙に結果をプリントして入れるような場合は、検査分野ごとに専用の様式となりますので化学検査と血液学検査結果は別の用紙となります
この報告書の主とした目的は医療機関内での保管用ですが、説明の際に渡されることもあります

なお、検査当日中に結果を判明させそれを書面でお渡し説明した場合には迅速検体検査加算が算定されます
この加算が算定されているのにその項目をもらっていない場合は請求してください

Q生まれる子供の血液型について

母の母AB型+母の父A型=母A型
父の母A型+父の父O型=父A型

母A型+父A型=?

?部分の、生まれる子供の組み合わせの一般的可能性について、教えてください。

Aベストアンサー

母の母AB+母の父A型→母AAまたはAO型になります
父の母A型+父の父O型→父AO型 になります。

母親の血液型が2通りの可能性を含んでいます。

母AA型+父AO型→AA型、AO型の子供が出来ます。=全てA型
母AO型+父AO型→AA型、AO型、OO型の子供が出来ます。=A型とO型どちらかになります。

以上の様に、A型かO型のどちらかが生まれる事になります。
AB型、B型の子供は生まれません。

但し、血液型は絶対では無い事が知られています。
何等かの原因で本来生まれないはずの血液型の子供が生まれる事があるらしいので、トコトン調べたい時はそれなりの研究機関などに相談する必要があると思います。

Q血液型不適合と抗体、抗原量

初めまして。
血液型不適合についてどうしてもわからないことがあるので力を貸してください。

O型の血液をA型の血液型の人に輸血しても、少量ならば問題ないということですが、これは一定量の血液中では抗原(赤血球)よりも抗体の量のほうがはるかに少ないからと理解してもいいのでしょうか?

言い換えると輸血によって体内に入った抗A抗体により凝集した(輸血される側の体内に存在した)赤血球の量よりも、輸血されて体内に入る赤血球の量が多いからということでよろしいのでしょうか?

便宜上、一つの抗体(IgM)が複数の抗原に反応する(多価抗体)ことや、輸血の際に、血漿を取り除くことは除外して考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お考えのような理解でよろしいと思います。
実際は元々の循環血漿によって希釈され、製剤中の血漿もかなり除去したものを使いますので反応は少なく、不適合を承知でどうしても使用するような場面ではその後に適合血の大量使用や輸液なども多く使用されるでしょうからさらに抗体は少なくなります。
なお、反応としては凝集が問題となることは少なく、さらに補体が関与して赤血球の破壊=溶血として現れます

参考URL:http://www.fukui-med.ac.jp/BLO/QA/QA-1.html

QAB型とO型から生まれる血液型

お父さんがAB,お母さんがOの場合
絶対AかBしか産まれないのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

基本的には皆さんのおっしゃるように、A型かB型しか生まれません。↓下のURLの「遺伝」のところに図で説明してあるので、ごらんになってください。ただ、説明には「きわめてまれに例外があります」と書かれています。
http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/laboratory/abo.htm

全然、専門家でもなんでもなく素人ですが、お正月に放送されたドラマ「離婚弁護人スペシャル」の中でお母さんがB型(確か)でお父さんがO型で、こどもがA型だったという話がありました。星占いを見ていて、「~座のA型の男性とうまくいく」という記事を読んで「あなたは何型?」と聞かれた男性は(女性は記事を隠したつもりでしたが、ちらっと見えてしまいます)女性を喜ばせようとしてつい「A型」と嘘を言ってしまいます。

後日、赤ちゃんが生まれたとき、女性は男性の血液型はA型だと思っていたので、なんとも思いませんでしたが、男性は赤ちゃんの血液型を聞いて「自分の子どもじゃない」と思い込み、姿を消してしまいます。結局、DNA鑑定をしたら、やはりちゃんと親子だったということが分かり、ハッピーエンドになりました。このドラマを見ていたので、上の「きわめてまれに例外がある」というのをひとつの可能性として書いてみました。少なくとも「絶対」ではないと思います。もっと詳しい方から書き込みがあると良いですね。

参考URL:http://info.fujita-hu.ac.jp/~hnagashi/public/euc/html/038.html

基本的には皆さんのおっしゃるように、A型かB型しか生まれません。↓下のURLの「遺伝」のところに図で説明してあるので、ごらんになってください。ただ、説明には「きわめてまれに例外があります」と書かれています。
http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/laboratory/abo.htm

全然、専門家でもなんでもなく素人ですが、お正月に放送されたドラマ「離婚弁護人スペシャル」の中でお母さんがB型(確か)でお父さんがO型で、こどもがA型だったという話がありました。星占いを見ていて、「~座のA型の男性と...続きを読む

QCT MRI 血液検査の結果がわかるまで。

私はこの頃胸に痛みを感じることがあり、昨日病院で診断を受けて来ました。

当日はレントゲン・心電図・血液検査を行い、今月の19日にCT検査の予約を取ったのですが、そのCT検査の結果を伝える日は5月11日とのことで、「1ヶ月先!?」と驚いてしまいました。

皆さんにお聞きしたいのですが、CT検査と言うものは検査結果を伝えるまでに1ヶ月も時間を必要とするものなのでしょうか?

医師曰わく『レントゲン・心電図共に異常は無く、肋間神経痛の可能性が高い』との事なのですが、もしかして緊急性を要さないものだから時間を空けているのでしょうか? 異常があった場合は予定より早く結果を伝えられるのでしょうか?

私としては、心臓に異常がないなら早く結果を伝えてもらえたら気が楽になるのですが…。

また、参考までに血液検査とMRI検査の結果がわかるまでにどれくらい時間がかかるかも教えてください。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受診病院の体制の問題でしょう。
病院によっては、診療内容によって担当医師(主治医)が変わります。
CT、MRIは撮影技師が撮影した映像を主治医が解析(分析)・判定を行います。
病院の中には、規模は大きく見えても常勤医師数が不足し、定期的に外部からの派遣医師(週1日もしくは半日)に依存している場合も少なく有りません。
派遣医師もときには休暇を取ります。専門の常勤医師が担当してくれれば、判定は即日の場合も有ります。検査技師の配置も、同様に不安定な場合も有ります。
外部検査の必要な検体検査には、普通1週間程度掛かります。
それやこれやの事情で、診断が遅れる場合も有りますが、特別危険な兆候が見られれば、常勤専門医の居る病院を紹介してくれるなど、特別の手配も準備されています。
質問者の場合、肋間神経痛らしいが念のための撮影検査だろうと思えます。
『緊急性を要しない』つまり、緊急性の高い疑いのある患者が他に居るので、日程に余裕を取っていると考えられます。
悪性の病気で有れば、診断結果の説明に家族の同伴が求められます。


人気Q&Aランキング